知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

2017年1月 7日 (土)

2017年歩き初め!

すっかり明けきりましたが、おめでとうございます!
1月6日、歩き初めに行ってきました。
鳥との出逢いがいっぱい。
酉年効果?…笑。
アカゲラ、オオアカゲラ、ヤマゲラ、
コゲラにツグミにカラたち...5b7a1121
そして、好調のシマエナガ…笑。5b7a1112
なかなか正面からは
撮らせてくれないですけど、
可愛かったです。

2016年4月28日 (木)

ノビタキのメス。

久しぶりの早起き。
夏の鳥たちに逢いたくてフレぺへ出かけてきました。1_2



いました、いました、たくさんいました…笑。
ペアの「ホオジロ」。1


続いて、「ノビタキ」。2
3


5


ノビタキはメスが可愛いって思います。

キツツキたちのドラミングも響いていましたし、アオジやカワラヒワも観察できました。
そして、雷シギの異名をとる「オオジシギ」のけたたましい羽音も響いていました。
葉が茂らぬ今の季節、野鳥観察にはもってこいです!
皆さん、双眼鏡を持ってバードウォッチングに出かけましょう。
早い時間がオススメですね。

2016年4月 9日 (土)

「クマゲラに逢いたい!」そうなので…。

先日、「クマゲラ」に逢うために友達が福岡から遊びに来てくれました。
クマゲラ、逢いたいですよね…。気持ちがわかるだけに、何とかと思っても、私も最近は全然逢えてないし、勿論、洞を知っているわけでもなく、どうしたものかと…汗。
答えはひとつ、ただただ、歩くのみ。
偶然の出逢いを願いつつ、祈りつつ、念じつつ、歩くしかないです…笑。
森の中を、何のあてもなく、歩いて歩いて、幻覚や幻聴を繰り返しながら、歩いて歩いて、3時間も過ぎようとした時のことです。あの声が、独特なあの声が友達と私に届けられました。
知床の神様がほほ笑んだ瞬間です…笑。
1度響いたその声だけを頼りに、クマゲラに、なんとか辿りつき、じっくり観察することができました。
5b7a7706_1024x696_2


友達も喜んでくれて、私も…笑。
ヤマゲラやアカゲラ、カラたちも観察できました。
5b7a7649_1024x692_2


5b7a7621_1024x693_2


シマフクロウの声を聞いたり、真っ暗な森へと滑空するモモンガにも逢っちゃいました…笑。
帰りの空港へ向かう途中、野付半島に立ち寄り、鳥をわんさか観察。
後ろ姿が可愛らしかったオジロワシ。
50


アオサギとヒドリガモやオナガガモなどのカモたち。
51_2


コチドリ。
52_2


タンチョウも観察できました。
鳥好きな友達と鳥三昧な楽しい時間でした。たくさんの出逢いたちに心から感謝です。

野付半島迄は、知床ウトロからお車で1時間半位です。
鳥好きな方にはオススメの立ち寄りポイントです。

2016年3月 7日 (月)

モモンガと一緒。

3月3日の森歩き。
森は先日の暴風雪前に歩いたきりなので久しぶりでワクワクです。
もう、うずうずしながら明るくなるのを待って歩きはじめた私です。
そんな私を森で待っていてくれたのは、嬉しいことにエゾモモンガ!でした。
愛くるしい顔つきでトドマツの葉をガジガジしたり、
5b7a9770_800x541
まるで「オイシィ~」とでも云っているような表情でハンノキの花穂をモグモグしていたり、
5b7a9571_800x540
「まだ食べるの?」って、言いたくなるくらい、ガジガジ、モグモグしてました。
私がそんな可愛いモモンガの姿に夢中になっていると、さほど離れていないと思われる場所からキツツキのドラミングが聞こえてきます。
でも、モモンガから離れられない私は、気になりながらもドラミングをスルー…汗。
そして、今度は、遠い視界に、樹皮をひっかくような音とともにトドマツの葉を大きく揺らしながらチョロチョロするエゾリスの姿です。
でも、やっぱりモモンガから離れられない私は、エゾリスもスルー…汗。
そうこうしていると、いいだけ食べたモモンガが動きはじめました。
樹のてっぺんへするするっと駆け上ったかと思うと、即、マントを広げて大滑空!
5b7a9676_800x540
お食事中ののんびりモードとはうってかわってすばしっこさ全開です。
モモンガと共に過ごした休日、癒されますね…笑。
今年、モモンガの出(…?、笑)はイイように感じます。
原生林をトレッキングするガイドツアーに参加してみて下さい。
出逢えたりするかも…です。

2016年1月19日 (火)

つながっちゃいました!

1月7日の森でのことです。
キツツキのお食事 痕を見つけました。
木屑の散らかしっぷりといい、穴の大きさや形といい、すぐにクマゲラのもだと判りました。
私の膝下ほどの高さの所に一つあけられていました。Img_0989_450x304



この日、降っては止み、降っては止みしていた粉雪のおかげで、この痕跡がいかに新しいものなのかは手に取るようで、今まさに、と云った感じです。
案外、こちらを窺いながら、まだ、その辺に隠れているんじゃないかとさえ思えてきます。
きっと、また、食べに来るような気がして、少し待ってみました。
でも、気配はないので、諦めてその場をあとに、新雪を 踏みしめながら森の奥へと。
ふかふかの雪の森を楽しみながらも、さっきの穴が、やっぱり気になって、午後1時を過ぎた頃になって、また、行ってみたんです。
すると、なんと、穴が増えてるじゃないですか…。Img_1086_450x300



最初にあいていた穴の上にもう一つ、少し小さめな穴があけられています…笑。
やっぱり食べに戻ってきたんだなぁ~、と、もうちょっと待てば逢えたのになぁ~、と、…やられちゃいました(汗)。
でも、これは、また、食べに来るに違いないと、で、よぉーし、今度こそはと気合を入れて待つことにしました。
周辺の動物たちの痕跡を物色しながら穴に目をやっていると、1時間ほどが経ったところで、穴にはりつく黒い鳥、クマゲラです。Img_1156_450x303



やっぱり 戻ってきました…笑。
たまに訪れてくれる読み勝ちな出逢いに、私はかなりのどや顔だったハズ…笑。
11日のお休みにも様子をみにいくと、今度は、上下に分かれていた二つの穴が一つに繋がっちゃって てビックリ!…笑。5b7a3247_450x304



また、来てたんですね、ごちそうがいっぱいだったのかなぁ…。
はてさて、次のお休みには、どんなになっているでしょうか…。

2015年12月19日 (土)

「トリ見たい症候群。」

先日、お客様のお見送りをするホテルの玄関先で「ヤマガラ」を見かけました。
あっと云う間にどこかへ飛んで行っちゃって「ヤマガラ」だってわかった程度の出逢いだったんですけどね…。

で、無性に鳥が見たいモードになってしまい先日のお休みは鳥探しに。

あっちこっちと探しましたが、見れたのは、いつものレギュラーメンバーばかり…汗。
「アカゲラ」、「コゲラ」、「ゴジュウカラ」、「コガラ」、「オジロワシ」、「オオワシ」…。
5b7a2641_1280x868 久しぶりに写真を撮ってみたのは、「ゴジュウカラ」と「コガラ」、慣れすぎちゃってますが、改めてみると、やっぱり美しくて可愛らしいですね…笑。
5b7a2629_2000x1356_1280x868 レギュラーメンバー以外に、聞きなれない鳴き声が聞こえたのですが、姿は確認できず終いです。
またこの次です。
5b7a2697_1280x866 そして、今回もビッグネームに出逢えたのが「クマゲラ」と鳥じゃないけど「エゾリス」。
求めていた出逢いではなかったけれど、可愛らしい出逢いがいっぱいでした。
5b7a2767_1280x868

2015年11月27日 (金)

「もういた!いたいた!出会いに感謝!」

今日は雨の知床。

昨日までは、きれいな雪景色だったのにー。
ということで、昨日、雪の森へと出かけてきました。

今季のスノーシューデビューをと迷ったのですが、デビューはもうちょっと先のパウダースノーの時にと思い「つぼ足」で。
でも、歩きはじめると膝くらいまでの深い場所もあったりして、時々、コケそうになります。

雪に埋まる足元にやっぱりスノーシュー履いてくれば良かったなぁ~と思いながら森をすすみ、ふと顔をあげたすぐ目の前の樹。
その樹の幹に視線が固まります。

足も固まり、カラダも固まります。

張り付いてますっ!
モモンガですっ!…笑。
5b7a2419_1653x1114 森を歩くとき、モモンガのことはいつも気にしていて、いつも探しています。
期待だっていつもしてますが、でもまさか、まだ11月!11月ですよ。
例年だと1月ころの出会いが多いのですが、ちょっと早くないですかね…。

いつもより早いこの積もる雪に、ちょっと間違っちゃのかも…笑。
まさか、出逢えるなんて…笑。
5b7a2260_1602x1085 洞から顔を出すモモンガ。
トドマツの葉を齧るモモンガ。
カラダをくねっと、くねっと、ひねるモモンガ。

どれもこれも、何をやってもカワイイです!
なんでこんなにカワイイんですかね?…笑。
5b7a2384_2000x1352 もし、幹に張りついてなかったら。すでにお食事をはじめちゃっていたら、私はきっと、気づけなかったでしょうから。
やぁー、ついてるんですね!

このめぐり逢わせに、ただ、ただ、感謝。
1時間以上、このカワイイ姿やしぐさに癒されていました。
わかれ際、静かに「バイ、バイッ」って、手を振りながら「また、逢いに来るね」って「また、逢いに来てね」って何度も語りかけたんだけど、わかってくれたかなぁ…笑。

Kimg0370_2000x1125 これから、明日28日かけて、雨風の強まる予報。
でも、森の中は、きっとこのまま根雪になりそうな感じです。
こんどは、スノーシューで遊ぶぞーっ!。

2015年11月26日 (木)

「雪深い五湖の思い出ぶかい歩きおさめ。」

昨日。知床五湖がとうとう冬期間の閉園となりました。

昨日の大雪すごかったです。シーズン最初の雪とは思えない降りっぷりでした。
でも、最終日ですからお天気に負けずに出かけてきました。
Goko1 遊歩道には思った以上に雪がどっさり。
で、まぁまぁ、歩きにくいのなんのって。
何度もズボズボはまって踏み抜いて、何度もコケて…汗。

そのおかげで長靴に雪がはいる、はいる。
その雪が長靴の中でとけて、グショグショ、靴下もベショベショ。もぉ冷たいのなんのって…汗。

う~ん、これは罰ゲームかな?などと思いながらも、だからといって決して楽しくないわけではなく…笑。
Goko3 本格的な冬シーズンさながらの雪景色も悪くないわけで…笑。
閉園直前の五湖を独り占めするのもイイ気分で…笑。

心に残る思い出深い歩き納めとなりました。

私が遊歩道から出たのは12時半少し前だったんですけど、地上遊歩道はその後すぐ、閉園予定の午後3時を待たずに閉鎖になりました。
積雪が理由だそうです。確かに、少し危ない感はあったか。

ですから、きっと私が最後!
最後に五湖を歩いたのは、私が最後!
関係者を除くと私が一番最後に地上遊歩道を歩いたことに…。
それがちょっと嬉しかったりしています。

知床五湖は、春まで行けない?

いえいえ1月下旬から、真冬の知床五湖を散策できる冬季利用があります。

それまで静寂に包まれる知床五湖です。
Goko2

2015年11月21日 (土)

「冬はそこまで。」

目覚めるとすでに外は明るく、カーテンを開けると窓から見える港の景色にうっすらと白いものが…。
雪っ、雪です!
今シーズン初冠雪です。

えっ、雪が降るなんて予報でてたっけ?
って、不意を突かれて、時計をみるとすでに7時をまわろうとしています。知っていたらもっと早起きしてたのにと、うっかり寝坊を悔やみつつ、慌てて身支度を整えて車に乗り込み出発です。

雪が融けてしまわぬうちにと、取りあえずフレぺの滝への遊歩道を歩くことに。
5b7a1668_2000x1353 淡く積もった雪の上にはキツネの足跡が残っています。早速、この道をキツネが通っていったんだーって想像がふくらんできます。

足跡がくっきりと見られるのも、雪が降ればこその楽しみ。
やっぱり雪です。雪がイイです…笑。
5b7a1672_2000x1333 眺めるフレぺの滝からもフレぺの草原の景色からも、来る冬を感じとれて…笑。

5b7a1738 早くたくさん雪が積もるとイイのにってなーと思いながら帰ろうとする遊歩道の先から、こちらに向かって歩いてくるのはキタキツネ。
あたりを見まわしながらゆっくり歩いてきます。
さきほどの、足跡のぬしでしょうか。
時々、物思いにでもふけるような顔つきで、足を止めたりしながら歩いています。
周りの雪景色に、足もとの雪の冷たさに、冬を感じていたのかも。
いよいよ冬が来るんだなぁ~って、冬に向けて心の準備をしていたのかも。
5b7a1739_2000x1354 私がワクワクしながら心待ちにする冬。真っ白でふかふかな雪が森をおとぎの国のように変えてくれる冬。
厳しい寒さゆえの景色を楽しく感じられたりする冬。私は待ち遠しくて仕方がないけれど動物たちにしてみたらきっと違っているんだろうなぁ~…。

いずれにせよ、冬はすぐ、そこまで…。

2015年11月16日 (月)

「またまたピタッ!」

青空が戻ってくれた先日、つい先日のお休み。

雲に隠れておいた知床連山も姿を現してくれました。
連山は真っ新な真っ白な雪に覆われてめちゃくちゃキレイ!です。
風もほとんど吹いていません。青空と知床連山と風のない状況。

…これって、またもや「ピタッ!」の予感…笑。
知床五湖がキレイでないわけがないんです。
美しいに違いないんです。

こちら知床ウトロ側は午前が逆光で午後からが順光になり景色はくっきりしてきます。
で、午後、順光になるのを待って知床五湖へ出かけてきました。
2 想像以上の美しい景色が…、いや、想像をはるかにこえる美し過ぎる景色が広がっていました。

「ピタッ!」って、止まる湖面が映し出す逆さ連山の言葉にならない美しさ…笑。
何度も何度も足を止め、何枚も何枚も写真を撮りながら湖畔沿いを歩いて、高架式木道に上がった頃には午後3時を過ぎていました。

傾きはじめたお陽様は、あれよあれよという間に真っ白な知床連山を薄紅に染めあげ沈んでいきました。
そのシーンに圧倒されながら、ずぅーっと見てました。
4 シーズンオフの静かな静かな知床五湖は、もしかすると一番良かったりするかも…笑。
閉園まであと僅かですが、どうぞどうぞお出かけ下さい。

2015年10月25日 (日)

「ピタッツ!」

本日(10月25日)は大荒れの知床ですが。
先日の五湖散策をご案内です。

今回も良いお天気に恵まれた先日のお休み、知床五湖に出かけてきました。

秋晴れの青空の下、ピタッ!っと止まる湖面が冠雪の連山を映し込んでとてもキレイでした。
どの湖も見事にみんなキレイでした。
1 知床五湖を歩くのは、実は、今年、なんと、これがはじめて…汗。

行こう!行こう!と思いながらも、何やかんやで行きそびれていました。
あまりにも行きそびれ過ぎてしまっているうちに、「知床五湖に合わす顔がないっ!」なんて、おかしな思いがわいてきて(…笑)、どんどん、どんどん遅れて、とうとうこの日になってしまいました。

今、行かなければ、今シーズンは行かず終いになるのでは、なんて危機感もあり、やっと高い敷居をまたいだわけです…笑。

人影もまばらで紅葉もほぼ終わり、葉を落して幹を露わにする樹々、心地よいはずの静けさをちょっと淋しく感じたのは、五湖を遠ざけてしまってた自分の淋しさと重なったせいかも…。
なんて、ちょっと感傷的なのは、深まりいく秋のせい?…笑。
1633 閉園まで残すところ1ヶ月足らずとなってしまってますが、遅ればせながら静かな五湖に通いたいなぁ~って、思っています。

現在は、閉園の11月25日まで自由利用期です。

高架式木道は勿論、湖畔沿い遊歩道も自由に散策できます。
お出かけの際は、どうぞ、暖かくしてご準備下さい。

そうそう、帰りの木道から晩秋の高い空にオオワシの姿を確認しました。
そろそろかなぁ~って、思ってましたが、やっぱりそろそろだったんですね…笑。

ダメダメ写真ですけど、オオワシだってわかります…笑。
5b7a0750_1024x691

2015年10月20日 (火)

「そうだ 羅臼湖、行こう!」

前回のお休み、10月16日。
なんとまぁ素晴らしいお天気!

取りあえずカムイワッカへでも、と車を走らせると目に飛び込んでくる知床連山の美しさ。

真っ青な空、知床連山の頂きにはうっすらと新雪、森の秋色。
うっわぁー、この景色、どこで見ようか?って、思った瞬間、羅臼湖!羅臼湖しかないってビビっときまして、迷うことなく向かっていました。
知床峠に車を止めて峠から羅臼湖入口迄の2キロほどは徒歩です。
歩きながら眺める景色も美しく、何度も何度も足を止めました。
5b7a0511_2000x1333 散策路にはいると、いきなり道がぐちゃぐちゃ。でもそのぐちゃぐちゃがオモシロかったりして…笑。
散策路に沿うようにたくさん集まっていたギンザンマシコを驚かせながらテクテク、テクテク…。
そして、3の沼のビューポイント!
5b7a0521_2000x1333 あぁ、来て良かった! キレイ! ホント、キレイ!

そして、周りには誰もいません。
この眺めを、自然をひとり占めして…笑。

羅臼湖展望台で大の字に寝転んで真っ青な空を仰いできました。
5b7a0491_2000x1333 路線バスの運行が終了しましたので、知床峠から羅臼湖出入口迄の往復が約4キロ。羅臼湖遊歩道の往復が約6キロ。
合計10キロほどの散策になりますが車で通りすぎてはわからない、歩きだからこその景色を眺めながらゆっくり1日かけて羅臼湖を訪れてはいかがでしょう。
ステキな1日になると思います。

2015年10月17日 (土)

「あっちも、こっちも。」

一日中、森の中に居ようと決めていたこの前のお休み。

見事な秋晴れの森。足を進めるたびに、足元ではカサカサ、ガサガサと落ち葉が音をたてます。
樹々の葉の色づきや樹々の実に、秋を確かめながら森を歩いていると、行く手の樹にクマゲラ!です。
Photo 私の気配に気がついたクマゲラは、すぐに飛びたってしまいます。 去った方向へ少し追ってみると、別の場所から、あっちからもこっちからも羽音や木をたたく音がしてきます。 なんと、クマゲラは1羽じゃなかったのです。

あっちにもこっちにもいて、どのクマゲラを観察すればイイのやら…。
Photo_2 そんななか、こんどは、あちこちの足元から、カサカサ、ガサガサと落ち葉の音がしてきます。
Photo_3 音の主はエゾリスで木の実を探しているようです。
こちらも1匹じゃないんです!…笑。
あっちにもこっちにもいて、どのエゾリスを観察すればイイのやら…。

クマゲラを観察しようか…、エゾリスを観察しようか…、もう、どこをどう見ればイイのやら、嬉しいパニック!

この時のエゾリスのごちそうはホオの実です。
Photo_4 食べごたえがありそうなサイズです…笑。

秋の森、ステキです。 朝晩や野外は、随分と気温が下がってきております。 温かい服装でご準備下さい。

2015年10月 3日 (土)

「クルミの樹の下で…。」

2015100301
ガシガシ、ガシガシ、ガシガシ、ガシガシ…、
樹々の上で音がしています。

何だろうと思ってみると、
その音をたてていたのは可愛いエゾリスたちでした。

あっちでもこっちでもガシガシやっています。
クルミを食べているところでした。

食べ方はと云うと、先ず、クルミの実を口で銜えとると、お気に入りの場所(…?)へとすばしっこく移動。
クルミを両手でしっかり持って、ここで手間取ってはいられないとばかりに軟らかい果肉をあっと云う間に剥がし落とします。

そして、勝負はここから。
堅い殻をガシガシ、ガシ ガシ…、ひたすらガシガシ、ガシガシ…、中にある美味しい種を思い浮かべなら(…?)ガシガシ、ガシガシ…、

努力の甲斐あって殻の接合部分が削りとられて、
殻が2つにパッカーン!(…笑)。

ようやくお目当ての種にありつけるわけです。

2015100302

こちらのエゾリスは欲張って2つ取ろうとしたのか、
2015100303 手からも口からもこぼれてしまって地面へと真っ逆さま。
2015100304
「しまった!」とでも言いたげなこの表情!

…妙に親しみを覚えてしまうのは、どうしてでしょう…汗。

慌てなくても、まだ、まだ、いっぱいあるよっ!って、教えてあげたい気分。もっとも、エゾリスたちだって、十分知ってるでようけどね…。

クルミの木のそばで、じぃ~っと、 待ってみると、どこからともなくエゾリスたちがやってきて、ガシガシはじめてくれるかもですね…笑。

とっても忙しそうなエゾリスたち、もう、秋なんですね。

2015年9月 8日 (火)

「ドンピシャ!」

何かにつけて、エゾフクロウの気配を感じていた森。

いるんじゃないかなぁ~って、ずぅ~っと、気になっていて、でも、洞がわかっているわけでもなく、そうそう出逢えるはずもないだろうと、行ってはいなかったんです。

ところが、この間、どういう訳かとても気になって何気に行ってみたんです。

すると、 歩きはじめるや否や、私の前を横切る鳥の影!
羽音はしてません!

…まっ、まさか、フクロウ!?

驚かせないように慎重にその鳥の影の行方を捜します。
すると、びっくり、そこにいたのは、エゾフクロウ!です。

なんと、まぁ、ドンピシャ!で、大当たり!
えっ? うそぉ~っ? ほんとっ?…!って、感じです。

出逢えた喜びとなんとなくの予感が的中した興奮を抑えつつ、そっとそっと近づいていくと、これまた、なんと、まぁ、そのすぐ近くの樹の枝に、もう1羽、そして、また、そのすぐ近くの樹の枝にも、もう1羽、いるじゃありません か!

3羽の兄弟、しかも、幼いんです。
きっと、この春産まれのフクロウたちです。可愛いです。

撮った写真をじっくり見比べてみると、
顔にそれぞれ個性があっ て…笑。

2015090801
片方だけ二重にみえる子と、

2015090802
くっきり一重の子、

2015090803
眉毛がもじゃもじゃの子。

3羽の中でも、片方だけ二重にみえる子が私のお気に入りです…笑。

また、逢えるといいなぁ~…。

2015年8月17日 (月)

「ガサガサ」

歩いていると、すぐ目の前の笹薮がガサガサ。

そのガサガサは、こちらに向かって近寄って来ています。

何だ何だと目をやると、笹薮から顔を出したのは仔グマでした。
2015081701

2頭います。小さくて可愛らしい…笑、

って、ちょっ、ちょっとまった、
そんな呑気なことを言ってる場合ではないんです。

そう、親がいないんです。

何処かにいるはずなんですがわかりません。
とにかく母グマを確認しないことには、母グマと仔グマの間に挟まれようものなら、どうなることやら…、かなりドキドキです。

何処にいるかわからない母グマに注意を払いながら慎重に仔グマから離れていきます。

緊張しながら配る視線の先、少し離れた場所の笹が大きく揺れているのに気がつきます。

良かったです、母グマがいてくれました。
距離もあります。

ふぅーーっと、ひと安心…笑。

そして、仔グマに視線を戻すと、
仔グマたちは木に登り始めていました。
2015081702

遊んでいるのか、警戒しているのか、好奇心旺盛な仔グマたち、こちらが気になるのでしょうね、チラチラ、チラチラ、こちらを見ています。

あどけなくて、可愛いです…笑。

このまま大きくならなきゃいいのに、
なんて、ちょっと思っちゃいました。

2015081703

2015年7月20日 (月)

「オオセグロカモメの子育て。」

2015072001 気がついたのは数日前なんですが、只今、当ホテル「オホーツクラウンジ」からオオセグロカモメの子育ての様子が観察できています。

オオセグロカモメは2個~4個の卵を産むそうですが、ここのカモメの子どもは2兄弟のようで、2羽の幼いブチ模様の可愛いヒナが姿を見せてくれています。
2015072002

ちょっと小ちゃいのが少し遅れて孵った末っ子で、比べるとちょっと大きめなのがきっとお兄ちゃん(女の子かも…笑)。
ヒナたちですから付けている羽だって、まだまだ赤ちゃんで飛べないんです。
2015072003

その赤ちゃん羽をばたつかる様子やら、この足のあげっぷりや歩きっぷりときたら、幼いくせに一丁前な感じがして、なんとも微笑ましいんです…笑。

いつもならちょっと怖いくらいの親鳥の鋭い目も、ヒナに向けられているときばかりは、優しげに見えてきます。

隠れてしまっていることもありますが、ラウンジを通りかかった時には、ぜひ、双眼鏡(ラウンジに設置しています)を覗いてみて下さい。

今回、巣を作ったのは、なんと重油タンクの上でした。
以前にも屋根上で、なんてことがありましたが、今年は特に街なかでの営巣が目立つ気がします。

ヒグマに狙われるのを警戒して、営巣の場を断崖から街なかにシフトしはじめているのではないか…、とのこと。
海鳥社会にもそんな裏事情があるようです。
2015072004

朝出勤すると必ずラウンジへ行き、元気にしているかな?って、
このヒナたちに逢うのが楽しみで仕方のない毎日です。

2015年7月15日 (水)

「知床スカイバス」好評運行中!

先日、乗ってきました!

2015071501
いつもよりぐ~んと高い場所から景色を眺める
スペシャル(S)感!

風をうけながら大空を感じる開放感(K)!

思わずヤッホー(Y)と叫びたくなるようなウキウキ感!

そんな「SKY」バス。

2015071502
樹々の葉っぱのトンネル感もSKYバスならでは。

そして、そして、視線がぐ~んと高くなると云うことは、
視界もぐ~んと広がるわけで…笑。

つまり、いつも見れたらいいのになぁ~と気になって仕方のない道路沿いの法面の高いところも、まる見えになるわけです。

そうです、そうです、
ヒグマを見かけるチャンスも広がったりするわけです…笑。

SKYバスに乗って渋滞知らずで知床五湖へ行き、高架式木道をゆっくり散策して、知床ならではのコケモモとハマナスのミックスソフトを食べたりして、SKYバスで帰ってくる。

そんな楽しみは今月限定です。どうぞ、どうぞ、乗車してみて下さい。

2015071503

2015年7月14日 (火)

「まだ、へたっぴぃ~でした。」

森の緑も雨でしっとり濡れると、幾分深みを増すような気がします。

2015071401

その緑に映えて、ツルアジサイがとてもきれいだった日、
出逢ったのはクマゲラでした。

向かおうとする少し先の森からクマゲラの声が聞こえてきます。
間違いなくクマゲラの声なのですが、伸びがないと云うか、迫力に欠けると云うか、しくじってる(…笑)と云うか、何かヘンだなぁ~、って、思っていたんです。

そしたら、鳴いていたのはこのクマゲラ!

2015071402
どうでしょうか、幼い感じがしませんか…、

虹彩はすでに白っぽい(ヒナは黒っぽいのだそう です)ですから、巣立ってから日も経っているのでしょうけど、まだ、あどけない感じがして可愛いです。
2015071403_2
頭の赤色も中途半端な感じ…笑。

そうか、それで鳴き方がへたっぴぃ~だったんだなぁ~って、思えてきました。

そばで倒木を勢いよくたたいていたのは、どうもお父さんのようで連れだって飛びまわっていました。
2015071404_2

きっと、もう間もなくひとり立ちしていくんでしょうね。
次はどんな出逢いが待っていてくれるでしょうか、楽しみです。

2015年7月13日 (月)

「アカゲラの親子」

先日も、深緑の森に美しい小鳥たちの声が響いていました。

でも、まだまだ、誰が鳴いているのかわからない声ばかりで、
その声の主を知りたく て、葉を茂らす樹々に目を凝らします。

でも、大きな葉っぱが小鳥たちを隠してしまってなかなか見つけられません。葉っぱが恨めしく思えてしまうほど…汗。

ただ、それでも、探し続けていると運は巡ってくれるものですね…笑。
アカゲラ親子が姿を見せてくれました。

2015071301_2
向かって左側にいるのが、頭の後ろだけが赤いお父さん、右側でエサをもらっているのは頭全体が赤いので幼鳥だということがわかります。まだ羽も不揃いで幼さなさを感じます…笑。

お父さんと一緒に飛び回りながらエサの捕り方を覚えているんでしょうか、お父さんの声もいつもとは違っていました。

繁殖期の鳴き方とも警戒しての鳴き方とも違っていて、子育ての時はこんな(表現できなくてスミマセン。)なんだと、またひとつ新たな発見でした…笑。
2015071302_2

先月21日にご紹介したアカゲラの巣立ちには、タイミングが合わず立ち会えませんでしたが、きっとこんなふうに育っていってくれてるんだろうなぁ、って、思いも巡っておりました。

2015年7月 3日 (金)

「カヤックで海に繰り出すと。」

先日、友人のカヤックで海へと繰り出しました。

見たいのは岩場で羽をやすめるケイマフリ!

岩場にそんなケイマフリの姿を探していると、過ぎてきたフレペの断崖でカモメが大騒ぎしています。

その不穏な空気にもしかしてと、引き返してみると案の定、
2015070301
断崖でヒグマがうろうろしていました。

ヒグマの狙いは海鳥の卵やヒナ。
1歳の仔熊を2頭連れた親子熊でした。 ヒグマにとっては夏場が一番食糧事情が厳しいのだとか、いずれも細身でした。 ヒグマも生きるために懸命なのでしょうね…。

でも、こんなシーンに出くわすといつも決まって気持ちは複雑になってしまいます。

そのあと、カヤックをすすめた先の断崖でウミウのヒナが順調に育っている様子を観察、
2015070302 さらに少し先の断崖ではオオセグロカモメの可愛いヒナの姿を見つけることができました。
2015070303


お目当てだったケイマフリはと云うと、
2015070304
海面でプカプカしているところやイカナゴを銜える姿を観察できたものの、岩場の上に乗るケイマフリの真っ赤な水かきは、おあずけとなりました。
2015070305


パドルをそっと漕ぎながら視線を落として見る断崖や海鳥たちの姿、シーカヤックならではの楽しみです。

時にカヤックで海に繰り出してみませんか…。

2015年7月 1日 (水)

「ぽやぽや!です。」

若葉が大きく葉を広げる知床の森、そのせいで小鳥たちの姿を見つけるのがとても大変になってきてしまいました。

探しても、探しても、見つけられなくてあきらめることも多い中、な、なんと、見つけたのは、
2015070101
ぽやぽや!…笑。

羽毛がぽやぽやのヒナ!
尾羽も短いです。

このぽやぽや感は、きっと巣立ったばかりですよね…笑。

止まっている枝が高く茂る葉に光が遮られ見づらかったのですが、じぃーっとしていてくれたので、見ずらいながらもその可愛い姿をじっくり観察することができました。

「キビタキ」のようです。

2015070102
近くにはエサを銜えたお母さんがいて、エサを貰っていました。

あまりにもじっとしているので、まだ飛べないのかな、なんて思ったりもしたのですが、見つけてから十数分が経った頃、このぽやぽやの羽でしっかり羽ばたいていきました。

可愛かったです…笑。

キビタキの声を本当によく耳にする今日この頃、もしかして、また、こんな可愛いヒナとの出逢いが巡ってくれるかも、なんて期待しちゃったりしています…笑。
2015070103

2015年6月21日 (日)

「頭が赤いんです。」

昨日、またもや、巣を見つけちゃいまして、今度はアカゲラです…笑。

2015062101
親はせっせせっせとエサを運んでおります。
孵化してから数日が過ぎているようで、ヒナはもうすでに穴から可愛い顔をのぞかせていました。

何羽、孵っているんだろうと思うと、ついつい座り込んで張り込みです…笑。
2015062102
代わる代わる顔を出すヒナたちが同じ個体なのか、どうなのか、微妙でしたが、いずれも頭は赤くて、みんな男の子たち。

うんっ? でも、ちょっと待てよ、と、ある疑問が…。

アカゲラの頭の赤い部分って、オスは後ろだけですし、メスにいたっては赤くありません。

ところが、このヒナたちの頭は前の部分から赤いんです。
このヒナたちが、頭全体の赤いオオアカゲラのヒナだと云うのなら何の疑問もないのですが…。

まさか、オオアカゲラのヒナ?
オオアカゲラのヒナをアカゲラが育てている?

ありえない!と思いながらも、何かの間違いがあったのかも、なんて…。

で、調べてみると、アカゲラのヒナはオスもメスも頭は前の部分から赤いんだと解りました。ですから、この子たちは間違いなくアカゲラのヒナで、オスなのかメスなのかは、成長しないとわからないと云うわけです。
で、オオアカゲラのヒナはと云うと、オスは赤くメスは赤くないそうなのです。

また、ひとつ勉強になりました…笑。

先月末にご紹介していたオオアカゲラの巣立ちには残念ながら立ち合えませんでしたので、今度こそリベンジ!

2015062103
この子たちの巣立ちに立ち合いたいなぁ~って、次のお休みが待ち遠しいです。

2015年6月20日 (土)

「霧が立ち込めて…。」

2015062001
海水と大気の温度に大きく差が出た6月15日、
ウトロの海にはステキな霧が立ち込めました。

立ち込める霧はどんどん濃くなり、
半島断崖の絶景を包みこんでいきます。

気持ちの良い青空が広がり波も穏やかだというのに、残念ながら観光船は出航しようにも出航できない状況に…。

その頃、私は森を歩きながら断崖に出ており、霧に包まれていく断崖の様子を見下ろしていました。

男の涙の断崖にさしかかった頃にうっすらと出はじめていた霧は、私が象の鼻展望地に着く頃には真っ白くなり、まるで雲、雲を見ているかのようでした。
2015062002
キレイでした。
ただただ見惚れるばかりでした。

きっと、この眺めも一期一会の景色なんだろうなぁ、と思いながら眺めていました。どんな時でも、その時にしか出逢うことのできないその時だけの景色が必ずあるって思います。

皆様が知床で出逢う景色も、きっと、その日その時にしか出逢えない景色だって思います。

知床にお越しの際は、そんな景色をたくさん感じていただければって思います。

2015年6月16日 (火)

「うっひょぉーっ! ひゅうーっー! ひょぇーっ!」

2015061601
知床の新たな観光、ヘリクルージング!
知床の空をヘリが飛びます。

早速、搭乗してきました。

プロペラがぶんぶん回るヘリ(パイロット入れて4名定員)に、ドキドキしながら乗り込むと、すぐに上昇がはじまり、地上で手を振るスタッフがみるみるうちに小さくなっていきます。
2015061602
眼下に半島の断崖! 標高1500m級の山々、知床連山!

いつも、ハァー、ハァー、しながら夢中になって歩いて遊んでる森を一望して、なんだ、ちっぽけじゃない!なんて、思ったりして…笑。

2015061603
そして、上空からの知床五湖!

湖の中島、木道…、全貌を見渡します。
「五湖を上から見たい!」…これ、けっこう私の夢でした…笑。
感動です!ヘリの中は歓喜の渦!…笑。

知床の山、海、森を、見下ろす12分ほどのフライトは、知床五湖の上空でUターンします。
時間は9時から17時まで15分刻みで飛行しています。
(※毎週水曜日が定休で、今年は9月末までの営業です。)

で、気になる料金はと云うと、お一人様、20,000円。
「うわっ、高っ!」って、思っちゃいますよね、私も「高いなぁー」って、思いました。でも、実際、フライトしてみると、「価値あり!」って、感じです。思いきって乗って良かった!って、思えるはずです。

昨日は生憎の曇り空でしたから、今度は、青空の時に、って。
きっと、紅葉の頃もイイんだろうなぁ、って。
また、乗りたいなって、思っちゃってます。

2015061604


ちなみに、

知床岬までチャーターすると15万円程だそうで、
今から岬フライト貯金!コツコツはじめよっかなぁー、なんて、
思ったりもして…笑。

2015年6月 9日 (火)

「ちょっとブルーなのです。はい。」

もう6月ですから、そろそろエゾシカの赤ちゃんがお目見えする頃です。

すでに赤ちゃんを見たよ!なんて情報も耳にしており、私も可愛らしい赤ちゃんの姿を森や道路で探すようになってきております…笑。

そんな矢先の出来事です。
道路のすぐ横の森で悲痛な声をあげながらエゾシカが右往左往しています。
尋常ではないその様子に、いったい何が起こっているんだろうと目を見張ると、そのすぐ近くに親子熊がいました。
1歳の2頭の仔熊を連れていました。うち1頭の仔熊は倒木から見え隠れしています。

悪い予感です。
この倒木には身を隠している仔ジカがいるのではないかと…。
5b7a4971
悪い予感は的中してしまいました。
程なく顔をあげた仔熊の口にはぐったりする仔ジカの姿が見て取れました。
なすすべもない母ジカを余所にヒグマ親子は仔ジカを銜えて森の奥へと遠くなっていきました。

これが自然の姿であり、仕方のないことです。
わかっています。
でも、わかってはいても、こんな衝撃的なシーンを目の当たりにしてしまうと、知床の自然に感動しながらも、やり切れないやるせない思いで、ちょっとブルーになってしまいました。

ブルーなまんま車を走らせていると、岩尾別温泉道路で、川の向こうに仔ジカの姿を見つけました。まだ、上手には歩けないようで、時々、しゃがみ込んだりしながら、それでもお母さんのあとに一生懸命ついていっていました。
お陰でちょっと心も和み、無事、大きくなって欲しいって、心から祈っていました。
5b7a4991

「我、関せず!」

先日、久しぶりにヒグマに出逢いました。
突然、視界に現れて道路脇の草叢をうろうろしていました。
車を止めて見ている私に気がついているのに、我、関せず!
5b7a4917
悠然と、私の車の前を、すぐ前の道路を横ぎって行きます。

5b7a4928 私のことなんて気にもとめずに堂々たるものです。そんな様子をみていて、ふと、このヒグマ、車の中から熱い視線を送る私のことを、いったいどう思っているんだろっ!って、そんなことが頭に浮かんでいました。

私は、ヒグマとの出逢いに、その姿にドキドキしているというのに、ヒグマときたら全く関心なんかなくて、邪魔くさいなぁ、うっとおしいなぁ、って、きっと、そっとしておいてくれよっ!ぐらいな感じ。

そう思うと、ヒグマに出逢う度に車を止めカメラを向ける自分が、ちょっと後ろめたくも思えたりして。

私もいつか、我、関せず!
と、ヒグマとすれ違える日がくるとイイのかもと。

でも、そう思ってる端から、近頃、ちまたで噂の親子熊、1歳の仔熊を3頭連れた親子熊に逢いたくて仕方のない私です…汗。

6月1日からカムイワッカ湯の滝が解禁、観光船の岬航路も各社運航を始めております。
知床もいよいよフルオープンです。
5b7a4937

2015年5月31日 (日)

「僕も、もうそろそろ飛べるかな?」

このオオアカゲラの巣穴に気づいたのは5月中旬のこと。

穴の中では、その時、もうすでに卵が孵化していたらしく、お父さんもお母さんもせっせ、せっせとエサを運びこんでおり子育て真っ最中といった感じで、ヒナが顔を覗かせてくれるのを楽しみに、ちょくちょく様子を見に行っていました。

昨日も行ってみると、巣穴からにょきっと顔が出ていて、これはいつものことです。

ただ、待っても待っても、なかなかエサを捕りに出かけないんです。

あれっ、これは、もしかして、ヒナ!かなと、双眼鏡を覗くと、その顔の表情がとても幼いんです。
2015053101
頭の赤い色も淡く、羽根もなんとなくぽやぽやで、そう、ヒナ!のようです…笑。

上半身を乗り出して、きょろきょろ、きょろきょろしています。
僕も、もうそろそろ飛べるかな? うまく飛べるかな?と、思っていたかどうか、大空へ向って羽ばたきたいんだけど、まだ、ちょっと勇気がでないような、そんな感じ…笑。

エサをくわえて戻ってくる親も、すぐには与えず、ちょっとじらしたりして、巣立ちを促しているようにもみえてきます。
2015053102
そんな様子がオモシロくて、
昨日は、ほぼ、一日中、観察していました。

すると覗かす顔の特徴が違っているのに気がついて、少なくても3羽、男の子が3羽は育っているようです。
2015053103
成長具合にバラつきを感じますが、巣立ちは間もなくのようですね。

この子たちの初フライト!
立ち合えるかなぁ~?
立ち合いたいなぁ~…笑。

※撮影には望遠レンズを使用し、
営巣木までは距離を取って撮影しております。

2015年5月30日 (土)

「神様がくれた出逢い。」

先日からご紹介しております抱卵中のヤマシギ。

25日のお昼頃、卵の割れ目に気づいてしまってからは、ヒナに逢えるだろうかと、ヒナの可愛さはどんなだろうと、ヒナのことで頭がいっぱい。そんな私の救いは翌日26日がお休みなこと。1日いっぱい巣のそばで様子を観察できます。

とってもソワソワな25日の夜、寝つけずにうとうとしながら明るくなるのを待って、午前3時過ぎ車にエンジンをかけ出動です。
はやる気持ちを抑えつつ大急ぎでヤマシギの巣へ駆けつけ遠くから様子を伺います。

でも、ヤマシギがわかりません。

場所を変え、高さを変え、角度を変え、目を凝らして観るもののどうにも確認できません。

イヤな予感です。

恐る恐る巣に近づくと、悪い予感が的中、巣はもぬけの殻!
2015053001
愕然となり立ちつくしがっかりで言葉もありません。

小さなヒナたちですから、まだ飛べないでしょうし近くに隠れているんだろうなぁ~とは想像されますが、探す!と云っても、この広さを思うと途方にくれます。

諦めて重い足取りで引き返し始めた時です。

足元で物凄い音がして、同時に飛び立ったのはヤマシギ!
これは、もしやと、慌てて足元あたりを探すと、

…いました、いました!

2015053003_2

トドマツの幼木の葉に隠れるように身体を寄せ合う3羽のヒナ!

孵化したばかりのヒナと逢うのは初めてのことで、もう感動!です。
なんて可愛いんでしょう…笑。

ちょっとすると何処からかお母さんのヒナを呼ぶ声がして、3羽は声の方へと歩き始めました。
2015053002_2
よちよち、よちよち、コケたり、羽をばたばたしながら、小枝を乗り越え頑張って歩きはじめました。

もう、もう、可愛いったらないです…笑。

きっと神様が逢わせてくれたんだなぁって、感謝です。
卵は4つでしたから1羽はどうしちゃったのかと、ちょっと心配。
違う場所で元気にしていてくれますように…、4羽、無事、元気に大きくなってくれますように…、と、願うばかりです。

2015年5月26日 (火)

「このひょうきんな顔つきは…。」

今月はじめからご紹介しているオオジシギ。
その後も観察を続けており無事に抱卵しております。

今日はその顔を正面から撮ることができました。

で、その写真をじっと見ていてヒヤリッ!…汗。

2015052601
頭のてっぺんから後頭部にかけて確認できる太い横縞の斑と不自然な場所につく目が、私に「私はオオジシギなんかじゃないよ!」って、訴えかけてくるんです。

そう、このひょうきんな顔つきは、
「オオジシギ」なんかじゃないんです!


「ヤマシギ」なんですね…汗。

オオジシギだとすると合点がいかないことがあったにも関わらず、近くで繰り広げられているディスプレイフライト(オオジシギの繁殖行動)にすっかり惑わされて、オオジシギだって思い込んじゃってました…汗。

この事実には、正直ちょっと落ち気味だったんですが、このシギがオオジシギだろうとヤマシギだろうと、ヒナの可愛いさに変わりないわけで、しぼんでしまいそうだったワクワクもすぐに戻ってきて、ワクワクはワクワクのまんま…笑。

逆に「ヤマシギ」だとするなら抱卵期間は20日~24日くらいですから、もう、何時孵ってもおかしくないわけです…笑。

で、よぉ~く見ると、お母さんの右脇に卵がはみだしていて、
もっと、もっと、よぉ~く見ると、
2015052602 なんと、殻に割れ目!が、確認できます。

今まさに殻からでようとしているのか、もう孵ってお母さんのお腹の下に隠れているのか、いずれにせよ「ヒナとの出逢い」が現実味をおびてきております…笑。

もう、四六時中ぴったり巣にはり付いていたい気分…笑、どうか、ヒナに出逢えますように…、どうか、どうか、私の目の前で巣立ってくれますように…、と、ただただ祈るばかりです。

2015年5月25日 (月)

「知床横断道路が終日通行できるようになったので…。」

今迄、夜間の通行規制がかかっていた知床横断道路ですが、今月22日(金)8時から、ようやく終日通行できるようになりました。

で、一番乗りで日の出を見に行こう!

って、はりきって迎えた23日の朝、だったのですが思いっきり寝坊…汗。
よしっ、明日こそと迎えた24日の朝、これまた寝坊…汗、汗。

3度目の正直で今度こそと迎えた25日の朝、…笑、起きれました!
ぎりぎりセーフ。

2015052501
さいわいお天気もよく国後島もくっきりです。
爺爺(ちゃちゃ)岳よりまだ東の空が一際明るく、知床峠を越して羅臼側7合目付近で車をとめて眺めてきました。

国後島の空が刻々と色を変えながら焼けていき朝がやってきました。早起きを頑張って良かったと思わせてくれる清々しさです。

せっかくなので頑張って朝日を…、と、思ってらっしゃる方は、日の出早いですよ…笑、今現在、日の出は3時40分過ぎです。
3時前には起きて、3時には知床峠に向けて出発したいですね。

2015052502_2
きっと、御褒美は待っていてくれると思います。

寒いですから暖かくしてご準備下さいませ。

2015年5月20日 (水)

「ひっそりと。」

5b7a3575 沢沿いで見つけた黄色いお花。

「エゾノリュウキンカ」、通称「ヤチブキ」のお花です。

一緒に歩いていた友人が「あぁ~、こんなところにまだ残っていたんだぁ~っ!」って、とても嬉しそうです。

昔はいっぱい咲いていたのにと、エゾシカに食べられてしまって近頃ではほとんど見かけなくなったんだと。

根を下ろした場所が良かったのでしょうか、エゾシカから逃れて岩の間でひっそりとお花を咲かせていました。

来年も再来年も…、可愛らしいお花を咲かせてくれますように…。

2015年5月19日 (火)

「雨にも負けず、風にも負けず。」

先日、ご紹介しましたオオジシギ。

それからと云うもの、誰かに踏まれてはいないだろうか、襲われてはいないだとうか、と、心安まらない毎日。

そして、一昨日はそんな思いに追いうちをかけるような悪天候、寒いし、雨は冷たいし、風もあるしで、オオジシギは無事でいてくれるだろうかと、そのことばかりが頭の中をよぎります。 様子を見に行こうにも、翌日のお休みを待つしかありません。

そして、迎えたお休みの朝、起きるなり、姿がありますように!と、祈る思いで巣のある場所へ。 草叢に紛れてわかり憎くて、居るような、居ないような、無事なのか、どうなのか、なかなか判断しかねます。 近くに寄るわけにもいかず、ひたすら目を凝らしていると、何かそれっぽい塊!を…。

写真に撮って拡大してみると、
5b7a3195 オオジシギ!

でした。無事でした。ちゃんといてくれました!…笑。

踏まれることなく、襲われることなく、雨にも負けず、風にも負けず、寒さにも負けず、ちゃんと卵を抱いてくれています…笑。
産んだのが何時なのか、知るすべはありませんが、私が見つけたのが9日前ですから、少なくともすでに9日間は抱卵していることになります。 抱卵期間は何日間なんだろうと、でも、きっと、あと数日、この1週間のうちには孵化するのではと思えてきて、孵化への期待が、ヒナとの出逢いへの期待が高まってきます。 このオオジシギの不運は私に見つかったことかも、などと思ったりもするのですが、ヒナに逢いたくて、驚かせないように、ストレスを与えないように、気をつけながら、ごめんなさい、通ってみようと思っています。

5b7a3165 悪天候が去り、雲がはずれて姿を現した知床連山は春の雪をかぶってめちゃくちゃキレイ!でした。

5b7a3080 空の青と目にも優しい若葉の緑とが相まってとってもキレイ!
でした。

春の陽射しの中で清々しい美しさでした。

2015年5月17日 (日)

「ちょっと、待ったぁーっ!」

5b7a2258
エゾリスのこれ、このポーズ!

きっと威嚇のポーズだって思うんです。エゾリスがいる樹にへばりついて見上げる私への威嚇!…?

でも、ちょっとすると私をみながら両肘ついてクルミを食べはじめちゃいました。
5b7a2269
警戒しているのか、いないのか、危機感がたりないのか、どうも威嚇に身が入ってない感じ…笑。

この場からいなくなってもおかしくないはずなのに、私を見ながらこの樹を離れようとしません。この樹を離れたくない理由でもあるのかな?と、勘ぐってしまいます。そんな理由があるとすると食べ物?でも、この樹に実なんてなってなくて、となると、もしや巣?でも、それらしき洞も小枝の塊もみあたりません。謎は残りますが、私は愛嬌たっぷりのエゾリスに出逢えてラッキーです…笑。

モモンガやリスやネズミ…、種類に関係なく動物たちに出逢う度に、1匹、1匹の個体差を感じます。

警戒心が強かったりそうでなかったり、逃げ足が早かったりそうでなかったり、お行儀が良かったりそうでなかったり、身体つきや顔つき、表情や立ち居振る舞い、お家の選び方や食べ物の好みだって、きっとみんな違っています。

動物たちにも個性があるんですね、ヒトと同じ…笑。
観察してるととっても楽しいです。

5b7a2317
オスのエゾシカも角を落としはじめています。
1本だけが頭に残っているシカ、夏毛の白い斑点模様がうっすら見えてきているシカ…、動物たちに出逢ったらいろいろ観察してみて下さいね。

2015年5月12日 (火)

「ヒガラの大惨事!」

Photo_2

先月末にご紹介したこちらの「ヒガラの巣」。
とっくに完成して、そろそろ卵を産んであたためている頃かなぁ~などと、ワクワクしながら見に行ったんです。

そしたら、

様子がへんっ!

ヒガラが出入りするのがやっと位だった小さな穴は、跡形もなく縦に大きく削られ掘られてしまっています。
5b7a2421
何があったのかと遠くでしばらく様子を見てたのですが、ヒガラ夫婦の姿も気配もありません。
それで、近くへ寄ってみると、その木の根にはたくさんの木屑が散らかり巣材も引っ張り出されていました。キツツキの仕業のようです。
きっと虫を食べようと突いたのでしょう。悲しいことながらキツツキにしてみれば、ヒガラが巣にしているとか、いないとか、そんなこと気にしてられないですものね…。

幸い卵の殻は見つけられなかったので産卵前だったのではと、それがせめてもの救いです。自然界の厳しさを感じてしまいました。
頑張って、誰にも邪魔されない場所を探して、また巣を作ってくれることを願いながらその場をあとに。

気をとりなおして歩いていると私の足元で大きな音っ!

驚くのと同時にオオジシギが飛び立っていきました。
オオジシギもビックリしたでしょうけど、何が起こったのかと私だってびっくりです。

何処に隠れていたのかと何気に目をやった地面には、5b7a2343_2
なんと、卵が4つ!

…抱卵中だったんですね、驚かせてしまったようです。
でも、こんなにわかりやすい場所で大丈夫なんだろうかと、キツネやテンやカラスや…、すぐに見つかってしまいそうです。
シカや誰かに踏まれたっておかしくない場所です。ヒガラの悲劇に直面したばかりでとても心配になってしまいます。
誰にも踏まれないように襲われないように、守ってあげたくなりますが、私にできるのは無事を祈ることくらい。

本当に心配。…なんですけど、ヒナに逢いたい!などと、ヨコシマな思いも見え隠れして…汗。
また、そっと様子をみに行こうと思っています…笑。

知床横断道路、5月1日、開通しました。

Img_9940_2

春に忘れ去られたような
冬の名残りの景色が
春の暖かな陽射しの中で
とてもキレイです。


今月7日からは、
8時~17時の時間帯が通行可能になっております。
ぜひ、お出かけ下さい。
Img_9941

2015年5月 1日 (金)

「斯くも愛しきネズミたち。」

ここ最近は晴天続き。恵まれた日々が続いております。

先日、心弾ませ森へとおでかけ。
先ずは、近頃のお気に入りの場所へ。
そこはモモンガが棲む樹が立ち、イイズナとの出逢いも巡ってくれた場所です…笑。

倒木に腰を下ろすと降りそそぐぽかぽかのお日様がとても気持ち良くて、歩きまわるのをやめて、しばしボォーッとすることに。

私が腰を下ろす倒木のすぐそばの樹はモモンガの棲む樹。
姿は見えないけれど、私のすぐそばで今もきっと眠っているはずで、寝ぼけてひょっこり顔を出してくれないかなぁ~、とか、またイイズナがひょっこり姿を見せてくれないかなぁ~、などと思いながら、ちょろちょろ、ちょろちょろするネズミたちに囲まれる幸せなひととき。

Photo_8

ズサズサッって、音がすると決まってネズミがちょろちょろしていて、2匹でおっかけっこをしていたり、樹の根に目を凝らすとひなたぼっこでもしているかのようにじぃーっとしていたり。
Photo_6
顔をのぞかせる穴や根の隙間の形も違っていますし、勿論、1匹、1匹、顔の表情や仕草も違っています。


どの隙間からどんな表情で顔を出すのか、どんな仕草を見せてくれるのか、まぁ、まぁ、まぁ、まぁ、楽しいのなんの、可愛らしいったらなかったです…笑。

Photo_5



そんな事をして遊んでいる私のもとに1匹のお客様、ちょっと大きめの音に振り向くとタヌキがゴソゴソ、目と目が合っちゃいました…笑。
Photo_9
たまには、こんな時間もイイですね。

4月28日からは、大型観光船「おーろら号」も、小型船クルーザーも全社運航が始まっていますよ。

2015年4月30日 (木)

「巣づくりに忙しい面々。」

春ですね…、ヤナギのお花に続いて北こぶしが白い大きな花びらを広げています。桜のお花もすこしづつ咲き始めています。

さて、そんな中、動物たちからも春を感じます。

森で小鳥やリスやネズミたちに出逢うと2つ連れだって騒がしくおっかけっこをしていたり、忙しそうに巣材を運び入れていたりします…笑。

こちらは、コツンッ、コツンッ、と、いつもとは違う調子で丹念に木に整った大きな穴をあけていたクマゲラ。
Photo
穴に入るとお家の中をキョロキョロ、キョロキョロ、天井や壁など、内装のチェックをしながら住みごこちを確かめているかのようでした。

そして、こちらは巣に巣材を運び込むエゾリス。Photo_2


同じくこちらも巣に巣材を運び込むヒガラ。Photo_3
くちばしいっぱいに巣材を銜えて帰ってくると、玄関口で辺りの様子をキョロキョロ、誰にも見られていないことを確認しているのか、とても用心深く巣材を運び入れていました。
で、また、すぐに穴から顔を出し飛び立っていきます。
そんなことを何度も何度も繰り返していました。

クマゲラもエゾリスもヒガラも、みぃ~んな、このお家、使ってくれるとイイんだけどなぁ~、このお家で子育てしてくれるとイイんだけどなぁ~、時々、こっそり様子を見に行こうと思っています…笑。

あっ、そうそう、4月20日より知床五湖が開園してます。
散策できるのは2湖1湖を巡り高架式木道へ上がるレクチャー受講が必要なショートコースと高架式木道の往復の2コースです。
Photo_4
湖畔沿いの散策路にはまだ雪が多く残り湖もところどころで湖面が見えているものの、まだまだ、シャーベットの状態。

冬から春へ移り変わろうとする感じがなんとも清々しく知床連山を眺める光景には裏切られることなくやはりキレイでした。

散策の際は長靴をはいてお楽しみ下さいませ。

2015年4月24日 (金)

「ようやく出会えました!」

春になったと感じる要素のひとつに、「ヒグマを見たよ。」といったヒグマ情報があります。
冬眠明けのヒグマが活動をはじめた証しで、知床に春を告げる風物詩とも言えます。

私が今春、ヒグマの目撃情報を初めて耳にしたのは3月上旬のこと。しかしながら、それからというものの、なかなか、なかなか、私にはヒグマとの出逢いが巡ってきませんでした。
あちこちで目撃情報や、画像がアップしているなか、自分の番はまだかなーと思っていたところ、先日、やっと私にも順番がまわってきました…笑。

出逢いは本当に何の前触れもないまま突然やってきてくれるものですね…笑。
朝方のことです。
5b7a0783 知床自然センターに向って走っていると、センター手前の道路脇の少し開けた雪の上に気配を感じて、見てみると、お尻を雪の上にぺったりくっつけて、「おっちゃんこ」してこっちを見ているヒグマの姿があるではありませんか…笑。

5b7a0779 慌てて私が車を止めると、ヒグマは、「せっかくのんびりしてたのに邪魔が入っちゃったよ」とでも云わんばかりに迷惑そうに腰を上げ、ゆっくりと奥で遊んでいた2頭の仔熊のもとへと遠ざかって行きました。

道路からは少し離れ遠くなってしまいましたが、追っかっけこをしたり、お相撲をとったり、雪の上でごろごろしたりと、とても楽しそうな様子はしっかり見ることができました。
5b7a0708 こんなステキな出逢いが待っていてくれたなんて、待った甲斐もあったと云うものです…笑。
次はどんな出逢いが待っているか楽しみです。

2015年4月16日 (木)

「やっぱり、ヒグマには嫌われているみたいだけれど…。」

3月上旬、ヒグマの目撃情報を耳にしてから1ヶ月余り、まだ、ヒグマとの出逢いに恵まれない私です。
やっぱりヒグマには嫌われているかも…汗。
でも、「モモンガ」だけではなく「イイズナ」とも仲良しみたい…笑。
なんと、先日、また、出逢っちゃいました、イイズナに。
2月に出逢った時は冬毛で真っ白だったのに、もう、夏毛に変わっていました。5b7a0227_640x426_3



この出逢いは察するにネズミ様のお陰でしょうか、昨年秋より本当にネズミが多くて良く見かけます。
森へ出かけると先ず初めに目にするのがネズミなら、最後に目にするのもネズミ、って、云うか、ズサズサッ、と、ザラザラの雪の上で立つ音に目をやると、きまってネズミが、常にネズミがちょろちょろしています。
モモンガやイイズナとよりも、ネズミとの方がずっと、ずっと仲良し…笑。
このまんまるな顔も、どんぐりを銜える仕草も、とっても可愛いです。5b7a0482_640x426_2

このイイズナはネズミのトンネルから顔を覗かせていました。5b7a0449_640x441_2



どうやらネズミのトンネルを移動しているみたいで、イイズナにしてみれば効率は良さそうですが、ネズミにしてみれば、自分のことを狙っているイイズナと何処で鉢合わせするかわからないなんて、ドキドキですよね、たまったもんじゃないですね…汗。
でも、これも、自然界の厳しさなんでしょうね。

2015年4月11日 (土)

「ヒグマには嫌われてるみたいだけれど…。」

ヒグマの目撃情報が絶えない今日この頃ですが、私は残念ながら、今年、まだ一度もその姿にお目にかかっておりません。

残雪の上にヒグマの足跡を見つけては、「あぁ、ヒグマが歩いていったんだなぁ…」とか、道路に知床財団の車輛をみかけては、「あぁ、ヒクマがいたのかなぁ…」とか、思ってばかりです。

ヒグマにはどうも嫌われてしまったのかと(…汗)、「ヒグマ」との相性は今ひとつ。

でも、でも、「モモンガ」との相性ならばっちり!モモンガとは仲良しです…笑。

先日も、3匹のモモンガが姿を見せてくれ、ジジジジ、ジジジジと、鳴きながら追っかけこをしていました。2015_0411_640x426

これって三角関係?「人間模様」ならぬ「モモンガ模様」を見ながら、これは、どういう状況なのかなぁ、と、モモンガのことを、もっともっと知りたくなってしまう私です…笑。

そうそう、今月6日、「オロンコ岩」が解禁です!早速、登ってみると、もう「キバナノアマナ」や「エゾエンゴサク」が咲き始めており、2015_0411_640x426_2


見下ろすと海の上をたくさんのカモメが賑やかに飛び交っていました。2015_0411_640x426_3

久しぶりのオロンコ岩、想像以上にあがる息とガクガクする膝、汗ばんだりもして…。

登り口まで、当ホテルから歩いて10分ほどです。

運動がてらどうぞ登って見て下さい。

2015年3月26日 (木)

「季節のかわりめ。」

2015032701 やわらかであたたかな陽射しを受けてヤナギの芽もふくらみはじめた知床。

いよいよ知床にも春!
と、思っていたら、昨日はすっかり冬に逆戻り。
風が強く吹き雪が降りしきる中、森に出かけてみると、森は冬さながらに真っ白な雪をたたえたお伽の世界で積もる雪には雪紋ができあがっていました。

出逢いもたくさんありました。
幹に立派な穴を削り出していたクマゲラ。
2015032702
猛ダッシュで風の中をかけぬけ洞にもぐり込んでいったエゾリス。
降ったばかりの雪の上に残されるヒグマ親子の足跡。
この災難のような天候にも負けず、森の動物たちは元気でした…笑。

そう、そう、ヒグマが冬ごもりから出はじめましたよ。
そんな情報は10日以上も前から耳にはしており気になっていたのですが、私もやっと実感!足跡だけですけどね。
大きいのはお母さんの足跡、小さいのは仔熊の足跡。

2015032703

お母さんのあとを一生懸命ついて歩いて行ったのでしょうか、可愛らしいです…笑。
ただ、ヒグマがお眼ざめとなると、夜の森にモモンガに逢いに出かけるなんて楽しみは、さすがにもうお預けです。
2015032704
でも、ヒグマに出逢えるかも!
なんてワクワクがもうはじまっています。

本日、昨日とはうって変わって晴天。
昨日降り積もった雪もアッと云う間に融けるでしょうし、春へと向う知床にもうマッタはないようです。

冬への名残り惜しさもあるけれど、春をひとつひとつ見つけながら私の楽しみも季節に合わせて変っていきます…笑。

2015年3月13日 (金)

「ギョギョギョーのギョ。」

雨雪あがりの知床。
動物との偶然の出逢いを期待しながら、いつものように森を歩きます。

ザクザクとして歩きにくい雪に春の接近を感じながらも、なんとなく残念な気持ちが・・・。
別に春の到来が嬉しくないのではなく、雪積もる森で、まだまだ遊んでいたいなぁ~、ってね…笑。

5b7a3258 そんな中、倒木を跨ごうとして、思わず「ギョッ!」。
倒木を跨いで足を下ろそうとした雪の上に何やら怪しげな物体!

何だろ?って、思って見たら、何と、魚!。
森の中に「魚」って、ギョ、ギョ、ギョのギョ、です。
いったい何があったのか?
魚の重さに耐えられずに思わず猛禽か何かが落っことしてしまったのか?
口に合わずに誰かが食べ残こしたのか?

真実のところは知るよしもないですが、これって森の生き物にとってはタナボタ状態です。
この御馳走に誰が一番はじめに気づくのか?ですよねぇ~…笑。
カラス? キタキツネ?
もしかして、クロテン?
いや、いや、いつぞやのイイズナ?

魚の名前、ここにある理由を通り越して、動物たちの争奪戦に興味深々。
膨らみはじめてしまった妄想に、この場に張り込んで一番乗りを確認しなければ!

っとも思いましたが、ここに留まるには時間がもったいない!と、頭を冷やして森歩き再開です。

・・・森の動物との出会いは、ままならず歩き疲れて夕方になりました。
帰りがけに、一応「魚のその後」を確認に行きましたがそのままの状態で残っていました。
あれ? 見た目どおり美味しくなかったのかなぁ~?

なんとも不思議な森の中のギョ!でした…笑。

2015年3月 8日 (日)

「ぽかぽか陽気の日のでききごと。」

森の中はまっさらで真っ白な雪に包まれて、樹々の間からは晴れ渡る真っ青な空が顔を覗かせています。
降りそそぐお日様もぽっかぽかっ。難を云えば、あがった気温のおかげで雪が湿って重たいこと、重たいこと。でも、その心地良さが格別な啓蟄の日。

そして、その心地良さを感じていたのはどうやら私だけではなかったみたい…笑。
ご覧下さい!こちらのネズミを…。
5b7a3210 雪の上にくっきり残されるスノシューの踏み跡のど真ん中でこっくり、こっくり、居眠りしちゃってます。
5b7a3214 しばらく見ててもピクリとも動かないので、変だなぁ~って思って、どうしたのかなぁ~って、じっくり見てみると、なんと目をつむっちゃってて、眠りこんじゃってるみたいです。

でも、白昼堂々こんなところで寝ていると、あぶない目に合うかもということは、知っているんでしょう。
時々目を覚ますと、ハッとして頭をぶるぶるさせて歩きだします。
が、2、3歩進むと、またイネムリに落ちて、こっくり、こっくり…笑。

何度も繰り返される、この一連の様子が、なんともほのぼのとしていて可愛らしくて心和まされました。授業中にした自分自身の居眠りをちょっと思い出したりもして…笑。

どうか、「カレら」に見つかりませんように、無事、お家に帰れますように…。
とほのぼのしながらも、ドキドキするぽかぽか陽気のお昼のヒトコマでした。
5b7a24422

2015年2月26日 (木)

「可愛いなぁ~…笑。」

昨日の森歩きは収穫の多いこと多いこと…笑。
歩きはじめてすぐに出逢ったのがエゾリス。
2015022601
正直言って顔は可愛いとは言えないような(…笑)、でも、私との相性はバッチリだったようで、時々動きを止めてじっと私を見つめてくれました。

森の中に響きわたる「クマゲラ」のドラミングを聞きながら時々姿も見かけ、「ウソ」を見かけ、「アトリ」を見かけ、久しぶりに「シマエナガ」にも出逢いました。

そして、嬉しくない見つけ物は小鳥たちの羽根。
「アカゲラ」と「カラの仲間」のもの、それから誰のかわからない羽根が2種類。
仕方のないこととわかりつつも、絶たれてしまった命に少し胸を痛めていると……

つ、ついに待ちに待った出逢いがっ!

2015022602
そう、トドマツの樹冠に「エゾモモンガ」を見つけました!

逢いたくて、逢いたくて、どうしようもなかったエゾモモンガです。
2015022603
なんと、まぁ、可愛いっ! 左目の上あたりの寝ぐせ(…?)は愛嬌たっぷり、ふっくらとした口元も愛らしく、大きな目だって尻尾だって…、可愛いったらないですね…笑。
ホント、可愛い…笑。

出逢ってからモモンガがマントを広げ滑空して私の目の前から姿を消す迄の2時間近く、ずぅ~っとその姿と一緒にいました…笑。

実はこの日は夜にもモモンガとの出逢いが待っていてくれたんです。
食痕や糞の状況からみてきっと住んでいるに違いないと思っていた洞の前で、じぃ~っと待っていると、日もすっかり沈んで真っ暗くなった頃に、その洞からかひょっこり姿を出してくれたのです…笑。
2015022604
そして、アッと云う間に闇夜の森へととけこんで行きました。

知床に、モモンガに、感謝でいっぱい、何とも幸せな1日でした。

2015年2月16日 (月)

「ミジンウキマイマイ放たれる!」

2015_021600
「流氷の天使」とも呼ばれてファンの多い「クリオネ」。
当ホテルロビーでも展示飼育しております。

まだ解らない事の多いクリオネですが、成体になると「ミジンウキマイマイ」と云う同じ貝の仲間を食べるようになります。
マイマイを食べるときは、その可憐さとは似つかわしくない異星生物のように「こわぁ~い姿」に変貌します。
なんと、頭にある2本の角の間がパックリ割れて、そこから6本の触手(バッカルコーン)を伸ばしマイマイを捕えて食べるのです。

でも、マイマイを手に入れるのは困難で、その捕食シーンはとても珍しく自然界でもなかなかお目にはかかれないんだとか…。
私も映像で見て知るだけです。

ところが、先日、クリオネの水槽の中に、そのミジンウキマイマイが1匹放たれました。

2015_021602

流氷ダイビングにきていた「パパラギダイビングスクール」の皆さんが流氷下の海に潜った時に捕まえてきてくれたのです。
皆で水槽を取り囲み今か今かと触手が伸びるのを待ちます。
じぃーっと待つこと数十分。

「バッカルッ! バッカルッ!」と歓喜の声。ついにクリオネが触手を伸ばしたのです。
2015_021603
始めて見る生のバッカルコーン!

映像で見るより細く長く繊細な感じでした…笑。
その後、何度も繰り返されるクリオネたちのバッカルに歓声を上げながら、待つこと2時間半ほど、ついにクリオネの触手がマイマイを捕えました。
2015_021604
3匹のクリオネに食い付かれたマイマイは時間が経つにつれ色あせ小さくなっていくようでした。
この日、1階ロビーのクリオネの展示水槽のある一角は、通りかかるお客様を巻き込みながら異様な盛り上がりと熱気に包まれていました…笑。

感動さめやらぬまま撮った記念写真は、みんな揃って頭から6本のバッカルコーンを出しています。
2015_021605
名付けて、「ザ・バッカラーズ!」…笑。
パパラギダイビングスクールの皆さん楽しい時間と貴重な経験を、どうもありがとうございました。
2015_021601
また、
来年も宜しくお願いしますね…笑。

2015年2月10日 (火)

「2月上旬。知床そら模様。」

このごろの知床の気候は、急に冷え込みんでみたかと思うと春を思わせるように暖かだったりと、メリハリたっぷりでいろんな景色を見せてくれております。
Img_9024_2 2月3日、低気圧が通り過ぎ一夜明けたウトロの海は大時化となり、オロンコ岩や三角岩の景色も一変、この日は流氷も沖に流されてしまっていて、荒波にもまれ砕かれた流氷が海に融け込んでいるのか、轟音とともに打ち寄せる波はどろぉーっとしていました。
さらに目を奪われたのは海に描かれたこのマーブル模様!
5b7a1881_2 波や模様の変りようをずっと眺めていたくなるほど変化がすてきでした。
そして、つい先日、気温は低くて明らかにマイナスだったのですが、降っていたのは、「雪」ではなくて「雨」。
地面や車のフロントガラスに落ちるなり直ぐに凍りつていました。
そんな妙なお天気の1日が過ぎた翌日のことです。
5b7a1960_2 青空が広がったウトロはステキな景色に包まれました。
Img_9172_2 小枝の1本1本のぜんぶが氷砂糖のような小さな粒で覆われていて、そんな白い樹々が青空に映えてとっても美しいのです。
知床公園線からの景色に目を奪われながら何度か往復して、後ろ髪ひかれる思いで午後の仕事に出かけました。
5b7a1951_2 森の中もきれいだったに違いないのですっ、あぁ、こんな日に仕事だなんて…、残念っ!

「これって、レーズン?」

1月の末、フレペの滝へ出かけた帰り道でのことです。
何かの視線を感じて、そちらに目をやると1匹のキタキツネがこちらをじっと見ていました。
5b7a1679_5 もぐりこんだふかふかの雪の中から顔を出しているようで、とても可愛らしくて眺めていると、しばらくしておもむろに歩き始めました。

5b7a1697_4 鼻をくんくんくんくんさせながら食べ物をさがして歩きます。
何かを見つけると雪をかき分け夢中で食べ始めました。
ネズミなどの動物を仕留めた様子もなく、小動物を食べている風でもなく、何を美味しそうに食べていたのかな?
と、キツネがいなくなった後、食事の痕跡を見に行くと、山ぶどうが掘り出されていました。

5b7a1797_3 うぅ~ん、これってレーズン!…?。
房には山ぶどうの粒がまだ残っていて、風雪により乾いたのかしっかりとレーズンになっているようです。
出来具合はどんななのかと、食べてみると…、って、食べてみたかったんですけど、キツネの食べ残しですから、さすがに無理があり断念…汗。
今度、見つけたら食べてみようと思いました。
天日干しですからね、きっと美味しいと思うんですよね…笑。

2015年1月25日 (日)

自然の仕業。

昨日は低気圧の影響で知床でも強い風が吹き荒れました。
一夜明け、フレペの滝へ出かけてみると、その風の強さを物語るかのように雪の上には、一面、雪の波模様、雪紋が出来あがっていました。
こちらはキツネが歩いた足跡のシュカブラです。2_426x640_2



シュカブラが出来る条件はいくつかあるようなのですが、降ったばかりの軟らかい雪の上を動物が歩くと、その足跡の部分は押されて締まったり、足の温度で解かされた雪が後
に冷やされ凍ったりして硬くなります。
そんな状態の時に風が強く吹くと、周りの軟らかい軽い雪が吹き飛ばされて足跡だけが盛り上がって残されるんですね。
面白い現象ですよね…笑。
こちらのキツネの足跡はくっきりと凹みとなって残っていたました。433x640_2



雪も風も止み時間が経ってから歩いたのでしょう、雪の表面が少し硬くなっていたようです。
雪原の小高いところでは冬の嵐が過ぎさり広がった青空にホッとするようにエゾシカたちが群れていました。640x426


展望台に立つと目の前に広がるオホーツク海には流氷が押し寄せてきておりました。
朝方、水平線上に確認できた流氷がお昼迄の数時間でこんなに寄ってくるなんて、やっぱり自然のやることには圧倒させられます。640x427_2



この度の低気圧は流氷も運んできてくれたようです…笑。

2015年1月18日 (日)

「今年も確認。」

この頃、ホテル周辺でカラスに執拗に追われる鳥をちょいちょい見かけていました。
咄嗟のことで空中戦ですし、それがいったい誰なのか…。
明らかなのはカラスより小さいこと。
そして、何となくお腹には鷹斑が入っているような…。

誰なのかなぁ~と、思いながら、ふと、思い当たったのは、
「ハヤブサ」。
オロンコ岩のトンネルを抜けた正面に立つ三角岩の「ハヤブサ」。
毎年、この季節になるとやってくるのかどうかは、定かではないですが、毎年今頃になると見つけることができます。
三角岩の高い所に止まっています。

それで、確認するべく行ってみると、予想は的中!…笑。
20150118_01
三角岩の上にハヤブサが止まっていました。
御馳走にでもありついたあとだったのか、足の爪を爪楊枝かわりにして、シーハー、シーハー(…?)、していました。

そして、私に気づくと、

20150118_02

くるっと私にお尻を向けて飛び立って行きました。
20150118_03
私が最初に気づいたのは、確か2011年の年始めだった気がしますので、今年で4年連続です。
勿論、一日中、同じ場所でじっとしているわけではないですが、三角岩迄はホテルからは歩いて10分少々、お散歩がてらお出かけしてみて下さい。

20150118_04
お天気の良い日は知床連山もきれいに望めます。

オジロワシやオオワシなんかも観察できたりしますよ。

2015年1月17日 (土)

さては…。

昨日出逢ったエゾリス。
樹から樹へと移動しながら、次から次へと樹の根元を掘っていきます。1_640x426



樹の根元に向って雪に穴をあけると雪の下に残る枯葉を勢いよくかきだし木の実を探しているようです。
見つけられたり、見つけられなかったりしているようで、その様子は、手当たり次第!といった感じで、秋に隠した場所の木の実を掘り出しているふうでは到底ないのです。
さては、昨年の秋、貯食をさぼったのでは?と、疑ってしまいます。
確かに、昨年の秋はどんぐりが豊作でしたから、雪の下にはきっとまだどんぐりがいっぱいのはずで、雪を地面まで掻き分けさえすれば簡単に手に入りそうです。
エゾリスが貯食をさぼったかどうかは別として、こうして容易くドングリが手に入ることを、きっとちゃんと知っているのでしょうね…。
樹の根元には、アッと云う間に、ぽっこり雪穴ができあがります。640x427_2



そこを出たり入ったり、粉雪まみれのエゾリスも可愛らしいですね…笑。

2_640x426_4

2015年1月14日 (水)

「昨年より早い初日。」

昨日、1月13日、斜里では、昨年より24日も早い「流氷初日」を迎えました。
ウトロでも、水平線上が白ぉ~く見えるような、見えないような…、いずれにせよ、もう間もなくですね…笑。

さて、私にも、昨年より早い初日が…。
いったい何の初日か?

じゃじゃぁ~ん、モモンガの糞の初確認。
「糞の初日!」が巡ってくれました。
2015011403_2 昨年は3月4日でしたから、比べると1ヶ月半ほども早い初確認!
…笑。

雪の上にたった一粒転がる小さな小さな糞、その小さな一粒を見逃さなかったこと、見つけられた自分に大満足…笑。
「時期、会いに行ってあげるからねっ…」なんてモモンガからのメッセージを受け取った気分でルンルンです…笑。

しかしながら、
実のところは糞の山を見つけられずにいた可能性も…汗。

そんな、どう転んでもメデタイ私にはお構いなしで、
近くではオオアカゲラが木を叩いていました…。
2015011402

こちらは、昨日見つけたモモンガばりのネズミの糞なのですが、
やっぱりモモンガのそれとでは、フォルムといい質感といいちょっと格落ちですよね…笑。
2015011401_2
と云うことで、糞、ウンチ…、
そう、たくさんの「運」が巡ってくれますように…。

めでたい1日でした。

2015年1月10日 (土)

「2015年、歩き初め。」

元日、年が明けてすぐに出かけた初詣の帰り道。
しぃ~んと静まりかえる真っ暗な森の中で響く「エゾフクロウ」の声を聞き、嬉しい思いで迎えた2015年。

本日は初めてのお休み。歩き初めに出かけてきました。

出迎えてくれたのは、エゾシカやキタキツネ、クマゲラにヤマゲラ、アカゲラ…、キツツキの面々やたくさんの小鳥たち。ツグミの群れが目立っていました。

そして、エゾリス。
2015011002

そして、そして、
雪の中からひょっこり顔を出してくれたのはエゾヤチネズミ。
2015011001
「おめでとう!」とでも言ってくれているようで…笑。
2015年、幸先の良いスタートです。

今年はどんな1年になるでしょうか。
今年も知床は、知床にお越し頂く皆様に、たくさんの感動や嬉しい出逢いを用意してくれていると思います。

皆様にとりまして良い1年でありますように…。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2014年12月29日 (月)

諦めかけていると…。

クリスマスも過ぎると年が押し迫ってきた感も増してきます。
今年の私のお休みも残すところあと2日、勿論、森歩きに出かけてきました。
クリスマスの晩に降った雪はふかふか。
ふっかふかの雪は歩いていても気持ちがイイです…笑。
森の中ではエゾリスの足跡がいっぱい。640x426



雪質のせいもあるのでしょうけど、くっきりとしていて新しく感じるものばかり、で、見つける度に足跡を辿ってみるのですが、持ち主にはなかなか…、出逢うのは、がさつ(…失礼かな?)な音を立て騒ぎ立てるカラスばかり…汗。
断崖に立つ樹で群れてたりして、これは不吉な予感?…笑。
この中にクマゲラが混ざっていてくれやしないかと、突拍子もないことを思って眺めていました。
そんな時のことです。
噂をすれば影…?、「キョーーン、キョーーン」、「キュルッ、キュルッ、キュルッ、キュルッ」って、そう、クマゲラの声が聞こえてきたのです。
そして、その声の大きさに、これは近い!と、その姿を探すと運良く私から見える木にやって来てお食事を始めてくれたのです。そして、そして、披露してくれたのは、この羽ばたき…笑。640x426_2





3_640x426

秋の間中、声を聞きながらもエゾヤチネズミにかまけて放ったらかしだったクマゲラ、久しぶりのクマゲラの姿です。
きれいな羽根です。2_640x426_2



同じ黒でもカラスとは大違い!って、これまたカラスに失礼ですね…笑。
次のお休みは歩き納め、何が待っていてくれるか楽しみです。

2014年12月26日 (金)

「冬シーズン始動!」

例年に比べ雪の少ない12月を過ごしておりましたが、先日の低気圧を機に気温もぐぅ~んと下がり、雪も積もり始めてくれました。

と、云うことは、

そうです、そうです!スノーシューの出番です。

いそいそとスノーシューを履いて出かけた森、積もる雪の上には期待以上に動物たちの痕跡がいっぱいでした…笑。
この冬シーズン、初入荷の痕跡たちをどうぞご覧下さい。

先ずは「ネズミのお家の玄関先」。2014_1226_01
雪が積もると糞も目立ちますね…笑。
中央奥に見える丸い穴はトンネルの入口みたいです。秋にはあんなに姿を見せてくれていたネズミたちなのに、寒くなって引き籠りになってしまった(…笑)のか、見つけるのは足跡や糞などの痕跡ばかりになっております。が、きっと何処かに…って、周りの気配に集中して探してみると出逢いが巡ってくれたりして…笑。

続いて遭遇したのは「怪しい事件現場」。

2014_1226_02

くっきり残る爪跡とうっすらとした血痕。
キツネの爪跡にしてはちょっと大きい感じもしましたが、きっとキツネのもので、羽根が散乱しているわけでもなく襲われたのはネズミかなぁ~…って、ベタすぎですかね? 

最後に、「きれいに横に並ぶ2つの足跡と糞」。2014_1226_03 
指や爪の数は確認できませんでしたし、糞が目立つ場所に残されていたわけでもないけれど、足跡の形や大きさ、糞の様子…、
これは、きっと、エゾクロテン!じゃないかなぁ~、って、その姿を想像します…笑。エゾシカやエゾリスの足跡もいっぱいでした。

スノーシューを履いて雪や冬の空気を感じながら雪積もる森でそこはかとなく駆け巡る想像?…妄想?

2014_1226_04
雪積もる森には楽しいことがいっぱいです。

そんな冬シーズン、
いよいよ始動です…笑。

2014年12月13日 (土)

「目にもたのしい空の紋様」

5b7a0121_2 気が付いたら12月の中旬になっていましたね。
なるほど、オオワシが随分と渡ってきていて、その雄姿をよく見かけるようになりました…笑。

じっくりと、オオワシたちを観察したくて金山橋(※1)へ向っていた時のことです。
電柱に設けられたT字バー(※2)の上に見慣れぬ姿を発見!

目に止まった瞬間、「猛禽」であることは疑いなく、「トンビ」ではないことも明らかです。
警戒されないよう、近づき過ぎないうちに車を止め、車の中から確認したところ「クマタカ」でした!

「クマタカ」だと認識して観察するのはこれが2度目です。
長いレンズを向ける私を嫌ったのか否か、残念ながらすぐに飛び立ってしまって、がっかりしつつ慌てて見上げた上空には、なんと、このキレイな「鷹斑」が舞っていました…笑。
いやー、ほんとにキレイですね…。
5b7a0130_2 幸い目で追える範囲を舞ってくれており、ずぅーっと追っていると、今度は1羽のオジロワシが近づいてきてのツーショット。
時々、空中戦を繰り広げながら遠くの空へと消えていきました。シルエットでしか捉えられなかったけれど、これまた、シルエットもカッコイイですね…笑。
5b7a0145_2 これが青空だったらと…、ちょっぴり思わなくもないけれど、見惚れてしまって「オオワシ」のことをすっかり忘れて帰ってきちゃいました…笑。

遅ればせながら、ここ数日でやっと森にも雪が積もり始めた知床です。きっと根雪になってくれるでしょう。
冬あそびが楽しくなる季節です!

(※1、ホテルから斜里方面へ14キロ程の場所、けっこうオジロワシやオオワシが
止まってますよ!)
(※2、電柱に止まったシマフクロウの感電死を防ぐために設けられました。)

2014年11月29日 (土)

「久しぶりのエゾライチョウ。」

11月25日の森歩き。

リスやネズミに出逢いながらヒグマの大きな糞に当たる度に、「おぉっ、この場所にもヒグマがいたんだなぁ…」って、ヒグマを感じて嬉しくなり、でも、ちょっとドキドキしたりもして。
そんなこんなしながら歩いていると、突然、大きく羽を広げて慌てふためく2羽の鳥の姿が目に飛び込んできます。

5b7a9810
私に気づいて驚いたのでしょうけど、こっちだってびっくりです。

ぱっと見、「エゾライチョウ」ぽかったのですが、アッと云う間にバタバタと飛び去ってしまって観察はおろか確認すらできず仕舞いでした。

互いの存在に気づくのは、決まって鳥や動物の方が先。
鳥や動物たちが慌ててくれるお陰で私は気づけるようなもの、「しまった」と思った時には、すでに手遅くれで観察し損ねる、そんなパターンはよくあることです。
そして、その度に、「う~んっ、私が先に気づけていれば…」って、残念に思う訳です…汗。

5b7a9735でも、昨日は幸運にも、声が聞こえてきていて、その声に「エゾライチョウ」だったことを確信。もう見たい一心で声の先を探すと、遠くにですけどその姿を見つけることができました。

気づかれないように慎重に少しづつ距離を狭め、どうにかこうにか望遠レンズで捉えると横枝の上を歩いていました。

一歩、一歩、ゆっくりとを足を運ぶ姿はなんともひょうきんな感じで、ナナカマドの赤い実に辿りついて、一粒づつ啄んでいました。
この度、エゾライチョウの新たな一面を知ることができました…笑。

はたと、一緒にいたもう1羽の行方が気になって、ペアだったのかなぁ、こんな時期にペアになるのかなぁ、縄張りはどれくらいの広さなのかなぁ、などと、エゾライチョウへの興味がどんどん湧いてきます。

5b7a9767


早速、調べなくてはと、楽しみをふくらませて帰ってきました。

2014年11月28日 (金)

「迫力あり!」

随分と寒くなってきて雪が散らついたりもする今日この頃、車を走らせていても窓を開けるのが躊躇われたりもしてきます。
しかしながら、開けないことには外の様子を感じれないので、そこは踏ん張りどころ(…?)です。
私は、半開、いやいや、頑張って全開で走ります!…笑。

その甲斐あってか、先日、遠くから聞える乾いた音とうめき声のような声を聞き逃すことなくしっかりキャッチいたしました。

5b7a9614
道路から少し離れた奥まった低い場所でオスジカ同士が角を突き合わせていました。

カキーン、カキーンと激しい音を響かせながら角を突き合わせ、ドタドタと鈍い大きな音を立て押しつ押されつしながら、鼻息を荒げ、睨み合い、死闘(…?)を繰り広げていました。

今は繁殖期ですからね、オスだってメスを獲得するために、そりゃ~真剣にもなりますよね。迫力ありっ!の大一番。
こんな本気モードの角突き合いに出くわすのは久しぶりでした…笑。

皆様、窓を開けて走るにはちょっと寒いんです。寒いんですけど、どうぞどうぞ、頑張って窓を開けて走ってみて下さい。

風の冷たさに冬が近づく知床の季節を感じ、嬉しい出逢いにも気づいていただければと思います。

2014年11月 7日 (金)

春とは見違えるようでした。

エゾリスやシマリス、ネズミや沢山の小鳥たち、出逢いの多い1日に満足しきって森を後にしていた時のことです。
私のすぐ前、数メーター先を、なんと「ヒグマ親子」がドタドタと横切っていきました。2014_1107_640x426_3



1頭の仔熊に続いてお母さん、その後にもう1頭の仔熊、2頭連れの親子グマです。びっくりでした…笑。
久しぶりの出逢いです…笑。
そして、森を抜け、見晴らしの良い場所でしばし休むと、今、私が後にしてきたばかりの男の涙の断崖へ向って走って行きました。
かなり遠ざかり断崖に立ったあたりで、ヒグマは私に気づいたようで、こちらをじっと見ていました。2014_11071_640x426_2



私も遠く離れた所からその姿をみていました。
春とは見違えるように大きく育ってくれた仔グマたち。
この体格なら、これからの厳しい冬を無事乗り切れるのではと、ちょっと、ホッとさせられます。
満1歳になるかならないか位のこの兄弟たち、まだまだお母さんにべったりです。2014_1107_640x426_2



お母さんもそばで優しく見守っています。
でも、たぶん、来年の今頃には親離れがやってきます。
今のうちに思いっきり甘えて、逞しく生きるすべをしっかり身につけて欲しいですね…。
私が春先によく出逢っていたのは、母熊の胸元に白い輪のある親子。
やっぱり可愛い2頭の仔を連れていましたが、今頃、何処でどうしているのでしょうか、元気にしていてくれるでしょうか、と、ふと思いがいきます。
みんな、いっぱい食べて栄養もりもりでこの冬を乗り切ってくれるとイイですね…笑。

エゾヤチネズミに夢チュゥ~!チュゥ~!チュゥ~!

北風が強く吹く中、昨日も森歩きに出かけてきました。
青空は広がるものの陽は射したり陰ったり、激しく吹く北風に樹はきしみ枯葉も転げまわっています。
その枯葉の中を縫うようにに素早く動きまわる小さな黒い動物、ネズミです。2014_1107_640x426


いつもは追い切れずに見損ねてばかりだったのですが、昨日は何のサービスだったのか、私の目の前で、苔むす幹にあく小さな洞を出たり入ったりしてくれました…笑。
この洞、お家だったのか、隠れただけだったのか、とにかく可愛らしいその姿をじっくり見ることができました…笑。2014_11072_640x426



ちょうどその時、私のすぐ右横には「シマリス」、ちょっと後ろには「エゾリス」、左前方の高い樹にはクマゲラがいて…汗。
どれもこれも気になりながらも、この時の私は、それどころではなくて、この可愛らしい「エゾヤチネズミ」に、夢チュゥ~(…笑)、夢中でした…笑。
まのぬけたようなほのぼのとしたこの表情、たまりませんね…笑。2014_11071_640x426



本当に可愛らしいです。
ネズミとの出逢いは、これからもまだまだ楽しめそうです。

エゾリスも「A型」…?

リスとの出逢いに恵まれ過ぎてる今日この頃。
歩けば出逢えるリスの仲間たち…笑。
で、昨日はエゾリスがどんぐりを拾い上げ食べ始めました。
すると、先日のシマリスのように上手に薄皮を剥き始めたんです!2014_11072



薄皮を剥くのはアッというまで、手なれたもんです。2014_11071



きれいに薄皮を剥いてつるんとしたところで実を食べ始めました。2014_11073



エゾリスも几帳面な「A型」…笑。
リスたちは、きっと、みぃ~んな、こんな風にどんぐりを食べるのですね…笑。
そういえば、私たちも落花生の薄皮は剥きますものね、きっと、同じ感覚なのかも…笑。
次の出逢いが楽しみです。

2014年11月 1日 (土)

リスざんまい。…Part,.2

青空に恵まれた昨日、森へ出かけると、またまた、リスとの出逢いに恵まれました…笑。
歩き始めてすぐに、「シマリス」のおでまし。

地面に転がるどんぐりを拾うと倒木に駆け上がり、両手でしっかり掴んで上手に食べはじめました。2014_11012_433x640
しかしながら、「どんぐり」にはちゃんと「食べ方」があったようです。
表面を覆う茶色い薄皮をきれいに剥いてから食べはじめたのです。
ミカンを食べる時、表の厚い皮は必ず剥きますけど房にへばりつく白いスジはその時の気分次第で取ったり取らなかったり。

2014_1101_432x640_3
はてさて、シマリスにとって、どんぐりの薄皮は、ミカンの厚い皮なのか、白いスジなのか…。
シマリスって、意外と几帳面だったりするのかも、まさか、A型?…笑。
なんて、可笑しなことを考えている私を尻目に、シマリスはさっさとどんぐりを食べ終えほっぺを膨らませて見えなくなっていきました。そして、次に出逢った、…いや、というより、樹皮をひっかくような音を頼りに探し当てたのが「エゾリス」。
樹の高い所で私に背中を向けていました。
すると、そのすぐ後ろにゴジュウカラがやってきました。
背後のゴジュウカラの気配を感じ振り向いたエゾリスとその動きにびっくりしたゴジュウカラの、このシーン!2014_1101_640x426
消して可愛いとは思えない慌てふためく仰天顔(…?)のエゾリスととっさに羽ばたいたゴジュウカラ、そりゃぁ~、びっくりしますよねぇ~…笑。
朝から晩まで森でずぅ~っと過ごして大満足の1日。
真っ青な空と雪化粧した白い知床連山の景色も2014_1101_640x426_3


霧のようになって舞い上がる波しぶきが映す夕景もとってもきれいでした。640x427_2


「リスざんまい。」

森の中に積もる枯葉の山。
あちらこちらから枯葉が壊れる音がしてきて、誰が立てているのか、気になって、気になって、きょろきょろ、きょろきょろ、しっぱなしの森歩き。

この日、初めに出逢ったのは「エゾリス」でした。
1 とにかく、じっとはしてくれなくて、どうにかその姿を捉えるものの、あっと言う間に枝先から大ジャンプ!
2
おぉ、決定的瞬間かと思いきや、その速さにはついていけずに大きくフレイムアウト!…汗。




で、この後、森の奥へと見えなくなってしまいました。

次に出逢ったのは、「シマリス」です。
やっぱり、こちらもじっとはしてくれなくて、なかなか捉えられません。
写真に写るのはシッポばかり…汗。でも最後にこのサービスポーズ、可愛らしいですね…笑、

3_2

で、この後、またまた、森の奥へと見えなくなってしまいました。

冬が近いですから動物たちも忙しいのでしょう。今年はどんぐりが本当に多いので森の動物たちもホッとしているでしょうか。
リスとの出逢いが多いのはそのせいでしょうか。

この日は、やっぱりじっとはしてくれない「エゾヤチネズミ」にも出逢い、そして、落ち葉に化けているつもりなのか、じぃ~っとして微動だにしない「トカゲ」に出逢いました。
4

何とも、両極端です。
積雪を待つ晩秋の森歩き、やっぱりワクワクがいっぱいです。

2014年10月31日 (金)

「10月29日の海。」

5b7a8824 強い北風が吹きぬける今日の知床は大時化。
怒りを爆発させているかのような海とそれに戸惑うように波の上を舞うカモメたち。

大きな大きな波を待ちながら、いつまでも、いつまでも見ていられそうな荒れる海。
Img_8327
ただ、今日は平野部にも雪が積もりましたから、いつまでも、いつまでも見ているにはちょっと寒いですけど…笑。

こんな北風が吹き荒れる日は、フレペの滝だって、きっとスゴイことになっているはずです。
霙のような小雨が降っていますし寒いんですけど、気になってしまってフレペの滝へ。

散策路を小走りに行き過ぎ展望台に立つとやっぱりスゴかったです…笑。
5b7a8612天に向って舞い上がっていました。

大きく大きく舞い上がるのを待ちながら、やっぱり、いつまでも、いつまでも見ていられそうな暴れる滝。

でも、やっぱり寒いですけど… 笑。

こんなふうに荒れる海も暴れる滝も冬にさしかかろうとする今ならでは光景です。

いつでもかつでも見れるわけではなくて、その日、その時だからこその光景って、必ずありますよね…。

これから、日々、寒くもなっていきますが、ぜひ、身支度を万全に整え、どんどんお出かけ下さいませ。

2014年10月25日 (土)

「きになるき」

ひっさしぶりの森歩き。
森の秋も随分と深まったようで、森の中には落ち葉がいっぱいです。
2014_1025_640x412_2


足をすすめる度に、踏まれた枯れ葉はガサガサッって、大きな音をたてます。
踏む感触もそんな音も楽しいのですが、自分の気配を隠したい時には、ちょっとやっかい。
でも、動く度に大きな音を立てるのは動物たちだって同じ、それに加えて、葉が落ちた分、
見通しが良くなってきている森は、動物たちとの出逢いのチャンスを膨らませてくれます。
もう、そんな季節なんですね。
昨日は小鳥たちがとても賑やかで、お決まりのように、そんな声に混じってキツツキが樹を突く音も聞こえてきていました。
でも、いつもと違って迫力がないと云うか、頼りなくさえ思えてくるその音に、
どこだろ? どこだろ?と、そっと探していると、幹に緑色っぽいのっぺりとした背中を発見!…「ヤマゲラ」です。2014_10252_640x426

音の感じがいつもと違っていたので、何か特別なことをしているのではないか?
なんて、興味深々だったのですが、何のことはなく普通にお食事をしているところでした。
高い所にいるせいか、私を警戒する様子はなく、虫を食べたり、場所をかえて休んでみたり、その樹にあくいくつか洞に隠れてみたり、私が見ていただけでも小一時間は経っていましたから、きっと、もっと、ずっと長くこの樹に留まっていたようです。2014_10251_433x640


食べても食べても食べきれないほどに虫がいっぱいいたのか、居心地が良かったのか、お気にいりの気になる樹だったようです。
それにしても、ヤマゲラの目の鋭いこと、2014_10253_474x316


クマゲラの目はこんなに可愛いというのにねぇ~…笑。2014_1025_640x426



ダニや蚊がほとんどいなくなった森の中は快適です。
暖かい身支度で、深まり行く秋を感じながらゆっくり過して見て下さい。

2014年9月27日 (土)

「エゾリスだらけの大運動会」

秋の気配に包まれる森を歩いていると、
いろんな秋の音がしてきます。

森を吹き抜ける風に揺れる葉っぱの音。散りいく葉っぱの音。
「どんぐり」が地面に落ちた時に立てる「ボトッ、ボトッ」っと大きな音。

このどんぐりが頭に落ちて当たったら痛いんだろうなぁ、と、思いながら歩いていると、葉が揺れたり木の実が落ちたりする音に混じって、明らかにそれとは違う音がしてきてきます。

「何の音…? 何かいるんじゃないっ…?」

って、とっさに音のする方をさが します。
すると、
2014_09272 7、8匹の「エゾリス」たちが、追っかけっこでもするかのように樹のてっぺんへ向って次から次へと駆け上がっているところでした。

こんなシーンに出くわすのが初めての私は、実は、エゾリスたちにも運動会みたいな日があるんじゃないのかな?って、真面目に思えちゃったりして…笑。

夢中で見入っていると、1匹のエゾリスが少し離れた樹に駆け上がり、ピタッと足を止めたかと思うと頭を下に方向転換、前足で幹を叩き始めました。
2014_09271_2
すると、その音を聞いてか、他のエゾリスたちが集まってきて、一緒になって樹のてっぺんへと駆け上がっていきました。

撮影した写真をみてみると、幹をたたいていた「エゾリス」には、おっぱいがあるのがわかります。樹を叩いて子供たちを呼んでいたのかもしれないですね。

後に続いたのがきっと子供たち。そう思ってみると顔の表情にあどけなさが感じられます。
エゾリスの親子だったようです。

上で子供たちを見守っているのがお母さん、すぐ下の幹に1匹、奥の枝に1匹、その手前下の枝に2匹の仔がいます。
少なくとも4匹の兄弟。

エゾリスは子供が成長するにつれ巣が手狭になったり危険を回避するために何度か巣を替えるらしいのです。
丁度、お引っ越しの際中だったのかもしれません。

出産は春と思っていたのですが、春から夏にかけてが出産の時期らしく、稀に1年に2回出産するケースもあるとか。
また少し、エゾリスのことを知ることができたステキな経験でした…笑。

2014_0927
森の色づきはじめは「ツタウルシ」。
森のあちこちで真っ赤に染まって秋を知らせてくれています。

2014年8月31日 (日)

出ましたっ!




出ましたっ! 出ましたっ!「タマゴタケ」。3_640x426



歩く私の足元には、次から次へと「タマゴタケ」が生まれてきてて成長の過程も様々…笑。6_640x426




どうぞ、どうぞ、そんな「タモゴタケ」、とくとご覧下さい。
どうですか?この色っ!この艶っ!この形っ! 質感といい大きくなっていく様子といい、
思わず目を奪われてしまいます。2_640x426



遠くからは「キュィーーンッ、キュィーーンッ」って、「クマゲラ」の声が聞こえてきてたんでが、いつもなら喰いつくその声も心には響かず、もぉ~、「きのこ」に夢中!になっちゃってました…笑。4_426x640

この「タマゴタケ」、色鮮やかで、食べるにはどうか…って、思いますが実は食べれます!
私はまだ食べたことないですが、「タマゴ」の頭が薄くなり始め、きのこの傘が出ようとする頃が食べ頃だとか。5_426x640

森の動物たちも美味しいことは知っているようで、きのこの傘の部分だけがそっくりなくなっているのは、きっと動物たちの仕業ですね。433x640_2

見つけたい「きのこ」、見たい「きのこ」、見つけるとワクワクする「きのこ」、そして、食べたい「きのこ」は、いっぱい、いっぱいあって、この「タマゴタケ」もその中のひとつです。

見てても見てても飽きることはなく切りがないので区切りを付けて帰ろうとした時の事です。

私の頭上から、なんと「クマゲラ」の声がして、めちゃくちゃ近いんです。

注意深く探してみると茂る葉に隠れるように「クマゲラ」の姿がありました…笑。640x426

「クマゲラ」が鳴いていたことなどすっかり忘れていたくらいですし、期待もしてなかったのに、「逢いたい!」って、強く願ってない時の方が以外と出逢えたりしますね…笑。

久しぶりに出逢った「クマゲラ」、頭の後ろの方まで赤かったのでオスのようです。

まだ、蚊も多くダニもひそんでいますが、虫対策をしっかりして、どうぞ森歩きをお楽しみ下
さいませ。

2014年8月25日 (月)

にょきっ!

この夏もたくさんのお客様に知床にいらしていただいております。
ありがとうございます。
昨日はお盆を過ぎて初めての私のお休みで、迷うことなく(いつもですけど…笑。)森歩きに出かけてきました。
すぐに目にとまったのは、土の中から「にょきにょきっ!」っと、頭を出す「タマゴ」たち。
土の中からタマゴ!って、そんな訳はなく、御存知の方も多いと思いますが、これ「きのこ」です。2014_0825_640x426



タマゴそっくりのこの「きのこ」、名前は、まんま「タマゴタケ」。
たぶん「ミヤマタマゴタケ」です。
どれもこれも、見れば見るほどタマゴそっくり!
あちらこちらで、ポコン、ポコンと土の中から頭を突き出している「タマゴ」たち、その光景には、なんかワクワクさせられて楽しくなってしまいます…笑。
このミヤマタマゴタケ、食毒不明扱いなのですが、試しに食べてみた!
なんて、チャレンジャーがいらっしゃり具合は悪くならなかったようですが、眺めて喜んでいるのが無難のようです。2014_08252_640x426



とっても美味しそうですけどね。
観るにも、食べるにも「きのこ探し」が楽しい季節になってきました。2014_0825_640x426_3




そう云えば、ここのところセミたちの声が少し静かになってきたような…、厳しい暑さも心なし和らいでいるような…、知らず知らずのうちにゆっくりと季節は進んでいるようです。
たくさんの実をつけた「ヤマブドウ」が色づき熟すのも、もうすぐですね。2014_0825_640x426_2



今年はマスやサケの遡上が遅れぎみのようで、ヒグマたちも秋の森の恵みを待ち遠しく思っていることでしょう。
私もちょっぴり秋が待ち遠しく思えました。

2014年8月15日 (金)

「タヌキ」のおかげ

先月の末頃に出かけた「ポンホロ沼」。2014_0815_640x426



すっかり枯れていると思っていた沼は、水溜りみたいに小さくなって残っていました。
そして、そのすぐ脇のじめっとした地面に見つけたのが、わりとくっきり残る動物の足跡、「タヌキ」の足跡のようです。2014_0815_640x427



来る途中には「ため糞」(タヌキたちは、同じ場所に糞をすることで、お互いの状態や食べ物などの情報を交換しているそうです。)も見つけたので、この周辺でタヌキが暮らしているのは間違いないようです。2014_0815_640x426_2



よく見ると普通サイズの足跡の中に小さい可愛らしい足跡も混ざっています。
たぶん、お母さんに連れられて仔ダヌキたちもこの場所に来ているんだろうなぁ~って、大きなおしりと小さなおしりをモコモコさせながら連れだって歩くタヌキ家族の姿を想像すると、そんな様子をこっそり見てみたくなります。
で、ここんとこ、タヌキ親子に出逢うべくポンホロ沼に何度も足を運んでいます。
朝早い時間ならいるんじゃないかな?、夕暮れ時はどうかな?って、時間を変えながら出かけてみています。
まぁ、なかなか出逢いは巡ってくれませんが、出かける度に、今日はいるんじゃないかな?、今日こそいるんじゃないかな?って、ワクワクドキドキしてます。
残された小さな水溜りでひしめく「オタマジャクシ」や沢山の「トンボ」や「バッタ」が飛び交う様子を観察できたり、「クマゲラ」の声が聞こえてきたり、朝露でべちょべちょに濡れてしまったズボンがひんやりして気持ち良かったり、思わぬキレイな景色に出逢えたり…と、楽しみがいっぱいです。
考えてみると、これぜぇ~んぶ、タヌキさまのおかげかも…笑。

散策は楽しい!です。
ぜひぜひ、どんどんどんどん歩いてみて下さい。

何かしら感じて頂けると思います。

2014年7月31日 (木)

登れるところまで…。

ひっさしぶりに山に登ってきました!…羅臼岳です。

思いおこせば最後の山登りは一昨年のこと、なので2年近いブランクです。

登ってもすぐに音を上げてしまうのではと思われたのですが、まぁ、取りあえず登れるところまでと思って登り始めました。
案の定、すぐに息は上って心臓はばくばく、足は重たく汗は玉となり額を滴り落ちます。

でも、登り始めるとやっぱり少しでも上へ!って、思ってしまっていて、しんどいくせに不思議なものです。

頂上に立って見る知床の山並みの眺めを思い描きながら、よいしょこらしょ、よいしょこらしょと、夢中で登っていました。

そして、登ること5時間弱、無事、羅臼岳のてっぺんに立てていました…笑。

とてもとても見たかった景色がこちら!頑張ったご褒美のようでした。

そして、ご褒美はこれだけではなく、下山途中では、まだ見たことがなかった「ノゴマ」のオスが姿を見せてくれ、続いて「ギンザンマシコ」のオスもすぐ近くのハイマツにやってきてくれました。

私が足をすすめる登山道の先には、私に気づいて慌てて逃げていく「エゾライチョウ」。

(望遠レンズを荷物にするのは重たいので諦めたので写真は撮れてません…涙。)登山道周辺に咲くお花たち。

「エゾノツガザクラ」、20140731__640x427


「アオノツガザクラ」、「コメバツガザクラ」、20140731__640x426


「イワヒゲ」、20140731_640x426


「チングルマ」、「イソツツジ」、「イワキキョウ」…、たくさんの高山植物の可愛らしさに、もう夢中で写真を撮っていました。

「野鳥」や「花々」に足を止め心を留めしながら、のんびりのんびり山を下りてきました。

いっぱい汗を流して、いっぱい頑張って、いっぱいご褒美をもらった山登り。

達成感は勿論ですが、身体の痛みも何故か心地よく感じています。20140731__640x427_2

気負わずに登れるところまで、って、思って、ちょっと登ってみませんか。

山にハマってしまうかも…笑。

2014年7月23日 (水)

じゃじゃぁ~ん、キツネの頭の骨

つい先日のことなのですが、散策中にキツネの死骸を見つけました!
毛皮だけが骨にへばりついているような状態でした。
ある程度の時間が経過しているらしく肉はほとんど残っておりませんでした。
なのに歯はしっかり残っていて犬歯も4本揃っています。
こうなると、はたと思いがいくのは「骨格標本」です。
この状態なら私でも作れるんじゃないかなぁ…?、きっとイイのが出来るに違いないと、勇気をふりしぼって、頭の部分だけを持ち帰ってきちゃいました。
で、またまた、勇気をふりしぼって、覚悟をきめて、ええいままよ、と、まだヒゲがピーンと残るキツネの頭を鍋にドボンと投入です。
水から? 沸騰してから? って、食べる訳じゃないんだから、それはどうでもよくて(…?)、ぐつぐつと茹で、削ったり、漂泊したり、乾燥させたり、組み立てたりと、頭と格闘すること数日、無事、骨格標本(…?)が出来上がりました!…笑。
細かい歯が数本足りなかったり右目の斜上あたりの骨が欠損しておりますが、なかなか上手く完成したと思います。20140723__640x426_2



完成したのは、丁度、9年目の世界自然遺産登録記念日です。
只今、ネイチャーデスクにて展示しております。
はく製のヒグマの足元に転がっていますのでどうぞご覧下さいませ。20140723__432x640



そうそう、ホテル1階ロビー、フロント横の「ネイチャーデスク」もリニューアルしました。20140723__640x426_3



知床で出逢える景色や動物の写真の展示も、情報もバージョンアップしております。
どうぞどうぞ覗いてみて下さいませ。
知床をお楽しみいただけますよう、お客様のお役にたてますよう、はりきって写真や情報を、更新、発信していきますので、今後とも宜しくお願い致します。

知床はハイーシズンを迎えております。

2014年6月22日 (日)

「衝撃シーン!大スクープ?!」

見ちゃいました!
見ちゃった!って、何を?って、エへッ(笑)

それは、ヒグマの「おしっこ」です!
うわぁ~、恥ずかしい…。
5b7a8572さて、まずは、この熊、2頭の子連れの母熊です。
衝撃シーンのちょっと前までは、大好物のタモギタケを枕にしてすやすや、すやすやお昼寝をしていたんです。
なんて贅沢な!人間でいえば、ふわふわのロールケーキを枕にお昼寝です。そりゃヨダレもでますでしょう。
タモギタケの枕で母熊はどんな夢を見ていたんでしょうか。
5b7a8908_2 起きたあとも、眠そうな顔をしながらも「このタモギタケは私たちのものよ」、「誰にもあげないんだから」とでも云いたそうでした…笑。

5b7a8616 そして、ついに衝撃シーン(笑)
これまでに何度となくヒグマには出逢ってきましたが、おしっこをしているところに立ち合うなんて初めてです。
なかなか止まらない長ぁ~い、長ぁ~いおしっこで、ジャァー、ジャァー、ジャァー、ジャァー、音もたってて、な、なんと、湯気まで出てました。
やぁ~、感動ですっ!

可愛い2頭のコグマたちは、お母さんのそばで安心しきって遊び、タモギタケをむしゃむしゃと夢中で頬張ったり、お母さんに甘えたり。
5b7a8778 そんな様子を少し離れた車の中から2時間近く観察することができた私は、なんと、まぁ~、シ・ア・ワ・セなこと!
ヒグマ親子と私だけの時間です…笑。

そんな事があっての午後からの仕事は、もう思い出し笑いがとまらずニヤニヤでした…笑。

2014年6月18日 (水)

何処で、誰が鳴いているのやら…。

少しづつ「夏」感がでてきた今日この頃、朝は2時位より空が明るくなり始め、日が沈み暗くなるのも8時近くと日は長く、カムイワッカ湯の滝も解禁、知床横断道路も終日通行できるようになり、遊ぶ場所も 時間もいっぱいの知床です。

仔ギツネや仔ジカ、そして、時には仔グマなんかも道路にひょっこり姿を見せてくれ、お客様を楽しませてくれています。

ただ、この季節はどうしても小鳥たちの姿がみつけずらくなっちゃいます。

煩いくらいに響くエゾハルゼミの大音量に小鳥たちの声はかき消され、かすかに聞こえる声を頼りにその姿を探しても、今度は、大きく広がった樹木の葉っぱたちがその姿を 隠してしまします。

いったい、何処で、誰が鳴いているのやら…、ちょっと焦れてきちゃったりもします…笑。

でも、でも、見つけず らいだけで、見つけられないわけではなく、のんびり散策しているとチャンスは巡ってきてくれます。

こちら、虫を銜えた「ビンズイ」。きっと巣では可愛いヒナが待っているのでしょう。

見通しの良い草原から飛び上ってくれたので、こうして見つけることができ ました。

それから、高い樹のてっぺんに止まってくれたお陰で「ホオジロ」を見つけ、ドドドド、ドドドドォッーって、ものスゴイ音 をたて樹を叩いてくれたお陰で「アカゲラ」を見つけました。2014_0618_640x426

そして、日も落ち始めた帰り際の事でした。

遠くから「ホォー、 ホォー」って、声がして、何度めかには、微かではありますが「ゴロスケ」って声が間違いなく聞きとれてあたふたです。

鳴いている のは「ツツドリ」なんかじゃない、「エゾフクロウ」です。2014_0618_640x426_2

慌てて、何処だ、何処だと探し始めると、大きな影が樹から樹へと羽ばた くのが見えて、その姿を探しあてることができました…笑。

羽根のデザインが、こんだけ樹皮と紛らわしいと、飛んだり鳴いたりして くれないと、じぃ~っとしてられたんでは見つけられっこないですね…笑。

チャンスは巡ってくれますね…笑。

そして、昨日は嬉しい 出会いがもう1つ。

「シマリス」が、岩場にひょっこり顔を見せてくれました。2014_0618_640x426_3


どうぞ、森 の香りに癒されながら、動物や小鳥たちとの出会いをお楽しみ下さいませ。

2014年6月14日 (土)

「星空や日の出を眺めにー。」

知床半島の西側ウトロと東側のラウスを結ぶ知床横断道路が、昨日(6月13日)からやっと全面開通、終日通行可能となりました。

今年は雪が多かったので例年よりも半月ほど遅い全面開通です。
これでこれからは、知床峠で星空を楽しんだり、日の出を見に行ったりできるわけです…笑。

でもって、今朝、早速、日の出を見に出かけました。

台風6号を吸収してパワーアップした低気圧が通過した後の日の出です。
雲の広がりや雲海とかも出たりして、ステキな演出を期待して、夜中の2時起床!眠けなぞなんのそのです。

ところが、ところが。
峠に向い標高が上がるにつれ、広がっていたハズの青空はどんどん、どんどん雲に隠れていき雨もぱらつき始めました。
あんのじょう、知床峠の展望台周辺に着くころには、霧雨というか、霧そのものに包まれて真っ白です。
あの私のワクワクの予感は何だったのか、我ながら、自分の勘の悪さと云うか、読みの甘さにはがっかりしてしまいます…汗。

でも、せっかくの早起きです!
気を取り直して、峠をウトロ方面に戻り、カムイワッカ林道の早朝ドライブへと出かけてきました。

すると、待っていてくれたのはこの景色です。
Img_7183 明けの空に広がる雲は朝日を受けてドラマチック度が倍増です。

そして、右下の方に確認できるカラフルな柱は「虹」です。
水平線の彼方に太っとくて鮮やかな虹が立ちあがってくれました。
5b7a8369 早起きを頑張って良かった!って、清々しい気分で帰ってきました。

ウトロから知床峠展望台の往復はお車で1時間ほどです。
星空や日の出を眺めに、どうぞ、どうぞ、お出かけ下さいませ。

すてきな知床の景色に出会えるはずですよ。

2014年6月11日 (水)

「再認識、フレペの滝は気持ちがいいのです。」

このところ、ご無沙汰だったフレペの滝へ出かけてきました。
久しぶりだというのに、あいにくの曇り空。
5b7a8062 でも、そのおかげか、森をゆく散策路を抜けるとカッコイイ暗雲(笑)がひろがり、思わず足を止めて見惚れてしまいました。

そうこうしながら、ひさかたぶりに立ったフレペの滝の展望台。展望台からフレペの滝を望む右側の断崖で何やら「ウミネコ」が繁殖している様子。

例年、滝に向かって左側の断崖には「オオセグロカモメ」や「ウミウ」などが営巣地を形成し、一大繁殖地となっているのでした。
5b7a8092 ところが、今シーズンはというと、展望台に近い、滝に向かって手前右側の断崖が営巣地になっています。しかも、繁殖しているのは「ウミネコ」ばかり。
こんなことはあまり記憶にないなーと。人間界もいろいろとありますが、カモメの社会にも何かあったのでしょうかね…笑。

ウミネコの行動はというと、巣材をくわえて運んでいるのもいれば、のんびりと卵を温めているかと思えば、何かをきっかけに一斉に飛び立ったりと、狭い入り江の中がカモメたちの声で、うわぁん、うわぁん響いています。
5b7a8107 個々の行動が、あまりに賑やかで、楽しそうで、何時間でも見ていられそうでした。
双眼鏡があるときっとずっと楽しく過ごせますよ。(ホテルでは双眼鏡のレンタルもありますよ。)

このフレペの滝展望台からは、知床半島の険しい断崖、断崖に流れ落ちる滝、営巣する海鳥たち、オホーツク海、知床連山、草原や森の景色を、1つところからぐるぅ~っと見渡すことができます。
知床五湖に比べるとやや人気薄(?)なのですが、お陰で人もまばらで静かです。なんともまぁ~、贅沢でステキな場所です。

展望台の上に建つこの東屋。貸切にして1日中1人でぼぉーっとしていられたらいいのに…、って、出かける度に思います。

フレペの滝までの散策路は往復2キロほど。少の勾配はありますがしっかりした散策路ですので、1時間くらいで歩くことができるお手軽散策コースです。

皆様、どうぞ初夏のフレペの滝にお出かけになってみて下さい。

2014年6月 1日 (日)

「知床ベイビーズ。」

ようやく初夏らしい新緑と涼風につつまれた知床です。
そんななか、先日ばったり出逢った仔ギツネ。
5b7a7578 出会い頭に、目と目が合って私もビックリ!仔ギツネもビックリ!
大きな石のあいだにに隠れて、すきま間からこちらの様子を伺っています。
驚かせないようにと地面に座り込んでじぃーっと、じぃーっとしていると、警戒を少しといてくれたのかひょっこりと姿を見せ、すぐさま、近くで大あくびをしながらお昼寝をしていたお母さんのもとへと駆け寄っていきました。
5b7a7655 母親のもとで安心したのか、ごくごく自然に、おっぱいをせがんだり抱きついたりして甘えていました…笑。

そして、そして、こちらは兄弟の仔グマ。
1785 この冬、冬ごもり中に産まれた0歳の仔グマです。
まだまだ小さくて大型犬より小さいくくらいでしょうか。
可愛いらしいですね、思わず連れて帰りたくなってしまいます…笑。

樹をひっかいて遊んでいるのか、木登りのお稽古中なのでしょうか、やんちゃ盛りのようですね…笑。

この樹の横には心配そうに優しく見守るお母さんグマの姿がありました。
ヒグマ母さんの眼差しも、仔ギツネに頬ずりするキツネのお母さんの表情も、それはそれは優しく愛情たっぷりでした。

仔ジカ誕生の知らせも届いています。
気温がぐ~んと上ったここ数日、エゾアカガエルの恋の大合唱にエゾハルゼミの声が混ざって響いて、とっても賑やかです。

季節の移ろいと共に、新しい命がどんどん溢れるでて、知床はベビーブームまっさかりです。

2014年5月30日 (金)

巣立ち!ですぅ~っ、…たぶん。

先月末に紹介したゴジュウカラの巣、その後、玄関先が整えられ親鳥が忙しそうにエサを運ぶ姿も観察できており、ヒナの巣立ちを待つばかりと楽しみにしていました。
でも、気になりながらもなかなか行けずに、昨日、久しぶりに行ってみました。
すると、少ししてお父さん(…たぶん。)が虫を銜えて戻ってきて、巣から顔を出したお母さん(…たぶん。)がそれを受け取って、あぁ、まだ巣だっていなかったんだとホッとしていました。
ところが、様子が変です。201405301_640x426



その虫をヒナに与えることはなく銜えたまま両親そろって何処かへ飛んで行っちゃいました。
はてさて、何でっ?って、おやっ? もしかして巣立ち?
巣立ちの前ぶれなのかもと思いあたって、動きのない巣の前で待機です。201405302_640x426



あっちに腰掛け、こっちに腰掛け、巣から目を離さぬようひたすら待つこと1時間ちょっとしたところで、親鳥が1羽、エサを銜えて戻って来てしまいました。
そして、大きな口を開けてエサをせがむヒナ。
なぁんだ、巣立ちじゃなかったのかと、ちょっとがっかりして見ていると、銜えてきたのは葉っぱのようで食べれそうにありません。
巣立ちを促しているようです。
ヒナは親の意をくんだのか、ニョキッと巣から身を乗り出したかと思うと、迷うことなくパァ~っと羽ばたいて巣を飛び出して行きました。201405303_640x426



「巣立ち!」です…笑。巣立ちに立ち合えるなんて何というタイミングの良さでしょう…笑。
でも、ちょっと大きくなり過ぎちゃっちゃぁ~、いないでしょうかねぇ~…汗。
巣立ち雛って、羽はもっとぽやぽやで上手く羽ばたけなかったりして巣近くでおどおど…、
なんて様子を想像していたもので、親鳥と区別がつかないような成長ぶりに、
これがホントに初フライトかな?って、疑ってしまいました…笑。201405304_640x426



きっと、一番末っ子の甘えん坊、兄弟たちが巣だった後も最後の最後まで甘えていたのかも。
大きく成長した我が子の背中を見守る親鳥も「やれやれ」と、肩の荷をおろしていたのかも。
何はともあれ元気で生きていってほしいですね。

2014年5月24日 (土)

「ちかごろ目を引く白いお花。」

ちかごろ白いお花に目を引かれます。
道路脇で、まるで「見て、見て、見て」と言わんばかりに大きな白いお花を咲かせているのは「オオバナノエンレイソウ」。201405241_640x426_2
そして、ブラシのようなお花の「ヒトリシズカ」。201405242_640x426
こんなに大勢で賑やかに咲いているのに、どうして「一人静」なんて呼ばれるのかなぁ~…って、いつも思います。
鎌倉時代に「源義経が寵愛した静御前が一人で舞っている姿に見立てた」と言う名の由来らしいんです。
そう知っているのに、このお花に「静御前」の姿を重ねるより、こんなに賑やかなのに、どうして「静か」だなんて呼ばれるのかなぁ~って、思って眺める「ヒトリシズカ」が、なんとなく好きです…笑。
たくさん咲いていますよ。どうぞお花もお楽しみ下さいませ。

2014年5月21日 (水)

「感動のお宅拝見。」

低気圧が過ぎ、久しぶりに青空が広がった知床。
気持ちも晴れやかに森へと出かけてきました。
Img_7087 天候の回復を喜ぶかのような、たくさん鳥たちの声を聞きながらふらふらしていると、足元に「鳥の巣」が落ちているのに気がつきました。

周辺に卵は見当たりませんでしたが、どうみても新しい物で、去年の古巣ではないようです。
今年、これから使うんだったんだろうなぁ~っと思えるほどきれいにできています。

だとすると、この巣の持ち主はきっと困っちゃってるのではないかと心配になります。
巣を作るのにどれほどの時間がかかるのか、産卵までに巣を作りなおす時間があるのかどうか、鳥たちにはこうした受難を乗り切る術が具わっているものなのか・・・、今頃、どこでどうしているのか、とっても気がかりです。
巣の大きさからしてスズメより小さい鳥じゃないかと思うのですが、家主は現在調査中です。

数日前に知床を見舞った低気圧は、風は強いし、気温は下がるし、雪は降るしで季節が冬に逆戻りしたような天候でしたから、お客様だけではなく鳥たちにも影響があったのですね…。

それにしても、鳥たちの巣って実に見事で感動すらします。
5b7a6409 外壁は固い枝を利用して内側には軟らかくて暖かそうな鹿の毛を使っています。
表札のようにあしらわれた鳥の羽根が可愛らしいです…笑。

小さな口ばしひとつで、よくも、まぁ、こんなにきれいに組み上げるものだと驚いてしまいます。

そして、こちらは先月末にご紹介したゴジュウカラの巣ですが、きれいな玄関口が出来上がっていました(どうやら、この巣で産卵、子育てをしてくれるようです…笑)。
5b7a4631 樹洞の内側の土色の部分ですが、泥を塗り重ね固めてちょうど良いサイズに仕上げたのがわかります。
こちらも小さな口ばしひとつで仕上げたようです。
本当に驚いてしまいます。

野外に出かけるといろんな発見があって楽しいですね。
知床へお越しの際に、周辺散策にお出かけになることをお勧めします。

2014年5月17日 (土)

キビタキの戦い。

朝早くからバードウォッチングを楽しんでいた時の事です。

とてもびっくりだったのですが、何ものかが、ものスゴイ音をたててトドマツの樹冠を枝葉にぶつかりながらほぼ垂直に降下してきます。

一体、今、私の目の前で、何が起こっているのか、生きものには違いないのですが、こんな行動をする動物には心当たりがなく、真相を究明するべくその素早い動きに夢中でくらいついていると、どうやら鳥のようで、そして、まるで一息つくかのように枝に止まってじっとしてくれました。2014_0517_640x426

その正体は「キビタキ」で、ちょっと拍子抜けしましたが、羽(…たぶん)をブンブンブンブン(虫かごの中でトンボがバタつかる羽音が近い気がします)いわせて、もつれながらの空中戦を繰り返していました。2014_0517_640x426_2

2羽がもつれあっているのがおわかりいただけるでしょうか?、これが、キビタキの縄張り争い。

キビタキはメスより先にオス渡ってきて縄張りを奪い合うのだとか。

噂には聞いてましたが、こんなに凄まじいとは思っていなくて本当にびっくりしました。

時に3羽になることもあり、相手が入れかわったりもしていたのかもですが、どこでどう決着が着くのか…、3時間ほど観戦したところで雨が激しくなってしまい引き返してきましたが、キビタキたちの戦いはまだ続いていました。

そろそろ観察できる頃かなぁ~と、キビタキの姿を探していた矢先、まさか、こんな衝撃的な出逢いになるとは…笑。

そう、そう、「メジロ」や「オオルリ」も渡ってきています。2014_0517_640x426_92014_0517_640x426_10

若葉が葉を広げ優しい緑に包まれる森にサクラが淡いピンクの色を添えています。 2014_0517_640x426_8

そんな中、野鳥の観察が楽しくて仕方のない今日この頃です。

2014年5月13日 (火)

「早朝ドライブのススメ。」

ふと目が覚めると、カーテン越しに外が明るくなり始めていて、何時だろうと時間をみるとまだ4時です。
随分、明るくなるのが早くなってきたんだなぁ~と思いながら、もう一寝入りと思ったものの、せっかく目が覚めたんだから、早朝ドライブに繰り出さない手はないと思いなおし、久しぶりの早朝ドライブに出かけました。

音楽をとめ窓をあけ、小鳥の声を聞きながら知床公園線をゆっくり走っていると、前方でのそりのそりとお散歩をするヒグマに出逢いました。
0513 私の車に気づくと道路を後に森の中へと入ってしまいましたが、なかなかの体つきも堂々とした態度も表情もイイ感じで…笑。
5b7a5895 そして、帰り道では近頃、私の中でうずまいていた謎が解明。

きっと、これまでは私が驚かせてしまうせいだと思うのですが、道路脇の茂みから飛び出してきては、私の車の前を低く飛んで道路を横断してするすると森の奥へ消えてしまう謎の小鳥。

手掛かりはスズメを3回りくらい(…?)ふくらませたような大きさと小太りで暗ぁ~い色をしてることくらいで、確認しあぐねていました。
その正体を捉える時が、今朝巡ってくれました。

何とか写真に納めることができ図鑑で調べると「アカハラ」でした。
うぅ~んっ、アカハラだったのか…。
5b7a5897 図鑑で見てる時はあんまり魅力的じゃなかったんですが、実際お目にかかるととても可愛らしくて、また出逢いたい鳥の仲間入り決定です…笑。

どうぞ皆様、早起きを頑張って繰り出してみて下さい。朝の陽射しや空気はとても気持ちイイですし、もしかすると嬉しい出逢いが待っていてくれるかも。







2014年5月11日 (日)

知床五湖は、5月10日より「ヒグマ活動期」です。

知床五湖が「ヒグマ活動期」(5月10日~7月31日)に入りました。

高架式木道の往復は自由に利用できますが、地上遊歩道の散策は認定ガイドツアーへの参加が必要になります。
初日の昨日、早速、ガイドツアーに参加してきました。20140511_4_640x427

散策路上にはまだ雪が残っていたものの湖面の氷はすっかり融けて遊歩道脇の湿地には水芭蕉のお花が咲き始めていました。20140511_2_640x426

エゾアカガエルの声も響いており、もうちょっと先かなぁ~と思っていた知床五湖の春ですが、ちゃんと訪れていました…笑。

生憎のお天気で知床連山と湖に映りこむ逆さ連山の景色はお預けでしたが、深く立ち込める霧に包まれた湖の景色はとても幻想的で、幾種類もの小鳥たちの声もいっぱい聞こえてきておりました。20140511_3_640x427

そんな中、ガイドさんの面白可笑しい絶妙な語り口調で次から次へと繰り出される動物や植物、自然のことについてのお話は、とても興味深いものばかりで、景色や小鳥たちをそっちのけで聞き入ってしまいました。

新たな発見がいっぱいで、もっともっといっぱい自然のことを知りたいなぁ~って、思って、改めて知ることの楽しさを感じさせられました。

そして、高架式木道に上がり、もうすぐツアーが終わろうととする頃になって、なんと、知床連山が霧のなかから姿を現してくれました…笑。20140511_1_640x427

ツアー参加者からは一斉に歓声があがり、最後にこれまた幻想的な知床連山を眺めて帰って来ました。

「ヒグマ活動期」期間中の地上遊歩道はガイドツアーに参加しなければ散策できませんが、逆に参加することで、より想い出深い楽しい散策になると思います。

ツアーは4時間前後のお時間と5,000円(大人お一人様)程のツアー料金が必要ですが、その価値はあります!どんどんご参加いただければと思います。

2014年5月10日 (土)

ぷっかぷか浮かぶ流氷オブジェ。

GWの最中に私に送られたきたのは「流氷を見たかったら羅臼に来てけれっ!」

って、そんな羅臼のネイチャークルーズの船長からの何とも得意気なメール。

びっくりなんですけど、羅臼の海にはまだ流氷が浮かんでるんです!

201405107_640x426

…30年ぶりのことだそうです。

羅臼経由でお越し頂いたお客様も、流氷が見れるならと予定を変更して羅臼へ向われたお客様も、まさかまさかの流氷の景色に喜んでいらっしゃったようです…笑。201405102_640x426

30年ぶりの出来事を体験せねばと私も昨日羅臼へ行き乗船してきました。

喜び勇んで船に乗り込んだものの雲行きは怪しく霧がどんどん濃くなっていきます。

これってまさか霧の観察船になるのではとの悪い予感に意気消沈。

でもでも悪い予感は大ハズレ! 風が少し出てきて霧を流し始めてくれ、目の前には流氷オブジェがぷっかぷか!2月3月とは違って海面辺りの部分が波の浸食を受けた流氷は様々な形となり芸術作品のようで自然が作り出した氷の彫刻です。 201405106_640x426_2

例年ですと、今時期は「シャチ」を観察している時期なんですが、なにしろ海には流氷がぷっかぷかです。 201405103_640x427_2

流氷の上で遊ぶのは「ゴマフアザラシ」や珍しい「クラカケアザラシ」。

次から次へと難なく出逢える「アザラシ」たちは、愛嬌たっぷりの仕草で私たちの乗る船を迎えてくれました。201405104_640x426

そして、現れたのは流氷に向かって泳ぐ「ミンククジラ」。

うぅ~んっ、この背びれが「ミンク」でなくて「シャチ」だったらって、思わなくはないのですが、たとえミンクであっても、「流氷とクジラ」なんて、滅多に見ることのできない貴重なシーンです。201405101_640x426_2

欲張っちゃダメですよね…笑。

「ウトウ」や「ユリカモメ」もはっきり観察できて、もう、感動続きのお腹いっぱいのクルージングでした。

おまけに、帰りの知床横断道路から見た景色がこれまたキレイ!「雲海」と「国後島」、イイですねぇ~…笑。201405105_640x426

羅臼の流氷、「しばらくはこのまんまだべぇ~っ」って、船長予想が当たるかどうか、羅臼にも足を伸ばしてみて下さい。

2014年5月 4日 (日)

お花咲く季節

昨日、海岸沿いを車で走っていると、若葉の茂りを待つ殺風景な景色の中にふわっと優しく色づく樹々がありました。

「バッコヤナギ」の樹たちです。

春を迎えようとする頃、真っ先ふくらみ始めて目を楽しませてくれていたあのふっかふかのたくさんの白っぽい蕾が花開いていました。

繊細ながらもとてもかわいらしいお花です。

20140504_640x426

オロンコ岩に上れば、「エゾエンゴサク」や「キバナノアマナ」が花を咲かせ、林道脇では「フクジュソウ」や「ナニワズ」の黄色いお花を見つけます。201405042_640x426

当ホテルが名前を頂いた「キタコブシ」のお花も少しづつ咲き始めております。

201405043_640x426

春のぽかぽかの陽射しをみぃ~んな喜んでいるように思えてきます…笑。

そして、昨日は蜃気楼を見ることができました。

眺める海の遠く沖合いが真っ白で、えっ!?、また流氷が押し寄せてくるの?って、びっくりさせられちゃうほどの幻氷!

201405044_640x426_2

ぽかぽか陽気で空気は暖かいのに海水は流氷に冷やされて冷たい、この大気と海との大きな気温差の仕業です。

流氷のおかげ? 春のおかげ? 春と流氷のおかげですね…。

お花ばかりではなく幻想的な光景を楽しめた1日でした。

2014年4月28日 (月)

「春一番☆知床岬クルーズ!」

いよいよ観光船の運航が始まりました!
昨日は知床岬クルーズのシーズン初便に乗船してきました。

知床の海には、まだ流氷が残っていて「半島の断崖と流氷」を両方楽しめる、そんなレアな景色を眺められる乗船となりました。
5b7a4106 ぷかぷか ぷかぷか、流氷が浮かぶ海を船は進みます。
すると、なんと「タヌキ」です。

タヌキがちょこんと岩場に腰をおろしています。
Img_6824 あまり見ることのないエゾタヌキ。ましてやクルーザーから見られるとは、なんとまぁ、景色同様こちらもレアです。

それからヒグマのメッカ、ルシャ湾で「ヒグマ」もしっかり見つけました。
大きな貫禄のあるヒグマです。
船が岸へと近づくと船を嫌って逃げ出してしまいました。
Img_6870 ふだん道路などで出逢ったりすると、わりと人が近くにいてもへっちゃらなヒグマが多いのですが、きっとこれが本来のヒグマの姿なのかなぁ~と、ちょっと新鮮でした。

そして、岬航路の見どころの1つは、こちら「カシュニの滝」。
5b7a4168 何度見ても圧倒させられます。
やっと長い冬を抜けたかなぁ~って感じで、断崖の景色もこれからどんどん春めいていくことでしょう。

知床岬航路の運航は本格的には6月からですが、クルーザーFOXさんは5月も運航を予定しています。

また、GW期間中は各社、岬航路の運航をしています。
船上は海風などで冷えますから、どうぞ暖かい服装を準備のうえクルーズをお楽しみ下さい!

■ゴジラ岩観光HP
http://kamuiwakka.jp/

■世界遺産クルーズFOX
http://www.hitcolour.com/cafefox/cruise/

2014年4月24日 (木)

もうちょっとイケメンだったら…。

「ヒグマが歩いてたってさっ」って、そんな話を耳にすることが多くなってきた今日この頃です。

こうなってくると「やっぱり私も…」、って思っていた矢先、4月17日のことです。

いつものようにフレペの滝へと出かけウソやキクイタダキを見つけて観察に没頭していると、後ろの方から「ズサッ」って、聞きなれない音がして、「何の音だろう?」と、振り返ると「ヒグマ」です。

5b7a3610_800x533_5

私をじぃ~と見つめる「ヒグマ」がいました。雪の上に残るヒグマの痕跡には注意していたのですが、気配を感じることはなくちょっと油断ちゃってました。

ヒグマは断崖沿いにフレペの展望台の方へと移動を始め、私もヒグマを刺激しないように距離をとりつつ離れつつ草原へと出ると、草原で群れていたエゾシカたちにも緊張が走っていました。

一様に断崖の方を見つめ空気がピリピリしています。

5b7a3612_800x532_6

すると間もなく、ヒブマとの距離が限界だったのか、一斉に森の方へと走り去って行きました。

ヒグマはそんなエゾシカたちをしりめに灯台へと歩みを進め、フレペの滝の断崖をのそのそと下りながら土を掘っては何かを食べることに夢中になっていました。

5b7a3652_800x510_4

今シーズンの初めての出逢いは、ちょっと不意を突かれてしまって反省すべき出逢いではあったのですが、やはり嬉しいものとなりました。

ただ、顔が怖っ! できればもっと「イケメン」が良かったのになぁ…笑。

なんて、呑気なことを云ってる場合ではないですね。ヒグマの足跡や糞など新しい痕跡がないかどうか、周りに注意を払い、ヒグマの気配を感じたら引き返さなくてはです。

大きな音や声を出しながらヒグマには出会わないようにすることが肝心です。

散策の際は充分注意をお願い致します。

2014年4月18日 (金)

「知床五湖オープン!」

本日、18日(金)午前11時に、知床五湖が開園致しました。
春の知床の観光シーズンの幕開けです!

のはずが・・・。

早速、開園にあわせて行ってみたところ、出迎えてくれたのは冬さながらの雪景色。
Img_6673 朝方は粉雪も舞っておりましたのである程度想像してましたが、それ以上の雪の多さ。
高さ2メートル以上の高架式木道のうえを歩いているのに足元のすぐそばには雪が迫っておりました。
Img_6681 高架木道でこのありさまですから、地上散策路はまだまだ雪の中。先日、知床財団やネイチャーガイド各社のみなさまで地上散策路の除雪をおこなったそうですが、しばらくは、開通未定だそうです。

高架式木道から眺める「一湖」は、ほぼ完全結氷の状態で、中央部分は少しシャーベット状にゆるくなっているようですが、まだ、まだ、凍ってます。
Img_6678 北風も吹きぬけてエゾシカたちも寒そうでした。風の避けれる場所で休むとイイのにと思うのですが、風が吹き抜ける場所の方が雪も吹き飛ばされていて下草が顔を出し、寒くともエゾシカには好都合なのかも…。
Img_6701 そして、遠くに広がる海に漂う白い帯は、なんと流氷です…笑。
フレペの遊歩道沿いでは、エゾノバッコヤナギの芽もほころびはじめており春はすぐそこなんですけど、五湖が春めいて来るのは、もうちょっと先のようです。
5b7a3371

2014年4月 9日 (水)

「大雪原の小さなネズミ。」

昨日も森散歩へでかけてきました。

すると、青空の下に広がる雪原上を何かがころころ、ころころ転がっていきます。
葉っぱが風に…って、思いながらよく見ると、「ネズミ」です!
Photo たぶん「エゾヤチネズミ」。
ちぃちゃなからだで一生懸命、雪原を走っています…笑。
久しぶりのネズミの姿に思わず嬉しくってガッツポーズ!なんとまぁタイミングが良いこと!と大興奮。
Photo_2 ネズミは食べ物を探しているのか、鼻をくんくん、くんくんさせながら樹の根から樹の根へと移動していきます。
これまでの森散歩で見かけた、ちいさな足跡は樹の根から樹の根へとつながっていました。
こうして実物を見ていると本当に樹の根から根へと移動してます…笑。
そうしていると、なんと私を樹と勘違いしたのか、こちらへ走り寄って来てちょこんとスノーシューの上に乗っかってくれました…笑。
Photo_3 驚かせちゃいけないと、動かずに音を立てずに静かにじぃ~っとしていると、「樹じゃない」って、気がついたのか次の樹の根へと、また移動を始めました。

小さい小さい体ですから、ネズミの懸命な数十歩も私にかかればたったの一歩。
いくらすばしっこくても、すぐに追いついてしまいます。…笑。

おかげでネズミと一緒にじっくり過ごすことができ可愛らしい仕草をいっぱい見ることができました。
Photo_4 確かにお目々は小さいけれど、寄り目のとことか、樹に貼りつく姿とか、冬芽をかじる仕草とか、ちょっとモモンガに重なってしまって…笑。可愛らしいですね。

ぽかぽか陽気に誘われたのかもですが、真っ白な雪の上では目立ってしまってちょっと心配です。
出てきてくれて嬉しいものの、キツネや鳥に狙われないうちに早くお家に…って、願っていました。

今度はいつ逢えるでしょうか、今度は、ぜひ、ぜひ、お家から顔を覗かせているところに出くわせたらって思います…笑。
Photo_5

2014年4月 8日 (火)

「4月なのに in しれとこ」

まだ4月だというのに、な、なんと、知床に桜、そして満開!…?
5b7a2454 ぱっと見はちょっと桜っぽく見えますが、知床に桜の便りが届くのはもうちょっと先なのです。
Img_6273 4月4日に本格的に降り続いた雨が気温が低かったために凍り、樹々の枝々、1本、1本が、枝先まで雨が凍った透明な氷で見事にコーティンングされました。
これは字のまんま雨氷(うひょう)というのだそうです。

縁日のりんごアメのようなりんごアメならぬ枝アメ!で、伝わりますでしょうか?
とっても美しく遠目には桜っぽく見えていました。

晴天に恵まれた翌日はこの樹々の雨氷にお日様が差し込みキラキラキラキラ輝いてとってもキレイで夢中で眺めておりました。

そして、もう4月だというのに、海には流氷!…?
5b7a2632 こちらは本当に4月7日の海です。
かなりの流氷です。

しかも凸凹でなかなかカッコイイ流氷のオブジェが出来上がっていました。
5b7a2604 4月だというのにびっくりです。
この流氷、いつまでいてくれるでしょうか…。
冬から春へと変わるさなかの知床はステキな出来事を用意してくれていました…笑。

2014年4月 7日 (月)

「嬉しくないような、嬉しいような…。」

昨日、3日、お昼を過ぎた頃、フレペの草原に出てみると、エゾシカが大集合!
ざっと数えて40頭ちょい…笑。5b7a2368
「気づいたかい? ヒグマの足跡!」、「いよいよ奴も出てきたかい?」、「足の大きさからして若い奴だと思うけどね…、」、「奴が出てきたとなっては注意が必要だ!」、「ぽかぽか陽気にお昼寝するにも充分に注意しなくちゃならんぞ!」、「子供たちはお母さんのそばを離れちゃいけないよ!」、「みんな揃って春を迎えよう!」

なんて、そんな決起大会!な、わけないですね…笑。いや、ないとも言いきれないかも?いや、ない、ないっ!…笑。

そう、昨日、私も見つけちゃいました、ヒグマの足跡。灯台の方からフレペの滝への断崖沿いにペタペタと残る足跡。

5b7a2393_3 いよいよですね…。まだ、まだ、雪の森歩きを楽しみたい私にしたら、もうちょっと穴にこもってくれててもいいのに!なんて思ったりしながらも、やっぱりその姿に早くお目にかかりたかったりもして…笑。

フレペでは草原中央の盛り上がりでドカッと腰を据える大きな岩を中心に雪どけがすすんでいて、雪の下から顔を出した土のぬくもりに長い冬の終わりを感じてホッとしているかのようなエゾシカたちも冬ごもりを終わらせ始めたヒグマたちもすぐそこまで来ている春を感じているようです。これからの森歩きは、気を引き締めて充分に注意が必要ですね。

2014年4月 5日 (土)

「トリ、トリ、トリー!」

春の雪になる前、ぽかぽか陽気が続く知床でした。
森の中へ入ってみると解けかかった雪で足元はザックザク、重たいし歩きにくいし、さらさらの雪が恋しいけれど、これもまた春が近い証しですね。

Photo さて、さて、先日は野鳥三昧。
まっ先に逢いに来てくれたのは、なんと「クマゲラ」。
高い枝の先に止まったかと思うと「キュィーーーン、キュィーーーン」と、一鳴きしてすぐに飛び去り、がっかりしてると別の樹からトンッ、トンッ、トンッ、トンッ、と、音のする方には「オオアカゲラ」です。
Photo_2 そして、いつもの「カラ」の面々、カラに混じる「キバシリ」に逢いながら、賑々しい気配に誘われて森を抜け断崖に出てみると、そこには「ヤマゲラ」に「アカゲラ」に「コゲラ」、3種のキツツキが揃ってます。

しかも、一羽ならず何羽もが出たり入ったりしています。
和らぐ陽射しの中でオスは大きな声でさえずりながらお気に入りのメスと追いかけっこをしているようで、どうやら恋の季節。
Photo_3 こちら、イイ感じのアカゲラはめでたくペア成立!のよう。
こちらのコゲラもたぶん…笑。

そして、「ウソ」や「ヒヨドリ」が次から次へとやってきて、さらには「キレンジャク」まで、憧れの「キレンジャク」です。
どうですか、この艶っぽいなめらかな美しいフォルム。
尾羽や風切羽の先っぽに入る黄色や赤や白色のアクセント、とっても魅力的です。羽根を落としてくれないかなぁ~、って、ついつい思っちゃいます。
Photo_4 目を移すと断崖では「オオワシ」や「オジロワシ」が、流氷まばらな海を遠く見つめて帰り時を考えているんでしょうか…。
どうやら鳥たちもこのぽかぽか陽気に春を感じているようですね…笑。
やぁー、やぁー、まぁー、まぁー、鳥だらけ。
こんな日もあるんですね…笑。バードウォッチングは、これから益々楽しくなりますよ。

2014年3月27日 (木)

「春とおからず。な、知床のおひる。」

2014年3月26日(水)。
午後3時くらいからだったでしょうか。ウトロ市街地に霧が広がり始めて、時間が経つにつれ霧はどんどん濃くなって海上は真っ白。
この霧、なんと夜通し晴れることはなく今朝になっても、まだ、真っ白でした。

今日、午前の仕事を終えようとする頃になってようやく薄くなりかけて、「おっ、これは、幻想的な景色が広がるのでは」と、いそいそとプユニ岬に出かけてみると、この景色です。
5b7a1748 幻想的とは違っていましたが、海はべた凪、海面がピタァーって止まっています。
鏡のような海とその鏡の上に置かれたような流氷たち。
キレイでした。
5b7a1762 今シーズンは、暴風雪がやってくる度に、流氷が一斉に無くなり、風向きが変わるとまた戻ってくる、そんな繰り返しだったような気がします。
でも、さすがにもう見納めでしょうかね…。

春らしい、名残りの流氷を見ることができて良かったです。

港へ行って見ると知床連山も鏡に映し出されていました。
今日もぽかぽか陽気、春は遠からず、ですね。
5b7a1786

2014年3月26日 (水)

「うとうと、もぐもぐ、そわそわ、どきどき。」

数日前、朝早くから何の気なしに森を歩いていました。

空が明るくなるのに合わせて聞こえ始める小鳥たちのさえずり、あちこちで響くキツツキたちのドラミング、いつもと変わらぬ心地良い森の朝。そして、いつもと変わらぬ森の景色…。

・・・と、思いきや、変わらぬハズの景色の中で何かが違ってます。
な、なんと、「エゾフクロウ」が、いるではありませんか!…笑。
Photo トドマツの横枝で、うとうと、うとうとしていました。
信じがたい嬉しい思いでしばらく様子を見ていると、私の背中の方で樹皮をひっかくような音がして、ま、まさか、と思って見てみると、な、なんと、そのまさか、「エゾモモンガ」です。トドマツの葉をもぐもぐしにやってきたようです。
Photo_2 5mと離れずに立つ2本のトドマツの片方に、うとうとするエゾフクロウ。
そして、もう片方の木には食事に夢中のエゾモモンガ。
モモンガにとってエゾフクロウは天敵ですから、まだ、お互いにお互いの存在には気づいていないとは云え、マズイです、このツーショット!

これから何が起こるのか、見たいような、見たくないような…、複雑な心境で見守るこちらはハラハラドキドキです。

しばらく平穏な時が流れましたが、気づくべくしてとでも云いましょうか、やはりエゾフクロウが先にモモンガの存在に気づいてしまいました。
Photo_3 目をまぁるくして、頭をクイックイッさせて、そわそわ、そわそわ、モモンガの様子をうかがっています。
そんなエゾフクロウの存在に気づけないモモンガは、呑気に葉をもぐもぐ もぐもぐ。
そして、つ、ついに、その時が…。

エゾフクロウがモモンガに狙いを定めて飛び出しました。アッ!って、思った瞬間には、もう事態は終息しており、辛うじて私の目が捉えたのは、何も捕えていないエゾフクロウの2本の足と、その足の下、すれすれ(だったような…)で幹にへばりつくモモンガの背中。
Photo_4 いざとなればモモンガに助太刀しなきゃと思っていたのに、ホント、一瞬の出来事でそんな間はなく、ただ、ただ、傍観するばかりでした。
樹にへばりつき樹皮に化けたつもりで(…?)ピクリとも動かないモモンガと、口惜しさを抱えて(…?)何処かへ飛び去ったエゾフクロウ。

命拾いをしたモモンガと、ハンティングシーンを目の当たりにした私は、獲物を獲り損ねたエゾフクロウには申し訳ないですが、ラ、ラ、ラ、ラッキー!でした…笑。
またまた、エゾフクロウには申し訳ないですが、モモンガが無事で良かった…笑。
興奮しまくりの嬉しいひとときでした…笑。

ヒグマの足跡の目撃情報も届けられるようになり春も近づいているようですが、まだまだ、森には雪がどっさり、海にも流氷漂ってます。

2014年3月23日 (日)

「お客様フォトギャラリー・思いもよらないシーン」

「颯爽」
Dsc_0086_ 流氷に降り立つオオワシをアップで撮りました。
昨年初めて、羅臼でクルーズ船に乗って流氷とワシを見てからは毎年行こうと決め、今年も写真を撮りに行きました。
今シーズンは1回でしたが、時間があれば何度も見たい素晴らしい光景です。

「流氷原に降る星」
Dsc_3855_ 流氷原と星空の写真を撮りたくて、北こぶしから少し車を走らせ真鯉の辺りに来ると素晴らし星空が広がっていました。
写真中心部にはカシオペア座、その左側の2つの星の集まりはベルセウス座の二重星団です。

-------------------------------

北海道旭川市からお越し頂きました中瀬泰広様の作品です。
知床には、たびたびお越し頂き、いつも熱心に写真を撮影されていらっしゃいます。この度もステキなお写真をご提供頂きました。

中瀬様、昨年の秋にお越し頂いた折は知床峠にお出かけになられ「中秋の名月と羅臼のイカ漁の漁火」とを一緒に撮影され、今回は「流氷と星空」の景色を撮影に選ばれました。
私には思いもよらないシーンばかりで、中瀬様の発想には驚きますし勉強になります。

そう云えば、つい先日のことですが、夜が明け始めた頃に海岸沿いを車で走っていると、橙に染まったまんまるな月が流氷を浮かべた海に沈むところで、思わず何枚か写真を撮りました。
知床って、動物にしても景色にしても撮影対象には恵まれていますね…。

中瀬様、いつもありがとうございます。

2014年3月13日 (木)

「雪の日も、風の日も、モモンガー!」

諦めることなく、くじけることなく、風が強かろうが、雪が降りしきろうが通って、通って、歩いて、歩いて、ようやく、この「想い」が届きました!
そう、モモンガに届いたのです!
Img_6177_2 このモモンガさん、来る日も来る日も、森の中を彷徨い続ける私を見ていて、「そろそろ、逢いに行ってやるか…」って、思ってくれたかどうか(…笑)
この冬、なんど雪の森に足を運んだことか・・・。
そして本日、3月13日、午前10時を過ぎた頃、モモンガが私に逢いに来てくれました。
やっと出逢えました。
逢いたくて逢いたくて仕方のなかったモモンガに…笑。
Img_6231 なんとも可愛らしい~、くりっくりの大きなおめめ、つぶらなひとみ、マントのくねくね、背中のカーブ、コートの色合い、トドマツをかじるその仕草、大きくて平らなしっぽ…、どうぞ、どうぞ、ご覧下さいませ。
Img_6248 モモンガとのこの出逢いまでに通った森では、いろんな出逢いやドラマがあり、それもこれも、モモンガからのプレゼントだったかも…笑。
って、これで終わりじゃないですけどね…。

知床の森にばんざぁ~い!…感謝。

2014年3月12日 (水)

「春の足音、でも雪と流氷。」

2月中旬からウトロの海にびっしり入っていた流氷。
その流氷に亀裂が入り、春へ少し近づいたかな?と思ったのが3月8日。

沖へ流されてしまったのか、波にもまれて砕けて融けてしまったのか、やはり今年の流氷は薄かったようで、3月10日の朝にはすっかりなくなってしまいました。

もう、流氷が戻ってくることはないものと思っていたところ、な、なんと昨日、戻って来ました!
5b7a0220 きれいな蓮氷となって戻って来ました!
11日の午前中、オホーツク海がちょっと荒れたお陰でしょうか…笑。
5b7a0095 そして、森には、また雪がどっさり。今朝、出かけたフレペの滝では看板が埋もれそうで、シカは雪に包まれるように休んでいました。
Img_5970 クマゲラがフレペの森と男の涙方面を行ったり来たりしながらちょろちょろしており、私のすぐ近くの樹に止まってくれました。
Img_5983 こちらは頭部全体が赤いオスのクマゲラ、もうすぐ春ですからね、クマゲラも何かと忙しいのかも…笑。

2014年3月 4日 (火)

「モモンガまで、あと少し!」

(ご注意、お食事中の方は気をつけてご覧ください。)

ご、ご、ご、ごっ、ご覧下さい、この食痕!
Photo モモンガがトドマツの葉を食べ散らかした痕です。
この豪快な食べ散らっかしぷりには、ちょっと興奮、鳥肌がたっちゃいました。

単独犯か、複数犯か、一度の仕業なのか何度も通ってきてのことなのか、トドマツの樹冠で葉をガジガジモグモグする姿が目に浮かんで、逢いたくて、逢いたくてたまらなくなります。

モモンガがこの周辺に居るのは間違いないのです。
ですから、必ず「ねぐら」があって、ねぐらがある樹の根近くには糞が落とされているはずなのです。

なのに、どうして糞を探しあてられないのか、まさか、便秘(…笑)?
などと、しょうもないことまで頭を過ります。そう遠くない近くにきっとあるハズ、あるに違いない、ない訳がない、きっとある、絶対にあるっ!

って、念じながら探しまわっていると、ついに、発見っ!
ありました、ありました、糞っ!モモンガの糞っ!です。
Photo_2 大きさは米粒大で整った俵型、見つけたくて見つけたくて仕方がなかった糞。
私には御光さえ見えてきます…笑。

この糞の周りの数本の樹のどれかに、ねぐらがあると思われます。ただ、糞はてんこもりではなく僅か数粒が転がっていただけなので、あると思われるねぐらは、これから使い始めるつもりなのか、たまたま1泊だけのお宿だったのかはわからないですが、一歩、モモンガに近付けた感じです。

モモンガ発見まで、もうちょっと…な春です。笑。

2014年3月 2日 (日)

「鳥目線で、鳥気分。」

Img_4592先日、摩周汽船さんの熱気球を体験してきました。
目指すは、上空から見る流氷の景色です!

送風機で風が送り込まれ、ぺっちゃんこだったバルーンがどんどんどんどん膨らんでいきます。
膨らめば膨らむほど、いよいよ「空を飛べるんだぁ~」って期待も膨らみ、テンションがあがってきます。

バルーンが充分に膨らみ、スタッフの合図でバスケットに乗り込むと、すぅーっと空へと浮かんで行き、あっと言う間に見下ろす景色はこんな感じ。Img_4604
いつもは見上げる山々や雲を見下ろす気分は最高で、おもちゃみたいに小さく見える町や車や地表にくっきりと映る自分たちの乗る気球の影が、あぁ、高い空にいるんだなぁ~と、高さを感じさせてくれます。
Img_4660 時速は20㎞ほど出てたそうですが止まっているような感覚だったのは、風と一緒に動いているからだそうです。条件によっては、時速50㎞ほど、高度は1,000m位まで上るのだそうです。

風にのった高度500mほどの上空は、時々のバーナーを焚く音以外は何の音もない世界。
静寂の中で風とひとつになって大空を浮遊する感覚は、想像していなかった不思議な世界です。多くの渡り鳥がこんな景色を楽しんでいるんですねー。

今シーズンのフライトは今月5日迄ですが、来年にでも再来年にでも、ぜひ、一度体験してみて下さい。

2014年2月22日 (土)

「サスペンス!知床の森に消えた被害者が雪煙のむこうに見たものとは?!」

先日の暴風雪は、最後に大雪を残して去って行きました。

ですが、その北風と雪のおかげで、「海」では「流氷」がイイ感じに、「森」では「積雪」がイイ感じになりました。

さらさらでふっかふかの雪をわっさわさと漕ぎながら森を行く感じはたまらなく、昨日もまっさらな雪の森を歩いていました。

しばらくして見つけたのは、樹の根元にくっきりと残される広げたままの翼の痕と雪にズボッと突き刺さる鳥の両足の痕。

それから、どんぐりの帽子がひとつ転がっていました。
いったい、ここで何があったのか…、事件の匂いがしてきます。
たぶん、猛禽の襲撃。
Img_4383 そこで、サスペンス番組風に現場を検証してみました…笑。

「警部、狙われたのは、誰だったんでしょうか?」

「遅いぞ、新人。ふんっ、おおかたこのへんをチョロチョロしてる、ネズミのヤローだろう」。

「鑑識によると周辺に、あやしい足跡はなく、樹の根元の穴から何者かが出入りしていた痕跡があるとのことです。」

「おおかた狙われた本人の跡だろうよ、顔を出してどんぐりを食べていたところでも狙われたんだろ。気が小せぃわりには、ネズミのヤロー、食い物のこととなると周りが見えなくなるからなぁ。」

「では、ネズミを狙った犯人は?」

「ほれ、新人、あしもとよく見てみな。雪のうえに羽あとがくっきりついてらぁ、羽の大きさはカラスよりは小さくカケスくらいだ、その大きさの翼を持つ猛禽(ゴロツキ)となるとハイタカかハヤブサかぁ。やつら、こんなとこまで出張ってきやがったか。」

「では、ハンテイングは成功しネズミは連れ去られたと?」

「おい新人、学校じゃぁ教えてくれねーが、雪のあとが、ことの一部始終を全部教えてくれてるさ。こんなに鳥の両足がくっきりしているところを見ると、捕まえ損ねたに決まってるぜ。」

・・・・。

って、まぁ、まぁ、ひどく妄想がちな勝手な想像で、本当のところはナゾのまま。

そして、この日見つけたナゾがもうひとつ。いぃ~い穴!…笑。
Img_4335 良くみると穴には枯れ草のようなものが運びこまれていて、よくよく見ると左端に毛のようなものも見られます。

使われているのか、いないのか、使われているなら使っているのは誰なのか、今のところ他に手掛かりはなく、次回からのチェックポイントに仲間入りしました。

皆様も、知床の森で妄想タイム、楽しんでみませんか?
夕陽とともに、警部と新人くんがお待ちしていますよ。
Img_4434

2014年2月12日 (水)

「流氷がないと、コレは楽しめないのです!」

本日、2月12日、知床ウトロの海には流氷がびっしり入っています!

Img_4281 まだ、薄いと云うか、厚みはないんですけど、水平線の彼方まで流氷で埋め尽くされているのがわかります。空も晴れ渡り、心も晴れ渡るステキな眺めでした。

さてさて、氷の上で何やら戯れる方々は、ウトロ冬の名物、「流氷ウォーク」の真っ最中です。
Img_4295 身につけているのは、流氷ウォ-ク用に改良された専用のドライスーツ。
このスーツは、水を通さないのはもちろん、浮力があるので沈もうと思っても沈めないほど安全なのです。ですから溺れない、寒くもない、そんなスーツで、流氷の海で思う存分に遊べちゃいます。
歩くもよし、走るもよし、寝転がるもよし、流氷を割って落ちるもよし、海につかるもよし、アザラシ気分になるもよし、何でもよし、です。

「キャッキャッ、キャッキャッ」と、はしゃぐ声が聞こえてきて、とても気持ち良さそうで、とても楽しそうでした。

流氷ウォ-ク、オモシロイ!です。
どうぞ、ぜひ一度、お試しください。
只今、流氷ウォーク絶好調です。

ホテル宿泊プランには、
宿泊とセットになったプランもありますよ。
コチラもぜひ!

■ 知床グランドホテル北こぶし宿泊プランページ

2014年2月 8日 (土)

「飛ぶオオワシを見下ろす眺め。」

青空に誘われ、スノーシューで森の先へ。
まだまだ、勢力が弱いとはいえ、今シーズン最高の流氷の入りでした。

空も晴れ渡り、海面を覆う蓮の葉氷の眺めがとても美しく、思わずまたまた象の鼻へと出かけてきました。
Img_3955 断崖に立つと、目の前に広がる景色がキレイで、キレイで、数日前もキレイだったんですけど、こうして氷が入るとより一層キレイなもです。
空の青、流氷の白、海の青、このコントラストが美しいです。

断崖からは、度々、オオワシやオジロワシたちが飛びだし蓮の葉氷が散りばめられた海を喜ぶかのように、勇壮に舞っており、とても気持ちよさそうです…笑。
Img_4054 カラスやカモメには本当に申し訳ないけれど、彼らのカッコ良さは流氷をバックに更に際立ってしまいます…笑。
眺めても眺めても飽きることはなく立ち去り難かったのですが、真っ暗にならないうちに帰らねばとその場をあとにしました。

このまま、どんどんどんどん流氷が押し寄せてくれますように…。

2014年2月 7日 (金)

第11回「流氷初日クイズ」当選者発表です!

みなさま、大変、大変ながらくお待たせいたしました。

第11回流氷初日クイズ当選者発表です!

P2016774

■正解日 2014年1月22日(水) 午前
■応募総数 593件!

館内にて、ホームページにて多数のご応募ありがとうございました。

■正解 29件のうち、見事抽選1等は・・・!
・愛知県の 「ランガン」 さん

■2等当選の2名様
・北海道 「コウタ」 さん
・大阪府 「ハルヲちゃん」 さん

当選された皆様には後日ご連絡をさせていただきます!
おめでとうございます!

見事1等当選の”ランガン”さんには、
当館ペア宿泊券+5千円相当の海産物、

そして“本物の流氷2Kgくらい”が送られます!

2等当選の2名様には、3千円相当の海産物と、
もちろん、“流氷2Kgくらい”も、きっちり送らせていただきます。

お手元に届きましたら、下記の使用上の注意をよくお読みいただき、正しく流氷をご使用下さいませ。

なお、流氷は現在接岸中ですが、もう少し海でのびのび育てて、大きくなってからお届けします。
2014年産のピチピチ出来立て流氷のお届けまでは
もうしばし、お待ちくださいませ。

***************************************

◆流氷の使い方◆
・冷凍庫に保存し必要に応じ取り出してください。
・ご使用後はできるだけ早く冷凍庫にお戻しください。
 常温で放置すると溶けてなくなります。

※ご注意
ご自由にご使用ください。

ただし、食べられません。

鑑賞用、実験用、アイスまくら、カーリングごっこ、などなど。
存分にお楽しみ下さいませ。


来年も流氷が来てくれることを願って。
また来年、皆様のご応募お待ちしております!

----------------------
P2016780 今日も
知床の流氷はもりだくさんです。

くま吾郎さんも流氷見に来たの?
ここ、眺めがいいからね。
流氷見るなら「プユニ岬」、
おすすめだね。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2014年1月31日 (金)

「2月1日、8日・知床TV番組のお知らせ。」

1月に、TV番組「わがまま!気まま!旅気分!」(BSフジ)の撮影が行われました。
Img_0179 「感動オホーツク冬スケッチ」として、伊藤かずえさんとuhbの栗山アナンサーさんが網走、知床を訪れました。知床では、当ホテルにご宿泊頂き、翌朝、スノーシューイングツアーに参加されて冬の知床を楽しむというスケジュールでした。

ホテルに到着されたお二人のお出迎えは、なんと、くま吾郎(ウトロ温泉のゆるキャラ)が、勝って出て、ちゃっかり一緒に記念写真も撮っちゃったりして…笑。

翌日は、予定通りシンラのガイドツアーでフレペフの滝迄、スノーシューイングに出かけました。前日、雪が降ってくれてましたし天候も穏やかで、なかなか良いコンディションでの撮影となり良かったです。

写真はフレペの滝での撮影風景と展望台での記念写真。右からガイドの岩山さん、伊藤かずえさん、栗山アナンサーさん、そして、ちゃっかり便乗した私です…笑。
Img_0167
放送日は、
BSフジにて、2月1日(土)11:00 ~11:55 (全国放送)
UHB(北海道文化放送)、2月8日(土) 14:00~14:55 (北海道内)

ぜひご覧ください!

2014年1月26日 (日)

「アザラシは見られなかったけど、流氷の到来です。」

こちらが、1月22日、今シーズン初めて確認した流氷です。
22 そして、こちらは、翌々日の24日、国道から唯一、知床岬を望めるポイントから見た流氷です。
Img_3582この日、夕暮れ時に海岸に立つと、打ち寄せられた蓮氷たちが波打ち際に集められておりました。
Img_3588
ふと、港の方へと目を移すと、夕日が空と蓮氷が漂う海を染めながら三角岩へと沈んでいきました。

流氷を初めて確認した22日、アザラシが海から顔を出したり氷に乗ったりしてたと聞きました。この日も、実はアザラシチェックのつもりで海岸沿いで車を降りたのですが、そのお陰で、こんなステキな景色に出逢えました。
これからしばらくは、こんな美しい流氷を染めゆく夕景を眺められるわけです、ステキです…笑。
Img_3611 流氷の入り方や漂い方次第で、日々、幾様にも表情を変えていきますから、これからどんな夕景に出逢えるか楽しみも膨らみます。

あっ、そうそう、皆様、流氷にうっとりするときは、もしかするとアザラシがひょこひょこ顔を出してくれるかもしれませんので、アザラシチェックもおわすれなく!
って、これまでに一度も見れてない私が云っても説得力ないですけど…汗。

冬の楽しみが増えつつある知床です。

2014年1月20日 (月)

「モモンガシーズン、はじまったばかりです。」

先日、早朝。いつものように森へと出かけました。

夜が明け始めたばかりの森の中で聞く鳥の声の心地良さは、それだけで、もう、早起きを頑張って良かったなぁ~と、思わせてくれます。

今日は何とか「モモンガの塒(ねぐら)」に辿りつこうと目論んでいて、先ずは、前回、食痕があった場所へと行ってみると、やっぱり同じようにトドマツを食べ散らかした跡がありました。

そんなに遠くはないこの周辺に塒がきっとあるはずで、樹の又や根元に溜まるフンを見つけれさえすれば、きっとモモンガに逢える!…笑。

幸い歩いた場所には私のスノーシューの跡が残るので、重複することなく無駄なく探しまわれるわけで、ひとりローラー作戦の開始です。

小鳥の声がしても聞き流し、トンッ、トンッ、と樹を叩く大きな音が響いてきてもスルーして、エゾリスやテンの足跡や気配にだって目もくれずに歩いて歩いて歩きまわって…。

1625 写真のような米粒大の俵型の小さなフンだけを求めて、ひたすら歩いて歩いて歩きまわって…、気が付けばお日様も高く上っており、お昼を過ぎていました。
あっち、こっちと探すことが面白いんですね…笑。アッと云う間に時間が過ぎていきます。

今回は見つけられなかったですけど、2月、3月が正念場ですから、まだまだ、始まったばかりす。モモンガに逢いたい皆様に朗報をお届けするためにも、また、探して歩きまわります。

森をあとにする前、のんびり休憩しているエゾシカに挨拶をしてから帰ってきました。
Img_3542 ----------------------
流氷の接岸もう少し?!

楽しみですねー。
北風さん、がんばれ。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2014年1月11日 (土)

「2014年・新年もりあるき。」

2014年、最初のお休み! やっぱり迷うことなく森歩きに出かけてきました。

年末に比べ、少し雪カサもました森の中、ところどころラッセルを楽しみながらどんどん、どんどん歩いていくと、これは削りたてなんじゃない!?って、思うキツツキがあけた穴を発見!
Img_3368 あぁ~、もう少し早くこの場所に来ていればなぁ~と、残念に思っていると、黒い鳥が一羽、私の頭上をかすめて飛んでいきます。
Img_3364 断崖際の樹に止まってくれた、その鳥は「クマゲラ」です。
もしかして、私がお食事していたのを邪魔しちゃったのかも…。
昨年の歩き納めも今年の歩き初めも、「クマゲラ」に逢えるなんて…笑。

優しく舞う粉雪がお日様を受けてキラキラする中、次に出逢ったのは「エゾリス」。
Img_3382 そして、しばらくして「モモンガ」の食痕に辿りつきました。
Img_3403 うっすらと雪が被っていて真新しさはありませんでしたが、トドマツの樹冠にモモンガの葉を齧る姿を想像して嬉しくなります。

ふんわりと雪積もる静かな森で一人きり、動物たちの気配をさぐりながら、ただただ、歩くのが楽しくて仕方のないのは、今年も変わりません…笑。

皆様も、出逢いと感動を求めて、冬の森へと出かけましょう!

ボードやスキーウェアのように動き易くて防寒、防水性のあるアウターにフリースなどの発熱素材の肌着を重ね着したら、耳まで隠れる帽子をかぶって、防寒、防水性のある手袋をはめ、靴をはき、靴下も厚手のものがイイですね、リュックに暖かい飲み物を仕込んだら準備は完了です。
雪積もる森へと出かけましょう。

「行きたいけど、この服装じゃぁ行けなーい。」
と、冬遊びがおあずけにならないように、しっかり準備をしてお越し下さい!

2014年1月 5日 (日)

「あけましておめでとうございます!ラスト森歩き2013」

新年、いかがお過ごしでしょうか。

年末に私の2013年最後のお休みは、勿論、迷うことなく森へ歩き納めに出かけてきました。
ここ数日の寒波で雪が少し積もってくれましたので、めでたく使いたくてうずうずしていたスノーシューでのトレッキングになりました。

森に積もった雪の上には動物たちの足跡がいっぱい、しかも、新しめのものばかり。
Img_3284 歩き始めてすぐに見つけたクロテンの足跡もとても新しく、もしや、この足跡を辿ればテンに逢えるんじゃない!?

って、妄想まじりの期待でワクワクさせられ、追跡開始です…笑。
でも、そうそう上手くいくわけはなく、何の当たりもないまま、足跡を見つけては辿り途絶え、また見つけては辿り……、そんな事を繰り返して3時間になろうかとしてた時です、つ、ついに当たりがっ!

って、残念ながら「クロテン」ではなくて「キツツキ」だったんですけどね、でも大物です。

さて、さて、この写真に2種類のキツツキがいるのがおわかりいただけますでしょうか?
Img_3334 幹の左上、陰でキョトンとした目を見せてくれているクマゲラと正面でうぐいす色っぽいヌボォーッとした背中を見せてくれているヤマゲラです。

この後、ヤマゲラが、もう1羽やってきてこの樹にとまり樹を叩き始めて、3羽の樹を叩く音が静かな森の澄んだ空気の中に響いていきました。

歩けば歩いただけの出逢いがあって、感動があって…、やっぱり歩いてなんぼの知床でしょうか…笑。

2013年は嬉しい出逢いと感動で締めくくれました。
知床に感謝です。

皆様にとりまして、2014年がどうぞ良い年になりますように!

2013年12月23日 (月)

「疑惑の7種類。」

知床には7種類のキツツキが生息していると書物には記されています。

「クマゲラ」、「ヤマゲラ」、「オオアカゲラ」、「アカゲラ」、「コアカゲラ」、「コゲラ」、「アリスイ」の7種類です。

そのうち、6種類は実際に見ることができています。
が、「コアカゲラ」にだけは、未だ出逢えていません。

知床の森では、キツツキ類は比較的容易に出逢えます。天然記念物の「クマゲラ」にだって出逢えるのに、どうにもこうにも「コアカゲラ」にだけは出逢えないのです。

確かに生息数が少ないらしいのですが、あまりにも出逢いが巡ってこないものですから、本当はいないんじゃない?って
学者さんが間違ったんじゃない?って。
知床に棲息するキツツキが7種類といのうは、実はまちがいだったりするかも、なんて、えらく大事にしながら疑惑?を深めていました。

ところが、ところが、喜ぶべきか、悲しむべきか、昨日、見つけちゃいました!

Img_3220高いところのホオノ実をコツンッ、コツンッと突いています。

体の配色は「アカゲラ」っぽいんですが、アカゲラにしては体が小さ過ぎて「コゲラ」っぽく、背中の模様はと云うと「オオアカゲラ」っぽくて…、そうです、そうです、この条件を満たすキツツキは、「コアカゲラ」しかいないのです。

「コアカゲラ」に違いないのです。

あぁ、本当に居たんだなぁーと、感慨深く初めて見るその姿を眺めていました。

学者さんを相手にスゴイ発見になるのではと一人盛り上がって面白がっておりましたが、知床にはちゃんと7種類のキツツキが生息しておりました…笑。

2013年12月14日 (土)

「野生の王国 in 知床」

Img_2720昨日は、歩き始めて早々に、倒木の上でホオの実にとりつくエゾリスに出逢いました。
暖かそうな冬毛に包まれる可愛らしいその姿をじぃーっと見ていた時、事件は起こりました。

何者かが、私の視界にビューッと飛び込んできたかと思うと、アッという間に、ふたたび視界からビューッと消え去りました。

猛禽類がエゾリスを襲撃したのです。

羽色や大きさからして、ハヤブサかハイタカと思われ、何の前触れもなくいきなり私の目の前で繰り広げられたハンティングシーンに、私は、茫然自失です。

しばらくして、我に返った私の脳裏は、エゾリスの安否のことでいっぱい。
恐る恐るすぐ目先の現場へと足を進めると、そこには襲われた形跡はありません。

連れ去られてしまったかと思いきや、木の陰から微かなエゾリスの声が!
あぁ、生きてる!そして、元気な姿をひょっこり見せてくれました。
かすり傷ひとつ無い姿に胸をなで下ろしました。

しかし、その後のリスの行動がちょっと普通じゃないのです。

Photo_2 私とは1mちょっとの超近距離にも関わらず、目と目が合っても逃げ出すことなく、腕組みするように前足を揃えて呟くように静かに鳴き続けじっとしています。
そうかと思えば、幹に前足を叩きつけては太鼓の様な音をたて、幹を上へ下へ、幹をくるくると移動しては、背筋を伸ばしてじっとしてたり、同じ木に留まり同じ行動を繰り返していました。

エゾリスだって、それは、それは、恐ろしかったんでしょう。
私以上に気が動転して我を失くしての行動だったのでしょうか?

他に何か意味があったのかな?
とにかくこんな行動を見るのは初めてでした。

興味深く観察すること20分余り。落ち着いたのか、エサを探して行動範囲を広げていったのを見届けて、その場を離れました。

こんなシーンに居合わせられるなんて、なんとまぁ、ついている事かと嬉しくも、自然界の厳しさを現実のものとして実感させられる出来事でした。

また、ひとつ、貴重な経験が増えました…笑。
Photo

2013年12月 8日 (日)

「初・猛禽あたり年!」

昨日は用事があってウトロを離れねばならず森歩きはおあずけです。

それでも少しでも日があるうちにウトロに戻りたくて、ダッシュダッシュで用を済ませ、ダッシュダッシュの帰り道、網走湖畔沿いを走り抜けようとしたその時、樹にとまる「猛禽」を発見!(してしまいました。)
やぁー、急いでたんですけどね、私の目はしっかりその姿を捉えてくれました!…笑。
Img_2653 パッと見ただけで、オオワシでもオジロワシでもトビでもないのはあきらかです。
となると、ノスリ?
でも、顔つきや、かもし出る雰囲気もしっくりこなくて、よく観察すると、なんと「クマタカ」。

知人などから、「さっき、クマタカが飛んでったよ」なんて話を聞かされる度に羨ましく思うばかりだったのですが、いまは、目の前に「クマタカさま」です。

おぉー、これが「クマタカ」かと大満足。
寝ぐせのような冠羽も鷹斑もちゃんとわかります…笑。

ことしは、五湖で捉えた「ミサゴ」、羅臼側の海岸づたい観音岩辺で捉えた「チョウゲンボウ」に続いて、初めて観察できた猛禽が3種目になりました。初物の当たり年です…笑。

森の樹々はすっかり葉を落としてますので見通しが利き野鳥観察にはもってこいの季節です。
車窓から、森を歩きながら、バードウォッチングを楽しんじゃいましょう!

2013年12月 1日 (日)

「雪の知床は楽しみいろいろ!」

雪が積もって真っ白な森と真っ青な空、美しい景色が広がった知床です。
Img_0058 一昨日の夜半前より降り続き積り始めた雪と翌日の晴れ予報に、しめしめ、これはイケると、もうワクワクしながら床につき朝を迎えて、この期待以上の景色!気持ちイイこと、気持ちイイこと…笑。

Img_0055 そして、雪が積もれば、見つけたくてたまらないのが雪の上に残される動物たちの痕跡です…笑。

予想通り早朝の国道の上にはヒグマがうろうろしたであろう足跡。
森に入れば、エゾシカやキツネの足跡、エゾリスは雪をかいて木の実か何かを食べていた様子、樹の根から根へと移動していたネズミの足跡の間には尻尾の跡も。
突然の雪に動物たちも慌てていたかもしれないですね、雪が動物たちの様子を教えてくれます。

朝からずっとテンションが上がりっぱなしだった私。
私の愛車もテンションが高かったらしく、路肩に落ちてウィリー!状態、バックし過ぎて路肩にハマって前輪が万歳しちゃいました。
道路があると思ったんですけどねぇ、迂闊でした…苦笑。

幸い公共物を壊すことなく私も車も無傷だったので、イイネタにされてます。

皆様、車の運転には十分お気を付け下さいまして、冬の知床をお楽しみ下さいませ。
131129_065701

2013年11月30日 (土)

「知床五湖、閉園しました。」

今月25日(月)、午後3時をもって、今シーズンの知床五湖の利用が終了致しました。

勿論、最終日は散策に出かけてきました。
爆弾低気圧が迫る中、雨が降ろうが、槍が降ろうが、行かねばと思っておりましたが、幸いにも辛うじてでしたが青空!…笑。
Img_0032 「昨日は2湖付近でヒグマの目撃がありましたから…」と、五湖スタッフからの説明を受け、「おぉ~、これはチャンスかな?」なんて、不届きにもちょっとワクワクしながら、湖畔沿いを歩き始めました。

遊歩道には霜がおりており、湖面には薄氷が張り湖は落ち葉をいっぱい閉じ込めながら凍り始めていました。

Img_2437 時々、強く冷たい風が吹き抜けていましたが、ひときわ賑やかなコゲラの混じるカラの混群に、一度、出くわし、歩いても、歩いても、なかなか出逢えなかったエゾリスも姿を見せてくれました。

こちらは、強風にあおられ乱れた羽毛がちょっと可愛らしかったコゲラです。
Img_2503 散策する人は私の他には誰もいなくて、冬の入口にさしかかった静寂の五湖を贅沢にも一人占めしてのんびり歩いてきました。
まだ、冬期利用のガイドラインが出されておりませんので、冬の利用が何時になるのかわかりませんが、しばらくのお別れです、ちょっぴり淋しいですね。

「しずけさが、戻ってきました。」

先日、車で通りかかった岩尾別の温泉道路。
しずけさが戻ってきました。

ついこの間まで、ヒグマを待つ車がびっしり駐車していて川岸には三脚が立ち並び、人も集まっていて、ものものしい状況でした。

この日の川沿いには、1台の車も人影もなく、すっかり知床らしい静けさが戻っておりました。

例年、この場所は、ヒグマとヒトの距離が近くなり過ぎるなど、マナーの問題や、危険をはらむ問題になるのですが、今年は、更にエスカレートしていたようで、ヒグマが牙をむいてヒトを威嚇したり、ヒグマがヒトや車に向かってきたりしていたそうです。

想像するだけでぞっとしてしまいます。

穏やかさが戻った川沿いで、久しぶりにぼぉーっとしながら、何事もなく事態が終息し、今、こうして穏やかな時間があることに、ただ、ただ、ホッとさせられていました。

本当に良かったと思います。

Img_2564 川には、ヒグマと入れかわるようにオジロワシがやってきていて、弱ったサケにありついていました。周りを飛ぶカモメを時々牽制しながらガツガツとサケを食べていました。

そうそう、渡りが始まっています。

オオワシも、日々、見かけます。道路沿いや川沿いの樹に止まっていたり、高い空を勇壮に舞っていますので、お越しの際はぜひ探して見て下さい。
Img_2367

2013年11月24日 (日)

「500も600もあったのに、いまはカラッポ」

Img_2067_2 先日、見かけたオオウバユリの実。
乾いた実はぱっくりと割れて、中身はからっぽになっていました。

先月、見かけた時にはびっしりと種が入っていました。1つの実に入る種の数は、なんと、500個とも600個とも云われ、皮膜のようにうすっぺらな小さな種が一糸乱れることなく整然と積み重なっていて、見る度にその繊細な美しさに圧倒されてしまいます。

Img_9410 3つに割れた実の殻と殻の間に張る横の繊維は、種が一気にこぼれ落ちないためで、この繊維の間から風を取りこんで、順番に真上に種が舞い上がっていくそうです。そして、この三角の形の種は重心が真ん中にあって、紙吹雪のようにひらひら舞って、広く飛び散るのだそうです。

こんなに計算されつくされているなんて、驚きです。
また、気が遠くなってしまうのは、この種が花を咲かせるには、10年ほどの歳月がかかるそうです。

つまり、今、私の目の前にあるオオウバユリは10年以上も前からこの場所で頑張って花を咲かせ実を結んだんですね。

オオウバユリのこの緻密なもくろみどおり、種は強く吹く風に高く舞い上がり、ひらひらと風に乗って新天地へと飛んでいったことでしょう。

この小さな小さな種に秘められた壮大なロマンを感じてしまいます。

2013年11月18日 (月)

「くんっ、くんっつ!」

Img_1716_2 昨日、知床公園線を車で走っていた時のことです。
道路の真ん中にボタッと落とされたヒグマのらしきフンが目にとまり、車を降り近寄って見ると、フンの中には消化しきれてないヤマブドウの種や皮がいっぱい。

そっか、食べていたのは「ヤマブドウ」かぁ~。
さては、「サケ」をお腹いっぱい食べて、しめのデザートのつもりかな?

なんて、ふざけた事を考えていると、1頭のヒグマが道路上をのしのしとこちらへ向かって歩いてくるのです。
Img_1977_2 慌てて車に戻ってその姿を眺めていると、上目使いに何やら鼻をくんっ、くんっ(…?)させて、何かを探しているようです。そして、道路脇に垂れ下るヤマブドウのツタを見つけると、そのツタを引っ張りはじめました。

Img_1831_2 高い所に残るヤマブトウを採りたかったようですが、その様子ときたら、ヤマブドウを忘れて夢中でツタと遊んでいるかのようで…笑。

年内には冬ごもりに入るでしょうから、ヒグマとの出逢いも、今年はこれが最後かなぁ、と思いながら、堂々とした体つきには似合わない無邪気な様子をしばらく見ていました。

何かのご褒美かなって思えるほど嬉しい出逢いでした。

2013年11月17日 (日)

「カモメにとっては好都合♪」

Img_9798 雪景色となった知床ウトロです。
冬が近づくにつれ、冷たく吹く北風に、海も時化ることが多くなってきています。
昨日も海は大荒れ! 打ち寄せる波の高さときたら、港の灯台を頭から飲み込んでしまうほどで、ものすごい迫力でした。

でも、この荒れる波を物ともせずにカモメたちが群がっていました。
波にもまれて小魚が浮いてくるらしく、カモメにとっては絶好のチャンス!
これは好都合とばかりに、大時化をよそに御馳走を前にはしゃいでいるかのように見えてしまいました…笑。

11月1日、11時をもってカムイワッカ林道が冬期閉鎖になりました。
11月7日、15時をもってウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路が冬期閉鎖に入りました。

いよいよ夏の観光シーズンが終わり、冬のシーズンへと向かっている知床です。
行ける場所は限られますが、見られる景色は決して夏のひけをとりませんよ。

-------------------------
運転には十分ご注意を。

あさ、-1度
おひる、2度
夕方、なんとマイナス4度!

当館、宿泊プランもぜひご覧ください!

Facebook Pageもありますよ。

2013年10月20日 (日)

「出ました!てっぺん!」

やっと青空が広がった昨日、連山のてっぺんを覆っていた雲はどこへやら、雪をかぶった白い連山がくっきりと姿を見せてくれました。
Img_9445 この景色が見たかったんですっ! キレイですっ! めちゃくちゃキレイですっ!

先ずは、知床五湖まで走り、途中、岩尾別温泉道路を走り、帰りに知床峠を往復してきました。
この景色を見ながら車を走らせられるなんて、なんて幸せなんだろうと、思いっぱなしでした…笑。

中休憩の限られた時間だったのでカムイワッカ林道からの景色も知床五湖の散策路からの景色もお預けで、次回の楽しみです。
このキレイな景色に言葉はいらないですね…。

「雲を流れよっ! いでよてっぺん!」なんて、昨日の念が通じたかな…笑。
Img_9472_2 ----------------------
ホテル前に勘違いのタンポポが。
深夜、3度
早朝、5度
山の雪少し溶けました。


当館、宿泊プランもぜひご覧ください!

Facebook Pageもありますよ。

2013年10月19日 (土)

「てっぺんが見たい!」

先日の台風は知床にも強い風をもたらしましたが、幸い大過なく東の海上へ去っていきました。
Img_9433_3 台風一過。
青空が広がった知床、その青空の下、姿を見せた知床の山並みには雪が積もっておりました。
一気に冬が近づいた気がします。

それにしても、てっぺんを覆う雲がっ……。
う~んっ、てっぺんが見たい!
きっとキレイだろうなぁ~…。

「雲を流れよっ! いでよてっぺん!」なんて念を送ったりもしましたが、山はやっぱり雲の中…笑。

明日もお天気良さそうですから、明日に期待です。
知床ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路は、台風26号がもたらした寒気のため一時通行止めになりましたが、18日午前11時から開通しております。

秋と初冬の景色が一度に楽しめる、今の知床へお越しください!
----------------------
ウトロ市街地の川に鮭がのぼっています。

朝、7度
お昼、14度

今日は陽の暖かさがありがたいです。

2013年10月14日 (月)

「モテたい秋。」

Img_1263数日前、久しぶりにオスジカに出逢いました。
立派なオスジカでした。

ゴツゴツとした大きな角を頭にのせたオスジカは頭を揺さぶりながら角を樹の幹にこすりつけたり、地面に寝そべって泥を体にぬりつけたりしておりました。

繁殖期ですからね、
戦闘体制を整えてるといったところでしょうか…笑。

でも、その迫力ある行動とは違ってとても優しい表情だったのが印象的でした。

そう、そう、
「フィーヨォーーーーッーー」なんて聞こえるあのオスジカからメスへの、へ~んな声でのラブコール、「ラッティングコール」も響いております。

さて、知床の秋の色づきはといいますと…、

Img_1339
こちら、知床峠と知床五湖への分岐(知床自然センターのすぐ先)を五湖方面へ左折してすぐのカーブから見る紅葉。通る度に車を止めたくなります。

Img_0943
そして、毎年のことながら今年もキレイなのは、カムイワッカ湯の滝へ向かうカムイワッカ林道から見る硫黄山の裾野の紅葉。

葉っぱを見るなら、やっぱり、朱に色づく「ツタウルシ」やパッチワークのように色づく「カエデ」ですね。

実際の紅葉は私の撮った写真より全然キレイです。
枯れてる葉が目についたりもしますが、なかなかキレイです…笑。
Img_1335
知床五湖や羅臼湖の様子を見にいかなくては…、です。

知床の秋、深まっています。

----------------------
紅葉も進む、低めの気温。

朝、10度
お昼、13度

急に寒くなりました。
外を散策するなら、薄手の手袋やストールがあるといいですね。

2013年10月 6日 (日)

「キツネのマユゲ。」

休日ともなると、決まって1度は車を走らせる、と云うより、走らせなきゃ気がすまない「カムイワッカ湯の滝林道。

先日は、どうしたことか、キツネに大当たり!…湯の滝に着くまでに5回も出逢いが巡ってくれました。
3度目に出逢ったキツネが、なんかヘン!
マユゲがあるんですっ!
4 そのあと出あった、4匹目、5匹目にも同じようにマユゲがあって…笑。
人の顔で云うマユゲ辺りの毛が白っぽくて、それがどう見てもマユゲに見えて…笑。3度も続くと、あれぇっ? キツネってみんなこうだっけかなぁ?って、キツネの顔の毛色がどんなだったか、わからなくなってきちゃいました。
3 出逢うキツネはみぃ~んな、ふっかふかした毛に包まれて暖かそうで太ってみえます。どうやら、もう冬毛のようです。って、またも、あれれっ? いつ毛変わりしたんだろう?

春先なら、毛変わりの途中だとわかる毛並みがグチャグチャなみすぼらしいキツネを見かけられるのに、秋には見たことがない…。もしかして、毛変りしてない?
増毛してるだけ?
(夏毛は短く細くて抜けてても目立たないだけで、ちゃんと生え変っていると、後日、教わりました。)

この日の晩、訪ねた知人宅でそんな話をしたら、「キツネが話せればイイのにねぇっ!」、「そしたら、この間、生え換わったのさとか、教えてもらえるのに」って、知人。

「そうだよね、話せればさぁ、イイんだよねぇっ!」、そしたら、私は、すかさずキツネに「おウチに帰るのかい?」って聞いて、するとキツネが、「うん、そうだよ、ウチに遊びに来たいのかい?」って、「ちょっと奥だけど、帰りも送ってあげるから安心してついておいでよ」なんて、言ってくれたりして…、そんなたわいのない話で大盛り上がりして大笑いして、この日の夜は更けていきました。

そんな事を想像するとワクワクしてきます。
なんとも楽しい1日でした。

2013年10月 2日 (水)

「うれしさ倍増!ひさしぶりの知床五湖。」

真っ青な空、その空の下で稜線をくっきり見せる知床連山。
う~ん、これは、知床五湖が私を呼んでいるに違いない!…てなわけで、ひっさしぶりに五湖へ出かけて来ました。
Img_9248 10分間のレクチャーを受け終え湖畔沿いへと足を踏み入れると、なんせ2ヶ月ぶりだったもので、古い友人に再会した かのような懐かしさと変わらない居心地の良さが私を迎えてくれました。やっぱりイイなぁ~と、心から思えてきます。

さてさて、見つけものは盛りだくさんでした。秋にさしかかり、初めの色づきを見せてくれていたのは「ツタウルシ」。
Photo 「キュリッ、キュリツ、キュリリーーー」って、静かな湖畔に鋭いながらも愛嬌のある声を届けてくれていたのは「カイツブリ」、3湖にも2湖にも1湖にも、その姿がありました。
そして、やっぱり「きのこ」。色も形も違ういろんな「きのこ」が、にょきにょき、にょきにょき、極めつけは「ヤマブシタケ(…たぶん)」、食べるには遅い感じで…って、採っちゃダメですけどね…笑。
Photo_3 そして、そして、高架木道を歩き終えようとした時の事です。遠く1湖の上空を物々しく旋回する鳥を私の視界が捉え、何モノだって思っているまにまに、なんと湖面でハンティングをはじめました。

トビじゃない、ワシでもない、ハヤブサ…?
いやぁ、違う…、遠すぎてよくわからないけれど、間違いなく「猛禽」。

居ても立ってもいられずに慌ててさっき後にしたばかりの湖畔展望台(地上遊歩道と高架式木道の連結部分の展望台)へと引き返しました。
でも、時すでに遅く猛禽は何処かへ行っちゃっており、閉園間近まで待ったのですが戻ってこなくて見れずじまい…。
Photo_4 帰って取りあえず撮りまくったピントのきてない写真を伸ばしに伸ばしてその特徴を図鑑と照らすと、「ミサゴ」に違いないかと。観察は初めてで、カッコ良かったです。

嬉しい出来事をいっぱい用意していてくれたこの日の知床五湖、とってもとってもキレイでした。
みなさんも、秋の知床五湖ですてきな出会いを楽しんでください!
----------------------
今日はあったか20度です。
日差しがあつい!

朝、13度
お昼、20度

衣替えで、冬用制服になったばかり。
この日差し、この気温だとアツイです。

2013年9月28日 (土)

「あれっ?とけちゃったかなー。」

こちらは、昨日、9月27日の知床連山の山並み。
Photo 羅臼岳のてっぺん付近が、なんとなく白っぽいです。
どうみても白っぽくて、冠雪!でした。
そろそろかなぁ~とは思って、気にしていた「初冠雪」です。
Photo_3 私が気づいたのはお昼を過ぎちゃってましたけど、午前10時頃、山を覆っていた雲が外れて山頂が顔を出すと、羅臼岳のてっぺんは白かったそうです。
Photo_4 そして、こちらは本日の羅臼岳、あらら、融けちゃってるぽいです。
束の間の雪景色?でした。

でも、風は冷たく日に々に気温も下がってきてますから、連山が真っ白な雪帽子をかぶるのも、そう遠くはなさそうですね。
----------------------
今日はあったか20度です。
虫も元気よく飛びまわってました。

朝、9度
お昼、20度

なんだか、日差しやぬくもりがホッとします。
アツイ、アツイと言っていたのがなつかしいです。

2013年9月27日 (金)

「どっちのためにも。」

車を走らせていると少し先の道路に人だかりができていました。

これはヒグマが出てるに違いないと、人だかりに向かうと、案の定、川の向こう岸にじゃれあう2頭のヒグマの姿がありました。
Photo たぶん、兄弟グマで、久しぶりに再会して懐かしがって遊んでいるのではないか、と、ヒグマ出没の通報を受け、駆けつけた自然センターのスタッフさんが教えてくれました。

スタッフさんは、
「山へと移動してくれると良いのだけれど…」
と、願うようにつぶやきながら、「ヒグマ」と「ヒグマに夢中になるヒト」の距離を見守っていました。

ヒグマは、川を挟んだ多くのヒトに気づきながらも逃げようとはせずに、じゃれあいながら何度か川へ入ろうと下りてきます。が、その度に、センターのスタッフさんがあげる声を嫌がって、元の岸へと戻っていきます。

彼らにしてみれば、
「ウザいなっ!」
「川へ入っちゃダメなのかよっ!」「何でだよっ」
って、言いたそうに、岸へ引き返しては、また、じゃれあっていました。
Photo_2 私達、ヒトが、彼らを見つけても、車から降りたりしないで、この場を静かに離れ、この場所を譲ってあげられたら、彼らは川で水を飲んだりサケを食べたりできるんだろうなぁ~…、って、思いながらも、そうはできず、見入ってしまいました。

この場所は、車も通れば人も歩く道路ですし、ヒグマを撮影したくて集まる方々、ヒグマを見たくて集まる方々も多くいます。

そのヒトたちに、ヒグマに場所を譲る提案をしても、きっと難しいでしょう。
そうしたヒトの行動を変えることは、ヒグマをコントロールするより難しいのだとが。

ヒグマを見つけると、車から降りて近づいたり、騒いだり、刺激したり、エサを与えたり…、そんなヒトの不用意な行動が、彼らも望んでいない事故を招きかねないことを、ちゃんと心して行動しなければと思っております。

ヒトのためにも、彼らのためにも。
----------------------
山の色が変わってきました。
朝晩の冷え込みのおかげか。

朝、7度!
お昼、16度

日差しはあたたかですが、
空気はビシっとしてきました。

2013年9月22日 (日)

「ここ、だれのおうちですか?」

たぶん今年の6月くらいのこと。
森をふらふら歩いていて「穴」に行き当たりました。
Dsc01605 自然にあいた風ではなく奥行きもありそうで、誰かが住んでいるに違いないと思えてワクワクさせられる「イイィ~ッ、穴」でした。
食べ跡や足跡、毛なんかが残っていないかと探してみましたが、何も見つけられずに引き返してきた事があったんです。

それから、ずぅ~っとその穴のことが気になっていて、もう一度って思って、何度も行こうとするのですが、はてさて、どこをどう歩いたものか、記憶は曖昧過ぎて辿り着けずにおりました。

そしたら、昨日、何気に歩いたけもの道の先で、私の目の前に見覚えのある景色が広がり、「あぁ~、この場所だっ!」って思って慌て探してみると、忘れもしないあの「穴」が、、探していた「穴」があったんです。

辺りはすっかり草に覆われていて装いは変わっていましたが、屋根には変わらずトドマツの幼木が表札のようにしっかり立っていて、間違いなく探していた「穴」です。

玄関先には掘り出したと思われる土が残っていて草もまばらでこすれており、やっぱり誰かが出入りしてる感が募ってきます。

お庭では、ミズナラがドングリを実らせ、カエデに巻きつくヤマブドウの果実も熟してきていました。住みやすそうな環境です…笑。
Dsc01622 今年は、昨年に比べるとドングリもヤマブドウも少なめな気がしますが、でも、しっかり実っています。ちょっと離れたところから張り込みをしながら頂いた「ヤマブドウ」は、少しすっぱいけれどほんのり甘くて、けっこう食べごろでした…笑。

あとで、穴の写真をガイドさんに見てもらうと、「これって、ずっと前から開いてる穴ですよね…」って、「う~んっ、キツネが使っていたかもしれないですけどね…」って。

ひょっとして、クマかも?と、数カ月にわたる私のワクワクドキドキは、アッと云う間にケチョンケチョンです…汗。

でも、この先、いつ入居者があるかわからないですからね…笑。
近くには熊糞も落ちていましたし、もしかすると、穴を大きく改築して冬にヒグマが使うかもなんて。

ケチョンケチョンになった私のワクワクドキドキは早くもまた膨らんできております…笑。
道はしっかり覚えてきましたから、ぬかりなく度々、様子は見に行こうって思っています。

2013年9月19日 (木)

「秋めく知床、たたき頃?」

フレペの滝の散策路で見つけた「ホコリタケ」、
またの名を「キツネノチャブクロ」。何とも面白い名前です…笑。
Img_8954_2 こちらの白いのが「食べ頃」で、こちらの茶色いのは「たたき頃」。
ピッチピチ(…?)の若い頃は、中も真っ白ではんぺん状で食べれるそうですが、成熟してくると中は胞子でいっぱいになり色も暗褐色に変わって頭のてっぺんにはポツンと穴があきます。
Dsc01604 そうなんです、この穴のあいた状態が、た・た・き・ご・ろ、なんです。

優しくポンッ、ポンッってたたくと、中から「もはぁ~」、「ぽふぁ~」って、煙のように胞子が飛び出してきます。

煙が出てくれると、「おぉー、出た、出たぁーっ」って、今ひとつ訳のわからない快感があって、見つける度に、「おぉー、あった、あったっ」って、先ずはたたきます、取りあえずたたきます。…笑。

オモシロイですから、見つけたら、ぜひ、ぜひ、たたいてみて下さいね。
キツネノチャブクロもたたかれるのを待っているはずです…笑。

気がつけば、フレペの景色もすっかり秋色です。
Img_7569 ----------------------
朝晩は15度以下です。

今日の満月どうでしょう?
楽しみです。

2013年9月10日 (火)

「にょきにょき、きのこ遊び。」

Img_8874 秋の風を感じるようになった先日、森のなかで見つけた「タマゴタケ」。卵のように見えますが、これ、「キノコ」です。

10センチ近くはあろうかという大きさで鳥の卵に例えるならオジロワシクラス…笑。

「ツボ」と呼ばれるこのタマゴの中から、どんな風にキノコの頭が出てくるのか、見届けたかったのですが、どれほど待てば良いのか見当もつかずに引き返して来ました。

その後、5日が経過した昨日、様子を見に行くと、そこには「タマゴタケ」ではなく見事に育った「タモゴタケモドキ」がにょっきり。
Img_9363
予想はついてましたが、雨水を溜めるほど反り返る傘の成長ぶりに、ちょっとがっかりしながら、また、歩き始めると、な、なんと、私の足元には、次から次へとタマゴタケっ!
今、まさに殻から頭を出すぞぉ~っていうのやら、産まれたばかりのやら、傘が開き始めてるのやら…、様々な過程のタマゴタケがにょっきにょきです。

Img_7481こちらは、白い卵の中から薄茶の卵が産まれそうな「タモゴタケモドキ」。
そして、こちらの朱色のが可愛らしいのが「タマゴダケ」。
Photoもう、嬉しくて、面白くて、たぶん、1時間近く「タマゴタケ」と遊んでいました…笑。
知床の森は、キノコ探しが楽しい季節になってまいりました。

2013年9月 6日 (金)

「注意しながら、じっくりと。」

秋めいてきた、森の中。
私の行く手、みぎ前方の樹の幹で、何かがもぞもぞ、もぞもぞしています。
?うんっ?て思って、よぉ~く観察すると、「スズメバチ」です。
Img_9288_2 洞に入りこんでは出て、入っては出てを繰り返していて、まさか、この樹洞に巣があるのかな?と。
でも、そんなに大きな洞ではなさそうですし、樹洞に巣なんて作るのかな?
樹液を舐めてる?なら、こんなに出入りはしないんじゃないかな?
洞の中の虫を捕獲してる?で、肉団子にして巣に運んでるのか?
そもそも、このスズメバチは何スズメバチ?って、
って、クエッションばかりが浮かびます。
しばらくこのスズメバチたちの行動に釘付けになってしまいました。

スズメバチと云えば、毒があって攻撃的で、危険で、刺されたら先ず毒を抜いて…そういった「有事」の知識ばっかり頭に浮かんできますが、「スズメバチ」がどんな生き物なのか全然知らないことをあらためて認識しました。

帰ってから調べてみると、どうやらこのスズメバチは「モンスズメバチ」のようです。

まだまだ、いっぱいの謎のスズメバチ。
夏の終わり、残ったままの宿題になりました。

2013年8月 6日 (火)

「久しぶりの可愛いヒグマ。」

いつもいつも、逢いたい!って、思っている「ヒグマ」。
生憎の曇天と夕暮れ時の涼しさに、これは、逢えるんじゃないかな…、そんな予感を感じつつ、出逢いたい思いでいっぱいになって、車を走らせていると、いましたっ!

岩尾別温泉道路の脇に親離れしたばかりと思われる小さな仔グマを発見です。
Img_7818
背中が痒いのか草叢に背中をこすりつけてひっくり返ってゴロゴロしたり、虫を食べようと倒木と格闘したり、どことなくあどけなさの残る仕草さが何とも可愛らしく、思わず抱きつきたくなったりして…笑。

しばらく同じところをウロウロして存分にその姿を見せてくれたあと川の向こうへと姿を消して行きました。

去年はヒグマの出没が多くて、本当に多くて、奥へと車を走らせればヒグマを見つけない日はないほど。

でも、そんな事態に、ここ知床がヒグマたちに占拠されてしまうのではないか、人が住めなくなってしまうのではないか、そんな時代の幕開けだったりしてと、そんな危機感を覚えたりもしておりました。

ですから、今年のヒグマの出没の平穏さには、ちょっと淋しいながらも、「ホッ」っとさせられてもおります。

次はどんなヒグマとどんな風に出逢えるか、今から楽しみです。
どうぞ、知床でヒグマ探し楽しんで下さい。ただ、絶対に車からは降りずにそっと楽しんで下さい。
Img_7846

2013年6月19日 (水)

「トカゲにがてなかたはご注意を!」

Img_5871 お休みには必ずと言っていい程、歩きに行くフレペの滝の遊歩道。

先日も歩いていると、突然、笹原から鳥が飛び出してきました。「何だ、何だ?」と、見失わないようにと夢中で確認すると、それはモズ。
しかも、口にはトカゲをくわえています。

モズがハンティングを終え飛び出したところに、丁度、私が通りかかったようです。
Img_5993
運良く近くの枝に止まってくれました…笑。
離れたところから、よぉ~く草むらの中で地面を這うトカゲを見つけるものだなぁ~と、その技のスゴさを不思議に思いながら、しばらく観察していました。
でも、一向に食べる気配はなく銜えたまま枝に止まっています。

えっ? これって、もしや「はやにえ」を作るつもりなのか…!?
って、期待にドキドキしながら監視を続けたんですが、そんなにそんなにこちらの筋書き通りに事が運ぶ訳はなく生い茂ったカシワの葉の中に潜り込んでしまって追跡不能になってしまいました。 

そんな話をネイチャーガイドさんにすると、「はやにえ」は、秋に作ることが多いとのこと。
モズが捕らえた獲物を木の枝等に突き刺したり、木の枝股に挟む「はやにえ」。何のための習性なのかは、まだ明らかではないそうですが、貯食と考えるなら秋に多いというのは納得ですよね、でも、食べず仕舞いのことも多いとか…。

嬉しいことに今年はモズを多く見かけます。
ということで、チャンスはこれからまだまだありそうです…笑。

ついこの間までは、新緑に包まれていく森に春を感じていたのですが、気がつくと森はすっかり深緑に変わり、木々の葉も生い茂っております。

葉が生い茂るこの季節は、葉が鳥を隠してしまって見つけにくく、バードウォッチャー泣かせの季節でもあります。

もちろん、すてきな季節ですから知床にお出かけください~。

「シャチまつり!」

Img_6172 皆様ご存知、知床は羅臼の海で運航するホェールウォッチングボート。
春から初夏にかけては「シャチ」、そして、7月頃から「マッコウクジラ」を観察することができます。

ここ10日程は毎日、シャチが姿を見せてくれています。
Img_6562 船に寄って、尾びれをバタバタさせたり、ひっくり返って白いお腹を見せてくれたりと、まるでショーでも見るかのような状況に、海面の透けて見えるシャチの姿に、お客様から、「ウワァッ、ウヮッ、ワァッ、ウヮァ…」とか、「近ッ、近ッ、近ッ!」とか、歓声が沸き起こります。

クジラ好きの方もそうでない方も、どうぞ羅臼のクジラ船に乗ってみて下さい。遭遇出来さえすれば興奮の坩堝!感動間違いナシです。

ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路は、現在、朝7時から夕方6時迄の通行で夜間は規制されておりますが、朝便も午後便も、この時間内で十分羅臼へ出かけ乗船してウトロに戻れます。

知床横断道路も間もなく終日通行できるようになると思われます。
Img_6185

2013年5月29日 (水)

「のっし、のっし。」

Img_5722 夕暮れ時、虹がかかるフレペの滝を展望台から眺めていると、断崖でのんびり草を食んでいたメスジカの群れに、突然、緊張がはしりました。

この空気はヒグマの出没に違いない!
慌ててシカの視線の先を探すと、そこには断崖をのっしのしと上る1頭のヒグマが。

Img_8817 あっと云う間に断崖を上りきり断崖沿いの柵を乗り越え、すでに大きく距離をとっていた草原のシカの群れを見つめています。

これは「無理だなっ!」って、思ったかどうか、シカを追いかけずに草原脇の遊歩道をしばらく歩いて森へと姿を消して行きました。
シカにはありつけなかったし、さて、何処で何を食べようかとでも考えているような後ろ姿、ヒグマの後ろ姿も可愛いですよね。
Img_8827 この一部始終を展望台から眺めていた私。
ヒグマが展望台に上ってきたらどうしようと、逃げ場はないなと、そんなことはあるハズないって思いながらも、ちょっとヒヤヒヤしたりして…笑。

実はこの日、2時15分出航のクルーザーからも象鼻付近にヒグマを見つけ、フレペの散策の帰り道でも幌別川河口の海岸にヒグマを見つけておりました。
大きさといい、白い毛の入り具合といい、突き出た鼻もちょっと痩せた感じも、特徴がぴったりで、きっと同じヒグマだったんじゃないかなぁって思っております。

Img_8789 ----------------------
明日から雨模様。

雨上がりの新緑が楽しみ。
気温はおちつきました。
18度です。


2013年5月24日 (金)

「コウモリの日向ぼっこ」

林道を歩いていた時の事です。

黒っぽい生きものが私のまわりで飛びまわり始めて、どう見ても鳥とは飛び方が違っていて、もしやコウモリ?

目を凝らすと両翼が透けていて、間違いなくコウモリ! あろうことか昼日中のコウモリ!これは珍事、私にとっては大珍事です。

コウモリを見つけた!
そんな証拠写真を撮りたくて、カメラで追うのですが、消えては現れ、消えては現れ、消え方も現れ方も予測不能、墜落かと思いきや急浮上、失速したり加速したり、その姿を捉えるのは至難の技。
Karuiimg_8163いい加減コウモリらしくどこかにぶら下がってくれないかと思いながら振り回されていると、願いが通じたのか、林道脇の樹の幹にペタッ…笑。

何という幸運!チャンスとばかりに、バレないように近寄っていくと、今度はビクとも動かず、私に気づいているのかいないのか、逃げる気配なし。時々、しゃっくりでもするかのように小さな体がヒクヒクって揺れますが、お日様が気持ち良いのか日向ぼっこ…???

洞窟とか樹の洞とか暗がりで集団でぶら下がっているイメージだったんですけど、こんなのもいるんですね。

どうしても顔を拝みたくて倒木に腰掛けて様子を観察。このふかふかの頼りない背中の可愛らしさは、モモンガに通じるものがありますね…笑。

Ikaruimg_8365 いつまでじぃーっとしているつもりなのか…、「捕獲できそう。」そんな思いと戦いながらちょっかいを出すのも堪えて30、40分ほど待つとやっと顔を上げてくれました。

以前に当館駐車場でぐったりしているところを保護したことのある、「チチブコウモリ」でした。
近くでは北こぶしのお花が咲き誇っておりました。
Img_8022

2013年5月19日 (日)

「白の首、と呼ばれているそうな。」

Img_5571 つ、ついに私にも待ちに待った出逢いがやってきましたぁ~!
近頃、プユニ岬やフレペの滝あたりに良く出てくる「首に白い輪がある」って噂の(…?)ヒグマとの出逢いです。きっとこのヒクマがそのヒグマ。

お客様からも知人からも、「見たよ!」、「見たよ!」と、聞いているのに、なかなかチャンスが巡ってこない私はけっこう焦れており、昨日は「逢えるまで帰らないっ!」なんて覚悟で、気合を入れてフレペの滝へと出かけました。

実に1週間ぶりほどの青空と雪の知床連山の眺望は、1日中ぼぉ~っと眺めてられそうな心地よさで、このフレペの滝の展望台が別荘だったらイイのになんて、ふと思っちゃうほど。

Img_7806 そして、やっぱり小鳥もいっぱいでした。昨日は「コマドリ」に大当たり。
こんなに色美しくい可愛らしい鳥だったなんて、図鑑でしか知らない私はびっくりでした。

日も暮れかけて、私のヒグマ運のなさを恨めしく思いつつ引き返していた時のことです。

私の左側視界がゴソゴソしている黒っぽい大きな塊を捉えて、
次の瞬間にはもう「ヒグマ」だって舞い上がってました。
逢いたかったあの白首のヒグマ。

遊歩道から200メートルほどの距離です。
「やっぱりいたんだっ!」て、何かこの予想的中みたいな出逢い方が嬉しくて…笑。

Img_7859 なかなかイイ顔してますねぇ~、顔の毛色がちょっと違うのもイイっ、体つきも顔つきも実に私好み…笑。

思いを叶えてくれる神様はいますね、嬉しい1日でした。

【くれぐれもヒグマ遭遇にはご注意を!】

----------------------
お日さまのあたたかいこと。

朝の気温、8度。
お昼、12度。快晴!

日陰はけっこう寒いです。

 

2013年5月15日 (水)

「この頃、鳥がいっぱいです。」

Img_7350 冬と春が繰り返しおとずれ、まだまだ一桁気温の知床。
それでも野鳥たちは敏感に春の気配を感じているようです。

平野部ではGW期間中に降った雪が減り、2度目の雪解けを迎えたフレペの滝にでかけました。
フィールドではたくさんの野鳥を観察できます。
Img_7523 雪が降るあいだ途絶えていたオオジシギのヘリコプターのプロペラ音のようなディスプレイフライトの騒音(…?)が戻ってきており「ザザザザザザザ…」と1羽がフライトを始めると、それに続けと云わんばかりに「ザザザザザ・・・」、「ザザザザザザザ・・・」と、次から次へとフライトを始めます。
薄曇りの空を舞台に航空ショーを繰り広げており、その賑やかさはいつも以上!随分と待たされた春が近づいたのを感じて、パワー全開といった感じでしょうか(笑)。

Img_7416 巣材をくわえたキセキレイや、鹿の毛を失敬したカラス、ペアと思われるアカゲラ、断崖できれいな羽色を見せてくれたイソヒヨドリ、群れて飛び行くアカハラ、カワラヒワにアオジにノビタキ、ホオジロ、ビンズイ、そして、いつものゴジュウカラやハシブトガラ…、そうそう、嬉しいことにモズの姿をよくみかけます。

出掛けてすぐの海岸沿いで、ちょっとシロすぎのオジロワシにスタートした本日のバードウォッチング、締めは、な、なんと、シマフクロウ!
Img_7598 鳴き交わす度に喉元が膨らんで、その低くて太い声を暗くなるまで何度も何度もひとりっきりで聞くことができました…笑。

空は、あいかわらずのグレーの雲に覆われていますが、森や野原には鮮やかでにぎやかさがひろがっていました。

----------------------
雪がだいぶん減りました。

朝の気温、5度。
お昼、9度。

  でもまだ気温はこんなです。

2013年5月11日 (土)

「雪の五湖もまた楽しい!」

昨日、5月10日より「ヒグマ活動期」にはいった知床五湖は、ガイドツアーに参加することで5湖から4湖、3湖、2湖、1湖、そして、高架木道へとぐるっと1周の散策が楽しめます。

Img_5547とは云っても、この大雪で開園からずっと高架木道しか利用できない状況がほとんどでしたから、除雪が容易なハズはなく湖畔沿いは暫くおあずけだろうと思ってたんです。

ところが、なんと除雪はせずにスノーシューで歩かせてくれるという粋な(…?)計らい…笑。
となっては行かずにはいられません。
ガイドツアーに参加してまいりました。

Img_5530しかしながら、お天気は本日も変わらずの曇り空。
ところが、歩き出すころになると青空が広がり始めて、まさに奇跡! まぁ、これも普段の行い!?…笑。

Img_5539 でも、それも束の間、3湖を望むころには霧が立ち込めてしまい青空も連山も姿を隠してしまいます。ところが、ところが、目の前にはこの景色。
アハハ、やっぱりこれも普段の行い!?…笑。

遊歩道にボタッと落とされたヒグマの大きな糞、樹が壊されていまいそうな猛烈なクマゲラの食痕、ガイドさんの貴重なお話を聞きながら、驚きと感動続きの冬さながらの知床五湖でした。
Img_5554
知床五湖認定ガイドツアーは所要時間が4時間~4時間半ほど、料金は大人の方でお一人、5,000円ほど、ちょっと時間も費用もかかりますけど、その価値ありです。
ぜひ、ぜひ、知床五湖を歩いて下さい!間違いナイって思います。
スノーシューも長靴もガイドさんが準備してくれますよ。

■知床五湖についてはコチラ

■知床五湖ガイドツアーと宿泊が!セットプランのご紹介。

----------------------
ようやく冬脱出!?

朝の気温、5度。
お昼、9度。

まだ来週は気温ヒトケタ台の予報です。 防寒対策お忘れなく。

2013年5月 3日 (金)

「どうにか、こうにか…。」

2013_0503_01 もう、5月だと云うのに「スゴイ、雪!」です。積もってます。

GWに雪が降る事はあっても積雪が50㎝近くになるなんてびっくりです。おかげで、知床横断道路の開通は見送られ、知床五湖も除雪が間に合わずに閉園の日もあったり。 海も時化模様で欠航が続いております。

グリーンシーズン幕開けの知床を楽しみにお越し頂いた沢山のお客様には本当に申し訳ない次第でありますが、こんな状況でも、道路脇にクマを見つけたり、フレペの滝の遊歩道を歩かれたりと、せっかくの知床をどうにかこうにか楽しんでいらっしゃる方もいるようです。

そして私も、びっくり仰天の春の大雪の中で、春を見つけました。
2013_0503_02
「トラツグミ」です。

渡って来ていました。
「キーン、キーン、ヒー、ヒー、」って、甲高いちょっと不気味な声で鳴く「ヌエ」 と恐れられている、トラツグミ。
道路脇に残る僅かな水溜りにカエルを見つけて食べようとしていたようです。カエルをくわえては放し、くわえては放しを繰り返していて食べずらそうです。カエルが腕組みをして「食べれるもんなら食べてみい。」というポーズに見える一瞬です。
獲物にしては大きすぎたのでしょうかね…、結局、食べれずに…?(食べずに…?)に、その場から飛び去って行きました。

どうにか、こうにか楽しんでおります…笑。
早くお天気が回復してくれますように。

2013年2月15日 (金)

【イベント】3月2日オーロラファンタジーにlaufenさん出演決定!

オーロラファンタジーにlaufen(ラウフェン)さん 出演決定!

Laufen

【日時】 3月2日(土) 19:50~20:00

【場所】 知床オーロラファンタジー特設会場
(ホテルより徒歩8分ほど)

※入場にはオーロラファンタジーの観覧チケット(500円)が必要となります。チケットはホテルで販売いたします。

--------------------------------

P204513420:00からはオーロラファンタジーショーが始まります。

幻想的な知床の一夜になりそうですね!

Laufen official website
http://laufen.jp

知床オーロラファンタジー(~3/12まで毎夜20時から)
http://blog.shiretoko.asia/2013/01/27.html

※会場では男山酒造の日本酒が美味しく冬眠中。
「流氷神社」もあるので、明るい時の観光にもおすすめですよ~

2012年12月26日 (水)

「雪の知床もまた楽し!」

Img_5571 24日から、知床も雪・雪・雪の日々です。
よく冷えてますよ~。

その数日前、ひっさしぶりに森へと繰り出してきました。
雪、積もってましたぁ~~…笑。

雪は思いのほか深くて軽くてふかふか、しかも、まっさら!動物たちの痕跡こそ残るものの人の痕跡は何もなく、動く度に私の痕跡だけが残っていきます…笑。

雪こぎを遊びながら歩きまわって、この日、雪の上に見つけた足跡は、エゾシカ、エゾリス、ネズミ、キタキツネ、タヌキ、クロテン、そして、きっと、イイズナ。
カラスのだと思うのですが、鳥の着地痕もくっきりしたのが残っていました。

出逢えた生き物は、オオワシ、ヤマゲラ、アカゲラ、カケス、カラたちなど鳥いっぱい、エゾシカ、エゾリス、モモンガ。
「えっ!…?」って思われた方は、きっと「モモンガ」にひっかかっての「えっ!…?」ですよね、笑、本当です!夜行性のモモンガが昼でも活動するといわれるのは繁殖期の2月3月ですから私も目を疑いましたが、どうも気の早いのがいてくれました。

枝にふんわり積もる雪に混じって毛づくろいをしながらハンの樹の芽を食べていました。きっとモモンガも雪が嬉しくて塒でなんて、じっとしてられなかったのかもって思えてしまいます。今シーズンもモモンガが身近に感じられそうな予感です。

モモンガに出逢えたことが嬉しくて、キツネとタヌキとクロテンの足跡の区別ができたことが嬉しくて、雪漕ぎの感触が嬉しくて、冷たい空気としぃーんとした森が嬉しくて、ひとりはしゃぎまくってクタクタになってきました。

初雪は遅かったけれど、知床の冬シーズン、早くも本番のようです。

防寒、防水、防風のウェア、くつ、手袋、帽子、ネックウォーマーなど、動きやすい遊べる暖かい身支度でいらして下さい。積雪の森へ繰り出しましょう!
楽しいですよ…笑。
Img_4990

2012年11月29日 (木)

「今年の歩き収め。」

Img_4948 11月25日、知床五湖の最終日を迎えました。
勿論、歩き納めに出掛けてきました。

知床五湖公園内はすっかり雪景色。
遊歩道に積もる雪の上には、先に歩いた方の足跡が残るものの人気はなく静まりかえっておりました。
今シーズン最後だと云うのに、生憎、知床連山は雲の中、でも、凍る途中で出来上がる湖面の様々な模様がおもしろくて何枚も写真を撮ってしまいました。

Img_4947 五湖を一人占めしながら、凍りつこうとする湖面を見ていると、やがて静寂に包まれる五湖に思いがはせます。

誰も訪れる事のない五湖ではどんな時間が流れるんだろう…、動物たちは人の姿がなくなったことにやっぱりホッとするのでしょうかね…。

遊歩道に残る人の足跡のそばには、動物たちの足跡もいっぱいです。ネズミからヒグマまで、ひととおり確認できるほどたくさんの生き物がこの散策路を通っているようです。
動物たちの気配を感じられる楽しいひとときでした。

Img_5316 後ろ髪をひかれる思いで湖畔沿いを後にし、高架木道に上ると、大空では何羽ものオオワシが渡って行くところでした。

来年も1月下旬頃から五湖の冬期利用(ガイドツアーへの参加が必要です)が始りますから、それまでのお別れです。26日11時に岩尾別ユースホステル前のゲートもおり冬期閉鎖になりました。

2012年11月16日 (金)

「秋だよ、窓全開!」

Img_4944 エゾシカにとって秋は恋の季節。
オスジカは、自分の尿を混ぜた泥を体にまとってどす黒く迫力を増してきます。
力を競って角を突き合わせ「カツーンッ、カツーンッ」と、乾いた音を響かせたり、ラッティングコールと呼ばれる遠吠えのような奇妙な声を響かせ自分をアピールしはじめます。

逃げるメスのお尻をひたむきに追うオス、そんな光景が、日々、繰り広げられるのも今の季節です。先日も数頭のメスの群れに3頭もの立派なオスジカが集まってきていました。

オスジカたちは、何とか言い寄ろうと(…?)メスにアタックを繰り返しますが、メスにその気はないようで草を食みながらも上手にオスをかわしていきます。
Img_4694 その合い間、合い間では、オス同士の角突き合いが始ったりして、でも、あまり本気ではなさげで、強さを競い合うと云うよりは憂さ晴らしのようにも見えてきてしまいました…笑。

エゾシカの世界では、なかなか相思相愛にはならないらしいです。それと云うのも、四六時中発情しているオスに対して、メスの発情はほんの数日らしいからだそうなんですけどね。

晩秋の知床ならではのエゾシカ模様、晩秋の知床には欠くことのできないエゾシカ模様、ずっと見てても飽きないエゾシカ模様です。
森の奥へ入らずとも走らせる車窓からそんな光景が見れちゃいます。知床ってそんな
ところなんですね…笑。
吹く風も随分と冷たくなってきましたが、車の窓を開けてラジオや音楽を消して走っ
てみると、一味違うドライブが楽しめますよ。
ぜひ、お試し下さいませ。

「おー空を!」

Img_4940 数日前の夕方、当ホテルの上空を十数羽のオオワシが列をなして通過して行きました。
おぉ、来た、来た、いよいよかと、ウトロから斜里へ向かう海岸沿いにワシの姿を探しに出掛けると、いました…笑!

サケ・マスの遡上でお馴染の遠音別川の河口の海岸に1羽。
そして、金山橋の海側の樹上に1羽。
黄色い大きな嘴が目立つ、羽の白と黒のコントラストが美しいオオワシを確認です。
カッコイイですよねぇ~、惚れ惚れしちゃいます!

ウトロから斜里までの海岸沿いの樹上なら何処にいてもおかしくないですけど、その雄姿にお目にかかりたい方は、遠音別川(当ホテルから斜里方向へ10キロ程)と、金山川(当ホテルから斜里方向へ15キロ程)が、最重要チェックポイントです…笑。

川の周辺は、川にかかる橋を挟んだ山側も海側も河口付近の海岸も、ぜ~んぶ、じっくり探してみて下さい。
それから、親子岩(当ホテルから斜里方向へ3キロ程)の上には、よくオジロワシを見つけます。ただ、見つけて嬉しくて近くで見たいなんて思って車から降りると、すぐに飛んでっちゃいます。

驚かせないようにと、ドアの開け閉めは慎重に、静かに静かにそっとするんですけどね…、何かオーラが伝わっちゃうのか、警戒されちゃいます。
ですから、よぉ~く観察したい方は車の中からがイイかもです。
双眼鏡があるともっとイイですね。
皆さま、見つけられますように…。
Img_4915

2012年11月10日 (土)

「冬のくいしんぼう。」

Img_4818紅葉も大分過ぎて、森の樹々も葉を落としております。
落ち葉でふかふかの森、見通しのき森を歩くのは、一段と楽しくなります。

早速、クマゲラの声が響いてきて、右斜め前方の空にその姿を確認。相手は翼を持つ鳥ですから追いかけたって追いつけっこないとわかっていてんも、すぐに見失ってしまうとわかっていても、あとを追わずにはいられない私です。
クマゲラが消えた森へと急ぎます。

残念ながらというか、想定通りというか、クマゲラには「まかれて」しまいました。
でも、エゾリスが待っていてくれました。チョロチョロしていますが、遠くへとは離れていかず、その可愛らしい姿に1時間以上はまって見てしまいました。

Img_4855 落ち葉をどけては、何かを見つけて夢中で食べています。
ちょっとずつ場所を変えながら、ひたすら食べています。

良く見ると同じものばかり見つけて食べているようで、決って黄色い何やら。
…きのこ? …どんぐり? ………?
うぅ~ん、きっと、どんぐり!

今年のどんぐりの豊作をエゾリスだってわかっているハズで、これだけあれば、慌てて貯め込まなくてもなんて思っていたかどうかは、わかりませんけど、冬のために埋めることはせずに、食べて食べて食べてました…笑。

Img_4791 倒木にへばりつく可愛らしい背中。
前足を上手に使って口をもぐもぐさせながら夢中で食べる仕草。
手のお手入れだって忘れません。
冬毛でふっかふっかです。
小さな動物との出逢いの多いこの季節、どうぞ、どうぞ、そんな出逢いを楽しんで下さいませ。

2012年11月 9日 (金)

「いよいよ冬モード。」

Img_4885 11月7日(水)、午後3時をもって、ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路が冬期閉鎖に入りました。

その前日、知床五湖への知床公園線からは、雪に覆われた真っ白な知床連山と黄葉するカラマツのコントラストの美しい晩秋ならではの景色が広がっており、もしかして、知床峠も…、なんて、思って見納めがてら出かけてきました。

Img_4847 残念ながら展望台付近は霧だらけ、期待した景色は見ることができませんでしたが、路肩に残る雪に、来る冬を実感してまいりました。

先日、カムイワッカ林道が冬期閉鎖に入り、こうして知床横断道路も冬期閉鎖となり、今月下旬には知床五湖への岩尾別ゲートも閉まってしまいます。

観光船も今月中旬には全社運航期間を終えます。
どんどん、どんどんシーズンの仕舞いを告げられるなか、紅葉が過ぎ色を失くしていく森にもちょっと淋しくもなったりしますが、

繁殖期で一生懸命なエゾシカたちに出逢う楽しみ、越冬のために渡ってくるワシを探す楽しみ、葉を落とした樹々の見通しの良い森を歩く楽しみ、霜の降りる景色を待つ楽しみ、降る雪を待つ楽しみ…、閑散とし始める淋しさの横には、そんな楽しみがちゃんと並んでくれています…笑。

実は、これから冬に向けての知床こそが楽しかったりもするんですね…。

2012年11月 3日 (土)

「コクコクと秋。そして冬へ。」

Img_4464 11月1日から通行止めとなった、カムイワッカ林道。
その直前、通行可能最終日に出かけてきました。

そんな林道に設けられたガードレール端のクッションポストがボロボロになってしまってます。10月25日にココに来たときには、こんなではなかったですからここ数日の出来事。

よく見ると、おおきな爪らしき跡。

これは、もうヒグマの仕業に違いない!
でも、何のため?

爪を砥いだ…? いやいや、これ、衝突時の衝撃を軽減するためのもので硬くないですから、その線はハズレ。

食べた…? まさか、美味しいわけないですから、それもハズレ。

嫌なことでもあってストレス解消…?
壊す時の音とか感触とかが、この仕業の主のツボだった…?

もう、何のためなのか、気になって、気になって、知床財団に訪ねてみました。
すると「何ででしょうね…、ヒグマはオイルの匂いが好きだって聞くので、もしかすると匂いのせいかも。」とのこと。

そう云えば、私の知人は、車のタイヤをヒグマに舐められたそうです。
本当のところはヒグマに聞かなきゃわかりませんねっ…笑。

今年は、長く暑かった残暑のせいか紅葉は今ひとつ。
期待もしてませんでしたが、このカムイワッカ林道からの眺めは以外とキレイでした。
Img_4365 「うぉーっ!」とか、「ぅわぁーっ!」とか、奇声がでるほど…笑。
でも残念ながら、このカムイワッカ林道、はすでに冬期閉鎖になりました。
今シーズンもお世話になりました。何度、行ったり来たりしたことか…、走り納めは
今晩、感謝を込めてナイトツアーに出掛けようと思います。
Img_4539

2012年10月29日 (月)

「秋の三拍子。」

Img_4430 「今日は、ヤバイねぇ。」
「うんっ、ヤバイよねっ。」
って、これは、知床五湖への知床公園線で、ばったり会ったホテルスタッフと私のニッコニコのやりとりです。

何がヤバイって、真っ青な空!
新雪をまとった知床連山!
秋色の森!

そう、秋の三拍子が揃っちゃいました…笑。
こんな日は、やっぱり「知床五湖」へ行かなくっちゃ!って、久しぶりに出かけて来ました。

云うまでもなく最高の景色に出迎えられました。
そして、さらに嬉しいことに湖面が穏やか。鏡のように写し出す景色も見事でした。

遊歩道で踏まれた落ち葉がたてる「カサカサ」や「ガサガサ」、そんな音やその感触がオモシロくて、わざわざ落ち葉の上を歩いたりするのも今ならではの楽しみです。

昨年は全然見つけられなかった「ドングリ」、「今年は豊作だよ」って、噂どおりにいっぱい転がっています。
Img_4442 2湖には羽をやすめる白鳥の姿があり、白鳥も間もなく訪れる冬に向けて南下を始めたようですね。
Img_4665 大型観光船は運行を終え(クルーザーはまだ運行中です)、知床峠にも夜間規制が入っておりますが、秋満載の知床五湖は来月中旬頃まで楽しめます。
Img_4443

2012年10月27日 (土)

「日本最小○○は愛いヤツです。」

日本で一番小さな鳥、「キクイタダキ」との初めての出逢いは去年、雪解けの頃。トドマツの樹冠に、体長10センチと云うその小さな姿を見つけました。

アッと云う間に行き過ぎてしまってじっくり観察はできなかったのですが、その体の色合いやデザインは明らかにカラとは違って見えました。慌てて写した写真を見てみると、頭の黄色いラインだけが辛うじて確認できる1枚があって、あぁ、「キクイタダキ」だったんだって、ブレブレの写真をみながら確信したりしていました。

ちょっとふくれてるようなへの字の口元と可愛らしい眼差しのとぼけた表情がたまらなくて、ぜひ、また見たいって、写真も撮れたらって思ってました。

そんなお話をガイドさんにすると、よくカラの混群に紛れてたりしますよ!って、そんなに珍しいって訳でもない気がしますけどね…、って、教えてくれて、ほぉー、そうなのかと、それ以来、カラの群れに出くわす度に、その中にオリーブ色のその小さな姿を探すようになっておりました。

そしたら、昨日、いました! やっと見つけました! カラの群れに紛れてました!…笑。

写真はと云うと、この1枚だけが、なんとか「キクイタダキ」になってました。
黄色いラインの中に赤い斑がないのでメス、オスメスの区別だってできちゃう1枚です。

とは言っても、全然ダメダメですけどね。まぁ、また、次回。
菊の花びらの一片を頭に載せているように見えるので、「キク-イタダキ(菊-戴)」って、名づけられたそうです。
Img_4614

2012年10月20日 (土)

「羅臼岳も初冠雪ですー。」

1020 昨日、お昼の休憩でちょっとドライブに出かけると、目に飛び込んできた羅臼岳のてっぺんに、なんと、雪が積もっています。

近々だろうなぁ~って、思ってはいたんですけど、まさか、もう、雪が被るとは…。
だって、そんなに寒い感じじゃなかったし、雨だって降ってなかったし…、って思っていると、偶然会った知人が、今朝は連山の頭に雲がかかっていて、きっと、その雲が雪を降らしたはずで、だから、あの雪は降ったばかりだと思うのよね、って、教えてくれました。

今日が初冠雪かどうかとなると、数日前にうっすら積もってすぐ融けたなんて話も耳にしており、もしかすると2回目かも…。

でも、私は見てないし、私にとっては初冠雪!…笑。
道路脇で見かけたキタキツネも冬毛に衣替えが済んだようで、モコモコの暖かそうな毛に包まれていました。季節がすすんでおります。
Img_4281

2012年10月14日 (日)

「気になる、羅臼湖・新ビューポイント」

Photo 先だって、羅臼湖の散策路が変更されることはご案内させて頂いておりましたが、着々とその準備が進められているようです。
来シーズンはきっと利用できなくなる既存の散策路を歩いておきたくて、先日も、羅臼湖に出かけてきました。

Photo_2 すると、歩きたかった、2の沼から3の沼への散策路(散策ルート変更後は利用できなくなる区間)は工事中で通行できない状態で、まだ作りかけの新しい散策路を迂回路代わりに通ることに。
運が良かったのか、悪かったのか、新しい散策路からの景色を一足早く楽しむことができました。

そして、気になっていたあの3の沼のビューポイント(羅臼岳と3の沼が映し出す逆さ羅臼岳を望むポイント)はと云うと、残念ながらやはり利用できなくなるようようです。
そのポイントと3の沼展望台とは既に寸断されておりました。
Photo_3
既存の「3の沼展望台」は残りますが、この場所からでは沼に映り込む羅臼岳のてっぺんが切れてしまうのです。てっぺんまですっぽり映り込むビューポイントとは10mと離れていないんですけどね…、見る場所が少し違うだけで随分と景色も変わってきます。

でもでも、今の「3の沼展望台」に高さが設けられていました。今迄より高い位置から眺めることができます!…見る場所の高さが変われば、こちらだって景色は変わってきます。

そして、これが林野庁の方が言っていたその景色への配慮なら、たぶん羅臼岳のてっぺんまでがちゃんと映り込んでくれるハズ!

確かめたくて沼の波が静まるのを1時間ほど待ちましたが波が治まる気配はなく、諦めて次回へ持ち越しとして帰ってきました。

先日の羅臼湖はところどころで秋模様でした。
Photo_4

2012年10月12日 (金)

「秋は早起きがオススメです。」

秋ですね、空気が澄んできています。

すっきりとした青空とくっきりとした景色が本当にキレイです。
そして、朝日も。

朝3時。すでに明るくなりはじめている夏に比べて秋は夜が明けるのがぐ~んと遅くなります。ですから、今なら朝4時にウトロを出発すると、5時半位の羅臼側の日の出に間に合います。私にとって秋は日の出を見に行く季節、そのための早起きを頑張れる季節でもあります。

知床峠を越えて、羅臼側7合目から6合目辺りの区間から見る日の出がイイ感じです。時間にすると車でウトロから約30分ほどです。
昨日も目覚まし時計は朝3時半。まだ「眠っていたい体」に「日の出を見たい気持ち」が勝って、無事、車を走らせました。

知床峠を越した辺りで、遥か国後の空が真っ赤に焼けているのが目に入ってきて、おぉ~、今日はイイんじゃない!って、テンションが上がってきます。
Img_4367 ポイントに立ち夢中で見ていると、真っ赤な真っ赤な朝焼けがまだ暗い空を押し上げるようにどんどんどんどん広がっていきます…キレイです!
やがて、国後島の泊山辺りから顔を出したお日様が眩い光を放ちながら昇り始めます…キレイです!
Img_4393 朝一番の光を受けて、今日いち日、何かイイことがありそうな気分になってきます。今月下旬頃には知床横断道路の通行に時間規制が入り気温の下がる夜間の通行が規制されますから、日の出を見に行けるのはそれまでの期間です。
あと、何回、頑張れるか…、皆様も早起きを頑張って日の出を見に行きましょう!

朝早い時間は気温も下がっていますので、くれぐれも暖かい服装でご準備下さい!
-------------------
知床五湖の紅葉もはじまりました。

あさ、12度
おひる、15度

峠からの朝日鑑賞。
ダウンがあってもいいくらいです。手袋&帽子も必携です。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年10月 5日 (金)

「たーけとぉーんぼぉー。」

昨日は、苔むす倒木の上に「竹とんぼ」を見つけました。
Img_3985 自然が作りだした竹とんぼ、そう、オオバボダイジュの実です。

普通の葉とは違って柄が葉の真ん中から伸びており、その柄の先に実がつく不思議な形で、見れば見る程、竹とんぼそっくりです。

これは、そう、空を飛ぶため。
この葉をプロペラにして吹く風に乗って空を飛んで実の中の種を遠くまで運びます。なんと、このプロペラは浅くU字に反っていて上昇力が強く、柄が長いおかげで重心も安定してよ~く飛ぶのだそうです。

そこまで計算されているなんて、ただただ驚くばかりです…笑。
もしもどこかでボダイジュの実を見つけたら、空に向かって高く高く放りあげて見て下さい!
くるくるくるくる回りながら降りてきてくれますよ。

それはそうと、いかがでしょうか? この小さな小さなたたずまい。秋色の葉っぱと幼木と…、なんともまぁ、メルヘンチック!だって思いませんか…。

こんな小さな小さな可愛らしい世界を見つけて歩くのも楽しい今日この頃です。
-------------------
朝、晩、すずしくなってきました。

あさ、12度
おひる、17度

長袖、フリース、ウィンドブレーカーは必携。手袋や帽子まであると、夜の散策も楽しくなります。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年9月28日 (金)

「秋、みつけました。」

知床も厳しい残暑がようやく過ぎたようで、秋の空、秋の風を感じられるようになってまいりました。

そんな中に、いくつか秋を見つけました。
23 1つめは、これからの繁殖期に備えて武装を整えたオスジカ。角はゴツゴツ、毛からもすっかり鹿の子模様が消えて冬の装いです。
とにかく暑かったですから、こんなオスジカに出逢えるのはまだちょっと先かと思っていたのですが、いつの間にかこんなに迫力ある立派なオスジカになってくれていました…笑。
そのオスジカの後ろでぶれぶれなのは、群れるシカの前に突然姿を現した私に驚いて慌てふためき逃げゆくメスジカたちのお尻です。
何を思ったのか、オスジカだけがこちらをじぃーっと見ていました。

2つめは、秋色のナナカマド。
21森の中にポツンと赤く染まるナナカマドを見つけました。
色づきを見せずに枯れてしまってる葉が目立ってしまって紅葉への期待もしぼんでしまいますが、たった1本でもこんな樹を見つけられると、あぁ、紅葉だぁ~って嬉しくなります。

今シーズンは、こんな樹が貴重かも、でも、まだまだ、枯れてない樹だってありますからね…笑。

3つめは、色も形もまるで絵に描いたようなきのこ。
きのこには目がないんですが見る目もないので、調べてはみたものの、このきのこがナニモノなのか、私にはナゾ…笑。
22 でも、真横ににょっきっと伸びるかわいらしさと何とも云えぬこのきのこっぽさに思わずにっこりです。
秋の探しものが楽しい今日この頃です。
-------------------
大気が混ざる秋の空。

あさ、13度
おひる、19度

今夜から雨もようです。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年9月25日 (火)

「なぞの海岸?!」

こちらは、岩礁に集まるオオセグロカモメ。いつもの海岸の光景です。
2_2 そして、こちらは、岩礁で羽を休めるウミウ。こちらもいつもの海岸の光景です。
1 ところが、こ、こ、こちらは・・・???
3 い、いったい・・・???

岩礁に不思議な石のオブジェが立ち並んでいます。
今月、22日には見られなかったので、その夜から23日の未明にかけて突如現れた謎の突起物。

ずっと昔にこの海岸で海難事故があり、その供養なのかもと思って聞いてみたのですが、どうもそうでもないらしいのです。

誰かが、ちょっと遊んで…とか、暇つぶしで…とか、とは思うには手が込んでいるような気がします。だって、長い石を立てるのだって、その先端に平らな石を乗せるだって、それらを固定するのだって、なかなか大変そうです…。

もしかして神の仕業!? 何かの予知!? …笑。

いったい誰が、いったい何の目的でって、謎は深まりますが、何となくメーセッジやパワーを感じてしまう(…?)このオブジェ!何時まで形をとどめているか見当がつきませんので、ご覧になりたい方はお早めにどうぞ。

ホテルの前の国道を左に2キロほど進んだ海岸に立ち並んでいます。
-------------------
秋のスキっとした空気になりました。

あさ、11度
おひる、19度

気温も秋らしくなってまいりましたよ。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。





2012年9月21日 (金)

「秋の大収穫際。」

Img_41 ぷらぷらとお散歩がてら林道を歩いていると、その脇に生える大きなきのこが目に入ってきて近寄ってみると、ハナビラタケ!(…たぶん。)おぉ、なるほどと、名前に納得できるお花にそっくりなきのこです。

今度は真っ白な大きな塊が目に入ってきます。
きのこに違いないのですが、遠目に見るそのシルエットはどうもきのこらしからず、で、また近寄ってみると、なんと、まぁ、立派なヤマブシタケ!(…たぶん。)
Img_4115 その針山のような、蓑のような形には目を見張り、どうしてこんな形に出来上がるのかと感動してしまいます。
ちょっと触ってみるとじっとりしていました。

どうも私には、このヤマブシタケが樹にしがみつく〝子泣きじじい(ゲゲゲの鬼太郎に登場する石のように重くなる蓑をまとった妖怪)″たちの背中に見えてきてしまって…、時に妖しげなきのこを見ていると、きのこの世界に妖怪が暮らしていても不思議じゃないかなぁっ、なんて思えてきたりします…笑。、

帰って調べて見ると、ヤマブシタケは味はあまりしないそうですが食べれるらしく、漢方薬にもなり「幻のきのこ」なんて呼ばれたりもするそうです。もしや、スゴイきのこを見つけたのか!って、部屋で一人、ほくそ笑んでしまいました。

ハナビラタケも食べることができ、こちらは美味しいそうです。どちらも20センチを超えるほどの大きさで大収穫でした。
って、国立公園内ですから採ってはないですけどね、見られただけで大収穫です。

近頃、足元には、踏んづけてしまいそうに小さいのやら、毒々しげな色のものやら、様々なきのこがいっぱいです。色だっていろいろですが、きのこの持つ形の不思議さにはいつも驚かされて、もっと面白いのは、見事なのはないかなぁ…と、ついつい夢中になって探してしまいます。

私の頭上、樹には、オニグルミの実を見つけました。木の実やきのこ、秋の実り、好調のようですね…。
Img_4096

2012年9月15日 (土)

「秋の気配。」

Img_3715 先日の森歩き。
歩き始めると早速、足もとにころころ転がるドングリを発見!
昨シーズンはさっぱり見かけませんでしたから、「今年は豊作になるのかなぁ…」と、ニッコリ。
続いて弦から垂れ下る山ブドウを発見!…「熟したころ採りに来たいなぁ…」と、またニッコリ。って、国立公園内ですから採っちゃダメですけどね。
そんな秋の実りの予感に心が弾んでくるのは、道路脇で見かける痩せこけたヒグマのせいもあるのかも…、です。

Img_4050 先だって、新聞やニュースでも報じられておりましたが、ヒグマが痩せてしまっています。エサが不足しているのか、ヒグマ同士の力関係なのか、事情はわかりませんが、ちゃんと食べれてないヒグマがいるのは事実のようです。そんなヒグマが石を返してはしきりにアリを探す姿に、サケやマスが上ってくれば、この状況も好転するのだろうと思って過ごしておりましたが、そのサケやマスの上りも今のところあまり良くないようで、となると、望みは秋の森の恵み!です。

ヒグマや森の動物たちに食べ物が十分行渡るよう、この秋、木の実や果実が豊かに実ってくれるといいなぁ…って、思います。
Img_3637
森でちょくちょく見かけるようになってきたエゾリスに、首の辺りから冬への衣替えを始めたエゾシカに、吹く風の涼しさに、残暑が厳しいながらも秋の気配を感じる今日この頃です。

2012年9月 8日 (土)

「コバルトブルー。」

先だって、ホテルスタッフより、網走湖辺りに「カワセミ」が来てると聞きました。

「渓流の宝石」と称される色鮮やかな美しい鳥で、一度は見てみたいって、ずっと思っていた鳥です。

知床のあれやこれやが気になってなかなかウトロを出れない私なのですが、カワセミだって見たい!です。
で、ウトロを離れる心を決めて(オーバーかな…笑)、カワセミが憩うという網走湖畔の川へと100キロ程の遠征に出かけました。

ポイントに到着して、川が見渡せる葉の茂る樹とその木陰の草叢を隠れ蓑にして身をひそめ、じぃ~っとカワセミを待つこと四、五十分。

ポチャン!

川に小石が投げ込まれるような音が聞こえてきて、何かと思えば、カワセミのダイブ!です。でも、カワセミに気づいた時には、すでに水中の魚を銜えて飛び去る後ろ姿を捉えるのが精いっぱい。早い!です。目にも留まらぬ早業で獲物を仕留めていきます。
Img_3873 うちに、川に突き出した枝に止まってくれたり、私の真横をすりぬけて行ったりと、その姿も、カワセミガ誇る背面のコバルトブルーの美しさも、この目でしっかり見ることができました。
キレイでした(本当は青くなくて光の加減で青く見えるらしいですよ…)。

カワセミの声も勿論初めて聞きましたが、よく古い自転車のブレーキ音に似ているなんていわれるので、耳触りな声なのかと思いきや、水辺に涼しさを運んでくれる爽やかな声で感激でした。

Img_3788 そんな、カワセミに夢中になっている最中、私が隠れ蓑にしていた樹にカラたちの混群がやってきて、思わずシマエナガと目と目が合ってこのカット…カワイイですね。余談ですが、この隠れ蓑にしていた樹にはカワセミも止まってくれて、私の身隠しはうまくいっていたのだとちょっと得意な気分でした。

まだ、暑いですけど、気がつけば、もう9月です。秋の渡りで野鳥たちの活動も活発になってくる季節、ここ知床は野鳥も多く、これまでに300種近い野鳥が観察されています。

ぜひ、散策の折は、バードウォッチングも楽しみながら野鳥たちの可愛らしさや美しさを感じて頂けたらと思います。
-------------------
20度ってすずしいですね。

おひる、23度
夕方、20度

あーすずし。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年9月 1日 (土)

「行けるなら、ささっと散策を!」

8月の終盤、ヒグマ出没のため閉鎖が続いていた知床五湖の地上遊歩道。ヒグマの行動パターンが変わったのか、少しずつ散策できるようになってきました。

昨日、午前は閉鎖されておりましたが、午後は利用が可能になり、その朗報を、外出先の網走湖辺りで受けた私は、これは何としても五湖を歩かねばと100キロ程の道のりを慌てて車を走らせ戻ってきました。

でも、まだ、五湖を拠点に活動していたヒグマたちが完全に離れた訳ではないらしく、いつ、閉鎖になってもおかしくない状態ですから、今こうして運転している間に五湖にヒグマが出てしまったらと気がきではありません。

午後2時前、やっと五湖に到着、地上遊歩道はと云うと、笑!…あいてます。

地上遊歩道利用の前に義務付けられている10分のレクチャーを、とても長く感じながら受け終え、いざ、いざ、ひっさしぶりの知床五湖の湖畔沿いへ!Img_3489
やぁ~、イイっ! 文句なく、イイっ! やっぱり、イイっ!

足早に歩いてしまうのがもったいなくて、のんびり、のんびり、森の香りに包まれながら、風や雲、陽射しの加減で表情を変える景色や小鳥の声を楽しみ、大きなきのこに驚き、水鳥を観察し、湖畔で涼しげにするエゾシカに出逢い、エゾリスにも出逢い、高架木道から夕陽を眺めて帰ってきました。
Img_3740 無事、歩ききることができましたが、もし、ヒグマを見かけても「見た!なんて言わない、見なかったことにしよう」って、ずぅ~っと思い続けて散策しておりました…笑。

まぁ、実際に出くわしてしまえば、ルールですし危険ですから、引き返さないわけにも、報告しないわけにはいかないんですけどね。
一時、五湖を明け渡してくれたヒグマに感謝です。

この夏、地上遊歩道を散策できたかたは、実はかなり、かなりラッキー(?)だったのです。これから知床へお越しの皆様、五湖散策路が空いていたなら、ささっと歩いちゃって下さいね。
Img_3551 -------------------
20度ってすずしいですね。

おひる、23度
夕方、20度

あーすずし。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年8月31日 (金)

「ご存知?モト八景!」

皆様ご存知の通り、知床八景と云えば、
代表格の「知床峠」と「知床五湖」、当ホテルから歩いて10分程の所にある「オロンコ岩」、夕陽を見るポイントとして名高い「プユニ岬」と「夕陽台」、そして、「フレペの滝」、「カムイワッカの滝」、「オシンコシンの滝」の3本の滝です。
この景色たちが、めでたく知床八景の栄冠を手にしております。

ですが、実は、埋もれてしまった「モト八景」があります。

Img_3369それがこちら。その名も「オシンコシン展望台」。
「オシンコシンの滝」に座を譲る前の知床八景の一つです。

確かに、「オシンコシンの滝」は圧巻ですからね、ウトロに向かって海岸沿いの国道をひた走り「そろそろウトロかなぁ~」なんて思うと、豪快に流れ落ちるオシンコシンの滝が目に飛び込んできて、「あぁ、知床だぁ~」って思わされます。
Img_3619
「日本の滝100選」にも選ばれており「オシンコシンの滝」が知床八景に名を連ねるのは当り前と言えば当たり前なわけです。

ですが、知床半島を一望できる「オシンコシン展望台」からの眺めだってなかなかで、昔懐かしオジロワシモチーフの八景看板が当時のままになっています。

なんとなく秘密の場所っぽい、ひっそりとした感じも好きで、時々、眺めに出かけています。

場所はと云うと、ウトロから斜里へ向かって5キロ程の所にアーチ状の橋がかかる三段の滝が流れ落ちていて、この滝を過ぎてすぐに左に上る脇道があり、その脇道を道なりに上り行きどまった所です。
皆様、知床へお越しの際は、ちょっと立ち寄ってこの景色を眺めてみて下さい。
Img_3371 -------------------
残暑少し和らぎました。

朝、20度
おひる、26度

昨日から6度ほど下がりました。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年8月20日 (月)

「ちょいと、お待ちなさい。」

Img_3490 昨日は朝から天気が良くて、時が進むにつれどんどん良くなり、午後には順光の中で知床連
山もくっきり!こうなると、行きたくなるのは景色がキレイなところ。

景色がキレイなところは?
真っ先に頭に浮かんでくるのはやっぱり知床五湖です。

しかしながら、先日から湖畔沿いに居ついているヒグマがまだ離れてくれないため、地上散策路には立ち入ることができません。でも、ヒグマ避けを施してある高架木道も、眺望だって歩く気持ち良さだって、けっして地上散策路に負けてはいません。

そんなわけで、知床五湖の高架木道を進みます。
湖面に波がないことを祈りながら足早に片道800mを歩いた先の高架木道最終展望台からの知床連山と1湖と逆さ連山の眺めは思った通りにキレイでした。
Img_3487
でも、1湖が写し出す知床連山の山並みが微妙にゆらゆらしていて…、う~んっ、これは待
つしかないと、そんな待つ時間を贅沢に思いながらちょっと待ってみると、次第に波はおさまりこの景色!たまらなくキレイです…笑。

その後足をのばした、フレペの滝展望台。
展望地にある東屋から見る断崖に、成鳥になりきれてないオジロワシが留まって離れようとしません。これは何かありそうで、やっぱり待つしかないと、五湖と同様また待ってみると、目の前でオジロワシのハンティングが繰りひろげられました。
Img_3275
標的は断崖で羽を休めていたウミウ。
ウミウは成鳥でしたからかなりの大きさ。幼いオジロワシとさほど変わらないサイズ相手を狙って仕留めてしまうのには、ちょっとびっくりでした。

風が止むのを待つ、動物の動きを待つ。
などなど、ちょっと待ってみると、イイ事があったりしますね…笑。
-------------------
今日はしっとり雨の知床

夜中、27度!
朝、20度。

これが、寝苦しいってヤツですね。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年8月17日 (金)

「日本むかし話風に、読んでみてください。」

数日前、森の香りを心地よく思いながら野鳥を観察していた時のことです。

どこからともなくやって来たキタキツネが、私のすぐそばでお昼寝を始めました。キツネがお昼寝に初めに選んだ場所は日陰。
ですが、ヒンヤリし過ぎてしまったようでムクッと起きてクシャミをひとつすると、日向へ移動してお昼寝の続き。少しすると今度はお日様がポカポカし過ぎてきたのか、もとの日陰へ戻ってまたまたお昼寝。

伸びや欠伸をしながらそんな事を繰り返していて、いつまで続ける気なのかと面白くなってしまった私は、草叢に座り込んでキツネウォッチングとなりました。

すると、すると、リラックスモード全開だったキツネが一変、急に頭をもたげて戦々恐々の面持ち。
これは、ただ事ではないぞ!

と、いったい何がおきているのかと、キツネの鋭い視線の先に目をやると、な、なんと、タヌキがこちらへ向かって歩いてきてます。
タヌキはキツネの存在に気付いていないようで歩みを止めません。

ぅおぉ~っ、このまま行けばキツネとタヌキの鉢合わせだっ!
と思って、ワクワクドキドキです。

だって、そんなシーンにでくわしたことないですからね…笑。
Img_1274
キツネに気づいたタヌキは「ギョッ!」って感じで、一瞬ひるんだものの、両者共に聞いたことのないような声を上げながら、キツネは下からタヌキを睨み上げ、タヌキは上からキツネを睨みおろす火花散る睨みあいが始りました。

睨み合いはきっと十数秒の間だったと思いますが、取っ組み合いにはならずに、タヌキがキツネを避けるように先へと進んで一件落着となりました。

この勝負はタヌキが劣勢、キツネに軍配が上がったようですが、実際のところ、キツネとタヌキ、どっちが強いんでしょうね…、
ずんぐりむっくりで足の短そうなタヌキより俊敏で牙も鋭そうなキツネが強そうですよね…、でも、化かしの術ならタヌキが勝っているような気がします…笑。

2012年8月14日 (火)

「会えるのは嬉しいけれども。」

7月下旬から、知床五湖の地上散策路の閉鎖があいついでいます。理由は、知床五湖の1湖付近にヒグマが居ついてしまっているようなのです。

実際、五湖にでかけてみると、この日も地上散策路は閉鎖中。ならば、その噂のヒグマにお目にかかってみようかと高架木道に向かいました。

なかなかヒグマの姿を見られないのが普通なのですが、高架木道の最終展望台の手前辺りに、あたりまえのように夏のあいだに背丈の伸びた草のあいだからヒグマが姿を現しました。
Img_3042
親離れしたばかりの小さな仔熊のようです。
石をひっくり返したり、土を掘ったりと、好物のアリを探しているようですが、見るからに痩せています。食料をあまり得ることができていないようです。

関係の方の話によると、食べ物が豊富な環境の良い場所には、力のあるヒグマがいるため、入ることができず、行き場をなくしてこの五湖付近に逃げ込んできているのではないか、とのことです。また、食べ物を探す能力も、アリを探すことくらいしか覚えていないのではないかとのことでした。
そんな事情を知ると、このヒグマが、この先、生きていけるのかと心配にもなります。

この場所に居すわっているとなると、五湖の地上散策路も当分は閉鎖が続くのかなと、残念にも思えてきます。

この夏のヒグマの出没数が大変多いと、あちこちで耳にします。
事実、この日、私が知床五湖への行き帰りの道路脇で見かけたヒグマは、なんと、親子合わせて11頭。五湖だけでなく、フレペの滝への散策路も3度のヒグマの出没で閉鎖になっていました。

夏休み中でもあり、多くのお客様が知床へ訪れています。
知床五湖の高架木道や道路沿いでヒグマとの出逢いに、お客様は歓声を上げて大喜びです。もちろん、私もヒグマに会えるのは嬉しいです。

しかし、この今までにないヒグマ遭遇の多さは、喜んでばかりはいられず、ヒグマの駆除につながる事態が起きないかと、不安になったりもします。

運よくヒグマと出会えたお客様、どうか、どうか、車から降りたり、近づいたり、食べ物をやったりしないよう、くれぐれも、くれぐれもお願いします。
-------------------
年々、湿度があがっているような気がします。

今朝、18度。
お昼前、20度

午後からは、湿度下がる予報です。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月26日 (木)

「保たなければならない距離。」

休日の夕方近く、フレペの滝からの帰り道に、知人から「さっき、知床五湖の売店の横の林にヒグマが出てきてしばらく居たんだよ」、なんて聞かされ、あぁ~あっ、五湖に行っていれば良かったと残念に思いながら、岩尾別温泉道路に車を走らせると、アハハハッ!イマシタ、イマシタッ!
岩尾別にもヒグマが…笑。
Img_2539 道路に入ってすぐに親子熊、そして、もう少し走った所には親離れしたばかりらしい兄弟熊。ヒグマに逢うのはホントに久しぶりで、その姿に夢中になって喜んでおりましたが、人を警戒する気配が全くなく人慣れしてしまっているようで、このヒグマの先行きが心配になってしまいました。

Img_2611 たまたま居合わせたガイドさんによると「人からエサを与えられてしまっているのではないか」とのことでした。
となると、人前を平気でうろうろするこの状態が収まるとは考えにくく、人に近寄ったり食べ物を求めて人里に出たりと行動がエスカレートするかもしれません。そうなれば人にとって危険なヒグマとされ駆除しなければならなくなる訳です。
エサをやることは、ヒグマにとっても人にとっても危険なことで悲しい結果を招くだけですから、そこは、ぐぅ~っと堪えて、ガマンして頂ければと思うばかりです。

ヒグマに限らず野生動物との出逢いを楽しみに知床にお越しになるお客様がたくさんいらっしゃいます。
私にとっても野生動物との出逢いが多い知床はとても魅力的です。
ですから、そんな場所だからこそ、野生の動物との間には守らなければならない距離があることを心に留めておきたいです。

昨日、早起きを頑張りました。
知床峠を羅臼へ少し越した辺りから眺めた雲海と朝焼けです。日の出はまだ早く4時位、3時前にウトロを出れるとイイ感じです。早起きは気持ちイイですよ…笑。

Img_1204 -------------------
雲海ブーム到来か。

今朝、19度。
お昼前、22度

お昼過ぎには晴れそうです。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月24日 (火)

「ポンホロ沼とツルアジサイ」

この沼は、ポンホロ沼といいます。
知床峠へ向かう途中から森に入って向かう小さな沼です。
Img_2345 数年前、はじめてこの場所をおとずれました。
春から夏にかけてだけ現れる幻の小さな沼があると聞き、一度行って見たいと思っておりました。

ガイドさんに行きかたを尋ねると、「入口から沼まで林道があるから迷わないよ」と、言われたものの、やっぱり不安でしたので、はじめてのポンホロ沼は、ガイド同行のツアーに参加して訪れました。

その後、ひとりチャレンジの日、道がわからなくなりそうだったらそこで引き返せばいいのだからと、呪文のように「ダイジョウブ、ダイジョウブ」と唱えながらドキドキを抱えてポンホロ沼を目指しまたことを覚えています。

今となってみると、あの不安やドキドキは何だったんだろうと可笑しく思えるほど、気楽に行けるようになりました…笑。

ポンホロ沼へ行ってみたい!というお客様、まずはガイドツアー(1日ツアーの中で組まれていたりします)で、訪れてみて下さい。
Img_2373
沼の周りはぐるっと一周歩くことができ、私は、このポイントからの倒木が水面から顔を出すたたずまいが好きです。
訪れる人が少ないためか、とても静かで、ついつい時間を忘れて沼のほとりで「ぼぉー」っとしてしまいます。

林道を包み込む深緑の中に、ひときわ目立つ「ツルアジサイ」の白いお花を見つけました。

このお花、冬にはドライフラワーのようになって北風に飛ばされ舞い落ちたりして、森に積もる雪の上に見つけることがあります。

このあいだの冬、そんなお花を拾われて「家まで大丈夫かしら…」と大事そうにお持ち帰りになられたお客様のステキな笑顔が、ふと思い出されました。

------------------------------
朝からお日さま出てるの久しぶりです。

今朝、17度。
お昼は、24度くらいになりそうです。

やっと夏らしく?暖かく?なってきました。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月14日 (土)

「だれのせいでもありません。」

Img_0898 だらーんとキタキツネ。

近頃、「ヒグマ」に縁がなくて、すっかり見かけていません。

知床五湖の高架木道からは連日のように目撃されており、お客様からも、「いましたよ」、「見ましたよ」なんて、日々、聞かされ、一向に自分にチャンスが巡ってこないことに少々焦れ気味で、本日は何としてもヒグマの姿を拝もうと、自発的パトロールに専念することにしました。

朝から晩まで走れる道路を、行ったり来たり、行ったり来たり。

そして、ついにチャンスが巡って来ました!
岩尾別温泉道路で1度、知床五湖への知床公園線で午前に1度、午後に1度と、なんと3度もです。
ところが、ぜぇ~んぶチャンスのみ。一足遅れで、ヒグマの姿は無く、出没していたんだなぁ~という余韻と残念さだけを感じる始末。

逢いたい、逢いたいと思うとこんなものですかねぇ~。

Img_0876うんっ?まてよ、もしや、これはこの雲のせい!?

出がけに目に飛び込んできた雲に圧倒されて、しばしプユニ岬で足止めされておりました。

そう、この不思議な雲が現れさえしなければ、足止めされることもなく、ドンピシャ、ヒグマとのタイミングがあっていたのかも…笑。

あぁ、でも、そっか、カムイワッカ林道でも、道路にねそべるキツネの可愛いらしさに足止めされていたんだっけ。

まぁ、今日は、こんな筋書きだったんですね…笑。

-----------------------
曇りで気温低めです。

朝は、11度。
お昼は、13度。

クーラー停止です。

Facebookpage

【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年6月20日 (水)

「すくすくと。」

先日、フレペの滝への遊歩道の帰り道で、その草原にお母さんと、その後を元気について歩く仔ジカ、一緒のところを見かけました。Img_0034_4

お母さんは、つねにペロペロと仔ジカをなめてあげていて愛情たっぷり。
その光景はとても微笑ましく、あどけない仔ジカの仕草もとても可愛らしく、何時見ても、何度見ても、自然と気持ちが和んできます。

プレペの滝へ向かう途中、草原にその姿はなかったので、帰り道での巡り合わせを喜んでいたのですが、夕方になって岩尾別温泉道路脇でもエゾシカ親子との出逢いがあり、いよいよ、ベビーラッシュでしょうか…笑。

Img_0300_3 

「ヒグマが歩いてましたよ」なんてお話も、相変わらずお客様よりよく聞いております。
のんびりと知床の自然を楽しみながら、動物たちとの出逢いもお楽しみ下さい。

------------------------------------

今日は朝から夜にかけて、だんだん気温が下がります。

朝、11度
お昼、10度

日本列島の長さを感じる、
九州地方との気温差です。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年6月19日 (火)

「その後のゴジュウカラ。」

前に見つけた子育て中のゴジュウカラ。

見つけて以来、午前の仕事が終わるといそいそと出かけ、その様子を観察しながらお昼のお弁当を食べるのが近頃の日課のようになっております。

ゴジュウカラの姿を見つけて、おぉ、まだ、巣立っていない!
と一安心(…?)。

Img_9530

巣からヒナの糞ををくわえて、持ち出す親鳥の姿に、ヒナの無事と成長を感じて、また、安心。(親鳥は、ヒナの糞を外に持ち出して巣の掃除をします)
昨日は両親揃って出たり入ったり 出たり入ったり いつも以上に忙しそうで、そんな 両親が巣穴の前でばったり鉢合わせ。

Img_95201_2

「あら、まだいたの?」

「今、出かけるとこだよ!」

そんなおしゃべりが聞こ えてきそうな感じで、パパ(ママ?)は、慌てて飛び出して行きました。

ヒナたちが巣立つ時、タイミング良くこの場所に居れるといいなぁ~と、願うばかり です。

余談ですが、青空の下で食べるお弁当、美味しいです … ヒグマの暮らす場所ですから、何処でもという訳にいきませんけどね。

------------------------------------

今日は朝から、エゾ春ゼミの声が聞こえていました。

朝、12度
お昼、18度

明日からはまた、気温が下がりそうです。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

「その姿、見られず。羅臼の海にて。」

当館のある、斜里町ウトロ温泉から、知床半島の反対側、羅臼の海で運航しているホエールウォッチングボートに乗ってきました。

「昨日はシャチがくじらを捕食するシーンが見れたんだよっ!」
っなんて、知床ネイチャークルーズ船の船長から聞いて、鼻息荒く、乗船しました。

鯨類を発見しようと双眼鏡を覗くスタッフが何かがいるらしき方角を「10時」とか「3時」とか、時計盤の数字の位置で船長に知らせます。
Img_0332
その声が聞こえてくる度に、胸を弾ませながらドキドキさせられたものの、出逢えたのはイシイルカ。
それから、たぶんアカボウ科ではないかと思われるクジラの背中。
それから(…?)

「イモト」さん。

こちらは船上に出没…笑。

私が乗船したのはTV番組「世界の果てまでイッテQ」のロケ中の便だったんです。
放映は今月24日とのことで、乞うご期待!

久しぶりに森を離れ海にでましたが、たまには「海」もイイですね。
見慣れた知床連山も羅臼側から見ると、また新鮮でした。
Img_0044

知床関連TV番組、今週、放映多数あります。

・6月19日(火)、今日!20:00
TBS系列 「教科書にのせたい!」
知床日帰り弾丸ツアー

・6月24日(日)、20:00
日テレ系列「世界の果てまでイッテQ!」
イモトさんが知床きてました。

お見逃しなく!
その他、放映ありましたらお知らせください~。


----------------------
台風心配ですね~。
知床は快晴です。

朝、15度
お昼、18度

ザ・すずやか。です。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2012年6月 8日 (金)

「はぐれたわけじゃないんです。」

2012_0608_02  この道路脇の景色の中に

エゾシカの赤ちゃんが隠れていますが、、、

さあどこにいるでしょう?

正解はココ!

2012_0608_03なかなかうまく隠れています。

赤ちゃんは、産まれて1時間程で歩けるようになるそうですが、10~14日間程は茂みや岩陰にこうして隠れながら、日に2、3度授乳に戻る母鹿を待って過ごすそうです。

お母さんと一緒に居て目立ってしまうより、この方がずぅーと危険を避けられるそうです。私が見つけられたのも、たまたまお母さんと一緒のところに出くわしたからで、そうでなければ きっと 走り過ぎていたと思います。(もっともこの赤ちゃんにとってはそちらの方が良かったのでしょうけど…笑。)

2012_0608_01 可愛いですねっ…笑。

よちよち立って歩くところを見たくて暫く少し離れて見ていましたが、私を警戒してお母さんが戻ってこれなくても…、と思ってその場を離れました。2時間程経って戻ってみると、その場所にその姿はなく、きっとお母さんが、もっと人目につかない安全な場所に連れて行ってくれたのでしょうね。

今シーズン、初めてのシカの赤ちゃんとの出逢いでした。これから、仔ジカとお母さん一緒の微笑ましい光景を見かけることも、きっと多くなりますね。

2012_0608_04 仔ギツネはと云うと、とっくに産まれているハズなので気にとめながらもチャンスに恵まれずにいて、やっと先日出逢えたのですが、かなり成長しています………。

できれば、もうちょっと黒っぽい幼い仔ギツネに出逢いたかった!…なんて(笑)。

新しい命が溢れる知床です。

----------------------

2012_0608_05 朝はもやがかかってましたが、
お昼には青空が。

朝、9度
お昼、13度

晴れてても風がひんやりです。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2012年6月 3日 (日)

「あたりまえにヒグマが暮らす場所。」

先だって、宿泊されたお客様から、
「知床五湖へ向かう途中と帰る途中で、2回もクマを見ましたよ!」と。
「シカを追っかけてて…」なんて聞いて、五湖もキレイでと、とても嬉しそうにお話下さり「良かったですねぇ~」と一緒に喜びながら、ちょっと羨ましかったり、うずうずしたりしておりました。

待ちわびた翌朝、目覚ましが鳴るより早く目を覚まし(…笑)、日の出とともに繰り出して、五湖への知床公園線や岩尾別温泉への温泉道路を行ったり来たり走っていると、見つけました!
Img_0518
道路の脇をのそのそと歩いているヒグマ! 倒木を「よいしょっ」と越える後姿とちょこんとくっつく尻尾がなんとも可愛らしいです…笑。

そして、ちょうど本日(6月1日)11時に冬期閉鎖が解かれ開通した「カムイワッカ湯の滝」へのカムイワッカ林道脇にも発見。霧に包まれる中、何処へか遠い眼差しを送っておりました。こちらは迫力ありです。
Img_0656
どちらも道路脇でとても近い距離でしたし、勿論、写真は車の中から撮っています。
ひと目、「山の神キムンカムイ―ヒグマ」の雄姿を見たいと願って知床にいらっしゃるい方もそうでない方も、見かけた時は、危ないですから決して車からは降りずに車の中からそっと見守って下さいね。

カムイワッカの湯の滝、登って遊べます。
観光船も知床岬航路の運行がスタートです。
楽しみが増えてる知床です。
Img_9491 ----------------------
今日は朝から快晴。

朝、12度
お昼、19度

やっと寒い初夏が終わったのかな?

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2012年5月30日 (水)

「出て出て、入って入って。」

Img_0367_2

半月程前のことだったと思うのですが、樹の洞近くにいたゴジュウカラがその洞にひょっこり入ってなかなか出てこないのを偶然見かけました。

おや、これは、ひょっとするとひょっとするかもと、きっと 巣!… 笑。

それで、時々様子を見に行っていたのですが、その後、その洞辺りにゴジュウカラを見かけることはなく、あぁ、ハズレだったのかなぁ~と、ちょっとがっかりしていたら、今日、その洞にゴジュウカラの姿を見つけました。
出たり入ったり 出たり入ったり、忙しそうで、嘴にはしっかり虫を銜えていて、しきりに運んで来ていました。

どうやら、ヒナが孵っているようです。
何羽孵っているのか、可愛いんだろうなぁ…、早く、洞から顔を覗かせてくれないかなぁ…と、ゴジュウカラは孵ってから20~25日ほどで巣立つそうなので、その日が来るまでそっと見守りながら、できれば、ヒナたちの巣立ちを見届けたいなぁ~って、目が離せなくなりそうです…笑。
Img_0339
その周りで、若葉をどんどん大きくしていくハウチワカエデの樹が、ローズ色の美しいお花を咲かせていました。カエデというと紅葉の美しさばかりが思い浮かびますが、お花も美しいんですね。この見事なお花に誘われたのかウソも遊びに来ていました。
Img_0273

2012年5月25日 (金)

「なるほど!生態系ってこういうこと?」

先日、ウトロから車で2時間弱、川湯にある玉川大学の演習林をフィールドにした自然観察会に参加してきました。

遊歩道脇の湿地を観ながら、いろいろな説明を受けるなかで、
「エゾサンショウウオはエゾアカガエルが産卵している場所を選んで産卵します。それは、エゾサンショウウオの幼生がエゾアカガエルの幼生を捕食して成長するからです。」
と、先生が何気におっしゃるんです。

ほぉー、なるほどっ! それでなのかと。
エゾサンショウウオの卵魂を見つけると決まって同じ水場にエゾアカガエルの卵魂があったのはそれでなのかと、ちょっと不思議に思っていた謎が解けたような…笑。

また、雪解け水や雨水が溜まってできたような水溜まりに卵が産み付けられているのもよく見かけます。
どうして何時枯れるかわからない過酷な環境に産卵するのかと、やっぱり不思議に思っていたので訪ねてみると、
「それだけ産卵場所がなくなってきているんです。」
とのこと。なるほどっ!そういうことなのかとまたも謎が解けたような…。これに関しては、種の絶滅を回避するために様々な環境に産卵するのではというお話も聞いたこともあり、謎は多いです…笑。

毎年、春になると決まって同じ場所にできあがる水溜りがあって、毎年、見に行くのですが、今年もエゾサンショウウオとエゾアカガエルの卵魂を見つけました。
Img_9970
この間行ってみると卵からかえったたくさんのオタマジャクシがエゾサンショウウオの卵魂の周りで泳いでいました。このうち何匹がちゃんとカエルまで成長できるのかなぁ
…、そんな事を思ってぼんやり眺めてきました。
Img_9975

2012年5月11日 (金)

「それなりの天気のときの楽しみかた。」

Img_9837 今年も見つけた「ヒトリシズカ」。

ヒトリシズカと云うだけに、ひっそりと一輪だけで咲いてるのかと思うんですけど、群生して咲いている事が多い気がして、名前とは違うんだねって、決まってそんな話になります。

それで、名前の由来を調べてみると、それは鎌倉時代に遡り、源義経が愛した静御前の舞姿に重ねて名づけられたとか、では、静御前はどんな女性でどんな舞姿だったのか?
・・・キリがなくなりそうなので、「ふ~んっ、そうなのか」と、さらっと納めることにしました(笑)

このヒトリシズカ、名前とのギャップのおかげで、すぐに名前を覚えられたお花のひとつです。

続いて、ヒトリシズカが賑やかに咲くそばの樹の根にしがみ付くエゾハルゼミの抜け殻を見つけました。今年は鳴き声を聞くより先の発見です。

そして、気になるのは下に開く穴!
きれいな穴です。

でも、残念ながら生活の気配はなさそうでした。
樹の根辺りに穴を見つけるとネズミが顔を出しやしないかと、樹にそれっぽい穴を見つけると小鳥が顔を出しやしないかと、突然やってくる出逢いを期待してワクワクです。

本日は、霧雨混じりで寒くもあり生憎の曇り空、景色が気にならないので、森での探し物に没頭できちゃいました。
Img_9841

2012年5月 8日 (火)

「違いがわかる。知床五湖。」

4 ゴールデンウィークが過ぎて今日はお休み。
もぉ~う、行きたい場所がいっぱい、青空も広がってくれました。

水芭蕉が見頃だと聞いていた知床五湖は、くっきりした景色が見たくて順光が差し込む午後を待って出かけて来ました。

久しぶりの知床五湖、若葉の淡い緑が森を明るくしてくれていました。桜も満開、噂通りに水芭蕉も見頃、勿論、春の風物詩、エゾアカガエルの大合唱も始っておりました。ゴールデンウィークで忙しくしている間に一気に季節がすすんだようです。

楽しみにしていた高架木道最終展望台からの景色、順光を待ったおかげか連山はくっきり。
しかしながら、湖面は大荒れ、映るハズだった逆さ連山が波に消されてしまっています。うぅ~ん、風がほとんどなかった午前に来れば良かったのか、風を読みきれていませんでした…汗。

という事で、翌日、また青空が広がったので思わずリベンジ!
1 最上段との違い、わかりますか?

鏡のようにとはいきませんでしたが、湖面は知床連山を映してくれていました…笑。

春風も新緑も森の香りも鳥の声も…、ぜぇ~んぶが気持ちがイイです。遊歩道に足を踏み入れた途端に、あぁ~、帰りたくないっ!って、思わず思ってしまいます。

ぜひ、みなさまも春&初夏の知床五湖、散策して下さい。

5月7日、大ループ(5湖→4湖→3湖→2湖→1湖→高架木道)が散策できるようになりました。
地上遊歩道大ループはヒグマ活動期に入る5月10日から、認定ガイドツアーに参加してお楽しみ下さい。
高架木道は自由に散策できます。
2 ----------------------
今日は本来の(?)5月の気温。

朝、8度
お昼前、9度

くれぐれも暖かい服装でお越しを。ウィンドブレーカーや薄手のフリースがあると便利ですよ。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2012年5月 1日 (火)

「知床、山の神 キムンカムイ」

「冬眠からさめたキムンカムイ。
秋のクマの様にとても大きく筋肉モリモリ!!圧倒されました。
山の神、これからも知床の森を守って下さいね。」
P4280304 愛知県からお越し頂きました、ペンネーム、ジャンボーさんの作品です。

お越しいただいた翌日、早々の遭遇でしたね…笑。

見せて頂いた動画から伝わってくるその大きさ迫力ときたら、山の神、キムンカムイの貫禄十分でした。

森をぷらぷらしていると、森の中を吹き抜ける風や樹々の香りや小鳥の声なんかが気持ちよくて、なんか、テントでも張って動物たちを待ったりしながら、ずぅ~っと、ぼぉ~っと、していたくなったりします…笑。

でも、ヒグマの存在が、なかなかそうはさせてくれません。
そう云う意味でもヒグマが知床の森を守ってくれているような気がします。

ジャンボーさん、どうもありがとうございました。
また、お会いできるのを楽しみに致しております。
----------------------
今日はフェーン現象だそうです。

朝6時、22度
お昼、27度!

でも明日から気温さがるそうですよ。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2012年4月23日 (月)

「見慣れない?」

道路脇の林の中、残雪の上に立つ見慣れぬ後姿…。

もしかしてエゾライチョウ?
いやいや、間違いなくエゾライチョウ!
慌ててリュックからカメラを取り出し覗いてみると、やっぱりエゾライチョウです。
Img_9275目の上の赤色が鮮やかです。
これまでも、見かけたこたはありましたが、いつも遠くてシルエット。こんなにもはっきりとゆっくりと観察できたのは今回が初めてです…笑。

徐々に徐々に林の奥へ奥へと歩み行く後ろを、驚かせないように静かに追うと、その先にもう一羽のエゾライチョウがいました。
きっとペアだった気がします。

その後、エゾライチョウにまんまと撒かれてしまい姿を見失いましたが、近くに巣があったんじゃないかなぁ~って思えてきて…、エゾライチョウにも春が訪れているのですね。

昨日は、ひらひら、ひらひら舞うチョウチョをいっぱい見かけました。樹に集まって樹液をいただいているのでしょうか。

雪解けはすすんでいますが、まだまだ残雪も多い森です。
そんな雪残る森の中で、生きものたちはしっかり春を感じているのですね。
Img_9062
----------------------
どんどん雪解けてます。

真夜中、14度
朝、13度
夕方、11度

もうストーブいらないかな。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2012年4月21日 (土)

「祝!知床五湖オープン。なんと一番のり~。」

Img_8966
4月20日午前11:00。知床五湖まであと5キロ程の地点で閉じられていた岩尾別ゲートの冬期閉鎖が解かれ通行が可能になりました!
それに伴い、知床五湖もオープンです!
Img_8908
気持ち良く一番乗りで開通直後のゲートを通過。
知床五湖へも一番乗りだー、と意気揚々と車を走らせると、岩尾別ゲートを2キロほど過ぎた辺の道路脇の原っぱに、な、なんと、ヒグマ!しかも、3頭の親子です。
Img_8913
北海道内外でヒグマとの遭遇や事故が報じられるなかではありますが、あるがままのヒグマの姿に圧倒させられ知床の自然の懐の深さをあらためて感じておりました。

さて、さて、1時間ほど遅れて到着した知床五湖はと云うと・・・まだ、湖面が凍っています!

遊歩道にはミニ雪壁が。で、足元はけっこうぐちゃぐちゃ、散策には長靴が無難です。
Img_8955
今は小ループ(入口→2湖→1湖→高架木道→出口/レクチャー受講が必要です)と高架木道往復の2コースの散策です。
5~3湖を巡る大ループはまだ積雪が1mにも及んでおり雪解け待ちとのことです。

水芭蕉やエゾアカガエルの大合唱…、そんな春の便りはもうちょっと先のようですが、高架木道から見渡す知床連山の景色はやっぱりキレイです。
Img_8986 そうそう高架木道をくぐったと思われるヒグマの足跡が残雪の上にくっきり残されていました。

五湖へ向かう前に登ったオロンコ岩は、すっかり雪も解け岩の断崖にはカモメのアパートができあがっており、エゾエンゴサクのお花が咲き始めていました。
こちらは、もう春でしょうか…。

知床五湖に関する情報は、コチラを!
http://www.goko.go.jp/
Img_8835 ----------------------
今朝はひんやりです。

朝、プラス1度
昼、プラス6度

フキノトウがどんどん育ってます。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ。

2012年4月20日 (金)

「無理に起こさないでください。」

Dsc01517 昨晩、知人たちと夜の森歩きに出かけました。
ふと足を止めた知人。知人のヘッドライトが照らし出す足元の雪の上に小さな毛玉のような塊が…。

何だろう? モモンガの毛…?
いや違う、よく見ると、コウモリ!
死んでる?いや微かに動いていてる!

皮膜(翼)を折りたたみ顔を覆い背中を丸めてうずくまっていました。
何でこんなことに?
樹洞から誤って落っこちて動けないのかも、きっとまだ子供で飛べないのかも。

このままだと死んじゃう。
とにかく放ってはおけずに、すぐさま保護。
でも、どう手当てをしてあげれば良いのか…。

Dsc01520 で、ネットで調べてみると、天狗のように突き出た鼻の特徴が「コテングコウモリ」とぴったり。

このコウモリ、世界的にも珍しいそうなのですが雪の中で越冬!するらしいのです。

なるほど、ならば、あの雪の上でうずくまっていた状態も説明がつきます。冬眠していた雪洞のまわりの雪が融けて体が出てきてしまったのを、たまたま、見つけてしまったというわけです。
だから、事故でもケガで衰弱していたわけでもなく、眠っていただけ…、と云う事は、保護じゃなくて拉致!…汗。

部屋の中で体が温まったのか、目が覚めたのか、連れ帰って暫くすると、元気に飛び回り始めたのもうなずけます。

1日拉致…、いや、保護した後、また、偶然出逢えることを願って、パタパタと闇夜に羽ばたき行く後ろ姿を見送りました。

コウモリって、怖いイメージかもですけど、あの小さな体の頼りなさ、毛のふかふかさ、乾燥すると破れやすくなってしまう皮膜の繊細さ…、怖いなんてとんでもないです。
愛おしい可愛いヤツです…笑。

貴重な体験にまたまた感謝です。

2012年4月13日 (金)

「そろそろ納め時。」

雪融けがすすみはじめた知床です。
この後もプラスの気温が続く見込みです。

そんな残雪の森は、スノーシューが必要なような、必要でないような…、ヒグマの足跡情報もちらほら、こうなってくると、そろそろ、いよいよ、年貢の納め時。

Img_8647歩きおさめと心して、フレペの滝から象の鼻へと断崖沿いに歩いてきました。
その歩きずらいこと、この歩きずらさに春を思いながら、冬の終わりを知らされます。雪が多かった今年の冬はエゾシカにとっても厳しかったのでしょう、息絶え横たわる何頭かのシカを見かけてしまいました。

その一方、いち早く雪融けがすすんだ断崖沿いには、やわらかい陽射しと土や枯れ草のぬくもりに安らいでいるかのようなエゾシカの姿があり、ちょっと気持ちも和んできます。

Img_8705 象の鼻を見る断崖に立つと、白波が…、いやいや、流氷が大きな波を描くかのように漂っていました。こちら流氷も、随分頑張ってくれましたが、さすがにもう、年貢の納め時ですよね。
凍てつく冬の厳しさがすっかり失せた象の口もとにも春を感じます。

そして、モモンガ! この冬、喜び勇んでモモンガに振り回されておりましたが、うぅ~んっ、でももう、年貢を納めなきゃです。

この日は、幸運にも出逢いが巡ってくれましたが、やっぱり、出逢いにくくなってしまいました。
さぁ、冬は終わりです。

今週末からは、観光船(クルーザー)の運航が始まります!
20日からは知床五湖の利用が、GW前には知床横断道路の通行が始まる予定です。
知床のグリーンシーズン間もなく始動でぇ~すっ!…笑。

Img_8886

2012年4月 9日 (月)

「なぁ~んて。」

ひょいと見ると樹の上の方で、キツツキがあけた穴のまわりをゴジュウカラがちょこちょこしていました。
もしかして、穴に入るかなぁ~、入ってくれないかなぁ~、なぁ~んて思いながら見ていたら、随分と迷った(…?)みたいですけど、ひょっこり入ってくれました!

すっぽり収まっちゃってます…笑。

丁度、雪が降り始めてきて、ちょっとだけ「雨や…」、いやいや、「雪やどり」のつもりだったのでしょうか。

「あ~らっ、この穴、住み心地が良さそうね…」なぁ~んて、
「今年はここで子育てしようかしら…」なぁ~んて、思ってくれてたりしないかなぁ…。

もしも、そうなら、「ゴジュウカラの子育ての様子をのぞき見できるのに」なぁ~んて、
見たがりゴコロがくすぐられてしまっておりました。

ゴジュウカラは頭を下にして幹を降りることができる技師、そう考えると、ちょっとコワイ感じの過眼線と呼ばれるアイラインもカッコよく見えたりしてきます。

それにしてもよく降る雪です。
先日、台風並みの低気圧の雨に打たれながら、いよいよ雪も終いかなぁ~って思っていたのに、僅かですけど、また、降る雪。

こうして雨と雪を繰り返しながら春へと向かっていくのですね。今年の春への歩みはきっとゆっくりゆっくりですね。
Img_0353
Img_9400

2012年4月 7日 (土)

「ごちゃごちゃっとね。」

知床でも春の台風が吹き抜けました。

看板や屋根のトタンが飛ばされたり多少の被害があったようです。

Img_8556森もスゴイことになっているんだろうなぁ~と、思いながら出かけてみると、やっぱりスゴイことになっていました。

大量に降った雨で雪融けがすすみ、今まで雪の中に隠れていた動物達の痕跡が再び顔を出し、古いものから新しものまで入り乱れて、ごちゃごちゃ。おまけに風にひっかきまわされて尚の事、ごちゃごちゃ。

動物たちもさぞびっくりしたんだろうなぁ~、風に吹き飛ばされはしなかったのかなぁ~、どこでどうやり過ごしていたのか…。

Img_0530 でも、ほぼ風が治まった森には、何事もなかったかのような動物達の姿がありました。
ズサズサの雪に足をとられて歩きにくそうなエゾシカ。
獲物を探しているのか、睨みを利かせながら森をつっきって行くキタキツネ。
ブメーランのような音をたてながら追っかけこをしているのは、たぶんペアのエゾリス。ペロペロ樹液をなめるエゾリスの姿がとても可愛らしかったです。

そして、なんと、まだ流氷があるんです!
海岸には、波にもまれ角をなくしたボールのような流氷がゴロゴロと打ち上げられており、昨日はそんな流氷を見ながら沈む夕陽を眺めてからの帰宅となりました。

Img_8578 ----------------------
今日はかなり減りました。

夜も朝も、マイナス3度

そろそろ灯油いらないかな?

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ。




2012年4月 1日 (日)

「除っ、除雪しちゃっ、ちゃったら…。」

昨日お昼前より雪が降り続きました。
季節はずれの雪が積もってます。

おぉっ、これは、もしかして、道路上、新雪の上にヒグマの足跡を見つけられるかも…と、いそいそと岩尾別へと車を走らせたんです。
Img_8511
ところが、なっ、なんと、自然センターゲートでは、朝も早いというのに、除雪車がゴォーッ、ゴォーッ、音をたてて頑張って除雪しちゃってます。

ぅえぇ~~っ、除っ、除雪しちゃっ、ちゃったら、ヒグマの足跡、消えちゃうじゃんっ!…涙。

この状況を納得された方はもとより不思議に思われた方も知床通ですね…笑。
そうです、通行止めが一部解禁になりました。

知床自然センターゲートから岩尾別ゲートまでの、およそ10キロ程の区間の夜間規制(18:00~翌朝8:00)が解除になり、終日通行できるようになったんです。

それにしても走りながら眺める雪景色が曇っているとはいえキレイです。
当然、森だってキレイなハズ。
これは昨晩からの想像通りで、まっさらな雪におおわれた早朝の森に出かけたくて、ちゃんと朝4時半に起きたんです。

でも、でも、北風がびゅーびゅーうなってたので、布団にふたたびもぐりこんでしまっって…。
出かけたのは普通な通勤時間くらいになってしまいました。

2度寝してしまうほど、吹き荒れた北風は、なんと、沖にあった流氷を呼び戻してくれました。

本日、4月1日、全国的にエイプリルフールですが、これ、流氷も雪も全部ホントですっ…笑。
Img_8500
----------------------
昨日からしっかり雪です。

寒い朝、マイナス7度
お昼まえ、マイナス6度

車のドアが凍りつきます。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ。


2012年3月31日 (土)

「そろそろですかね。」

先日、友人の甥と姪が東京から遊びに来ていて、モモンガに逢わせてあげたくて一緒にフレペの森へ出かけました。

出迎えてくれたまっさらな雪に包まれる森のキレイさににっこり。
前の晩、降った雪が幸いしてくれました。しかも、雪はわりとさらさらで、またまた、にっこり。
Img_9999
おまけに、雪が昨日迄の動物の痕跡をきれいに消してくれていましたから、痕跡があれば、それは新しいもの。痕跡に辿りつけさえすれば、きっと、モモンガに出逢えるハズ … 笑。

動物たちの気配を感じられないまま祈るように歩いていると、ありましたっ!
ありましたっ!

今、まさにといった感じでトドマツの葉がパラパラと落ちています。
そのトドマツの樹冠を注意深く探すと、いましたっ!いましたっ!
モモンガが葉をモグモグしてくれています。

その後も、「あぁ、食べたあと。」と、誰か。
続いて「いたぁ。」と、誰か。
決まって「えっ、どこ?どこ?」って、出遅れる私。

モモンガとの出逢いには何度か恵まれ、子供たちも大喜び!
・・・のハズだったのですが、子供たちにとっては初めてのスノーシューや雪遊びの方が楽しかったみたい。
Img_9782
モモンガのちょっとした動きやその仕草のひとつひとつに夢中になって目を輝かせていたのは、友人と私の方だったようです…汗。可愛いですっ!

でも、明るいうちから塒をポコポコ出てくるなんて、今この恋の季節だけのこと。
夜行性ですから、近いうちに出逢えなくなってしまうんだろうなぁ~…。

そうそう、ヒグマの足跡がついに発見されたそうです。
いよいよですねぇ~、春はすぐそこまで…笑。う~んっ、でも、やっぱり冬の森が名残惜しかったりしています。

海岸に残る流氷の上に羽をやすめるワシたちを見かけました。もう、北へと帰らねばならないのに、ワシたちも逝く冬を名残り惜しんでいるのでしょうか。
これから数日は、南風が吹く予報です。

Img_0289 ----------------------
今日から道内荒れ模様。

真夜中、プラス9度!
朝、プラス0度

いま雪が降っています。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ。

2012年3月23日 (金)

「ふぁ~。はぅるだかぁら~。」

Img_9303_2ぅあ~っと
あくびがとまりません。

カレ(?)のキレイな足跡が雪原に残されていました。

Img_9243 日中の温かさで緩んだ雪が夜になって冷やされ押し固まり、その上に雪がサラッと降ってくれると、こんな風に動物たちの足跡がくっきり残されます。

爪の跡までわかるこの足跡はもちろんキタキツネ。
森で出会ったあくびの主です。

私を少し気にした風でしたが、逃げる気配をみせないどころか大きな大きなあくびをしていました。
もう、眠たくて、眠たくて、と云った感じでしょうか。
それにしても、雪の上にぴったり寝そべってしまって冷たくないのでしょうかね…笑。

この日、森に溢れた柔らかなお日様は動物たちにも優しかったようです。
春の気配をひしひしと感じる今日この頃ですが、なんと、流氷はまだしっかり残ってくれています。
Img_9299 ----------------------
いつまで流氷みられますかね。

朝、マイナス3度
昼、プラス1度

まだウトロも雪多いです。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年3月13日 (火)

「目覚めるまえに。」

Img_8369 先日の森、青空が広がるとやっぱり気持ちイイです。
ハリギリの樹がつけた雪のぼんぼんは一足早い梅の花のよう。

やわらかい陽射しは、樹の枝先に出来たつららからポタポタと雫を落とさせ、樹に積もった雪をシャワーにして降らせていました。
なるほど、歩いていても汗ばんでくるわけです。

動物たちもこの穏やかな日を喜んでいたのか、たくさんの出逢いがありました。

フレペの滝の断崖、上空を勇壮に舞っているのはオオワシやオジロワシ。
そんなワシたちに「カポンカポン」と云いながらちょっかいを出したっがている(…?)のは、ワタリガラス。

Img_0519 あちこちで、トントン、トントンとキツツキが樹を打つ音を響かせば、ゴジュウカラも負けじ(…?)とキツツキさながらの音をたて樹を突き、忙しげにちょこまかする小鳥たちも一際にぎやか。
私に気づいて、「あっ、しまった!」とでも言いたげに慌てて森の奥へと消えていったキタキツネ。
私に気づいてもおかまいなしで、夢中で樹皮を剥いではモグモグしているエゾシカたち。
皮を剥がれて痛々しい樹々に、こんなにしちゃってと思いながらも春はもうすぐ頑張れと応援しているどっちつかずの私。
そして、何気にエゾリスには3度も出逢えちゃいました。

目先を低空飛行で素早く通り抜けていく見慣れぬうす茶の背中は間違いなく猛禽。
猛禽を見かけるなんて嬉しくて心がはずむハズなのに、不穏に感じて気持ちが沈んでしまうのは、モモンガたちが心配になってしまうせい。でも、モモンガもちゃんと森で遊んでくれています…笑。

春を待ちわびているかのような動物たちで、森はとてもにぎやかでした。
さて、こうなってくると気になるのがヒグマのお目覚め。冬ごもりからのそっと出てくるのもそろそろでしょうか…。

雪が積もっているうちに、ヒグマがお出ましになる前に、ぜひぜひ、森に遊びにいらして下さい。
Img_0503 ----------------------
雪解けすすんでます。

朝、マイナス6度。
夜、マイナス5度。

雪、溶けてますってば。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年3月10日 (土)

「雪の湿る季節。」

先日、2日間ほど雪が降り続いた知床です。
きっと、森はまっさらな雪に包まれているはずで、かなりキレイだろうなぁ~と、森が気になって中休憩で出かけてみました。思った以上にキレイで…笑。
Img_8272
でも、歩きなれたいつもの森なのに、その景色や様子は全然違ったものに感じられます。
いつもの所に行ったつもりなのに、実際に居るのは全く違う場所、随分と感覚がズレてしまっているようで、自分が何処にいるのか不安で何度も遊歩道を確認する始末でし
た。

もっとも、雪のせいだけではなく方向音痴のせいだったりするかもですが…汗。

そんなんですから、一昨日見つけた「誰かのおウチ」に行ってみたくても、辿りつけるわけがないですね、また様子をみに来ようとペタペタとおウチまで残しておいた私の足跡だって、すっかり雪に消されてしまっていましたしね…笑。

Img_0317 コレが行きたかったけど辿りつけなかった「誰かのおウチ」。
雪の残り方が穴の周りだけなんか不自然だと思いませんか? で、よく見ると穴の上にポコポコと手をついたような小さな跡が残っています。きっと、誰かが住んでいそうです。
この雪が落ち着いたら記憶をたよりに辿りつけるかなぁ~…。
いつもよりずっしり重たく感じられたスノーシュー、これは、湿った重たい雪のせい。

ここのところ、冷え込みも心なし和らいでおり、季節が春へと向かい始めたのかなぁ~、なんて思ったりしていましたが、それを物語るかのような、湿った重たい雪でした。

森の樹々たちも、この雪に遠くない春を感じていたのでしょうか。

Img_8286 ----------------------
今朝は冷えました。

朝、マイナス8度。
おひるすぎ、マイナス3度。

日差しはやわらかです。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年3月 3日 (土)

「しばらくは、このままで・・・。」

いつものモモンガに出逢える森にエゾフクロウが飛んで来てたとのこと。
きっと、午後からの出来事。
Img_9225
写真は同じ場所で2月上旬に見かけたエゾフロウ、眠たそうに目を開けたり閉じたりしながら、顔をぐるりぐるりとさせながらひと所でじっとしていて、その時、その下で偶然見つけたペリット(消化できなかった毛や骨を塊にして吐き出したもの)に、モモンガの頭の骨が残っていました。
モモンガの毛が散乱していたとの情報も22日頃と26日頃に、それぞれ一ヶ所あり、私が知るだけでも、この狭い範囲で2週間足らずの間に、少なくとも3匹のモモンガが食べられてしまっているようです。

犯人はほぼエゾフクロウですから、エゾフクロウがやって来たなんて聞くと、また、食べられてしまうのでは…と、もう、気が気ではなく、とにかくモモンガの姿を一目見ないことにはと、空が白んできた頃、毛が散らかっていないことを祈りながらいつもの森に出かけてみました。

Img_0062 私が歩ける範囲なんてたかだか知れてますけど、そこにそれらしい形跡は見つからなくて、取りあえずはホッと一安心。そして、いつものようにトドマツの樹冠にはモモンガの可愛い姿があってくれました…笑。

でも、あまり警戒してない感じで逆に心配。四六時中、モモンガのそばにいて守ってあげたくさえなっちゃいます。食べられる方はもとより食べる方だって、危険ととなり合わせの厳しい自然の中で、懸命に命を繋いでいるのだとわかっていても、ついついモモンガびいきになってしまいます。

いつでもモモンガがいてくれる、こんな風がいつまで続くのか…、きっと、ねぐらの引っ越しやら何やらで、何時かは出逢いにくくなってしまうんだろうなぁ~、そしたら、淋しいんだろうなぁ~、しばらくは、このままで…。
Img_0010

2012年3月 1日 (木)

「一度は乗りたい。その名もワシ船。」

知床峠が閉まっている冬、知床連山の反対側の羅臼へ行くには、知床半島の付け根を横断する根北峠(国道244号線)を越すこととなり120キロ程の道のり、時間にして2時間~2時間半。

でも、時間をかけてでも行って乗りたくなるのが、何としても一度は乗りたくなるのが、この流氷シーズンに羅臼で運航している、通称「ワシ船」。

先日、行って来ました。
そして、乗るなら絶対、日の出前に出航する早朝便。
国後島から昇るお日様と朝の光をうけながら流氷原を謳歌するワシたち、そんな光景に出逢える便です。

となると、ウトロを出発するのは、朝3時!… 勿論、頑張りました。
ブラックコーヒーを飲みながら、一路、羅臼へ。

Img_9729到着して船に乗り込み港内の氷をガリガリしながら出航。
するとすぐに、遥か国後の空が赤く染まり始めて、思わず寒さを忘れてキャビンから飛び出していました。そして、そして、朝日に輝く流氷原にはオジロワシやオオワシの姿が…、となるハズだったのですが、何故か、カラスがいっぱい!自然のことですからね、仕方ありません…笑。

Img_9823 勢いにまかせ向かってくるオオワシに圧倒され、思わず場所を譲らざるを得なかったオジロワシ!この日のベストショットです。

よく見ると、このオオワシ、おしゃれをしたらしく髪型をばっちりキメちゃってます。なかなかハンサム!… って、オスかメスかわからないですけど(笑)。やっぱり、カッコイイですね。

「ワシ船」は始めてという一緒に行った同僚も、ワシの大きさに、カッコよさに、近さに、多さに、興奮していたようです。
Img_9779 ----------------------
だいぶあったかくなりました。

今朝、マイナス2度。
10時すぎ、プラス4度!

春はすり足でやってくる。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年2月29日 (水)

「モモンガ豊作。」

Img_9682 先日、連泊いただいたお客様、1日中めいっぱい、冬の知床を歩いていらっしゃいました。
「天気が良かったので気持ちがよく、景色もキレイで、キュッ、キュッ、キュッ、キュッ、と、雪を踏みしめながらスノーシューで歩くのが楽しくて。」と、ホテルにお帰りになられステキな笑顔でお話下さいました。

ただ、残念なことに動物たちとの出逢いにはあまり恵まれなかったのこと、それならばと、「モモンガに逢ったよ!」情報が相次ぐ森に、ご出発の前、ちょっと行ってみましょうかということになり、一緒に早起きを頑張って出かけたんです。

すると、歩き始めて間もなく、信じられないんですけど、な、なんと、モモンガが逢いにきてくれました!…笑。

知床がお客様に運を贈ってくれたようです…笑。
樹を登る後姿に、滑空する姿に、葉をカジる姿に…、興奮していたのは、お客様より私だったような気もしないでもないですが、モモンガに出逢っていただけて良かったです。

ネイチャーガイドさんのブログを見ても、お客様のお話を聞いても、今シーズンは、本当に「モモンガ」との出逢いに恵まれているようです。出逢いたいと思っていらっしゃる方、今シーズンはチャンス!かもです。

この度、お客様は、去年の夏からもう3回目だそうで、遠く大阪から千歳空港で飛行機を乗り換え女満別空港に降り、また、バスに乗り換えてと、乗り継ぎしながら一日がかりで知床に足を運んで下さっています。
3日間のご旅行でも知床を楽しめるのは中1日。それでも、知床に来て下さる、その知床への思いが嬉しくて、また、そう云うお客様が他にもたくさんいらっしゃるんだなぁ~と思うと、本当に有難いことと思えてきて、知床を思う存分楽しんでいただけたらと思います。
お客様、楽しい時間をありがとうございました。
Img_9711

2012年2月26日 (日)

「やるね。北風。」

Img_8199
フレペの滝へむかう雪原で見つけた雪のコブ。
見事なコブっぷり…笑。
たぶんキツネのだと思うんですけど足跡のシュカブラが出来上がっておりました。

フレペの草原を、びゅぅー、びゅぅー、びゅぅー、びゅぅー、すさまじい音で吹き抜けていた北風の仕業です。
まだ、まだ、面白かったり不思議だったり、いろんな風のいたずらを見つけられるかもと、むくむくと期待がわいてくるのですが、なんせ、風が強くて強くて、時々雪も混じったりで、寒くて寒くて、あえなく探しまわるのを断念。

Img_8202 それでも、こんな日だからこそ海の景色を見ておかねばと、意を決してフレペの断崖に立つと、どんよりとした海と流氷の白さが対照的で印象深い光景に出逢うことできました。

強く吹く北風が、沖へと流されてしまっていた流氷を連れ戻してくれていました…笑。

Img_8207森では、風が吹き抜けるたびに樹がきしみ、凍裂…?、なんて思うほどの大きな音が響いておりました…笑。

この北風、どうやら動物たちの痕跡もひっかきまわしてくれたようで、新しいのか古いのか、わかりずらく…涙、シャッターを押す私の指の感覚も、ものの数秒で奪っていき、この日撮った写真はほんの数枚…涙。

良くも悪くも、いろいろやってくれた昨日の北風です。
----------------------
まだまだ、北風が流氷を運んできます。

今朝は寒いっす。マイナス15度。
天気いい10時すぎ。マイナス9度。

GWの宿泊プランも販売中ですよ。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年2月22日 (水)

「冬の知床、のんびり散歩。」

お休みの朝、カーテンをあけると空が真っ青。
この青空のせいか昨晩の疲れなんて何処へやら、気持ちはとっくに「モモンガに逢ったよ!」情報が相次ぐいつもの森に行っちゃってました。

重ね着をしてカイロをペタペタ貼って、ぬかりなく身支度を整え、さぁ、いざ森へ。
Img_9645
歩き始めると、すぐに、エゾリスが逢いに来てくれました。
後ろ足で器用にしゃかしゃか体をかいており、エゾリスもこの青空を喜んでいるかのようで、顔も心も思わずほころんできます。

小鳥のにぎやかな声を聞きながら、心地よく雪を踏みしめ気の向くままにのんびり森を歩いていると、頭のてっぺん辺りにはらはらと雪が降ってきて、冷たいなぁ…と、思いながら、見上げる目に飛び込んできたのは、なんと、モモンガ!…笑。

トドマツの樹冠で枝から枝へと動きまわっていて、その度に、積もった雪は蹴散らされ降り落ちてきます。光を受けてキラキラする雪がまたキレイで…笑。お気に入りのトドマツの葉を探していたのでしょうかね…。今年は、モモンガが好調!のようです。
たくさんのお客様が出逢えって頂けるとイイなぁ~って思います。
Img_8165
海に突き当たると、蓮の葉氷が漂い、その間の海面が鏡のように張りつめていて、まるで、月の表面を見ているかのように思えてくる私の好きな流氷の海が広がっていました。

可愛い動物たちが暮らす森でのんびり過ごして、なんか私も動物たちと一緒に森で暮らせたような気がして嬉しくなっていると、東にあった太陽はすっかり西に傾いておりました。夜型の動物たちが、この森の何処かでソワソワし始めているのかなぁ~、なんて思いながら、ふと気がつくと、久しぶりに見る知床連山が心なし夕陽に山肌を染めておりました。
----------------------
まだまだ流氷びっしり真っ白です。

日差しが少しやわらか。マイナス7度。
夕方、マイナス6度。

現在オホーツク海の68%くらい流氷に覆われてます。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター


2012年2月16日 (木)

「いる!いる!」

「いる! いる!」
「…? 何がいる?」
「モモンガ]
「…? どこ?」
「そこ」
「あっ、ホントだ!」

今日のドラマは、友人とのひそひそ声での嬉しいやり取りからから始まりました。
憧れのモモンガが、目の前で、本当に、すぐ目の前で、トドマツの枝先をしっかり持って葉を食べてくれています。
Img_9500

お客様からも、ガイドさんからも、連日のようにモモンガを見たと聞いており、今日は、モモンガに出逢いたいなぁ~って、思って、知人と一緒に森歩きにでかけたんです。

ですから、狙いのままのこの現実が夢のようで、こんなに望みのままに出逢っちゃっていいのかなと、信じられない思いでした。
こちらに気づいているのか、いないのか、全然、警戒する風はなく夢中でむしゃむしゃしています。

近くでエゾシカが樹皮を剥いで食べていて、そのガサガサとした音に、モモンガが逃げてしまうのではとヒヤヒヤさせられたりもしましたが、やはり気にする風はなく、むしゃむしゃしてくれていました。

よほどこの場所が気に入っているのか、ここのトドマツの葉が美味しいのか、しばらく、一緒に過ごすことができました。

カワイイです! めちゃくちゃカワイイです! … 大きな目も、小さな手も、口元も、まるまった背中も、背中に背負われているかのような尻尾も、皮膜のくねくねも、もう、たまらなくカワイイです。

満たされて、癒されて、引き上げようとした帰りしな、私達の横をすり抜けるように後方からふっ飛んでくる物体。目を丸くして友人と顔を見合わせ「見たっ?」「見たっ!」
なんと、滑空…笑。

その先を目で追うと、今度は右の方から目の前にふっ飛んでくる物体、またも、滑空…笑。もう、天にも昇る心地です。
モモンガと楽しいひと時を過ごさせてもらった森に「ありがとうございました」と、頭を下げて帰って来ました。

考えてみると、この日、友人も私も朝寝坊をして歩き始めが遅れたんですけど、そのことも、流氷の海がとてもキレイでプユニ岬で道草したことも、ルートどりも、食痕を見つけて立ち止まったりしたことも…、きっと、全てが、この出逢いのために神様が用意してくれた筋書きだったんだなぁと、思って、神様に感謝。

この夜、モモンガを、その愛しい仕草を思いだしながら、美味しいビールを頂きました。
きっと、モモンガは、私達を選んで逢いにきてくれた!…笑。

「モモンガに乾杯!」。

Img_9559 ----------------------
流氷びっしり真っ白です。

風強いっす。マイナス10度。
お昼すぎでも、マイナス9度。

2月・3月寒い予報です。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年2月10日 (金)

「エゾリスの声を聞いた日。」

聞きなれない声に「はっ」として、辺りに目をやると、すぐ目の前の樹で、エゾリスが2匹、一匹は幹の上から、一匹は幹の下から、顔を寄せ合っておしゃべりしてました。
Img_9156
「こぅわっ、こぅわっ、」でもなく、「くぅわっ、くぅわっ、」でもなく、でも、なんか、そんな感じで、とにかくやわらかい優しい声でおしゃべりしてました。

エゾリスは朝方の2、3時間位で食事を済ませ、残りの時間のほとんどを巣で寝て過ごすそうなのですが、「お腹もいっぱいになったし、さぁ、帰ろうかぁ…」なんて、仲良く話していたんでしょうか、この後、この2匹は、ぴょん ぴょん、ぴょん ぴょん、枝から枝へと飛び移りながら、アッと云う間に遠ざかり見えなくなってしまいました。

そんなほのぼのとした様子も声もとっても可愛らしくて、ほっこり、ほっこりして帰ってきました。夢中で見入ってしまって、そんな様子の写真は残念ながら撮れてません…笑。

Img_9089 実は、この日、クマゲラにも出逢えたんです。
樹を叩いては虫を食べ「キョーン、キョーン」と声を上げると、すぐに飛び立ち「クルッ、クルッ、クルッ」と、鳴きながら次の樹へ移ることを繰り返していて、移動する樹と樹が近かったので、じっくり観察することができました。

雪の上にも動物たちの気配がいっぱい残っていて、曇り空でしたけど寒さは気持ち和らいでおり、動物たちも活動しやすかったのでしょうかね…笑。

いつもの森での出来事でした。
Img_9151 ----------------------
がっちり寒いです。

深夜1時。マイナス14度。
起きたころ、マイナス10度。

今日は流氷ちょっと沖より。
流氷に雲のカゲがおちてます。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター


2012年2月 9日 (木)

「この冬のチャンス情報♪」

先日、冬の知床五湖へ行ってまいりました。
Img_8005
冬期通行止め前に、知床五湖にお越しいただいた方にはおわかりになるでしょうか?

これ、雪原ではなくて1湖なのです。凍った湖に雪が積もっているのです。

で、「今年はチャンス!」って、何がチャンスかと言うと、こんシーズンは、夏とほぼ同じ感覚で冬の知床五湖を楽しめるのです。

これまでの冬期知床五湖ツアーは、岩尾別ゲートから人力(スノーシューや歩くスキー)で、知床五湖まで行かなければなりませんでした。

しかし今年は、岩尾別ゲートから知床五湖駐車場まで約5kmを車で行けるのです!
もちろん、ガイド同行が必須。車も事前登録した車両のみです。

参加するには、認定ガイドツアー同行のツアーへお申込み下さい。
所要時間は、ウトロ温泉からの移動時間も含めて5時間前後。ツアー料金も6,000円~7,000円前後となります。

過去の冬ツアーよりも、時間も費用も体力面でもお得な、今年の冬の知床五湖ツアー。「時間に余裕がない…。」、「体力的にちょっと…。」、なんて、おっしゃる方でも、わりと気軽に参加できるのが今シーズンです。
Img_7980
夏には歩けない湖面の上を歩いたりもしますが、歩く踏み跡で景観を損ねないよう、散策ルートは決められており、辺り一面の銀世界を、まっさらな雪原と真っ白な知床連山を楽しめます。

さらに、断崖際までいって高い場所から流氷の海を眺める!なんてお楽しみもプラスされています。

雪と静寂に包まれる五湖の森で、小鳥の声や樹々の音…、動物たちの気配に心をかたむけながら、冬の五湖の景観に酔いしれてみませんか? 
今年は特別です。
冬の五湖、夏とは全然違っています。イイ!ですよ。

お気軽にお問合せください~。

・開催期間:2月~3月中旬頃まで
・所要時間:5時間前後
・参加費用:¥6,000 ~ ¥7,000

※ ガイド会社により、出発時間、参加代金が異なります。

Img_8014 ----------------------
五湖の断崖からみる流氷。

冷えてます。マイナス9度。
昨夜からずっと、- 9度。

昨日は満月でした。

流氷が月光に青白く光ってました。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年2月 6日 (月)

「流氷だって知床産。」

オーロラファンタジー会場(オロンコ岩駐車場)からの港の眺め。
Img_7893

流氷が押し寄せて海水が冷やされ、港内では海表面が板のように凍り亀裂が生じています。

Img_7904 波が、ドボンッ、ドボンッと音を立てるたび、亀裂が広がったり狭まったりする様子がオモシロくてしばらく眺めてまいりました。
港で産声をあげたばかりの氷。
これから、ぶつかり合うごとに周囲がめくれあがって「蓮の葉氷」へと育ち、さらに、くっついたり離れたりしながら大きな「海氷」へと成長を遂げます。
この港で出来た海氷も流氷と呼ぶのだそうです。

「知床ウトロ港産の流氷」という訳で、「おぉ~、さすが、知床、やるじゃんっ!」なんて、思ったりして…笑。

Img_7910 後方のオロンコ岩側の海を眺めると、ボールのような流氷がごろごろ転がっており、プユニ岬へと場所を移して眺めると、海面は流氷で埋め尽くされておりました。
きっと、この流氷原の中には、港から押し出され旅に出た知床ウトロ港育ちの流氷も混ざっているんだろうなぁ…笑。

せっかくですから、いろ~んな場所から、いろ~んな流氷を眺めて下さいね、ついでに、アザラシの姿も探してみて下さい、もしかすると…。
Img_7857_2 -----------------------
昼のNHKご覧になりました?

明け方、マイナス7度。
おやつどき、プラス3度!

今日はあったかですねー。
水曜日からしっかり冷えます。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

流氷の状況はこちらをご覧ください。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年2月 2日 (木)

「やっぱり、歩いてよかった。」

Img_8913日本海側を中心に、全国各地で大雪のニュースが届いていますね。
転倒などケガなどされませんよう、くれぐれもご注意ください。

さて、そんななか、こちら知床にて、まっさらな雪がつもった冬の森へ出かけて来ました。昨日、そして、きっと昨晩も舞い続けた粉雪が、森をふっくら包み込んで別世界に変えてくれていました。

動物たちの気配も包みこんでしまっていて、ちょっと つまらなく思われたりもしましたが、おとぎの国のような森に包まれているだけで、もう、嬉しくて楽しくて …笑。

しかも、滝が真っ青。

この滝「男の涙」を眺めおろす、崖っぷちに立ち、湯の華の滝を見るとその青さが際立っていました。
つい先日、晴天の日より曇天の日の方が、青く見えるんだよと聞いていて、何でかなぁ…、本当かなぁ…、なんて、歩きながら思っていたのですが、あぁ、本当だったんだって思うほど、とても青かったです。

しかも、しかも、この日の流氷は泥のようで、波の力を抑えながらも抑えきれない波にもまれている重たそうな波がゴウゴウとうごめき、そんな氷泥に、波の花と思われる茶色の帯がマーブル模様を描いておりました。
Img_8907
出掛けに、北風の予報と、一日中の雪模様の天気予報を見て、ほんの少し森歩きをやめようかと迷ったことを後悔させられるほどのステキな森と景色で、やっぱり、歩いてよかった、ホント、歩いてよかった!

今日、感じた森も、空気も、雪も、景色も、ぜぇ~んぶ、今日限定ものですからね …

Dsc01425 -----------------------
流氷の海、波がなくなったか。

明け方、マイナス9度。
お昼すぎ、マイナス11度。

がっちり流氷がきたからか、
今日はいつも以上に寒いです。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

流氷の状況はこちらをご覧ください。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年1月30日 (月)

「なにかがいるはずの場所なのです。」

126 いつものように知人と雪の森を歩いていると、モモンガが食べたと思われるお食事あとに出くわします。

散乱する、数センチ程にちぎり取られたトドマツの枝先を良く見ると、キレイに枝の芯だけが残るものや、3分から4分刈り程度に付け根部分の葉が食べ残されているもの等が混っていて、それらを、1つ、1つ、手にしては、「食べ方が雑っ!」と、モモンガを責めてみたり、「オイしい葉」だの「マズい葉」だのと、好き勝手云いたい放題の知人を可笑しく見ていたら、突然、「フンッ!」と、大きな声!

「エッ!?ホントに!? どれどれ…」と、慌てて確認すると、確かに、1センチあるかないか
の俵型のシブい緑色をした粒がパラパラと散らかっていて、これが、モモンガの糞っ!かと、初めて見る本物の糞に、知人も私もテンションが上がりまくるのですが、ネズミの可能性も疑われ、あーでもない、こーでもないと云い合いながら、状況、色、形などから、モモンガのだと思うことに。興奮しながら夢中で話す声はきっと騒々しく、おそらく、とてもとても近い樹で、キツツキの古巣か何かを使って寝ているであろうモモンガは、さぞ、びっくりだったんだろうなぁ~ …、笑。

Dsc01385 この日はなんとこれだけでは終わらず、続いて、モモンガが地面に着地した後、少し地面を歩行して、樹に向かってジャンプしたと思われる跡を雪の上に見つけ、更に続いて、モモンガの毛や尻尾が散らばる現場を発見! 何があったのかは皆様のご想像通りで、誰にやられてしまったのか…。モモンガに起きた惨事を悲しく思いながら、夢中で毛を拾っておりました…汗。

この日、モモンガには逢えなかったけれど、モモンガを近くに感じることができて、憧れていた人達にいっぺんに出逢えたような喜び…、というか、大満足の幸せな1日でした。

私が休みの度に足しげく通うこの場所は、ガイドツアーが出ていて、森を観察しながらスノーシュートレッキングを楽しみ、断崖に立ち象鼻の絶景を見て帰ってくる、そんな欲張りな「原生林ツアー」で、私的にはオススメ!のコースです。(※その日のコンディションにより行き先は変わる場合があります)

糞やら尻尾やら食痕は、しっかり持ち帰ってきました。
ネイチャーデスクにて大事に保管してありますので、ご覧になりたい方はどうぞお声かけ下さい。

喜んで少し得意げに披露させていただきます!
Dsc01367 -----------------------
今日は氷泥の海です。

明け方、マイナス6度。
時分まえ、マイナス7度。

ちいさな流氷がたゆたってます。
とろみのついたスープみたいです。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

流氷の状況はこちらをご覧ください。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年1月25日 (水)

「眺めるのがさらに楽しい季節。」

流氷、入ってますっ! 
Img_7734
考えてみると、観光船の出欠航が気になって、海霧が立ち込める景色が気になって、波の花が気になって、海鳥たちが気になって、夕陽が気になって…。
なんだかんだと、季節を問わず、時間を問わず、海を眺めて過ごしている気がしますが、流氷シーズン、今時期の海はとびっきりっだと思います。

流氷のビッシリぐあいやバラバラぐあいに空のご機嫌が相まって作りだす、その日その日の、その時限りの景色に、一喜一憂しながら、流氷漂う海に魅せられるひと時は、とびっきりです。

もう、眺めているだけで、心がうきうきしてきます。
港から、幌別橋から、プユニ岬から、眺める場所、場所でもその表情は全く違っていて、で、ついつい欲張りになって、あっちからもこっちからも眺めたくなって、フレペの滝、男の涙、象の鼻…へと、断崖沿いに足を伸ばして、流氷漂ういろんな海の景色に逢いに行きます。
Img_8683
崖っぷちに立ち、ふと、波打ち際の断崖に目をやると、いたるところで打ち寄せた波がシバれて凍りついており、厳しいがゆえの美しさに惹きつけられながらも、やっぱり、容赦のない厳しさを痛感します。と、同時に、この厳しい冬を耐え、生き抜こうとたくさんの命が頑張っていることも意識させられます。この厳しさこそが、知床の魅力の1つだと思ったりもします。

流氷、イイ感じです。雪もイイ感じです。動物たちも頑張ってます。いよいよ、今月28日からは、オーロラファンタジーも始まります。どうぞ冬の知床へお越し下さい。
Img_7643 -----------------------
よく晴れて、よく冷えてます。

明け方、マイナス8度。
時分まえ、マイナス5度。

昨夜はオーロラが!?
あなたの街で見えましたか?

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

流氷の状況はこちらをご覧ください。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年1月11日 (水)

「冬の夜の森で・・・。」

Dsc01198 月夜の知床の森に、雪中キャンプをしようと仲間が集まりました。

倒木にこんもりと積もった雪の空洞で優しくゆらぐロウソクのあかりに包まれながら、雪で作ったイスに腰掛け、雪で作ったテーブルを囲み、雪で入れたコーヒーを飲みながら、冬の夜の森になじんでいきます。

夜10時過ぎ、気温-7°…さぶっ!

なにやら、テントの裏の方で2つの小さな光がキラリとします。

「何かいるっ!」
「キツネかな?」
「キツネにしたら目が近過ぎない?」
「うんっ? うんっ!」

揃いも揃ってみんなの頭をよぎっていたのは、エゾクロテン。

けれど、様子をのぞきにやって来たのはキタキツネ、あっと云う間に期待は裏切られます。
今頃、テンは何処で狩りをしていることやら…、モモンガはとっくに、ねぐらを飛び出しトドマツの葉をかじっている頃…。

もう、じぃーっとなんてしてられなくて、夜の森へと繰り出します。
テントにぶら下げた点滅モードのヘッドライトの光を見失わないように、ザクザク、ザクザク、歩きまわっていると、今度は、エゾフクロウの声が聞こえてきます。

「狩りを始めるのろしだったりして?」 
「狩りが成功したのろしかもよ?」

すると「ジジジッ、ジジッ」と、エゾモモモンガの声が聞こえたような聞こえないような、

「のろしを聞いて警戒したんじゃない?」
「いや、狩りが終わったよって仲間に知らせたんだよ!」

まんまるなお月様の光が、樹々を影に変えて雪の上に映し出してくれています。そんな幻想的な静かな冬の夜の森で、動物たちの気配をさぐりながら、たわいのない妄想がふくらみ続けていました。

夜の森へ行ってみたいと思った皆様、「雪あかりハイキング」なんていうツアーがあります。
月あかり、星あかり、雪あかり、そんなほんのりとした明るさに包まれながら冬の夜の森を感じるツアーです。
ご参加してみませんか。

知床、イイ雪積もってます!
Dsc01223 -----------------------
知床、ガッチリ寒いです。

静かな夜、マイナス8度。
お昼過ぎ、マイナス9度。

北海道どこもかしこも寒いです。
だって、冬の北海道だから。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年12月21日 (水)

「もっさもさ。」

Img_8154
昨晩から今朝方にかけてわんさか降り積もって、積雪は現在約60cmの知床。
その雪が降り止んで広がった今日の真っ青な空。
その真っ青な空の下、新雪をたたえた知床連山が映え渡り、もっさもさと降り積もった雪は、お日様の光をうけて眩しいほどです。

期待通りにキレイですっ!
岩尾別川と川から突き出す岩を覆うもこもことした雪、覗く知床連山。

こんな日には決まって行きたくなる岩尾別ゲート辺りの大好きなポイントです。
でも、シーズンもオフともなると道路も静かなもので、すれ違う車は1台もなく昨晩お泊まり頂いたお客様、本日お泊まり頂くお客様、この景色をご覧いただけたのかなぁ~と、ご覧いただけてるとイイのになぁ~と、そんな思いになってきます。

ドライブのあと足を伸ばしたフレペの滝への遊歩道はこんな感じ。
Img_8180
本日、私が一番のりだったようで、まだ、エゾシカしか歩いていないアルような、ナイような遊歩道は楽しくもり、しんどくもあり…笑。

綿菓子みたいな雪のようなシマエナガが出迎えてくれました。
Img_8197 -----------------------
しずかに降り積もりました。

朝、マイナス7度。
お昼すぎ、マイナス4度。
夕方、ふたたび7度。

寒さ対策には、体重を増やすのが効果的です。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年12月19日 (月)

「知床の冬遊び解禁です。」

知床の冬の森。
どこからともなく耳に届けられる、キョーン、キョーン、クルッ、クルッという鳴き声。
Img_8099
いましたっ!…クマゲラ。

これまで何度森に入っても、鳴き声は届けども、その姿はいつも「おあずけ」でしたから何とも嬉しいひと時でした。

枝先に線香花火のような実を付けるハリギリの樹にしばしとまってくれていました。
しかも、2羽。

つがいだったのかなぁ…、実を食べていたのかなぁ…。
赤いベレー帽とおどけたような眼がなんとも可愛らしいですね。

知人と出かけたのですが、「私が先に見つけた!」、「いや私が先だ!」と、双方譲らず、そんなどうでもいいようなやりとりを、延々と、楽しみながら帰ってきました。

やっと、知床の森の中にも雪が積もってくれました。
まだまだ、量も少なく乾いた雪のため、笹を押しつぶすほどの重さがありません。そんな笹に積もった雪のところを歩くと、まるで、落とし穴のようで面白いです。

スノーシューで遊べます。
いよいよ、知床冬遊びの始まりですよ。

Dsc01188 -----------------------
冬がちゃんと寒いとちょっと安心。

朝、マイナス7度。
お昼すぎ、マイナス4度。

着る毛布、焼酎お湯割り、
大活躍です。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

 

2011年12月11日 (日)

「皆既月食2011師走。」

1210_2 2011年12月の皆既月食。

知床ウトロ某宅にて。

満月が欠けていくにつれ、周りの星がどんどん明るく見えてきます。

満点の星空のなかにオレンジ色に浮ぶ満月。
なかなか見ごたえありです。

天気にも恵まれ2007年8月につづき、良い月食日和となりました。

次回の月食、お楽しみに。
-----------------------
今朝は一転、雪の午前中です。

昨夜の月食タイム、マイナス1度。
今朝、マイナス、2度。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

2011年11月24日 (木)

「狙いどおり!」

朝起きると、昨夜降った雪が解けないまま残っていてくれて、早々に五湖方面に車を走らせると、狙いは的中です。うっすら雪を被った道路の上には、動物たちの足あとが、もぉ~っ、いっぱい…笑。

指の痕までくっきり残る小さな小さな可愛いネズミの足あと。
くねくねまっすぐ歩けてないのは、たぶんタヌキの足あと。
エゾシカにキツネにクロテンの足あと。
そして、そして、やっぱりありましたっ!
ヒグマの足あとが。知床公園線には、ペタペタ、ペタペタ、ゆっくり のそのそ歩いたであろう足あとが。
Img_7548
岩尾別温泉道路の奥には、何かに慌てたのか、雪を蹴散らし駈け出したであろう足あとが。雪はいつも動物たちの様子をわかりやすくしてくれ、想像を膨らませてくれます。雪!…イイですねっ。
森が深い雪に包まれるのが待ち遠しくなってきました。
Img_7552
葉をすっかり落として冬への準備が整ったかのような樹々の森では、相変わらずエゾリスがチョロチョロしていてホオの実を抱え込んで夢中で食べていました。ネズミは巣穴の前にクルミの殻をいっぱい残していて、巣の場所がバレバレでちょっと心配。

繁殖期のピークは過ぎたようですが、自分の尿を混ぜた泥を体になすりつけたりしながらメスのあとを追うオスジカも見られます。Img_7476
ヒグマはヒグマで、もう、冬ごもりに入ろうか? いや いや、もうちょっと栄養を蓄えてからにしようか? などと思案しながウロウロしているのかも…笑。みんな忙しそうです。

観光船の運行も終了して、知床峠も冬期閉鎖。

明日25日(午前11時)には、岩尾別ユースホステルさんの前のゲートが閉まり岩尾別温泉道路と知床公園線の奥が冬期閉鎖に入り、それに伴い知床五湖も閉園となります。

そんなこんなで閑散とした感じがしてきましたが、それは、ウトロのまちだけでのようです。

それが動物たちに関係するハズはなく、動物たちには、冬を迎えようとするこの季節の大事な忙しい暮らしがあるようです。

そう そう、オオワシ渡ってきてます。
写真は撮れてませんが、しっかり確認できました…笑。動物たちから目を離したくない今日この頃です。

-----------------------
夜明け前の南風、強烈でした。

朝、8度。
お昼、12度。上がりすぎ。

夜の浦河沖の地震、ウトロは揺れませんでした。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ♪

2011年11月10日 (木)

「降りましたね。晩秋のおすすめ。」

Img_7429
日の出とともに五湖方面に繰り出すと目に飛び込んできた知床連山が真っ白。
あぁ、降ったんだなぁ、昨晩が寒かったわけです…笑。

五湖駐車場手前の道路にもしっかり雹が残っていて、歩くとジャリジャリ。

連山を映す湖、どんなにキレイになっていることか、もう、ワクワクでフィールドハスウに。ところが、なんと、あろうことか、奥五湖への遊歩道は閉鎖中、11月6日に出没したヒグマへの警戒がまだ続いていました。山がこんなにキレイなのに、風だってないから湖面もキレイなはずのに、青空も広がってくれたというのに … もう、ため息しかでてきません。

Img_7441 辛うじて開いていたショートコース(2湖→1湖→高架木道)を歩き始めると、遊歩道上にも雹が残っていて、その上にはキツネの足跡がくっきり。本日、私が一番ノリと思っていたのですが、しっかりキツネに先を越されていました。キツネも足元の冷たさを感じて来る冬を思っていたりして…笑。

高架木道へ上がり、展望台から眺める1湖は相変わらずキレイでした。
かつての1湖のビューポイントに代わり、すっかり知床五湖を代表する景色になった気がします。風がなくて良かった…笑。

でも、実は、渡りが始まったと聞いていたワシたちを私はまだ見てなくて、今日は北風が強く吹くことを期待していたんです。ですから、朝起きて、あまりの風のなさにがっかりもしていました。それなのに、こうして風がなかった事に感謝したりしています…笑。

知床公園線からの雪化粧の知床連山と黄金色のカラマツ林、こちらもキレイです。
Img_7426 この景色は、晩秋の楽しみの1つです。

Img_7436 -----------------------
この寒さが例年なみ。

朝、マイナス2度。
お昼は11度まであがるか?

カラマツの黄金色がまぶしいです。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ♪

2011年11月 1日 (火)

「あれま。登ってないや。」

Img_7384 カムイワッカ湯の滝への知床林道。
今春から、6年ぶりにマイカーで自由に利用できるようになり、昼日中は勿論、朝の早い時間に夜の遅い時間に、ゆっくりゆっくり何度行ったり来たりしたことか…。

冬期閉鎖の日を明後日に控え、ふと滝の前に立つと、あれっ?何度も何度も来たと云うのに一度も滝を登ってないっ!てな事に気がつきました。

カムイワッカの滝は見るよりも登って遊ぶのが楽しいですよと、あれほどお客様にお勧めしておきながら、当の本人は、走り抜けることに夢中で、一度も登ってないっ!

無性に登りたくなって、車を飛ばしカムイワッカへ。濡れた足をどうしようかと思いはしたものの、靴だけ脱いでそのまま滝へとザブザブ。

お湯の感じ、岩盤のゴツゴツした感じ、次の一歩をどこにしようかと足場を選ぶ感じ…、あっと云う間にウキウキです。やっぱり楽しい!

Img_7383 そして、下りになると、まさか、まさかののへっぴり腰。情けないんだけど笑えてしまって、また、楽しくなってきます。やっぱりカムイワッカは登らなきゃ!ですね…笑。

今シーズンの利用は11月2日(水)の午前11時迄です。それ以降は冬期閉鎖、来春までおあずけですからね、ぎりぎり間に合う方は、ぜひ、思いっきり遊んできて下さい。

知床横断道路も11月7日(月)午後3時をもって、冬期閉鎖に入ります。
観光船も小型船(クルーザー)は、まだショートコースで運行しているものの、知床観光船「おーろら」は運行を終了しました。
夏の観光シーズンもいよいよ過ぎようとしています。

秋と冬の狭間はちょっぴりもの淋しかったりもしますが、実は、静かな知床を楽しめる季節でもあります。
数日前、知床連山のてっぺんには、また、雪が積もりました。

頭にちょっと雪を被った知床連山はカッコイイですねっ。まぁ、冬になればなったで、真っ白に雪に覆われた連山を見て、カッコイイって思ってるんでしょうけど…笑。
今日もしっかり雪帽子を被っています。
もう根雪になるのかなぁ…。

Img_7351 -----------------------
ぬるめの11月ですね。

それでも朝、8度。
11時、9度。

意外と気温低いのね。
湯たんぽがこいしい季節です。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ♪

2011年10月22日 (土)

「朝焼けラストチャンス。」

今月に入り、朝4時に何度目覚ましをセットしたことか、そして、何度眠たさに負けたことか、それでも、何度かは眠い眼をこすりこすり車に乗り込み知床峠へと向かいました。

目的の国後島から昇るお日様に焦がれて、知床に朝の光が届けられるシーンに立ち合いたくて頑張っちゃいました。
しかしながら、これまで一度たりとて雲海が広がることはなく、雲にも恵まれず…、残念ながら、感動しまくりっていうんではなかったです … 笑。

でも、でも、空が朝焼けてくると、眠たさもいっきに吹っ飛んで、刻一刻と色を変えいく国後の空から目が離せなくなります。
1
本日、うっすらと白み始める中、姿を現した国後島。凪の良い海と漁火が凛としていてます。
2
空を染めながらお日様は昇り雲の中へと隠れていきました。雲に負けじと放たれる光がなんとも印象的でした。
3
そして、数日前、お日様が一番満まるに見えた朝日です。
10

いよいよ、今月24日の晩より、知床峠の通行に時間規制が入ります。ですから、チャンスも残すところあと5日。でも天気があまり…、明日、明後日がラストかもです。
頑張れる方は、ぜひ、暖かくしてお出かけ下さいませ。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ♪

2011年10月20日 (木)

「うっかり!でした。」

知床峠の紅葉はどんなか?
羅臼湖は?五湖は?と、ピークを見逃すまいと奔走しておりましたが、やぁ~、うっかりでした!
2011_1020_02_2 カムイワッカ湯の滝への林道の紅葉のことをすっかり忘れていたのです。
昨年迄は落石防止道路工事のため今時期はすでに通行止めになっていましたから、紅葉の頃に車を走らすことができるのは、実に、6年ぶりなんですね。
えっ? こんなにキレイだったっけ!?って、思わず目を疑うほどでした。惜しくも、ピークは過ぎていた感じですが、それでも、曇り空にもかかわらずとてもキレイ でした。

そして、知床五湖。
昨日は4湖が見事でした。

2011_1020 手前の倒木はたぶん今年のもの、なかなかイイ感じです。
五湖には、最近ヒグマがよく来ていて、遊歩道にはその足跡がくっきり。
2011_1020_03_2 エゾリスもちょろちょろ …
そう、そう、そう云えば、どんぐりが見つからないです!
どんぐりが、ボタッ、ボタッと、落ちる音も聞こえてきません。不作だと聞いてはいましたが、五湖でも実りが悪いのですね、「どうしたんだろう?」と、エゾリスも首をかしげていたりして。
色づく葉っぱも落ちた葉っぱもそれぞれに表情があって面白いです。
昨日は風がびゅーびゅーうなりながら吹き抜けており、湖は海のように波打ち、樹もきしみをあげていました … 相変わらず、いろんな楽しみを用意してくれている五湖です。

知床峠の紅葉はというと、さすがに終演。
随分楽しませてもらいました。まだ、色づいていない葉を見つける一方、葉を落としてしまった樹も目につくようになってまいりました。
なんとなく暖かく感じられる秋の森が好きで、そんな森に、まだまだ、包まれていたい!
そう思いますが、いよいよ、紅葉も下り坂のようです。

晩秋の彩りを一手に引き受けるカラマツも色づきを見せてきました。

-----------------------
2011_1020_04森の中から視線をおくるのは、シブイ冬衣をまといゴツゴツした角で武装したオスジカ。
迫力が出てきましたね、繁殖期独特のあのなんとも奇妙なラッティングコールも響き始めました… 笑。

知床の秋、深まってます。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ♪

2011年10月 9日 (日)

「知床の紅葉、こんなぐあいです。」

紅葉はどんなかと、秋の森をのぞきに行ってまいりました。
先ずは、羅臼湖。
Img_3941
イイ感じと聞いていましたので楽しみに出かけましたが、噂どおりで、なかなかイイ感じでした。
連山に初冠雪をもたらした雪が遊歩道のところどころに残っておりましたが、さほど紅葉に影響はなかったようです … ホッ(笑)。

この雄大さやキレイさをどうにかお伝えしたくて、何枚も何枚も写真を撮ってはみましたが、うまくいかないです。

あまり伝わりませんが、遊歩道からの紅葉具合と3の沼湖畔の紅葉をどうぞ。
Img_4034
遊歩道で重なりあう落ち葉は、踏みしめるたびにカサカサ、カサカサと音をたて、その感触もフカフカ。穏やかな陽射しも秋の澄んだ空気もちょっぴり冷たい風も心地よく、風が森を吹き抜ける音や鳥の声を聞きながら、… そう、そんな風にして感じる景色には、写真をどう撮ってみても、やっぱりかなわない気がします。

「ほら、もうちょい頑張って、ほらっ、」って、応援したくなるような色づきぐあいな気もしますが、羅臼湖は、きっと、今が見ごろです。ぜひ、お出かけ下さいませ。

羅臼湖への行き帰りに眺めた峠道の紅葉は、羅臼側の方がキレイですね。
さて、さて、気になるのは知床五湖。
Img_4088
歩き始めるとすぐにエゾリスがお出迎えしてくれました。
すばしっこくちょろちょろしていて、何とか写真におさまったのはこの1枚。なんとも器用な立ち姿です。
「何を食べているのか?」木の実ではなさそうで、居合わせたガイドさんに訪ねたところ、「きのこでしょうね。」とのこと。

きのこ? クルミやドングり、硬い木の実ばかりをガジガジしているイメージだったものですから、発見! 発見っ!… 笑。
あんなオイシイきのこをエゾリスだってほおっておくわけないですね。

後ろの葉っぱはカエデの葉っぱですが、。色づきはこれからのようです。と云うわけで、知床五湖はこれからが楽しみですね。

湖畔沿いから高架木道に上ると、見下ろす1湖の湖面はべタ凪。鏡のようにくっきり知床連山を映してくれていました。とても、とても、キレイです。
Img_7064

真っ青に晴れわたる空が広がった秋色の知床は、どこへ行ってもキレイで、キレイでたまりませんでした。
カムイワッカ湯の滝への知床林道で、日が暮れていきました。水平線上の雲に隠れて
しまうまで、空を染めあげ沈んでいきました。
Img_4129 ------------------
知床峠付近も今が見ごろ。

出勤どき、13度。
いま、16度。

今日は日差しもあたたか。

2011年10月 2日 (日)

「いつの間に・・・!?」

本日は、昇るお日様の御光を拝みに行ってきました。
今現在、日の出は5時20分頃、3時前から白みはじめる夏とは違って早起きも頑張れる時刻です。
またまた、夏とは違って空気も澄んできてますから、朝の光が届けられるシーンも、よりいっそう美しくなるわけです。

今日の朝日はと云いますと、国後島の奥の空が薄紅色に染まりはじめ、おぉ、来た来た、と思った途端に、水平線上に居すわる雲が、その光を奪いさってしまいました。
うぅ~ん、いまいち! まぁ、こんなこともありますよね、知床横断道路の通行に時間規制が入る今月下旬までは楽しめますから、また、早起きしなくては … 笑。

峠から見下ろす景色が紅葉して、そこに、雲海が広がり、そして、光が差し込む、そんな条件が揃ってくれようものなら、それは、それは、キレイです。どうぞ、暖かくしてお出かけになってみて下さい。

帰り道、明るくなった空の下、目に飛び込んできたのは、なんと、雪をまとった羅臼岳。
Img_6894
えぇっ、いつの間に? … たぶん、初冠雪。

それにしても、いつ、積もったのでしょう? 大雪山の初雪の知らせを聞いたのが、確か先月20日を過ぎたころで、こちらもそろそろかとは気にはなっていたのですが、ついに、降ったんですね。
山裾も秋色に装いを変えてきております。

海では、ゴォーゴォーと音を立てながら波が打ち寄せ、昨日も今日も、お船は全便欠航です。こんな風に時化る海も秋を感じさせてくれます。
残暑が長かったせいか、まるで、遅れを取り戻すかのように、秋が、急ぎ足で深まっていくような気がします。
Img_6937 ------------------
硫黄山も白くなってます。

朝7時、6度。
朝10時、11度。

帽子、手袋、マフラーほしいです。



2011年10月 1日 (土)

「知床の紅葉のぐあい。上から目線で見てみました。」

10月1日、気温9度。「寒い。」と言える朝をむかえました。
そろそろ秋と冬がまとめて、駆けよってくる季節となりました。

その2日前、9月29日、日中20度を越える気温の中、紅葉はどんな様子かなーと、羅臼岳に登ってきました。快晴のなか快適な山登りです。

そして、山頂から斜里方向(知床半島の根元方向)の眺め。
どーん。
09291
風は強め、かなり強めですが、この天気ですから文句は言いません。

ウトロ沖の漁船や観光船はもちろん、羅臼側にも雲が無く、イカ釣り船団が帰港する様子が見て取れます。
羅臼湖も、そのずーと奥の斜里岳も見てとれます。

09293 さて、反対側。知床岬方向に目を向けると三峰やサシルイ岳、その向こうの硫黄山といった連なりが綺麗に見えました。
画像左側の山すそが、なんとなく色づいているような・・・。

この知床岬に向かって左側は、ウトロ温泉側、山の右側は羅臼側です。
下の画像が羅臼側の山肌。

どうでしょう、色あいが違うのがおわかりになりますでしょうか?
09292
画像ではややわかりづらいかも知れませんが、ウトロ側と羅臼側で木々の色づきがずいぶん違うのが山頂からだとよくわかりました。
ウトロ側の方が、葉がおちて色合いがまばらな感じです。

これまでも、紅葉シーズンに知床峠にむかってみると、峠を越えて羅臼側に入ったほうが紅葉がイイ感じになっていることが多々ありました。

そんな情景も思い出しながら、なるほどなーと、なんとなく納得していました。
でも、なぜ、こんなに色あいが変わるのでしょう?

オホーツク海側と根室・釧路側の気候の違い。
寒暖の差、風の違い。
その他、いろんな違い・・・。
どなたか、ビシっと答えをだしていただけると幸いです。

ともかく、状況を整理しますと、
知床の紅葉はまだまだ始まったばかり。
で、山スソの紅葉は羅臼側のほうが良さそうだ。
知床五湖は未確認。
下山後のビールはたまらない。

というのが現在の状況です。

どこで紅葉をながめ様か思案中の皆様。
秋の知床、いかがでしょう?

ウトロ側と羅臼側、両方ご覧いただくことをオススメします。

09295------------------
三峰の雪田あとも赤く。

朝、9度。
お昼、10度。

雲が冬の色になっています。

2011年9月 1日 (木)

「事件です。」

アツイ!アツイ!と、思っていたのに、ふと気が付けば、森の樹々も秋に向かって装いを変え始めたようです。
いつの間にかオスジカの頭の上の角も大きく成長していました。あどけなさが可愛らしかった仔鹿たちもたくましくなり、しっかり自分で草を食んでいる姿を見せてくれています。
Img_3231
季節の移ろいを感じていると、行く先の道路上に何かが散乱しています。
近づいてみると、なんとカラフトマスです。
Img_3207
どうしてこんな事態になったのかと、このまま放っておくわけにもいかないと思っていると、関係の方が片づけにいらっしゃいました。
岩尾別川の河口で採卵用に捕獲したカラフトマスを搬送している途中、荷台からこぼれ落ちてしまったとのことでした。
数時間前迄は、きっと母なる川で、力強くその上流をめざしていたはずです。流されても、流されても、流れに負けまいと、ひたむきに上流をめざす懸命な姿を思って、ちょっと痛々しく感じられました。

そうそう、今年も遡上が始まっています。ウトロから斜里へ向かって10キロ程の所に流れている「遠音別川(オンネベツガワ)」で、そんな様子がご覧になれます。
通りがかりにちょっと覗いてみて下さい。
Img_3191
晩夏の彩りはハンゴンソウ(反魂草)の黄色いお花。森に響くセミの声も、過ぎ逝く
夏を惜しんで鳴いているかのように聞こえてきます。
Img_3235

2011年8月29日 (月)

「ヨイショ。ヨイショ。」

登って来ました!羅臼岳。

空は真っ青に晴れ渡り最高の天気です。
気温があまり上がらないうちにと早起きを頑張って5時過ぎには登り始めていて、気分も最高です。
しかしながら、久しぶりの山登りだったこともあってか、登山道の傾斜がずっしりのしかかってきます。
額からは玉のような汗がひたたり落ち、こんなにキツかったっけって思いながら、気がつけば、ヨイショ、ヨイショってひたすら言っていたような…笑。
Img_3318
やっとの思いで羅臼平に辿り着き、あと1キロ程、ガレ場を登れば溶岩ドームと呼ばれる頂上なのですが、途中の名水「岩清水」と頂上からの眺望を思い描いてみても、どうにも体が言う事を利かず、頂きを見上げて、この秋、紅葉がきれいな頃にリベンジすることにして、羅臼平を後にしました。
Img_3350
下山を始めるとすぐ大沢と呼ばれる急な下りがあり、この場所からの知床五湖を望む景色がとても好きで、写真を撮り、登山道脇で彩りを添える「イワギキョウ」や「りんどう」のお花を楽しんでいると、シマリスが遊びに来てくれました。
Img_3333
毛繕いをする仕草や何かの実を頬張る仕草はとてもかわいらしく、いなくなるまで一緒にいました。登山道を吹き抜ける風は、小鳥たちの声と相まってとても心地良く… 下りはちょっと余裕です(笑)。
Img_3628
早起きが眠くても、翌日の筋肉痛が辛くても、なぜか、山に登りたくなります。
雄大な自然に抱かれに行きたくなります。
無理せず、登れるとこまでで十分楽しめる気がします。山登り、イイですよ。

2011年8月 6日 (土)

「やっぱり晴れだね!やっぱり五湖だね。」

晴れました! およそ1ヶ月ぶり、待望の晴れ休み。
Img_2818
勿論、雨の日には雨の日の、曇りの日には曇りの日の趣があるのはわかっていますが、こうも青空をされてオアズケされていると、やっぱり恋しくなります。

8月初めの休みは、何があっても、五湖へ行くと決めていました。
8月1日~10月20日迄は、植生保護期となり、レクチャーを受けることで湖畔沿いを自由に散策できます。ですから、自分のペースで好きな場所に好きなだけいられるんです。この日を待っていたわけです。この日に青空を引き当てるなんて、ついてます!(笑)。

しかも、昨日出没していたヒグマも五湖から離れたようで午前10時、閉鎖されていた遊歩道が、無事開きました。

早速、五湖フィールドハウスで、利用申請書に住所とか名前を記入して、券売機で立入手数料(大人250円、小人100円)を支払い、申請書と引換券を受付に提出。発行された認定書(1日有効)を持って、案内された10時10分の回のレクチャー(レクチャーは、10分間隔で行われ、1回に50名が受講できます。)を10数分ほど受け、いざ、原生林に囲まれる湖畔遊歩道へと出発です。

水草の中を気持ち良さそうに泳ぐカルガモ親子やエゾシカ親子が迎えてくれました
… 春に産まれたこどもたちもずいぶん大きくなったようです。
Img_2757

セミの声が鳴り響く中、蝶にトンボ、毛虫にいも虫、バッタにクワガタ、湖の中には足を出したおたまじゃくしにゲンゴロウ、昆虫たちがいっぱいです。

ネムロコウホネやキオンも、黄色いお花を咲かせていました。… やぁ~、夏!ですね。
Img_2801

鳥の声や虫、きのこやお花に足止めされながら、湖面のご機嫌次第、雲の成り行き次第、陽射し次第で幾様にも表情を変える景色に夢中になっているうち、気がつけば閉園の時間で、結局、1日中、知床五湖でぶらぶらしてしまいました。
なんたって、久しぶりでしたからね … 笑。

高架木道からの景色もイイですが、湖畔沿いはもっとイイです。
森を見ながら、湖を見ながら、ぜひ、夏の五湖をのんびり歩いて下さい。
Img_2854

「5湖→4湖→3湖→2湖→高架木道」(約3㎞、約1時間30分)の大ループと、
「2湖→高架木道」(約1.6㎞、約40分)の小ループの2コースがあります。
高架木道の往復だけなら立ち入り手続きは不要です。

2011年8月 1日 (月)

「世界遺産登録6周年記念抽選会」当選者の発表です!!

先日7月16日から18日まで行った
世界自然遺産登録記念日イベントにて、
ご宿泊のお客様を対象に行ったご応募に
多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。

3日間での応募総数は261枚。

その中から選ばれた幸運な方々は・・・・・こちら!

まずは!

■マグノリア賞 (ペア1組様2泊分宿泊券+航空券)

大阪府の、、、 東山 様!

おめでとうございます!!

冬の知床でお待ちしております!

2010_0809_01

そして!

オホーツクの旬の幸を
手に入れた15名の方々は
こちらです!




■辛夷賞 (オホーツクの特産品等)

北海道 赤いちびえんぴつ さん 
北海道 りつ子 さん
北海道 ロカ さん
北海道 佐々田 雄二 様
茨城県 高木 正友 様

神奈川県 木下 孝夫 様
神奈川県 津止 孝太 様
静岡県 はるちゃん さん
東京都 柴 さん
東京都 よっちゃん さん

東京都 大島 恵 様
奈良県 Orchid さん
大阪府 茂利 さん
滋賀県 ぱりすちゃん さん
広島県 中島 さん

以上の皆様が当選されました!

当選された皆様には近日中に賞品の発送を予定しております。

お手元に届きますまで今しばらくお待ち下さいませ。

おめでとうございます!!

2011_0801   

2011年6月21日 (火)

「もうね。もうね。」

天気がイイです。
あっちもこっちも気になって、どこへ行こうか迷っている時間がもったいないくらい、天気がイイです。

水面が羅臼岳を逆さに映す3の沼の景色を想像して、かなりきれいに違いない!

と、
羅臼湖に行くことにしました。

知床峠に車を停め、羅臼側7合目付近にある羅臼湖入口を目指して、テクテク テクテク。
眼下には見渡す限りの雲海が広がり幻想的な眺めです。
あれ、朝焼けがキレイだったんじゃないかなぁ? なんて思いながらテクテク テクテク。

遊歩道を歩き始めるといきなりドロドロ。
ところどころでは、遊歩道が水を集めて小川のようで、ジャブジャブしながら、テクテク テクテク。

1の沼を過ぎ2の沼を過ぎ、そして そして、3の沼。

やぁ~、絶景です。期待通りの眺めです。
白い雲をぽっかり浮かべた真っ青な空。ぽかぽかのお日様。
思わず遊歩道に寝転んでしまいました。
仰ぎ見る空は最高! 気持ちイイーッ!

どうぞ、どうぞ、お試し下さい。最高に気持ちイイです。ただ、誰もいない時がイイですね。
ゴロゴロしたついでにキツネ目線で3の沼を撮ってみました!… 笑。
Img_1317

6月15日から羅臼湖行きの路線バスが運行しております。
残雪多く、遊歩道はわかりにくい箇所があります。
長靴が必要です。
今しばらくガイドツアーがおすすめかも。

2011年5月20日 (金)

「いたのは山の神。いないのは海の神。」

先日、先々日は、名古屋から友人が遊びにきていて、オーソドックスな知床観光をしてきました。
お決まりのように道路脇で草を食むエゾシカを見かけるたび、友人は「キャァー、キャァー」歓声を上げながら知床公園線、温泉道路をドライブ。

Img_0021 岩尾別温泉では三段の湯でかるく足湯をし、知床峠、オロンコ岩、フレペの滝を堪能し、知床五湖は、ガイドツアーに参加して湖畔を散策。
遊歩道に残るぬかるみに、ヒグマの足跡がくっきりペタペタ。 これは昨日ので、これは一昨日からついていて、これは昨日なかったから今日のでと、ガイドさんの解説はヒグマのうろうろが目に浮かぶようで、友人も私もにんまり。

ただ、ヒグマを目撃した場合はツアーを中止するのがルールですから、見かけたい気持ちは山々でも、きっと近くにいるであろうヒグマに「ホイッ、ホイッ」と、大きな声で「いるよ、いるよ」と、うったえながらの散策です。
もっとも、いろんなものを見つける度、丁寧に知床の自然を教えてくれるガイドさんのお話は、新たな発見だらけでとてもオモシロく、にわか雨に濡れながらも笑いっぱなしでしたから、「ホイホイ」イラズだったかも … 笑。

Img_9908 そして、そして、シャチ狙いで羅臼の船に、ヒグマ狙いでウトロの船に乗船です。
残念ながら海の神レプンカムイ(シャチ)は姿をみせてくれませんでしたが、山の神キムンカムイ(ヒグマ)は、惜しげもなくその姿を見せてくれました。

大きなクマが無防備な格好でトドを食べるシーン、おっぱいをもらう可愛い仔グマとお母さんの心なごむシーンに大感激。

シャチはぼうずでもヒグマはふさふさ … 笑。
シャチはお預けでしたが、羅臼の船からの眺めは最高でした。

夜には村の神コタンクルカムイ(シマフクロウ)のあの神々しい声も聞けたりして、朝は早くから夜遅くまで、まるっと2日間、知床三昧でした。知床の海の幸に舌鼓をうち、知床の神々を感じ、知床の自然を満喫した友人は、「2日じゃ足りんねぇ~」と云って、笑顔で帰っていきました。

そうです、そうでしょうとも、知床を満喫するのに2日で足りるわけがないっ!
なんて、嬉しくなる私でした。
Img_9968

2011年5月17日 (火)

「変わってゆくもの。」

Mizubasyou 先日、5月9日17時30分ころ、知床五湖の1湖湖畔の遊歩道を歩いていました。
生憎の曇り空で、連山はすっぽりと雲に隠れています。
思い起こせば、湖面に波がありませんように、連山が雲に隠れていませんようにと祈 りながら 何度この場所を訪れたことか…。 地面から盛りあがり脈々と地を這う根や湖面から顔を出す三角の岩。 遊歩道のほど良いアップダウンと凸凹は心地良く、心落ち着く大好きな場所でした。
フナを見つけ、エビを見つけ、エゾハルゼミを見つけたのも、この場所でした。
あれやこれやと思いだし、少しでも多くを覚えておこうと、湖畔を独り占めして佇む と、感傷的になり過ぎてちょっとうるうる … 笑。
立ち去り難い思いを抱え、感謝の気持ちを置いて、ちゃんとお別れをしてきました。

さてさて、先日10日から、いよいよ新しい知床五湖の利用が始まりました。 7月末まではヒグマ活動期となり「高架木道」は自由に散策できますが、 「地上遊歩道」は、認定を受けたガイドツアーだけが散策できるわけです。 行ってきました! 新たなルールでは、1湖から5湖への散策順路が逆転して、5湖から2湖へと回ります。
逆から見ていくと、見慣れているハズの景色が全然違って見えたりして新鮮です。 5湖から歩き始めるとすぐ迎えてくれたのは水芭蕉の群生です。 「えっ!? こんなにキレイだったんだ!」って、びっくりです。
だって、水芭蕉の時期は奥の5湖へは立ち入れませんでしたから、初めて出逢う景色 です。そう、これから、いつでも奥5湖へ行けるのです。
勿論、ヒグマ出没時は別です。 でも、数時間のクールダウン後、また歩けます。
これまでのような開かずの知床5湖 にはならない!予定です。

確かに自由に歩けなかったり、ガイド料も必要で、イイことばかりではないけれど、ワルイことばかりでもないということですよね。

旬の水芭蕉を、ぜひ、ご覧になってきて下さい。

ご予約が必要です。

■知床五湖利用に関して

---------------------
だいぶあったかくなりました。

あさ、12度。
いま、15度。

朝、ストーブがいらなくなりました。

2011年4月29日 (金)

「CとLとで。」

枯葉!と、思いきや、なんと蝶!Img_8900
見事に枯葉に成り済ましています。
鮮やかな彩りのハネを閉じた瞬間、何が起こったのかと目を疑ってしまったほど枯葉
そっくり。

きっと、あの天然記念物「カラフトルリシジミ」のような扱いは受けていないに違いないのです
がこんなにインパクトのある蝶ですから名前くらいは知りたくて、知人を巻き込んで名前探しを始めました。

「ところで蝶? 蛾?」、
「蝶と蛾の違いって何?」
「夜行性で胴が太くてあんまりキレイじゃないのが蛾じゃない?」
「ハネ、たたんでないしこれ蝶だよ」
「でも樹液を吸っていたから蛾かも」