知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

2015年8月15日 (土)

世界自然遺産登録10周年記念イベント・当選者発表!

先月7月16日から18日までの3日間行った

世界自然遺産登録記念イベントにて、

ご宿泊のお客様を対象に行った応募に

多数の参加をいただき誠にありがとうございました。

3日間での応募総数176枚。

その中から選ばれた幸運な方々は・・・・・・・・・こちら!

まずは、

■マグノリア賞(豪華海産物セット)

東京都の・・・・・・・大見 きみ 様!!

おめでとうございます!

知床の海産物をぜひ堪能してください!

Img_9994_640x480_2


そして!

オホーツクの特産品を

手に入れた6名様の方々は

こちらです!

■辛夷賞(オホーツク特産品)

東京都 あっちっち 様

北海道 堀松 真奈美 様

東京都 でかぶた 様

宮城県 菊田 昌幸 様

北海道 半田 弘子 様

大阪府 金子 亜矢 様

以上の皆様が当選されました!

当選された皆様には近日中に賞品の発送を予定しております。

お手元に届きますまで今しばらくお待ちくださいませ。

おめでとうございます!!

5b7a0227_640x426

2015年2月25日 (水)

第12回「流氷初日クイズ」当選者発表です。

みなさま、大変、大変ながらくお待たせいたしました。

第12回流氷初日クイズ当選者発表です!

Img_9908_640x480_9

■正解日 2015年1月19日(月) 午前
■応募総数 717件!

館内にて、ホームページにて多数のご応募ありがとうございました。

■正解 33件のうち、見事抽選1等は・・・!
・東京都の 「くまたん」 さん

■2等当選の2名様
・北海道 「かっき」 さん
・神奈川県 「テツ」 さん

当選された皆様には後日ご連絡をさせていただきます!
おめでとうございます!

見事1等当選の”くまたん”さんには、
当館ペア宿泊券+5千円相当の海産物、

そして“本物の流氷2Kgくらい”が送られます!

2等当選の2名様には、3千円相当の海産物と、
もちろん、“流氷2Kgくらい”も、きっちり送らせていただきます。

お手元に届きましたら、下記の使用上の注意をよくお読みいただき、正しく流氷をご使用下さいませ。

2015年産の成長した流氷のお届けまでは
もうしばし、お待ちくださいませ。

***************************************

◆流氷の使い方◆
・冷凍庫に保存し必要に応じ取り出してください。
・ご使用後はできるだけ早く冷凍庫にお戻しください。
 常温で放置すると溶けてなくなります。

※ご注意
ご自由にご使用ください。

ただし、食べられません。

鑑賞用、実験用、アイスまくら、カーリングごっこ、などなど。
存分にお楽しみ下さいませ。

来年も流氷が来てくれることを願って。
また来年、皆様のご応募お待ちしております!

----------------------

■現在の流氷の状況

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2014年8月12日 (火)

世界自然遺産登録9周年記念イベント・当選者発表!

先月7月16日から18日までの3日間行った

世界自然遺産登録記念イベントにて、

ご宿泊のお客様を対象に行った応募に

多数の参加をいただき誠にありがとうございました。

3日間での応募総数69枚。

その中から選ばれた幸運な方々は・・・・・・・・・こちら!

まずは、

■マグノリア賞(豪華海産物セット)

愛知県の・・・・・・・さき 様!!

おめでとうございます!

知床の海産物をぜひ堪能してください!

0211_640x480_2

そして!

オホーツクの特産品を

手に入れた6名様の方々は

こちらです!

■辛夷賞(オホーツク特産品)

長野県 善財クー 様

群馬県 ラブテオ 様

神奈川県 モモ 様

北海道 高橋 洋子 様

北海道 石井 都礼 様

栃木県 ウッドペッカー 様

以上の皆様が当選されました!

当選された皆様には近日中に賞品の発送を予定しております。

お手元に届きますまで今しばらくお待ちくださいませ。

おめでとうございます!!

Img_7070_640x480

2014年4月29日 (火)

春ですから

最近、小鳥たちを観察していると、2羽で連れ添って飛び回る姿を良く見かけます。

きっとペアなんだろうなぁ~って、微笑ましい思いで眺めています。

林道を歩いていると、「フィー、フィー、フィー、フィー」って、ゴジュカラのあの高らかなさえずりが同じ場所から何度も何度も聞こえてきて、ちょっと探してみるとさえずりの主を横枝に発見。20140429

 

そして、そのすぐそばではメスが樹洞を出たり入ったり忙しそうにしていました。木屑のようなものを洞の中から銜えてきては放り出したり、新しい巣材を運び入れたり、入口が少し大きいのか泥のようなものをぬり重ねて好みのサイズに調整したりもしていました。

 

巣作りはメスの仕事らしいです。

201404292

忙しそうにするメスの横で得意げに美しい声を披露するオス、縄張りを主張したりメスを見守ったりしているのかもで、遊んでいるわけではないのでしょうけど、どうも私には楽しんでいるようにしか見えません…笑。201404293

でも、抱卵が始るとエサを運ぶ大事な仕事がオスにも待っています。

このゴジュウカラペア、気が変わらずにこの洞を巣にしてくれるでしょうか?

邪魔をしないように時々様子を見に行こうと思います。201404294_2

できればヒナが巣立つまで観察できるといいなぁ…。

2013年9月21日 (土)

「知床の中秋の名月ご報告ー。」

P9196263 皆様、ご承知の通り「中秋の名月」が「満月」とは限らないのですが、今年は見事に「満月」で、まんまるな名月を拝めたわけです。ちなみに、次は満月と中秋の名月が同じ日になるのは、8年も先らしいですよ。

さて、先日19日、知床の中秋の名月。

夕刻から空に広がっていた、不穏な雲も夜8時過ぎにはすっかり外れて、スッキリとした「満月」が夜空に浮かびあがっておりました。
09192 昨年は生憎の天候で中止になった、当館恒例の「お月見おさんぽツアー」を、今年は実施することができ沢山のお客様にご参加頂きました。

参加者全員で、ウトロ港まで10分程のお散歩をし、野外に用意したシート上の座布団に腰を降ろし、暖かいお茶と当ホテル自慢の温泉まんじゅうをいただきながら、お月さまをのんびり観賞できました。

ちょっと寒かったですけど、キレイなお月さまでしたね…。
皆様、ご参加下さいましてありがとうございました。

今年、お借りしたフィールドスコープは、「NDフィルター」付きで、この減光フィルターが、満月の明るさを抑えてくれるため、月面の様子がクレーターまでハッキリよくわかるのだそうです。
知床ネイチャーオフィスさん、機材をありがとうございました。勉強になりました。
P9196247 ----------------------
日に日に秋めきます。

朝、10度前後
お昼、15度前後。

雨でも降るとぐっと冷えそうです。

2013年9月13日 (金)

「くまごろう。デビュー。」

知床ウトロ温泉の「ゆるキャラ」がついに登場!です。
名前は「くま吾郎さん」。
P1120274 頑固だけれど温かで一途な人柄(熊柄?)で、動物仲間たちの間でも一目おかれる存在のヒグマ(♂)。

知床生まれ、知床育ち、現在25歳(平成元年生まれ)人間の年齢だと40~45歳くらいのはたらきざかり。

ワイルドで武骨だが、シャイでやさしく、ちょっとおっちょこちょい。
シレトコ気質(かたぎ)を背中で語るナイスな男。
昔想いを寄せたメス熊が急病で亡くなったことを知り、その仔熊たちの面倒を見ているそうな…。

そのメス熊からもらった大切な帽子をかぶって、先日、当ホテル玄関先で東京からお越しの修学旅行生さんやお客様のお見送りを致しました。

「ギィヤァァァァーー!」
女子学生の黄色い歓声を受けてまんざらでもなさげな「くま吾郎さん」、精一杯のハイジャンプのパーフォーマンスでお応えしておりました!
…ハイジャンプと云っても、10センチも跳ねてなかったような(汗)。

当館での初仕事を終えた「くま吾郎さん」。
これから、ウトロ温泉を巡りながら、親しめるキャラを目指すぞ!って、はりきっていました。

出会った時には、宜しくお願いいたしまぁ~す。
P1120279

2013年8月14日 (水)

「お月見お散歩ツアー2013」のお知らせ!

みなさまと中秋の名月を楽しく愛でようという、
お散歩企画「お月見お散歩ツアー2013」を9月19日(木)に開催いたします。
3_2 (過去のお月見お散歩の様子)

ホテルから徒歩10分ほどのウトロ港でのんびりお月見するだけ、という、ゆるやかツアー(散歩?)です。ご宿泊のかたなら、どなたでもご参加いただけます。
無料でございます。

日時は、
2013年9月19日(火) よる8:20集合出発。

おおよそ40分程度のお散歩です。

雨天中止、くもりは様子見。

9月19日、お部屋に空きがございます。
まだまだ予約おまちしておりますー。

1_2 ----------------------
今日は気温UP・UP

朝の気温、18度。
お昼、27度。くもり

湿度高いよー。
風がないよー。

2013年7月28日 (日)

「世界自然遺産登録8周年記念イベント・当選者発表!」

先日7月16日から18日まで行った
世界自然遺産登録記念日イベントにて、
ご宿泊のお客様を対象に行ったご応募に
多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。

3日間での応募総数は149枚。

その中から選ばれた幸運な方々は・・・・・こちら!

まずは!

■マグノリア賞 (ペア1組様2泊分宿泊券)

広島県の、、、 スペイン人 様!

おめでとうございます!!

冬の知床でお待ちしております!

2013_0728_2    

そして!

オホーツクの旬の幸を
手に入れた6名の方々は
こちらです!


■辛夷賞 (オホーツクの特産品等)

千葉県 マッピ 様 
埼玉県 いくよさん 様
愛知県 岩ヶ谷 様
東京都 まぐろ 様
静岡県 杉山 様
北海道 舘岡 様

以上の皆様が当選されました!

当選された皆様には近日中に賞品の発送を予定しております。

お手元に届きますまで今しばらくお待ち下さいませ。

おめでとうございます!!

2013_0728_3    

2013年4月14日 (日)

「ちょっとそこまで2013。」

Dscf0179 そろそろ、知床五湖や知床峠の開通が近づいてきました。
五湖方面=4月19日午前11時。
知床峠方面=もうすぐ(4月下旬GW前)のはずです。

道路にも雪の心配がほぼなくなると、
ついつい「ちょっとそこまで」、出かけたくなる季節です。

ただ、当地、知床の「ちょっと」はそれなりのスケールになります。
当館からの距離ですと・・・

「ちょっと知床五湖まで。」=往復 28 km。
「ちょっと知床峠まで。」=往復 32 km。
「ちょっと羅臼まで。」=往復 70 km
「ちょっとマックまで。」 = 片道 80 km

と、サンダル履きでお散歩ついでにはむずかしい距離です。

そこで当館では、夏期のみ「レンタカー」の取次ぎをおこなっています。

今年は、2013年4月28日(日)からご利用いただけます。

詳細は、以下の通りです。
----------------------------------
当知床グランドホテル北こぶしは、Honda Cars 北見さんのホンダレンタリース取次ぎ店舗として、軽自動車「ホンダ ライフ」1台をご用意しております。

知床五湖や知床峠はもちろん、プユニ岬やオシンコシンの滝、ウトロ市街地周辺の散策にも便利です。
滞在中のお客様、公共交通機関でお越しのお客様ぜひご利用下さいませ。

■ホンダレンタリース取次ぎ店
■知床グランドホテル北こぶし

■取次ぎ期間:2013年4月28日~10月末まで。

■ホンダライフ(軽)1台
※乗り捨てはできません。
※ホテル出発/ホテル戻りのみです。
※1台のみですのでご希望のお時間が貸し出し中の場合もございます。

■ご利用料金
・特別プラン
・・・2時間/2,500円
・・・4時間/4,000円

・通常プラン
・・・6時間/5,500円
・・・12時間/7,000円
・・・24時間/8,500円

ご予約・お問合せは、ホテルまでおきがるにどうぞ!
mail : info@shiretoko.co.jp
TEL 0152-24-2021
----------------------

2013年3月 8日 (金)

「大浴場改装工事のお知らせです。」

日頃より、当館ご愛顧いただき誠にありがとうございます。
勝手ながら、以下日程におきまして、大浴場改装工事を実施する事となりました。

ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

① 3月18日(月) ~ 4月6日(土)
8階大浴場一部浴室内、及び一部浴槽工事
☆ 8階大浴場、屋上露天風呂をご利用いただけます。
※9:00~15:00は、大浴場がご利用いただけません。

② 4月7日(日) ~ 4月19日(金)
8階大浴場 浴室内 全面工事のため閉鎖
★ 8階大浴場、屋上露天風呂をご利用いただくことができません。

改装工事に伴い、3月25日・26日の日中(10:00~15:00)に
「西館客室」にて作業音が発生いたします。
ご滞在中のお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

■大浴場閉鎖中のサービス■
「4/7(日) ~ 4/19(金)」

・貸切風呂を、ご利用いただけます。
15:00 ~ 24:00、朝は 6:00 ~ 9:00 まで、
1時間区切りで貸切風呂をご利用いただけます。
(入浴50分/清掃10分)
ご予約はホテルご到着後に承ります。

・知床プリンスホテル風なみ季の温泉大浴場をご利用いただけます。
16:00 ~ 22:30 まで、送迎車をご用意致します。
(30分ごと送迎、予約不要)

ご不明な点等ございましたら、当館までお問合せ下さい。

知床グランドホテル北こぶし

2012年8月 6日 (月)

「世界自然遺産登録7周年記念イベント・当選者発表!」

先日7月16日から18日まで行った
世界自然遺産登録記念日イベントにて、
ご宿泊のお客様を対象に行ったご応募に
多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。

3日間での応募総数は160枚。

その中から選ばれた幸運な方々は・・・・・こちら!

まずは!

■マグノリア賞 (ペア1組様2泊分宿泊券)

大阪府の、、、 植野 様!

おめでとうございます!!

冬の知床でお待ちしております!

2012_0806_01_2   

そして!

オホーツクの旬の幸を
手に入れた9名の方々は
こちらです!


■辛夷賞 (オホーツクの特産品等)

神奈川県 沼田 様 
岐阜県 岡田 様
奈良県 クロゴマ さん

山口県 貴 さん
和歌山県 ひろ香グループ さん
神奈川県 はっちゃん さん

北海道 シマヒデタカ さん
福島県 五十嵐 様
東京都 ウトロにウットリ!! さん

以上の皆様が当選されました!

当選された皆様には近日中に賞品の発送を予定しております。

お手元に届きますまで今しばらくお待ち下さいませ。

おめでとうございます!!

2012_0806   

2012年7月20日 (金)

「ぽんぽこぽん。」

海の日の3連休、初日は曇り空で観光船も欠航したり途中で折り返したりで、沢山のお客様にお越し頂いているのに、どうなることかと思っておりましたが、翌日からは、キレイな青空が広がり海も穏やか!観光日和になってくれました。

ただ、活動の活発なヒグマが、連日のように知床五湖に出没してしまい、中止せざるを得ない五湖ガイドツアーが多い状態。でも、そのヒグマを高架木道からご覧頂けたりもして、知床らしい知床を感じ、楽しんで頂けたことと思います。


そして、私にも嬉しい出来事が待っていてくれました…笑。
Img_1012






Img_0993見て下さい!ひぃー、ふぅー、みぃー、よぉー…、きっと、6匹か7匹の兄弟です。ヒグマの出産数は、1頭から多くて3頭と聞くのに、なんとまぁ、仔だくさんっ!… って、
「ヒグマ」ではなくて「タヌキ」の赤ちゃんでした!…笑。
生後2ヶ月たたないくらいでしょうか、ちっちゃいながらも、ちゃんとタヌキの顔になってます。日向ぼっこをしていたようです。

Img_1078
こちらはお母さん? タヌキは両親揃って子育てをするそうなのでお父さん?かもです。

タヌキとの出逢いというと、いつも夜中で、お尻をもこもこさせながら、そそくさと消えていく後姿ばかりでしたから、びっくりでした。
この赤ちゃんたちが、親のようなタヌキ模様になるのは夏の終わりくらいだと思うのですが、家族そろって大きなお尻と小さなお尻を、もこもこさせてぞろぞろ歩くところに出くわせたらイイなぁ~て、思っちゃいます。


-----------------------------------------------

今朝は、11度。
お昼は、14.5度。

7月も20日を過ぎたというのに、ストーブを点けました。
もう少し、温かくなってほしいなぁ~。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月 5日 (木)

「今日のお散歩。」

本日も楽しく、知床散歩。今日は、フレペの滝へ出かけて来ました。

先月は曇りの日が多く知床連山も隠れてばかりで、フレペの草原から望む知床連山の景色は本当に久しぶりです。

Img_2289

知床連山も新緑が深緑へとかわり、残雪が消え夏の装いになっています。今月1日には、連山の右側に見える羅臼岳の山開も行われ、いよいよ、登山の季節も到来です。

本日は天気も良く、何か歩きたいモードでフレペの滝で引き返すのをやめて奥へと足を伸ばしました。

今の季節はハンゴンソウやワラビの背が高く伸びていて冬の雪積もる森とは勝手が違いますから、歩きやすい鹿道をさがしながら断崖に沿って、海を眺めて歩きました。

Img_2262

Img_0692冬にはよく来た、象の鼻越しに知床岬を望むポイントに立つと、冬の厳しさが嘘のような夏の断崖で海鳥たちが賑やかにしておりました。Img_2264_2
帰り道で見つけたのは、妖しげに咲くギンリョウソウのお花、ちょっと得をした気分
です。

春先は「ダニ」に苦戦しましたが、今は「蚊」の方が大敵かもです。何か所も刺されてしまいました。散策の際は虫除け対策お忘れなくです。

--------------------------------------------------

本日は、
朝は17度。
お昼は、小雨の予報が変わって、晴れの25度。

アフターファイブは、町民プールでひと泳ぎ?昆虫採集?
やっぱり、満月観察にしようかしら。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年6月26日 (火)

「問題です。水平線はどこでしょう?」

Westbuth7_2
おわかりになりますか?

6月22日にオープンしました
「西館7Fオホーツク倶楽部・露天風呂付き客室」の、
お風呂に浸かると・・・の目線で撮影しました。
Westbuth5テラスを含めると、こういった雰囲気になります。

Westbuth2お部屋の中は、オホーツク倶楽部の通常客室とおなじ落ちついたテイスト。この露天風呂付き客室タイプは、全4室。

夏はテラス で涼み、秋冬はお部屋の暖炉のぬくもりをロッキングチェアに揺られながら感じられます。

コンパクトに配置された、ロッキングチェアやツインベッド、デイベッドでお過ごしいただけます。

Westbuth4お部屋はツイン洋室。
2名様でのご利用です。
ご夫婦の記念のご旅行や、大切な人との特別なご旅行にぜひご利用いただきたく思います。

西館7F、オホーツク倶楽部「露天風呂付き客室」。
ご予約は当館ホームページからどうぞ。

ご質問、お問合せもお気軽にご連絡くださいませ。

みなさまのご予約お待ちしております。

■知床グランドホテル北こぶし:宿泊プランページ
-------------------
ひさしぶりにお日さまが顔をだしました。

朝は、7度。
お昼は、16度まであがりました。

今回は動物の写真は無いのです。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年4月29日 (日)

「6月下旬☆西館7階に【露天風呂付き客室】4室完成予定!」

現在、本館2階に、8室の露天風呂付き客室がございますが、さらに、眺望の良い場所に、露天風呂付き客室をご用意したく、西館7階客室を改装するはこびとなりました。

お部屋はクラブフロア・オホーツク倶楽部のモダンな意匠を施した洋室(ツイン)全4室。
最上階7階のテラスから、オホーツク海を一望するのみならず、
気兼ねなくご利用いただける、客室露天風呂の湯に浸かりながら眺望をお楽しみいただけます。

工事期間中は、お客様にご不便、ご迷惑をおかけする場合がございますが何卒、ご了承いただきたくご案内申し上げます。

【工事期間】
5月6日午後から6月22日頃まで

【工事場所】
西館7階

【お知らせ】
工事期間中、本館6.7階と西館6.7階の連絡通路をご利用いただけない期間がございます。
ご迷惑おかけしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。

☆ご宿泊プラン近日販売開始予定!!

改装イメージはこちら!
1

2

2012年4月11日 (水)

「朝食にフレンチトーストはじめました!」

Ts_3
先日、FacebookPageでもご案内しました、朝食のフレンチトースト。

本日よりはじめました~!

焼きたてをお召し上がりいただくと・・・
ふわっふわの、とろっとろの食感です。

できるだけ、みなさんに焼きたてをお召し上がりいただくために、提供方法を試行錯誤してますが、ぜひともお試し下さい~。

あ、ちなみに画像は盛付イメージです。

ご提供する際、溶かしバターをかけてありますので、
メープルシロップ
ホイップクリーム
ストロベリーソース
シュガーパウダー
から、お好みで盛付を!
----------------------
今朝は生ぬるい気温でした。

朝、プラス12度!
お昼、プラス15度!!

ついに気温2ケタになってきました。
雪解けすすみそうです。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ。




2012年2月 7日 (火)

お待たせしました!「第9回流氷初日クイズ」当選者の発表ですっ!

みなさま、大変、大変ながらくお待たせいたしました。

第9回流氷初日クイズ当選者発表です!

2012_0207

■正解日 2012年1月16日(月) 午前
■応募総数 558件!

館内にて、ホームページにて多数のご応募ありがとうございました。

■正解 12件のうち、見事抽選1等は・・・!
・神奈川県の 「人魚」 さん

■2等当選の2名様
・北海道 「山田りず」 さん
・神奈川県 「ちゃらっぴー」 さん

当選された皆様には後日ご連絡をさせていただきます!
おめでとうございます!

見事1等当選の”人魚”さんには、
当館ペア宿泊券+1万円相当の海産物、
そして“本物の流氷2Kgくらい”が送られます!

2等当選の2名様には、5千円相当の海産物と、
もちろん、“流氷2Kgくらい”も、きっちり送らせていただきます。

お手元に届きましたら、下記の使用上の注意をよくお読みいただき、
正しく流氷をご使用下さいませ。

なお、流氷は現在接岸中ですが、もう少し海で育てて、太らせてからお届けします。
2012年産の新鮮出来立て流氷のお届けまでは
もうしばし、お待ちくださいませ。

***************************************

◆流氷の使い方◆
・冷凍庫に保存し必要に応じ取り出してください。
・ご使用後はできるだけ早く冷凍庫にお戻しください。
 常温で放置すると溶けてなくなります。

※ご注意
ご自由にご使用ください。

ただし、食べられません。

鑑賞用、どっきり用、ねつさま用、空想妄想瞑想に。
存分にお楽しみ下さいませ。


来年も流氷が来てくれることを願って。
また来年、皆様のご応募お待ちしております!

2012_0207_02 ----------------------
斜里岳は彫りが深くて男前。

お昼はなんとプラス1.3度。
あったかい。

今は順調にマイナスへ降下中。

北風よ吹け!

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年1月18日 (水)

「決定!流氷初日2012!」

2012_0118  みなさんこんにちわ。

今期もついにショニチりました。

先日、1月16日(月)午前10時ごろ。流氷が姿を見せたプユニ岬からの光景です。

よって、流氷初日クイズの正解は、
「1月16日・午前」となりました!

みなさまの予想はどうだったでしょう?

当選者発表は、近日予定しておりますので。いましばらくお待ちを。

網走や紋別でも流氷初日が観測されていますが、ウトロは一部が「流氷接岸」しました。初日から天気も安定し、絶好の観察日和が続いています。

2012_0118_2_2 こちらは昨日。
1月17日の夕暮れ。
初日から2日目。

港に行くと、波に押され岸に乗り上げた流氷たちが思いのほかいっぱいありました。

そして本日1月18日のお昼、プユニ岬から。2012_0118_3_3

沖合いには大きな流氷帯がありますね。まだまだ氷の厚みは無いですが、これからの成長を見守りましょう!

流氷初日クイズの発表はもうしばしお待ちを!

------------------
2012_0118_4あおいー
そして白いー

当館海側の客室からです。

朝、マイナス11度。
お昼、マイナス5度くらい。
ちょっと、あったかい。

ライブカメラからもご覧下さい。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年1月 5日 (木)

「なんだか楽しいぞ。」

Dsc_0142 知床ウトロ。プユニ岬からの眺めです。
雪と風と波だけ見えます。
色はありません。

オオワシとオジロワシが強風をとらえて浮んでいます。
モノトーンの空に、ただ置いてあるように見えます。


風と波の音だけします。
かなりのボリュームです。
においはありません。

人がひとり歩いています。
強風のなか歩いています。
笑っています。笑顔です。

お正月明けの知床、なんだか楽しそうです。

-----------------------
重ための雪が吹き溜まりになりました。

起きたころ、マイナス2度。
お昼ころ、マイナス1度。

いがいとあったかいです。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2012年1月 1日 (日)

「あけまして知床2012。」

0101_2 新年あけましておめでとうございます。

知床ウトロは晴天の元旦を迎え、すがすがしい空気と青空が広がっています。

さて、ホテルロビー内の知床来運神社でのおみくじ。さっそく今年の運だめしです。

結果、「吉」。

うむ。よしとしましょう。

知床に、吉なる風がふくことを願うばかりです。
みなさまには、すてきな一年になりますように。

-----------------------
そろそろ縁日屋台の開店です。

起きたころ、マイナス5度。
おみくじころ、マイナス4度。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年12月23日 (金)

「乗りショベ?撮りショベ?」

Dsc_0125 大きなバケットが付いた黄色い乗り物。
でも、キャタピラーじゃなくて、タイヤで走る特殊車両。

そう、ホイールローダーこと(?)タイヤショベル。

昨晩の嵐は、重く湿った雪で、知床ウトロの街をおおいました。
あちこちに吹き溜まりができたり、道路がふさがれたりと大雪の影響がでた朝でした。

そこで活躍するのが、このタイヤショベル。
道路はもちろん、駐車場や店舗の前の、重い水分たっぷりの雪を軽々とおしのけます。
時には、身動きとれなくなった車なんかもひっぱり助けたりもします。

はたらく乗り物って、カッコいいです。
運転してる人たちも、なんとなく誇らしげなところがたまりません。

ウトロの街中を、大小さまざまなタイヤショベルが行き交います。
ちいさな町に、タイヤショベルがこんなにたくさんあるのにはびっくりです。
今日は、歩いている人の数より間違いなく多くみかけます。

タイヤショベルの聖地。メッカになるかもしれません。

鉄道、バス、デコトラ・・・などなど、はたらく乗り物ブーム。
そろそろ、ショベっちゃんのブーム到来でしょうか。

週明けまで、荒れ模様の予報。
しばらくはウトロのまちを、タイヤショベルが駆け抜けます。

それを追いかける、ショベル女子。

うむ。
大雪も悪くないかもしれません。

Dsc_0126 -----------------------
まちなかを走るタイヤショベル。

朝、プラス0度。
お昼すぎ、プラス2度!
ひさしぶりのプラス気温。

作業免許もお忘れなく。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年12月 3日 (土)

「それなりにツリーのあるロビー。」

1203_2 遅ればせながら、ロビーにクリスマスツリーセッチング完了です。

当、北こぶしのロビーの意匠がどちらかというと、和ベースなので、ツリーが合わないなーと以前から思っていました。

が、

それなりのサイズのツリーをドーンと置くと、それなりに見栄えがするものだなーと、思いを新たにする師走の初旬です。

知床も冬の空になりました。
怒涛の年末もまもなくです。
お師匠、そろそろ出番です。

その前に、12月23日~3日間、クリスマスブッフェプランで、年末の忙しさをちょっと一休みしてみてはいかがでしょう。オススメです。

【3日間限定☆クリスマス♪知床テラスブッフェプラン】

-----------------------
来年はもっと早くに準備しましょう。

朝、マイナス7度。
お昼、1度。ひさしぶりにプラス気温です。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ♪

2011年11月27日 (日)

「材料のおさらいです。」

11273 4皿分です。

ブタ肉、300グラム。
今日は霜降りのロースを使いました。
軽く塩こしょうしておきましょう。

しっかり火を通しますので、少々色がよろしくなくても大丈夫です。

そんな、11月の曇り空。
やや、荒れぎみのオホーツク海。

波に混ざる、白い泡の部分。
脂です。
いえ、脂に見えます。

ロースです。
いえ、波です。オホーツク海です。
11272
ほら、ね。

当館から、徒歩3分で、霜降りブタ肉風オホーツク海をご堪能いただけます。

ぜひご賞味のほどを。
-----------------------
グレーな冬の空模様になりました。

朝、0度。
お昼、7度。ややあったか。

ハツ江さんもびっくりのお味です。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ♪

2011年10月17日 (月)

「そろそろ気温が下がるわけで。だから、知床峠も閉まるわけで。」

10月もはや、半ばをすぎましたがいまだにストーブを点けずにいられる陽気が続いています。

が、しかし、さきほどのニュースでは、明日は気温がぐっと下がり、旭川などでは朝方雪になるとか。

そんなニュースと並行して、知床峠の冬季通行規制に関する予定が入ってきました。
10月下旬から11月上旬、知床へお越しを予定の皆様、ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路の通行規制がはじまります。くれぐれもご注意を。

■知床峠(知床横断道路・国道334号線)

・10月24日(月)から、夜間通行規制がはじまります。
(午後5時~翌朝 9:00まで通行できません。)

・10月31日(月)から、夜間通行規制が早まります。
(午後3時~翌朝 10:00まで通行できません。)

・11月7日(月)15:00から、冬季通行止めになります。
(来年4月下旬まで、知床横断道路は閉鎖です。)


※ ここにご注意を!

例年、羅臼から峠を越えてウトロにお越し予定のお客様が、通行可能な時間に間に合わないことがあります。
知床横断道路経由だと45分のところを、知床半島の根元を回らなければならず、約2時間ちかくも遠回りをしなければならなくなります。
ラジオや道路情報表示にもご注意を。

夜8:30を過ぎ、知床ウトロは風の強い夜を迎えました。
この風でカメムシが、ふきとばされることを期待するわけです。

1017 -----------------------
ぬるめの強い風です。

おひる、20度。
夜8時、13度。

今晩はグっと寒くなります。
明日の晩はさらにグっと!

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ♪

2011年9月18日 (日)

「秋冬の知床ドライブのすすめ。」

冷たい雨が落ちている知床です。
今朝、お客様のお見送りをしていても久しぶりに汗をかくことがありませんでした。すこしひんやりするくらいです。

そうした季節になってきますと、気になるのが「紅葉」の塩梅です。
今年はどんな景色が見られるでしょうか。

おおよその見どころ、ちょっとだけご紹介しましょう。これから知床方面へご旅行検討される皆様に、お役に立てば幸いです。

Dsc08128_2 はい、まずは、知床峠付近。
10月上旬から中旬にかけてがオススメです。

ウトロ側ももちろんですが、知床峠を越えてラウス側にちょっと進んだあたり、羅臼湖散策路入り口すぎあたりからの眺めも素晴らしいです。天気がよければ、国後島も見られますしね。

10082 つづいては、知床五湖方面。
風のない湖面に映りこむ樹木の彩りをお楽しみいただけます。

こちらも10月上旬から中旬過ぎ頃でしょうか。
紅葉はもちろんですが、冬支度をはじめたエゾリスなどの小動物の活動が活発な季節です。声を潜めて、散策はいかがでしょう?
10月20日まではレクチャーを受けて、それ以降は自由に地上散策路を利用できます。

Dscf1598 季節はどんどん冬に近づいた11月上旬。
知床五湖方面へ続く直線道路付近のカラマツが金色に輝きますよ。
このカラマツ。開拓者が材木用に植えたそうです。
そのため、五湖方面の開拓跡地に多くひろがっています。
エゾシカのラッティングコールが響く中、知床のゴールデンカラーをながめてはいかがでしょう。

1111 11月上旬から下旬。
秋を越え、初冬の装いとなります。
冠雪の知床連山と、カラマツ、そして青空のコントラストを是非ご覧頂きたいところです。

知床五湖方面、および知床五湖は例年11月下旬(25日前後)までご利用いただけます。

知床本来の静けさが戻るこの季節こそ、ドライブに最適なのではないかと思います。

秋冬ドライブに向けて、すこしだけご注意を。

10月上旬頃から山間部で、10月下旬以降は知床の平野部でも雪の可能性があります。くれぐれも冬タイヤ(スタッドレス)でお越し下さい。

「雪道の経験が無い~。」という皆様。
極力、日中のみ走行できるような余裕をもったスケジュールで、安全運転でお越し下さい。

10月29日には、道東自動車道がさらに便利になります。

しかも、ドライバー応援宿泊プラン
「秋冬こそ知床ドライブ♪ドライバー特典付き海側ブッフェプラン」
も、好評予約承り中です。

秋冬の知床で、お待ちしてまーす。

------------------
今日は冷房OFFです。

朝、15度。
お昼、16度。

薄手のフリースあると便利です。

2011年9月 9日 (金)

「食の祭典、はじめました。」

冷やし中華もそろそろシーズンオフなこの頃いかがおすごしでしょうか。

知床は、どろんとした夏の湿度がまだ残っています。
とはいえ9月、

カラフトマス
アキアジ(鮭ね)
サンマ

きのこ
蕎麦・・・。

秋の味覚が恋しい季節となりました。

そこで、全国3,000万の知床秋の味覚ファンに重大なお知らせです。

例年10月中旬から11月にかけて開催しておりました、「知床番屋祭」が本年は大幅リニューアルをはかり、1日限りの「食のイベント」として開催決定となりました。

その名も
「知床S-1グルメバトル in 道の駅うとろ・シリエトク」 ↓↓
S1

















どうです。
なにか、すごそうじゃないですか。

「S-1」(エスワン)と読むくらい、もうとにかくS好きなお祭です。

Shiretoko(知床)
Salmon(アキアジ、鮭のことです。)
Sachiku Pork(斜里の有名な豚肉、サチクの赤豚)
Shiretoko beef(知床ギュウ)
Shiretoko chiken(知床鶏)
Shika(・・・シカです。エゾシカ肉。)
Sachiko(北海道が誇る料理クイーン、星澤幸子先生!

すごいです。

まとめますと、
「Sの付く5つの知床産食材を使って美味しい物を作って食べましょうよ。そして、審査もしましょうよ。審査員は来場の皆様と審査員。さらに、星澤幸子先生のトークイベントもありますよ!うまい!楽しい!ためになる!」

そんなイベントです。

Moza2 当館、料理長も出品予定。

←コレです。

どの食材をどんな料理に仕立てたのか、絵心あふれる料理長の一品、現在、改良中です。
内容は現地でご確認いただければ幸いです。

開催は、10月23日の1日限り。知床ウトロ温泉に宿泊すると特典もありますよ。

興味のあるかたは興味なさそうな人もお誘いいただき、記念すべき第1回S-1グルメバトルにぜひとも、お越しを!

■知床S-1グルメバトル in 道の駅うとろ・シリエトク

・ 日時:2011年10月23日(日) 10:00~14:30
・ 料金:入場無料/出品料理は1,000円のグルメチケット購入必要
・ 主催:NPO知床斜里町観光協会

------------------
この季節、夕景がすばらしいです。

朝、20度。
お昼、26度。

雲のある午後はお近くの海岸で夕陽チェックを。

2011年7月31日 (日)

「夏やさい、はじめました。」

20110731_3
大暑を越え、7月もそろそろ終わり。
みなさま、どんな夏をお過ごしでしょうか。

知床は本日最高気温21度ほど。なかなかに爽やかな7月最終日を迎えています。

気温は本州各地に比べると、10度以上低いのですが、好天時の日差しはなかなかのもので、しっかりと夏を感じることができます。

そんな道東の日差しを一身にうけて、夏やさいが絶好調。
みずみずしい、キュウリをはじめ、キングオブ夏やさい、トマトさまをが色濃く実っています。

夕食ブッフェレストラン「知床テラスダイニング波音」では、斜里産のキュウリ、トマトさまをご用意しております。

斜里の契約農家で、朝採れたばかりの、夏やさい。現在は、キュウリ、トマトさまのツートップですが、今後の入荷状況ではメンバー増を予定しいます。

立秋まであと1週間ほど。
夏だ!と大手を振って言えるのも、あと半月ほどです。
夏本番の味覚をぜひご賞味下さい。

201107312 -----------------------
調理長の手書きポップ。

あさ、16度。
お昼、21度。

昨日、寒くて焼肉あきらめました。




2011年7月 5日 (火)

「電気ですかーっ!」

7月。知床も25度を越える日がちらほら。本格的な夏がはじまります。
みなさまのお住まいの地域はどんな気候でしょうか?

そんなさっこん、良い電気とわるい電気があるような報道が多いなかではありますが、今回は、良い電気のお話です。

電気自動車、おもちでしょうか?
EVカーです。

2012年3月まで、知床では電気自動車への充電がなんと無料なのです。

知床温泉旅館共同組合のはからいで、排気ガスを出さない電気自動車でどんどん知床にお越しいただこうという未来に向けた取り組みなのです。

P1080503 もちろん、電気自動車でお越しいただいた方用の充電スタンドを完備。

当、知床グランドホテル北こぶしでも200ボルトで満タン充電ができるのです。

当館以外にも、知床ウトロ温泉内の宿泊施設の多くがこの充電機器を設置しています。

使い方はいたって簡単。
もう電気自動車を購入するのに躊躇はいりません。

知床に行けばいつでも充電ができる!そんな安心感につつまれること間違いなしです。

この夏、なにかと注目の電気の話。
この機会にクルマも元気に・・じゃないや、電気にしませんか?

-----------------------
知床の湿度もなかなかのものです。

あさ、22度。
お昼、26度。

半そでで、日焼けしましょう。

2011年6月15日 (水)

「負けるなジャポン。」

さあ、みなさんも巨匠風にご唱和ください。

「星、いくついただけますでしょうか。」
( 唱和 ) 「ほし、みっつですっ!」

さてさて、今回の三つ星獲得。
街の巨匠や未来の巨匠に感謝ではなく、ミシュランに感謝です。

ちょうど1ヶ月まえ発行された「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン 改訂第2版」において、それまでの二つ星から三つ星に昇格したのです。

ホシをいただいたのは「知床国立公園」。
当館ではございません。

泣く子もだまるレストラン評価ブック「ミシュランガイド」を発行するタイヤメーカー、ミシュランさまが2009年から発行するこのミシュラン・グリーンガイド・ジャポン。(長いので、以下MGJ。)

フランス語と英語版があり、海外のみなさまに、日本各地の観光地を紹介するガイドブックです。ミシュランガイド同様、☆の数でその観光地の評価をわかりやすく案内しています。

全国の観光地でMGJ三ツ星を獲得しているのは、

富士山
日光
伊勢神宮
京都や奈良の仏閣
熊野三山
厳島神社
屋久島

などの名だたる観光地の数々にくわえ、

ハニワ。(国立博物館内)
ミキモト銀座
プラダ青山
飛騨高山美術館

など、お買い物スポットや美術館も掲載され、三つ星を獲得しているのです。
ちなみに、ブリヂストン美術館は二つ星でした。

そうした、観光地、景勝地のみならず、日本全国有数の観光&お買い物スポットのなかで、「知床」が三つ星を獲得しているのです。

しかも、改訂前の二つ星から、ランクアップの三つ星です。
今回が初掲載ではなく、ランクアップしているのがスゴイところです。

おフランスが認めた世界に誇るジャポンの三つ星観光地 「知床」。

まだ、見たこと、行ったことがない皆さま。
パリっ子よりも早く、知床へお越しください。

いま、オススメの季節です。

MGJ(正しくは、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン)

三つ星・二つ星・一つ星 掲載観光地リスト

Dscf1196
今日まで気温低めです。

あさ10度。
おひるに、9度。

ブリヂストン美術館行きたいです。

2011年6月 7日 (火)

「300年たったら登りにおいで。」

つい先日まで、新緑のはかなげな淡い緑だった山々も、日に日に濃く力強い緑へと代わりつつある知床の6月初旬。
良い季節になりました。

そんな、さわやかな先週土曜日、NPO法人知床自然学校主催の「知床・どんぐりの里親プロジェクト」の見学に出かけてきました。

06063 ウトロ温泉から、斜里方面へ車で15分ほどの国有林の一 角がその会場。鹿避けのフェンスの中には懸命に、イタドリの根と格闘しながら地面を耕す人たち。
主催スタッフのほか、地元の方や、どんぐりの里親の方々です。

このプロジェクト。知床のどんぐりを、賛同していただいた全国の方々に発送して、苗木を育てて頂き、1年半ほど育った苗木を今度は知床に植えて育てるというものです。

この日も、1年以上いつくしんで育てた苗木を持って、全国各地から里親さんがお越しになっていました。当館にご宿泊の方もいらっしゃったようです。
みなさん、明るい日差しの中、汗をかきながら、苗木の育成場所を真剣に、そして楽しそうに、耕していました。

さて今回の会場となっている「アッカムイの森」(アッカムイ=エゾモモンガ)には、いろいろと遊びがあるようで、それをふらふらと眺めていると、

06065 「さー、ツリーイングやってみようー。」というスタッフの方のはからいで、気がつけば、ワイシャツ・ネクタイのうえに、ヘルメット・ツリーイング用の器具、軍手を装着することとなり、レクチャーを受けたとおもったら、いつの間にか樹上の人に。

樹齢300年と言われるカツラの木にかけられた専用ロープを、あやつるというより、ロープにしがみつきながら高さ12メートルくらいまで上昇。カツラの巨木のなかほどで、宙にブラブラ。
もちろん、ネクタイはそのままです。
なかなか、それなりの高さです。

06066ブラブラの足もとの先では、みなさんが地面と向き合うすがたが見えます。さすが推定12メートル。
人が小さく見えます。
みなさんが育てた、1年生ドングリ苗木はさらに小さく見えます。

自分がブラブラしている巨木は300年生。

今回、植えられ、鹿避けフェンスの中で育てられた苗木は、自立できるようになった何年か後には知床の森に移される予定です。それから風雪に耐えながら、大きく育つ事を祈るばかりです。

いまはまだ小さな苗木が、何十年、何百年か後にはブラブラできるくらいに大きくなることでしょう。

樹上で揺られながら、何百年先を想像するのはなかなか楽しい時間でした。

■NPO知床自然学校

■知床・どんぐりの里親プロジェクト

06061 -----------------------
今年の花粉の量はすごいです。

あさ、11度。
お昼、ぐっとあがって20度。

セミの声がたからかです。

 

2011年5月31日 (火)

「父だ!SLだ!いやネイチャーガイドだ!プランいろいろご紹介。」

知床も、そろそろ夏めいてきました。
山や森の緑と、連山の残雪、そしてひろびろとした青空。

そんな初夏まっさかり、6月の知床をお楽しみいただきたく、ご宿泊プラン、いろいろご用意致しました。

まずは、以下のプラン、ちょっとのぞいてみてください。
Sl
36年ぶりに復活!SLが知床斜里駅にやってくる!
「SLオホーツク号運行記念プラン♪」

北見から知床斜里駅までの、
オホーツクを巡るSLが36年ぶりに復活!
網走から海岸線を走る姿を想像するだけで、もう、たまらんです!という、鉄道&SLファン垂涎の宿泊プラン♪

特典として、
・携帯やデジカメで撮った画像をチェックイン時にご提示いただくと、夕食時に生ビール(小)、または、ソフトドリンク1杯無料。

さらには、その撮った画像を2L判に印刷し、ロビーや
当館ホームページに掲示いたします。
もちろん、2L判の持ち帰りもOK。

しかも、休前日増し料金はありません!

つづきましては・・・

お父さんだって、癒されたい!なにか特典がほしーのだ。

そんな、お父さんに、
この宿泊プランをプレゼントしてはいかがでしょう?

「3日間限定★お父さんプレゼント付!父の日記念プラン」
Photo

あちこちのお父さんに調査したところ、お父さんの好きのものは、
「毛蟹」
「ワイン」
「フルーツ盛合せ」
の3点と判明しました。(当社調べ)

そこで、お父さんが大好きな3点のうち1つをプレゼントできる、
父の日ならではのプランをご用意。

真っ赤にゆであがった毛蟹のハサミに、日ごろの感謝をつづったメッセージカードを持たせたら、もう、お父さんの目も真っ赤になること間違いなしです。

夕食は、「好評70品ブッフェプラン」と、
和食とイタリアンの美味しい融合で好評の
「海鮮遊膳プラン」があります。

さぁ、全国の奥様、娘さん、お父さんと一緒に北こぶしへ!

そして、最後は、これぞ知床!を体感したいみなさまにオススメの、
「ネイチャーガイドツアーパックプラン」のご紹介。
Goko

知床の夏は、ほんとにすごいのです。
景色を見たり、一歩森へ入ってみると、とにかく元気になるのです。

みなさまにもぜひ、元気になってもらいたいと、いくつかのプログラムをご用意しております。

「知床五湖ガイドウォークパック」

「フレペの滝ガイドウォークパック」

「ラウス湖」ガイドウォークパック」

「知床ナイトシアターパック」

などなど、みなさまのお時間や体力に合わせてお選びいただける各種ガイドツアーと、一泊二食がセットになった、もう知床満喫まちがいなーいのプランです。

知床のみなぎる元気を吸収したり、夏休みお子様とご一緒に参加したりと、みなさま思い思いに知床にわけ入ってみませんか?

そのほかにも、
クルーザーや、定期観光バスや、ワンランク上のお料理プランなど、北こぶしの宿泊プラン、いろいろとりそろえております。

ささ、みなさま。
初夏から夏の知床は、北こぶしへゴー!

なのです。

ご不明な点、ご質問ございましたらご遠慮なくお問合せ下さいませ。
info@shiretoko.co.jp

---------------------
今日は、ちょいと寒いです。

あさ、5度でした。
いま、夜、3度。

フリースやウィンドブレーカーがあると便利です。

2011年5月 7日 (土)

「由来のハナ。」

ゴールデンウィークの忙しさが一段落した土曜日。

当館正面玄関横のコブシの花が開いていました。
低気温と雨、雪のGW期間中はじっと花弁を閉じていたキタコブシの花。おおぶりの白い花が6輪ほど開いています。

0507当館の施設名。「知床グランドホテル北こぶし」の、「北こぶし」。
この白い花が名前の由来です。

ここ数年、一輪も花をつけることがなく、
「もう、咲くことないんじゃないか。」
と言われていた、玄関横のコブシの木ですが今年は咲いています。

花言葉は「友愛」。「歓迎」。

玄関前で、スタッフはお客様を。コブシの花は本格的な春の到来を歓迎しています。

----------------------
強めですが風が柔らかくなりました。

あさ、7度。
ごご、15度。2倍です。

サクラもちらっと咲いてます。



2011年5月 5日 (木)

「直球勝負。」

日本全国、いろいろなお祭があります。

その土地の歴史や伝統に培われたお祭や、その地域が大好きで開催することとなったお祭などさまざまです。
歴史や開催のいわれはそれぞれでも、多くのお祭は「わが町の誇り」になっていることでしょう。おらがまちには、こんな祭りがあるんだぞ、と。
その土地の人たちには、おおいに楽しみであり、自慢でもあることと思います。

知床半島を有する斜里町にもお祭がいくつかあります。

その一つ。その名も、
「地元自慢まつり in ウトロ 2011」
「地元自慢まつりinウトロ.pdf」をダウンロード

ストレートで気持ちがいいですね。

斜里町青年会議所が主催するこのお祭。
ウトロ地区を中心に、斜里町内の「うまいもの」「すてきなもの」をあつめて、みなさんに見て、食べていただくお祭です。

もちろん、町民以外のかたも参加OK。

多くの飲食ブースには、斜里ならでは、知床ならではの逸品が見つかるはずです。
連休明けにやっとお休みをとれるというみなさま。ぜひぜひ、お越しを。

参加いただいたみなさまが「この前、こんな祭りに行ったんだぜ。」と、だれかに自慢していただければ幸いです。

■「地元自慢まつり in ウトロ 2011」
・日時:2011年5月15日(日)  10:30~15:00
・場所:道の駅  うとろ・シリエトク 敷地にて
「地元自慢まつりinウトロ.pdf」をダウンロード

----------------------
久しぶりに青空の知床です。

あさ、0度近かったです。
ごご、プラス2度。寒いです。

知床峠、凍結による通行止めあります。
道路情報ご注意ください。

2011年4月29日 (金)

「新客室【オホーツク倶楽部】完成です!。」

西館にあたらしいお部屋が完成しました!

【クラブフロア・オホーツク倶楽部】

まずは、まずは写真をご覧ください。
6f2
オホーツク海を眺めるには絶好のロケーション。

7f1


創業者が育てたトドマツ材をふんだんに使用。

Img5

暖炉のやわらかな暖かさに、つい居眠りを・・・。

クラブフロア「オホーツク倶楽部」
【客室データ】

・西館6階、7階 全12室
・全室 禁煙室
・全室 オホーツク海側
・ピクチャーウィンドウ
・室内暖炉
・シモンズベッド
・空気清浄機
・CDデッキ
・コーヒーメーカー
・湯沸しケトル

ゆっくりとオホーツク海をご覧頂ける備品をとりそろえております。

みなさまのご予約お待ちしております。

ご予約はコチラから。

2011年3月10日 (木)

「この眺めか。」

先日、報道陣に公開された建設中のスカイツリーの展望台。高さ350メートルからの眺望がニュースで頻繁に流れていました。

圧倒的な高さから見おろす東京は、建物の高低差があまり感じられず、ひたすらゴツゴツした平野が広がり、その奥に輝く海面(東京湾?)が日の光に輝いていました。

今日のウトロ。
青空と春めいた陽光とキンと冷えた空気のお昼。
久しぶりにぎっしりと詰まった流氷原をプユニ岬から眺めてきました。

にてます。

ぎっしりつまった流氷は、ところどころ盛り上がったり、流氷同士が重なりせり上がりったり。高低差は感じられないけれど、凹凸がそれぞれ主張するひたすらの広がり。

似てます。

これで海水面に光る陽光があれば完璧です。
あまりにぎっしりの流氷で、本日は海水面無し。それでもテレビで見た景色とウリふたつ。

スカイツリー展望台の一般公開はまだ先のこと。
雰囲気だけでも感じたいかたはぜひ知床ウトロへ。

流氷原をご覧になったことの無いみなさま。

目をとじて、展望台からのニュース映像を思い浮かべてください。
ちょっと青白くしてみれば、ほら、それが知床プユニ岬からながめる流氷原です。
----------------------
あーカメラわすれました。

あさ、マイナス5度。冷えました
ひる、マイナス3度。

青空と流氷原と眼下をすべるオオワシが一羽。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター



2011年2月21日 (月)

「smaSTATIONで放送されます。」

テレビ放送のご案内です。

2月26日(土)23:00 放送予定のテレビ朝日
「smaSTATION」におきまして、

当館が登場する予定です。
みなさま、ふるってご覧ください。

放送:2月26日(土)23:30~予定
ゲスト:天童よしみさん
コーナー:「冬のごはんが美味しい冬の観光地」
番組サイト:テレビ朝日「smaSTATION」

2011年2月 9日 (水)

「おこのみでどうぞ。」

0209_2 みなさまは室内や店内などの照明に、どのくらいの注意をむけますか?

すこし照度を落とした落ちついた雰囲気が好みだったり、とにかく明るいほうが良いと部屋中の電気を点けていたりとさまざまだと思います。

蛍光色や電球色、さらにはLEDなど照明の場所や用途によってその器具もさまざまです。

一つの照明器具で、蛍光灯の明るさから、あたたかなロウソクのともし火まで調節できるものがあればなーと、そう思われた、みなさま。

朗報です。あります。そんな照明。

ずばり。
太陽、お日さまです。

青々とした空を映しこんで、まっ白ななかにも薄くブルーが輝く日中の流氷原から、黄昏時、残照に浮かび夜にとけこむ流氷まで、調光機能もばっちりです。

太陽のおかげで、日ごとどころか、一日のなかでさまざまな色合いを楽しむことができます。お日さまは偉大な照明装置なのです。

西風が続き、オホーツク沿岸からやや離れたとの情報もある流氷ですが、斜里町から知床へ向かう道中、とくに峰浜あたりからウトロ温泉まで、びっしりと接岸しています。
オンネベツ川あたりでは、ミニ流氷山脈も見られます。

ぜひお好みの明るさ、色あいで知床の流氷をお楽しみ下さい。

昨日の「雪かきボランティア」のおかげでいい眺めです。

■おすすめ宿泊プラン
特別な装備はいりません♪知床の景観美をさがしにでかけましょう。
【冬の知床体感!】冬限定の美を求め!ロケーションガイドパック♪

----------------------
晴れのいちにちです。

あさ、マイナス 8度。
よる6時、マイナス5度。

夜な夜な、南風のこのごろ。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

 

2011年2月 3日 (木)

「流氷ライトアップ。」

0203この景色をご覧になったことのある方はいらっしゃいますでしょうか。

「ある。!」

と手をあげた方は、ここ数日に当館ご宿泊いただいたことと思います。
そうではない場合は、きっとハナが伸びていることでしょう。

はじめての試みです。

「流氷ライトアップ。」

当館屋上から投光器を使用して、ウトロ港を覆う流氷を照らしてみました。

いかがでしょう?

画像のシャッタースピードは1秒ほどですが、ほぼほぼ肉眼でみたときの雰囲気がでているかと思います。今後は、投光器を増設し、三角岩もうかびあがらせてみたいと思います。

知床の闇夜に浮かぶ艶やかな流氷。

楽しみかたは、
「部屋の電気を消す。」
「窓辺による。」
できれば、「窓を開ける。」

です。

あらたな当館の名物になりますでしょうか。

オーロラファンタジーの期間中実施致します。
ぜひご覧を。

■おすすめ宿泊プラン
流氷に乗ってあそぼう!ドライスーツ着用であったか安全♪
「部屋からドーンとオホーツク海!眺望イチオシ客室プラン♪」

----------------------
今日は全道的にあたたかです。

あさ、プ、プラス 2.5度。
ライトアップ時、マイナス3度。

何日ぶりのプラス気温でしょう?

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年1月25日 (火)

「ひるは白。よるは七色。」

01254新潟で大雪の被害が報告されるこのごろ。

知床でも連日の雪模様。正面玄関横のあし湯も、ほっこりと雪がつもっています。

知床では軽い小さな結晶なので、被害がでることはありませんが、あたり一面まっしろになっています。
海の上も、粒としてはちいさいながらも、白い流氷が埋め尽くしています。
さらに、数日曇りや雪がつづいているため、日中はほぼ、しろ&グレーが色の基本となっています。

そんな白い知床に彩りをそえるイベント。
知床オーロラファンタジー2011。

こちらです。

01253 どうでしょう。
色、やまもりです。

2月5日(土)~3月21日(月)まで、毎夜20:00から20分ほどのレーザーショー。
今年で25年目を迎えるロングランイベントです。

過去に知床でオーロラが出現したとの言いつたえをもとに、レーザー光線と大音響で現代に再現されています。

まだ、ご覧になったことのないというみなさま。

ぜひとも、いろんな色の知床をご覧下さい。
なかなか感動することうけあいです。

そうそう、2月3日と4日はリハーサル。
無料でご覧いただけます。

■第25回 知床ファンタジア2011「オーロラファンタジー」
・2月5日(土)~3月21日(月)
・20:00より
・お一人¥300

●当館からは徒歩8分程度でOK。
●野外でのイベントです。あたたかい服装でおでかけを。

おすすめ宿泊プラン♪
「部屋から流氷!海側客室プラン♪」

0125 ------------------

あさ、マイナス5度。
よる、マイナス3度。

北風です。流氷ちかづくかも。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年1月22日 (土)

「でだし好調。」

なにごとも”でだし”が肝心といわれます。

カラオケの歌いだし。ボクシングのオープニングヒット。ピッチャーの初回たちあがり。一筆め。ひとコマめ。ビールのひとくちめ。などなど。

0122 今シーズンの流氷、でだしは完璧です。ようす見ゼロで初回からとばしています。

1月21日、当館客室からも水平線までつづく流氷をご覧いただけます。
19日の流氷初日からあっという間に海上を流氷が埋めつくしました。
きのうまで、低く響いていた波の音も消え、氷上を渡る風も何割り増しかで冷たく感じます。

この画像。雪原ではありません。知床ウトロ漁港と外海を白く染めているのは全部、流氷です。

各地で被害をもたらしている全国的な寒波。しばらくいすわる予報ですのでご注意を。知床ウトロには、その寒波がもたらす西または北西の冷たい風がつづくそうです。
流氷がちょうど知床半島にひっかかる風向きのため、しばらくはこの光景が楽しめそうです。

流氷シーズンはこれから2ヶ月ほどの長丁場。
中盤から終盤にかけても、この勢いで完投を目指してほしいところです。

ところで。
港に2隻の漁船のすがたアリ。
砕氷船のように脱出できるでしょうか?

ライブカメラで注目しましょう。

01222 ------------------

フレペの滝もよく冷えてます。

あさ、マイナス5度。
おひるも、マイナス5度。

過去にも船脱出ありました。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年1月21日 (金)

「旅したい女子集合!」

JR北海道で運営する「たびれぽ」には、働く女性達によるリアルな「たびれぽ」=旅のレポートや、日帰りで行ける温泉&ランチ特集などなど、すぐに出かけたくなる女子旅のヒントがいっぱい。

今回、その「たびれぽ」で知床がクローズアップされています!

Photo
列車の中でほかほかの出来たてが食べられる駅弁、

Photo_2
流氷の上を歩いたり冬の海に入ったり、流氷を全身で感じる“流氷ウォーク”などなど、冬の知床の魅力をカメラ大好き女子の写真とコメントが届けてくれます。
輝く雪の白、丹頂鶴の気品ある白、流氷の青みがかった白・・・感動を伝える美しい写真の数々にも注目!

そして宿泊はもちろん、当館「北こぶし」。
web限定で、女性に嬉しいスパークリングワインとアロマエステ割引の特典もご用意!
お部屋でカンパイしておしゃべり、贅沢なエステのひととき・・・
旅はそもそも楽しいものだけど、好きなモノ・コトがいっぱいの女子旅はもっと楽しい!
旅したくなった女子の皆さまはぜひ、こちらからwebのクーポンを印刷してお持ちの上、当館へ。
_mg_2950

2011年1月19日 (水)

「速報!流氷初日2011決定!」

0119おはようございます。

ショニチりました。

本日1月19日(水)、午前8時30分。ホテル屋上からの眺めです。

よって、流氷初日クイズの正解は、
「1月19日・午前」となりました!

当たりましたか?

当選者発表は、近日予定しております。少々お待ちを。

この流氷、オシンコシントンネルからウトロ側だけに流れ着いているようです。
海上にはまだうねりがあり、海岸には小粒の流氷を巻き込みながら波が打ち寄せています。

海面が大きく流氷に覆われ、波の無くなる日はもう少し先でしょうか。
水平線までつづく流氷原。期待してます。
01192 ------------------
氷上でオオワシが朝食中。

深夜1時、マイナス3度。
ホテル屋上、マイナス4度。

ライブカメラからもご覧下さい。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年1月12日 (水)

「そうよばれたい。」

0112はいコレ。

知床ウトロ港内の白いほわほわしたもの。
なんでしょう?

そうです。

流氷ならぬ、港内結氷の氷がたゆたっているのです。

ここ数日、知床ウトロはマイパチ前後(※注)の気温がつづき、今朝はマイナス11度ほど。さすが2ケタ。ウトロ港内も結氷していました。

画像はマイナス6度まで気温があがったお昼ごろ当ホテル屋上からの様子。
ゆるゆると海面に模様を描くさまは、流氷到来の雰囲気ですね。

「流氷がキタゾー!流氷がキタゾー!」と、早くにさけびたいものです。
オオカミ少年と呼ばれてもいいので、さけんでみましょうか。

本物の流氷はというと、じりじりと近づいています。
現在の位置はこちらをどうぞ。

ウトロ港の結氷の様子はライブカメラをぜひ。

これまでの流氷の動きがわかる海上保安庁「海氷情報センター」の過去情報がなかなかおすすめです。

情報筋によると、今年の流氷は厚みがあるそうですよ。
情報スジによるとですが。

※注・・・マイパチ=マイナス8度の略。

------------------
トイレ用暖房、だいかつやく。

あさ、マイナス11度。
お昼、マイナス6度。

灰色の空にはワタリガラスが。

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年1月 8日 (土)

「ちょっとちょっと。」

Bmp54今日1月8日の海氷情報です。

雲間にチラりんと見えているのは、まぎれもなく流氷。紋別沖200kmを切っています。

本日、知床ウトロの最高気温はマイナス7.2度。
なかなかです。

寒さも、流氷も、ちょっとづつ真冬に近づいてます。

知床の「ドふゆ」。
乞うご期待。
------------------
今日も寒いっす。

あさ、マイナス8度。
日没ころ、マイナス8度。

いちにちずーと、マイパチです。

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年1月 7日 (金)

「こっちだけだぁ。」

0107吹雪いてますよ。今日の知床。

雪の量は少ないけれど、北西の風はなかなかの強さです。

昨日あたりは札幌や日本海側を吹きぬけた寒気が、本日は知床半島全般をおおっているようです。

全般というものの、斜里方面に向け移動するとオシンコシンのトンネルを抜けたあたりから陽が差し、斜里町内では吹雪ゼロとのこと。

「なんもだぁ。オシンコシンからこっちだけだぁ。」

荒れるウトロ内でこの季節よく聞かれる言葉です。

と、更新しているあいまにウトロでも、薄い黄色の陽が差してきました。めまぐるしく変わる天気、ライブカメラの映像もなかなかおもしろいことになっています。

知床方面へお越しのみなさま、どうか安全運転で。
------------------
今日は寒いっす。

あさ、マイナス9度。
陽が差すころ、マイナス10度。

お、ついに2ケタですね。

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2011年1月 4日 (火)

「いそしみはじめ。」

0104 書初めコーナーが大人気のうちに終了した年末年始のイベントいろいろ。
カード枚数が足りないかとヒヤヒヤしたビンゴ大会。
景品を出しすぎて打ち落とす的が無くなった射的コーナー。
100円詰め放題でビッグカツ30枚が無くなった駄菓子コーナー・・・。

今年も怒涛の年越しが無事終了したところです。
みなさまはどんな年越しを過ごされましたでしょうか。

そろそろ本来の仕事はじめということで、知床の海&山々にもご挨拶です。

そうやすやすと、拝ませないぞと知床連山は雲の中。
岩尾別までは通る人も車もなく、毛をホコホコさせた一匹のキツネだけが足音もなく近づいてきます。
正月中にひとからエサをもらったらしく、ゆっくりとあとからついてきます。

01042 そして、海。

やすやすと初夕陽は拝ませないぞと、こちらも当然灰色の雲が覆うプユニ岬からの眺めです。

本来の仕事というよりは、ひといきつくためのお昼のお散歩。
けっして好天ではありませんが、冬の知床らしい灰色の雲と、静けさを感じるひとときとなりました。

あっという間に新年も4日目です。
さてさて、そろそろ本当の仕事?にいそしみますか。

白く輝く連山と、光の帯が水面にたなびく夕陽にはいつ出会えるでしょうか。
初モノ楽しみです。

01043 ------------------
初ギツネ。

あさ、マイナス5度。
そろそろ夕食、マイナス6度。

意外と寒い一日でした。

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター



2011年1月 1日 (土)

「あけまして知床2011。」

0101 新年あけましておめでとうございます。

恒例となりました。
元旦ロビー内「知床来運神社」での運だめし。

ことしはお昼ごろに挑戦です。

結果は昨年からあげさげナシの「吉」。
なにごともなく、一年が過ごせそうな気配。

年越し低気圧は、知床にはほぼ影響なさそうです。
知床に、吉なる風がふくことを願うばかりです。

みなさまには、すてきな一年になりますように。

------------------
ビンゴカードにうもれる元旦の机。

年明け、マイナス1度。
おみくじころ、マイナス1度。

初日の出はいかがでしたか?

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2010年12月29日 (水)

「暮れを越えて。」

12292 女満別方面から知床への帰り道。「感動の径」という網走近郊の丘陵地帯からの眺めです。

いくつかの丘を越えながら走るうちに、どんどんと陽がかたむき、
暮れゆく空には斜里岳が輝いていました。

時間は夕方4時前。
冬の太陽は、とおく低くからさし、夏よりも3時間以上早くあっという間に沈んでしまいます。

いままさに年の暮れ。
ことしも冬の日没にまけないくらいあっという間にすぎた感があります。

皆さまはどんな年末をおすごしでしょうか。
ホテルではロビーの正月飾りがほぼ完了。大晦日からの縁日屋台などの設営準備がすすんでいます。

大晦日からやや荒れぎみの天気予報です。

おでかけになる方は十分ご注意を。
知床方面は、よほどの悪天候にならなければ通行止めにはなりませんからご安心を。
それでも道路情報・天気情報の確認が必要です。

ことし一年、北こぶログお付き合いいただきありがとうございました。

仕事おさめ風なご挨拶ですが、こちらは年中無休。
さて、正月飾りの仕上げとまいりますか。

それでは良いお年を!
------------------
風がやや強めです。

朝、0度。
日暮れころ、マイナス1度。

体感温度はマイナス4度くらい。

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター




2010年12月25日 (土)

「なわけで。」

1225メリー!こんばんわ。

きょうはクリスマスなわけで、レストランもクリスマス装束です。

あたたかな気温のせいか、師走らしさがちょいと足りないかと思っていましたが、クリスマス寒波に日本中覆われて知床も真冬日となりました。
ただしい冬のただしい寒さです。

寒さ→雪→流氷。

と、このあともただしい冬の楽しみがつづいて欲しいものです。

クリスマス
忘年会
正月
新年会
どんと焼き
成人式
鬼はそと。

と、こちらもきちんと楽しみたいところですね。

ただしい年末年始を迎える皆さま、くれぐれも内臓まわりのトラブルにはご注意を。

まんがいち内臓まわりのトラブルでお酒をひかえなければならなくて、なんとなく手持ちぶさたな皆さまには、流氷初日クイズなどいかがでしょう。

そんなわけで、ご参加お待ちしております。
------------------
こん日は陽の光がありがたいです。

朝、マイナス6度。
夜、マイナス5度。

もうすこし雪がほしいです。

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター










2010年12月19日 (日)

「クイズ、はじめました。」

1219 恒例となりました「流氷初日クイズ!」おくればせながら、開催いたします。
第8回となる、流氷初日クイズ。
温暖化の影響のもと、いつもよりもゆっくりとしたスタートです。

画像はちょっとむかしのプユニ岬から。
水平線までつづく流氷原を見たいものです。

さてさて、ルールなどなどのおさらいです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今シーズンで8回目を数えるこの大会(?)、メールでも当館宿泊時でも応募OKの、きわめてルーズなクイズなのです!

いますぐ応募したい!と言う方は↓からどうぞ。
流氷初日クイズ応募ページ

■「流氷初日」の定義

「流氷初日」の定義は気象庁や官庁の発表をもとにするのではなく、

"当館のスタッフが流氷を見た日"。です。

ホテル屋上や通勤途中にお散歩中などなど・・・とにかくホテルスタッフが見るであろう!初日の日付を予想して下さい。

■応募方法

文末の応募ページから、
または、当館ご宿泊の際に応募を。
応募用紙は、ロビーの「ミニ流氷館」前にご用意しております。

■的中すると・・・。

正解者のなかから抽選で
(※正解者がいない場合は応募者の中から)

1名様に・・・
・知床グランドホテル北こぶしペア宿泊券!
・"本物の流氷"2kgぐらい
・さらに!1万円相当の海産物

2名様に・・・
・"本物の流氷"2kgぐらい
・5千円相当の海産物をお送りいたします!

■当選発表

流氷初日後、この北こぶログ内で発表いたします。応募時に入力していただいた、ニックネーム(またはお名前)を発表致します。

■流氷の使い方

・冷凍庫に保存し必要に応じ取り出してください。
・ご使用後はできるだけ早く冷凍庫にお戻しください。
 常温で放置すると溶けてなくなる事があります。

※ご注意
ご自由にご使用ください。ただし、食べられません。

鑑賞用、自慢用、空想、祈祷に。
存分にお楽しみ下さいませ。

--------------------------------

さあ、みなさま注意事項をお読み頂いたみなさま。

どしどしご応募を!
どんな流氷がくるでしょう~?

基本、予想はお一人様おひとつで。

■流氷初日クイズ応募ページ

ヒントはこちらをぜひ。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2010年12月10日 (金)

「やってくる。」

ことしも年末がどんどん近づいてきました。
知床ウトロの市街地にも遅めの雪が降り、本格的な冬がやってきます。

そんななか、カレもやってきました。
1210_3
強靭なクチバシで、
鬼の形相で、
執拗に車をノックし、
時に福音をもたらす(?)
シメ(♂)です。

先シーズンの冬から当館駐車場横のオンコ(イチイ)の木に巣くい、残ったオンコの実を独り占めするために、自分よりも小さな小鳥や、ガラスに映るみずからにアタックする、あのシメです。

雪とおなじく、昨年よりも遅めにやってきました。
さっそくオンコの木近くの車めがけてガッツンガッツンやってます。
ワイパーをわしづかみしながら。
顔はこわくておがめません。

オンコの木にはまだ、たくさんの実がのこっています。
しばらくは、カレの行動をたのしめそうです。

12104 --------------
今日は快晴。

朝、マイナス2度。
夕方、マイナス4度。

いわゆる真冬日です。

2010年12月 2日 (木)

「ムリに乞わない。」

1202_3 紅白出場メンバーが決まり、ゲゲゲの流行語も決まり、地デジ化も済んだ師走初旬。

知床は11月のようなひたすら青い空が広がっています。

札幌や旭川ではまとまった雪が降っているようですが、知床はまだ。
例年ですと、なんど目かの雪の日になっていてもおかしくないはずです。

スノーシューだぁ、スキーシューだぁと雪遊びがまちどおしいこの季節、降らずの雪に、おそなえ物でもして雪乞いでもしてみましょうか。

大谷派育ちの雪乞い効果は期待できそうもありませんので、雪がないうちに行けるところに行ってみました。

12023 はいここ。オロンコ岩。
当ホテルから徒歩8分+階段約200段。

冬支度をおえ、ちゃいろくなった草花の向こうに知床連山が青空のもとかがやいていました。

反対側をのぞいてみると、道の駅の海側に建設がすすむ、あたらしい港の柱が、神殿風にならんでいます。あそこで雪乞いしたら霊験あらたかかもしれません。

ふだよりもあたたかな師走。
なにかと気ぜわしくなる年末を目前に、まだまだ登れるオロンコ岩や観光船乗り場付近をのんびりお散歩するのもオススメです。

神殿風の工事現場、関係者以外立ち入り禁止ですのでご注意を。
12024 --------------
今日は気温低めです。

朝、0度。
お昼、2度。

明日から大荒れの予報。









2010年11月26日 (金)

「かわりなし。」

11262





本日は第41回の演芸発表大会開催の真っ最中です。

例年この季節に行われる「演芸発表大会」。地元の方々の1年の最大の楽しみと言っても過言でもありません。

先日22日・23日にわたり釧路・根室地区の大会が終了し、本日は北見・網走地区の大会まっさかりです。

出場110組を超える大会に出場するみなさまは真剣そのもの。1年の練習の成果を大きな舞台で、歌や踊りにありったけを詰め込んで披露します。

出場者平均年齢71.2歳というグレートシニアのみなさま。出演を待つあいだの緊張感みなぎる表情は、運動会で徒競走前のトイレをがまんする小学生となんら変わりはありません。
本気です。

朝8:15からはじまった大会も夕方16:30頃には終了し、審査集計のあと表彰式となります。喜びや落胆の歓声のあとには大宴会。ここでもみなさん元気に歌に踊りにと楽しんで過ごされます。

毎年参加のハードリピーターも多いこの大会。みなさんのかわらぬ元気と笑顔に会えるのは、スタッフにとっても1年ぶりの楽しみでもあります。

はてさて、今年のグランドチャンピオントロフィーは誰の手に?
1126_2 --------------
会場には350人以上。

朝、6度。
お昼、10度。

暖冬の予報がでましたね。



2010年11月22日 (月)

「この冬もあります。撮影ツアーin知床2011。」

「写真撮りたいひと。いらっしゃい!」で、好評を頂いた昨年冬の撮影ツアー。
2011年の冬も堂々の開催です。

あらためまして、

「人気プロカメラマンと巡る!冬の知床撮影ツアー!」

・この文言にピンときた。

↓ Yes

・冬の知床を撮影したい!。

↓ Yes

・自分の写真をそこそこ気に入っている。

↓ Yes

・もうちょっとお気に入りの写真を撮りたい。

↓ Yes

・冬の知床に行ってみたい。

↓ Yes

・でも冬道の運転がおっくうだ。

↓ Yes

そんなあなたは

「人気プロカメラマンと巡る!女満別空港送迎有りの撮影ツアー」

に是非ご参加を!

知床斜里町観光協会主催の本ツアーの内容をかいつまんで説明しますと、

・プロカメラマンと一緒。アドバイスもらえます。
・冬の神の子池など、冬の知床と近郊を堪能。
・移動はバスでらくらく。
・女満別空港への送迎もあります。
・オーロラファンタジーを見れちゃう。(別途お支払ひつよう。)
・知床を撮り放題。

などなど、オススメポイント盛りだくさんです。

3日間の撮影ツアー参加費用は¥15,000とお値打ち価格♪

撮影ツアー内容はコチラをご確認いただき、ご宿泊は当知床グランドホテル北こぶしの宿泊プランをぜひご活用ください。一泊二食付きのプランと一泊朝食のプランを用意しております。

・宿泊プラン
【プロカメラマンとめぐる】冬の知床撮影ツアー3日間♪
女満別空港送迎もありますよ。★2食付きプラン★

【プロカメラマンとめぐる】冬の知床撮影ツアー3日間♪
女満別空港送迎もありますよ。★朝食付きプラン★

さぁー!どしどしご参加&ご予約お待ちしております。

・開催日
2011年2月25日(金)~27日(日)の3日間

女満別空港送迎は、
2月25日(金) 10:15 女満別空港出発
2月27日(日) 12:45 女満別空港到着

もちろん、飛行機利用されなくても参加OKです。

■撮影ツアーの詳細
こちらをどうぞ。

カメラマンは北海道や知床の自然をフィールドに活躍する、札幌在住の山本純一カメラマンです。

File744325 --------------
あたたかすぎる暖かさ。

朝、12度。
お昼、13度。

ぬるい11月です。

2010年11月18日 (木)

「週末はお近くの知床へ!」

1118_2

ついこのあいだまで「来とうはなかった。」と涙ながらにうったえていた、某お子様風店長がいざなう「週末はお近くの○○へ。」のテレビCM。

気になりますよね。

行ったらなにがあるんだろう?
どうなっちゃうんだろう?
、と。

ピカピカの車がたくさんありますし、キッズコーナーがあったり、なにより、こんな車が欲しいなーという夢がふくらみます。コーヒーも飲めますし、ハンコさえ押さなければ基本無料ですので、大人も子供もたのしく過ごせる週末になることでしょう。

さてさて、お近くにネッツやズームズームのお店がない皆様。
今週末、知床へお越しいただくのはどうでしょう。

青空のもと、どーんと鎮座する知床連山は雪をいただきいつもより大きく見えます。陽の光に尾根や山頂がキラキラと輝きます。
駐車場には車がありますし、来年度にむけて建設される五湖フィールドハウス工事のための、はたらく自動車まであります。

そして、知床五湖駐車場は現在無料なのです。

この無料キャンペーン(?)期間は11月24日の11時まで。
その後は、来年4月22日まで五湖方面道路は冬期閉鎖となります。

つまり、キャンペーン(?)は24日まで。
週末は、お近くの知床五湖へいそげ!なのです。

しずかな五湖散策路全周をのんびりと歩けます。
オススメです。

【諸注意】

1)五湖駐車場のトイレは閉鎖されています。高架木道途中でこみあげてくると大変です。最寄のお手洗い、知床自然センターまで約10キロです。

2)特段キャンペーンは実施しておりません。減税もありません。

3)高架木道に雪があると滑りやすいのでご注意を。

4)週末、空室あります。

11183 -----------------------
木道に一部雪残ってます。

あさ、マイナス1度。
お昼、7度。あったかです。

滑りにくい靴でお越しを。

2010年11月17日 (水)

「10年目の感謝をこめて。」

11月も下旬にさしかかり、夕方4時ころには、もう外は真っ暗です。

どんどん日が短くなっていきます。
秋の夜は、ホント、長いですね。

そんな秋の夜長を、ホテルでお過ごしになるお客様とひととき、一緒に過ごせないものか、と始めたのが「しれとこの語りべ」。

毎年、日が短くなる10月をメインに40日ほどの間、毎晩、ホテル1Fロビーにて、語りべたちが、熱く知床を語っております。

知床の風土、歴史、動物や植物…、内容は様々で、ご旅行という限られた時間の中ではなかなか感じられない知床について、お伝えする機会になればとも思い続けてまいりました。

振り返ると、もう10年です。

今秋も11月6日に終了しましたが、たくさんのお客様にご参加いただきご好評もいただきました。ありがとうございます。
また、楽しくも興味深いお話をたくさんしていただいて講師のみなさまにも感謝です。

来年も再来年もまたその次の年も続けていきたい思いでおります。
どうぞ、機会がありましたら、お気軽にお付き合い下さいませ。

_imgdir_thumbnails_s0043914 -----------------------
そろそろ朝、氷点下です。

あさ、マイナス0.4度。
お昼、5度。

ピンっとした空気です。

2010年11月 7日 (日)

「ドアぁ閉まりまぁーす。ご注意ぃくださぁーい。」

11072線路のない知床で、車掌さんのモノマネをしてもなかなか伝わりずらいものです。
また、閉店時間や定休日のない宿泊施設としては、シャッターをガラガラッと閉めて一日の営業を終了することもありません。

つまり、知床には日常的に「閉めるもの」があまりないのです。

そんななかでも、数少ない、閉めるもののひとつに「知床横断道路」があります。
10月下旬から、ちょこちょこ閉めはじめて、がっちり閉めるのは年1回。

今日11月7日が、年1回の閉める日なのです。

ここ数日、雪のため通行止めがつづき、最終日の今日も開通はしないだろうとおもわれていたところ、チェックアウトがひと段落しそうな時間になって「11時から15時まで開通」との知らせが届きました。

がっちり開くのは来年の春になるので、お昼すぎに峠をのぞいてみると、冷たい風が吹きぬけ、駐車場には車が数台あるものの人のすがたはなく閑散としています。

夏場は羅臼岳をバックに記念撮影に賑わうこの場所は、だれかがこしらえた雪ダルマだけがひとりじめしていました。

来年4月下旬、あたたくなるまで羅臼方面への行き来はできなくなります。お車でお越しのみなさま、くれぐれもご注意を。

1107 -----------------------
五湖方面のカラマツ。

あさ、11度。ぬるく感じます。
お昼、14度。あったかでした。

風がつめたいです。防寒を。


2010年11月 6日 (土)

「つぎはあなたかもしれない。」

1106_2日に日に、冬がしみこむ知床です。

カラマツの黄葉が絶好調のなか、本館1階のギャラリーではさまざまな知床の表情をおさめた写真が展示されています。

これ、すべて当館にご宿泊いただいたお客様と近隣のかたがたが撮ったリアル知床の写真です。

キタキツネやヒグマなど動物たちのなんともいえない表情から、知床ならではの景観美などなど、みなさんの力作を展示しています。

ぜひぜひ、1階ギャラリーへお立ち寄りくださいませ。

今回、ネイチャーツアーデスク(通称:マサコデスク)からお声がけさせていただき、こころよく写真をご提供くださいましたみなさまに、こころより感謝申し上げます。

さてさて、

知床が大好きで、北こぶしに泊まって、知床の写真をこれでもか!と撮ったという、みなさま。
自信作をおもちでしたら、ぜひともネイチャーツアーデスク(通称:マサコデスク)までご一報くださいませ。

つぎにギャラリーに展示される写真は、
パソコンの前のあなたかもっ!

-----------------------

青空にオジロワシが舞っていました。

あさ、4度。青空でました。
お昼、10度。風が冷たいです。

カラスの群れがパニックになっていました。









2010年11月 2日 (火)

「祝!CM受賞。」

11月に入り、秋と初冬がいっぺんにやってきました。

そんななかうれしい一報がありました。

夏期に北海道内で流れた当館のCMが、全日本シーエム放送連盟(通称 ACC)のテレビCM部門で賞を頂いたのです。

それがコチラ↓(音がでます。ご注意を。)

現在はひとやすみしていますが、今後、冬バージョンも放送予定をしております。

北海道外にお住まいのみなさま。

ぜひ、当館のCMをご覧に知床へお越し下さいませ。

■ 2010 50th ACC CM FESTIVAL

本物をご覧になりたい方もぜひ知床へ!

・流氷に乗ろう!流氷ウォークパックプラン
好評販売中です。

-----------------------
数日前、夜空からハクチョウの声が。

あさ、8度。雨です。
ゆうがた、5度。

明日は12月並みの寒気団だそうです。

2010年9月25日 (土)

「月夜にあそぶ。」

0925
中秋の名月のしたで、ジャズライブ。

満月のしたで、お月見散歩第1夜。

満月のつぎの日の月のしたで、お月見散歩第2夜。

いずれも、やや気温は低めでしたがいいお月様にめぐまれました。
昨日は漉いたようなうっすらとした雲のおかげで、月のまわりにおおきな暈がかかっていました。お月様の右、暈のやや内側に小さく光るのは木星です。

潮の干満はもちろん、ひとの体にもいろいろな影響を与える月光パワー。

3日間、月光のもとで遊びつづけたおかげで全身にちからがみなぎっているような気がしますし、ヒゲがのびるのがすこしだけ早くなりました。

次の満月は10月23日(土)。
みなさま、知床の月光パワーでヒゲのばしてみませんか?

お部屋もあります。

「おいでよ!秋の知床♪月末月初と水曜日がお得ブッフェプラン」

「炭火で焼くからウマイ!ホタテだ鮭だ!知床番屋祭プラン」

09252 -----------------------
月夜にトーチカあそびです。

お昼、14度。
お月見中、8度。

手袋と帽子をお忘れなく。

2010年9月23日 (木)

「ライブ at 十五夜」

09231
昨日、中秋の名月の夜。

はじめてのロビーでの生ジャズライブ。ナイスな夜でした。

宿泊の09233お客さまはもちろん近隣のみなさんもお越しいただき約120席がほぼほぼ埋まる盛況となりました。

「知床五湖」をテーマにしたオリジナル曲をはじめ、ラストナンバーの「A列車で行こう」まで、約1時間のミニライブ。お客さまも気持ちよさそうに聴き入っていました。

札幌を中心に東京や海外でも活動する多忙なメンバーみなさま&お越し頂いたお客さまみなさまに感謝です。

ぜひ機会があれば、次回はがっちりアルコールなど用意して、さらに寛いだ雰囲気で開催できればなと思います。

サックス奏者の蛇池氏の胸元で輝くルームキーが印象的な十五夜となりました。

Player at
蛇池 雅人(サックス)
板谷 大(ピアノ)
柳 真也(ベース)
竹村 一哲(ドラム)

彼らも参加している北海道内12の湖をテーマに、道内のサックス奏者が奏でるコンピレーションアルバム「Driving Jazz Hokkaido "Lake"」好評発売中です。

ホテル内売店でもお求めいただけます。
発送もOK。ぜひお手元に。

09232 -----------------------
ホテル前にはダークな名月。

お昼、18度。
ライブ後、13度。

今夜はお月見お散歩ツアーですよ。





2010年8月27日 (金)

「Driving Jazz Hokkaido Live in 知床」

北海道でJAZZ。

知床でJAZZ。

温泉旅館でJAZZ。

すてきじゃないですか。

そんなすてきなライブイベントが9月22日、当知床グランドホテル北こぶしで開催されます。

北海道内の12の湖をテーマにした楽曲を収めた「DRIVING JAZZ HOKKAIDO ”Lake”」をご存知でしょうか?
その中に、知床を代表する湖「知床五湖」をテーマにした楽曲も収められています。

その演奏したご本人、「蛇池 雅人 氏」によるライブがおこなわれるのです。

9月22日(水)、夜。当館ロビーにて。よるです。

みなさまふるってお越しくださいませ。
Photo

サックスプレイヤー
蛇池 雅人 氏
(じゃいけ まさと)

1975年北海道苫小牧市生まれ。
高校時代にブラスバンドでサックスを手にする。
地元大学の学生BigBandに参加。在学中より演奏活動開始。

プロ転向後、ニューヨークで活動し、国内外問わず、多くの演奏家と共演。
現在、ジャズのみならず幅広いジャンルで活躍中。

-----------------------
おとといの満月、ビカビカ輝いてました。

あさ6時 16度。
お昼、23度。

ひじょうにすごしやすいです。

2010年7月26日 (月)

「自家製シリーズ・番外編」

0726
スーナノアラシニ~っと守られてはいませんし、超能力少年もいません。
バベルの塔風のチョコレートファウンテン5段の塔。
ロデム色に流れ落ちるチョコレートの甘い香りがたまりません。

これも、あるいみ自家製。
みなさまご自身で、マシュマロ、シュークリーム、バナナやパインやイチゴなどなどを浸して、つけてお召し上がりいただけます。

アイスクリームのうえに、前述のロデム・・・、チョコレートに浸したフルーツをトッピングする先進的な食べ方をされるお客様もいようです。ぜひお試しを。

夏休みになりました。
紳士・淑女のみなさまは、どうかチビッコ優先でよろしくお願い致します。
キッズコーナーもありますよ。

7月末、8月上旬&下旬、お部屋あります。
さぁ、知床テラスダイニング波音へ地をかけてゴー!

■お子様にご当地ソフトクリームプレゼント♪!夏休みファミリープラン

-----------------------

気温ぐーんとあがってきました。

あさ 17度。
お昼、24度。

ずいぶんと知床らしい夏になってきました。

2010年7月23日 (金)

「自家製いろいろ。その2」

0723自家製シリーズその2。

本日はリンゴのコンポート。

「コンポートってなに?」
という同胞のみなさま。

まずは食べてみましょう。まずは。

やさしい甘さに満ちた、すぐれものです。
手前は、コーヒースイーツの王道コーヒーゼリー。
右手奥の控えめなプリンは、いまをときめく「生キャラメルプリン。」

ダイニング波音のスイーツ。
いろいろあります。
今後の自家製シリーズ乞うご期待。

-----------------------
あす、あさってもぐずっとした天気です。

あさ 20度。
お昼すぎ、16度。

本州のみなさま。避暑は知床へ!

2010年7月22日 (木)

「自家製いろいろ。」

0722おかげさまで、好評の
「知床テラス ダイニング波音」のブッフェ。

オープンキッチンのパスタやピザ、お造り類はもちろん、ピクルスなんかも自家製です。

色あざやかなピクルス。
ぜひともご賞味を。

-----------------------
しばらく天気がすぐれないようです。

お昼 24度。
日が落ちてから、26度。

湿度たかめです。

2010年7月 2日 (金)

「メモリアルイヤーで5周年。」

070206ことし2010年は知床の当たり年。

ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、名曲「知床旅情」誕生50周年、知床横断道路開通30周年、世界自然遺産登録5周年、そして当館の創業50周年と、まさに「知床メモリアルイヤー」なわけです。

そんなメモリーイヤーの7月といえば、17日の世界自然遺産登録記念日です。

世界遺産登録からはや5年。

かわったもの、かわらないものいろいろありますが、

まずは上の画像。2006年9月のウトロ市街地です。

そして下の画像
070210

2010年4月のウトロ市街地。どちらも、当館屋上から撮影したものです。
過去の画像が2005年でないのはご愛嬌。

手前の町並みはそれほど変わってはいませんが、その奥、いわゆる「新港」建築現場などは、それはもう様変わりです。

・道路(国道)が海沿いにできました。
・道の駅ができました。
・自然遺産センターができました。
・2階建ての漁港を建築中。
・手前の空き地の駐車ラインが消えちゃいました。

などなど、みなさんはどれだけの変化を見つけられましたでしょうか?

なにがかわったのか、なにがかわっていないのか、ぜひ5年前に知床へお越し頂いたみなさま、2010年ゴールデンイヤー知床へ確認にお越しください。

7月16日から18日にご宿泊いただくと、
なんと振る舞い酒がふるまわれたり、冬の知床への航空券+宿泊券など当たる抽選の応募が可能です。

しかもなんと、7月16日から18日、まだなんと、空室がございます。

ぜひ、今年お越しいただき、10年後、20年後と知床の変化をご覧いただければ幸いです。

-----------------------
梅雨の影響、ちょいと受けてます。

曇り空で、湿度の高い 24度。
でもいがいと過ごし易いです。

北海道のちょいツユ。ぜひ体験しませんか?

2010年6月25日 (金)

「箱庭的知床。」

0625

デジカメでちょっとあそんでみました。

赤青星印でおなじみの模型大手1/35ミリタリーシリーズとぜひ組み合わせてみたいものです。

撮影場所はオロンコ岩。

エゾカンゾウ、ヒオウギアヤメが花盛りです。

当館からは、徒歩7分・プラス階段200段程度。

ひとあせかけます。

その一汗も、6月の風にすーと爽やかにとけこんでしまうことでしょう。
初夏の青空のもと、オロンコ岩の頂上で自然と笑顔がこぼれるはずです。

まるで1/35シリーズの小休止フィギュアセットのような。

-----------------------
あら?思ったより気温あがってません。

日本勝利のころ 14度。
お昼ちょいすぎ、 21度。

日差しはアルゼンチンなみに強力です。ご注意を。

2010年6月18日 (金)

「あれ?テレビカメラ?」

06181女性お客様「あら~美味しそうなフルーツですね~」
男性従業員「こちらでカットして提供しております」

女性お客様「いただきますっ…」

ってあれ?どうしてカメラがいるの??

それはっっ!

知床テラス ダイニング波音からお届けします!
UHB(フジテレビ系列)
「のりゆきのトークDE北海道 知床とともに50年!桑島旅館物語」
6月24日 9:55~11:20のなかで放送のロケ現場です!

こちらの女性はレポーターでした。

Img_0680 次は…海鮮丼です!

女性レポーター、笑顔で盛ってます。さらに盛ってます。
実際、笑顔になります。

みなさんぜひぜひ乗せ放題海鮮丼を盛りに来てください。
従業員もお待ちしています。

おーっっと、時間が来てしまいました…
これ以上言っちゃうと放送が台無しになってしまいますのでお開きで~。

おまけ

Img_0683ニヤけちゃうチョコレートファウンテン。

写真撮るの失敗…

いやいや、あえて!見えないように撮ったんです…汗
実際流れるチョコ…体感してください!


-----------------------
アマーイ香りがレストラン内にたちこめます。

あさ 14度。
お昼は 23度。

やっと晴れましたね。

(知床テラス ダイニング波音スタッフ)

2010年6月16日 (水)

「ことしはこんなの作りましょう。」

0516_3 ことしもまもなく夏至ですね。

ことしもやります。

キャンドルナイト。

ことしはこんなの。

つくりませんか?

みなさまもぜひ。

なかなかいいかと。

■100万人のキャンドルナイト

当、知床グランドホテル北こぶしでは、

6月19日(土)~6月21日(月)の3日間、

20時~21時30分まで、ロビーをライトダウンし、スタッフ作成のてづくりろうそくコーナーや、ろうそくのまわりを飾る、和紙カバー作成コーナーを設けます。

ぜひ、のんびりとご参加を。

-----------------------
ひさしぶりの雨~。生き物はイキイキしてます。

あさから 15度。
お昼は 18度。

羽織るものが必要です。

2010年6月15日 (火)

「夏だ~。釣りだ~。」

いよいよ知床も釣りシーズン本番となりました!

ホテルから徒歩2分のウトロ港では、カレイやホッケ、夕方にはコマイまでがわんさか釣れます。(時によりますが・・・)

みなさまにも、気軽にそんな体験を感じてもらえる様に、当館では釣り道具のレンタルをはじめました。

【おきがる釣りレンタルセット】

・釣竿
・リール
・針とルアー(3セット)
・バケツ
・ハサミ
・救命胴衣    の豪華セット。

料金は、1セット¥2,500(税込)

しかも、釣れたお魚は調理して夕食にお召し上がりいただける特典付き!

釣りレンタルセットに関しての詳細は、1階ロビー、ネイチャーツアーデスクまたはフロントへおきがるにお声掛けください!

さぁ、大物を狙ってLet's Fishing ~ !
0615

-----------------------
どんっと気温があがりました。

あさから 20度。
お昼は 26度?!

釣りにお出かけの際には、
紫外線対策を!

(フロント)

2010年5月28日 (金)

「おかげさまの50年。」

0528_2
当知床グランドホテル北こぶしは、今年50周年を迎えました。

明日5月29日(土)、記念式典を開催すべく現在最終準備に余念がありません。出席者みなさまのお名前を拝見していると、本当に多くの方々の支えがあっての50年なのだなとつくづく思います。

あらためまして、当館にご宿泊頂きましたお客様、旅行会社様をはじめ多くの取引関係会社様、そして地域のみなさまに深く感謝申し上げます。

ロビーや式典会場には、そんな感謝の気持ちをもりだくさん込めた、ほのぼのとしたポスターを掲示しております。

このキャラクターと文字。
当館の調理長の作画です。

ほんわかしたイガグリ頭のキャラクター。
どことなく本人とダブって見えます。

当館のイガ・・・、もとい調理長。

料亭木風やダイニング波音で遭遇する可能性があります。
お会いできた方は「すてきなポスターですね。」とお声がけを。

本人、いたく喜ぶかと思います。

50周年記念のお得プラン。
こちらもぜひ。

■ 月末月初&水曜日がお得♪創業50周年記念ブッフェプラン♪

-----------------------
ここ数日、かなりの低気温。

今朝 3度。
夕方も 3度。

30日ころから気温あがります。
それでも、薄手のフリース・ウィンドブレーカー必携です。

2010年5月18日 (火)

「甘いものはじめました。」

05182 先日4月24日にリニューアルオープンしました
「知床テラス ダイニング波音」。
おかげさまで多くのお客様の好評を頂いております。

なかでも、チビッコ諸氏が熱い視線を送るのがこの流れるチョコレートこと、「チョコレートファウンテン」様です。

マシュマロ、プチシュークリーム、イチゴなどなど。

それ単体でもかなりの甘さ度を持つ食材を、甘さ界の大様、チョコレートに浸してしまうというチビッコ諸氏垂涎の甘いものなのです。

熱い気持ちでファウンテン様を見つめているのはチビッコ諸氏ばかりではないはずです。

「ちょっとやってみたいな。」

とお思いの、隠れファウンテニストが大人の皆様にも大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

ぜひ勇気を出して、お子様の列にならんでみてはいかがでしょう。
あらたな甘さの世界へ。

ぜひお試しを。
05185-----------------------
わたしも熱い視線おくります。

お昼18度。
日没直後も15度。

気温もあがってきました。
サクラ・コブシ・若葉がグー。

2010年5月11日 (火)

「リアルとんとん拍子。」

05112ここは羅臼道の駅。

昆布がゆれる大型ディスプレイの前に立ち、笛を奏でるシュっとした青年は、和奏アーティストの
「加藤 拓三」さん。



0511呼び水となる笛の音色から一転。

ウリクラゲがたゆたう映像の前でアグレッシブな太鼓の演奏に。

シュっとした雰囲気はどこへやら、パワフルなバチさばきが心地よく道の駅に響きます。

そう、ここは羅臼道の駅。

そして太鼓。

なぜ?私はここに?

ことの経緯はこうです。

休み明けの机の上には「加藤拓三 氏 和太鼓演奏!ロビーにて!」のポスターが1枚。

そこへ前出の上司が、

05113_2「昨日ですね、ロビーで演奏して頂いたんです。
いやーすごかったですよ。
聞いてないですか?
午前中時間ありますか?
じゃぁ、ちょっと羅臼行きませんか。
11時からですから。
ええ、行きましょう。」

昨日?ロビーで?演奏?偶然?11時?

クエッションマーク山盛りのまま、経緯すら把握できないまま、チェックアウト後、一路知床峠を越えて羅臼へ。

そして、敏腕プロデューサー兼広報役のお母様と談笑後、氏の演奏がスタートしたわけです。

05114途中、バチがすっぽ抜けるハプニング的演出を交えながら、短時間ながらも熱のこもった演奏を披露。こちらも堪能させていただきました。

昨日から今日この羅臼での演奏まで、氏と接した人から人へのバトンリレーが生んだ、とんとん拍子の具現化のような数日だったようです。
(経緯詳細は、羅臼観光協会事務局長のブログ参照を。)

人と人との繋がりを大切にしたいという、氏の言葉通りの結果となったわけですね。

加藤氏は国内の世界遺産をめぐりながら演奏する旅の途中。あなたのまちの世界遺産にも、加藤氏の太鼓が響く日がちかぢかきっとくるはずです。

お見逃しなく!

加藤 拓三氏オフィシャルサイト

知床羅臼町ネタ満載ブログ

05115-----------------------
しめはウニギリ。旨し!

ウトロは5度、羅臼も5度。

ウニギリ、
羅臼道の駅で好評販売中。

 

2010年5月 6日 (木)

「サクラリマシタ。」

0506サクラサクです。

知床にです。

毎年、少し早めに咲く当館横のサクラが今年もほかのサクラよりもすこしだけ早めに咲きました。

まだ気温一桁台のひんやりした空気の中、春の日ざしに春色を輝かせています。

これから知床方面を目指されるみなさま。
知床のサクラ、お見逃し無く。

このサクラは、当館駐車場横でご覧いただけます。

-----------------------
まだまだ気温はヒトケタです。

朝3度。お昼少し前8度。

薄手のフリース、ウィンドブレーカー必携です。

2010年4月29日 (木)

「知床テラス ダイニング波音(HAON)オープン!」

22010年4月24日。

知床グランドホテル北こぶしに、新ブッフェ会場がリニューアルオープンしました。

「知床テラス ダイニング波音(HAON)」

海沿いの立地を活かし、知床ウトロ港を望むテラス席を備えた会場に生まれ変わりました。座り心地や高さにもこだわったイスとテーブルもモダンな会場にマッチした落ち着いた空間になりました。

代表的なお料理をご紹介。

Photo■洋食&イタリアン
・オホーツク産小麦を使用した本格的な茹でたてパスタ
・専用石釜で焼き上げるピザ
・定番メニューのステーキと斜里産豚肉のソテー




Photo_2■和食&前菜コーナー
・お好きなお刺身を乗せて作る「勝手丼」
・多種多彩なお漬物
・洋食、和食の彩りあざやかな創作前菜

■サラダ&デザートテーブル
・新鮮な各種野菜をライトアップ
・その場で作るカットフルーツ
・ミニケーキやジェラートも充実
・お子様大好きチョコレートファウンテンも登場

などなど、多彩な料理が並びます。

これまでのバイキング会場から大変身を遂げた「知床テラス ダイニング波音」にぜひお越し下さいませ!
リニューアルオープン記念プランがオススメです!

-----------------------
今日は大嵐。明日は小嵐かも。

あさ曇り。5度。
お昼おおあらし。6度。

知床峠付近は雪かもしれませんね。

2010年4月20日 (火)

「4月24日に生まれるのです。」

04202_2 ほぼほぼ、形になってきました。

4月24日にいよいよリニューアルオープンの、
知床テラス ダイニング波音(HAON)。

脚立があったり、掃除機があったりとまだまだ雑然としておりますが良い雰囲気になってまいりました。

本日は椅子、テーブルの搬入があり、これまではドーンと広々としていた「ハコ」が、レストラン然としてきました。ご覧の料理台には調理長が絵を描いてゆくように、料理皿や器が並べられてゆきました。もちろんまだ肝心の料理は入っていませんね。

04204「知床テラス」の名の通り、ウトロ漁港に面した席はごらんの雰囲気。

朝や明るいあいだは、ぼんやりと行き来する漁船をながめるだけでも贅沢な気分になります。

まだちょっと寒いので、浴衣だけではちょっと厳しいかもしれません。テラスに出られる際にはご注意を。

そんな、オープンまぢかの「知床テラス ダイニング波音(HAON)」。

現在、ご宿泊プランを好評発売中です。

ぜひぜひ、お試しを。
詳しくは知床グランドホテル北こぶし、ホームページへ。

新ブッフェ会場♪知床テラス「ダイニング波音」オープン
(4月24日専用プラン)

GW直前&お子様特典有り!知床ブッフェオープン記念感謝プラン!
(4月25日以降はこちら)

04203-----------------------
料理長お手製のお品書き。

意外と寒い。朝1度。
お昼8度。

料理は明日おひろめ?

2010年4月18日 (日)

「おむかえにあがりました。」

04181 栗原 虹児氏作「忍」。

まもなくリニューアルオープンの新ブッフェ会場、「知床テラス ダイニング波音」の入り口で皆様をお迎えする、かなりビッグサイズの油絵です。毎週日曜、国営放送の美術番組は楽しみにしているものの、絵のサイズは分かりません。何号とか。

流氷に覆われたウトロの海岸を描いた大作です。ライトの調整が不十分のためやや見づらい点はご勘弁ください。

とにかく荘厳な雰囲気の作品が皆様を厳かにドーンとお迎えいたします。

お楽しみに。
--------------------
今日はややサムの一日でした。

明け方2度。
お昼は8度。やや風が冷たいです。

毛だらけの犬がうらやましいです。

2010年4月13日 (火)

「そのままでおまちください。」

04132低気圧に覆われ、知床ウトロ漁港は大荒れ。

水面を抜ける強風がいろいろな模様を描く様子をライブカメラでご覧頂こうと思いましたが、ライブカメラがやや不調。

ウトロ港の水揚げの様子をご覧頂く方。
船の運航のため海上の様子をご覧頂く皆様。

いましばらく、そのままでお待ちください。

--------------------
風の音で目覚めました。

明け方2度。
お昼は3度。いずれもプラス。

明日まで荒れそうです。

2010年4月 1日 (木)

「チャー・ハン・ファンさんより。」

Sn3a0035

いまチャーハンが熱い!

チャーのめし。略して炒飯!

わたしの熱い思いをこめて、現在改装中のレストランをチャーハン専門店にフルチェンジ!

黄金チャーハンはもちろん、あんかけチャーハンやスープチャーハンなどなど、全国2,800万人の炒飯マニアに贈る超強力ラインナップ!

中でもイチオシは「カンフーチャーハン」

コナミの名作ゲーム、イーアルカンフーをヒントにシンプルでありながらパンチの効いた極上の味をぜひ、ご賞味ください。

さあ!みなさま、あつあつのチャーハン目指して知床グランドホテル北こぶしへゴー!

2010年4月1日

---------------------------
当館は旅館でございます。
4月24日(土)には「知床テラス ダイニング波音」がオープン致します。お得なGW直前宿泊プランもございます。(コレは本当です。)

GW直前&お子様特典有り!知床ブッフェオープン記念感謝プラン!

・至極のチャーハンを求めるならコチラをどうぞ。

チャーハン・炒飯 美味礼賛

2010年3月26日 (金)

「窓外を巡回中。」

03263_4なにやら物議とともに選抜もはじまり世の中いよいよ春めいてきました。

知床もすっかり春ですよ、とお伝えするつもりでしたが自分の席から見る窓外は雪景色。昨夜の雪がきれいに積もっています。しかも吸い込まれるような青空。

そうなると、青空の吸引力にあらがうことなく巡回に出なければなりません。

ということで、まずはウトロ港。

03262先日まで、毎夜オーロラファンタジー会場として活躍した観光船乗り場駐車場。
これまで雪に覆われていた足元にはアスファルトとバスレーンが顔を出しています。ここからもきれいに見える知床連山は雲の中に終始かくれていました。

港内にはいち早く漁を開始した刺し網船が停泊しています。先日、ライブカメラで港をながめていると、みごとなメンメ(キチジまたはキンキ)を水揚げする様子を見ることができました。

風があまりにも心地いいものですから岩尾別ユース前までドライブ・・・もとい巡回し折り返して、開通まであと1月ほどになった知床横断道路へとつづくゲート前でオスジカを鑑賞です。

0326_3すっかりアスファルトがあらわになっている横断道路。峠に向かってどこまでこんな状態がつづくのか、ゲート内で道路わきの草をはむオスジカはいち早く知っているのかもしれません。

この時期、知床ウトロ周辺は、残念ながらスーツ・革靴・車で行ける範囲は限られてしまいます。でもゆっくりまわって、車を止めてエンジンとめて、車外へ降りてみてはいかがでしょう。

ほどよく冷えた春の気配。

深呼吸ひとつで仕事中だということを忘れさせてくれるはずです。
お仕事中ではないかたもぜひお試しを。

・お知らせ・

オスジカに横断道路の除雪状況を聞くことができない皆様。
「知床峠雪壁バス」にのる手はいかがでしょう。

詳しくは、コチラを。
【2日間限定運行!知床峠雪壁バスで行く横断道路除雪現場見学ツアー】

--------------------
お昼は青空。いま吹雪き。

お昼マイナス2度。
いま(ごご3時)もマイナス2度。

吹雪きもそろそろ今シーズン見納めかと。

2010年3月24日 (水)

「未来が近づいちゃう話。」

気がついたら2010年。

未来がどんどん近づいてます。というよりも、かなり未来ですね。もうとっくに月や海底のドーム型の都市に住んでてもおかしくないと思っていました。2010年なんですから。

そんな2010年の3月28日。また一歩未来へ近づく道が開けます。

旭川紋別自動車道の上川天幕ICと浮島IC間が開通し比布JCTから丸瀬布ICまでの約80キロが全面開通となります。

この道が開通するとどうなるかと言いますと、知床が近づいてしまいます。札幌からグッと近づき旭川からもググッと近づきます。図にしますと、
324mini2
2007年3月にお伝えした旭川紋別自動車道一部開通のお知らせからマル3年。イメージ図も情報量が増した感があります。

といった雰囲気で、札幌から知床ウトロまですばらしく早く到着できるようになるのです。開通後の札幌・旭川方面からのドライブコースとしましては、

道央自動車道をひた走ります。
 ↓
比布JCTから旭川紋別自動車道へ
 ↓
ひた走ります。
 ↓
丸瀬布ICから国道333号。
 ↓
国道333号をひた走ります。
 ↓
端野町から国道39号美幌方面へ。
 ↓
途中、美幌バイパスへ。
 ↓
美幌バイパス終点、女満別空港前。
 ↓
女満別空港裏から農道をひた走ります。
 ↓
斜里から国道334号線へ。
 ↓
そして、知床ウトロ到着!

このルートで札幌からウトロへ向かうと、ゲブレシラシェがフルマラソン3往復するよりも早く到着してしまうかもしれません。旭川からですとラドクリフの2往復分くらいになるかもしれません。

そうです。未来がちかづく道は、知床へつづく道なのです。

さぁ、札幌、旭川近郊のみなさま、未来の知床はすぐそこです。
ちょっと出かけてみませんか?

くれぐれも途中棄権にならないよう安全運転でお越しください。

【用語解説】
・IC・・・インターチェンジの略
・JCT・・・ジャンクションの略
・TN・・・トンネルの略
・ゲブレシラシェ・・・足の速い男性
・ラドクリフ・・・魔法使いではない。

・旭川紋別自動車道開通情報=開発局旭川建設開発部

--------------------
朝はすっきり青空でした。

朝はマイナス2度。
お昼はプラス2度。

ややサムの一日。

2010年3月22日 (月)

「改装中ご迷惑をおかけします。」

03222本日、3月22日より、これまでのバイキング会場「ダイニングホール北海」の改装工事がはじまりました。

リニューアルオープンは4月25日を予定しております。

改装中はお客様にご迷惑をお掛けする点が多々あるかと存じますが、何卒、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

4月25日にリニューアルオープンします会場は、

「知床テラス ダイニング波音HAON(はおん)」

という会場名に決定致しました。

知床ウトロ港に面した窓を備え、開放的な雰囲気の中ブッフェ料理をお召し上がりいただける会場となります。ご期待下さいませ。

流氷もはや無く、五湖などの開通も4月下旬となりますが春へと季節の移ろう知床へぜひともお越し下さいませ。0322
--------------------
柱もほっそりになります。

朝からマイナス4度。
風7メートル。

今日も風の強い一日でした。

2010年3月 3日 (水)

「おみしりおきを。」

0303流氷来たぞー、なくなったぞー。また来るかもよー。

と、連日、雪だ流氷だと騒いでいた2月が終わったとたん、フキノトウノの登場です。

当館とウトロ郵便局のあいだに、こぢんまりと顔を出していました。唐突な感じがしましたが、はや3月。春へと季節も駆け出しているようです。

そうです。はや3月。エイプリルフールまで1ヶ月を切っているではありませんか。

誰も気づかない地味な小さなウソがやっとだった2009年の4月1日。
今年こそは何か大きなことを成し遂げねばと、フキノトウに誓いをたて熟考した結果、すてきな宿泊プランが完成いたしました。

その名も、

【エイプリルフール特別企画】
「体重UPで割引ゲット!健康第一♪すこやかフトシくん」

です。

合言葉はアンチダイエット!アンチデトックス!

チェックイン時とチェックアウト時に体重を測定し、「増えた分」によって割引率が決定する画期的なプランなのです。

世に名高い「正月ぶとり」。怠惰の代表、非生産性の具現化との扱いをされがちですが、ほんとうにリラックスして、のんびりすると、体重は増えてしかるべきではないでしょうか?

それこそが目的です。
増やしましょう。
そして、それが割引きにつながるのです。

エイプリルフールの前後2日を含む、5日間のみの特別企画。
みなさま、ふるってご参加を。

詳細・お申し込みはプランページからどうぞ。
「体重UPで割引ゲット!健康第一♪すこやかフトシくん」

マスコットキャラクターの「フトシくん」です。
以後おみしりおきください。
0302_2--------------------
流氷はウトロ沖30キロ

朝マイナス6度。
おひるはマイナス2度。

天気はいいですよ。
流氷再度の到来期待中。

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年2月 9日 (火)

「準備よーし。」

0209_2今日は、晴れ→雪→晴れと一日でめまぐるしく天候が変わる一日。そんななか、ウトロ消防署のハシゴ車訓練が当館前で行われました。

もしもに備え、冷たい雪風をものともせず上層階への消火・救助訓練です。実際に活動することがないことを望むばかりですが、おさおさ準備は怠りません。

昨日、網走での流氷接岸初日を迎え「砕氷船おーろら号」に乗船されたお客様もお楽しみいただけたことと思います。

知床ウトロはというと、午後4時現在、流氷帯の一部がウトロ港からプユニ岬の湾に接岸中。その沖にも大きな流氷帯が見え隠れしています。

詳細はコチラ。
準備万端、いつでも知床へ飛び出せる装いで、当館8階設置のライブカメラをご参照ください。

-------------------------------------
オーロラファンタジー、今夜はアプ。

朝マイナス2度。
お昼はひさしぶのプラス2度。

流氷どんどん欲しい。

流氷情報はこちら。
・北こぶしライブカメラ

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年2月 2日 (火)

「はい、券あるよー。」

0202
知床・斜里・網走・阿寒を舞台に撮影し、中国映画史上最大級のヒットした映画をご存知でしょうか?

その名も「フェイチェンウーラオ」

北海道道東を舞台に繰り広げられる、ラブコメディー。
かなりの評判です。

2月20日からいよいよ日本国内で上映されます。

しかも北海道内の映画館で上映!

しかも当館客室でも撮影を行っているのですよ。

しかも、しかも、この映画の招待券をプレゼント!

合言葉は、

「北こぶログいつも見てます。最高です!更新大変ですね。これからも楽しみにしています。がんばってください!」

または、

「ブログ見ました。」

でOK。

当館フロントにお越しいただいた方、先着50名様にプレゼントいたします。
どしどしフロントへお越しください!

■邦題「狙った恋の落とし方。」

・公開
2010年2月20日(土)~

・上映館

【札幌近郊】
札幌シネマフロンティア
スガイシネプレックス札幌劇場
ディノスシネマズ苫小牧
スガイシネプレックス室蘭劇場
ワーナーマイカルシネマズ小樽

【旭川】
ディノスシネマズ旭川

【函館】
シネマアイリス

【北見・釧路・十勝】
ワーナーマイカルシネマズ北見
ワーナーマイカルシネマズ釧路
シネマとかちプリンス劇場

この機会にぜひゲットを!
---------------------
ひさしぶりのマイナス2桁。

朝マイナス11度。
お昼気温上がって、マイナス9度。

寒さ厳しいー!流氷近いのか?

■流氷初日クイズ/ご応募ありがとうございました。
・近日当選者発表!

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月31日 (日)

「ききとり上手。」

01312明日から2月。

本格化する流氷観光を前に、心強い機器が設置されました。

その名も「自動音声翻訳端末」。
つまり21世紀版ホンヤクコンニャクです。

PC型1台と、携帯端末が5台もあり、マイクを通じて音声で入力した内容をコンニャクしてくれるのです。

これがかなりの優れもの。
英語・中国語・韓国語、そして日本語と4言語の翻訳が可能。音声入力すると、画面上にテキスト表示とスピーカーからも音声で翻訳内容が流れます。
しかも携帯端末型もあるため食事会場などでも利用ができます。

2月の予約状況をみると、香港方面を中心に多くの海外のお客様から予約をいただいているだけに活躍が期待されます。
海外からのお客様の気持ちを汲み、楽しく知床観光していただく一助になることうけあいです。

ただ皆さまが期待している肝心の流氷はというと、ややオホーツク海上で迷走中。
明日からの北風に期待です。

【補足】
自動音声翻訳端末は総務省・知床観光圏事業の一環として2月20日まで設置されます。

0131_2---------------------
カレの声も聞きたいです。

朝マイナス3度。
お昼あったか?0度。

連山がきれいに見える一日でした。

■流氷初日クイズ/ご応募ありがとうございました。
・近日当選者発表!

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月27日 (水)

「はじめが肝心。」

01271
青い空と海と白い流氷。

接岸まぢかの流氷がたゆたう光景は、いつ見ても青白のモノトーン。
この季節の楽しみの一つです。

ようやく流氷の一部がプユニ岬付近に接岸しました。とはいえちょっと大きめのハグレ流氷帯が知床半島の半分から先っぽにかけて接岸したようで、本体がやってくるのはもう少し日数が必要かとおもいます。

それでも何事もはじめが肝心。
1月中に接岸したことは嬉しいことです。

01272そんなハジメの重要性をしっかり勉強する、ワインの基礎知識勉強会を社内で実施しました。

ワインの知識はもちろん、旅館・ホテル経験もマチマチのスタッフが慣れないソムリエナイフを駆使して開封からお勉強です。

結果。普段の何気ない所作や動きが、いかにかっこ悪いものかを実感させられることになりました。

スマートでエレガントなシュッとした雰囲気で開封できるまでになるにはややしばらく時間とワインの本数が必要なようです。しばらくセイコマワインのお世話になりそうです。

流氷本体の到来が早いか、ウムを言わせぬ大岡なみのワインさばき習得が早いか、はたまたポリフェノール吸収か、アセドアルデヒドが勝つか勝負です。

勝負の行方は自分の肝臓しだい。

皆さま乞うご期待!

---------------------
流氷の行方は風しだい。

朝マイナス5度。
今(夜9時半)、なんとプラス2度。

肝臓肥大は避けたいところです。

■流氷初日クイズ/ご応募ありがとうございました。
・近日当選者発表!

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月24日 (日)

「48時間。」

知床も流氷初日を迎えた日曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ほぼニーズはないかと思いますが、
あらためまして、流氷初日から48時間をふりかえりたいと思います。

知床流氷初日ドキュメント48時間。

・1月22日13:46
昼食中にブログコメントに「流氷が見えた」との投稿があると連絡を受ける。

・1月22日13:51
昼食の天かつラーメンを流し込み高台へむかう。

・1月22日14:06
知床自然センター付近の道道から流氷を肉眼で確認。撮影する。

01222_2・1月22日14:45
撮影した画像を確認。
あまりのボケっぷりに愕然。

・1月22日14:49
意気消沈。

01223
・1月22日16:06
当館7階客室から、流氷を確認。

・1月22日19:42
外気に長時間触れたためか体調を崩し帰宅。

・1月23日8:33
休日をいただく。
0124_3

・1月23日10:00
ホテル内では「新春北こぶしダンスパーティー」開催される。
北見、網走、釧路方面はもとより道内各地からダンス愛好家が集い昨夜から華麗な舞を披露。
毎年ながら参加者皆さまの若々しさに感動。
との報告を後日受ける。
今年5月には再度開催を予定。
詳細は追って報告。

・1月23日21:55
ダンスパーティーは深夜まで及んだ。

・1月24日9:56
ダンス会場のフロアー材の撤去開始。

・1月24日13:06
昼食の塩ラーメン後、幌別付近で流氷のカケラらしきものを確認。

・1月24日13:07
カメラを忘れたことに愕然とする。

・1月24日15:33
ふと見た時計のデジタル表示「3:33」に大当たりの予感。
気持ち救われる。

・1月24日16:31
すでに48時間を越えている。

・1月24日16:34
投稿終了。

-----------------------------
あたたかな南よりの風。流氷もやや沖へ。

朝マイナス5度。
お昼にはマイナス1度。

流氷の接岸がまちどおしいです。

■流氷初日クイズ/ご応募ありがとうございました。

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月18日 (月)

「ラッセる?」

0118今日はホテルスタッフ有志7名で、フレペ&男の涙スノーシューツアーにでかけました。

前日に紋別で流氷初日を迎えたとの情報があり、あわよくば知床の流氷初日を拝めたらと鼻息荒くスタート。

のはずが、フレペあずま屋あたりで意気消沈。

普段の不摂生。
運動不足。
普通のスキーじゃん。それ。
足あがんね・・・。
東に向かってないし・・・。

言い訳をそれぞれ呪いのように口ごもりながらも、凍ったフレペの雄姿や、オオワシ・オジロワシ・ワタリガラスを眺め、エゾシカと戯れつつ森を抜け男の涙へなんとか到着。

沸かしたてのコーヒーは諸事情により断念し、休憩&昼食タイムもそこそこに帰路につきました。

気温マイナス6度前後の中、約2時間半の雪歩き。みな疲れた素振りをまったく隠すことなくドローンとした表情に。
それでもスノーシューや冬のフレペ初体験のメンバーが多く、「楽しかった!」とうい感想が大半を占め一安心の一日でした。

ただ、フカフカの雪に蝕まれた(?)太ももやヒザまわりが心配です。

皆さまもコンドロイチン片手に雪原の散策はいかがでしょう?
ホテルツアーデスクにて、スノーシュー好評レンタル中です!
01182

--------------
流氷近くだよ。きっと。

朝マイナス7度。
お昼もマイナス7度。

フレペの滝も凍ってます。
青い氷です。

■流氷初日クイズはこちら

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月14日 (木)

「おかげさまで。」

昨晩、大事をとって暖かな事務所で過ごしたこともあり、おかげさまでライブカメラは快方に向かい、今朝からオオーツク海を皆さまにご覧頂いております。

紋別沖に迫った流氷は、その一部の蓮葉氷が岸に流れ着いたとかつかないとか。といった情報が入るほど、近接した状況です。

本日はこれから流氷祈願祭。3年前のウトロでの流氷祈願祭では祈祷の途中に流氷初日を迎えるアメージングな出来事もありました。
奇跡の再来となるのでしょうか。

元気になった知床のライブカメラにも流氷の姿が映し出される日も近いようです。
今後とも、北こぶログともどもお付き合いのほどを。
0114

--------------
灰色の空。

朝マイナス4度。

北寄りの風大歓迎です。

■流氷初日クイズはこちら

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月13日 (水)

「一晩とまってきな。」

皆さまにご愛顧いただいている、当館の「ライブカメラ」。

知床ウトロ港を俯瞰し、四季のオホーツク海を映し出す働き者です。

しかしながら、この年末年始ころから調子を崩し、画像がどうもボンヤリとする症状が続いたため、大事をとって今日は暖かい事務所で一晩過ごすこととなりました。

紋別沖60kmあたりまで近づいた流氷の動向が気になるところではありますが、ややしばらく当館ライブカメラのご利用ができませんこと、何卒ご了承下さいませ。

静養し、また皆さまに元気な知床の映像をお送りできるようになりましたら、あらためてご挨拶させて頂きます。

寒さ厳しい折、皆様も風邪など召しませぬようご自愛ください。
0113

--------------
風がー強い日~。

朝マイナス4度。
夜はマイナス3度。

雲がーおおってる~。

■流氷初日クイズはこちら

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月 4日 (月)

「あけまして知床2010。」

新年あけましておめでとうございます。

元旦出社後、恒例のロビー内「知床来運神社」での運だめし。

おととしは大吉
昨年は中吉
そして、今年はみごと「吉」。

運気の低迷と見るか、順当なすべりだしと考えるべきか新年早々悩んでしまいました。

それを理由に元旦の更新ができなかったわけではありませんが、4年目を迎える北こぶログ、本年もお付き合いのほどを。

みなさまには、すてきな一年になりますように。

知床の森のなかにも、ひっそりと鏡餅?がお供えされていました。
0104_2

--------------
一日マイナス真冬日。

朝マイナス3度。
夜はマイナス1度。

なれるとあったか。

■流氷初日クイズ応募ページ

2009年12月24日 (木)

「まみれない。」

イブな夜。まだまだお仕事にいそしまれている皆さま。
お疲れ様です。

日ごろお世話になっている方から、ちょうどよいサイズのケーキをいただきました。これからロウソクの点灯式後、おいしくいただきたいと思います。

夢のワンホール。
ちょうどよいサイズです。

とはいえ、もし食後に宇宙人に捕獲されて解剖されたら地球人の主食はクリスマスケーキだと断定されることでしょう。

皆さまにお分けできないのが残念ですが、画像だけでもおすそわけです。

さぁ、全国のケーキ片手にお仕事中の皆さま、キーボードを生クリームまみれにしないよう注意して、すてきなクリスマスイブを。

いただきますっ!

じゃないや、メリークリスマス!1224

--------------
うっすらホワイトXマス。

今日は一日ずっと
マイナス4度前後。

基本マイナスです。

■流氷初日クイズ応募ページ

2009年12月 4日 (金)

「買い忘れ、ありませんか?」

1204 どーんとタラバ蟹ぃ~。
いかがでしょう。

または、当館オリジナルの岩のり「流氷だより」や客室のお茶うけとして大人気のラングドシャクッキー「知床風時間」などなど。

当知床グランドホテル北こぶし売店で好評販売中のあのアイテムが、当館ホームページでも購入できるようになりました。

そのナも
「知床おみやげ便・こぶし商店」

長いっ!

アイテム数は控えめですが、当館売店の売れ筋商品を集めた少数精鋭のネットショップなのです。

是非皆さま、ご覧下さいませ。ご購入下さいませ。

12042オススメは、ズバリ!

「ウニ」「マクラ」。

グリとグラじゃありません。ウニとマクラです。

ほんとにオススメです。

さぁ、当館ネットショップへゴー!

■ 知床おみやげ便「こぶし商店」

--------------
いちにち中マイナスの真冬日。
雪ですよ。

朝はマイナス4度。
お昼もマイナス4度。
そして夕方もマイナス4度。

もっと積もってね。

■流氷初日クイズ応募ページ

2009年12月 2日 (水)

「第7回 流氷初日クイズ開催!」

第7回:知床流氷初日クイズ!開催です!

今シーズンで7回目を数えるこの大会(?)、メールでも当館宿泊時でも応募OKの、きわめてルーズなこのクイズ!もう、みなさん内容はご存知かとは思いますが、念のためおさらいです。

いますぐ応募したい!と言う方は↓からどうぞ。
流氷初日クイズ応募ページ

■「流氷初日」の定義

「流氷初日」の定義は気象庁や官庁の発表をもとにするのではなく、

"当館のスタッフが流氷を見た日"。です。

ホテル屋上や通勤途中にお散歩中などなど・・・とにかくホテルスタッフが見るであろう!初日の日付を予想して下さい。

■応募方法

文末の応募ページから、
または、当館ご宿泊の際に応募を。
応募用紙は、ロビーの「ミニ流氷館」前にご用意しております。

■的中すると・・・。

正解者のなかから抽選で
(※正解者がいない場合は応募者の中から)

1名様に・・・
・知床グランドホテル北こぶしペア宿泊券!
・"本物の流氷"2kgぐらい
・さらに!1万円相当の海産物

2名様に・・・
・"本物の流氷"2kgぐらい
・5千円相当の海産物をお送りいたします!

■当選発表

流氷初日後、この北こぶログ内で発表いたします。応募時に入力していただいた、ニックネーム(またはお名前)を発表致します。

■流氷の使い方

・冷凍庫に保存し必要に応じ取り出してください。
・ご使用後はできるだけ早く冷凍庫にお戻しください。
 常温で放置すると溶けてなくなる事があります。

※ご注意
ご自由にご使用ください。ただし、食べられません。

鑑賞用、自慢用、空想、祈祷に。
存分にお楽しみ下さいませ。

--------------------------------

さあ、みなさま注意事項をお読み頂いたみなさま。

どしどしご応募を!

基本、予想はお一人様おひとつで。

■流氷初日クイズ応募ページ

1202

アイヤー!

リュウヒョ、ウー!

2009年11月30日 (月)

「さらさらっと朝ごはん。」

皆さま、朝食召し上がってますか?

一日のはじまりを支える朝ごはん。でも、なにかと忙しい朝だけに、バナナ1本、コヒー1杯、トースト1枚、なんて一品目ごはんの方も多いかと思います。なかには朝カレー実践中の猛者もいらっしゃることと思います。

「コーヒーだけじゃなー、でも朝カレーはちょっと・・・」

なんて方にオススメがコレ。
20091130そうです。

お茶漬けです。

はじめました。

お茶漬けバイキング!

当知床グランドホテル北こぶしでは、朝食バイキングに「お茶漬けコーナー」をご用意し、みなさまに、さらさらっとお茶漬けバイキングをお楽しみいただけるのです。

めざましの代表格真っ白ご飯に、約15種類の具を自由にトッピングして出し汁をかけてお召し上がりいただけます。朝からしっかり(?)多品種摂取可能なのです。

「昨日飲みすぎでちょっと・・・。」のかたも、
「朝は普段食べないんだよねー。」のかたも、
「朝食バイキング全種制覇!」をもくろむ方も。

みなさまぜひともさらさらっといかがでしょう?

トッピングは、

・のり
・あられ
・焼きタラコ
・梅干
・鮭フレーク
・野沢菜
・めかぶ
・タクアン
・コンブ
・ちりめん
・ねぎ
・三つ葉
・わさび   ほか

などなど約15種。ちなみに出し汁は羅臼産昆布を使用。
鮭チャでも、梅チャでも思いのままです。

みなさま、さらさらっとお茶漬けバイキングを是非お楽しみ下さいませ。

でも、実際食べるときって、

ズズ、ズゾゾー、ズゾゾゾーってなりますね。

目指せ!さらさらっと!
--------------
0度前後がほんと寒く感じます。

今日のお昼はあったか4度。
夜は厳しくマイナス1度。

あぁ、雪積もらないかなー。

2009年11月17日 (火)

「ぼんよよよん。」

もう皆さまご宿泊されましたか?
当、知床グランドホテル北こぶしの人気客室「本館7階・展望和洋室」。

本館最上階の7階にあり、大きな出窓からオホーツク海やウトロ港を一望するお部屋です。

夏には行き交う漁船や観光船、季節の移ろう時期には荒れるオホーツクの海を、そして厳冬期には押し寄せる流氷を間近にご覧いただけるお部屋です。

更にはオオセグロカモメや冬期にはオオワシやオジロワシなど、大型の鳥類もお部屋から、お客様と同じ目線を通過することもしばしばです。

そんな素敵な展望和洋室がマイナーチェンジ致しました。

1117ベッドのマットレスがシモンズ製にチェンジ。

泣く子も黙るシモンズ製。泣ぐごはいねぐぁーのアレです。しかもベッド高8cmアップの23cmに!睡眠科学を重視し、独自の構造がもたらす体圧分散が質の高い眠りを提供します。だとか。

そんなことよりも、「ジーンシモンズ」とか「うーん、寝てみたい。」とか、そんなフレーズばかりが頭に浮かんだ皆さま。

今すぐご予約を。
ぜひ就寝を。

くれぐれもベッドの上で飛び跳ねないで下さいね。

いい夢を。
--------------
朝、ちらっと雪。
どんより冬空。

朝、2度。
いまも、2度。

0度~5度くらいが一番こたえます。

2009年10月24日 (土)

「笑ってる場合ではありません。」

来年の話をすると鬼が笑うとか笑わないとか。

でも、もうそんなことを言ってる場合ではないのです。

2010年がやってくるのです。
もうすぐそこまで来ています。

ほら、あの角を曲がった向こうあたりから聞こえませんか?
ヤツが、2010年が近づいてくる足音がっ!

--------------。

そんなわけで、ヤツとの遭遇を知床で迎えていただこうと、

「さよなら2009。ウェルカム2010。北こぶしお正月プラン (仮名)」

の販売を開始しました。

2000年問題から早10年。当時は、異常発生に備え会社事務所などで年越しをされた皆さまも多いかと思います。
そんな皆さまにも、今年はゆっくりお正月を知床でお過ごしいただきたいと思います。

プランは以下をご覧下さい。

■ 2009年度お正月プラン

きっと2038年まで、ゆっくりとお正月を過ごせるはずですね。

もう、鬼だけでなくみんな笑いころげそうです。

皆さまのご予約お待ちしております。
-----------------------------
1024_22007年10月24日の様子。
最近写真とってないもので・・・。

--------------
カメムシも凍える寒さ。
最高9度。
最低1.3度。
もう限界です。ストーブ焚こう。

2009年10月23日 (金)

「見てみてくださいな。」

さ、さ、まずは何も言わず見てください。

当館の新しいCMが完成です。

丁寧な仕事の賜物です。

さ、さ、どうぞ。

【知床グランドホテル 北こぶし CM 2009年版】

↑YouTube が開きます。音もあります。ご注意を。

--------------
流星群見ましたか?

今日は、曇りです。
最高11度。
最低7度。

家ではまだストーブ無しです。
限界に挑戦。

2009年9月29日 (火)

「働き者の秋。」

日に日に、野山の色が変わりはじめた知床のこのごろ。

6月、7月の長雨や冷夏は、今年の紅葉にどんな影響をあたえるのでしょうか。

「早いんじゃないか。」
「もう枯れはじめてないか?」

などなど地元民の間からも、いろんな声が聞こえてきます。

そんな、秋本番を迎えた知床ウトロで一番にぎわっているのは、間違いなくウトロ漁港でしょう。定置網はカラフトマスからアキアジ(シロサケ)漁へと変わり、朝に昼にとサケの水揚げで忙しく漁船が出入りしています。

そんなウトロ漁港を見下ろす当館の屋上では、忙しく中型のクモが巣作りに励んでいました。ナニグモかは知りませんが漁師さんの魚網に負けない素敵な網を20分ほどで完成させていました。
0929_2

--------------
29日。
空が高いです。
最高18度。
最低9度。
朝晩は寒いですよ。

2009年8月 8日 (土)

「二番手のご準備を。」

0808甲子園初日の今日。
第一試合目前、快晴の知床です。

日差しに目を細めていると、10時の観光船やクルーザー乗船のためおでかけになった客様がどんどんとホテルに戻ってきます。

原因は画像の海霧。

濃霧のため、観光船・クルーザーが欠航となってしまいました。日差しは真夏の陽光ながら、気温は20度前後。海からの北風がどんどんと霧を作りだした結果です。
ホテル玄関前もしばらくすると霧に囲まれてしまいました。

ここ数日午前と午後に、こうした海霧が発生しやすい状況となっています。

みなさま、船が欠航時のリリーフ観光メニューの登板も視野に入れた試合運び(行程のことです。)をオススメします。

ホテル内にはツアーデスクがございますので、お気軽にお声がけください。

------------------
午前10時。
快晴、そして霧。
現在20度。
北よりの風です。

2009年8月 3日 (月)

「野菜作ってます。」

08031まだ熟しきらないミニトマト。

6月から続く、北海道らしからぬ長雨に知床近辺の農家のかたがたが悲鳴をあげています。

日照不足による生育不良や、根菜類のいわゆる根グサレが深刻になってきました。

このミニトマトも同様。例年であれば真っ赤な小道になっていてもおかしくないのにまだアオアオとしています。

このミニトマト。当館が直接取引している「契約農家」のミニトマトです。一見変哲の無いハウスですが、このハウスで野菜を育てているのは、自動車学校の先生方です。

斜里自動車学校では、数年前から知床菜園を運営し、巻き込み確認を教習生に教えるかたわら、無農薬の野菜やお花作りに精を出しているのです。

現在、当館玄関前を赤・青・黄色などに彩る花々も、この斜里自動車学校の先生方の力作です。到着されるお客様も、しばし一時停止し色とりどりの花々を左右確認ののち、徐行しつつロビーへお入り頂いています。

先にも触れたように、今年はやや野菜の生育が遅めですが8月に入り、天候の回復が待たれます。08032

ナスもあります。
--------------
今日は、
曇り一時雨。
最高19度。
最低17度。
ややムシムシです。

2009年8月 2日 (日)

「CMのCMはCMなのだ。」

あっという間の8月突入。

あまりの時間経過の早さに、近ごろ頭が着いていかなくなり始めた今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

08021_2そんな中、当館ではテレビCMの撮影を実施です。

というより終了です。

7月下旬から1週間に渡る撮影も順調に進み、昨日無事撮影を終えることができました。

最終日には、お客様のご協力を頂戴し、夕景 + 露天風呂、というこれまで撮影したことの無いシーンも撮影ができました。入浴中にも係わらず、撮影にご協力いただきましたお客様には、この場を借りましてあらためてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

お客様のご協力とナイスな撮影スタッフのおかげで、すてきな夕焼けを撮影することができました。

このナイスな撮影スタッフの面々の仕事っぷりが、これまたナイス、いやグレート。

1週間に渡る撮影は、基本15秒のCMのためであり、カットによっては2秒に満たないシーンも丁寧に丁寧に撮影してゆきます。

撮影の準備から撤収は迅速で、基本和やかながらも途切れることの無い緊張感と監督のダジャレが支配する現場には、同じ目的のためにスタッフそれぞれが個々のやるべきことを正確に把握・実践するチームプレイの妙がありました。

そんな撮影チームによるCM。

堂々2009年秋公開。

予定。

放映時間帯。

未定。

ということで、とりあえずは、みなさまには知床、当館にお越いただき、現地をご覧頂けましたら幸いです。

私どもも撮影スタッフに負けないチームプレイでお客様をお迎えしたいと思います。時折ダジャレをはさみましたらご勘弁を。
08022_3
深夜、料理撮影です。
-----------------
今日は、
曇り時々雨。
最高19度。
最低14度。
ややサムです。

2009年7月22日 (水)

「どころか。」

日食デーです。

いちるの望みを持ってホテル屋上へ。

日食どころか陽光ゼロの曇天です。

そういえば、しばらく太陽見ていない気がします。

こんな空がしばらく続く知床の今日この頃。

雨具必携です。P1010352 

2009年7月15日 (水)

「お昼どーする?」

旅先でのお昼ごはん。

地元の名物、雑誌のイチオシ、でもカレーやラーメンなんかの定番メニューも捨てがたい。

そんな、1日3回しかない食事をどーするか、結び前の一番とも言えるお昼ごはんをどーするのか、お悩みの方も多いことでしょう。

そんなときには、こうしましょう。

ウニいくら丼。

どーん。

0715_2

当、知床グランドホテル北こぶしでは、7月18日、19日の2日間限定で「お昼ご飯」をご提供。

■ イクラ丼セット¥1,500

■ うに・イクラ丼セット¥2,500

■ うに・イクラ丼会席セット¥4,000

の三役揃い踏み。

しかも、ハワイ巡業と同じ2日間限定。

さらに、上記料金に眺望自慢の北こぶしの展望台浴場入浴付きです。

お昼+お風呂、でこの値段なのです。

さぁ、お昼ご飯は北こぶしへ!

詳細メニューは以下PDFファイルをご参照下さいませ。

「北こぶし2日間限定お昼.pdf」

■北こぶしの「お昼ご飯と絶景大浴場入浴セット」

・7/18(土)、7/19(日)の2日間限定

・11:30~14:00 (ラストオーダー13:30)

・日帰り入浴のみ ¥1,000

・知床ウトロ温泉、国道334号線沿い。
・ウトロ郵便局隣り。

「北こぶし2日間限定お昼.pdf」

2009年6月19日 (金)

「今年はこんな感じ。」

0619ことしで6年目のキャンドルナイト。

ことしはこんな感じです。

豪奢なピラミッドキャンドルをやめて、天然木にキャンドルを設置です。

前回掲載のパーツは、画像左奥に見える手作りキャンドルでした。

パーツをお客様に選んでもらい、自分だけのオリジナルキャンドルを手作りできるコーナーには、浴衣姿でキャンドル作りに励むお客様の姿が見えました。

21日までの3日間。

浴衣+キャンドルの和やかな夜をお楽しみいただけます。

2009年6月18日 (木)

「ちゃくちゃく。」

06182これなんでしょう。

正解は明日からのキャンドルナイトでご確認を。

ちゃくちゃく準備中です。

天気だけが気がかりです。

では明日、夜の知床でお会いしましょう。

2009年4月20日 (月)

「ちょっとそこまで2009。」

05212
そろそろ、知床五湖や知床峠の開通が近づいてきました。
五湖方面=4月24日午前11時。
知床峠方面=もうすぐ(4月下旬GW前)のはず!

ついつい「ちょっとそこまで。」と、出かけたくなる季節です。

ここで復習です。
当知床グランドホテル北こぶし、から近郊の観光スポットまでの距離。

「ちょっと知床五湖まで。」=往復28km。
「ちょっと知床峠まで。」=往復32km。
「ちょっと羅臼まで。」=往復70km

と、相変わらずのなかなかの距離です。

そこで当館では今年も「レンタカー」の取次ぎを始めます。
レンタカーはもちろん、軽自動です。

詳細は2008年同様、以下のとおりです。
----------------------------------

当知床グランドホテル北こぶしは、Honda Cars 北見さんのホンダレンタリース取次ぎ店舗として、軽自動車「ホンダ ライフ」1台をご用意しております。

知床五湖や知床峠はもちろん、プユニ岬やオシンコシンの滝、ウトロ市街地周辺の散策にも便利です。
滞在中のお客様、公共交通機関でお越しのお客様ぜひご利用下さいませ。

■ホンダレンタリース取次ぎ店
■知床グランドホテル北こぶし

■取次ぎ期間:2009年5月1日~10月末まで。

■ホンダライフ(軽)1台
※乗り捨てはできません。
※ホテル出発/ホテル戻りのみです。

■ご利用料金
・特別プラン
・・・2時間/2,500円
・・・4時間/4,000円

・通常プラン
・・・6時間/5,500円
・・・12時間/7,000円
・・・24時間/8,500円

詳細は、ホテルまでお問い合せ下さいませ。
05213

2009年4月15日 (水)

「知床半島周遊紀」

558冬期間、羅臼で営業していた「ゴジラ岩観光」さんのカムイワッカクルーザーが、本日4月15日からのウトロでの営業開始のため、4月13日に羅臼港からウトロ港への回送航行があると聞き、またとないチャンスと思い、懇願して乗せていただくことになりまし!

【画像:羅臼港より望む羅臼岳】

563当日は快晴でしたが、海上は靄がかかっており、国後島は見えませんでしたが・・・
地図上で最東端の「相泊(あいどまり)」を過ぎても、番屋(漁師の作業小屋)が意外と点在してました。
当然陸路はなく、海上からしか行けないのですが、結構な軒数が並んでました。

羅臼港を出航して約1時間、いよいよ「知床岬」を通過します!!
【画像:ラウス側から見る知床岬】

570ちょうど岬を回りきったところの浅瀬で、なにやら黒い動物らしきものを発見。
慎重に船を低速で近づけると・・・

トド君じゃありませんか!!

春の日差しを浴びて、岩礁で日向ぼっこをしてたので、驚かさないように、撮影後、離れていきました。

●岬を過ぎて感じたこと・・・
・境界線を越えたかのように、うねりや潮流がガラっとかわります。
・頬に当たる「風」の温度が違います。(ウトロ側の方が暖かい)
・羅臼側は穏やかな斜面の山並みが続きますが、ウトロ側は切り立った断崖や絶壁が多いことなど。などなど。

574カムイワッカを過ぎると、お馴染みの見慣れた奇岩や滝が次々と現れてきて、旅の終わりを感じます。
プユニ岬を過ぎると、ウトロ港の正面に、我が愛しの「北こぶし」がお出迎えです。

あっと言う間の2時間半でしたが、貴重な経験をさせていただき、感動しました。

最後になりますが、ご協力いただきました「ゴジラ岩観光」の皆様、本当にありがとうございました!

4月15日から、ウトロ港での営業運航を開始しています。ぜひ、知床半島を海上から眺めてみましょう!

2009年3月27日 (金)

「アンチ年度末」

反対しようが、嫌おうが、否応無しの年度末の洗礼の真っ只中の皆さま。ほんとうに、お疲れ様です。

知床では、この季節、こんな方向(当館本館廊下側)に太陽が沈みます。

クーちゃんの出没回数がやや減ったとお嘆きの皆さま。

知床の夕景もなかなかの癒しタイムですよ。0327

2009年2月 3日 (火)

「今年もショニチりました。」

本日、午前。

ついに、水平線はるか彼方にある流氷を確認しました。

今期も無事に「ショニチ」りました。

みなさまには、今日のプユニ岬からの画像をご覧いただきましょう。

こちらです。2009_02031_2

・・・・・「どこ?」って。

うーん。目を細めても見えませんか?

少し離れても?

角度を変えたり、首をひねっても?

ダメですか?

ではでは、もう少し近づいてみましょう。

これならどうでしょう。
2009_02032_2

ね?

いえ、けっして白波ではございません。

流氷です。

偶然にも、今日からオーロラファンタジーのリハーサル。

まだはるか遠く沖合いにいるショーの主役は、

「ごめん、もうちょっと待って」

と言っているようです。

あさって5日からの本番には間に合うように、ひとつお願いしますよ。

では、今年のホテル公式の流氷初日は、2009年2月3日・午前ということで。

詳細は後ほどあらためて。

2009年1月23日 (金)

「大荒れです。」

Dscf0376_3 画像は、知床には一切関係ありません。

あんまり大荒れなんで、つい。

ホテルのラウンジにも、これほどカラフルではありませんが鯉が泳いでますのでご覧ください。手をたたいてもリアクション薄いときがありますがご勘弁を。

今日は強風の一日。

南風です。

気温も高いです。

なんと1月下旬に雨です。

流氷よ早くコイ。なんて。

大荒れなんで。

2009年1月 1日 (木)

「あけまして知床2009。」

0101あけましておめでとうございます。

毎年恒例の新年出社後、知床来運神社での運だめし。ことしは「中吉」でした。

凡庸な中吉のためか、画像に納めることを失念してしまいました。
2000年問題対策から早9年。パソコンの能力が格段に進歩するとともに、ちゃくちゃくと「忘れる」能力に磨きがかかりつつあります。

北こぶログも3年目。

みなさまに忘れられることのないよう更新したいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。
みなさまには、すてきな一年になりますように。

2008年12月30日 (火)

「モウ待てない!」

12302008年最後のブログタイトルが、ダジャレで申し訳ありません。

丑年元旦まであと2日ありますが、早々に新年のご挨拶用看板を設置いたしました。
ぜひ、今日・明日ご宿泊のみなさまも記念撮影にご利用下さい。

明日大晦日から1月3日までのロングランビンゴ大会や、お正月縁日屋台の準備も着々と進み、気持ちはすでにお正月モード。

ご宿泊のみなさまにお楽しみいただけるようがんばります!

今回は当館ご利用いただけないみなさまには、ぜひ2010年の新年は知床グランドホテル北こぶしでお迎えいただけますようお願い申し上げます。

あ、まだ2009年新年の予約承り中です。

2009年も当館よろしくお願い申し上げます。

2008年12月29日 (月)

「ホームページリニューアル!」

Bmp48 知床グランドホテル北こぶしのホームページが新しくなりました。
より見やすく、みなさまの「欲しい情報」にスムーズに進むことができるよう刷新いたしました。どしどしさわって見てください。お気づきの点がありましたらご連絡下さいませ。

これからも、知床グランドホテル北こぶしのホームページご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

2008年12月23日 (火)

第6回:知床流氷初日クイズ!

※ 第7回流氷初日クイズはコチラ!>

かなりスロースタートではありますが、お待たせ致しました。

第6回!知床流氷初日クイズ開催です!

今シーズンで6回目を数えるこの大会(?)、メールでも当館宿泊時でも応募OKなきわめてルーズなこのクイズ!もう、みなさん内容はご存知かとは思いますが、念のためおさらいです。

いますぐ応募したい!と言う方はこちらを。

■「流氷初日」の定義

「流氷初日」の定義は気象庁や官庁の発表をもとにするのではなく、

"当館のスタッフが流氷を見た日"。です。

ホテル屋上や通勤途中にお散歩中などなど・・・とにかくホテルスタッフが見るであろう!初日の日付を予想して下さい。

応募方法

文末の応募ページから、
または、当館ご宿泊の際に応募を。
応募用紙は、ロビーの「ミニ流氷館」前にご用意しております。

■的中すると・・・。

正解者のなかから抽選で
(※正解者がいない場合は応募者の中から)

1名様に・・・
・知床グランドホテル北こぶしペア宿泊券!
・"本物の流氷"2kgぐらい
・さらに!1万円相当の海産物

2名様に・・・
・"本物の流氷"2kgぐらい
・5千円相当の海産物をお送りいたします!

■当選発表

流氷初日後、この北こぶログ内で発表いたします。応募時に入力していただいた、ニックネーム(またはお名前)を発表致します。

■流氷の使い方

・冷凍庫に保存し必要に応じ取り出してください。
・ご使用後はできるだけ早く冷凍庫にお戻しください。
 常温で放置すると溶けてなくなる事があります。

※ご注意
ご自由にご使用ください。ただし、
食べられません。

鑑賞用、自慢用、空想に。存分にお楽しみ下さいませ。

--------------------------------

さあ、みなさま注意事項をお読み頂いたみなさま。

どしどしご応募を!

基本、予想はお一人様おひとつで。

■流氷初日クイズ応募ページ

1223 

ホテル内の応募箱はここです。

2008年12月15日 (月)

「一年のアカ落とし。」

12月15日から19日まで、当知床グランドホテル北こぶしは休館中です。

なぜか。

ご覧のとおりです。

1215例年この季節、大浴場等のメンテナンス工事を実施しています。そのため、止むを得ず休館にさせていただき、お客様にはご迷惑をお掛けしております。

休館中のメンテナンス作業は多岐に渡りますが、画像の作業もその一つ。

浴槽タイル目地の清掃と補修です。

まさに一年のアカ落とし。

みなさまに、キレイさっぱりとした大浴場・露天風呂にお入りいただきたいと思いを込め、地道な作業が続きます。

営業再開は12月20日(土)です。

みなさまぜひ新年をきれいになった大浴場をご利用いただければ幸いです。
眺めもいいですよ。

それでは皆さま、良いお年を。

は、

まだ早いですね。

メリークリスマス!

も、

まだ早い?

今後ともご愛顧のほどを。

2008年12月12日 (金)

「お正月のススメ。」

今日は、2008-2009。正しいお正月を過ごすために必要な情報を列記します。

・宿泊は知床グランドホテル北こぶし。

・当然、冬タイヤで外出。

・戸締り、ガスの元栓チェックを確実に。

・タオルやバスタオル、歯ブラシなどなどはホテルにあるので、着替えだけ持って出かければOK。

・あ、水落しもお忘れなく。(道内限定)

・2008年最後の日没は15:50頃。プユニ岬がオススメ。

・湯たんぽ、マッサージ、エステの予約はチェックイン後、お早めに。

・お風呂に入って、正月縁日屋台で射的や輪投に興じる。

・夕食後、ビンゴ大会、年越しソバ(無料提供)もお忘れなく。

・紅白鑑賞、カウントダウンはお部屋でゆっくりと。

・年越し後、1階ロビーの「知床来運神社」で初詣。

・おみくじもあるよ。

・寝る。

・初日の出は、ラウス岳山頂が6:45。

・ラウス岳に登れない人は、知床連山を越えて太陽が顔を出すのを待ちましょう。

・ちなみに、ラウス岳山頂が北海道内最速の2009年初日の出。

・近郊各地の初日の出。
→ ラウス岳山頂6:45。
→ 根室納沙布岬6:49。
→ 美幌峠6:51。
→ 羅臼町6:54。
→ 網走能取岬6:57。

などなど。

・フレペの滝で初日の出待ちってどう?

・すがすがしい気持ちで新年を迎えられたことに感謝。

合掌。

・そうそう、まずはご予約を。
「お正月宿泊プラン好評発売中。」

1212

好評の正月縁日屋台。

の、駄菓子屋さん。

2008年12月11日 (木)

「原色でおおくりしています。」

1211_3これ。

カラー写真です。

今日は、知床全体がクロサワの世界でした。

しばらく雪のない12月でしたが、昨夜から降った雪は3センチほど積もりました。
雪が降ると駆け回らずにはいられないため、寒々とした景色を楽しみながら岩尾別あたりまでおでかけです。

最高気温もマイナス1度と真冬日の一日。

こんな名実ともに(?)寒々とした日には、「温泉湯たんぽ」がおすすめです。

昨シーズンの冬から開始した、約65度の当館自家源泉を入れた「温泉湯たんぽ」をこの冬も貸出いたします。

こちらも昨年同様、「オホーツク流氷トラスト運動」に当館も参加をしております。

12112_2お部屋の温度をちょっと低くして、おやすみの際には、熱すぎず、しかしながら朝までポカポカの「温泉ゆたんぽ」をぜひご利用下さいませ。暖房を弱める、あるいは切ることで、ノドにも、地球にもやさしい一日をお過ごしいただけます。

ロビーには、老若男女、どなたにもお楽しみいただける、色とりどりの湯たんぽをご用意しております。

もちろん無料です。

なぜ、湯たんぽ?というかたはこちらをどうぞ。

2008年12月 8日 (月)

「そろそろ気になるアレのこと。」

1208

そうです。コレです。

流氷です。

JAXAのページを見ると、サハリン北部では海氷ができつつあるようです。

第一管区海上保安本部の海氷情報センターも、12月19日から業務を開始するとのこと。

いよいよです。

世界各地の流氷ウォーカーも心待ちにしています。

知床グランドホテル北こぶしでは、すでに世界中の流氷ウォーカーのために、宿泊と流氷ウォーク参加がセットになった、「流氷ウォークパックプラン」を販売開始しています。

流氷の上でなくても、雪上でOKという皆さま。

「スノーシューイングパックプラン」も好評発売中です。

さらには、

寒いのつらいから、車窓から良い感じの景色を見たい。同じく車中から動物を見たい。そんな皆さまには、

「冬のロケーションガイドパック」

「冬の野生動物観察ツアーパック」

も、あります。

この冬、流氷&雪上ウォーカーを目指す皆さま。

どしどしご予約をお待ちしております。

ご予約はこちらから。

■知床グランドホテル北こぶし・宿泊プランページ

【追伸】

第6回・流氷初日クイズをお待ちの皆さま。いましばらくの辛抱を。現在、鋭意準備中です。

2008年12月 7日 (日)

環境対話キャンプ in 知床

福祉観光ってなんだろう?障害者・高齢者やその家族の皆さんが、楽しめ・寛げる観光地ってなんだろう?

現在、北海道経済産業局の補助事業として、当館を含めた知床ウトロ温泉の宿泊施設やネイチャーガイド組織、斜里町のバス会社、食品会社、福祉サービスを行うNPOなどを中心に、「福祉観光地・知床」を目指す取組が始まっています。

いまのところは、

施設のバリアフリー設備状況を情報発信しよう。

すでに多種多様な機能をもつ介護福祉器具を活用し、大掛かりな改修がなくても可能な「簡易バリアフリールーム」を模索しよう。

ホテルスタッフや地域の人たちの「対人スキル」を向上させよう。

といったところに着目しています。

「うちのホテルやバスには、こんな設備があるよ。こんなことができるよ。」、逆に「こんなことはできないです。ごめんなさい。」といった、有る物・無い物、できること・できないこと、をホームページなどに明示することで、宿泊施設を探す方々に、利用する・しない、利用できる・できないを判断してもらおう、ということや、

素晴らしいバリアフリールームや設備があるに越したことはないけれど、改装費用等の捻出も難しい昨今、現在の客室や車などに、既存の介護福祉器具を組み合わせることで、カバーできることがあるのでは?
というこだったり、

どれだけ良い設備があっても、結局のところ観光地の魅力は「人」でしょう。という部分から、障害者のみならず、基本的な対人・接遇スキルの向上を目指そう!

ということなのです。

その一環として、
来年1月10日に「環境対話キャンプ in 知床」として、2泊3日の集中療育キャンプを知床で実施します。

倉敷市立短大の平山 諭教授主催のもと、平成4年から現在28回を数えるこの療育キャンプは、

「集中できない。」
「片付けられない。」
「がまんできない。」
「集団が苦手。」

そんな子供たちの「脳にはたらきかける」対話方法により改善をはかり、そしてお父さん、お母さんた、さらに参加者みんなのスキルアップを目指そうというものです。教育機関等のみなさまには「研修生」として参加も可能です。
道東ではもちろん、北海道でも初開催となります。詳しくは、環境対話キャンプのページを是非ご覧下さい。

・環境対話キャンプ

この環境対話キャンプはもちろんのこと、福祉観光地・知床を目指す事業自体はじまったばかりで勉強することばかりです。
ただずいぶんと安心したことは、障害を持つ方、その家族の方をはじめ多くの福祉関連の仕事などに係る方々が培った、ノウハウや資料やグッズがすでに膨大にあることです。

私たちは、それら多くの「宝もの」に感謝し、かたひじ張らず冒頭の答えを見つけるべく事業を進めていきたいところです。
1207

すっかり雪景色。

2008年12月 6日 (土)

「もういくつ寝る前に。」

12061そうです。これです。

師走下旬、いくつか寝る前にクリスマスです。

知床にもクリスマスはやってきます。
もちろんサンタクローヌもやってきます。

そこで、12月13日(土)から12月27日(土)まで、知床グランドホテル北こぶしでは、クリスマス宿泊プランを好評発売中です。

おすすめ&人気ナンバーワンは、

「クリスマス露天風呂付客室プラン」。

街を見渡す高台から眺める夜景も捨てがたいところですが、お部屋にいながら、源泉かけ流しの露天風呂に浸かり、見上げる知床の星空を想像してみてください。

夕食は、いけすを備えた「料亭・木風(きふう)」で活きた魚介を選んでその場で調理。クランベリーソースのかかった七面鳥のローストに憧れる気持ちもわかりますが、クリスマスの夜、あつあつにボイルされた毛蟹の甲羅焼きをほおばる感触を想像してみてください。

そして、第二のおすすめ宿泊プランは、

「クリスマス展望和洋室・海鮮遊膳プラン」

高層ホテルの展望レストランでかすかな街の喧騒を耳にするのもなかなかですが、当館最上階7階、大きな出窓のベンチに腰をおろし耳にするオホーツクの潮騒を想像してみてください。

フタを開けると湯気とスパイシーな香りが広がる、サンダースさんのチキンは確かに美味しいでしょうが、掘りごたつの食事処で、皆さまの目の前に立ち昇る、セイロ蒸しの湯気と清廉な昆布の香を想像してみてください。

お二人で、ご家族で、お仲間どうしで・・・。

さらには当プランにはお部屋におひとつ、アロマキャンドルをご用意致します。小さな火を灯し、お部屋の電気を消し、知床の夜に溶け込んでみてはいかがでしょう。

イマジネーション豊な皆さま、知床で過ごすクリスマスを想像してみてください。

さあ。

想像してみましょう。

いかがですか?

眠ってはいけません。

想像できた皆さま。
どうぞ、当館宿泊プランのページへお越し下さい。

彼が作ったイルミネーションが皆さまをお迎え致します。1206

イルミネーション取り付け風景。

2008年11月20日 (木)

「えらべるお鍋。」

冬将軍が、ちょいちょい顔を出すようになり、ぐっと気温が下がってきました。

今日の知床は朝、雪の降ったあとが残っていました。ワイパーのうえや歩道の段差あたりなどにうっすらと雪が。

こんな季節はやっぱりお鍋。

日本全国、お鍋の恋しい季節になりました。

南北に細長い日本には、土地毎の風土や歴史を色濃く反映した鍋料理があり、その土地ならではの鍋をつつくというのも、この季節ならではの楽しみではないでしょうか。

それもみんなでワイワイつつくのがまた楽しいかと。

そんな楽しみを是非、皆さまに提供したく「選べるお鍋!お仲間宴会プラン」をご用意致しました。

大人様5名様からお申込いただけます。5名1室でなくても2名と3名1室で合計5名でももちろんOK。

肝心のお鍋は、

海鮮鍋、カニ昆布鍋、知床鶏の白湯鍋、知床赤豚の豆乳鍋、オホーツク産タコのみぞれ鍋からお選びいただけます。

一つの鍋に凝縮されたオホーツクや道東の具とスープと皆さまの会話から紡ぎだされる小宇宙をご堪能ください。

詳細はプランページへ!Photo

2008年11月 8日 (土)

「冬の夏の香。」

ここ数日の寒さと風のせいか、はたまた自宅の香り(?)のせいか、うちの中に大型のハエが数匹飛んでいることが珍しくありません。
そのハエを追ってか大型のクモが何匹もでてくるようになりました。

さっきまでいなかったのに、振り返ると、ちょうど目線の高さにぶらさがっているクモがいるのを見ると、なかなかホラーな気分になり夢に出てきそうです。
見つけるたびに、そっと捕まえ、そっと力強く外に放りなげるのが日課になる初冬の知床。

ハエもクモも(ちょっと前までカメムシも)冬を目前に暖かい場所を求め越冬の準備をすすめているところなのでしょうか。

雪と強風。
今日は大荒れの北海道の模様が朝から全国ニュースに流れています。さきほど、大粒の雪がウトロの市街地にも舞いました。

冬、来る。

そんな知床でいまオススメなのが、知床斜里町観光協会資生堂が開発したご当地香水シリーズ「知床オードパルファム。」ご当地香水シリーズとして北海道初だとか。

知床の夏の花を代表するハマナスの香高いこの商品。
今年6月から発売開始です。
雪風が強くなり、灯油やマキの香の季節になった今、過ぎし夏の香を懐かしむには最適です。

ホテル売店で好評発売中。
あぶらとり紙もあります。

越冬中の虫たちもサマーな夢を見られることでしょう。10182

2008年10月23日 (木)

「忙しくなる前に」

10月も下旬となり、冬のにおいが鼻の奥のほうをつんつんするようになりました。

これからの一月ちょっと、「寒くなったねー」、「知床峠が閉鎖になったねー」、「あ、初雪だねー」なんて話しているうちにあっというまに師走になってしまいます。

お師匠さんが寄席から寄席へとむやみやたらに走り回り(誤解)、夜空ではアカハナの偶蹄目が駆け巡る、なんとも忙しい12月がやってきます。
12月になると、お師匠さん(誤解)ならずとも皆さまも忙しくなるのではないでしょうか。ぜひ、忙しくなる前に12月中のご予約はお早めにどうぞ。

そこで、

■クリスマス!アロマキャンドル付き宿泊プラン
なにかと忙しい、お二人にゆったりとお過ごしいただくために、お部屋にアロマキャンドルをご用意。温泉につかり知床で過ごすクリスマスはいかがでしょう。

お部屋は、
源泉かけ流し露天風呂付客室、
本館展望和洋室、
本館客室のプランをご用意。

宿泊プラン詳細ページへ

■お正月ご宿泊プラン
なにかと忙しい師走を乗り切って、大晦日・元旦は知床で過ごすのはいかがでしょう。ビンゴ大会、年越しソバ、持ちつき、正月縁日屋台などなど。チビッこも楽しめるイベント企画が盛りだくさんです。

宿泊プラン詳細ページへ

をご紹介致します。
皆さま、クリスマス・お正月は知床でお過ごし下さいませ。
1023

お待ちしております。

2008年10月18日 (土)

「直線距離2,905km」

1018_4 斜里、竹富、来運、八重泉。

これらの語句から出来上がったのが、泡盛「来運の泉」です。

知床と西表。東西端っこの国立自然公園が縁で姉妹町となった斜里町と竹富町。姉妹町盟約締結から35年を迎えての記念企画商品です。

知床半島の根元にある斜里岳の湧水「来運の水」を、直線2,905キロ離れた石垣島に運び、八重泉酒造の原酒の割り水に使用し完成したこの泡盛。

生産本数1,000本のみ。

当館売店での販売は50本という限定中の限定商品です。

過去に類を見ない漢字使用量の本日の投稿同様、往復5,810キロの旅路の果に当館での販売が可能となった過去に類を見ない稀少なお土産です。

泡盛好きならずとも是非お試し頂きたい逸品です。

■泡盛「来運の泉」
・内容量720ml。特製陶器入り。
・当館販売額・・・。やや高めです。

斜里町役場
竹富町役場
八重泉酒造

2008年10月12日 (日)

「これ、とっぴ。」

10月の3連休。というか、3連休になる皆様、うらやましい限りです。いかがお過ごしでしょうか。
知床は、秋冬らしい北風で海は荒れ山鳴りのする風雨の朝を迎えました。

そんななか、オオワシの渡りが始まっているらしく、お客様のお見送り中にも、数羽のオオワシが北風に乗り、大きな翼を広げ滑るようにホテル上空を横切っていきました。

オオワシの渡りに、正面玄関前の温度計が8.5度をさすなど、そろそろ秋から初冬へと季節がシフトしそうです。

ところで、1012

これ、なんだかお分かりになりますでしょうか。

スリッパではなく、洗濯バサミ状の物。

そうです。

お客様ご自身のスリッパに目印をつけるためのクリップなのです。

大浴場や、宴会場、掘り炬燵の食事処など、当館内ではスリッパを脱いで上がる場所が何箇所かあります。
その会場から部屋に戻るとき、自分が履いてきたスリッパを履きたいなと、お思いではないでしょうか?

そんな思いを実現するのが、このクリップ、その名も「スリパッチン」といいます。
(もし、商標登録されていたらゴメンナサイ。)

クリップに部屋番号が付いていますので、脱いだスリッパに、パッチンとクリップをつけるだけでOK。

全室にご用意しておりますので、お風呂やお食事にお越しの際、どうぞお持ち下さい。

2008年10月 7日 (火)

「目指せ!一番乗り!」

ほんとうにすごいのかどうかは別として、なんとなく「おおっ!」と思わせるものの一つに、「一番乗り」があります。

地下鉄の副都心線や某リンゴ系携帯など、話題のイベントや商品発売時にできる行列の先頭の方々が報道に取り上げられることもしばしばです。

旬を尊ぶ「初物」好きの日本人だからこそなのでしょうか、様々な「一番乗り」に情熱をそそぐ皆さまの行動力には感心するばかりです。

そんな「一番乗りマニア」の皆さまに朗報です。

これまで、釧路方面からの冬期無料バスとして運行していました「ゆけむり号」がリニューアルし、ウトロ地区4軒の宿泊施設で運行する「流氷しれとこ号」として生まれ変わることになりました。

初運行は10月19日(日)13:15スタート。
釧路オーシャンホテル前です。

無料です。

一番乗りのうえに、無料なのです。

しかも乗っているだけで、知床ウトロ温泉に着いてしまうのです。
おどろきです。

さあ!全国の一番乗りマニアの皆さま、この機会にぜひ知床へ!

(注意事項をご一読下さい。)

------------------------------------------

【冬期無料送迎バスのご案内】

■釧路発「流氷しれとこ号」
・10月19日(日)~翌年4月30日
・釧路発13:15 → ウトロ温泉着 16:45
・ウトロ温泉発 9:00 → 釧路着 12:30

■北見発「特急知床号」
・10月19日(日)~翌年4月30日
・北見発14:00 → ウトロ温泉着 17:15
・ウトロ温泉発 10:00 → 北見着 13:10

■運行時刻詳細はホテルHP「交通のご案内」をご覧下さい。

■注意事項
・ウトロ温泉(4施設)にご宿泊のお客様のみ利用可能。
・事前予約制です。
・一番乗りの証明書等はありません。
_dsc0168

ホテルのバス画像

2008年10月 5日 (日)

「食べて。動いて。」

ことしも開催が近づいてまいりました。
ご存知「知床番屋祭」。

今年は、内容リニューアルでこれまでとはちょっと違った番屋祭になるようです。

まずは、お一人様ずつ、毛蟹1パイがまず付いちゃいます。

もちろん、それ以外にも、知床鶏やホタテ・つぶ貝などオホーツクの地元素材にこだわった海と山の幸を、70分食べ放題で堪能できるハーフバイキング形式になりました。

そんなすてきな番屋祭2008の夕食をパックにした、宿泊プランをぜひご利用下さい。
真っ赤な毛蟹があなたのお越しをお待ちしております。

■知床番屋祭2008
・開催:10月20日(月)~11月10日(月)まで
・毎夜:よる5:40からと7:00からの2回(要予約)

ご予約詳細はこちらの宿泊プランページへ
毛蟹1パイ付き!知床番屋祭2008宿泊プラン

食べるだけじゃ物足りないみなさま。
ぜひ、こちらの体操をマスターしてみは?

あばしりカニチョッ筋体操_dsc0050

はい。
茹で上がり~。

2008年10月 2日 (木)

「秋だよ知床、コマーシャル。」

1002秋風が心地良いというよりも、肌寒い今日の知床。気温も夕方4時には10度まで気温が下がりました。

そんななかでも、ウトロ港近辺にはホテル到着後、周辺散策するお客様の姿を目にします。

北風の夕刻、大きな雲が勢いよく様々に形を変えながら、ウトロ港の上を移動してゆきます。

時折差す秋の夕陽が、ダイナミックに動く雲の色彩を変えてゆきます。港のふちで眺めているだけでも飽きません。

そんな秋のウトロ港をご覧頂きたく10~11月の期間限定プランのご紹介です。

ここからCM秋バージョンです。

【秋の大感謝宿泊プラン】
大地とオホーツク海の豊潤な恵みに感謝!
雄大な世界自然遺産「知床」に感謝!
そしてお客様に大感謝!

そんな感謝の気持ちを込めて、
秋の特別価格プランをご用意しました♪

プラン詳細は宿泊プランページへゴゥ!
---------------------------------

【いい夫婦の日宿泊プラン】
11月22日(イイフーフ)の日を記念(?)してご夫婦・カップル限定プランのご紹介です。

露天風呂付客室や展望和洋室といった、ちょっと贅沢なお部屋を、お二人のための特別料金でご用意しております。

ぜひ、日頃の労をお互いにねぎらってはいかがでしょう?

プラン詳細は宿泊プランページへゴゥ!
---------------------------------

秋の知床、ご堪能下さい。

2008年9月30日 (火)

「お耳拝借。」

9月の最終日。秋晴れのなかお昼に知床五湖付近までお出かけしてみました。紅葉はどんな具合かなと思い運転しながらあたりをキョロキョロ。

結果、まだ紅葉には早いかと。

道路沿いの樹木はもちろん、羅臼岳など知床連山の山肌の色もくすんだ茶色と言った具合でした。

これからどういった色あいになるのか楽しみです。

「色づくまで何をしよう?」

という皆さま。お耳を拝借。

当館では11月15日(土)まで「知床の語り部」を開催中です。
オホーツク、知床、ウトロにゆかりのある講師の皆さまが、それぞれの経験や体感した知床にまつわる30分程度のお話をお聞きいただけます。

ホテル1階ロビーにて毎夜8時から。
もちろん無料です。

ロビーでは地酒や生ビールも販売しております。
土地の話を肴に一杯いかがでしょう?9302

イメージはレンガ風にアレンジしてみました。

2008年9月16日 (火)

「一緒にしちゃえば?」

14日の中秋の名月、そして昨日の満月と好評を博しました「お月見お散歩ツアー」。本日が最終日。今夜はどんな月模様でしょうか。

ところで、十五夜≒満月なのはご存知でしたでしょうか?

私は知りませんでした。もう、すっかり、十五夜=中秋の名月=満月だと思い込んでいました。旧暦と実際の月の満ち欠けのズレにより、十五夜と満月は一日前後ズレるそうです。
今回のツアーでそれを知り、「へぇー」と思ったところです。

「なんでズレてんの?旧暦?そろえちゃえば?、十五夜と満月、一緒にしちゃえば?」

と、頑なに、十五夜=満月を目指すスタッフもおりました。

その説明をと思いましたが、そろそろ夜8時。
今夜のツアーの時間となりました。

秋風の心地良い月夜の夜をお客様と楽しむといたしましょう。

行ってきまーす。09163_2 

2008年9月14日 (日)

「お月見できますか?」

明日15日は十五夜、中秋の名月です。ホテルでは本日からロビーにお月見3点セットをご用意しました。記念撮影にぜひご利用下さい。

おだんご。
すすき。
うさぎ。

略して「おすぎ」。

「おすぎ」無くして日本のお月見は始まりません。何もない部屋でお月見できますか?ぜひ皆さまのご家庭でも「おすぎ」のご用意を。

材料は簡単です。

紙粘土、すすき、ちょっとした兎の置物、なければ干支の卯の置物でも代用できます。
紙粘土を丸めてお団子にしましょう。もちろん、本物のお団子でも構いません。すすきはお花屋さんで購入するか、問題の無い場所で採取しましょう。
残った紙粘土で、兎の像を作るなどちょっとしたアクセントで素敵な「おすぎ」をご家庭でお楽しみいただけます。

ホテルでは、あわせて「お月見お散歩ツアー」を開催いたします。

夜8:00から眺めの良い場所で、お月見案内人が知床の満月をご案内。雨天・曇天時は中止となります。
14日、15日はおかげさまで満室ですが、16日はまだ空室がございます。

知床で中秋の名月とおすぎをお楽しみ下さいませ。0914

2008年8月24日 (日)

「肥ゆってる?」

昨日8月23日は「処暑(しょしょ)」という二十四節気でいうところの「暑さのやむ頃」でした。それにさきがけ、知床ではここ数日、ずいぶんと暑さの止んだ秋的涼風が吹きぬけています。
夜になると、虫たちの澄んだ鳴き声が耳に心地良く届きます。

そのせいか、体内季節感度がいっきに秋めいてしまったようで、食うわ食うわ、飲むわ飲むわで、あっという間に肥えてしまいました。

馬や森の動物と一緒で、秋めいてくると「食べなければ!」という逃れられない衝動にかられ、気がついたら何かしら口に放り込んでいるありさまです。

もう食べ物見ただけ、話しただけで鼻息が荒くなり、赤く色づいたハマナスの実を見てよだれが出そうになります。
サンマ、アキアジ(鮭)、キノコ類、ジャガイモ、新ソバ・・・などなど、これからやってくる、さらなる胃袋中心の季節を思うと空腹中枢が刺激されます。

その結果ついたアゴ・ハラまわりの脂を、灯油代の上がるこの冬に有効利用できないか、焼きトウキビ片手に真剣に考えねばなりません。

一足早い、知床の肥ゆる秋、皆さまもぜひお楽しみ下さいませ。

補足です。
食欲だけでなく、気候も秋めいています。
知床にお越しの際には、長袖を必ずお持ち下さい。
暖かめの服装でどうぞ。
0824

2008年8月13日 (水)

「いぢめる?」

0813「いじめないよぉ~。」

いがらしみきお先生へのオマージュを込めて。

かわいいです。

無条件にかわいいです。

お盆のご予定がまだお決まりで無い方。

お子様と遊びに行きたい方。

知床から女満別空港へ向かう際、お時間があまった方。

おすすめです。

オホーツクシマリス公園。

地図はこちらなのでぃす。

2008年8月 6日 (水)

「うどん、どう?」

おっ!回文ですね。

ということで「うどん」のCMです。

■その名も「知床うどん。」

斜里産小麦100%使用のこのうどん。
小麦はこだわりの「春よ恋」。いま斜里農協イチオシの小麦です。

やや色黒な麺は、メルヘンシーなネーミングとは裏腹に剛直なコシのある非常に男らしいウドンです。
パッケージも黒を基調とし力強さを全面に押し出したタッチに仕上がってます。

食べました。
もちろん、食べました。

旨いです。
コシがあり喉ごしも心地良いです。
ただし手ごわいです。

乾麺で300グラムの内容量は強力です。茹で上がりが倍増するうどんを一袋全て茹で、ひとりで食べるのは無理がありました。

素うどん

カレーうどん、でなんとか完食。

レトルトカレーがあって助かりました。皆さまは間違っても乾麺300グラムを一人で食べることのないようにご注意を。

おいしいうどんですよ。

■売店夢問屋にて好評発売中。
■一袋 650円(税込)0806

2008年7月22日 (火)

「うまいってば。」

おおきなくくりですが、知床近辺は今、サクランボが旬です。
網走・女満別・小清水などの農園ではサクランボ狩が盛んな季節です。

旬のサクランボ。山形県産のブランド品種とはいきませんが、夏の陽気を思わせる甘酸っぱい果肉が口中に広がるのがたまりません。

ただし、なぜか当社事務所内では、

「サクランボ?。ふーん。」
「たいして興味無し。で?」

といった感じで、あまり興味を惹かれない存在になっています。それどころか

「たまに虫入ってるんじゃない?」
「タネ出すの面倒だ。」

など、やっかいもの扱いされている感さえあります。

こんなに美味しいのに。残念でなりません。
しかも、旬の物なのに。

鰹やイチゴ、松茸に秋刀魚、新ジャガにトチニシキ(?)などなど、元来日本人は旬の物を大切にするはずなのになんという体たらくでしょう。

いいですよ。いいですよ。
誰にもあげませんからね。

今日の晩御飯はサクランボですよ。
0722

あ、皆さまも、ぜひ道東のサクランボをお召上がりください。

2008年7月19日 (土)

「ソウ。クール」

0719この場面。見たことある方いらっしゃいますか?

レアものです。
行動展示ではありません。

ホテル1階ロビーの「ミニ流氷館」の流氷の入替を本日お昼に行いました。

強化ガラスの向こうは、マイナス15度。なかなかクールな環境下での作業です。

この流氷、毎年3月にオーロラファンタジーが終了すると、ウトロ港特設会場に展示されていた流氷を回収しホテル所有の大型冷凍庫に保管しています。

その流氷を、持ち運びやすいように小さく砕き、洗ったものをロビーのミニ流氷館に展示しているのです。ご家庭の冷凍庫の氷が小さくなる(昇華というそうです。)のと同じく、ミニ流氷館の氷もだんだん痩せてゆくため、おおよそ年2回、このクールな作業をおこなっています。

無造作に流氷を積んでいるように見えますが、毎回テーマを持って氷を積んでいるのです。(いるはずです。)

ぜひ、皆さま。梅雨明けの暑さ厳しい地元を離れ、ミニ流氷館で涼を求めてはいかがでしょう。

今日の知床は気温14度。
かなりクールです。

【注1】・・・行動展示=旭山動物園独自の動物展示方法。
【注2】・・・知床にお越しの際には必ず長袖をお持ち下さい。

2008年7月17日 (木)

「まる3年。」

ホテル玄関横のシャクナゲが花を着けています。

つい先日、次の年もきれいに花が咲くようにと、開いた花を次々と摘み取っていたところ、「摘み取るのは花がしぼんで、枯れてからでいい。」と年長のスタッフに言われてしまいました。

数年前までは長老級のスタッフが、しぼむどころか、開花前のつぼみのうちからどんどん摘み取っていただけに、どちらが正解なのか考えてしまいました。

つぼみを摘んでも、花を摘んでも、毎年この季節、シャクナゲは花を咲かせています。コメカミに梅干を貼る民間療法みたいなものなのでしょうか。

シャクナゲが咲くころ

そうです。知床が「世界自然遺産」に登録された日です。

2005年7月17日の登録から早や3年がたちました。

当館では今年も16日・17日・18日と、「知床」世界自然遺産登録記念日のお祝いを行っております。ロビーでの振る舞い酒を囲んで、お客様と談笑する光景も、毎年恒例になった感があります。

「一年経った。」を感じる節目は、正月や年度代わりはもちろん、楽しかった日や悲しいできごと、大変な出来事の日など様々です。

当館では、世界自然遺産に登録された7月17日を大切な節目と今後も考えてゆきたいと思います。

この一年は「知床」にとってどんな一年であったかを、また将来の知床はどうなっているんだろうと、マス酒片手のお客様と和やかに語らえる日であれば幸いです。

スタッフの穏やかな笑顔とともに・・・。0717

2008年7月13日 (日)

「ご家族さんいらっしゃい。」

「夏休み」が近づいて参りました。いいですね、夏休み。

夏休みがある人々がうらやましい限りです。

「夏の、やすみ」なのか、「夏にやすむ」なのか、うらやまし過ぎてどうでもいいことで悩みはじめる前に、宿泊プランのご案内です。

-------------------------------------

特典やまもり!夏休みファミリープラン!

バイキングプランと和食膳プランをご用意しております。

特典も、知床連山最高峰ラウス岳に負けず劣らずのやまもりです。

特典その1:記念撮影おとりします。
                (フォトケースに入れてプレゼント)
特典その2:お子様に夕食時ドリンク1杯付き。
特典その3:知床自然センターでダイナビジョン見れます!
特典その4:夏の宿題お助け資料(グッズ)プレゼント!
                (現在作成中です。)

お子様(お食事+寝具を利用する)がいらっしゃることが条件のご家族限定プランです。

お父さん、お母さんの深い愛情を、知床でチビッ子に注いでみてはいかがでしょう。
きっと、すてきな夏の思い出をプレゼント出来るはず。

まだ、夏休みのご予定がお決まりで無い皆さま。
知床が、ご家族様のお越しをお待ちしております。
0712

2008年7月11日 (金)

「まだかもうか。」

0711 つい先日まで、北海道=洞爺湖サミットといった具合に、テレビに新聞におおいに取り上げられていました。

3年前の7月は洞爺湖のかわりに、世界遺産登録が秒読み段階となった「知床」が連日メディアに取り上げられていました。

2005年7月17日に知床が世界自然遺産に世紀登録されてから、今年で丸3年が経過します。

当館では、昨年同様、世界自然遺産登録日7月17日の前後をあわせた3日間、世界自然遺産登録記念日イベントをロビーにて行います。

「世界自然遺産登録地・知床」という看板が錆びれてしまわぬように、ブームに終ることなく、なぜ知床が登録されたかを私どもも忘れぬためにと、登録の翌年から行っております。

ロビーに振る舞い酒をご用意し、「冬の知床」へお客様をご招待したく、航空券+宿泊券の抽選応募受付を行います。
ぜひ、皆さま奮ってご応募下さいませ。

サミットが閉幕して2日。すでにその検証報道などは少なくなり始めた気がします。知床は遺産登録から、まだ3年か、もう3年か。
ぜひ知床へお越しいただき、皆さまの眼で「世界自然遺産」を検証して頂きたいと思います。

「固い話は無理。」

という皆さまは振る舞い酒を片手にお寛ぎ下さいませ。升に塩を盛ってお待ちしております。

16日・18日と、まだお部屋に空きがございます。
ご予約もお待ちしております。

2008年7月 8日 (火)

「3日間。願えます。」

7月7日七夕からロビーに設置した、竹笹(レプリカ)。

おかげさまで、昨日は多くのお客様に、すてきな願い事を書いた短冊をつるしていただけました。

7月9日まで設置を致します。

七夕

竹笹

パンダ。

安易な連想で作ったパンダもお待ちしております。07082

これ、なかなか優れものです。

キャノンのペーパークラフト

2008年7月 5日 (土)

「ササニネガイヲ」

今年、2008年の7月7日はいろいろともりだくさんになりそうです。

サミットしかり、ガイアナイトしかり、キャンドルナイトしかり。

いずれも、その手段や求める価値は様々ですが、地球規模の「より良い○○」を目指しているのは間違いないはずです。

お、気がついたら全部カタカナですね。

漢字にすると、主要国首脳会議。地球夜。蝋燭騎士。

・・・。うーむ。無理をしてもいいことはありません。

七夕の願い事も同じです。
無理は禁物です。

年に一日しか出会えない、オリヒメ・ヒコボシを慮り(オモンパカリ)、適度な願い事を考えましょう。
ただでさえ、今年の七夕はワールドワイドな願い事が増え、二人にとってはヘビーな再会になるに違いありませんから。

ホテルロビーにも7月7日から9日まで竹笹をご用意します。
残念ながら本物の竹笹ではありませんが、皆さまの願いが天の川に届きますようにと、心から祈っております。
0705

2008年7月 2日 (水)

「心配だ。」

温暖化が心配だ。

地球環境が心配だ。

原油高が心配だ。

食料危機が心配だ。

心配だ。心配だ・・・。

と、しんぱいだー、しんぱいだーと唱えていても何も変わりません。

北海道庁が主催する「ガイアナイト」が訴える趣旨も同じです。

環境問題という大掛かりなことがらに対して、ただ心配し、漫然と行く末を見守るのではなく、小さなことでも良いので身近なできることから行動を起こそうという、呼びかけなのです。

当館も7月7日(月)、ガイアナイトに参加します。

短時間、わずか1時間ばかりのロビー周辺のライトダウンではありますが皆さまの行動のきっかけになれば幸いです。

【ガイアナイト in 北こぶし:イベント内容】

■よる8:00~9:00の1時間/ロビーを中心にライトダウン。

■流氷キャンドルなどろそくを灯します。

■七夕です。竹(模造ですが)をロビーに設置します。
   大小問わず、短冊に願い事書いて天の川に願いを託しましょう。

皆さまのご参加お待ちしております。

えっ?

お腹まわりが心配だ?

ご自愛のほどを。0702

3月のガイアナイトの
流氷キャンドル。

2008年6月22日 (日)

「なんのために?」

おかげさまで、当館での100万人のキャンドルナイトイベントは無事終了いたしました。

3日間、天候には恵まれませんでしたが、多くのお客様にご参加をいただきました。

「なんのためのイベントなの?」

と思われた方もいらっしゃることと思います。

100万人のキャンドルナイト自体は、7月7日まで続きます。

ぜひ、その答えも、お部屋のでんきを消して、ろうそくの灯りの中で、いろいろとご想像いただければと思います。

ぜひまた、ロビーイベント開催の際には、皆さまのご参加をお待ちしております。

ありがとうございました。
0622

2008年6月21日 (土)

「キャンドルナイト~夏至~」

06211_2 6月21日。夏至。

- 100万人のキャンドルナイト2008夏至 -
~ 知床の本当の夜を ~ キャンドルナイト in Shiretoko

ホテルロビーを中心にライトダウンし、アイヌ民族の伝統楽器「トンコリ」の演奏会2日目の夜です。

今日も雨。

残念ながら、雨です。

5年目になる当ホテルのキャンドルナイトイベント。これまで一度も雨に降られたことがありませんでした。本館屋上での星空や夜月の観察が中止になるのは今年がはじめてです。

残念な雨ではありますが、静かに降る雨が、普段も静かな知床ウトロの夜の音を吸収し、知床本来の静けさを演出しているかのようでした。

トンコリの音色だけがロビーに響きます。

穏やかな音色と音量のトンコリにはホテルロビーはやや広く、マイクとスピーカーを通してお客様にお聞きいただきます。

生音のみ。

マイクもスピーカーも使わず、トンコリから空気を伝わる振動だけでこの穏やかな調べを伝えられないだろうか。どう聞こえるんだろう。

できれば野外。
焚き火も。

小さな焚き火と奏者を囲むように地に座り、トンコリの音色に耳を傾ける皆さまの姿を想像していました。

屋上開放ができない分、ゆっくりと演奏を聴くことができたからでしょうか。雨が降っていなければ考えなかったかもしれません。

夏至の夜。そんな想像の雨に感謝です。

「キャンドルナイト初日」

あいにくの天気。

昨日のキャンドルナイト。

まずまずか。

今日の天気は?

まだまだか。

今夜もキャンドルナイト。

今日は夏至。0621_2

2008年6月18日 (水)

「問題なしです。」

06182知床は日に日に緑が濃くなり、夏の観光シーズン準備万端です。いつお客様がいらっしゃっても問題ありません。

そうは言っても、

「北海道って今年の夏はサミットで警備が厳しいんじゃないの?」
「ホテルも満室でとれないんじゃないの?」

なんてお考えではないでしょうか。

知床は問題ありません。

空港も道東が誇るローカル空港、女満別空港が大活躍です。
ホテルだって、お部屋を空けて7月、皆さまのお越しをお待ちしております。

そう言われても、

「なんだか北海道は変に寒いっていうじゃない。」
「このあいだなんて雹が降ったっていうじゃない。」

だ・・だだだ、大丈夫です。問題ありません。

本日、知床の気温25度。でも涼やかな風が心地良く、

「北海道の夏ってどんなだっけ?」
「これです。」

っていうぐらいの気候です。

もちろん、雨の日もあるでしょう、本州以南にお住まいの皆さまにとっては寒く感じる日もあるでしょう。でも、それが北海道。
それこそ道東。
ジ・シレトコなのです。

オロンコ岩や知床五湖の散策路に次々と入れ替わり咲く可憐な花々、冬毛からバンビ模様の夏毛に変わったエゾシカたち。青空を滑るように舞うアマツバメ、その向こうには残雪もわずかとなった知床連山が広がり、一日の終り、涼やかな風を頬にうけながら見るプユニ岬からの夕景は贅沢な時間にさらなるアクセントを添えてくれることでしょう。

知床は間違いなく夏です。問題ありません。

さあ、7月のご予定がまだお決まりで無い皆さま、知床の短い夏を、様々な生命の輝きと共に高らかに謳いあげようではありませんか。

そして、今年も知床に夏が訪れたことへの感謝を込めて、晴天を司る神への供物の如く青空に向かって叫ぼうではありませんか。

さあっ!

「モウマンタイー!」06183

熱くなったら、涼やかなオロンコ岩へどうぞ。

2008年6月11日 (水)

「これでいいのだ?」

06112100万人のキャンドルナイトのイベントに向け、ロウソク作りにチャレンジです。これまでのイベントで使用した燃え残りのキャンドルを再利用した手作りロウソクです。

今回は、SHINRAさんや、知床プリンスホテル風なみ季さんと協力して楽しいチャレンジとなりました。

■材料です。

使用済み、燃え残りロウソク・・・適量
ハンマー・・・人数分
鍋・・・2個
湯煎用大鍋・・・2個
ハム用動物抜き型・・・数種
ロウソクの芯・・・適量
色着け用クレヨン・・・適量
香料・・・適量
その他・・・諸々

■作り方です。

① たたきます。
丸いのや、長いのや、大きいのやら、いろんな残り物キャンドルをひたすら叩いて細かくします。でも、そのうち、そのままでOKだと気付きます。

② 煮ます。
湯煎で、使用済みキャンドルをトロトロに溶かします。この煮作業をスムーズにするため①の工程で叩いたのですが、煮ているうちに叩かなくてもいいことが分かります。

③ いたずらします。
色着けたり、香つけたり、容器のサイズや形を変えてみたり、です。ロウが液状であるという物理的条件を無視した無謀な挑戦もします。

④ 固まります。
容器に芯を入れ、いたずらしたロウを流し込むとそのうち固まります。氷水で冷やすと早く固まります。

はい。できあがり。
06116_3これは、作ったキャンドルのほんの一部。サイズも色も形も様々のキャンドルが大量にできました。夏至の夜、灯りをともすのが楽しみです。

材料・作り方詳細をご希望の方はお問い合せ下さい。ちゃんとした作り方が掲載されているページをご紹介します。

ぜひ、みなさまもチャレンジを。

2008年6月10日 (火)

「掘ると出る。」

06103_2 ホテル正面玄関前。工事中ではありません。
4~5世紀頃のオホーツク文化の人々の生活跡の発掘調査が行われているのです。

2005年の秋から行われている、国道拡幅工事に伴う埋蔵文化財の調査です。

柱の跡やかまどの跡など住居跡を中心に、重要な遺物が続々と出土しているようです。上の画像は2005年秋出土の住居跡の様子。現在は、さらに詳細な調査を進めいているそうです。

遺跡が眠っているのは、今現在も知床ウトロの家々やコンビニや当ホテルがある場所です。

その昔に知床で生活していた人々と同じ場所に生きている。

想像をめぐらせて、当時の生活に思いを馳せるのも楽しいものです。当館お越しの際には、ぜひ発掘調査の様子を覗きタイムスリップしてみてはいかがですか?
06102

現在の調査の様子。

2008年6月 6日 (金)

「とあるお宅」

0606今年もいらっしゃいました。
オオセグロカモメさんのお宅です。

冷たい雨のなか、まどろみながらも油断の無い眼がこちらに向いています。おなかの下には雨風から守られたブチ色の卵があることでしょう。

昨年は、ホテル屋上の一角にお住いのお宅をクローズアップしましたが、孵化後まもなくヒナのカーくん(仮名)の消息が不明となり、成長を楽しみにしていた関係者も落胆の色をかくすことができませんでした。

今年のこのお宅は、お客様から「部屋から見えるよ。」と、情報をいただきました。今年こそは息災であることを願うばかりです。

とある客室から見る事ができる、とあるお宅。

このお宅を見る事ができた方々にも、あたたかく見守っていただければ幸いです。

2008年6月 2日 (月)

「知床の本当の夜を」

0602 「100万人のキャンドルナイト2008夏至」
- 知床の本当の夜を ~ キャンドルナイト in Shiretoko -

■日時:6月20日・21日・22日の3日間/よる8時~9時半まで。

■こんなことをやります。

【ホテル内外のライトダウン】
ロビー、食事会場、外灯、投光機などのライトダウンを実施。

【お部屋でロウソクの灯りでお過ごしいただけます。】
小さなロウソクをお渡しします。お部屋で灯してお過ごし下さい。

【アイヌ伝統楽器「トンコリ」の演奏】
よる8時15分ころから30分程度。ロビー特設会場で行います。

【屋上から見るウトロの夜空】
本館屋上をよる8:30から1時間開放します。ライトダウンでいつも以上に星を見る事ができるでしょうか?

当館グループホテルの、知床プリンスホテル風なみ季さんや夕陽のあたる家さんなど、ウトロ温泉のホテルもライトダウンを実施します。

6月20日から3日間。
当館まだまだ空室がございます。
そこで、「キャンドルナイト宿泊プラン」もご用意しております。

皆さまのご参加お待ちしております。

・100万人のキャンドルナイトHP

・ご宿泊はこちらから。

2008年5月27日 (火)

「暖かいもの」

052434度C。
今日の知床の気温です。風邪っぴきの体には、正直寒いです。

さらにはミストサウナのような霧雨が降っています。もちろん冷たい霧雨です。

釜揚げうどん。おでん。熱湯コマーシャル。温泉。石やきいも。煙突ストーブ。火鉢。電気毛布。コタツ。モツ鍋。ホットココア。キャンプファイヤー・・・。

微熱のせいか、アンデルセンの恵まれない少女みたいに、暖をとるイメージが浮かんでは消え、浮かんでは消えながらキーボードに向かっていました。

暖かいものを思い浮かべても風邪気味の体を温めることはできず、いっそマッチでも擦ってみようかと上着のポケットを探って指先にとまったのが一本のロウソク。

ああ、暖かいもの。

ロウソクのともしびがあった。

そうです。夏至の夜お部屋の電気を消してロウソクに火を灯し、皆さまそれぞれに、さまざまな思いとともに過ごしていただく
「100万人のキャンドルナイト」がそろそろ近づいてきたのです。

今年5回目の参加となる知床グランドホテル北こぶしでは、夏至の6月21日とその前後の計3日間、100万人のキャンドルナイトイベントを行います。

今年は手作りロウソクにチャレンジ!。館内・外灯などのライトダウンはもちろん、好評の屋上開放やロビーイベントも予定しております。さらには、6月21日夏至キャンドルナイト宿泊プランも計画中です。ご参加ご協力のほどよろしくお願いします。

熱があがってきました。

アンデルセンの少女も、マッチだけではなく、ロウソク一本持っていたならば、また違う世界を垣間見ることができたのかもしれません。

普段からマッチもロウソクも持ち歩いてなどいないのですが、念のため反対のポケットを探ってると・・・。

あ、湯豆腐でてきた。

ああ、暖かい。

■100万人のキャンドルナイトHP
■昨年のホテル内イベントの様子
0527

みなさまにも、暖かな一夜をお過ごしいただければ幸いです。

2008年5月21日 (水)

「ちょっとそこまで。」

05212台風一過の知床の午前。これぞ「初夏」といった涼やかな気候です。まさにドライブ日和。

つい「ちょっとそこまで。」と、出かけたくなってしまいます。

ただ、これが曲者。

北海道、とくに道東、さらには知床あたりで、ちょっとそこまではなかなかの距離なのです。当ホテルを基点にすると、

「ちょっと本屋さんまで。」は、40km先。

「ちょっとクリーニング屋さんまで。」も、40km先の斜里まで行かなければなりません。

「ちょっとマクドまで。」だと80km先になります。

ハンバーガーを食べるには往復160km、3時間半強のドライブが必要なのです。
知床ウトロはもちろん、道東の比較的地方にお住まいの方は、日用品の購入に片道2時間程度のドライブはあたりまえなのです。

ウトロ温泉に宿泊された場合の観光もまたしかり。

「ちょっと知床五湖まで。」=往復28km。
「ちょっと知床峠まで。」=往復32km。
「ちょっと羅臼まで。」=往復70kmと、なかなかの距離なのです。

知床ウトロまで公共交通機関でお越し頂いた場合、その後の「足」がままならないため、マイカーやレンタカーでお越しの方以外は、おいそれと「ちょっとそこまで。」とおでかけできないのが現状です。
しかも、これまではウトロ温泉にはレンタカーの取扱店がありませんでした。

これまでは・・・。

ということで、CMです。

レンタカーはじめました。軽自動ですが。

当知床グランドホテル北こぶしは、Honda Cars 北見さんのホンダレンタリース取次ぎ店舗として、軽自動車「ホンダ ライフ」1台をご用意しております。

知床五湖や知床峠はもちろん、プユニ岬やオシンコシンの滝、ウトロ市街地周辺の散策にも便利です。滞在のお客様、公共交通機関でお越しのお客様ぜひご利用下さいませ。

さあ、あなたも涼やかな風を感じて、レッツ!そこまで!

■ホンダレンタリース取次ぎ店
■知床グランドホテル北こぶし

■ホンダライフ(軽)1台
※乗り捨てはできません。
※ホテル出発/ホテル戻りのみです。

■ご利用料金
・特別プラン
・・・2時間/2,500円
・・・4時間/4,000円

・通常プラン
・・・6時間/5,500円
・・・12時間/7,000円
・・・24時間/8,500円

詳細は、ホテルまでお問い合せ下さいませ。
05213

2008年5月17日 (土)

「ちょぼちょぼ。あし湯あたり。」

0517正面玄関、あし湯「イワンケ」横のコブシの木がようやく芽吹きはじめました。

まわりの樹木は、例年以上に盛大に花を咲かせ、いよいよ夏へと向けて新緑を大いにふるっているなかで、この、コブシの木は、花をつけることもなく、葉っぱさえもなかなか出そうとはしませんでした。

いつま、はだかんぼうでいるのかと気を揉んだスタッフが、コブシの根っこに荒療治を施した結果がこれ。

ちょぼちょぼと、緑の葉が芽吹きはじめました。

あし湯の塀も、夏バージョンの丈の低いものに変わりました。これからは、すずやかな風と、コブシの若葉を愛でながらのあし湯入浴が楽しめそうです。

あし湯の名は「イワンケ」。アイヌ語で「健康だ!」の意。

その傍らの樹として、健やかにおおいに葉を広げてほしいものです。

■あし湯「イワンケ」
・無料です。
・源泉掛け流しのお湯です。
・どなたでもご利用いただけます。
・いつでもご利用いただけます。
・タオルをご用意しております。

2008年5月13日 (火)

「のめるのめる」

知床の桜も、花びらが散りはじめそろそろ見納めの季節です。

桜といえばお花見。
お花見といえばお酒。
お酒といえばこの曲。「日本全国酒飲み音頭」

すばらしき定番。まさにゴールデンルートです。

「お酒」というワードにまっさきに反応する脳内スイッチがこの定番メロディー。いまこの投稿を入力中も、エンドレスに流れ続けていますが、「あれ11月って何で飲めるんだっけ?」と、12月まで歌うことができずなんとも消化不良な感があります。

というよりもこの曲が、あまたのお花見シーンで現在も歌い継がれているのかその普及率が気になります。

ということで、お酒のCMです。

清里じゃがいも焼酎「北緯44度」

清里町が誇る、じゃがいも焼酎の原酒。
その名も「北緯44度」。清里町の北緯でもあり、アルコール度数もこの数字。
ロックやストレートがおすすめ。

口に含むと、お口いっぱいに白やピンクのジャガイモの花が咲き乱れ、豊潤な力強い大地の香りが味蕾を刺激することうけあいです。(感想は個人差があります)
度数44度だけに、かなりしびれます。

・1階・売店「風香亭」で好評発売中。
・試飲もOK。

お土産の定番、地酒をお忘れなく。0513

2008年5月 5日 (月)

「もちあつかう」

こどもの日です。

そろそろUターンラッシュです。
渋滞や各種空席まちで時間をもてあましているみなさま。

ペーパークラフトはいかがでしょうか。

ゴールデンウィーク以降、比較的時間をもてあましているみなさま。

若葉の芽吹きがまぶしい知床へお越し下さい。

空室もてあま・・・。

失言。

お部屋を空けてみなさまのお越しをお待ちしております。
0505

■ペーパークラフト
「肉の万世」さん。

重宝してます。

2008年4月24日 (木)

「ぞくぞくオープン。」

0424 4月下旬。知床では新装開店・開通・開業めじろおしです。

まずは、ホテル内から。

1階ギャラリー「コタンクル」におきまして、旭川在住の田中博氏撮影による「シマフクロウ」の写真展を開催中です。

知床ウトロの街では、国道拡張工事で長らく閉店していた居酒屋や海産物のお店が、道の駅付近に開業します。

知床観光情報としては、4月25日11:00に知床五湖オープン。
26日10:00には知床横断道路(国道334号線)が開通いたします。

知床峠にいたっては、4年ぶりのゴールデンウィーク前の開通に関係機関は大いに喜んでいます。

峠も五湖も開通し、しかも、お部屋(空室)もあるしで、ギャラリーではシマフクロウに会えるしで、4月末~5月は知床が狙い目です。

ご予定のお決まりでない方。ぜひどうぞ。

■ご注意■
・知床峠(知床横断道路)は、しばらくのあいだ10:00~15:30までの時間規制があります。また、天候や路面状況により通行止めの可能性もありますのでおでかけの際にはご注意を。

国道334号線除雪状況

北海道の道路情報

2008年4月23日 (水)

「あるもの。あるもの。」

空室あります。
どーんとあります。

ゴールデンウィークも5月3日・4日以外は空室があります。
こどもの日以降も空室あります。

お得なプランもあります。

知床峠の除雪も順調です。未確認情報ですが開通も順調かも?

この機会にぜひ春の知床へ。

■プラン紹介・ご予約ページへ0423

2008年4月22日 (火)

「あるものないもの」

誰かの歌詞ではありませんが、「ないもの」ばかりを考えたり数えたりしていた今日の夕方、ぼーっとした頭のまま、プユニ岬に行ってきました。

どんよりした空の色が水平線を隠し、空と海の境がわからないオホーツクの海。高台から見下ろすと、後ろから海に向かってすっかり冷気のゆるんだ南風が吹き抜けてゆきます。

50メートルほど離れた場所で大型バスが、プユニ岬での見学と記念撮影を終えた団体客を再び乗車させていました。
その道路を挟んだ山側の斜面上部にいました。

ヒグマです。

賢明な団体客はバス車中から盛大にフラッシュをたき、ひとしきりヒグマを見物するとウトロ市街地に向けて走りさりました。

どうやら、ヒグマは道路を渡りたかったのでしょう。
大型バスにさえぎられていた「いつものコース」をれやれやれといった雰囲気で山側から海岸側に渡ると、高さ1メートル20センチほどのガードレールを愛くるしいしぐさで越え、海に向け斜面を下って行きました。

2分に満たないあいだの出来事です。

ここにないもの。あちらにあるもの。
ここにあるもの。あちらにないもの。

すっかり、頭の中の「ないもの」リストは今年の初グマとの対面に占拠され、熱いライブを見た直後のような、良い意味でぼーっとした頭のまま帰りました。

ただ、消えたはずの「ないものリスト」には「いつも持ち歩いているはずのデジカメ」、だけが残る春の帰り道でした。

0422_2
水平線の無い知床の海。

2008年4月15日 (火)

「出たー!」

いよいよ本日より、知床をダイナミックに洋上から巡る「クルーザー」が運航開始となりました。
2例年になく長居をしていた「流氷」で、予定通りに就航できるのかとやきもきしていましたが、昨日無事、羅臼からの回送で2隻がウトロ港に入港し、本日運航の準備をし、8:00、10:30と予定通りに運航しました。

(港内にはまだはぐれ氷がプカプカ浮かんでおりますが・・・)

3港では、出漁を待つ漁船の「お色直し」が盛んです。

4 やはり海上はまだまだ風が冷たく、フレペの滝(乙女の涙)もまだカチカチの氷です。

それでも、半年振りに見る柱状節理や、断崖絶壁は 相変わらずの雄姿を呈しています。

5今回は幸運にも「シャチ」にも出会うことが出来ました。
船内には、防寒具も用意してありますが、上着は必携です!!

あとは、月末に大型船が就航して、五湖が開いて、峠が開けば 本格的なシーズン開幕です。

残雪の知床連山を見に、是非お越し下さいませ。

2008年4月 7日 (月)

「書きはじめたらこんなことに・・」

0407これを見て「あああれね。」と思いの方は、道民を含む降雪地区在住の方々かと思います。

そうです。
これ、おそらく日本で唯一の除雪機専門メーカーのロータリー除雪車です。
では、この赤い「歯」(?)の部分、なんと言うかおわかりになりますか?正解は、日本で唯一の除雪機専門メーカーのホームページをご覧下さい。

余談ですがこのページなかなか面白いんです。スキー場の雪上車やDMVなんかも作ってるんですね。クロカンのコース作りもできるんですって。ペーパークラフトも作れちゃう!
さらに余談でした。

さてさて、4月はじめの大雪で冬景色に戻った知床ですが、ふたたび春景色へと変わりはじめました。
04072_2このロータリー除雪車も、春への変化の一助になっているのはまちがいありません。

ロータリー除雪車の、「俺がやらずにだれがやるっ!」的な面構えがいいですね。頼りになる兄貴か、雪山で遭難した時のセントバーナードといった感じでしょうか。
あの救助犬が首からぶら下げてるブランデー、一度でいいから飲んでみたいものですね。でも、大型犬特有の大量のヨダレがかかってそうでちょっと気になったり・・・。

もとい。

道路の雪も着々と無くなりつつあります。

でも油断は禁物です。
4月とはいえ知床へお越しの際は冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)でお越し下さい。

ということで(?)、観光船かクルーザーの乗船券が宿泊とパックになった、
・クルーザー乗船パックプラン
・大型船おーろら号パックプラン

のご案内をと思っていた今日のブログでしたが、詳細は次回あらためてということで。

本来は程度にもよりますが低体温症の遭難者にアルコールは厳禁だそうですよ。魅惑的なセントバーナードのブランデーは、あくまで願望にとどめたほうが良いようです。

もちろん余談で申し訳ないです。

しまりがなくて申し訳ないです。

以下のページでお楽しみくださいませ。

■日本で唯一の除雪機専門メーカー「NICHIJO」

2008年4月 2日 (水)

「宗次郎ロビーコンサート」

知床に「宗次郎」がやってくる。

陶製の笛「オカリナ」演奏の第一人者である宗次郎氏が、知床グランドホテル北こぶしでロビーコンサートを行います。

しかも無料でご覧いただけます。

知床とも深い縁で結ばれた宗次郎氏。知床の春の夜、穏やかなオカリナの調べに耳を傾けてみてはいかがでしょう。

■「宗次郎 in 北こぶし」

日時:4月26日(土)よる8:00~

場所:知床グランドホテル北こぶし 1階ロビー特設会場

料金:無料

宗次郎 official site0402

2008年4月 1日 (火)

「今年度も宜しくお願い致します。」

新年度であり、エイプリルフールであり、「アルファベットのC」の日の今日。
何かすてきなウソをお伝えしなければと考えてはいたのですが、思いのほか忙しく、あっという間に一日が終ってしまいました。

なぜか。

① 入社式があったから。

② 昨夜から50センチ以上雪が積もったから。

③ また流氷が接岸しているから。

④ ジンジャーエール飲みすぎたから。

⑤ コーラ飲みすぎたから。

⑥ そのうえ、ご飯食べ過ぎたから。

・・・。

うーむ。どれも本当のことでした。ウソじゃないです。

とにかく、そんなこんなな「北こぶログ」ではございますが、すてきな情報(?)をお届けできるようスタッフ一同一丸となり頑張って参りますので、今年度もお付き合い頂けますようお願い申し上げます。

本人たちに代わり「スタッフ一丸」をイメージしてみました。

0401

ほんとは、当社の新年度。

5月からなんですけどね。

今後ともお付き合いの程を。

2008年3月31日 (月)

「同じ色」

0330
昨夜、全道各地で行われたガイアナイトイベントに当館も参加しました。参加施設や団体それぞれ思い思いのイベントのなか、当館はロビー周辺、外灯などのライトダウンとキャンドル・オイルランプを点灯しました。

毎年6月、夏至の日「100万人のキャンドルナイト」に参加していることもあり、ライトダウンはお手の物です。そこに、今回はじめて「流氷アイスキャンドル」を作成しました。

できは上々。野外ではアイスブルーと呼ばれる青白い流氷が、ほんのりと暖かな色に染まります。

流氷を通して灯る明かりは、春間近の流氷原に沈んだ、昨日の夕陽と同じ色をしていました。03302

2008年3月24日 (月)

「思い出か。それともトラウマか。」

03242_3
3月22日、23日の2日間にわたって行われた、チャリティープロレス大会が無事、大盛況のうちに終了しました。

ご覧いただいた多くのお客様に大感謝です。また全3興行、興奮と笑いの渦に観客を見事に巻き込んだ、北都プロレスの皆さんにもさらに感謝です。

レスラーのみなさんはもちろん、レフェリーやリングアナまで、その強烈なキャラクターには心底感心してしまいます。魅せること、観客を楽しませることに徹したプロの姿を見る事ができました。

迫力あり、興奮あり、ダジャレとおゲレツありの2日間は、前述の通りプロレスでほのぼのする「温泉プロレス」の醍醐味を、お客様とホテルスタッフともども楽しむことができました。老若男女問わず良い思い出になったことでしょう。

ただ、それぞれ強烈な個性を発揮したレスラーの中でも、アバンギャルドなメイクと山崎ばりの絶叫でとりわけ存在をアピールした軟体系レスラー。彼の風貌と絶叫はチビッコには、かなり強烈だったようで泣き出すチビッコもいました。
プロレスを楽しく見た思い出がトラウマにならないことを祈るばかりです。

夏の思い出づくりにと、幼少の頃入った七夕祭りのお化け屋敷があまりに強烈で、それ以降、そのジャンルのハウスや屋敷に入れなくなった小心者の切なる願いです。

もちろん、今でも入れません。

それはさておき、今後、温泉卓球、温泉バレーボールにつづき、「温泉プロレス」が、新たな温泉娯楽ムーブメントとして広がることを期待しています。

浴衣でプロレス。

すてきです。

■出場レスラー一覧

吉田 考志
YUJI・KITO
ラ・マルクリアーダ
武藤 裕代
リッキーフジ
小仲ペールワン
末吉 利啓
近藤 博之
ファッカーD
大矢 剛功
デスクレイン
ジェイソン
(試合出場順)

・バトルロイヤル参戦者
ハルキ・ホーガン
牛角アンドー
森モッコリ
セルフ岡本
デビル赤根
岡部ジェロ
課長

・レフェリー&リングアナ
クレイン中條
祭 太郎
03243

2008年3月20日 (木)

「温泉プロレス」

080206

今週末、知床ウトロ温泉でプロレスです。
ゴング間近です。

正式名称は「第二回北こぶし杯争奪チャリティープロレス大会in知床」。
少々長めですが、ぜひお付き合いのほどを。

温泉卓球でもなく、温泉バレーボールでもなく、温泉プロレス。もう、ほのぼのしちゃうことうけあいです。

プロレスでほのぼの?

できるんです。笑えるんです。

血が出たり、爆竹なったり、トゲドゲだったりはありません。
ご家族みんなでぜひぜひご覧下さい。

3月22日の夜と3月23日は昼・夜の3回公演。

チケット好評発売中。当日券もあります。
お待ちしております。080320

2008年3月15日 (土)

「お得に露天部露付客室。CMです。」

_dsc0045_4
当館、露天風呂付客室の一例です。
開閉式の窓からは、ウトロ港を眺めながら源泉掛け流しのお湯を気兼ねなくご堪能いただけます。

そうなんです。
当館、露天風呂付客室があるんです。
というか、旅館なんです。

しばらく宿泊プランのご案内を掲載していなかったせいか、なんだか気恥ずかしい感じがします。ここ最近、当ブログを知っていただいた方は、雪だ流氷だプロレスだと酔狂なページだと思われていたことでしょう。

あらためまして、知床グランドホテル北こぶしでございます。
旅館でございます。

CMでございます。

お得に露天風呂付客室に泊まろう、

【露天風呂付客室バイキングプラン!】

・お部屋:露天風呂付客室(和室または洋室)
・ご夕食:ダイニングホール北海にて和洋中バイキング
・ご朝食:和洋バイキング
・~4月25日までご利用いただけます。

【オススメぽいんと】
・源泉掛け流しのお湯をお楽しみいただけます。
・期間限定プランです。

ご予約は宿泊プランからどうぞ。

2008年2月24日 (日)

「おおわらわ」

0224223日、本州方面に強風をもたらし、春一番まで巻きこんだこの低気圧。航空機の欠航や交通機関の乱れで、多くのお客様が影響を受けました。

24日朝には、知床半島はじめ、オホーツク海沿岸に強風と大雪をもたらしました。ホテル正面玄関前では、朝からスタッフ総出で除雪におおわらわです。

大型の重機でも除雪を行いますが、細かい場所や、お預かりした車の雪下ろしなど、やはり人力がメインです。

吹き付ける雪に、まつ毛や眉毛など顔面の毛が凍り付いてゆきます。
一度、雪をかいた場所も、数分後にはまた吹き溜まりができていきます。
自然の猛威に対してこうも無力でちっぽけな人間の存在をインスタントに感じつつも雪かきを続けていると、

「そのスコップをかしてくれ」

と笑顔の女性たちが近づいてきます。言葉からすると香港または台湾からのお客様。
スコップを渡すと、猛吹雪の中、スコップ片手にポーズを決めて、友人と交互に雪かきシーンの記念撮影大会です。

これが実に楽しそう。

彼女たちの目には、重労働の雪かきが楽しそうな雪遊びに映っていたことでしょう。

事実。
除雪にあたるスタッフ(一部の?)も、正直大変ですが、こうなったらネクタイほどいて防水・防寒ウェアに着替えてあまつさえ雪遊びを楽しんでしまおう、といった状態で臨んでいるのです。まさに大童(おおわらわ)なのです。

その証拠がこちら。 

0224_2

この後、さらに除雪は続き、楽しむ余裕は無くなったのは言うまでもありません。

2008年2月18日 (月)

「いいじゃないですか。」

0218

いいじゃないですか。

2月17日、オホーツク流氷の日のアイスキャンドル設置の様子です。制作時にはどうなることかと思いましたが、アイスキャンドル×3つと、折りしも積もった、ふかふかの雪に埋めたキャンドルがなかなかにいい雰囲気になりました。

北海道内各地で開催される、アイスキャンドルイベント。
「凍らせればいいんだよ。」なんて、甘く見ていました。猛省中です。
それらのキャンドルの制作・運営されているみなさまのご苦労が、わずかばかりではありますが実感できた気がします。

今回は一夜限りのキャンドル点灯でしたが、いつかきっと、大量のアイスキャンドルでホテル玄関前を彩りたいと思います。02182

2008年2月15日 (金)

「やってみよう!」

ご存知ですか?
2月17日は「オホーツク流氷の日」です。

当館でも、当日はアイスキャンドルを作って玄関前に灯そうということになりました。

「作り方知ってる?」

「?知らないけど、凍らせればいいんじゃね?」

「そうだね。」

ということで、以下の道具をそろえて制作開始です。

① バケツ
② アイスペール
③ なべ
④ 水に浮かべるフロートタイプのロウソク

作り方は簡単です。

① 上記の思い思いの容器に水を入れる。
② ロウソクを水に浮かべる。
② 陽の当たらない場所に出す。
③ 凍るのを待つ。

折りしも、この冬は久しぶりに本格的に寒い日が続きました。
金属製のアイスペールは水を入れて、外に運ぶだけでも手が容器に貼り付いてしまうかと思うぐらい冷えます。なべもまた然り。

ということで、2日間ほど外に出し凍るのを待ちます。

折りしも、その2日間、暴風雪です。
大雪&強風です。

ロウソクを入れる「くぼみ」が念頭に無かったわけではないのですが、もくろみは強風と雪に簡単にはばまれ、できあがったものは、

① バケツの中で凍った水。
② アイスペールの中で凍った水。
③ なべ型の氷。
④ 氷結状態のフロートタイプのキャンドル、です。

カチンコチンの氷ができたわけです。雪までかぶって、周りの景色と同化しています。
フロートタイプのキャンドルにいたっては、強風と雪にかき混ぜられ、芯が水没というか氷に閉じ込められその上に雪が積もっているという惨状。

0215厳しい氷点下の中、制作にあたったスタッフも笑うしかありません。

画像は、運よく難を逃れた数少ない氷結フロートキャンドル。

当日は、数量的にはさびしいかと思いますが、玄関前にキャンドルを灯したいと思います。

正しいアイスキャンドルの作り方は以下をご覧下さい。

■網走支庁オホーツク「アイスキャンドルの作り方」

2008年2月 9日 (土)

「カボチャノチカラ」

いまさら説明するまでもありませんが、南瓜(カボチャ)は偉い野菜の代表格です。
その栄養価、料理法の豊富さ、カボチャをモチーフにした奇祭・童話・伝説・逸話も事欠きません。

そんな偉い野菜が、あたたかいスープになり、知床オーロラファンタジー後みなさまのお帰りをお待ちしております。

あたたかいカボチャスープ。

寒さ厳しい知床の夜、みなさまの冷え切ったからだを温めてくれること請け合いです。
オーロラファンタジー開催期間中(3月22日まで)、オーロラショー終了後ロビーで無料でお召上がりいただけます。

ぜひご賞味下さいませ。Dscf9151

2008年2月 5日 (火)

「四角いジャングル」

カーン!

「ファイッ!」080205_2

シャラー!

ッワシャー!

080203

とうっ!

ンハハ、
ンハハ、

080204
「ロープ、ロープ!」

ノーノーノー。

ンハハ、
ンハハ、

080202

ドリャー!

レフリー!レフリー!

カーン!

「ストープ!ストーップ!」

カンカンカンカーン!

・・・。

2008年3月22日・23日。

北都プロレス、知床再上陸。

笑撃の瞬間を見逃すな。


■第二回 北こぶし杯争奪「チャリティープロレス大会」in 知床

・開催日時:3月22日(土)夜8時
                3月23日(日)昼1時、夜8時   全3回

・開催場所:知床ウトロ温泉「知床グランドホテル北こぶし」
                2階・ダイニングホール「北海」 特設会場

・入場料金:前売り・・・大人¥1,000/小中学生¥500
                当日券・・・大人¥2,000/小中学生¥1,000

★ 宿泊のお客様は無料でご覧いただけます。

2008年1月26日 (土)

「今年も優雅に」

01261

恒例となりました「北こぶしダンスパーティー交流会」。

今年も道東各地のダンス愛好家のみなさまに大勢ご参加いただきました。さらには遠く函館や旭川近郊からおいでのお客様もいらっしゃいます。

道東各地からマイカーでお越しのお客様は、数時間前まではアクセルを3~4時間踏んでいたはず。その足で華やかにステップを踏み、2時半ころから夜まで踊り続けているのかと思うと、その体力に脱帽です。
昨年同様、みなさまの立ち姿の美しさにはいくつ帽子があってもたりません。

雪と氷と空を覆う灰色の雪雲。モノクロのこの季節、優雅な彩りと華麗な情熱がなんとも心地良い一夜となりました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

次回は4月に開催を検討しております。
また、お会いしましょう。

2008年1月21日 (月)

「ショニチりました。」

0121とりあえず、ライブカメラの画像ですが。

ショニチりました。

昨日、20日午前中に見たかたもウトロにいらっしゃいますが、ホテルスタッフがみることができたのは、今日。
そのため当ホテル公式の2008年流氷初日は、

2008年1月21日午前ということで。

詳細は後ほど。

いましばらくライブ映像カメラでお楽しみ下さい。

2008年1月16日 (水)

「オホーツク流氷トラスト運動」

Photo

「Save the ice,Save the earth」
- 流氷を守ることは、地球を守ること -

地球温暖化対策というと、大掛かりすぎる話で個人や一企業ではどうすることもできない、以前はそんなイメージもありました。

しかし昨今、アイドリングストップ、室温設定の工夫など、個人や企業にとっても身近で容易に取り組める、「小さな温暖化対策」の積み重ねが重要である、との認識がずいぶんと浸透してきた感があります。

さらにその問題意識や目的意識を多くの人たちと共有すべく、オホーツク圏観光連盟と網走支庁が進める「オホーツク流氷トラスト運動」は、「流氷を守ろう」を合言葉に、オホーツク圏で広がりをみせています。

当館と知床プリンスホテル風なみ季でも、以前にお知らせした湯たんぽサービスを開始するなど、流氷の恩恵を受ける知床の宿泊施設としてこの運動に取り組んでいます。

0116 ウトロ温泉の宿泊施設では、この流氷トラスト運動のメッセージ缶バッジをスタッフが着用し、また売店等でも販売を行っております。より多くの方々に身近な温暖化対策に取り組んでいただけたらと願っております。

未来も流氷の押寄せるオホーツク海であるために。

2008年1月 1日 (火)

「ゲッツ!」

0101あけましておめでとうございます。
本年も、何卒、よろしくお願い申し上げます。

いささか、あわただしく新年を迎えましたが、おかげさまでロビー内の「知床来運神社」で大吉をゲット。

旧時代的な表現方法ではありますが、喜びの雄叫びをあげてしまいました。

みなさまは、なにきちでしたでしょうか?

すてきな一年になりますよーに。

2007年12月24日 (月)

「温泉湯たんぽサービス」

1224

イブな夜。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

当館では本日より「温泉湯たんぽサービス」をはじめました。

「流氷を守ろう」

を合言葉に、オホーツク圏観光連盟と網走支庁が進める「オホーツク流氷トラスト運動」の一環としてスタートです。

昨今問題の温暖化がさらに進行すると、知床をはじめオホーツク海から流氷が無くなってしまうのでは?流氷が無くなってしまったら大変なのでは?流氷を守るためには地球を冷やさないと!

そこで「湯たんぽ」です。

地球を冷やすため、お客様の身体をあたためてぐっすりとお休みいただくために湯たんぽなのです。夜、お休みの際、お部屋の暖房を止めるか少しだけ室温を下げていただき、お布団の中は「湯たんぽ」でポカポカ。まさに頭寒足熱極楽至極なのです。
しかも湯たんぽの中身は、当館の自家源泉、つまり温泉入りなのです。源泉の温度は63度。当館オーナー自ら体験したところ、朝までしっかりあったかだったそうです。

天然の熱源「温泉」で地球を冷やす。すてきです。

さらにさらに、北国の宿泊施設は室温が高く乾燥するため、夜寝ているあいだに喉が痛くなるといった経験をされる方も多々あるかと思います。
ちょっとだけ室温を下げて湯たんぽを使えば、朝から喉が絶好調なことうけあいです。

「MAIDE IN JAPAN」が輝く昔ながらのマルカ製湯たんぽの他、プラスチック製、お子様用キャラクター物などもご用意しております。
TPOに合わせて湯たんぽをお選びいただけます。

自身、これまで室内では、Tシャツ・短パン・生ビールを信条に冬を過ごしてきたことを自戒し、今後は部屋の温度をちょっと下げて、湯たんぽ片手にビールを楽しみたいと思います。
少なくともズボンは履くことにします。

みなさまにはグローバルな問題やズボンを履くはかないは別として、お布団の中であたたかな一夜をお過ごしいただければ幸いです。
当館ご宿泊の際にはぜひお試しを。

みなさま、良いクリスマスをお過ごし下さい。メリー!

■「温泉湯たんぽサービス」
・2007年12月24日~2008年2月上旬頃まで予定
・無料でご利用いただけます。
・チェックイン後フロントにお申し付け下さい。
・数に限りがございます。全て貸し出し中の場合もございます。

2007年12月21日 (金)

「山が呼んでいる」

1221今年も玄関前にイルミネーションが飾られました。

取り付けにあたったスタッフ曰く。

「今年は知床の山々をイメージしました。」 とのこと。

正面に向かって右が斜里岳。左がラウス岳。
寒風吹きすさぶなか、この山容を表現するのに苦闘の末、3時間以上かかったそうです。

「山を甘く見るな!」

と昔の人はよく言ったものです。

2007年12月19日 (水)

「こくこく」

師走も終盤がちかづき、なかなかに忙しくなりはじめました。それでもまだ、

「そろそろ年末ですね。」
「うむ。そうだね。」

と、まだまだ余裕があります。これが、25日も過ぎたころには、

「いよいよ年末かーっ」
「とうとう2008年だーっ」

と、むやみやたらに、ゆく年くる年を意識してしまったり、さらには、これまでお歳暮なんて贈ったこともなにのに「誰かに贈らなくてもいいんだろうか」と不安にからたりと、思考も混乱しがちです。
そこで、まだ平静でいられるうちに、こくこくと迫りつつあるものを思い浮かべると・・・

流氷です。

やや強引ですが、ちゃくちゃくとオホーツク海北部では流氷ができつつあります。
ぜひ、気象庁のページをご覧下さい。
そして、せわせわとした師走の喧騒のあいまに、「第5回流氷初日クイズ」にもご参加を。

流氷の次に思い浮かぶのが、年賀状です。

これまた強引ですが、お歳暮同様、毎年返事すら出していないのに、この時期になると、

「25日までに出さなきゃ」

と、年賀葉書だけは、元旦の配達に間に合うよういそいそと買うわけですが、結局、出していない葉書の当選番号を調べるだけに終ります。
こちらから数年(数十年?)出していないのに、毎年、年賀状を送ってくれる固定層には頭の下がる思いです。

そうそう、ホテルロビーに設置のポスト、実際にご利用いただけます。
ぜひぜひ年賀状の投函にご利用ください。1219_2

2007年12月 6日 (木)

「ショニチらない?」

■ショニチ・る【初日る】/[動ラ五(四)]

1.流氷などが観測初日を迎える。
    「知床で例年よりも4日早く ― ・る」

2.流氷初日を待ちわびる様。「早く ― ・りたいね」

3.《流氷初日の動詞化》

・・・えー。

ということで、「第5回流氷初日クイズ」開催です。今年で5年目です。

正解者の中から抽選で、本物の流氷2キロくらいが当たります。
当ホテルの宿泊券や、そのほか、いろいろ当たります。

「流氷もらっても困るだろ?」
「2キロも?」

当初は社内でも、そんな声が。

しかし、過去の賢明な当選者の皆様は、

1.孫に見せる。
2.自由研究の材料にする。
3.学校でクラスのみんなに見せる。
4.お風呂に入れる。

などなど、すばらしい教育的使用方で、おおいに流氷を活用していただきました。
ぜひ、皆様もご応募いただき、ご一緒にショニチりながら、当選の暁には、約2キロの流氷の独創的な使用方法をお考えいただければと思います。

応募はいたって簡単です。
ぜひぜひ、多くのご応募、お待ちしております。

⇒第5回流氷初日クイズ・詳細を見る。

071206

昨シーズンの様子。

2007年12月 2日 (日)

「カムバック」

1202_4

働きものの彼が帰ってきました。

控えめなツリーの向こうに、誇らしげな笑顔でお客様をお迎えしています。

11ヶ月のブランクを経てカムバック。

昨年は「地酒あります!」と書かれたのぼり片手に店の販売促進に貢献した彼。今年の彼の販売強化商品が気になるところです。

彼に会えるのも今月末ころまで、皆様、お早めに当館お越し下さいませ。

2007年11月27日 (火)

「リズムダンス」

って、みなさんご存知でしょうか。

リズムダンス。

本日行われた「知床グランドホテル北こぶし演芸発表大会 第34回大会」で初めて目にしました。
どんなものかというと、演歌や歌謡曲のリズムに合わせてダンスするんです。

説明になってませんね。まったく。

5組のダンスを拝見しましたが、衣装や音楽もそれぞれで、振り付けもそれぞれ。
当大会の出演者平均年齢が69.7歳であることを考えると、なかなかに「激しいダンス」の部類だと言えるでしょう。そしてなかなかに楽しそうです。

競技人口(競技なのか?)はわかりませんが、釧路には愛好会があるなどその裾野は広そうです。これはもう、見るよりも参加するほうが俄然楽しそうな踊りです。

ぜひ、機会がありましたら、みなさんもご参加を。1127

レッツラ、リズムダンス。

2007年11月23日 (金)

トロフィー。

11222知床ウトロは急激に冬模様です。

荒れるオホーツク海をぜひご覧下さい。

寒いの苦手!と言う方は、ホテル大浴場から、またはホームページのライブカメラでどうぞ。

そんな今日、トロフィーの検品を行いました。
大小さまざまな賞のトロフィー、その数全80本。

以前、「お元気で!」で、ご紹介した、演芸発表大会が今月26日から開催されます。

今年で34回を数える大会の各賞受賞者に渡されるトロフィーにまちがいがあっては大変ですので、スタッフ3人で点検です。

大小あるトロフィーの中でも、一番大きな金色に輝くグランドチャンピオントロフィー。
120組を超える出演者から、たった一組しかこのトロフィーを手にすることはできません。
この寒空のもと、平均年齢を感じさせない熱い舞台が繰り広げられます。

栄光のトロフィーは、今年はどなたの手に?1122

2007年11月 3日 (土)

はだかの冬将軍

1103ものの見事に、葉っぱ一枚なくなりました。
ホテル玄関横のこぶしの木も、澄んだ秋空の下、はだかんぼうです。

知床の山肌を彩っていた樹木にも、はだかんぼうが多くなってきました。

なぜ、厳しい寒さが近づくのに、はだかんぼうになるのでしょう。

犯人は冬将軍。

きっと、はだかんぼうです。
そして、きっと寒がりのはずです。

はだかんぼうの寒がり冬将軍が、樹木の身ぐるみ剥いで暖を取ろうとしています。きっとそうとうに寒がりです。知床の森がはだかんぼうになるのですから。

冬です。

皆さまも知床にお越しの際は、はだかの冬将軍にご注意を。

2007年10月28日 (日)

「かぼちゃ前に5時。」

実りの秋です。

現在、ロビーにジャンボカボチャ展示中です。
斜里町や清里町の農家が育てたそうです。

その名(アトランティックジャイアントと言います。)の通り、なかなかのジャンボサイズ。スタッフ(男性26歳)の腕と比較するとこのサイズ。

手前の小さな野菜。こちらもカボチャ。名前はわかりません。

大きいカボチャも小さいカボチャもどちらも観賞用。

残念ながら食べられません。

記念撮影や、待ち合わせのランドマークにご利用下さい。1028

2007年10月25日 (木)

「意外とあれだね。」

1025見たまんまですが、クリオネです。

1階ロビーに専用水槽で展示しています。ヒラヒラと泳ぎ、老若男女問わず「かわいい」と言わしめるその姿には、なんらかのパワーがあるようです。

さらには、携帯やデジカメに収めようと、水槽前に陣取るお客様を毎日見かけるということは、なにかしらのオーラを発しているに違いありません。
もう、ホテル内のタレントです。

本物のタレント(?)と同様に、その姿を撮影するのは、意外と難しいのです。

この何の気ない画像も、実は30枚以上撮影したうちの1カット。難しい理由は、

1.動くから。
2.小さいから。
3.水槽の中だから。
4.ヘタだから。

などがあげられます。

そうして撮影した30枚以上から、この画像を選んだ理由は、

1.羽根(?)が開いている。
2.天地があっている。
3.頭が閉じている。
4.選び疲れている。

などです。

ぜひ、皆様も来館の折には、クリオネ撮影会にご参加下さい。
「かわいい」とばかりも言えなくなります。

小さく、動くものの撮影に疲れたら、大きく動かないものを撮りにでかけてみましょう。
知床の山々がいつも以上に神々しく見えるはずです。
10252

2007年9月26日 (水)

「ナニズキ?」

0925昨日から「知床の語り部」がスタートしました。

知床に生活する人や、知床に深く係りのある人たちの興味深い話を聞くことができます。

7年前の秋に始まった語り部イベント。
話の内容と同じく、これまでに講師を務めてくれた方々もバラエティーに富んでいます。

知床ウトロ生まれウトロ育ちの元漁師さん、ウトロ在住の奥様、ウトロの企業家、ネイチャーツアーのガイドさん、などなど。今年の語り部には、前斜里町長や、釧網本線・原生花園駅長さんも登場します。

語り口も、ドラマティックな口調や、朴訥な話かた、滑らかな口はこびの秘密は、ほんの少しのアルコール、という方など様々です。

生まれや育ちはもちろん、知床との繋がり方も皆さん違うため、お話いただく内容や思いもまた異なります。

ただ、皆さん共通するのは「知床が好き」。
この点は間違いないようです。

お聞きいただくお客様も、多少なりとも「知床好き」になっていただけたら幸いです。

■知床の語り部
・11月18日(日)まで、毎夜8時から、30分間ほど。
・1階  ロビーにて
・もちろん、無料。

皆さまのお越しをお待ちしております。

2007年9月23日 (日)

「ぽーっ!」

0923知床連山最高峰の羅臼岳が噴火?

ではありません。雲のイタズラです。

「なんだっ坂、こんなっ坂っ。」

と、ひたむきにおのれのプライドをかけて坂を登る、やえもんの姿がダブるのは私だけでしょうか。

連休中日、快晴の今日、実際に坂をのぼり、羅臼岳山頂を目指す登山者も多かったことと思います。平野部よりも少し早い秋の訪れを、澄んだ空気とともに全身で感じることができたことでしょう。
山頂では、博物館で暮らすことになったやえもんのように心穏やかな気持ちになったにちがいありません。

連休。
山頂。
青い空。

うらやましい限りです。

ちょっとでも、「うらやましい。」と同意していただける皆さま。
9月末から10月4日あたりまで若干空室あります。

ぜひぜひ。知床へお越しください。

2007年9月12日 (水)

「ホンモノです。」

0912知床の冬は流氷です。唐突ですが。

冬の知床をコンパクトに詰め込んだ、ミニ流氷館。おかげさまで皆さまに好評を頂いております。

先日、流氷を入れ替え10%程度増量しました。

ミニ流氷館をご覧いただいたお客様からは、いろいろな声を頂戴します。

「氷山?!」
「ああ、網走で見たね。」
「しょっぱい?」
「ニセモノでしょう?」

スケールの大きな勘違いをされているお客様、当館にお越しいただく前に網走天都山の流氷館にお立寄りになった方、まっさきに味が気になるフードファイターな方などなど、お客様の最初の一言はとても興味深いものがあります。

「ウトロに接岸した本物の流氷ですよ。」

ミニ流氷館前での常套句です。
「ああ、あれね。」でも、ご紹介しましたがホテル職員が冷凍庫に運搬した本物の流氷なのです。
ぜひぜひその点を加味していただき、最初の一言をいただければ幸いです。09122

ちなみに、味はしょっぱくありませんよ。

2007年9月10日 (月)

「保湿」

知床はけっして強くない雨が続いています。

7日深夜、台風9号の影響で暴風雨。
8日日中、台風一過?晴れ間も。
9日夜、小雨&気温低し。
10日お昼、冒頭へ。

8月中、知床らしからぬ照り返しに貢献した、正面玄関前のアスファルトも乾くことがありません。失った夏の水分を取り戻しています。

11日午後からは、天気も回復傾向。
久しぶりにお日様に出会えそうです。0910

2007年9月 5日 (水)

「ぐるっと」

0904初めての場所って得意でしょうか。

探究心や好奇心が湧く人、なんとなく落ち着かない人、緊張する人、興奮する人などなど。

ネコなんて初めての場所は大変そうですね。気が済むまで、すみずみまで臭いかぎまくります。

旅先は初めての場所の連続です。
もちろん人間の話です。宿泊施設はまさにそう。

そこで、緊張せず、なんとなく好奇心が湧くことうけあいの、館内ウォークラリー「クリオネ日記」のご紹介です。

館内7ヶ所のポイントを廻り、最終的な答えを出すと毎月の抽選で、海産物など豪華賞品が当たります。

この9月から内容を一新。前回は海の人気者クリオネくんが知床を紹介する内容。今回はクリオネくんが、森の人気者ヒグマくんを紹介する仕立てになっています。

設置ポイントをめぐると、広い館内をほぼぐるっとまわることができます。

お子様にもわかりやすい、簡単なクイズです。
ぜひぜひ、浴衣姿でリラックスしてご参加ください。

上の画像のヒグマくんに会えるかな?

09042
ポイントは各箇所、このようなイーゼルに問題がのっています。

ちなみに、8月宿泊のお客様の当選者はこちらです。

2007年9月 3日 (月)

「使っていいの?」

9月3日。今日の知床は久しぶりの雨。
気温も日中20度を下回り、さすがわ9月といった気候に。

夏から秋の使者、オホーツクサーモンも順調に水揚げされて、皆さまのお口へと運ばれてゆくわけです。夏から秋へ。季節の移ろいを味覚で楽しめる素敵な時期です。

ところが、明日の天気予報を見ている、日中の最高気温が28度。
8月の中旬、いわゆる猛暑の頃によく見た数値です。

しかも、明日の天候は雨。

雨で28度。

こういうのも、「残暑」と呼んでもいいのでしょうか。
いつまで「残暑」って使っていいんでしょうか。
今日は眠れそうにありません。

明日、実際に体験してから「残暑」と認定するかどうか判断したいと思います。

しかし、雨で28度。今日以上に出不精になりそうです。

0903

料亭のピカピカのオホーツクサーモン。

2007年8月15日 (水)

「言いたくないけど・・・」

暑いです。

「暑っつ。」と、口にした瞬間に、体感温度が上がるような気がします。

お客様をお迎え、お見送りする玄関前は、アスファルトの照り返しもあり、ここ連日35度オーバー。ここは知床のはず・・・。玄関前の担当スタッフのあいだでは、

「5キロ痩せた」。「俺は、7キロ。」

などなど、「玄関前アスファルトダイエット」がにわかに注目を集めています。

難点は、ワイシャツ。もう、ドロドロです。
ぜひ、化繊100%の速乾性ワイシャツが欲しいものです。

明日からは気温が下がるとの予報。
「暑いっ。」と言いたくても言えなくなる季節がすぐにやってきます。0815

雲があるといくぶん楽です。

2007年8月 2日 (木)

「あつはなついねー」

0802もう、タイトルからして支離滅裂です。

気温34度ですから。

そのうえ、失語も高くて、ひどい暑さです。
本州からお越しの皆さまには、あたりまえの夏度かもしれませんが、ここは知床ウトロです。血の涯、最果てです。もうタイプミス・変換ミスだれけでしう。

夏です。知床も夏です。

ああ、暑い。

2007年7月30日 (月)

「なんだかうれしい」

0730この花、エゾノヨモギギクといいます。オロンコ岩で良く目にします。

とはいえ、環境省や北海道が指定するレッドデータブックの絶滅危惧種になっている植物です。

そんなありがたい(?)お花が、ホテルの駐車場で見られます。パイロンやレンタカーに囲まれています。よく見ると、ハマナスも咲いていたりします。

大きなホテルの大きな駐車場の植込みに咲く稀少植物。この小さな植込みに根付いた訳に思いを馳せ、それを良しとするか、あしとするかは別として、単純になんだかうれしく思います。

オロンコ岩に登らなくてもいいから、ではなく、「昔ながら」がまだある感覚とでも言いましょうか。火鉢のある家だったり、カレーを注文するとスプーンを冷水コップに入れてもってきてくれたり、洋式トイレに使用方法のシールが貼ってあるのを見たとき、と同じ気持ちです。

いつまで咲いているかわかりませんが、周りの車とパイロンに注意して、ぜひご来館の際にはご覧下さい。

そのとき、皆さんが思い描く「なんだかうれしい」、はどんなシーンになるんでしょうか?

2007年7月17日 (火)

「シャクナゲの咲くころ」

0717青空とシャクナゲ。

ホテル玄関横、あし湯「イワンケ」のある庭に、いまシャクナゲが咲き誇っています。

2年前のちょうど今日、知床が世界自然遺産に正式に登録されました。

ホテルでは、登録記念日イベントとして、昨日16日から18日の3日間、樽酒をお客様に振る舞い、冬の知床へ航空券付でご招待する抽選会の応募を受付けています。

「世界遺産になってお客様増えたでしょう?」

「冬の知床にも来てみたいわ。」

片手に升酒のお客様と、法被姿のスタッフとが歓談するひとときになり、決して賑々しいイベントではありませんが、和やかな時間をお客様とともに過ごすことができました。

2年前の登録決定時には、報道に大きく取り上げられましたが、2周年だから?なのか、今年は報道されることもほとんどありません。
「世界自然遺産登録地・知床」という看板が錆びれてしまわぬように、ブームに終ることなく、なぜ知床が登録されたかを私どもも忘れぬためにも今後もこのイベントを継続してゆきます。

毎年7月17日とその前後の合わせて3日間。
覚えづらい場合は、シャクナゲの咲く頃、とご記憶ください。

そして、スタッフの笑顔も記憶の片隅にでも・・・。

200707172 余談ですが、「ふるまいさけ」を変換したら「振る舞い鮭」とでて来ました。

これはこれで北海道らしくて、嬉しいかもしれませんね。

2007年7月15日 (日)

「消息不明」

0715

今月13日正午ごろから、ホテル屋上のオオセグロカモメさん宅の、カモメのカーくん(仮名)の行方が分からなくなっています。

カーくん(仮名)は孵化後一週間程度。
これからの成長の様子が楽しみだっただけに残念です。

カーくん(仮名)の行方が分からなくなって2日たった今も親鳥は巣から離れず、真夏の青い海を背景に佇んでいます。

2007年7月14日 (土)

「のどかだ。」

7月の「海の日連休」が始まります。

知床の夏の観光は、7月の連休が最初のピーク。
そして、夏休みになりお盆が最大のピーク。9月・10月の連休を経て、観光シーズンの山を越える、といった感があります。

今年7月14日連休初日の今日。
知床の観光ホテルとしては、7月中でもっとも忙しい一日がはじまります。

そんな日の仕事といえば、水汲みです。

快晴のお昼少し前、目の前に広がる小麦畑を眺めながら、トラックに積んだ20リットルポリタンク35個に、「来運の水」を汲んでゆきます。

清らかな斜里岳の伏流水に、真夏の陽光が反射します。

「・・・。のどかだ。」

ついつい海の日が間近であることを忘れてしまいそうです。

ロビーの瓶に入っている、「来運の水」。(らいうんのみず)
斜里の来運地区からホテルスタッフが週に一度、水を汲み運搬しています。

お客様に、おいしい水を召し上がっていただけるのみならず、観光シーズンピークで乾いたスタッフの心を潤す素敵な仕事です。

ぜひ、皆様も「来運の水」ご賞味くださいませ。

20070714

来運の水公園はこちら

2007年7月 8日 (日)

「お顔拝見」

200707081屋上のかのカモメ宅。

の、昨日のタマゴの状態。

少し殻が割れて、まさにヒナが孵化するところです。
ときおり、ちいさなクチバシが見え隠れしていました。

これがお昼頃で、その3時間後に見たときもほぼ同じ状態。

そして、今日。
ヒナです。

無事に生まれていました。
タマゴのときと同じ色模様です。ブチ色です。

七夕生まれです。(たぶん)

あいかわらず、お宅に近づくと、両親らの歓迎ムードはゼロのため、祝福もそこそこに退散です。息災であることを祈るばかりです。

きっと、オロンコ岩をはじめ、あちこちのカモメ宅でも、ブチ色のヒナが孵っていることでしょう。

オフィシャルではありませんが、この子の名前でも募集しようかと思います。

200707082

2007年7月 7日 (土)

「いまだけじゃない」

7月初旬、島根県の石見銀山が国内14番目の世界遺産(文化遺産)に登録されました。ぜひ、一度足を運んでみたいものです。

知床が世界自然遺産に登録されて、まもなく2年が経過します。

当館では、登録日7月17日とその前後合わせて3日間、「知床世界自然遺産登録記念抽選会」を行います。

多くのみなさまに「知床」に興味をもっていただき、実際にお越しいただいて、知っていただく。登録直後のブームに終ることなく、知床が今後も継続的に「世界の宝」として守られていくように、との思いを込めて、昨年(登録一周年)からこのイベントを開催しております。

思いは固く、イベントは柔らかく。

ということで、ご宿泊のお客様に気軽にご参加いただけるイベントです。

しかも、18日はまだまだ空室があります。すこしでも多くのお客様に、知床を知っていただきたい。一人でも多くのお客様に・・・。ご予約お待ちしております。

■知床世界自然遺産登録記念日・大抽選会

●開催期間
・7月16日(月)、17日(火)、18(水)の3日間

●対象
・ご宿泊のお客様

●抽選
・マグノリア賞(ペア1組)・・・航空券+冬の知床2泊ご招待!
・辛夷賞(15名様)・・・オホーツクの海産・農産・特産品プレゼント!

Dscf1020

2007年7月 6日 (金)

「足りないわけだ。」

いよいよ、夏の観光シーズンです。
多くのお客様が、知床へいらっしゃいます。

そして、多くのお客様が「知床八景」を巡り、夏の知床を満喫されるわけです。

知床五湖、プユニ岬・・・、と行った場所にチェックを付けてくと、ひとつ足りないはずです。7つしかありません。

そうです。「カムイワッカ湯の滝」です。

一般車両規制が始まって久しい「カムイワッカ湯の滝」へ行くには、まもなく運行開始するシャトルバスを利用する以外に方法はありません。

今年度のシャトルバスの運行は、
7月13日(金)~9月20日(木)の70日間です。

長いようで短い70日間。八景制覇に出かけてみませんか。

斜里町商工観光課のページ

2007年6月27日 (水)

「そればっかりも・・・どうかと。」

20070627知床も、なかなか夏らしくなってまいりました。
ホテルとしても、夏らしい賑わいとなってきたこともあり、なかなかに忙しくなってまいりました。

お仕事としてもなかなかに忙しくなってまいりました。

これまではお昼休みに登れたオロンコ岩にも行けず、
「ちょっとそこまで。」と言って、知床峠を往復することもできず、「視察」と称して知床五湖を巡ることもできなくなってまいりました。

そこで、かのお宅の、アレです。

困ったときのオオセグロカモメ頼み。

屋上のカモメのお宅とそのタマゴの様子を報告することが、今後は増えそうです。鳥類を「○○頼み」にするのもどうかと思いますが、どうかお付合いのほどを。

2007年6月23日 (土)

「キャンドルナイト2007」

200706232 「100万人のキャンドルナイト - 知床の本当の夜を ~ キャンドルナイト in Shiretoko -」と題してライトダウンイベントを、21日から3日間開催中です。

期間中、食事会場のライトダウンを行い、夜8時から9時まではロビーを中心にホテル内の照明をOFF。ホテル建物を照らす、外灯や投光機、ホテルロゴの看板も消灯。

手前味噌ですが、なかなかのものです。
ライトダウンしたロビーの雰囲気や、外灯類の消え具合などなかなかです。

ネイチャーガイドによる知床の四季のスライドショーや、昨日行われたアイヌ民族の伝統楽器「トンコリ」の演奏もグッディーです。

さらに、この3日間のみ、屋上を開放しています。
今年は、ウトロ温泉の各ホテルさんもライトダウンを実施し、本当の夜空に近づいた(?)なかでネイチャーガイドによる星空の説明にも熱が入ります。

スライドショーやトンコリの音色に耳を傾け、屋上でガイドと談笑したり、またはお部屋でロウソクを灯したりと、みなさん思い思いの時間を過ごしていただけたようです。

最終日の今日、現在(午後3時)あいにくの曇り空。

これまでご参加いただいたみなさまはじめ、本日ご参加のみなさまにも、今回のイベントが記憶の中に小さく灯るイベントであれば幸いです。

20070623

2007年6月20日 (水)

「お宅拝見」

20070619_1ホテル本館屋上の一角。

オオセグロカモメさんのお宅です。

お腹の下にしっかりと卵を抱いています。

明日からのキャンドルナイトイベントで使用する本館屋上の点検のついでに、近くに寄らせていただきました。

お宅に近づくと歓迎ムードはゼロで、逆に威嚇される始末。

しばらくは、このお宅と卵の行く末を見守るばかりとなりました。

明日夜8:00から、本館屋上を開放いたしますが、くれぐれも、かのお宅には近づかないようお願い致します。あまり刺激しますと、空から「カモメ爆弾」を浴びることになるかもしれません。

隣家とのお付き合いは大切にしたいものです。

2007年6月 7日 (木)

「さらやし。」

「ええなぁ、それ。」
「うん、この板、さらやしなー。」

その昔、関西弁の「さら=新しい」を初めて耳にしたときの会話。
シチュエーションは忘れましたが、とにかく新しいのはいい事だと幼心に思いました。

そこで、

200706071新品のAED、設置しました。Automated External Defibrillator「自動体外式除細動器」と言うそうです。

知床ウトロの大型ホテルでは、初の設置です。

業者の方にお越しいただき、使用方法の説明会も受けました。万が一のときに、対応できるよう真剣に説明を受けました。

この機器たいへんすぐれもので。使用方法が音声ガイダンスで流れるため、もしものときでも、その手順を間違うことなく落ち着いて操作できるはずです。

使いやすさを実感しながらも、説明を受けた職員はみな、「使うときがなければいいな」と思いを同じくしていました。

確かに、いつまでも「さら」であってほしいものです。

新しいのはいいことです。200706072

2007年6月 6日 (水)

「不本意ながら・・・」

20070606

ホテル正面玄関近くのタイルの隙間に咲くパンジー。
昨年のガーデニングの名残でしょう。

寒い日が続いた5月を過ぎ、ようやく気温が上がったここ数日のうちに顔を出したようです。

タイルの目地に根をはっているため、いわゆるど根性ネタの範疇からははずれますが、あたたかく見守ってやりたいと思います。

正面玄関に向かって右手、壁近くに咲いてます。
お越しの際には足元にご注意を。

2007年6月 1日 (金)

「小さな灯りが映すのは・・・」

寒い6月をむかえました。
本日の知床ウトロの気温、4度。
くれぐれも、知床へお越しになる方はあたたかい服装でお出かけ下さいませ。

寒さとはほぼ無関係だと思われるのが、日の出・日の入り時刻。

そして、夏至。

今年もやります。

100万人のキャンドルナイト。ホテルとして4年目の参加です。
ご宿泊のお客様、ぜひ、ご参加下さい。

■100万人のキャンドルナイト2007夏至
■知床の本当の夜を ~ キャンドルナイト in Shiretoko

■6月21日(木)、6月22日(金・夏至)、6月23日(土)
・20:00~21:30

【イベント内容】

■館内外のライトダウン
・ホテルの看板、投光機、外灯、ロビー・廊下などのライトダウン
・お部屋の電気を消して、ロウソクでお過ごしいただけます。

■屋上開放
・好天時に通常は立入禁止の屋上を開放。星座や月の観察会を行います。
・ネイチャーガイド、知床ナチュラリスト協会SHINRAによる解説あり。

■知床の四季のスライド上映
・ライトダウンしたロビーにおきまして、スライド上映を行います。

■一部食事会場のライトダウン
・全てではありませんが、食事会場もライトダウンし、ムーディーな照明になります。

■グループホテルも参加します。
・知床プリンスホテル風なみ季
・知床夕陽のあたる家
の2施設も、ライトダウンを実施予定しております。

1時間少々、静かな、静かなイベントです。
ろうそくの小さな灯りを見つめながら、いろいろな思いを身近な人と話す機会になればと思います。20070601

2007年5月13日 (日)

「続・あってんの?」

20070513_12回目の登場ですね。

ホテル玄関横にある温度計。

ここ数日、知床ウトロはとにかく気温が低いのです。寒いのです。それでも「春です。」と以前言い切った以上、春は春なのです。
その根拠として、

① ミズバショウが咲いています。
② ヒグマを見ました。
③ 5月病で仕事になりません。
④ 冬物をクリーニングに出しました。

小雨ふる5月13日午後5時半。低い雲に一日覆われ、ホテル事務所でも暖房を入れたり、入れなかったり。とはいえ5月、思っているほど寒くないのでは?と温度計をのぞいてみると・・・。

気温5度。

やはり寒いです。皆様、知床にお越しの際は、厚手の上着を一枚余分にお持ち下さい。平野部でこの気温。天候にもよりますが、知床五湖や先日開通した標高738mの知床峠は日中でも間違いなく寒いです。

くれぐれも風邪などひきませんように。
温度計を信じましょう。

■ ウトロのアメダスデータ

2007年5月 2日 (水)

「言いすぎ。」

昨日はすこし、おおげさでした。

ほぼ満室は5月4日まで。

5月5日、こどもの日はお部屋たくさんあります。
それ以降は、もっとたくさん空室あります。

おとくなプランもありますので、この機会にぜひお越し下さいませ。

こどもの日、かぶとを被って記念撮影はどうでしょう。
20070502

2007年5月 1日 (火)

「G・W」

5月です。GWです。

おかげさまで連日ほぼ満室です。

それまでの、ちょっと静かな日々と比べると、準備運動しないでプールに飛び込んだ感じです。(分かりづらいですね。)

知床グランドホテル北こぶしでは、チェックイン時「熊笹茶」でおもてなし致します。ご賞味下さいませ。

漆喰のかまどと羽釜で沸かしています。20070501

2007年4月 6日 (金)

あなたは舟?それともフネ?

いよいよ、夏の知床観光の代表格「観光船」の運航開始です。

小型クルーザー「カムイワッカ号」は、4月15日(日)。
大型船「おーろら号」は、4月28日(月)。

そこで、
ホテルの宿泊とセットになったお得「観光船パックプラン」
販売開始です。

大型には大型の、クルーザーにはクルーザーの。
おのおのの観光船の特色を活かした1時間~1時間半の海上観光では、海上からでしか見る事のできない景観や動物にきっとめぐり合えるはずです。
大型船かクルーザーか、そしてご宿泊館も選べます。

このお得なプラン。ぜひご利用下さいませ。
ご予約はこちらから、「観光船パックプラン」

■知床観光船「おーろら号」
■ゴジラ岩観光「カムイワッカ号」

0406_1

あなたはどっち?

2007年4月 4日 (水)

北都プロレスがやってきた!

先月のブログでご紹介した「北都プロレス 」が、3/31夜、4/1昼・夜の3回に亘ってホテル2階ダイニングホール「北海」内特設リングを設け「チャリティープロレス大会 in 知床」と題して盛大に行なわれました。

04031_13/31の午前中、レスラー達とリングの資材をトラックから運び出し、半分に仕切ったダイニングホール北海(会場)に設営開始です。
四隅の支柱と中央の床柱、枠と梁は全て鉄製!!全部をワイヤーで固定し、その上に分厚い板を敷き詰め、マットを重ね、シートを被せて固定します。
最後に、「ロープ」を張って完成ですが、初めてづくしで驚きの連続です。
なんとあの「ロープ」って、直径5cmの鋼鉄製ワイヤーにビニールテープが巻いてあるだけだったんです!(ご存知でしたか?)
TVで見ると、しなやかな感じですが、実際にお願いしてリングに上がらせてもらって、お馴染みの「びよーーん」に挑戦しましたが、これが、痛い!。かなり痛い!
・・・夜、帰って背中を見たら、ミミズ腫れのようになってしまいました。

夕方、打合せの後、レスラー達がリングに上がり、ウオームアップを始めたのですが、そこでまたビックリ。リングに叩きつけられる「ズドーン」っていう音と振動、目の前に落ちてくる選手を見て、「痛っ!」、「うわっ!」、「凄っ!」・・・。
本番が始まったら、いったいどうなっちゃうんだろう!?最後までもつのかなあ・・・。

さて、19:30 開場です。入口で缶ビールやジュースを買って、思い思いの席に着きます。会場内には、レスラーのサイン色紙や、Tシャツ等の販売コーナーもあり、徐々に盛り上がってきました。

そして午後8:00、いよいよ第一試合開始のゴング!
吉田考志という弱冠21歳のスリムなレスラー対、ケン・片谷というベテランの選手とのシングルマッチです。
目の前で繰り広げられる本物の迫力に、場内騒然!筋肉VS筋肉、技VS技の真剣勝負に、仕事を忘れて思わず見入ってしまいました。

04032あっという間の第一試合の後、第二試合は末吉利啓対YUJI・KITOのスピード感あふれる試合。トップロープからのアタックは、まさに圧巻!
お次の試合は、お待ちかねの「女子プロ」
ゴングの後、恐る恐る手のひらを組んだと思ったら、あっという間に相手をぶっ飛ばしてまたまたビックリ!
(この二人、お○に行けるのかなあ・・・(汗))ゴメンナサイ 亜利弥’さん、武藤さん・・・

あまりの迫力で、あっと言う間の3試合が終わり、休憩時間にリングの「増し締め」のあと、覆面レスラーとの対戦があって、最後は「バトルロイヤル」です。

04033_1初日のバトルロイヤル一般参加は「モリモッコリ」という、おかしなレスラーが参戦し、二日目昼には「ハルキ ホーガン」が、4/1夜の最終戦では、前者2名に、女子の「キューティーリカ」が追加。
おまけに引っ張り出された当社の「課長さん」がネクタイ姿のままリングに上げられ、末吉選手のドロップキックをまともに喰らい、頭っからリングに沈みました・・・合掌。
二日目には場外乱闘や、「ジェイソン・ザ・ダークネス」という超ワル覆面レスラーが暴れたり、試合の合間に、チビッコとの対決や、選抜レスラーによる「早食い競争」など、本当に「あっ」と言う間の2時間でした。
最後には 選手のサインボールを投げて、フィナーレを飾ります。

04034販売コーナーで、選手達がTシャツやプログラムにサインをしたり、記念撮影などがあり、先程までの緊迫感がウソのようになごやかな雰囲気のうちに全日程を終了しました。
最初は、 温泉+プロレス=??
とか、お客様の入り、盛り上がり等、心配のタネは山ほどあったんですが、終わってみたら・・・・・ 「面白かった!」、「凄かった!」、「また見たい!」とお客様の感想も上々でした。

最終日、リング上でレスラー達と関係者で、記念撮影!04035

040362日間、全3回の興業の休憩時間に、レスラー達が会場を回り、集めていただいた寄付金(総額88,004円)は、4月3日、弊社の社長 桑島の手で、地元斜里町の社会福祉協議会に贈らせていただきました。

怒涛の3日間、ご来館いただきました皆様、ありがとうございました。関係スタッフの皆様、お疲れ様でした。
そして、レフェリーのクレイン中條さんをはじめ、リングアナ、レスラー、ボランティアの皆さん、「感動をありがとう!」
そして・・・

プロレスばんざいっ!!

長くなりましたが、最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

(当日の模様は、4月10日PM6:30~「UHBスーパーニュース」で、4月4日開催の夕張大会の試合とともに放映されます。)

2007年3月30日 (金)

アジェンダ基金支援報告

200703302006年2月に設立された桑島アジェンダ基金は、基金積み立て開始から1年を経過するにあたり、(財)知床財団の自然保護活動へ¥500,000の支援を行うことを決定し、その贈呈を行いました。

3月29日午前、知床自然センター内で行われた贈呈式には、知床財団 森理事長をはじめ、基金協賛商品の生産会社代表の方にもご参加いただきました。

今後も、桑島アジェンダ基金に関する活動報告を随時行ってまいります。

■写真(左から)
高木食品工房・高木社長、(株)米夢館・向社長、弊社・桑島、(財)知床財団・森理事長、(財)知床財団・山中事務局長

2007年3月24日 (土)

「ああ、あれね。」

200703241春の日差しを全身に浴びながら、流氷運びをしました。

毎年3月21日に終了した知床オーロラファンタジー特設会場に展示していた巨大な流氷を、重機を使いウトロ港で持ち運べる大きさに砕いて、トラックに積み込み、ホテルの冷凍倉庫に保管するという作業です。

「流氷、何に使うの?」

ご来館されたお客様なら、「ああ、あれね。」と思い出していただけると思いますが、ロビーにある、「ミニ流氷館」の展示用の流氷です。

200703242 流氷館は、マイナス15℃に設定されていて、「融ける」ことはないのですが、長く展示していると、氷が「痩せて」しまうのです!!(羨ましい・・・)
ご家庭の冷凍庫の製氷皿の氷も、しばらく使ってないと、表面がへこんできますよね? まさにあの現象なんです。

今日はお天気も良く、風も無いおだやかな気温。
制服が濡れない様に雨合羽を着ての作業だったので、冷凍庫にしまい終わる頃には、皆汗びっしょりになってしまいました。
毎年、この作業が終わると、「冬」が終わったなあーって、しみじみと実感出来ます・・・

さあて、お次は「冬囲い」の撤去かなあ・・・・・
200703243

2007年3月 9日 (金)

「春とG・W」

青い海が広がる、3月上旬の知床の海。
海岸には打ち上げられた流氷が数多くありますが、確実に春の訪れは早そうです。

こうなってくると、「春」が待ち遠しくなります。

そして、ゴールデンウィークです。唐突ですが。

春はジワジワ近づく感じがしますが、ゴールデンウィークって唐突に来る印象がありますよね。「えー、もうかよ」って感じですね。

と、言うことで、ゴールデンウィーク宿泊プラン販売開始です。プランによっては、通常料金よりお得になっているプランもあります。

知床五湖や知床峠、観光船にクルーザー。などなど観光シーズンの幕開けです。
ぜひぜひ、ゴールデンウィークは知床へ。

Dscf3578昨年の知床五湖オープン初日。

ゴールデンウィーク宿泊プラン

ご予約お待ちしております。

2007年3月 3日 (土)

「プ・プ・プ・・・プロレス」

Puro3_1

カーン!

■知床に「北都プロレス」がやってくる!
・2007年3月31日(土)/20:00~
・2007年4月1日(日)/13:00~
・2007年4月1日(日)/20:00~
・全3公演!

■場所:知床グランドホテル北こぶし
・2階/ダイニングホール「北海・特設リング」

■料金:宿泊者は「無料!」
■入場料
・前売り¥1,000
・当日券¥1,500
幼児・小学生・中学生、無料!

■イベント盛りだくさん!
・素人参加OK!早食い大会!
・お子様、飛び入りOK!
※流血などの過激な演出はありませんので安心してご覧いただけます。

■問合せ 0152-24-2021/知床グランドホテル北こぶしへ

カンカンカンカーン!

2007年2月28日 (水)

「っしゃぁー!おぅらー!」

20070228_1 知床でプロレス。

温泉でプロレス。

旅館でプロレス。

どれも斬新でしょ?

3月31日・4月1日の2日間。北都プロレスが知床初上陸!

北都プロレスとは?

3月7日(水)・深夜0:55。UHB。必見。

2007年2月26日 (月)

「幸せ三段跳び」

20070226

毎夜、知床の夜をいろどる、オーロラファンタジー。マイナスの気温のなか3月21日まで開催中です。このオーロラファンタジーを見学後にホテルへ戻られた皆様を暖かく迎えるのは、従業員と暖房と、この「ゆず茶」。冷えた身体に、甘くてあたたかい「ゆず茶」が染み渡ります。

寒いところ→暖かいところ→暖かい飲物→幸せ。

低いながらも、幸せへの階段を駆け上がることができます。

余韻を味わいたい方は売店でお買い求めを(発送可)。
¥1,155(280g)で手に入る幸せ。ぜひご家庭でもどうぞ。

2007年2月13日 (火)

本館・別館リニューアルオープン!

_dsc0008 2007年2月1日。本館と別館洋室、全94の改装が終了、リニューアルオープン致しました。

上の大きな画像は、新しくできた洋室タイプの露天風呂付客室です。
今回はすべてではありませんが改装したお部屋をご紹介いたします。

New_jap10■本館和室
窓辺に掘り炬燵やベンチシートを設け、オホーツク海や知床の海岸をゆったりとご覧いただけます。

New_twin_1 ■本館洋室
ローベッドを配したモダンなつくりの洋室。落ち着いた木調のお部屋です。

Photo_1 ■展望和洋室
本館7階に9室のみの展望和洋室。出窓から夏冬問わず知床のダイナミックな景観をご覧いただけます。

755_1 ■本館特別室
角部屋にあり、窓が2方向にあります。ベッドツインと和室からなるゆったりとしたお部屋です。

_dsc0069 ■露天風呂付客室
全8室に増室しました。開閉式の窓を開け源泉かけ流しのお湯と知床の空気を独り占め!

_dsc0085 ■別館洋室
旧館和室を洋室(ツイン)に改装しました。リーズナブルに知床をお楽しみいただけるお部屋です。もちろんバス・トイレ付き。トイレは洗浄機付きトイレです。

■ご予約
現在、リニューアル記念のお徳な宿泊プランをご用意しております。
ぜひ、新しくなった知床グランドホテル北こぶしにお越し下さいませ。

2007年2月11日 (日)

第4回流氷初日クイズ当選者発表

ながらくお待たせいたしました。第四回流氷初日クイズ当選者発表です!

■正解日2007年1月12日(金)
■応募総数:126件

・・・不意打ちのような流氷初日でしたが。短い間に多数のご応募ありがとうございました。

■正解2件のうち、見事抽選1等は!
・東京都の IT さん

■2等当選の2名様
・茨城県、あんげ さん
・広島県、キハ さん

当選された皆様、おめでとうございます!

見事1等当選のITさんには、当館ペア宿泊券+1万円相当の海産物、そして、流氷2Kgぐらい

2等当選の2名には、5千円相当の海産物と、
もちろん、流氷2Kgぐらい、と合わせてお送り致します。

お手元に届きましたら、下記の使用上の注意をよくお読みいただき、正しく流氷をご使用下さいませ。

--------------------------------------
※流氷の使い方※
・冷凍庫に保存し必要な場合に冷凍庫から取り出してください。
・ご自由にご使用ください。
・ご使用後はできるだけ早く冷凍庫にお戻しください。常温で放置すると溶けてなくなる事があります。

※ご注意※
!食べられません

存分にお楽しみ下さいませ。
また、来年皆様のご応募お待ちしております!
Dscf0480 こんな流氷原の再来を期待しています。
(2003年2月19日撮影・プユニ岬より)

2007年1月28日 (日)

「踊りましょうよ、さあ!」

20070127_2 1月27日。今回で11回を数える「北こぶしダンスパーティー交流会」が華やかに開催されました。
日頃、道東各地で練習されている社交ダンス愛好家の皆さんが一同に集います。
いつもよりも艶やかに、いつもよりも若々しい、いでたちが会場をいっそう華やかな場としていました。なにより、皆さんの立ち姿の美しいことには驚きです。自分も猫背を無理やり伸ばし諸先輩に倣います。
午後2時半ころから、夜10時まで、途中、夕食を挟みつつ、踊り続ける皆さんの体力にも脱帽です。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

20070127_1

このダンス会場、普段はレストランとして使用している2階ホール「北海」です。このホールにコンパネを2枚重ね、表面に化粧板を敷くのには、前日からホテルスタッフ総出で、8時間以上かかります。その甲斐あって、参加された皆さんには「踊りやすい」「足が疲れない」と好評です。
しかし、翌朝には、レストラン会場として使用するため、夜10時にダンスパーティーが終了すると撤収作業を開始しなければなりません。

20070127_6_2 参加者約200名のダンスを支えた、一夜限りのダンスフロア。来年もみなさまの華麗なステップをお越しをおまちしております。

2007年1月23日 (火)

「香港さん、いらっしゃい」

Dscf0747_1 あと、数キロに迫った流氷ですが高台から見てもまだ水平線付近。どんどん近づいて来て欲しいものです。

どんどん来るといえば、香港のお客様からのメールです。宿泊予約はもちろん、冬の道東観光・交通に関する質問や料理内容は何?まで様々です。
香港の旅行者は冬の北海道が大好きで、旅行形態が個人型のため、自分で調べて、自分で予約が基本のようです。メールの内容も「こんなこと、よく知ってるなー」と感心する質問が多くあります。そんな英文のメールが毎日のように届きます。

そうです。英文、英語です。
返信ももちろん英語なのです。

語学堪能な方にはなんら問題ないことでも、関係代名詞あたりでつまづいた担当者の英語力では・・・。

「おまえ、そこにいる。バスくる。乗ることができるならばホテルに着くことが可能である」

そんな、ホスピタリティーのカケラも無い英文を返信するのが精一杯。読むには読めるけど、書けない話せない、典型的な義務教育英語が大活躍です。数少ない英単語をフル動員しメール返信と格闘する日々がややしばらく続きそうです。

Dscf0785 そのせいか、最近、青空を見上げることが多くなりました。
ああ・・・早く流氷来ないかな。

2007年1月18日 (木)

流氷を待ちながら

20070116先日12日。流氷祈願祭の祝詞に誘われるようにあらわれた流氷は、いま網走沖約50Kmを切るまでに近づきました。先日の「はぐれ氷」ではなく、流氷本体の南端が、もう、そこまでちかづいています。くわしくは第一管区海上保安本部流氷情報センターの情報をどうぞ。
ただ、ここ2日間ほどその距離の縮みかたが、なんともゆっくりとしたもので流氷の到来を願う人たちにはじれったくも感じます。

流氷の到来も楽しみですが、このフレペの滝の凍り具合も冬の楽しみの一つです。知床自然センターから、スノーシューなどで約30分ほどで青い大きな氷に出会えます。センターにはレンタルスノーシューもあります。

20070116_3 ホテル内には「橋」ができました。ロビーとラウンジ「こぶし茶屋」をつなぐ第二橋梁。この第二橋梁のおかげでフロントやロビーへのアクセスがらくらくです。
さらには、ラウンジ周りの池にいる鯉のえさやりにも便利です。
流氷が接岸する日を待ちながら、この橋の愛称でも考えたいと思います。

2007年1月 1日 (月)

あけまして知床。

20070101_1 あけましておめでとうございます。
本年も、何卒、よろしくお願い申し上げます。

知床グランドホテル北こぶし、ロビー内にある、「知床来運神社」。斜里の来運神社から分社した由緒正しきお社です。

新年初出勤後、さっそく運だめし。

みなさまのおみくじは、なにきちでしたか?

すてきな一年になりますよーに。

2006年12月31日 (日)

毎年恒例ビンゴ大会!

毎年恒例ビンゴ大会!

毎年思うけど、一年過ぎるのって早いですね。あっという間に今日は12月31日ですよ。本当にもう年取るのも嫌ですね…。ともあれ、当館のこの時期といえばそうです、毎年恒例「ビンゴ大会」です!!今年も多くのお客様にご利用頂きまして誠にありがとうございました!明日、明後日も開催しておりますので是非皆様のご参加お待ちしておりまーす♪なお無理な方は来年ご利用して下さいね!
今年一年、皆様のご愛顧を頂き本当にありがとうございました。
新年は皆様にとりまして良い一年になりますように!

2006年12月28日 (木)

「知床の流氷はいつ?」

20061228

「本物の流氷が当たります。」

「海産物が当ります。」

「ホテル宿泊券が当たります。」

知床の流氷初日を予想するだけで、知床グランドホテル北こぶし宿泊券やオホーツクの海産物が当たる!第4回流氷初日クイズ開催です。応募方法はいたって簡単です。ぜひぜひご応募くださいませ。

画像は2004年の流氷初日。オシンコシンの滝の上からの眺望です。青い海原に白い流氷帯がたなびき、水平線をなぞるようにオオワシが滑空する。そんな光景に出会える季節が近づいてきました。今年は温かい冬にもかかわらず、流氷帯の動きが例年より少し早いようです。今季はどんな流氷が見られるか楽しみです。

2006年12月26日 (火)

「早いねー」

20061226_1クリスマスの装いから、正月飾りへ。ホテルロビーをはじめ館内装飾の変更を行い、あとは松飾りをだすばかりとなりました。クリスマスキャロルから六段へとめまぐるしくBGMも変わるなか、ついつい口にしてしまうのが

「早いねー」の一言です。

いろいろあった一年。無事過ごした一年。みなさまそれぞれの一年をすごされた事と思います。温泉につかりながら、ゆく年を振り返り、くる年に思いをめぐらせてみはいかがでしょう。
大晦日から三が日までは、お正月屋台やビンゴ大会など、館内ではいろいろな催しを行います。
一年は早くても、当館でお過ごしいただくあいだは、「ゆっくりできたねー」と感じていただければ幸いです。

知床で迎えるお正月。どうかごのんびりお過ごしください。

2006年12月24日 (日)

働きもののクリスマス

20061224クリスマスイブ、いかがお過ごしでしょうか?イブとはいえ年末の夜8時。まだ家路につけず、チキン片手にお仕事されている方も多いのではないでしょうか。

彼もそんな働き者の一人です。

彼は12月初旬から、ホテルロビー「ミニ流氷館」横でお客様をお迎えする仕事をたんたんとこなしてきました。彼の誇らしげな笑顔が充実した仕事の日々を物語っています。
そんな彼の大役もあと少し。明日クリスマスにお越しいただくお客様をお迎えし、26日の朝、お見送りするまでとなりました。
クリスマスが近づくにつれ期待にふくらむ心と同じく、大きくふくらんだ彼の姿は、満たされた喜びの余韻を残すことなく押入れにしまわれることでしょう。手にしたのぼりだけを残して・・・。

みなさま、良いクリスマスをお過ごし下さい。メリー!

2006年12月14日 (木)

夜の北こぶしをライトアップ!

 

20061214_3先日、ホテル正面玄関と足湯横のこぶしの木、郵便局との境界線の木にイルミネーションを取り付けました。
札幌大通りの「ホワイトイルミネーション」には程遠いのですが、殺風景だった夜の玄関回り、駐車場が多少華やかになりました。(と思います・・・)

20061214_1_1 脚立に登って凍てつく中の野外作業、しかも木に括り付ける“結束バンド”の締め付けが細かかったので、素手での過酷な一日でしたが(8時間もかかりました!!)、出来上がって見ると、中々かな~って感じです。クリスマスまでは、風除室にサンタさんとロビーにスノーマンもお出迎えをしてますよ~ (^o^)丿
20061214_2

2006年12月12日 (火)

お待たせ致しました!

お待たせ致しました!

皆さまお待たせ致しました。この度「北こぶし」は新しいお客様専用送迎車をご用意致しました!!
今までは古いエスティマで乗りづらい上狭く、皆さまに大変ご迷惑をおかけしていたのですが、この度購入したハイエースは広々としておりますので安心してお乗りいただけます。
機会がありましたら一度ご乗車を!

2006年12月10日 (日)

「ここが海?海の上?」

昨日は旭川でマイナス22度を記録。知床ウトロのアメダスデータはマイナス6度。いよいよもって冬です。そこで、冬の知床を代表する2大アクティビティー、ネイチャーガイド(知床ナチュラリスト協会SHINRA)同行の「流氷ウォーク」と「スノートレッキング」がそれぞれ宿泊とセットになったオススメ宿泊プランを販売開始しました。「流氷ウォークって?」や「スノーシューって何?」という方のために、この2大知床的冬遊びを簡単にご紹介しましょう。

■ 流氷ウォーク

20061210_6 南下する流氷を堰き止めるようにオホーツク海に突き出している知床半島。ウトロを含むその半島の北側は流氷の密度が濃く、水平線まで厚い流氷で覆われることがめずらしくありません。その流氷にまつわる景観は、もちろん素晴らしい眺めです。さらには、その流氷に触れよう、乗ってみよう!というのが「流氷ウォーク」なのです。

20061210_3 なんでもない雪原のように見えますが、これ、流氷の上。夏場は船が行き交う海の上なのです。「ここが海?!海の上を歩いてるっ!?」と、声に出してみるととてもスゴイことだと実感するはず。
ちなみに、お疲れ気味の画像の彼は、無理やり歩かされているわけではありません。見方によってはすごく楽しそうですね。

20061210_1浮力のある安全なドライスーツなので、流氷の切れ目の海面に浮かぶなんてこともOK。
ついつい童心に返ってドロンコ遊びの感覚で夢中になります。多少、水が入っても・・・。
重なり盛り上がった流氷を眺めたり、神秘的なアイスブルーに感銘したりと、「流氷の上にしかない世界」にでかけてみませんか?


■ スノートレッキングツアー

20061210_4 現代版「かんじき」のような「スノーシュー」を履いて、冬の知床の森へでかけましょう。
服装は、スキーウェアのような動きやすく温かい格好で。みんなが足元につけているのがスノーシュー。特別な技術は必要ありません。普通に歩くだけなんです。走ることもできます。雪煙りを舞い上げラッセル車みたいになります。

20061210_2雪が積もった冬の森は、幻想的な世界が広がります。また、葉がないため、野鳥や小動物の観察にも最適。ガイド同行ですので、自分たちだけでは見落としてしまいそうな生き物の痕跡や息づかいを発見できるはず。
森には知床本来の静けさが満ち溢れています。

20061210_5 森を抜けると、ご褒美のような景色があたなを待っています(画像はイメージ)。スノートレッキングツアーの行き先はフレペの滝となります。雪があるから行ける場所、雪があるから見る事のできる景色。気温はマイナスでも、白い世界のあたたかさを、きっと感じていただけます。

ぜひ、みなさまご予約・ご参加下さい。ご不明な点、ご質問ございましたらご遠慮なくお問合せ下さいませ。問合せフォームはこちらから。

■ ツアーは知床ナチュラリスト協会SHINRAの企画運営となります。

2006年12月 8日 (金)

改装工事に関するお知らせ

Honkanimg 知床グランドホテル北こぶしでは、お客様により快適にご宿泊いただけますよう、本館および、別館の改装工事を進めております。すべての客室工事が終了しますのは1月の下旬を予定しております。(画像は本館客室イメージ)

つきましては、改装中・改装後の本館・別館ご予約時のお部屋タイプ等に関しましてご案内申し上げます。

■ 本館予約・・・改装中は別館南、または西館、和室のご用意となります。改装後は、和室・和洋室・洋室となり、部屋タイプにより料金が異なります。また、露天風呂客室も4室増室致します。

■ 別館東予約・・・改装中は館無指定にて承ります。部屋タイプもご指定いただけませんのでご了承くださいませ。改装後は、洋室(ツイン)となります。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合せくださいませ。

2006年12月 2日 (土)

「お元気で!」

20061201_1

「壷坂情話」を熱演するご夫婦。第33回を迎えた、知床グランドホテル北こぶし主催の「演芸発表大会」でのひとこま。

北見・網走・釧路・根室・標茶などなど各地の芸達者が一年間の練習の成果を発表するこの大会。出場者平均年齢68.9歳。年を重ねた深みのある歌や踊りを披露し、みごと上位に入賞した方々は「信ジラレナーイ」と北海道らしい喜びのコメントを連発。

2日間の大会中から今朝チェックアウトされるまで、常にみなさん、すてきな笑顔でじつに元気で楽しそう。お別れの際には「また来年くるからね!お元気でね!」と私たちスタッフが逆に励まされるほどに。

年をとるって楽しそう!そう思わずにはいられない、気持ちの良い大会になりました。32回、33回大会にご参加のみなさま、本当にありがとうございました。来年も、みなさまの笑顔をスタッフ一同お待ちしております。

「また来年!お元気で!」

2006年11月26日 (日)

「こぶし」って何?

知床グランドホテル北こぶしのブログ、「北こぶログ」を開設しました。どうぞ、お付き合いのほどを。

ホテル名にもある「北こぶし」。宿泊されるお客様から「こぶしって何?」と質問されることがたびたびあります。「これのこと?」と、「グー」を突き出すお客様もいらっしゃいました。

「花が咲く辛夷(コブシ)の木のことですよ。北海道ではキタコブシといいます。」とお答えすると、皆様「あー。」や「へぇー。」といった具合にまだ腑に落ちない様子。そこで、正面玄関横、あし湯のわきにキタコブシを植えてある旨をお話し実際にご覧いただくと、なるほど納得といった表情に変わります。

本州のコブシ同様、知床の山々でも、まだ冬が去りきらぬ早い春に、真っ先に白い花を咲かすキタコブシ。灰色の山肌に咲く姿は、ひときわ映え目を引きます。

20061126 正面玄関横の樹高6メートルほどの当館のキタコブシには、この季節もちろん葉も花もありません。白い大きな花の変わりに、冬期間だけのイルミネーションの小さな灯りを枝にまとい、知床の夜を少しだけ彩ります。冬のキタコブシにも目を留めていただけると幸いです。

・キタコブシ(北辛夷) モクレン科

・花言葉「友愛」

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.