--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月26日 (月)

奇跡の出逢い!

今月14日に当たったヤマシギ。
様子見に行きたくとも、親を驚かせてしまうので、じっと我慢、我慢の毎日。で、本日、随分たったことですし、孵化してしまってるのは覚悟の上で、せめて、それを見届けようと思い、行ってみました。
念のため、慎重に近づいてみましたが、巣は静かなもので、割れた卵の殻だけが4つ残されていました。5b7a5101
ところがですね、歩きはじめて、ちょっとした私の足元から物凄い羽音、勢いよく飛び出したのは、まさかのヤマシギ!
親が飛び立った所には、身を寄せ合うカワイイ雛。
ちゃんと4羽います!…笑。0j6a8409
もごもご動きながら親を呼びはじめたので、0j6a8420
早々に離れて、遠くで親の帰りを待ちました。
目視はできないので、雛の声だけが頼りです。しばらくして、雛の声が止んだので、きっと親が戻ってるはずと、慎重に慎重に接近…。
…しっかり抱きかかえています。
そして、親のお尻の羽の間から覗くのは雛の顔…笑。0j6a8382
気付かれないうちに、そっと退散。
奇跡のようなタイミング…笑。
なのになのにピンとが…汗。
運が味方してくれたようです。
もう、この家族に出逢うことはないのでしょうけど、元気に成長して欲しいです。

2017年6月15日 (木)

当たりましたーーー!…笑。

巣立ち間際のクマゲラに大当たり!
私の目の高さすぐ横をロケットのようにすっ飛んでいくクマゲラ。
 思わず目で追うと、そこには、なんと、まさかの洞。
お父さんが戻るのとほぼ同時に顔を出して、ぎゃんぎゃん騒ぎはじめて、もー、賑やかで賑やかで…笑。0j6a5966_666x1000
でも、お父さんの口に餌はなく、もう巣立ち待ちのようです。
離れた横枝に止まったお父さん、鳴きながら子どもたちに巣立ちを促しているようです。0j6a6004
労せずして出逢ったクマゲラ。
このタイミングでなけらば気づけなかったです。タイミングさまさま、感謝!です。
そして、当たりがもうひとつ!…笑。
ヤマシギの卵。5b7a4906
蹴躓いて転びそうになって、慌てて手をついた樹の根元から勢いよく飛び出したヤマシギ。
これは、間違いないと思ったら、やっぱり…笑。
あてどもない徘徊の成果…?笑。
観察はしにくい場所なので、無事孵ることと、孵化にタイミングが合うことを祈るのみです。
アカゲラのお家も4つめを発見!
最初に見つけたお家は気配がないのですが、残りの3つの巣からはヒナの声が聞こえてきており、お父さん、お母さんが急ピッチで餌を運び込んでいました。0j6a5550_667x1000 0j6a58660j6a4740_667x1000
子どもたちが顔を覗かせるのが楽しみです。

 

2017年6月10日 (土)

なんじゃこりゃぁーー!

枯木からにょきっ!と、顔を突き出す何ものかの抜け殻!5b7a4817
その殻のそばには、たぶん、羽根の乾き待ちかな?と思われる何とかアブ。5b7a4821
なので、アブの抜け殻???
木にしがみ付くセミの抜け殻は数多く観れても、こんなの初めて!…笑。
そして、エゾハルゼミの交尾。5b7a4845
そして、そして、クマゲラの食痕に群がるアリ。5b7a4861_667x1000
昆虫たちにびっくりさせられながら過ごした森の中では、シウリザクラが咲きはじめていました。0j6a5505
知床の景色も夏めいてきております。5b7a4858

2017年6月 7日 (水)

久しぶりの青空です!

久しぶりの青空!
フレぺの滝への遊歩道から知床連山を眺めてきました。5b7a4806
昨年の6月5日の連山はこんな感じで、
13335576_277658459253360_6817517239

今年の方が雪解けがすすんでいるようです。
青空と汗ばむ陽気の中、1日いっぱい遊んで、小鳥たちにいっぱい出逢って知床公園線を流して帰ろうと走っていると、道路脇で隠れるようにじっとしている仔ジカと出逢っちゃいました!…笑。0j6a4616_2
真っ赤に燃えはじめた夕空が目に入ってきて、気になって仕方ないのですが、仔ジカが可愛いもんで…、夕陽はガマンです。
昨日6日に出逢った小鳥たち。
ペアのヤマゲラ。0j6a4298
何度も出逢ったクマゲラ。0j6a4183_667x1000
ミミコウモリにひょっこり顔を出したアオジ。0j6a4136_2
メスにエサを運んで猛アタックち中だったイソヒヨドリ。0j6a4194
写真は撮り損ねてますが、ハヤブサ、ゴジュウカラ、キビタキ、ヤマシギ…、いっぱい出逢えました。

 

 

2017年6月 4日 (日)

雨は降っていたけれど、小鳥ったいとの出逢いはいっぱい。

雨降る森の中、「ツツドリ」の声に混じって「カッコウ」の声が聞こえてきてました。
托卵組…笑。
カッコウは私的には珍しくその姿を夢中で探すのですが、葉を茂らせる樹のてっぺんにいるらしく
どうにもこうにも…汗。
カッコウの声を聞きながら、久しぶりの観察となったクマゲラ。0j6a3728
小さな小鳥たちの牽制するよな声に追い立てられるかのように移動してるカッコウの声。
そんなカッコウの声を聞きながら、雨に打たれるキビタキを観察。0j6a3932
河原にはカワガラス。0j6a3988
海岸では自慢の喉で猛アピール中のイソヒヨドリと0j6a4075
思案中(…?)メスのヒヨドリ。0j6a4087
雨の1日、小鳥との出逢いはいっぱいでした。

2017年6月 1日 (木)

カムイワッカ林道オープンです!

いざ、カムイワッカへ!…笑。5b7a4743
カムイワッカ林道の冬期閉鎖解禁!です。5b7a4742
林道脇に数等のエゾシカの群れ。
まだ角のない若いオスジカ2頭が5b7a4759
地面を勢いよく蹴りつけながら5b7a4776
角突き合いの真似ごとをしていて、とっても元気。5b7a4785
気になるのは、左前足を不自由にしている仔。
この群れには見つかりませんでした。
そして、もう一つ気になるのは、銀毛の彼。
一回り大きく、且つ、カッコよくなってくれているのでは、と。
出逢えることを願いつつ、今年も出かけます…笑。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.