--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月25日 (日)

「ピタッツ!」

本日(10月25日)は大荒れの知床ですが。
先日の五湖散策をご案内です。

今回も良いお天気に恵まれた先日のお休み、知床五湖に出かけてきました。

秋晴れの青空の下、ピタッ!っと止まる湖面が冠雪の連山を映し込んでとてもキレイでした。
どの湖も見事にみんなキレイでした。
1 知床五湖を歩くのは、実は、今年、なんと、これがはじめて…汗。

行こう!行こう!と思いながらも、何やかんやで行きそびれていました。
あまりにも行きそびれ過ぎてしまっているうちに、「知床五湖に合わす顔がないっ!」なんて、おかしな思いがわいてきて(…笑)、どんどん、どんどん遅れて、とうとうこの日になってしまいました。

今、行かなければ、今シーズンは行かず終いになるのでは、なんて危機感もあり、やっと高い敷居をまたいだわけです…笑。

人影もまばらで紅葉もほぼ終わり、葉を落して幹を露わにする樹々、心地よいはずの静けさをちょっと淋しく感じたのは、五湖を遠ざけてしまってた自分の淋しさと重なったせいかも…。
なんて、ちょっと感傷的なのは、深まりいく秋のせい?…笑。
1633 閉園まで残すところ1ヶ月足らずとなってしまってますが、遅ればせながら静かな五湖に通いたいなぁ~って、思っています。

現在は、閉園の11月25日まで自由利用期です。

高架式木道は勿論、湖畔沿い遊歩道も自由に散策できます。
お出かけの際は、どうぞ、暖かくしてご準備下さい。

そうそう、帰りの木道から晩秋の高い空にオオワシの姿を確認しました。
そろそろかなぁ~って、思ってましたが、やっぱりそろそろだったんですね…笑。

ダメダメ写真ですけど、オオワシだってわかります…笑。
5b7a0750_1024x691

2015年10月20日 (火)

「そうだ 羅臼湖、行こう!」

前回のお休み、10月16日。
なんとまぁ素晴らしいお天気!

取りあえずカムイワッカへでも、と車を走らせると目に飛び込んでくる知床連山の美しさ。

真っ青な空、知床連山の頂きにはうっすらと新雪、森の秋色。
うっわぁー、この景色、どこで見ようか?って、思った瞬間、羅臼湖!羅臼湖しかないってビビっときまして、迷うことなく向かっていました。
知床峠に車を止めて峠から羅臼湖入口迄の2キロほどは徒歩です。
歩きながら眺める景色も美しく、何度も何度も足を止めました。
5b7a0511_2000x1333 散策路にはいると、いきなり道がぐちゃぐちゃ。でもそのぐちゃぐちゃがオモシロかったりして…笑。
散策路に沿うようにたくさん集まっていたギンザンマシコを驚かせながらテクテク、テクテク…。
そして、3の沼のビューポイント!
5b7a0521_2000x1333 あぁ、来て良かった! キレイ! ホント、キレイ!

そして、周りには誰もいません。
この眺めを、自然をひとり占めして…笑。

羅臼湖展望台で大の字に寝転んで真っ青な空を仰いできました。
5b7a0491_2000x1333 路線バスの運行が終了しましたので、知床峠から羅臼湖出入口迄の往復が約4キロ。羅臼湖遊歩道の往復が約6キロ。
合計10キロほどの散策になりますが車で通りすぎてはわからない、歩きだからこその景色を眺めながらゆっくり1日かけて羅臼湖を訪れてはいかがでしょう。
ステキな1日になると思います。

2015年10月17日 (土)

「あっちも、こっちも。」

一日中、森の中に居ようと決めていたこの前のお休み。

見事な秋晴れの森。足を進めるたびに、足元ではカサカサ、ガサガサと落ち葉が音をたてます。
樹々の葉の色づきや樹々の実に、秋を確かめながら森を歩いていると、行く手の樹にクマゲラ!です。
Photo 私の気配に気がついたクマゲラは、すぐに飛びたってしまいます。 去った方向へ少し追ってみると、別の場所から、あっちからもこっちからも羽音や木をたたく音がしてきます。 なんと、クマゲラは1羽じゃなかったのです。

あっちにもこっちにもいて、どのクマゲラを観察すればイイのやら…。
Photo_2 そんななか、こんどは、あちこちの足元から、カサカサ、ガサガサと落ち葉の音がしてきます。
Photo_3 音の主はエゾリスで木の実を探しているようです。
こちらも1匹じゃないんです!…笑。
あっちにもこっちにもいて、どのエゾリスを観察すればイイのやら…。

クマゲラを観察しようか…、エゾリスを観察しようか…、もう、どこをどう見ればイイのやら、嬉しいパニック!

この時のエゾリスのごちそうはホオの実です。
Photo_4 食べごたえがありそうなサイズです…笑。

秋の森、ステキです。 朝晩や野外は、随分と気温が下がってきております。 温かい服装でご準備下さい。

2015年10月 3日 (土)

「クルミの樹の下で…。」

2015100301
ガシガシ、ガシガシ、ガシガシ、ガシガシ…、
樹々の上で音がしています。

何だろうと思ってみると、
その音をたてていたのは可愛いエゾリスたちでした。

あっちでもこっちでもガシガシやっています。
クルミを食べているところでした。

食べ方はと云うと、先ず、クルミの実を口で銜えとると、お気に入りの場所(…?)へとすばしっこく移動。
クルミを両手でしっかり持って、ここで手間取ってはいられないとばかりに軟らかい果肉をあっと云う間に剥がし落とします。

そして、勝負はここから。
堅い殻をガシガシ、ガシ ガシ…、ひたすらガシガシ、ガシガシ…、中にある美味しい種を思い浮かべなら(…?)ガシガシ、ガシガシ…、

努力の甲斐あって殻の接合部分が削りとられて、
殻が2つにパッカーン!(…笑)。

ようやくお目当ての種にありつけるわけです。

2015100302

こちらのエゾリスは欲張って2つ取ろうとしたのか、
2015100303 手からも口からもこぼれてしまって地面へと真っ逆さま。
2015100304
「しまった!」とでも言いたげなこの表情!

…妙に親しみを覚えてしまうのは、どうしてでしょう…汗。

慌てなくても、まだ、まだ、いっぱいあるよっ!って、教えてあげたい気分。もっとも、エゾリスたちだって、十分知ってるでようけどね…。

クルミの木のそばで、じぃ~っと、 待ってみると、どこからともなくエゾリスたちがやってきて、ガシガシはじめてくれるかもですね…笑。

とっても忙しそうなエゾリスたち、もう、秋なんですね。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.