知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 「我、関せず!」 | トップページ | 「お客様フォトギャラリー ・ 羅臼の海から」 »

2015年6月 9日 (火)

「ちょっとブルーなのです。はい。」

もう6月ですから、そろそろエゾシカの赤ちゃんがお目見えする頃です。

すでに赤ちゃんを見たよ!なんて情報も耳にしており、私も可愛らしい赤ちゃんの姿を森や道路で探すようになってきております…笑。

そんな矢先の出来事です。
道路のすぐ横の森で悲痛な声をあげながらエゾシカが右往左往しています。
尋常ではないその様子に、いったい何が起こっているんだろうと目を見張ると、そのすぐ近くに親子熊がいました。
1歳の2頭の仔熊を連れていました。うち1頭の仔熊は倒木から見え隠れしています。

悪い予感です。
この倒木には身を隠している仔ジカがいるのではないかと…。
5b7a4971
悪い予感は的中してしまいました。
程なく顔をあげた仔熊の口にはぐったりする仔ジカの姿が見て取れました。
なすすべもない母ジカを余所にヒグマ親子は仔ジカを銜えて森の奥へと遠くなっていきました。

これが自然の姿であり、仕方のないことです。
わかっています。
でも、わかってはいても、こんな衝撃的なシーンを目の当たりにしてしまうと、知床の自然に感動しながらも、やり切れないやるせない思いで、ちょっとブルーになってしまいました。

ブルーなまんま車を走らせていると、岩尾別温泉道路で、川の向こうに仔ジカの姿を見つけました。まだ、上手には歩けないようで、時々、しゃがみ込んだりしながら、それでもお母さんのあとに一生懸命ついていっていました。
お陰でちょっと心も和み、無事、大きくなって欲しいって、心から祈っていました。
5b7a4991

« 「我、関せず!」 | トップページ | 「お客様フォトギャラリー ・ 羅臼の海から」 »

コメント

自然はいつも命懸けですね。だから美しい。
美しさと悲しさ、それは自然そのものですね。

美しい人生は悲哀なるもの
悲哀なる人生は美しい
如何なる人生の先にも
死があり、生がある

あ〜自然よ、知床よ、待っててね。
それまで政子さんのブログで妄想します^ ^

ケンさん、ステキなコメントをありがとうございます。
知床の自然の美しさ、悲しさ、背中合わせの生と死…、私が感じる知床の魅力を少しでもお伝えできるようブログ、更新させて頂きます。
ケンさんの妄想のお手伝いになればなによりです…笑。
知床は両手を広げて、いつでも、そんなケンさんを待っております。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196154/61718798

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちょっとブルーなのです。はい。」:

« 「我、関せず!」 | トップページ | 「お客様フォトギャラリー ・ 羅臼の海から」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.