知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 「迫力あり!」 | トップページ | 「目にもたのしい空の紋様」 »

2014年11月29日 (土)

「久しぶりのエゾライチョウ。」

11月25日の森歩き。

リスやネズミに出逢いながらヒグマの大きな糞に当たる度に、「おぉっ、この場所にもヒグマがいたんだなぁ…」って、ヒグマを感じて嬉しくなり、でも、ちょっとドキドキしたりもして。
そんなこんなしながら歩いていると、突然、大きく羽を広げて慌てふためく2羽の鳥の姿が目に飛び込んできます。

5b7a9810
私に気づいて驚いたのでしょうけど、こっちだってびっくりです。

ぱっと見、「エゾライチョウ」ぽかったのですが、アッと云う間にバタバタと飛び去ってしまって観察はおろか確認すらできず仕舞いでした。

互いの存在に気づくのは、決まって鳥や動物の方が先。
鳥や動物たちが慌ててくれるお陰で私は気づけるようなもの、「しまった」と思った時には、すでに手遅くれで観察し損ねる、そんなパターンはよくあることです。
そして、その度に、「う~んっ、私が先に気づけていれば…」って、残念に思う訳です…汗。

5b7a9735でも、昨日は幸運にも、声が聞こえてきていて、その声に「エゾライチョウ」だったことを確信。もう見たい一心で声の先を探すと、遠くにですけどその姿を見つけることができました。

気づかれないように慎重に少しづつ距離を狭め、どうにかこうにか望遠レンズで捉えると横枝の上を歩いていました。

一歩、一歩、ゆっくりとを足を運ぶ姿はなんともひょうきんな感じで、ナナカマドの赤い実に辿りついて、一粒づつ啄んでいました。
この度、エゾライチョウの新たな一面を知ることができました…笑。

はたと、一緒にいたもう1羽の行方が気になって、ペアだったのかなぁ、こんな時期にペアになるのかなぁ、縄張りはどれくらいの広さなのかなぁ、などと、エゾライチョウへの興味がどんどん湧いてきます。

5b7a9767


早速、調べなくてはと、楽しみをふくらませて帰ってきました。

« 「迫力あり!」 | トップページ | 「目にもたのしい空の紋様」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196154/60730678

この記事へのトラックバック一覧です: 「久しぶりのエゾライチョウ。」:

« 「迫力あり!」 | トップページ | 「目にもたのしい空の紋様」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.