知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 「お客様フォトギャラリー・森の住人」 | トップページ | 「星空や日の出を眺めにー。」 »

2014年6月11日 (水)

「再認識、フレペの滝は気持ちがいいのです。」

このところ、ご無沙汰だったフレペの滝へ出かけてきました。
久しぶりだというのに、あいにくの曇り空。
5b7a8062 でも、そのおかげか、森をゆく散策路を抜けるとカッコイイ暗雲(笑)がひろがり、思わず足を止めて見惚れてしまいました。

そうこうしながら、ひさかたぶりに立ったフレペの滝の展望台。展望台からフレペの滝を望む右側の断崖で何やら「ウミネコ」が繁殖している様子。

例年、滝に向かって左側の断崖には「オオセグロカモメ」や「ウミウ」などが営巣地を形成し、一大繁殖地となっているのでした。
5b7a8092 ところが、今シーズンはというと、展望台に近い、滝に向かって手前右側の断崖が営巣地になっています。しかも、繁殖しているのは「ウミネコ」ばかり。
こんなことはあまり記憶にないなーと。人間界もいろいろとありますが、カモメの社会にも何かあったのでしょうかね…笑。

ウミネコの行動はというと、巣材をくわえて運んでいるのもいれば、のんびりと卵を温めているかと思えば、何かをきっかけに一斉に飛び立ったりと、狭い入り江の中がカモメたちの声で、うわぁん、うわぁん響いています。
5b7a8107 個々の行動が、あまりに賑やかで、楽しそうで、何時間でも見ていられそうでした。
双眼鏡があるときっとずっと楽しく過ごせますよ。(ホテルでは双眼鏡のレンタルもありますよ。)

このフレペの滝展望台からは、知床半島の険しい断崖、断崖に流れ落ちる滝、営巣する海鳥たち、オホーツク海、知床連山、草原や森の景色を、1つところからぐるぅ~っと見渡すことができます。
知床五湖に比べるとやや人気薄(?)なのですが、お陰で人もまばらで静かです。なんともまぁ~、贅沢でステキな場所です。

展望台の上に建つこの東屋。貸切にして1日中1人でぼぉーっとしていられたらいいのに…、って、出かける度に思います。

フレペの滝までの散策路は往復2キロほど。少の勾配はありますがしっかりした散策路ですので、1時間くらいで歩くことができるお手軽散策コースです。

皆様、どうぞ初夏のフレペの滝にお出かけになってみて下さい。

« 「お客様フォトギャラリー・森の住人」 | トップページ | 「星空や日の出を眺めにー。」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196154/59799161

この記事へのトラックバック一覧です: 「再認識、フレペの滝は気持ちがいいのです。」:

« 「お客様フォトギャラリー・森の住人」 | トップページ | 「星空や日の出を眺めにー。」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.