知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« お花咲く季節 | トップページ | 知床五湖は、5月10日より「ヒグマ活動期」です。 »

2014年5月10日 (土)

ぷっかぷか浮かぶ流氷オブジェ。

GWの最中に私に送られたきたのは「流氷を見たかったら羅臼に来てけれっ!」

って、そんな羅臼のネイチャークルーズの船長からの何とも得意気なメール。

びっくりなんですけど、羅臼の海にはまだ流氷が浮かんでるんです!

201405107_640x426

…30年ぶりのことだそうです。

羅臼経由でお越し頂いたお客様も、流氷が見れるならと予定を変更して羅臼へ向われたお客様も、まさかまさかの流氷の景色に喜んでいらっしゃったようです…笑。201405102_640x426

30年ぶりの出来事を体験せねばと私も昨日羅臼へ行き乗船してきました。

喜び勇んで船に乗り込んだものの雲行きは怪しく霧がどんどん濃くなっていきます。

これってまさか霧の観察船になるのではとの悪い予感に意気消沈。

でもでも悪い予感は大ハズレ! 風が少し出てきて霧を流し始めてくれ、目の前には流氷オブジェがぷっかぷか!2月3月とは違って海面辺りの部分が波の浸食を受けた流氷は様々な形となり芸術作品のようで自然が作り出した氷の彫刻です。 201405106_640x426_2

例年ですと、今時期は「シャチ」を観察している時期なんですが、なにしろ海には流氷がぷっかぷかです。 201405103_640x427_2

流氷の上で遊ぶのは「ゴマフアザラシ」や珍しい「クラカケアザラシ」。

次から次へと難なく出逢える「アザラシ」たちは、愛嬌たっぷりの仕草で私たちの乗る船を迎えてくれました。201405104_640x426

そして、現れたのは流氷に向かって泳ぐ「ミンククジラ」。

うぅ~んっ、この背びれが「ミンク」でなくて「シャチ」だったらって、思わなくはないのですが、たとえミンクであっても、「流氷とクジラ」なんて、滅多に見ることのできない貴重なシーンです。201405101_640x426_2

欲張っちゃダメですよね…笑。

「ウトウ」や「ユリカモメ」もはっきり観察できて、もう、感動続きのお腹いっぱいのクルージングでした。

おまけに、帰りの知床横断道路から見た景色がこれまたキレイ!「雲海」と「国後島」、イイですねぇ~…笑。201405105_640x426

羅臼の流氷、「しばらくはこのまんまだべぇ~っ」って、船長予想が当たるかどうか、羅臼にも足を伸ばしてみて下さい。

« お花咲く季節 | トップページ | 知床五湖は、5月10日より「ヒグマ活動期」です。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196154/59617926

この記事へのトラックバック一覧です: ぷっかぷか浮かぶ流氷オブジェ。:

« お花咲く季節 | トップページ | 知床五湖は、5月10日より「ヒグマ活動期」です。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.