--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

「2月1日、8日・知床TV番組のお知らせ。」

1月に、TV番組「わがまま!気まま!旅気分!」(BSフジ)の撮影が行われました。
Img_0179 「感動オホーツク冬スケッチ」として、伊藤かずえさんとuhbの栗山アナンサーさんが網走、知床を訪れました。知床では、当ホテルにご宿泊頂き、翌朝、スノーシューイングツアーに参加されて冬の知床を楽しむというスケジュールでした。

ホテルに到着されたお二人のお出迎えは、なんと、くま吾郎(ウトロ温泉のゆるキャラ)が、勝って出て、ちゃっかり一緒に記念写真も撮っちゃったりして…笑。

翌日は、予定通りシンラのガイドツアーでフレペフの滝迄、スノーシューイングに出かけました。前日、雪が降ってくれてましたし天候も穏やかで、なかなか良いコンディションでの撮影となり良かったです。

写真はフレペの滝での撮影風景と展望台での記念写真。右からガイドの岩山さん、伊藤かずえさん、栗山アナンサーさん、そして、ちゃっかり便乗した私です…笑。
Img_0167
放送日は、
BSフジにて、2月1日(土)11:00 ~11:55 (全国放送)
UHB(北海道文化放送)、2月8日(土) 14:00~14:55 (北海道内)

ぜひご覧ください!

2014年1月26日 (日)

「アザラシは見られなかったけど、流氷の到来です。」

こちらが、1月22日、今シーズン初めて確認した流氷です。
22 そして、こちらは、翌々日の24日、国道から唯一、知床岬を望めるポイントから見た流氷です。
Img_3582この日、夕暮れ時に海岸に立つと、打ち寄せられた蓮氷たちが波打ち際に集められておりました。
Img_3588
ふと、港の方へと目を移すと、夕日が空と蓮氷が漂う海を染めながら三角岩へと沈んでいきました。

流氷を初めて確認した22日、アザラシが海から顔を出したり氷に乗ったりしてたと聞きました。この日も、実はアザラシチェックのつもりで海岸沿いで車を降りたのですが、そのお陰で、こんなステキな景色に出逢えました。
これからしばらくは、こんな美しい流氷を染めゆく夕景を眺められるわけです、ステキです…笑。
Img_3611 流氷の入り方や漂い方次第で、日々、幾様にも表情を変えていきますから、これからどんな夕景に出逢えるか楽しみも膨らみます。

あっ、そうそう、皆様、流氷にうっとりするときは、もしかするとアザラシがひょこひょこ顔を出してくれるかもしれませんので、アザラシチェックもおわすれなく!
って、これまでに一度も見れてない私が云っても説得力ないですけど…汗。

冬の楽しみが増えつつある知床です。

2014年1月20日 (月)

「モモンガシーズン、はじまったばかりです。」

先日、早朝。いつものように森へと出かけました。

夜が明け始めたばかりの森の中で聞く鳥の声の心地良さは、それだけで、もう、早起きを頑張って良かったなぁ~と、思わせてくれます。

今日は何とか「モモンガの塒(ねぐら)」に辿りつこうと目論んでいて、先ずは、前回、食痕があった場所へと行ってみると、やっぱり同じようにトドマツを食べ散らかした跡がありました。

そんなに遠くはないこの周辺に塒がきっとあるはずで、樹の又や根元に溜まるフンを見つけれさえすれば、きっとモモンガに逢える!…笑。

幸い歩いた場所には私のスノーシューの跡が残るので、重複することなく無駄なく探しまわれるわけで、ひとりローラー作戦の開始です。

小鳥の声がしても聞き流し、トンッ、トンッ、と樹を叩く大きな音が響いてきてもスルーして、エゾリスやテンの足跡や気配にだって目もくれずに歩いて歩いて歩きまわって…。

1625 写真のような米粒大の俵型の小さなフンだけを求めて、ひたすら歩いて歩いて歩きまわって…、気が付けばお日様も高く上っており、お昼を過ぎていました。
あっち、こっちと探すことが面白いんですね…笑。アッと云う間に時間が過ぎていきます。

今回は見つけられなかったですけど、2月、3月が正念場ですから、まだまだ、始まったばかりす。モモンガに逢いたい皆様に朗報をお届けするためにも、また、探して歩きまわります。

森をあとにする前、のんびり休憩しているエゾシカに挨拶をしてから帰ってきました。
Img_3542 ----------------------
流氷の接岸もう少し?!

楽しみですねー。
北風さん、がんばれ。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

2014年1月11日 (土)

「2014年・新年もりあるき。」

2014年、最初のお休み! やっぱり迷うことなく森歩きに出かけてきました。

年末に比べ、少し雪カサもました森の中、ところどころラッセルを楽しみながらどんどん、どんどん歩いていくと、これは削りたてなんじゃない!?って、思うキツツキがあけた穴を発見!
Img_3368 あぁ~、もう少し早くこの場所に来ていればなぁ~と、残念に思っていると、黒い鳥が一羽、私の頭上をかすめて飛んでいきます。
Img_3364 断崖際の樹に止まってくれた、その鳥は「クマゲラ」です。
もしかして、私がお食事していたのを邪魔しちゃったのかも…。
昨年の歩き納めも今年の歩き初めも、「クマゲラ」に逢えるなんて…笑。

優しく舞う粉雪がお日様を受けてキラキラする中、次に出逢ったのは「エゾリス」。
Img_3382 そして、しばらくして「モモンガ」の食痕に辿りつきました。
Img_3403 うっすらと雪が被っていて真新しさはありませんでしたが、トドマツの樹冠にモモンガの葉を齧る姿を想像して嬉しくなります。

ふんわりと雪積もる静かな森で一人きり、動物たちの気配をさぐりながら、ただただ、歩くのが楽しくて仕方のないのは、今年も変わりません…笑。

皆様も、出逢いと感動を求めて、冬の森へと出かけましょう!

ボードやスキーウェアのように動き易くて防寒、防水性のあるアウターにフリースなどの発熱素材の肌着を重ね着したら、耳まで隠れる帽子をかぶって、防寒、防水性のある手袋をはめ、靴をはき、靴下も厚手のものがイイですね、リュックに暖かい飲み物を仕込んだら準備は完了です。
雪積もる森へと出かけましょう。

「行きたいけど、この服装じゃぁ行けなーい。」
と、冬遊びがおあずけにならないように、しっかり準備をしてお越し下さい!

2014年1月 5日 (日)

「あけましておめでとうございます!ラスト森歩き2013」

新年、いかがお過ごしでしょうか。

年末に私の2013年最後のお休みは、勿論、迷うことなく森へ歩き納めに出かけてきました。
ここ数日の寒波で雪が少し積もってくれましたので、めでたく使いたくてうずうずしていたスノーシューでのトレッキングになりました。

森に積もった雪の上には動物たちの足跡がいっぱい、しかも、新しめのものばかり。
Img_3284 歩き始めてすぐに見つけたクロテンの足跡もとても新しく、もしや、この足跡を辿ればテンに逢えるんじゃない!?

って、妄想まじりの期待でワクワクさせられ、追跡開始です…笑。
でも、そうそう上手くいくわけはなく、何の当たりもないまま、足跡を見つけては辿り途絶え、また見つけては辿り……、そんな事を繰り返して3時間になろうかとしてた時です、つ、ついに当たりがっ!

って、残念ながら「クロテン」ではなくて「キツツキ」だったんですけどね、でも大物です。

さて、さて、この写真に2種類のキツツキがいるのがおわかりいただけますでしょうか?
Img_3334 幹の左上、陰でキョトンとした目を見せてくれているクマゲラと正面でうぐいす色っぽいヌボォーッとした背中を見せてくれているヤマゲラです。

この後、ヤマゲラが、もう1羽やってきてこの樹にとまり樹を叩き始めて、3羽の樹を叩く音が静かな森の澄んだ空気の中に響いていきました。

歩けば歩いただけの出逢いがあって、感動があって…、やっぱり歩いてなんぼの知床でしょうか…笑。

2013年は嬉しい出逢いと感動で締めくくれました。
知床に感謝です。

皆様にとりまして、2014年がどうぞ良い年になりますように!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.