知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 「知床の中秋の名月ご報告ー。」 | トップページ | 「どっちのためにも。」 »

2013年9月22日 (日)

「ここ、だれのおうちですか?」

たぶん今年の6月くらいのこと。
森をふらふら歩いていて「穴」に行き当たりました。
Dsc01605 自然にあいた風ではなく奥行きもありそうで、誰かが住んでいるに違いないと思えてワクワクさせられる「イイィ~ッ、穴」でした。
食べ跡や足跡、毛なんかが残っていないかと探してみましたが、何も見つけられずに引き返してきた事があったんです。

それから、ずぅ~っとその穴のことが気になっていて、もう一度って思って、何度も行こうとするのですが、はてさて、どこをどう歩いたものか、記憶は曖昧過ぎて辿り着けずにおりました。

そしたら、昨日、何気に歩いたけもの道の先で、私の目の前に見覚えのある景色が広がり、「あぁ~、この場所だっ!」って思って慌て探してみると、忘れもしないあの「穴」が、、探していた「穴」があったんです。

辺りはすっかり草に覆われていて装いは変わっていましたが、屋根には変わらずトドマツの幼木が表札のようにしっかり立っていて、間違いなく探していた「穴」です。

玄関先には掘り出したと思われる土が残っていて草もまばらでこすれており、やっぱり誰かが出入りしてる感が募ってきます。

お庭では、ミズナラがドングリを実らせ、カエデに巻きつくヤマブドウの果実も熟してきていました。住みやすそうな環境です…笑。
Dsc01622 今年は、昨年に比べるとドングリもヤマブドウも少なめな気がしますが、でも、しっかり実っています。ちょっと離れたところから張り込みをしながら頂いた「ヤマブドウ」は、少しすっぱいけれどほんのり甘くて、けっこう食べごろでした…笑。

あとで、穴の写真をガイドさんに見てもらうと、「これって、ずっと前から開いてる穴ですよね…」って、「う~んっ、キツネが使っていたかもしれないですけどね…」って。

ひょっとして、クマかも?と、数カ月にわたる私のワクワクドキドキは、アッと云う間にケチョンケチョンです…汗。

でも、この先、いつ入居者があるかわからないですからね…笑。
近くには熊糞も落ちていましたし、もしかすると、穴を大きく改築して冬にヒグマが使うかもなんて。

ケチョンケチョンになった私のワクワクドキドキは早くもまた膨らんできております…笑。
道はしっかり覚えてきましたから、ぬかりなく度々、様子は見に行こうって思っています。

« 「知床の中秋の名月ご報告ー。」 | トップページ | 「どっちのためにも。」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196154/58243226

この記事へのトラックバック一覧です: 「ここ、だれのおうちですか?」:

« 「知床の中秋の名月ご報告ー。」 | トップページ | 「どっちのためにも。」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.