知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 「タイミング。」 | トップページ | 「喜ぶべき!?」 »

2012年9月21日 (金)

「秋の大収穫際。」

Img_41 ぷらぷらとお散歩がてら林道を歩いていると、その脇に生える大きなきのこが目に入ってきて近寄ってみると、ハナビラタケ!(…たぶん。)おぉ、なるほどと、名前に納得できるお花にそっくりなきのこです。

今度は真っ白な大きな塊が目に入ってきます。
きのこに違いないのですが、遠目に見るそのシルエットはどうもきのこらしからず、で、また近寄ってみると、なんと、まぁ、立派なヤマブシタケ!(…たぶん。)
Img_4115 その針山のような、蓑のような形には目を見張り、どうしてこんな形に出来上がるのかと感動してしまいます。
ちょっと触ってみるとじっとりしていました。

どうも私には、このヤマブシタケが樹にしがみつく〝子泣きじじい(ゲゲゲの鬼太郎に登場する石のように重くなる蓑をまとった妖怪)″たちの背中に見えてきてしまって…、時に妖しげなきのこを見ていると、きのこの世界に妖怪が暮らしていても不思議じゃないかなぁっ、なんて思えてきたりします…笑。、

帰って調べて見ると、ヤマブシタケは味はあまりしないそうですが食べれるらしく、漢方薬にもなり「幻のきのこ」なんて呼ばれたりもするそうです。もしや、スゴイきのこを見つけたのか!って、部屋で一人、ほくそ笑んでしまいました。

ハナビラタケも食べることができ、こちらは美味しいそうです。どちらも20センチを超えるほどの大きさで大収穫でした。
って、国立公園内ですから採ってはないですけどね、見られただけで大収穫です。

近頃、足元には、踏んづけてしまいそうに小さいのやら、毒々しげな色のものやら、様々なきのこがいっぱいです。色だっていろいろですが、きのこの持つ形の不思議さにはいつも驚かされて、もっと面白いのは、見事なのはないかなぁ…と、ついつい夢中になって探してしまいます。

私の頭上、樹には、オニグルミの実を見つけました。木の実やきのこ、秋の実り、好調のようですね…。
Img_4096

« 「タイミング。」 | トップページ | 「喜ぶべき!?」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196154/55708789

この記事へのトラックバック一覧です: 「秋の大収穫際。」:

« 「タイミング。」 | トップページ | 「喜ぶべき!?」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.