--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月26日 (木)

「保たなければならない距離。」

休日の夕方近く、フレペの滝からの帰り道に、知人から「さっき、知床五湖の売店の横の林にヒグマが出てきてしばらく居たんだよ」、なんて聞かされ、あぁ~あっ、五湖に行っていれば良かったと残念に思いながら、岩尾別温泉道路に車を走らせると、アハハハッ!イマシタ、イマシタッ!
岩尾別にもヒグマが…笑。
Img_2539 道路に入ってすぐに親子熊、そして、もう少し走った所には親離れしたばかりらしい兄弟熊。ヒグマに逢うのはホントに久しぶりで、その姿に夢中になって喜んでおりましたが、人を警戒する気配が全くなく人慣れしてしまっているようで、このヒグマの先行きが心配になってしまいました。

Img_2611 たまたま居合わせたガイドさんによると「人からエサを与えられてしまっているのではないか」とのことでした。
となると、人前を平気でうろうろするこの状態が収まるとは考えにくく、人に近寄ったり食べ物を求めて人里に出たりと行動がエスカレートするかもしれません。そうなれば人にとって危険なヒグマとされ駆除しなければならなくなる訳です。
エサをやることは、ヒグマにとっても人にとっても危険なことで悲しい結果を招くだけですから、そこは、ぐぅ~っと堪えて、ガマンして頂ければと思うばかりです。

ヒグマに限らず野生動物との出逢いを楽しみに知床にお越しになるお客様がたくさんいらっしゃいます。
私にとっても野生動物との出逢いが多い知床はとても魅力的です。
ですから、そんな場所だからこそ、野生の動物との間には守らなければならない距離があることを心に留めておきたいです。

昨日、早起きを頑張りました。
知床峠を羅臼へ少し越した辺りから眺めた雲海と朝焼けです。日の出はまだ早く4時位、3時前にウトロを出れるとイイ感じです。早起きは気持ちイイですよ…笑。

Img_1204 -------------------
雲海ブーム到来か。

今朝、19度。
お昼前、22度

お昼過ぎには晴れそうです。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月24日 (火)

「ポンホロ沼とツルアジサイ」

この沼は、ポンホロ沼といいます。
知床峠へ向かう途中から森に入って向かう小さな沼です。
Img_2345 数年前、はじめてこの場所をおとずれました。
春から夏にかけてだけ現れる幻の小さな沼があると聞き、一度行って見たいと思っておりました。

ガイドさんに行きかたを尋ねると、「入口から沼まで林道があるから迷わないよ」と、言われたものの、やっぱり不安でしたので、はじめてのポンホロ沼は、ガイド同行のツアーに参加して訪れました。

その後、ひとりチャレンジの日、道がわからなくなりそうだったらそこで引き返せばいいのだからと、呪文のように「ダイジョウブ、ダイジョウブ」と唱えながらドキドキを抱えてポンホロ沼を目指しまたことを覚えています。

今となってみると、あの不安やドキドキは何だったんだろうと可笑しく思えるほど、気楽に行けるようになりました…笑。

ポンホロ沼へ行ってみたい!というお客様、まずはガイドツアー(1日ツアーの中で組まれていたりします)で、訪れてみて下さい。
Img_2373
沼の周りはぐるっと一周歩くことができ、私は、このポイントからの倒木が水面から顔を出すたたずまいが好きです。
訪れる人が少ないためか、とても静かで、ついつい時間を忘れて沼のほとりで「ぼぉー」っとしてしまいます。

林道を包み込む深緑の中に、ひときわ目立つ「ツルアジサイ」の白いお花を見つけました。

このお花、冬にはドライフラワーのようになって北風に飛ばされ舞い落ちたりして、森に積もる雪の上に見つけることがあります。

このあいだの冬、そんなお花を拾われて「家まで大丈夫かしら…」と大事そうにお持ち帰りになられたお客様のステキな笑顔が、ふと思い出されました。

------------------------------
朝からお日さま出てるの久しぶりです。

今朝、17度。
お昼は、24度くらいになりそうです。

やっと夏らしく?暖かく?なってきました。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月20日 (金)

「ぽんぽこぽん。」

海の日の3連休、初日は曇り空で観光船も欠航したり途中で折り返したりで、沢山のお客様にお越し頂いているのに、どうなることかと思っておりましたが、翌日からは、キレイな青空が広がり海も穏やか!観光日和になってくれました。

ただ、活動の活発なヒグマが、連日のように知床五湖に出没してしまい、中止せざるを得ない五湖ガイドツアーが多い状態。でも、そのヒグマを高架木道からご覧頂けたりもして、知床らしい知床を感じ、楽しんで頂けたことと思います。


そして、私にも嬉しい出来事が待っていてくれました…笑。
Img_1012






Img_0993見て下さい!ひぃー、ふぅー、みぃー、よぉー…、きっと、6匹か7匹の兄弟です。ヒグマの出産数は、1頭から多くて3頭と聞くのに、なんとまぁ、仔だくさんっ!… って、
「ヒグマ」ではなくて「タヌキ」の赤ちゃんでした!…笑。
生後2ヶ月たたないくらいでしょうか、ちっちゃいながらも、ちゃんとタヌキの顔になってます。日向ぼっこをしていたようです。

Img_1078
こちらはお母さん? タヌキは両親揃って子育てをするそうなのでお父さん?かもです。

タヌキとの出逢いというと、いつも夜中で、お尻をもこもこさせながら、そそくさと消えていく後姿ばかりでしたから、びっくりでした。
この赤ちゃんたちが、親のようなタヌキ模様になるのは夏の終わりくらいだと思うのですが、家族そろって大きなお尻と小さなお尻を、もこもこさせてぞろぞろ歩くところに出くわせたらイイなぁ~て、思っちゃいます。


-----------------------------------------------

今朝は、11度。
お昼は、14.5度。

7月も20日を過ぎたというのに、ストーブを点けました。
もう少し、温かくなってほしいなぁ~。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月19日 (木)

お客様フォトだより「練習&夕陽」です。

「泳ぎの練習」
初めての知床岬観光。この日、この他にも8頭ほど見ることができました。
Img_0057

「オホーツクの夕日」
Img_0194
3日ぶりに羅臼岳が見えたこの日、とてもきれいな夕日になってくれました。

―――――――――――――――――――
北海道 鹿追町からお越しの、ペンネーム 鹿追町のキョンシー様の作品です。

今回2点のご出品を頂きました。

2泊3日のご滞在で、ウトロの観光船や羅臼のホェールウォッチングボートに乗船。
知床五湖のガイドツアーは、ヒグマの出没により中止になったそうですが、お買い物を楽しまれたり夕陽をご覧になったり、ロビーでお寛ぎ下さったりと、知床でのご家族の時間をゆっくりとお過ごし頂けたご様子でなによりでした。

海の日の3連休、中日の夕陽は本当にキレイでしたね、水平線上がいつまでもいつまでも夕陽に染まっていて、仕事中なのが恨めしいくらいでした。

当館1階リャラリーコタンクル内、
「お客様フォトギャラリーコーナー」へ展示させて頂きます。
ありがとうございました。
-----------------------
オホーツク海沿岸、曇りで気温低めです。

朝は、12度。
お昼は、10度にダウン。

21日頃まで、気温の低い状態つづきます。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月14日 (土)

「だれのせいでもありません。」

Img_0898 だらーんとキタキツネ。

近頃、「ヒグマ」に縁がなくて、すっかり見かけていません。

知床五湖の高架木道からは連日のように目撃されており、お客様からも、「いましたよ」、「見ましたよ」なんて、日々、聞かされ、一向に自分にチャンスが巡ってこないことに少々焦れ気味で、本日は何としてもヒグマの姿を拝もうと、自発的パトロールに専念することにしました。

朝から晩まで走れる道路を、行ったり来たり、行ったり来たり。

そして、ついにチャンスが巡って来ました!
岩尾別温泉道路で1度、知床五湖への知床公園線で午前に1度、午後に1度と、なんと3度もです。
ところが、ぜぇ~んぶチャンスのみ。一足遅れで、ヒグマの姿は無く、出没していたんだなぁ~という余韻と残念さだけを感じる始末。

逢いたい、逢いたいと思うとこんなものですかねぇ~。

Img_0876うんっ?まてよ、もしや、これはこの雲のせい!?

出がけに目に飛び込んできた雲に圧倒されて、しばしプユニ岬で足止めされておりました。

そう、この不思議な雲が現れさえしなければ、足止めされることもなく、ドンピシャ、ヒグマとのタイミングがあっていたのかも…笑。

あぁ、でも、そっか、カムイワッカ林道でも、道路にねそべるキツネの可愛いらしさに足止めされていたんだっけ。

まぁ、今日は、こんな筋書きだったんですね…笑。

-----------------------
曇りで気温低めです。

朝は、11度。
お昼は、13度。

クーラー停止です。

Facebookpage

【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月10日 (火)

「へっぴりゴシで・・。」

山開きが終わって間もない羅臼岳に登ってきました。去年準備したのに使わず仕舞いだった軽アイゼンを試してみたくて、ちょっとうずう ずしており、例年より早い山行きとなりました。


岩尾別温泉にある登山口から単調な坂を1.5キロほどひたすら登って「オホーツク展望台」をクリア、最初の水場「弥三吉水」で一息ついて、極楽、極楽と思いながら足取りも軽やかに緩やかな「極楽平」を進むと待っているのは「千人坂」、ぜーはー、ぜーはー、よいしょ よいしょと、汗だくになりながら登り、第2の水場「銀嶺水」でまた一息。


さらに少し登ると、いよいよ大沢の雪渓で、アイゼンの出番です。
Img_0769












待ってました!! とアイゼンを装着(笑)

どれほど登りやすいだろうと登ってはみたものの、う~ん、微妙…で、帰りの下りときたら、変わらずのへっぴりゴシで、コケるし足はつるしでもう大変…汗。やっぱり道具に頼りきらずに技量も磨かなくてはと思いながら、無事、雪渓を下りきりました。


大沢の雪渓を登りきった辺りでは高山植物がお出迎えしてくれました。
Img_0813 Img_0829





羅臼湖散策路でお馴染のゴゼンタチバナやミツバオウレンはじめ、アオノツガザクラ、エゾノツガザクラ、チングルマ、エゾノコザクラ…、たくさんのお花が少しづつ咲き始めていました。
どれもこれも小さくて可愛らしくて、頑張ったご褒美だとニコニコになります…笑。

このお花たちがお花畑のように広がるのは、今月末位でしょうか、また、登りたいです。


本日は、霧が濃かったり時間が遅かったりして、頂上まで700メートルほどの岩場を残す羅臼平で引き返してきました。
Img_0838

3時間程前にはこの場所をヒグマの親子が通り過ぎって行ったそうで、ちょっと残念(…?)
私の巡り逢わせはシマリスとキタキツネ、登山道に顔をみせてくれました。下山すると、いつも疲れてへとへとになりますが、このへとへと感もまた心地良く思えてきます…笑。

Img_0723_5 Img_0746_2


-----------------------
今日は、涼やかな風が吹いています。

朝は、15度。
お昼は、18度。

勿論、クーラーなんて必要ありません。今週末の連休は、もう少し温かくなりそうです。最高気温22度の予報ですが。。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年7月 5日 (木)

「今日のお散歩。」

本日も楽しく、知床散歩。今日は、フレペの滝へ出かけて来ました。

先月は曇りの日が多く知床連山も隠れてばかりで、フレペの草原から望む知床連山の景色は本当に久しぶりです。

Img_2289

知床連山も新緑が深緑へとかわり、残雪が消え夏の装いになっています。今月1日には、連山の右側に見える羅臼岳の山開も行われ、いよいよ、登山の季節も到来です。

本日は天気も良く、何か歩きたいモードでフレペの滝で引き返すのをやめて奥へと足を伸ばしました。

今の季節はハンゴンソウやワラビの背が高く伸びていて冬の雪積もる森とは勝手が違いますから、歩きやすい鹿道をさがしながら断崖に沿って、海を眺めて歩きました。

Img_2262

Img_0692冬にはよく来た、象の鼻越しに知床岬を望むポイントに立つと、冬の厳しさが嘘のような夏の断崖で海鳥たちが賑やかにしておりました。Img_2264_2
帰り道で見つけたのは、妖しげに咲くギンリョウソウのお花、ちょっと得をした気分
です。

春先は「ダニ」に苦戦しましたが、今は「蚊」の方が大敵かもです。何か所も刺されてしまいました。散策の際は虫除け対策お忘れなくです。

--------------------------------------------------

本日は、
朝は17度。
お昼は、小雨の予報が変わって、晴れの25度。

アフターファイブは、町民プールでひと泳ぎ?昆虫採集?
やっぱり、満月観察にしようかしら。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.