--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月29日 (金)

「曇天続き。」

ここのところ ずぅーと 曇天が続いています。
昨日も、天気予報は〝晴れ"だったのに、またも曇天。

まぁ、何はともあれ、お休みには欠かすことのないカムイワッカ林道のパトロール(…?)に出かけ、何のドラマもないまま青空を恋しく思って、何の気なしに知床峠に向かってみました。

すると、なんと峠に近づくにつれ次第に青空が広がってきて、
知床峠は見事に快晴!ウトロのどんよりとした天気がウソのようです。
… そうそう、そうでした、知床連山を挟んで、ウトロと羅臼で天気が正反対なのはよくあることでした(笑)。

Img_0095

知床峠からは国後島の泊山が雲海の上に浮かび上がっているかのようで、なかなかの絶景、沢山のお客様がカメラを向けていらっしゃいました。



ズラズラと並んだ超望遠レンズを据えたカメラは、本州では滅多に観察できないらしい「ギンザンマシコ」狙いのようです。
ライダーマンは羅臼岳をバックに愛車と一緒に記念写真を撮っていらっしゃり、皆様それぞれに、それぞれの知床の楽しみがあるのだなぁと、ちょっと 嬉しくもなりました。

Img_0089

さて、そんな私が今日、目指すのは「羅臼湖」です。峠に車を停めて3キロ程歩くと羅臼湖の入口です。

Img_0551_2散策路を歩き始めて先ず出迎えてくれたのは、「ミツバオウレン」や「ゴゼンタチバナ」の高山植物、続いて草むらに隠れたつもりでも隠れきれてない仔ジカ、そして、三の沼展望所からの景色。

仰向けに寝転んで空を仰ぎ見るのはこの場所での楽しみで、いつもの事ながら気持ちが良過ぎてやっぱりお昼寝をしたくなりました。


水を集めて小川のようになる散策路と散策路を覆う残雪に苦戦しながら辿り着いた羅臼湖展望所は蚊に占拠されていましたが、往復6キロの散策ですれ違ったのは僅かに5名だけで、とても静かで、別天地のような場所をほぼ独り占めして自然に溶け込んだようなとても贅沢な時間でした。
Img_0493

羅臼湖に行くのは初めてと云う方は、今暫く雪が融けるまで、ガイドツアーに参加するのが無難かもです。

↓ガイド会社です。
知床ナチュラリスト協会(シンラ) http://www.shinra.or.jp/tour/summer.html
 ※残念ながら、8/11~19は羅臼湖ガイドは既に締め切りです。

長靴のご準備はお忘れなく。あっ、それから、寝転んで空を仰ぎ見るのも…笑。

--------------------------------------------------

本日は、
朝から、13度!!
お昼は、なんと、25度まで上がる予報です。

やっと、夏らしい陽気。きっと動物達も喜んでいますね。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年6月26日 (火)

「問題です。水平線はどこでしょう?」

Westbuth7_2
おわかりになりますか?

6月22日にオープンしました
「西館7Fオホーツク倶楽部・露天風呂付き客室」の、
お風呂に浸かると・・・の目線で撮影しました。
Westbuth5テラスを含めると、こういった雰囲気になります。

Westbuth2お部屋の中は、オホーツク倶楽部の通常客室とおなじ落ちついたテイスト。この露天風呂付き客室タイプは、全4室。

夏はテラス で涼み、秋冬はお部屋の暖炉のぬくもりをロッキングチェアに揺られながら感じられます。

コンパクトに配置された、ロッキングチェアやツインベッド、デイベッドでお過ごしいただけます。

Westbuth4お部屋はツイン洋室。
2名様でのご利用です。
ご夫婦の記念のご旅行や、大切な人との特別なご旅行にぜひご利用いただきたく思います。

西館7F、オホーツク倶楽部「露天風呂付き客室」。
ご予約は当館ホームページからどうぞ。

ご質問、お問合せもお気軽にご連絡くださいませ。

みなさまのご予約お待ちしております。

■知床グランドホテル北こぶし:宿泊プランページ
-------------------
ひさしぶりにお日さまが顔をだしました。

朝は、7度。
お昼は、16度まであがりました。

今回は動物の写真は無いのです。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年6月20日 (水)

「クリオネ日記」5月分当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」5月ご宿泊分の
当選者を発表いたします!

多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当

神奈川県の、、、 たらちゃん さん ! 

おめでとうございます!!

◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当

北海道 あいちゃん さん
北海道 セイチャン さん
神奈川県 shunta さん

◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮

北海道 つり人 さん
北海道 タウロン さん
北海道 ていじ さん
北海道 さりあ さん
北海道 ゆうくん さん

◆  4等 ◆ おぼろ昆布

北海道 なかちゃん さん
北海道 こうきち さん
北海道 ヒグマ さん
北海道 あゆこ さん
神奈川県 いのっち さん

以上の皆様が当選されました!
おめでとうございます!!

2012_0620    ?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。

館内のポイントを巡って最終的な答えを出して回答ボックスへ入れると、、、

正解者のなかから抽選で海の幸が当たります。
当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

※「クリオネ日記」は次回より年4回の抽選、賞品内容変更を予定しております。

「すくすくと。」

先日、フレペの滝への遊歩道の帰り道で、その草原にお母さんと、その後を元気について歩く仔ジカ、一緒のところを見かけました。Img_0034_4

お母さんは、つねにペロペロと仔ジカをなめてあげていて愛情たっぷり。
その光景はとても微笑ましく、あどけない仔ジカの仕草もとても可愛らしく、何時見ても、何度見ても、自然と気持ちが和んできます。

プレペの滝へ向かう途中、草原にその姿はなかったので、帰り道での巡り合わせを喜んでいたのですが、夕方になって岩尾別温泉道路脇でもエゾシカ親子との出逢いがあり、いよいよ、ベビーラッシュでしょうか…笑。

Img_0300_3 

「ヒグマが歩いてましたよ」なんてお話も、相変わらずお客様よりよく聞いております。
のんびりと知床の自然を楽しみながら、動物たちとの出逢いもお楽しみ下さい。

------------------------------------

今日は朝から夜にかけて、だんだん気温が下がります。

朝、11度
お昼、10度

日本列島の長さを感じる、
九州地方との気温差です。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

2012年6月19日 (火)

「その後のゴジュウカラ。」

前に見つけた子育て中のゴジュウカラ。

見つけて以来、午前の仕事が終わるといそいそと出かけ、その様子を観察しながらお昼のお弁当を食べるのが近頃の日課のようになっております。

ゴジュウカラの姿を見つけて、おぉ、まだ、巣立っていない!
と一安心(…?)。

Img_9530

巣からヒナの糞ををくわえて、持ち出す親鳥の姿に、ヒナの無事と成長を感じて、また、安心。(親鳥は、ヒナの糞を外に持ち出して巣の掃除をします)
昨日は両親揃って出たり入ったり 出たり入ったり いつも以上に忙しそうで、そんな 両親が巣穴の前でばったり鉢合わせ。

Img_95201_2

「あら、まだいたの?」

「今、出かけるとこだよ!」

そんなおしゃべりが聞こ えてきそうな感じで、パパ(ママ?)は、慌てて飛び出して行きました。

ヒナたちが巣立つ時、タイミング良くこの場所に居れるといいなぁ~と、願うばかり です。

余談ですが、青空の下で食べるお弁当、美味しいです … ヒグマの暮らす場所ですから、何処でもという訳にいきませんけどね。

------------------------------------

今日は朝から、エゾ春ゼミの声が聞こえていました。

朝、12度
お昼、18度

明日からはまた、気温が下がりそうです。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】 
こちらもヨロシクです。

「その姿、見られず。羅臼の海にて。」

当館のある、斜里町ウトロ温泉から、知床半島の反対側、羅臼の海で運航しているホエールウォッチングボートに乗ってきました。

「昨日はシャチがくじらを捕食するシーンが見れたんだよっ!」
っなんて、知床ネイチャークルーズ船の船長から聞いて、鼻息荒く、乗船しました。

鯨類を発見しようと双眼鏡を覗くスタッフが何かがいるらしき方角を「10時」とか「3時」とか、時計盤の数字の位置で船長に知らせます。
Img_0332
その声が聞こえてくる度に、胸を弾ませながらドキドキさせられたものの、出逢えたのはイシイルカ。
それから、たぶんアカボウ科ではないかと思われるクジラの背中。
それから(…?)

「イモト」さん。

こちらは船上に出没…笑。

私が乗船したのはTV番組「世界の果てまでイッテQ」のロケ中の便だったんです。
放映は今月24日とのことで、乞うご期待!

久しぶりに森を離れ海にでましたが、たまには「海」もイイですね。
見慣れた知床連山も羅臼側から見ると、また新鮮でした。
Img_0044

知床関連TV番組、今週、放映多数あります。

・6月19日(火)、今日!20:00
TBS系列 「教科書にのせたい!」
知床日帰り弾丸ツアー

・6月24日(日)、20:00
日テレ系列「世界の果てまでイッテQ!」
イモトさんが知床きてました。

お見逃しなく!
その他、放映ありましたらお知らせください~。


----------------------
台風心配ですね~。
知床は快晴です。

朝、15度
お昼、18度

ザ・すずやか。です。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2012年6月 8日 (金)

「はぐれたわけじゃないんです。」

2012_0608_02  この道路脇の景色の中に

エゾシカの赤ちゃんが隠れていますが、、、

さあどこにいるでしょう?

正解はココ!

2012_0608_03なかなかうまく隠れています。

赤ちゃんは、産まれて1時間程で歩けるようになるそうですが、10~14日間程は茂みや岩陰にこうして隠れながら、日に2、3度授乳に戻る母鹿を待って過ごすそうです。

お母さんと一緒に居て目立ってしまうより、この方がずぅーと危険を避けられるそうです。私が見つけられたのも、たまたまお母さんと一緒のところに出くわしたからで、そうでなければ きっと 走り過ぎていたと思います。(もっともこの赤ちゃんにとってはそちらの方が良かったのでしょうけど…笑。)

2012_0608_01 可愛いですねっ…笑。

よちよち立って歩くところを見たくて暫く少し離れて見ていましたが、私を警戒してお母さんが戻ってこれなくても…、と思ってその場を離れました。2時間程経って戻ってみると、その場所にその姿はなく、きっとお母さんが、もっと人目につかない安全な場所に連れて行ってくれたのでしょうね。

今シーズン、初めてのシカの赤ちゃんとの出逢いでした。これから、仔ジカとお母さん一緒の微笑ましい光景を見かけることも、きっと多くなりますね。

2012_0608_04 仔ギツネはと云うと、とっくに産まれているハズなので気にとめながらもチャンスに恵まれずにいて、やっと先日出逢えたのですが、かなり成長しています………。

できれば、もうちょっと黒っぽい幼い仔ギツネに出逢いたかった!…なんて(笑)。

新しい命が溢れる知床です。

----------------------

2012_0608_05 朝はもやがかかってましたが、
お昼には青空が。

朝、9度
お昼、13度

晴れてても風がひんやりです。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2012年6月 3日 (日)

「あたりまえにヒグマが暮らす場所。」

先だって、宿泊されたお客様から、
「知床五湖へ向かう途中と帰る途中で、2回もクマを見ましたよ!」と。
「シカを追っかけてて…」なんて聞いて、五湖もキレイでと、とても嬉しそうにお話下さり「良かったですねぇ~」と一緒に喜びながら、ちょっと羨ましかったり、うずうずしたりしておりました。

待ちわびた翌朝、目覚ましが鳴るより早く目を覚まし(…笑)、日の出とともに繰り出して、五湖への知床公園線や岩尾別温泉への温泉道路を行ったり来たり走っていると、見つけました!
Img_0518
道路の脇をのそのそと歩いているヒグマ! 倒木を「よいしょっ」と越える後姿とちょこんとくっつく尻尾がなんとも可愛らしいです…笑。

そして、ちょうど本日(6月1日)11時に冬期閉鎖が解かれ開通した「カムイワッカ湯の滝」へのカムイワッカ林道脇にも発見。霧に包まれる中、何処へか遠い眼差しを送っておりました。こちらは迫力ありです。
Img_0656
どちらも道路脇でとても近い距離でしたし、勿論、写真は車の中から撮っています。
ひと目、「山の神キムンカムイ―ヒグマ」の雄姿を見たいと願って知床にいらっしゃるい方もそうでない方も、見かけた時は、危ないですから決して車からは降りずに車の中からそっと見守って下さいね。

カムイワッカの湯の滝、登って遊べます。
観光船も知床岬航路の運行がスタートです。
楽しみが増えてる知床です。
Img_9491 ----------------------
今日は朝から快晴。

朝、12度
お昼、19度

やっと寒い初夏が終わったのかな?

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.