--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

「出て出て、入って入って。」

Img_0367_2

半月程前のことだったと思うのですが、樹の洞近くにいたゴジュウカラがその洞にひょっこり入ってなかなか出てこないのを偶然見かけました。

おや、これは、ひょっとするとひょっとするかもと、きっと 巣!… 笑。

それで、時々様子を見に行っていたのですが、その後、その洞辺りにゴジュウカラを見かけることはなく、あぁ、ハズレだったのかなぁ~と、ちょっとがっかりしていたら、今日、その洞にゴジュウカラの姿を見つけました。
出たり入ったり 出たり入ったり、忙しそうで、嘴にはしっかり虫を銜えていて、しきりに運んで来ていました。

どうやら、ヒナが孵っているようです。
何羽孵っているのか、可愛いんだろうなぁ…、早く、洞から顔を覗かせてくれないかなぁ…と、ゴジュウカラは孵ってから20~25日ほどで巣立つそうなので、その日が来るまでそっと見守りながら、できれば、ヒナたちの巣立ちを見届けたいなぁ~って、目が離せなくなりそうです…笑。
Img_0339
その周りで、若葉をどんどん大きくしていくハウチワカエデの樹が、ローズ色の美しいお花を咲かせていました。カエデというと紅葉の美しさばかりが思い浮かびますが、お花も美しいんですね。この見事なお花に誘われたのかウソも遊びに来ていました。
Img_0273

2012年5月25日 (金)

「なるほど!生態系ってこういうこと?」

先日、ウトロから車で2時間弱、川湯にある玉川大学の演習林をフィールドにした自然観察会に参加してきました。

遊歩道脇の湿地を観ながら、いろいろな説明を受けるなかで、
「エゾサンショウウオはエゾアカガエルが産卵している場所を選んで産卵します。それは、エゾサンショウウオの幼生がエゾアカガエルの幼生を捕食して成長するからです。」
と、先生が何気におっしゃるんです。

ほぉー、なるほどっ! それでなのかと。
エゾサンショウウオの卵魂を見つけると決まって同じ水場にエゾアカガエルの卵魂があったのはそれでなのかと、ちょっと不思議に思っていた謎が解けたような…笑。

また、雪解け水や雨水が溜まってできたような水溜まりに卵が産み付けられているのもよく見かけます。
どうして何時枯れるかわからない過酷な環境に産卵するのかと、やっぱり不思議に思っていたので訪ねてみると、
「それだけ産卵場所がなくなってきているんです。」
とのこと。なるほどっ!そういうことなのかとまたも謎が解けたような…。これに関しては、種の絶滅を回避するために様々な環境に産卵するのではというお話も聞いたこともあり、謎は多いです…笑。

毎年、春になると決まって同じ場所にできあがる水溜りがあって、毎年、見に行くのですが、今年もエゾサンショウウオとエゾアカガエルの卵魂を見つけました。
Img_9970
この間行ってみると卵からかえったたくさんのオタマジャクシがエゾサンショウウオの卵魂の周りで泳いでいました。このうち何匹がちゃんとカエルまで成長できるのかなぁ
…、そんな事を思ってぼんやり眺めてきました。
Img_9975

2012年5月19日 (土)

お客様フォトだより「待ってたよ!」

『この小さな生命に会いたくて、まだ、白い知床に足を踏み入れた。
ようやく会えた時に、
「やぁ、待ってたよ。」
と、陽の中で微笑んでくれた。
こんな出会いを育んでゆく、知床の大地と人々に感謝です。』
0012044

兵庫県からお越し下さいました前田英史様の作品です。
前回お越し頂い際に撮影された写真です。
先日、お客様のお荷物の中に立派なカメラを見つけて見惚れていたら、チェックインされているお客様の中に、なんと前田様のお顔が…。

こんなにも早くまたお越しいただけるなんてと、驚いておりましたら、ぜひ「お客様フォトギャラリー」へ、そんな前回のお話を覚えて下さっていて、写真データをご準備してお持ち下さっていました。で、またまた驚いて、本当にありがいたいことと嬉しさでいっぱいでした。

前田様が気に入っていらっしゃる写真と、私が選んだ1枚が同じになって、また、嬉しくて…笑。

出会いを心待ちにしていた前田様に会いにきてくれたモモンガ、陽が差し込んでいる感じとトドマツの樹冠に守られてる感じが、とてもイイですよね…笑。

今回はクルーザーに乗船してヒグマを撮影し、足の赤い鳥、ケイマフイリに魅せられていたようです。

また、お会いできるのを楽しみにいたしております。
本当にありがとうございました。

2012年5月13日 (日)

「クリオネ日記」4月分当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」4月ご宿泊分の
当選者を発表いたします!

多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当

北海道の、、、 こはる さん ! 

おめでとうございます!!

◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当

北海道 ようちゃん さん
北海道 たかな さん
北海道 とらこ さん

◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮

北海道 たなっぺ さん
北海道 あいちゃん さん
北海道 S・O さん
北海道 あみ さん
北海道 タカ さん

◆  4等 ◆ おぼろ昆布

北海道 そらはる さん
北海道 としちゃん さん
北海道 ヒロ さん
兵庫県 サバ さん
長崎県 まさや さん

以上の皆様が当選されました!
おめでとうございます!!

2012_0513   ?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。

館内のポイントを巡って最終的な答えを出して回答ボックスへ入れると、、、

正解者のなかから毎月抽選で海の幸が当たります。
当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

2012年5月11日 (金)

「それなりの天気のときの楽しみかた。」

Img_9837 今年も見つけた「ヒトリシズカ」。

ヒトリシズカと云うだけに、ひっそりと一輪だけで咲いてるのかと思うんですけど、群生して咲いている事が多い気がして、名前とは違うんだねって、決まってそんな話になります。

それで、名前の由来を調べてみると、それは鎌倉時代に遡り、源義経が愛した静御前の舞姿に重ねて名づけられたとか、では、静御前はどんな女性でどんな舞姿だったのか?
・・・キリがなくなりそうなので、「ふ~んっ、そうなのか」と、さらっと納めることにしました(笑)

このヒトリシズカ、名前とのギャップのおかげで、すぐに名前を覚えられたお花のひとつです。

続いて、ヒトリシズカが賑やかに咲くそばの樹の根にしがみ付くエゾハルゼミの抜け殻を見つけました。今年は鳴き声を聞くより先の発見です。

そして、気になるのは下に開く穴!
きれいな穴です。

でも、残念ながら生活の気配はなさそうでした。
樹の根辺りに穴を見つけるとネズミが顔を出しやしないかと、樹にそれっぽい穴を見つけると小鳥が顔を出しやしないかと、突然やってくる出逢いを期待してワクワクです。

本日は、霧雨混じりで寒くもあり生憎の曇り空、景色が気にならないので、森での探し物に没頭できちゃいました。
Img_9841

2012年5月 8日 (火)

「違いがわかる。知床五湖。」

4 ゴールデンウィークが過ぎて今日はお休み。
もぉ~う、行きたい場所がいっぱい、青空も広がってくれました。

水芭蕉が見頃だと聞いていた知床五湖は、くっきりした景色が見たくて順光が差し込む午後を待って出かけて来ました。

久しぶりの知床五湖、若葉の淡い緑が森を明るくしてくれていました。桜も満開、噂通りに水芭蕉も見頃、勿論、春の風物詩、エゾアカガエルの大合唱も始っておりました。ゴールデンウィークで忙しくしている間に一気に季節がすすんだようです。

楽しみにしていた高架木道最終展望台からの景色、順光を待ったおかげか連山はくっきり。
しかしながら、湖面は大荒れ、映るハズだった逆さ連山が波に消されてしまっています。うぅ~ん、風がほとんどなかった午前に来れば良かったのか、風を読みきれていませんでした…汗。

という事で、翌日、また青空が広がったので思わずリベンジ!
1 最上段との違い、わかりますか?

鏡のようにとはいきませんでしたが、湖面は知床連山を映してくれていました…笑。

春風も新緑も森の香りも鳥の声も…、ぜぇ~んぶが気持ちがイイです。遊歩道に足を踏み入れた途端に、あぁ~、帰りたくないっ!って、思わず思ってしまいます。

ぜひ、みなさまも春&初夏の知床五湖、散策して下さい。

5月7日、大ループ(5湖→4湖→3湖→2湖→1湖→高架木道)が散策できるようになりました。
地上遊歩道大ループはヒグマ活動期に入る5月10日から、認定ガイドツアーに参加してお楽しみ下さい。
高架木道は自由に散策できます。
2 ----------------------
今日は本来の(?)5月の気温。

朝、8度
お昼前、9度

くれぐれも暖かい服装でお越しを。ウィンドブレーカーや薄手のフリースがあると便利ですよ。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2012年5月 1日 (火)

「知床、山の神 キムンカムイ」

「冬眠からさめたキムンカムイ。
秋のクマの様にとても大きく筋肉モリモリ!!圧倒されました。
山の神、これからも知床の森を守って下さいね。」
P4280304 愛知県からお越し頂きました、ペンネーム、ジャンボーさんの作品です。

お越しいただいた翌日、早々の遭遇でしたね…笑。

見せて頂いた動画から伝わってくるその大きさ迫力ときたら、山の神、キムンカムイの貫禄十分でした。

森をぷらぷらしていると、森の中を吹き抜ける風や樹々の香りや小鳥の声なんかが気持ちよくて、なんか、テントでも張って動物たちを待ったりしながら、ずぅ~っと、ぼぉ~っと、していたくなったりします…笑。

でも、ヒグマの存在が、なかなかそうはさせてくれません。
そう云う意味でもヒグマが知床の森を守ってくれているような気がします。

ジャンボーさん、どうもありがとうございました。
また、お会いできるのを楽しみに致しております。
----------------------
今日はフェーン現象だそうです。

朝6時、22度
お昼、27度!

でも明日から気温さがるそうですよ。

Facebookpage
【知床グランドホテル北こぶし】
こちらもヨロシクです。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.