知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 「一度は乗りたい。その名もワシ船。」 | トップページ | 「雪の湿る季節。」 »

2012年3月 3日 (土)

「しばらくは、このままで・・・。」

いつものモモンガに出逢える森にエゾフクロウが飛んで来てたとのこと。
きっと、午後からの出来事。
Img_9225
写真は同じ場所で2月上旬に見かけたエゾフロウ、眠たそうに目を開けたり閉じたりしながら、顔をぐるりぐるりとさせながらひと所でじっとしていて、その時、その下で偶然見つけたペリット(消化できなかった毛や骨を塊にして吐き出したもの)に、モモンガの頭の骨が残っていました。
モモンガの毛が散乱していたとの情報も22日頃と26日頃に、それぞれ一ヶ所あり、私が知るだけでも、この狭い範囲で2週間足らずの間に、少なくとも3匹のモモンガが食べられてしまっているようです。

犯人はほぼエゾフクロウですから、エゾフクロウがやって来たなんて聞くと、また、食べられてしまうのでは…と、もう、気が気ではなく、とにかくモモンガの姿を一目見ないことにはと、空が白んできた頃、毛が散らかっていないことを祈りながらいつもの森に出かけてみました。

Img_0062 私が歩ける範囲なんてたかだか知れてますけど、そこにそれらしい形跡は見つからなくて、取りあえずはホッと一安心。そして、いつものようにトドマツの樹冠にはモモンガの可愛い姿があってくれました…笑。

でも、あまり警戒してない感じで逆に心配。四六時中、モモンガのそばにいて守ってあげたくさえなっちゃいます。食べられる方はもとより食べる方だって、危険ととなり合わせの厳しい自然の中で、懸命に命を繋いでいるのだとわかっていても、ついついモモンガびいきになってしまいます。

いつでもモモンガがいてくれる、こんな風がいつまで続くのか…、きっと、ねぐらの引っ越しやら何やらで、何時かは出逢いにくくなってしまうんだろうなぁ~、そしたら、淋しいんだろうなぁ~、しばらくは、このままで…。
Img_0010

« 「一度は乗りたい。その名もワシ船。」 | トップページ | 「雪の湿る季節。」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196154/54129349

この記事へのトラックバック一覧です: 「しばらくは、このままで・・・。」:

« 「一度は乗りたい。その名もワシ船。」 | トップページ | 「雪の湿る季節。」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.