知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 「雪の湿る季節。」 | トップページ | お客様フォトだより「そんなに食べないで。」 »

2012年3月13日 (火)

「目覚めるまえに。」

Img_8369 先日の森、青空が広がるとやっぱり気持ちイイです。
ハリギリの樹がつけた雪のぼんぼんは一足早い梅の花のよう。

やわらかい陽射しは、樹の枝先に出来たつららからポタポタと雫を落とさせ、樹に積もった雪をシャワーにして降らせていました。
なるほど、歩いていても汗ばんでくるわけです。

動物たちもこの穏やかな日を喜んでいたのか、たくさんの出逢いがありました。

フレペの滝の断崖、上空を勇壮に舞っているのはオオワシやオジロワシ。
そんなワシたちに「カポンカポン」と云いながらちょっかいを出したっがている(…?)のは、ワタリガラス。

Img_0519 あちこちで、トントン、トントンとキツツキが樹を打つ音を響かせば、ゴジュウカラも負けじ(…?)とキツツキさながらの音をたて樹を突き、忙しげにちょこまかする小鳥たちも一際にぎやか。
私に気づいて、「あっ、しまった!」とでも言いたげに慌てて森の奥へと消えていったキタキツネ。
私に気づいてもおかまいなしで、夢中で樹皮を剥いではモグモグしているエゾシカたち。
皮を剥がれて痛々しい樹々に、こんなにしちゃってと思いながらも春はもうすぐ頑張れと応援しているどっちつかずの私。
そして、何気にエゾリスには3度も出逢えちゃいました。

目先を低空飛行で素早く通り抜けていく見慣れぬうす茶の背中は間違いなく猛禽。
猛禽を見かけるなんて嬉しくて心がはずむハズなのに、不穏に感じて気持ちが沈んでしまうのは、モモンガたちが心配になってしまうせい。でも、モモンガもちゃんと森で遊んでくれています…笑。

春を待ちわびているかのような動物たちで、森はとてもにぎやかでした。
さて、こうなってくると気になるのがヒグマのお目覚め。冬ごもりからのそっと出てくるのもそろそろでしょうか…。

雪が積もっているうちに、ヒグマがお出ましになる前に、ぜひぜひ、森に遊びにいらして下さい。
Img_0503 ----------------------
雪解けすすんでます。

朝、マイナス6度。
夜、マイナス5度。

雪、溶けてますってば。

■現在の流氷の状況

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

« 「雪の湿る季節。」 | トップページ | お客様フォトだより「そんなに食べないで。」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196154/54214305

この記事へのトラックバック一覧です: 「目覚めるまえに。」:

« 「雪の湿る季節。」 | トップページ | お客様フォトだより「そんなに食べないで。」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.