知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 「眺めるのがさらに楽しい季節。」 | トップページ | 「やっぱり、歩いてよかった。」 »

2012年1月30日 (月)

「なにかがいるはずの場所なのです。」

126 いつものように知人と雪の森を歩いていると、モモンガが食べたと思われるお食事あとに出くわします。

散乱する、数センチ程にちぎり取られたトドマツの枝先を良く見ると、キレイに枝の芯だけが残るものや、3分から4分刈り程度に付け根部分の葉が食べ残されているもの等が混っていて、それらを、1つ、1つ、手にしては、「食べ方が雑っ!」と、モモンガを責めてみたり、「オイしい葉」だの「マズい葉」だのと、好き勝手云いたい放題の知人を可笑しく見ていたら、突然、「フンッ!」と、大きな声!

「エッ!?ホントに!? どれどれ…」と、慌てて確認すると、確かに、1センチあるかないか
の俵型のシブい緑色をした粒がパラパラと散らかっていて、これが、モモンガの糞っ!かと、初めて見る本物の糞に、知人も私もテンションが上がりまくるのですが、ネズミの可能性も疑われ、あーでもない、こーでもないと云い合いながら、状況、色、形などから、モモンガのだと思うことに。興奮しながら夢中で話す声はきっと騒々しく、おそらく、とてもとても近い樹で、キツツキの古巣か何かを使って寝ているであろうモモンガは、さぞ、びっくりだったんだろうなぁ~ …、笑。

Dsc01385 この日はなんとこれだけでは終わらず、続いて、モモンガが地面に着地した後、少し地面を歩行して、樹に向かってジャンプしたと思われる跡を雪の上に見つけ、更に続いて、モモンガの毛や尻尾が散らばる現場を発見! 何があったのかは皆様のご想像通りで、誰にやられてしまったのか…。モモンガに起きた惨事を悲しく思いながら、夢中で毛を拾っておりました…汗。

この日、モモンガには逢えなかったけれど、モモンガを近くに感じることができて、憧れていた人達にいっぺんに出逢えたような喜び…、というか、大満足の幸せな1日でした。

私が休みの度に足しげく通うこの場所は、ガイドツアーが出ていて、森を観察しながらスノーシュートレッキングを楽しみ、断崖に立ち象鼻の絶景を見て帰ってくる、そんな欲張りな「原生林ツアー」で、私的にはオススメ!のコースです。(※その日のコンディションにより行き先は変わる場合があります)

糞やら尻尾やら食痕は、しっかり持ち帰ってきました。
ネイチャーデスクにて大事に保管してありますので、ご覧になりたい方はどうぞお声かけ下さい。

喜んで少し得意げに披露させていただきます!
Dsc01367 -----------------------
今日は氷泥の海です。

明け方、マイナス6度。
時分まえ、マイナス7度。

ちいさな流氷がたゆたってます。
とろみのついたスープみたいです。

Facebookpageの【知床グランドホテル北こぶし】こちらもどうぞ

流氷の状況はこちらをご覧ください。

・気象庁オホーツク海の海氷分布

・JAXAみどり2流氷速報

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

« 「眺めるのがさらに楽しい季節。」 | トップページ | 「やっぱり、歩いてよかった。」 »

コメント

わ~!楽しみ~!2月にガイドツアーに参加予定です。一日ツアーが楽しみ~!どんな風景が待っているか楽しみです。今年は荒れた天気になりませんように!!
ネイチャーデスクに寄らせてもらいます。色々な話や私たちの写真も見て下さい。楽しみにしています。今回もお世話になります。

いいですね!羨ましいです。自分もいつか見てみたい!写真見てるだけで楽しくなってきます!

ポプラ並木さん。コメントをありがとうございます。
1日ツアー、盛りだくさんで、楽しめそうですね…笑。
ポプラ並木さんの域になると、天候が良くても悪くても、それはそれと、それなりに楽しんで頂けるものと思っておりますが、やっぱり、荒れないほうがイイですよね、流氷ウォークだって実施されなきゃですよね、… 祈っております。
ネイチャーデスクにお寄り下さった際は、ぜひ、「モモンガ」と、お声かけ下さい。 しっぽ等々、私の宝物をちょっとだけ自慢させて下さい。
ポプラ並木さんの傑作も楽しみに致しております。
お待ち致しております。

永ちゃんファンさん。コメントをありがとうございます。
ホント、イイですっ!  実は昨日のお休みも、またまた、同じ場所に出かけてきました … 笑。
降り続いた雪は、期待通り、いやいや、それ以上に森じゅうを綿菓子のようなふっかふかな雪で包んでくれていました。
ただ、動物たちの足跡も、モモンガのお食事あとも、その雪に隠されてしまったようで、動物たちの様子を、あーだったのかなぁ…、こーだったのかなぁ…、と、想像する楽しみはお預けでしたけど…。
積もったまんまのまっさらな雪はとても深くてふっかふか、わっさわさと雪をこぎながら、雪をたたえたトドマツの樹々の間を抜けていると、おとぎの国に誘われたような気になってきて、これまた、楽しくて、アッという間に時間が過ぎていきました。
ぜひ、見にいらして下さい! ご都合のつく時に…。きっと、永ちゃんファンさんなら、ウキウキワクワクしながら、はしゃいでいただけるような気がします。


流氷接岸の抽選結果はどうだったんですかね

みゆぽーむさん。
スルドイご指摘ありがとうございます。発表が遅れ大変申しわけありません。いましばらく、いましばらくお待ち下さい。近々にご報告いたします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196154/53861189

この記事へのトラックバック一覧です: 「なにかがいるはずの場所なのです。」:

« 「眺めるのがさらに楽しい季節。」 | トップページ | 「やっぱり、歩いてよかった。」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.