--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月23日 (金)

お客様フォトだより「たまたま、ヒグマ。」

「たまたま、タクシーで通りかかったら幌別橋にて人だかり。
サケを食べるクマを確認、撮りました。」
Cimg0025

奈良県からお越し頂きました、和田武郎様の作品です。

通り過ぎてしまってから、人だかりに気がつき戻ってみると、ヒグマがサケを食べていたそうです。

和田様、やりましたね、ヒグマに出会えて良かったですね。
ヒグマがサケを食べているところがちゃんとわかります。美味しそうですね…笑。

実は、このヒグマの情報を聞きつけて、当ホテル職員も見に行ったのですが、時すでに遅く、残念ながら、ヒグマには出逢えずに帰ってきました。
この日は、同じヒグマかどうかはわかりませんが、知床横断道路でヒグマと遭遇したお客様もいらっしゃいました。

ヒグマの繁殖期も終わり、活動も落ち付いていたのか、頻繁に出没していた知床五湖での目撃も8月31日が最後。その後は、順調に知床五湖の散策できています。

でも、そろそろでしょうか、川沿いでヒグマを待つクマ好きのお客様が増える季節も。
毎年、今時期になると、写真好きの方がバズーカ砲のような長いレンズを据えて一日いっぱいヒグマを待っているようです。
私も久しくヒグマには出逢えてなくて、そろそろ、その姿が恋しくなってきております。
皆様、万が一、見かけても、危ないですから、車から降りたりしないようお願いします。

和田様、ありがとうございました。
お客様フォトギャラリーにて展示させて頂きます。

2011年9月18日 (日)

「クリオネ日記」8月分当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」8月ご宿泊分の
当選者を発表いたします!

多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当

静岡県の、、、 みっちゃん さん! 

おめでとうございます!!

◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当

神奈川県 めぐみ さん
群馬県 Piichin さん
京都府 フォレスター さん

◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮

北海道 ヨーヨー さん
千葉県 ヒロデップ さん
神奈川県 リリー さん
大阪府 のんたん さん
岐阜県 ぶぶ さん

◆  4等 ◆ おぼろ昆布

北海道 こうせい さん
北海道 KAI さん
北海道 トメ子 さん
栃木県 貞ちゃん さん
長野県 彩ママ さん

以上の皆様が当選されました!
おめでとうございます!!

2011_0918?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。

館内のポイントを巡って最終的な答えを出して回答ボックスへ入れると、、、

正解者のなかから毎月抽選で海の幸が当たります。
当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

「秋冬の知床ドライブのすすめ。」

冷たい雨が落ちている知床です。
今朝、お客様のお見送りをしていても久しぶりに汗をかくことがありませんでした。すこしひんやりするくらいです。

そうした季節になってきますと、気になるのが「紅葉」の塩梅です。
今年はどんな景色が見られるでしょうか。

おおよその見どころ、ちょっとだけご紹介しましょう。これから知床方面へご旅行検討される皆様に、お役に立てば幸いです。

Dsc08128_2 はい、まずは、知床峠付近。
10月上旬から中旬にかけてがオススメです。

ウトロ側ももちろんですが、知床峠を越えてラウス側にちょっと進んだあたり、羅臼湖散策路入り口すぎあたりからの眺めも素晴らしいです。天気がよければ、国後島も見られますしね。

10082 つづいては、知床五湖方面。
風のない湖面に映りこむ樹木の彩りをお楽しみいただけます。

こちらも10月上旬から中旬過ぎ頃でしょうか。
紅葉はもちろんですが、冬支度をはじめたエゾリスなどの小動物の活動が活発な季節です。声を潜めて、散策はいかがでしょう?
10月20日まではレクチャーを受けて、それ以降は自由に地上散策路を利用できます。

Dscf1598 季節はどんどん冬に近づいた11月上旬。
知床五湖方面へ続く直線道路付近のカラマツが金色に輝きますよ。
このカラマツ。開拓者が材木用に植えたそうです。
そのため、五湖方面の開拓跡地に多くひろがっています。
エゾシカのラッティングコールが響く中、知床のゴールデンカラーをながめてはいかがでしょう。

1111 11月上旬から下旬。
秋を越え、初冬の装いとなります。
冠雪の知床連山と、カラマツ、そして青空のコントラストを是非ご覧頂きたいところです。

知床五湖方面、および知床五湖は例年11月下旬(25日前後)までご利用いただけます。

知床本来の静けさが戻るこの季節こそ、ドライブに最適なのではないかと思います。

秋冬ドライブに向けて、すこしだけご注意を。

10月上旬頃から山間部で、10月下旬以降は知床の平野部でも雪の可能性があります。くれぐれも冬タイヤ(スタッドレス)でお越し下さい。

「雪道の経験が無い~。」という皆様。
極力、日中のみ走行できるような余裕をもったスケジュールで、安全運転でお越し下さい。

10月29日には、道東自動車道がさらに便利になります。

しかも、ドライバー応援宿泊プラン
「秋冬こそ知床ドライブ♪ドライバー特典付き海側ブッフェプラン」
も、好評予約承り中です。

秋冬の知床で、お待ちしてまーす。

------------------
今日は冷房OFFです。

朝、15度。
お昼、16度。

薄手のフリースあると便利です。

2011年9月15日 (木)

お客様フォトだより「知床の自然」

「2011年9月、大学時代に友人と訪れて以来約25年ぶりの知床。雄大で美しい大自然に感動いたしました。
この写真はウトロ港より観光船で出港、フレペの滝あたりで撮影したものです。
多くの動植物が暮らすこの美しい手つかずの自然を是非後世に残したいものです。」
Img_660811111
奈良県からお越し頂きました、乾 直樹 様の作品です。

知床ウトロで圧倒的によく見れるカモメは足の赤いオオセグロカモメ、次いで、この足の黄色いウミネコです。「ミャー、ミャー」ネコのような声で鳴いています。
それにしても、揺れるお船の上から飛んでるさなかのカモメをこんなにキレイに狙えるなんて、驚きです。
乾様には、毎年、中秋の名月に合わせて実施している「お月見おさんぽツアー」にも、ご参加頂きありがとうございました。この度は3夜のうち、月が出てくれたのは14日の晩だけで、十五夜さんも、16日の晩の十六夜(いざよい)のお月さんも雲の中でした。
14日の晩、雲間に見え隠れする「宵待月」を、熱心に撮していらっしゃった乾様が印象的でした。

ウトロの港では、活気溢れるサケ・マスの水揚げの様子を撮影されたそうで、秋への入口の知床をたくさん撮していただけたようです。乾様のファインダーを通して、知床の様々なシーンが魅力的に切り取られていることと思います。
その中の1枚。ほんとうにありがとうございました。
お客様フォトギャラリーにて展示させて頂きます。

2011年9月14日 (水)

お客様フォトだより「しれとこ人気者決定選。」

さあっ、まずはこの方!

エントリーナンバー いちばん!

時にかわいく、ときに荒々しく、物怖じしないが行動も読めない、
身近な人気者・知床で出会う確率もナンバー1!

エゾシカさん!

119

(解説)

「振り返ってからの笑顔です。さすがですね。
撮られ慣れていますねぇ。
自分の一番かわいい角度を知っていますねぇ。」

さぁつづいて…

エントリーナンバー にばん!
その視線の先に何を見る!!
孤高が似合う知床の象徴、

オジロワシさん!

104

(解説)

「冬に出会える印象が強いオジロワシですが、夏場でも見られるんですねぇ。

断崖の高ーいところにいるのをクルーザーに乗ったときに見つけられたようですねぇ。

しかし鳥の後ろ姿ってカッコいいですよねえ、人間なんかこれっぽっちも気にしていないような素振りが、たまりませんねぇ~。」

はい!つづきまして、

エントリーナンバー さんばん!

早朝から元気いっぱい!
鳴声は目覚まし代わりとして!

港のおこぼれハンター
カモメくん!!

058

(解説)

「……これは??
どうしたんでしょうか、目をこすっているのか?寝起きでしょうか。変わったポーズですねぇ…

……あっ!判明しました!

この子の体はあっちを向いてますね!コレ後ろ姿です!
首だけ振り返って毛づくろいをしているんですね!
いや~珍しい角度からのポーズですね~。意外な一面ですね。」

さぁ!つづきましてはー、、、

パッケージを飾る北海道みやげは星の数ほど!
北国代表・認知度200%!

キタキツネさん!!

109_2

(解説)

「……悟り中でしょうか?

耳でまわりの音だけは探っていますね。
ザトウイチ。シブい顔ですね。

キツネはよく見ると個体によって顔が全然違うし、油断した顔から狩りの瞬間までいろんな姿が間近で見られるので、飽きないですね。

でも、『かわいいでしょ。ね?だからなんかちょーだい』アピールがうまいですからねぇー。みなさん騙されないようにしましょうね。」

さあさあさあ。あなたはどの子がお好みでしょう??

…以上、埼玉からお越し頂きました、荒井様の作品でした!

知床で出会った動物達をたくさんカメラで収められたようですね。
楽しい作品をありがとうございました!
※勝手な妄想・脚色をどうかおゆるしください。

 知床ではこの他にもまだまだ沢山の動物達が暮らしています。
実際に出会ってみると、想像とまた違う印象になるかもしれません。
天気やタイミングで、偶然に出会える動物達は皆様の行くとこ次第。
絶対ではないから、見つけた時の嬉しさは倍増するはず!

何種類制覇できるか。

どうぶつ探しの旅、いかがでしょう。

------------------
「暑い」と、口から出てこない季節になりました。やっと。

朝、15度。
お昼、20度。

秋、はじめました。

2011年9月 9日 (金)

「食の祭典、はじめました。」

冷やし中華もそろそろシーズンオフなこの頃いかがおすごしでしょうか。

知床は、どろんとした夏の湿度がまだ残っています。
とはいえ9月、

カラフトマス
アキアジ(鮭ね)
サンマ

きのこ
蕎麦・・・。

秋の味覚が恋しい季節となりました。

そこで、全国3,000万の知床秋の味覚ファンに重大なお知らせです。

例年10月中旬から11月にかけて開催しておりました、「知床番屋祭」が本年は大幅リニューアルをはかり、1日限りの「食のイベント」として開催決定となりました。

その名も
「知床S-1グルメバトル in 道の駅うとろ・シリエトク」 ↓↓
S1

















どうです。
なにか、すごそうじゃないですか。

「S-1」(エスワン)と読むくらい、もうとにかくS好きなお祭です。

Shiretoko(知床)
Salmon(アキアジ、鮭のことです。)
Sachiku Pork(斜里の有名な豚肉、サチクの赤豚)
Shiretoko beef(知床ギュウ)
Shiretoko chiken(知床鶏)
Shika(・・・シカです。エゾシカ肉。)
Sachiko(北海道が誇る料理クイーン、星澤幸子先生!

すごいです。

まとめますと、
「Sの付く5つの知床産食材を使って美味しい物を作って食べましょうよ。そして、審査もしましょうよ。審査員は来場の皆様と審査員。さらに、星澤幸子先生のトークイベントもありますよ!うまい!楽しい!ためになる!」

そんなイベントです。

Moza2 当館、料理長も出品予定。

←コレです。

どの食材をどんな料理に仕立てたのか、絵心あふれる料理長の一品、現在、改良中です。
内容は現地でご確認いただければ幸いです。

開催は、10月23日の1日限り。知床ウトロ温泉に宿泊すると特典もありますよ。

興味のあるかたは興味なさそうな人もお誘いいただき、記念すべき第1回S-1グルメバトルにぜひとも、お越しを!

■知床S-1グルメバトル in 道の駅うとろ・シリエトク

・ 日時:2011年10月23日(日) 10:00~14:30
・ 料金:入場無料/出品料理は1,000円のグルメチケット購入必要
・ 主催:NPO知床斜里町観光協会

------------------
この季節、夕景がすばらしいです。

朝、20度。
お昼、26度。

雲のある午後はお近くの海岸で夕陽チェックを。

2011年9月 1日 (木)

「事件です。」

アツイ!アツイ!と、思っていたのに、ふと気が付けば、森の樹々も秋に向かって装いを変え始めたようです。
いつの間にかオスジカの頭の上の角も大きく成長していました。あどけなさが可愛らしかった仔鹿たちもたくましくなり、しっかり自分で草を食んでいる姿を見せてくれています。
Img_3231
季節の移ろいを感じていると、行く先の道路上に何かが散乱しています。
近づいてみると、なんとカラフトマスです。
Img_3207
どうしてこんな事態になったのかと、このまま放っておくわけにもいかないと思っていると、関係の方が片づけにいらっしゃいました。
岩尾別川の河口で採卵用に捕獲したカラフトマスを搬送している途中、荷台からこぼれ落ちてしまったとのことでした。
数時間前迄は、きっと母なる川で、力強くその上流をめざしていたはずです。流されても、流されても、流れに負けまいと、ひたむきに上流をめざす懸命な姿を思って、ちょっと痛々しく感じられました。

そうそう、今年も遡上が始まっています。ウトロから斜里へ向かって10キロ程の所に流れている「遠音別川(オンネベツガワ)」で、そんな様子がご覧になれます。
通りがかりにちょっと覗いてみて下さい。
Img_3191
晩夏の彩りはハンゴンソウ(反魂草)の黄色いお花。森に響くセミの声も、過ぎ逝く
夏を惜しんで鳴いているかのように聞こえてきます。
Img_3235

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.