--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月21日 (火)

「もうね。もうね。」

天気がイイです。
あっちもこっちも気になって、どこへ行こうか迷っている時間がもったいないくらい、天気がイイです。

水面が羅臼岳を逆さに映す3の沼の景色を想像して、かなりきれいに違いない!

と、
羅臼湖に行くことにしました。

知床峠に車を停め、羅臼側7合目付近にある羅臼湖入口を目指して、テクテク テクテク。
眼下には見渡す限りの雲海が広がり幻想的な眺めです。
あれ、朝焼けがキレイだったんじゃないかなぁ? なんて思いながらテクテク テクテク。

遊歩道を歩き始めるといきなりドロドロ。
ところどころでは、遊歩道が水を集めて小川のようで、ジャブジャブしながら、テクテク テクテク。

1の沼を過ぎ2の沼を過ぎ、そして そして、3の沼。

やぁ~、絶景です。期待通りの眺めです。
白い雲をぽっかり浮かべた真っ青な空。ぽかぽかのお日様。
思わず遊歩道に寝転んでしまいました。
仰ぎ見る空は最高! 気持ちイイーッ!

どうぞ、どうぞ、お試し下さい。最高に気持ちイイです。ただ、誰もいない時がイイですね。
ゴロゴロしたついでにキツネ目線で3の沼を撮ってみました!… 笑。
Img_1317

6月15日から羅臼湖行きの路線バスが運行しております。
残雪多く、遊歩道はわかりにくい箇所があります。
長靴が必要です。
今しばらくガイドツアーがおすすめかも。

2011年6月19日 (日)

「クリオネ日記」5月分当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」5月ご宿泊分の
当選者を発表いたします!

多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当

埼玉県の、、、 チョッパーマン さん! 

おめでとうございます!!

◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当

北海道 ゆきちゃん さん
北海道 リンリン さん
奈良県 IMAGE さん

◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮

北海道 くりおね さん
北海道 ゆきちゃん さん
北海道 まむ太 さん
北海道 まる さん
岩手県 タヌキ さん

◆  4等 ◆ おぼろ昆布

北海道 ミズちゃー さん
北海道 ちっか さん
茨城県 さおりん さん
千葉県 ゆうちゃん さん
愛知県 クマプー さん

2011_0619 以上の皆様が当選されました!
おめでとうございます!!

?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。

館内のポイントを巡って最終的な答えを出して
回答ボックスへ入れると、、、
正解者のなかから毎月抽選で海の幸が当たります。
当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

2011年6月15日 (水)

「負けるなジャポン。」

さあ、みなさんも巨匠風にご唱和ください。

「星、いくついただけますでしょうか。」
( 唱和 ) 「ほし、みっつですっ!」

さてさて、今回の三つ星獲得。
街の巨匠や未来の巨匠に感謝ではなく、ミシュランに感謝です。

ちょうど1ヶ月まえ発行された「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン 改訂第2版」において、それまでの二つ星から三つ星に昇格したのです。

ホシをいただいたのは「知床国立公園」。
当館ではございません。

泣く子もだまるレストラン評価ブック「ミシュランガイド」を発行するタイヤメーカー、ミシュランさまが2009年から発行するこのミシュラン・グリーンガイド・ジャポン。(長いので、以下MGJ。)

フランス語と英語版があり、海外のみなさまに、日本各地の観光地を紹介するガイドブックです。ミシュランガイド同様、☆の数でその観光地の評価をわかりやすく案内しています。

全国の観光地でMGJ三ツ星を獲得しているのは、

富士山
日光
伊勢神宮
京都や奈良の仏閣
熊野三山
厳島神社
屋久島

などの名だたる観光地の数々にくわえ、

ハニワ。(国立博物館内)
ミキモト銀座
プラダ青山
飛騨高山美術館

など、お買い物スポットや美術館も掲載され、三つ星を獲得しているのです。
ちなみに、ブリヂストン美術館は二つ星でした。

そうした、観光地、景勝地のみならず、日本全国有数の観光&お買い物スポットのなかで、「知床」が三つ星を獲得しているのです。

しかも、改訂前の二つ星から、ランクアップの三つ星です。
今回が初掲載ではなく、ランクアップしているのがスゴイところです。

おフランスが認めた世界に誇るジャポンの三つ星観光地 「知床」。

まだ、見たこと、行ったことがない皆さま。
パリっ子よりも早く、知床へお越しください。

いま、オススメの季節です。

MGJ(正しくは、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン)

三つ星・二つ星・一つ星 掲載観光地リスト

Dscf1196
今日まで気温低めです。

あさ10度。
おひるに、9度。

ブリヂストン美術館行きたいです。

2011年6月11日 (土)

お客様フォト便り「アカゲラ」

----------------------------------------
知床五湖の散策で出逢いました。
ガイドさんが見つけて教えてくれました。
すぐに飛んで行ってしまいましたが、エサをくわえて戻って来ますよ、と云われちょっと待ってみると、ガイドさんの云う通り戻って来ました。
その時の1枚です。
自分以上に嬉しそうなガイドさんが印象的で、ガイドさんと歩くのは初めてでしたが、楽しいものです。
---------------------------------------- 
Img_6224


  

群馬県からお越し頂きました、湯浅力男様、雅子様の作品です。

知床には何度もいらっしゃっております。
山や森、歩くのがお好きで、今回もあちらこちらをいっぱい散策して下さいました。

そして、羅臼の秘湯めぐりも。
相泊温泉では、入ろうとしたものの、熱くて熱くて足だけ入れるのがやっとだったそうです。

おまけに、突然、スコールのような雨にみまわれ、脱ぎっぱなしで放っておいた服をかきあつめて、慌てて車に避難したそうです。
車で待っていた奥様は、いきなり主人がハダカのままで駆け込んでくるのでビックリでしたと、笑って教えて下さいました。

思い出に残る旅行になりましたね … 笑。

楽しいお話をお聞かせ頂き、また、楽しい時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました。
ご出発されて、ちょっと淋しく思いながら、また、お会いできるのを楽しみに致しております。

お客様フォトギャラリーにて展示致しております。
どうぞ、ご覧になって下さい。

皆様も思い出に残るお気に入りの1枚、自信の1枚を、ぜひ、お寄せ下さい。
ネイチャーデスクにお声かけ下さいませ。

2011年6月 7日 (火)

「300年たったら登りにおいで。」

つい先日まで、新緑のはかなげな淡い緑だった山々も、日に日に濃く力強い緑へと代わりつつある知床の6月初旬。
良い季節になりました。

そんな、さわやかな先週土曜日、NPO法人知床自然学校主催の「知床・どんぐりの里親プロジェクト」の見学に出かけてきました。

06063 ウトロ温泉から、斜里方面へ車で15分ほどの国有林の一 角がその会場。鹿避けのフェンスの中には懸命に、イタドリの根と格闘しながら地面を耕す人たち。
主催スタッフのほか、地元の方や、どんぐりの里親の方々です。

このプロジェクト。知床のどんぐりを、賛同していただいた全国の方々に発送して、苗木を育てて頂き、1年半ほど育った苗木を今度は知床に植えて育てるというものです。

この日も、1年以上いつくしんで育てた苗木を持って、全国各地から里親さんがお越しになっていました。当館にご宿泊の方もいらっしゃったようです。
みなさん、明るい日差しの中、汗をかきながら、苗木の育成場所を真剣に、そして楽しそうに、耕していました。

さて今回の会場となっている「アッカムイの森」(アッカムイ=エゾモモンガ)には、いろいろと遊びがあるようで、それをふらふらと眺めていると、

06065 「さー、ツリーイングやってみようー。」というスタッフの方のはからいで、気がつけば、ワイシャツ・ネクタイのうえに、ヘルメット・ツリーイング用の器具、軍手を装着することとなり、レクチャーを受けたとおもったら、いつの間にか樹上の人に。

樹齢300年と言われるカツラの木にかけられた専用ロープを、あやつるというより、ロープにしがみつきながら高さ12メートルくらいまで上昇。カツラの巨木のなかほどで、宙にブラブラ。
もちろん、ネクタイはそのままです。
なかなか、それなりの高さです。

06066ブラブラの足もとの先では、みなさんが地面と向き合うすがたが見えます。さすが推定12メートル。
人が小さく見えます。
みなさんが育てた、1年生ドングリ苗木はさらに小さく見えます。

自分がブラブラしている巨木は300年生。

今回、植えられ、鹿避けフェンスの中で育てられた苗木は、自立できるようになった何年か後には知床の森に移される予定です。それから風雪に耐えながら、大きく育つ事を祈るばかりです。

いまはまだ小さな苗木が、何十年、何百年か後にはブラブラできるくらいに大きくなることでしょう。

樹上で揺られながら、何百年先を想像するのはなかなか楽しい時間でした。

■NPO知床自然学校

■知床・どんぐりの里親プロジェクト

06061 -----------------------
今年の花粉の量はすごいです。

あさ、11度。
お昼、ぐっとあがって20度。

セミの声がたからかです。

 

2011年6月 6日 (月)

お客様フォトギャラリーだより。

ある日、森の中~熊さんに出会った … ♪
想像以上に真っ黒でした。
目線が合ってしまった時は、本当に焦りました。
あわててカメラを構えて撮った1枚です。
Dscf0227


愛知県からお越し頂きました、「奥山泰助様、春奈様」ご夫妻の作品です。

知床には、3連泊でご滞在頂きました。
1日目は、知床五湖ガイドツアーに参加されたのですが、レクチャーを受け歩き始めた途端、目の前でヒグマを目撃。

あえ無くガイドツアーは中止となり、翌日に延期となったそうです。
仕切りなおしの翌日、ガイドツアーでは、青空の下、無事、知床五湖の自然を満喫されました。

ガイドツアーの午後、またも、知床自然センター付近で、ヒグマに遭遇です。

そして最終日、クルーザーに乗船しての海上観光に出かけの際、「クルーザーからヒグマが見れたら、3日連続だね。」、なんておっしゃっておられました。

奥山様ご夫婦、ホテルロビーの来運神社の横にあるヒグマのはく製前で、知る人ぞ知る、ヒグマから攻撃された時の防御姿勢で、はたまた、オスジカになりきったりして、記念写真を撮影されるなど、見ているこちらも楽しくなりました。

奥様は秋に出産を控えているにも関わらず、オロンコ岩に登り、フレペの滝へを歩き、フルで知床を満喫されていて、ちょっと心配にもなりましたが、きっと、元気な、元気な赤ちゃんが誕生しますね。
できれば、知床好き!の赤ちゃんをお願いしたいです … 笑。
そして、今度はご家族3人で、また、遊びに来て下さい。

写真は、お客様フォトギャラリーで展示いたしております。
皆様、どうぞ覗いて見て下さい。 皆様のご参加もお待ちしております。

奥山泰助様、春奈様、お写真と楽しい時間を有難うございました。
遠く知床より、春奈様の安産をお祈り致しております。

 

2011年6月 2日 (木)

祝・開門!「カムイワッカ湯の滝」初日。

2011_0602_01 6月1日PM14:00。

抜けるような青空の昼下がり。知床連山を右に眺めながら絶好のおでかけ日和です。

そんなこの日に向かうのは「カムイワッカ湯の滝」。

ここ数年、シャトルバスに乗車しないと通れなかったこのゲート。なんと開いてます。警備員もいません。自由ってステキ。

去年と違う点はなんといっても好きな時間に、気の向いたときにマイカー、「車」※で行けること。「バイク」「自転車」「徒歩」だってOK。

さあ、いざ突入。
カムイワッカ湯の滝までは約11kmの未舗装路。時速30kmほどで原始の森の中を進みます。ずんずん進むと意外に標高が上がっていることに気付くこの1枚。2011_0602_07_2
深い森の奥にはオホーツク海がドーン!新鮮な景色に思わず車を降りました。

道路は穴もなく走りやすいキレイなジャリ道です。これから通行量が増えたら穴ぼこだらけになるかもしれませんが…。

荒々しく、強く、太古のままの姿を見せる森の中では、ウトロでは見られない人や車に対してのリアクションが新鮮でちょっとシャイなエゾ鹿にも出会えます。もちろん時にはヒグマも。生息地におじゃましているのでくれぐれもご注意を。

2011_0602_02_3ずいずい進み、左上にグランドキャニオン風の岩山が見えてきたらあとちょっと。 約30分かけて到着です。駐車場があります。

駐車場は入り口と出口が一方通行になっているのでご注意を。2011_0602_05

約18台ほど止められるスペースには初日の午後3時頃で約5台ほど。意外に静かです。

目的の滝はというと…
中に入っている人がいないので、早速じゃぶじゃぶしました。2011_0602_03

今年も上流は落石のため、約100mほどの「一の滝」までしか登れませんが、ぬるめの温泉が岩肌を流れる滝を歩きながら、新緑の木々の下をくぐり、岩に腰掛けて一休み。

鳥の声。滝の音。青い空。足はぬるめの温泉にイン。

こりゃ嫌が応にも100%パワースポットでしょう。たまらんです。帰りたくないです。

今までは知床五湖に向かうだけだった1本道は、これから10月下旬までカムイワッカにも行ける幸せの分かれ道になっています。

みなさま、この時期は知床おススメスポット増量中。
ぜひぜひ足をお運びください。

※8/1~8/25、9/15~9/24まではマイカー不可。
専用シャトルバスへお乗換えが必要です。

利用方法、詳細はこちらをご覧ください。
■斜里町観光課
「カムイワッカ湯の滝へ向かう方へ」

カムイワッカへは行く前に洗車しない事をおススメします。
車が巻き上げるダストで見事に真っ白け。

2011_0602_06-----------------------
長靴はやっぱり無敵らしい。

お昼、あったか16度。
やっと春らしくなってきました。

知床の森の中では、これから桜が見頃を迎えます。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.