知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« お客様フォトギャラリーだより。 | トップページ | お客様フォト便り「アカゲラ」 »

2011年6月 7日 (火)

「300年たったら登りにおいで。」

つい先日まで、新緑のはかなげな淡い緑だった山々も、日に日に濃く力強い緑へと代わりつつある知床の6月初旬。
良い季節になりました。

そんな、さわやかな先週土曜日、NPO法人知床自然学校主催の「知床・どんぐりの里親プロジェクト」の見学に出かけてきました。

06063 ウトロ温泉から、斜里方面へ車で15分ほどの国有林の一 角がその会場。鹿避けのフェンスの中には懸命に、イタドリの根と格闘しながら地面を耕す人たち。
主催スタッフのほか、地元の方や、どんぐりの里親の方々です。

このプロジェクト。知床のどんぐりを、賛同していただいた全国の方々に発送して、苗木を育てて頂き、1年半ほど育った苗木を今度は知床に植えて育てるというものです。

この日も、1年以上いつくしんで育てた苗木を持って、全国各地から里親さんがお越しになっていました。当館にご宿泊の方もいらっしゃったようです。
みなさん、明るい日差しの中、汗をかきながら、苗木の育成場所を真剣に、そして楽しそうに、耕していました。

さて今回の会場となっている「アッカムイの森」(アッカムイ=エゾモモンガ)には、いろいろと遊びがあるようで、それをふらふらと眺めていると、

06065 「さー、ツリーイングやってみようー。」というスタッフの方のはからいで、気がつけば、ワイシャツ・ネクタイのうえに、ヘルメット・ツリーイング用の器具、軍手を装着することとなり、レクチャーを受けたとおもったら、いつの間にか樹上の人に。

樹齢300年と言われるカツラの木にかけられた専用ロープを、あやつるというより、ロープにしがみつきながら高さ12メートルくらいまで上昇。カツラの巨木のなかほどで、宙にブラブラ。
もちろん、ネクタイはそのままです。
なかなか、それなりの高さです。

06066ブラブラの足もとの先では、みなさんが地面と向き合うすがたが見えます。さすが推定12メートル。
人が小さく見えます。
みなさんが育てた、1年生ドングリ苗木はさらに小さく見えます。

自分がブラブラしている巨木は300年生。

今回、植えられ、鹿避けフェンスの中で育てられた苗木は、自立できるようになった何年か後には知床の森に移される予定です。それから風雪に耐えながら、大きく育つ事を祈るばかりです。

いまはまだ小さな苗木が、何十年、何百年か後にはブラブラできるくらいに大きくなることでしょう。

樹上で揺られながら、何百年先を想像するのはなかなか楽しい時間でした。

■NPO知床自然学校

■知床・どんぐりの里親プロジェクト

06061 -----------------------
今年の花粉の量はすごいです。

あさ、11度。
お昼、ぐっとあがって20度。

セミの声がたからかです。

 

« お客様フォトギャラリーだより。 | トップページ | お客様フォト便り「アカゲラ」 »

コメント

ツリーイングのとき、写真を撮っていた津別町の教育委員会にいる中橋と申します。良い写真がなかったと思いますが許してください。今度は汚れてもいい服装で思い切り楽しんでみてください。

中橋さん、コメントありがとうございます。
また先日はお世話になりました。
いえいえ、良い写真をお撮りいただいたのですが、仕事にかこつけて遊んでいたのがバレてしまうものですから・・・。やや表情のわかりづらい写真を使わせてもらいました。(笑
ぜひ、次回は、思いっきり汗をかけるスタイルで参加したいと思います。ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「300年たったら登りにおいで。」:

« お客様フォトギャラリーだより。 | トップページ | お客様フォト便り「アカゲラ」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.