--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

「父だ!SLだ!いやネイチャーガイドだ!プランいろいろご紹介。」

知床も、そろそろ夏めいてきました。
山や森の緑と、連山の残雪、そしてひろびろとした青空。

そんな初夏まっさかり、6月の知床をお楽しみいただきたく、ご宿泊プラン、いろいろご用意致しました。

まずは、以下のプラン、ちょっとのぞいてみてください。
Sl
36年ぶりに復活!SLが知床斜里駅にやってくる!
「SLオホーツク号運行記念プラン♪」

北見から知床斜里駅までの、
オホーツクを巡るSLが36年ぶりに復活!
網走から海岸線を走る姿を想像するだけで、もう、たまらんです!という、鉄道&SLファン垂涎の宿泊プラン♪

特典として、
・携帯やデジカメで撮った画像をチェックイン時にご提示いただくと、夕食時に生ビール(小)、または、ソフトドリンク1杯無料。

さらには、その撮った画像を2L判に印刷し、ロビーや
当館ホームページに掲示いたします。
もちろん、2L判の持ち帰りもOK。

しかも、休前日増し料金はありません!

つづきましては・・・

お父さんだって、癒されたい!なにか特典がほしーのだ。

そんな、お父さんに、
この宿泊プランをプレゼントしてはいかがでしょう?

「3日間限定★お父さんプレゼント付!父の日記念プラン」
Photo

あちこちのお父さんに調査したところ、お父さんの好きのものは、
「毛蟹」
「ワイン」
「フルーツ盛合せ」
の3点と判明しました。(当社調べ)

そこで、お父さんが大好きな3点のうち1つをプレゼントできる、
父の日ならではのプランをご用意。

真っ赤にゆであがった毛蟹のハサミに、日ごろの感謝をつづったメッセージカードを持たせたら、もう、お父さんの目も真っ赤になること間違いなしです。

夕食は、「好評70品ブッフェプラン」と、
和食とイタリアンの美味しい融合で好評の
「海鮮遊膳プラン」があります。

さぁ、全国の奥様、娘さん、お父さんと一緒に北こぶしへ!

そして、最後は、これぞ知床!を体感したいみなさまにオススメの、
「ネイチャーガイドツアーパックプラン」のご紹介。
Goko

知床の夏は、ほんとにすごいのです。
景色を見たり、一歩森へ入ってみると、とにかく元気になるのです。

みなさまにもぜひ、元気になってもらいたいと、いくつかのプログラムをご用意しております。

「知床五湖ガイドウォークパック」

「フレペの滝ガイドウォークパック」

「ラウス湖」ガイドウォークパック」

「知床ナイトシアターパック」

などなど、みなさまのお時間や体力に合わせてお選びいただける各種ガイドツアーと、一泊二食がセットになった、もう知床満喫まちがいなーいのプランです。

知床のみなぎる元気を吸収したり、夏休みお子様とご一緒に参加したりと、みなさま思い思いに知床にわけ入ってみませんか?

そのほかにも、
クルーザーや、定期観光バスや、ワンランク上のお料理プランなど、北こぶしの宿泊プラン、いろいろとりそろえております。

ささ、みなさま。
初夏から夏の知床は、北こぶしへゴー!

なのです。

ご不明な点、ご質問ございましたらご遠慮なくお問合せ下さいませ。
info@shiretoko.co.jp

---------------------
今日は、ちょいと寒いです。

あさ、5度でした。
いま、夜、3度。

フリースやウィンドブレーカーがあると便利です。

2011年5月23日 (月)

「クリオネ日記」4月分当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」4月ご宿泊分の
当選者を発表いたします!

多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当

広島県の、、、 LINA さん! 

おめでとうございます!!

◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当

北海道 れんぱ さん
北海道 海苔 さん
北海道 てんねん さん

◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮

北海道 カオルちゃん さん
北海道 はや さん
北海道 あーやん さん
北海道 のもるー さん
北海道 りっきゅん さん

◆  4等 ◆ おぼろ昆布

北海道 ふくちゃん さん
北海道 ゴン さん
北海道 おとうさん さん
茨城県 ちるみる さん
埼玉県 みと さん

2011_0523_01 以上の皆様が当選されました!
おめでとうございます!!

?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。
館内のポイントを巡って最終的な答えを出して回答ボックスへ入れると、、、
正解者のなかから毎月抽選で海の幸が当たります。
当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

2011年5月20日 (金)

「いたのは山の神。いないのは海の神。」

先日、先々日は、名古屋から友人が遊びにきていて、オーソドックスな知床観光をしてきました。
お決まりのように道路脇で草を食むエゾシカを見かけるたび、友人は「キャァー、キャァー」歓声を上げながら知床公園線、温泉道路をドライブ。

Img_0021 岩尾別温泉では三段の湯でかるく足湯をし、知床峠、オロンコ岩、フレペの滝を堪能し、知床五湖は、ガイドツアーに参加して湖畔を散策。
遊歩道に残るぬかるみに、ヒグマの足跡がくっきりペタペタ。 これは昨日ので、これは一昨日からついていて、これは昨日なかったから今日のでと、ガイドさんの解説はヒグマのうろうろが目に浮かぶようで、友人も私もにんまり。

ただ、ヒグマを目撃した場合はツアーを中止するのがルールですから、見かけたい気持ちは山々でも、きっと近くにいるであろうヒグマに「ホイッ、ホイッ」と、大きな声で「いるよ、いるよ」と、うったえながらの散策です。
もっとも、いろんなものを見つける度、丁寧に知床の自然を教えてくれるガイドさんのお話は、新たな発見だらけでとてもオモシロく、にわか雨に濡れながらも笑いっぱなしでしたから、「ホイホイ」イラズだったかも … 笑。

Img_9908 そして、そして、シャチ狙いで羅臼の船に、ヒグマ狙いでウトロの船に乗船です。
残念ながら海の神レプンカムイ(シャチ)は姿をみせてくれませんでしたが、山の神キムンカムイ(ヒグマ)は、惜しげもなくその姿を見せてくれました。

大きなクマが無防備な格好でトドを食べるシーン、おっぱいをもらう可愛い仔グマとお母さんの心なごむシーンに大感激。

シャチはぼうずでもヒグマはふさふさ … 笑。
シャチはお預けでしたが、羅臼の船からの眺めは最高でした。

夜には村の神コタンクルカムイ(シマフクロウ)のあの神々しい声も聞けたりして、朝は早くから夜遅くまで、まるっと2日間、知床三昧でした。知床の海の幸に舌鼓をうち、知床の神々を感じ、知床の自然を満喫した友人は、「2日じゃ足りんねぇ~」と云って、笑顔で帰っていきました。

そうです、そうでしょうとも、知床を満喫するのに2日で足りるわけがないっ!
なんて、嬉しくなる私でした。
Img_9968

2011年5月17日 (火)

「変わってゆくもの。」

Mizubasyou 先日、5月9日17時30分ころ、知床五湖の1湖湖畔の遊歩道を歩いていました。
生憎の曇り空で、連山はすっぽりと雲に隠れています。
思い起こせば、湖面に波がありませんように、連山が雲に隠れていませんようにと祈 りながら 何度この場所を訪れたことか…。 地面から盛りあがり脈々と地を這う根や湖面から顔を出す三角の岩。 遊歩道のほど良いアップダウンと凸凹は心地良く、心落ち着く大好きな場所でした。
フナを見つけ、エビを見つけ、エゾハルゼミを見つけたのも、この場所でした。
あれやこれやと思いだし、少しでも多くを覚えておこうと、湖畔を独り占めして佇む と、感傷的になり過ぎてちょっとうるうる … 笑。
立ち去り難い思いを抱え、感謝の気持ちを置いて、ちゃんとお別れをしてきました。

さてさて、先日10日から、いよいよ新しい知床五湖の利用が始まりました。 7月末まではヒグマ活動期となり「高架木道」は自由に散策できますが、 「地上遊歩道」は、認定を受けたガイドツアーだけが散策できるわけです。 行ってきました! 新たなルールでは、1湖から5湖への散策順路が逆転して、5湖から2湖へと回ります。
逆から見ていくと、見慣れているハズの景色が全然違って見えたりして新鮮です。 5湖から歩き始めるとすぐ迎えてくれたのは水芭蕉の群生です。 「えっ!? こんなにキレイだったんだ!」って、びっくりです。
だって、水芭蕉の時期は奥の5湖へは立ち入れませんでしたから、初めて出逢う景色 です。そう、これから、いつでも奥5湖へ行けるのです。
勿論、ヒグマ出没時は別です。 でも、数時間のクールダウン後、また歩けます。
これまでのような開かずの知床5湖 にはならない!予定です。

確かに自由に歩けなかったり、ガイド料も必要で、イイことばかりではないけれど、ワルイことばかりでもないということですよね。

旬の水芭蕉を、ぜひ、ご覧になってきて下さい。

ご予約が必要です。

■知床五湖利用に関して

---------------------
だいぶあったかくなりました。

あさ、12度。
いま、15度。

朝、ストーブがいらなくなりました。

2011年5月15日 (日)

「祭り、のち、晴れ。」

本日、ウトロ道の駅前で開催された「地元自慢まつりINウトロ」。

  5月中旬とは思えぬ、一段と肌寒く感じられた今日のウトロ。朝7時のアメダス「-0.3℃」。本州では暑いという話題がでるこの季節に、スタッフはホテル特製ダウンジャケットがまだクリーニングに出せずにいます。

肝心のお祭りはというと、、、2011_0515_01_2

10:30の開始と同時に大盛況。

地元名店とホテル、約18軒もの施設が自慢の一品をご提供。
精鋭が軒をつらねた道の駅前は地元の方、観光客のみなさんで大いに賑わっておりましたよ。

気になる各店のメニューは、、、

「エゾ鹿フランクフルト」「ウルフ丼」「ラタシケップ」「熊笹クレープ」、「でんぷん団子」に、地元お母さん特製のあったか~い「豚汁」や地元名店から「塩ラーメン」、「苺クレープ」など、謎めいたメニューから郷土料理からフィッシュ&チップスまで、老いも若きもチビッコまでも幅広くカバーできる自慢の品が集結し、アームレスリング大会やチャリティーオークションなどイベントが行われるなか、ほのぼのかつ地元の活気溢れるイベントとなりました。

昼過ぎには雲が切れはじめ、青空が広がりイベントの成功を晴れ晴れとした気分で終えられた、そんな1日でありました。

じつは、当館もオリジナル弁当で出店。
ありがたいことに完売となりました。2011_0515_02_2

寒い中、みなさんお疲れ様でした。

ウトロにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

また、来年も。楽しみですな。

----------------------

あさ、-0.3℃。
17時、 今日のピーク3.6℃。

2011_0515_03寒さが続き、散るに散れぬホテル横の桜。

モリモリと満開です。

2011年5月 7日 (土)

「由来のハナ。」

ゴールデンウィークの忙しさが一段落した土曜日。

当館正面玄関横のコブシの花が開いていました。
低気温と雨、雪のGW期間中はじっと花弁を閉じていたキタコブシの花。おおぶりの白い花が6輪ほど開いています。

0507当館の施設名。「知床グランドホテル北こぶし」の、「北こぶし」。
この白い花が名前の由来です。

ここ数年、一輪も花をつけることがなく、
「もう、咲くことないんじゃないか。」
と言われていた、玄関横のコブシの木ですが今年は咲いています。

花言葉は「友愛」。「歓迎」。

玄関前で、スタッフはお客様を。コブシの花は本格的な春の到来を歓迎しています。

----------------------
強めですが風が柔らかくなりました。

あさ、7度。
ごご、15度。2倍です。

サクラもちらっと咲いてます。



2011年5月 5日 (木)

「直球勝負。」

日本全国、いろいろなお祭があります。

その土地の歴史や伝統に培われたお祭や、その地域が大好きで開催することとなったお祭などさまざまです。
歴史や開催のいわれはそれぞれでも、多くのお祭は「わが町の誇り」になっていることでしょう。おらがまちには、こんな祭りがあるんだぞ、と。
その土地の人たちには、おおいに楽しみであり、自慢でもあることと思います。

知床半島を有する斜里町にもお祭がいくつかあります。

その一つ。その名も、
「地元自慢まつり in ウトロ 2011」
「地元自慢まつりinウトロ.pdf」をダウンロード

ストレートで気持ちがいいですね。

斜里町青年会議所が主催するこのお祭。
ウトロ地区を中心に、斜里町内の「うまいもの」「すてきなもの」をあつめて、みなさんに見て、食べていただくお祭です。

もちろん、町民以外のかたも参加OK。

多くの飲食ブースには、斜里ならでは、知床ならではの逸品が見つかるはずです。
連休明けにやっとお休みをとれるというみなさま。ぜひぜひ、お越しを。

参加いただいたみなさまが「この前、こんな祭りに行ったんだぜ。」と、だれかに自慢していただければ幸いです。

■「地元自慢まつり in ウトロ 2011」
・日時:2011年5月15日(日)  10:30~15:00
・場所:道の駅  うとろ・シリエトク 敷地にて
「地元自慢まつりinウトロ.pdf」をダウンロード

----------------------
久しぶりに青空の知床です。

あさ、0度近かったです。
ごご、プラス2度。寒いです。

知床峠、凍結による通行止めあります。
道路情報ご注意ください。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.