--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月29日 (金)

「新客室【オホーツク倶楽部】完成です!。」

西館にあたらしいお部屋が完成しました!

【クラブフロア・オホーツク倶楽部】

まずは、まずは写真をご覧ください。
6f2
オホーツク海を眺めるには絶好のロケーション。

7f1


創業者が育てたトドマツ材をふんだんに使用。

Img5

暖炉のやわらかな暖かさに、つい居眠りを・・・。

クラブフロア「オホーツク倶楽部」
【客室データ】

・西館6階、7階 全12室
・全室 禁煙室
・全室 オホーツク海側
・ピクチャーウィンドウ
・室内暖炉
・シモンズベッド
・空気清浄機
・CDデッキ
・コーヒーメーカー
・湯沸しケトル

ゆっくりとオホーツク海をご覧頂ける備品をとりそろえております。

みなさまのご予約お待ちしております。

ご予約はコチラから。

「CとLとで。」

枯葉!と、思いきや、なんと蝶!Img_8900
見事に枯葉に成り済ましています。
鮮やかな彩りのハネを閉じた瞬間、何が起こったのかと目を疑ってしまったほど枯葉
そっくり。

きっと、あの天然記念物「カラフトルリシジミ」のような扱いは受けていないに違いないのです
がこんなにインパクトのある蝶ですから名前くらいは知りたくて、知人を巻き込んで名前探しを始めました。

「ところで蝶? 蛾?」、
「蝶と蛾の違いって何?」
「夜行性で胴が太くてあんまりキレイじゃないのが蛾じゃない?」
「ハネ、たたんでないしこれ蝶だよ」
「でも樹液を吸っていたから蛾かも」

Img_89001 などと、あうだこうだ云いながら、たどり着いたのが「シータテハ」。
よく見ると、枯葉に見えるハネ(左ハネ限定で右ハネだと逆になります)に白で「C」の模様があります。

この模様が「L」になると「エルタテハ」… 面白いっ!
「シー」と「エル」、この単語だけで爆笑できるほど盛り上がっちゃいました …笑。
名前の由来もインパクトがあって記憶にしっかり刻まれ、忘れない感じです。

春ですね …。
ひらひら ひらひら あちらこちらで蝶が舞っています。
雪が解けた大地では、アリやクモ、小さな虫たちの小さな命も無数に息づいています。

そして「ダニ」の活動も始まっています。
散策あとには「ダニチェック」お忘れなく。

2011年4月23日 (土)

「ただただ・・・。」

Img_8332
遊歩道わきの雪の上に爪あともわかるヒグマの足跡が残されていました。

今朝かな? 昨日かな?
あぁ、この場所をヒグマが歩いたんだなぁ~、

そして、同じ場所を私も歩いている! … そう思うだけで、ただ、ただ、嬉しくなってきます。

そう、そう、この遊歩道は、知床五湖です。
そうですっ、本日4月22日11:00、めでたく開園致しました。
今シーズンから散策ルールが新しくなりますが、5月9日までは、例年今時期同様、湖畔沿いは1湖2湖のショートコースが無料で散策できます。

逆に、1湖の湖畔沿いは5月9日までしか散策できませんから、いよ、いよ、最後です。
お越しの際は、ぜひ、ぜひ、歩いて下さいませ。

本日、残念ながら知床連山は雲の中でしたが、例のビューポイントはこんな感じでした。
遊歩道は残雪多く、ぐちゃぐちゃで、ここ数日は長靴が無難かもです。
高架木道は勿論自由に散策できます。

Img_8360 新設された、パークサービスセンターと、レクチャーハスウは4月29日オープンです。

岩尾別ゲートがあがりましたのでそこから、岩尾別温泉までの温泉道路、約4キロ。同じくそこから、知床五湖までの知床公園線、約5キロ。この9キロが昼夜問わず、5ケ月ぶりに走れるようになりました。

たかが9キロ、されど9キロ。懐かしい景色を眺めながら、この道を走れることの喜びを、この道を歩けることの喜びをただ、ただ、感じて、やっぱり、ただ、ただ、嬉しくなってきます。

ただ、ただ、嬉しくなりながら、午後の出勤が、ただ、ただ、恨めしくもありました。
うらめしいことに、午後から快晴だったようです。
22日の午後の五湖。
04223


----------------------
2湖はまだ凍ってます。

あさ、0度近かったです。
ごご、プラス4度。

意外と寒いです。
路面に雪はありません。

2011年4月22日 (金)

「クリオネ日記」3月分当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」3月ご宿泊分の
当選者を発表いたします!

多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当

北海道の、、、 ロッキー さん! 

おめでとうございます!!

◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当

北海道 テルコ さん
北海道 こうたろう さん
東京都 雪ちゃん さん

◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮

北海道 しま さん
北海道 なっち さん
北海道 かめさん さん
北海道 リーダー さん
北海道 ケンケン さん

◆  4等 ◆ おぼろ昆布

北海道 ちかママ さん
北海道 マコ さん
北海道 キヨ さん
北海道 かえたん さん
埼玉県 せつこちゃん さん

2011_0422_01

以上の皆様が当選されました!

おめでとうございます!!




?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。
館内のポイントを巡って最終的な答えを出して回答ボックスへ入れると、、、
正解者のなかから毎月抽選で海の幸が当たります。
当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

2011年4月13日 (水)

「あちこち春です。」

Img_8260 フレペの滝を飾っていた美しい氷細工も、草原を覆っていた雪も、ちょっと油断していた隙にすっかりなくなっていました。

滝が流れ落ちる断崖で、忙しく飛び交うカモメやウミウたち。
巣づくりにはどこがいいか、場所を選りすぐっているのでしょうか?
どことなく優しく和やかな景色の中で草を食むエゾシカの背中には、うっすら鹿の子模様が見え始め、林の奥には、片方の角だけを頭にのせたオスジカの姿がありました。

Img_8248 エゾシカの角は、春に一度抜けかわりますが、両方を同時に落とさず片方ずつ落とすのでこんなバランスをとるのが大変そうなエゾシカが登場するわけです。

このオスジカ、頭をくねらす仕草を繰り返していて、残る右角の付け根がうずうずしているのかなぁ、なんて思って粘っていれば、落ちる瞬間を目の当たりに、今シーズンの初角ゲットなんて展開になるかもと、楽しくなってくるのですが、そんな私の企みを知ってか知らずか、シカは奥へ奥へと遠ざかって行ってしまいました … 笑。

余談ですが、私がエゾシカにうつつを抜かしている間、知人は、エゾフクロウにうつつを抜かしていたそうです … 汗。

残念がる私への知人の計らいもあって、エゾフクロウの「ホゥー、ホゥー」って、鳴く声とシマフクロウの「ボォー、ボォー、ウー」って、鳴き交わす声までをも、昨晩、聞くことができました … 笑。
姿は拝めなかったですが、闇夜で聞くあの声は格別で、それだけで十分満たされ至福のひとときを過ごしました。

フキノトウも顔をのぞかせています。
オロンコ岩への階段ゲートもあきました。
あちらこちらで春を感じる知床です。
Img_8230

2011年4月 8日 (金)

「にぎやかです。」

見たい 見たいと、思いながら、なかなか見れずにいた「キバシリ」。
Img_7683

「キバシリ」って名前が、どうしてか、私の中に「忍者」のイメージを膨らませていて、で、どんな動きをするのかと、見たい 見たいと思っていたわけです。

ですが、全然 普通で、孤をえがくような細くで長い嘴で 樹皮の割れ目の間に虫を探して食べていたようです。

「キバシリ」って名前は、長く曲がった爪を持っていて、その爪を引っ掛けながら、幹等を駆け上るので付けられたようで、云うまでもありませんが、「忍者」とは、全く関係ないです。
ですが、その駆け上るところが見れたら、もしかして、忍者みたいだったかも …笑。

Img_7707 いつもチョコマカ、チョコマカしている「ヒガラ」も、ちょっぴり可愛らしく撮れました。

他には、アカゲラ、オオアカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、常連のカラたち…、声だけですけど、クマゲラ、ヤマゲラの声も聞こえてきていましたよ。

散策に出かけると、小鳥にたくさん出逢います。
小鳥たちにも今は恋の季節。

さえずりも始まり、とても爽やかで賑やかで、その声に小鳥を探していると、アッと云う間に時間も過ぎていきます。

冬のシーズンも過ぎようとしている知床です。

知床五湖や知床峠に行けるようになる夏のシーズンまで、新緑を待つ間、小鳥たちに逢いに、ぶらぶら双眼鏡を持ってお散歩にでかけてみませんか?
可愛い出逢いがたくさんあると思います…笑。

2011年4月 6日 (水)

「おでましです!」

近ごろ、ヒグマの足あと情報を耳にしていましたが、先日、私も見つけることができました。

私にしては、いつにない好調なスタートです … 笑。

すでに古そうなものや、シカを食べたと思われる糞をポタポタ落としながら歩いた足跡がいっぱい残っていました。
雪面には、爪や指、肉球のシワまでがわかるくっきりとした足跡もあり、まだ近くにヒグマがいるんじゃないかと心配になったりして。

でも心配になりながらも、出逢るかなとワクワクしてきて。でもやっぱりうろたえたりして … 笑。

Img_8146_2ワクワクとドキドキ。

ヒグマが君臨していることの嬉しさと緊張感、この感じが、なんともたまらないです。
その悠然たる姿にお目にかかれるのは、いつでしょうか…?

いつも、じらされますからねぇ。いつにない、この好調なスタートにあやかって、できれば早めに拝みたいものです。

できれば、お互いがお互いを脅かさずにすむ近さで。

----------------------
春、飛び出し注意。

あさ、プラスの13度。
ウトロの最高 16.3度。

そりゃ動物も目覚める陽気。

でも、来週からはまた寒くなるようです。風邪など召しませぬよう。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.