--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

「ききとり上手。」

01312明日から2月。

本格化する流氷観光を前に、心強い機器が設置されました。

その名も「自動音声翻訳端末」。
つまり21世紀版ホンヤクコンニャクです。

PC型1台と、携帯端末が5台もあり、マイクを通じて音声で入力した内容をコンニャクしてくれるのです。

これがかなりの優れもの。
英語・中国語・韓国語、そして日本語と4言語の翻訳が可能。音声入力すると、画面上にテキスト表示とスピーカーからも音声で翻訳内容が流れます。
しかも携帯端末型もあるため食事会場などでも利用ができます。

2月の予約状況をみると、香港方面を中心に多くの海外のお客様から予約をいただいているだけに活躍が期待されます。
海外からのお客様の気持ちを汲み、楽しく知床観光していただく一助になることうけあいです。

ただ皆さまが期待している肝心の流氷はというと、ややオホーツク海上で迷走中。
明日からの北風に期待です。

【補足】
自動音声翻訳端末は総務省・知床観光圏事業の一環として2月20日まで設置されます。

0131_2---------------------
カレの声も聞きたいです。

朝マイナス3度。
お昼あったか?0度。

連山がきれいに見える一日でした。

■流氷初日クイズ/ご応募ありがとうございました。
・近日当選者発表!

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月29日 (金)

「週間知床連山ジュニア。」

01291 あこがれの知床連山が堂々の3000分の1で甦る。

標高55センチの羅臼岳から硫黄山まで世界遺産知床の代名詞、知床連山の雄姿をリアルに再現。

さあ!あなたのお庭にも!

・・・。

お昼、あたたかな日差しで玄関前の雪がずいぶん解けましたからね。雪かきのついでにこしらえました。

次回はみなさまのお庭やベランダにも最適な知床連山ミニを作成しましょう。
流氷本体の到来をお待ちの間にぜひ。
01292---------------------
創刊号はプライスレス。

朝マイナス5度。
お昼も同じく5度。

日差しはあったかでした。

■流氷初日クイズ/ご応募ありがとうございました。
・近日当選者発表!

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月27日 (水)

「はじめが肝心。」

01271
青い空と海と白い流氷。

接岸まぢかの流氷がたゆたう光景は、いつ見ても青白のモノトーン。
この季節の楽しみの一つです。

ようやく流氷の一部がプユニ岬付近に接岸しました。とはいえちょっと大きめのハグレ流氷帯が知床半島の半分から先っぽにかけて接岸したようで、本体がやってくるのはもう少し日数が必要かとおもいます。

それでも何事もはじめが肝心。
1月中に接岸したことは嬉しいことです。

01272そんなハジメの重要性をしっかり勉強する、ワインの基礎知識勉強会を社内で実施しました。

ワインの知識はもちろん、旅館・ホテル経験もマチマチのスタッフが慣れないソムリエナイフを駆使して開封からお勉強です。

結果。普段の何気ない所作や動きが、いかにかっこ悪いものかを実感させられることになりました。

スマートでエレガントなシュッとした雰囲気で開封できるまでになるにはややしばらく時間とワインの本数が必要なようです。しばらくセイコマワインのお世話になりそうです。

流氷本体の到来が早いか、ウムを言わせぬ大岡なみのワインさばき習得が早いか、はたまたポリフェノール吸収か、アセドアルデヒドが勝つか勝負です。

勝負の行方は自分の肝臓しだい。

皆さま乞うご期待!

---------------------
流氷の行方は風しだい。

朝マイナス5度。
今(夜9時半)、なんとプラス2度。

肝臓肥大は避けたいところです。

■流氷初日クイズ/ご応募ありがとうございました。
・近日当選者発表!

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月26日 (火)

「ずさめない。」

0126

朝から強風の一日。

こんな日はいつも、風が~強い日~♪と口ずさむ余裕があるのですが、今日はそんな余裕も吹き飛ぶほどの冷たい風です。

マイナス7度の冷気をぶつけてくる北西の風。
手袋無し、帽子無しだとあっというまに、冷たいを超えて痛くなります。

まさにイタ風です。(注:いたかぜ、と読みましょう。)

毎年うっかりノーガードでイタ風にあたり、痛い思いをしているのに、また今年もです。でっかい雲だなーと、フカフカに見える雲に誘われ以久科の海岸に出たのが失敗。
01263_6

とにかく痛い。

カメラ持つ手が痛い。
メガネのツルんところが痛い。
メガネの鼻んところが痛い。
口の端が痛い。
顔が痛い。
風紋を見ながら痛い。
空が青いのに痛い。

イタ風にあたると、きっと誰もが同じ表情になります。
ちょっと目を細め口はやや半開きで口角がやや上がる、どくとくの表情。車に逃げ込んでもしばらくはその顔のまま固まってしまいました。

北西の風に知床への流氷の接近を期待しましたが、やや残念。プユニ岬あたりから水平線近くを、東に移動する真っ白な帯が見られるまででした。

ちょいとしんどいイタ風ですが、流氷を運ぶ風。
今後の活躍に期待しましょう。
01262---------------------
北というより西よりの風。
流氷は東へ東へ。

朝マイナス7度。
お昼もマイナス7度。

プユニ岬のイタ風もかなりなもんです。

■流氷初日クイズ/ご応募ありがとうございました。
・近日当選者発表!

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月24日 (日)

「48時間。」

知床も流氷初日を迎えた日曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ほぼニーズはないかと思いますが、
あらためまして、流氷初日から48時間をふりかえりたいと思います。

知床流氷初日ドキュメント48時間。

・1月22日13:46
昼食中にブログコメントに「流氷が見えた」との投稿があると連絡を受ける。

・1月22日13:51
昼食の天かつラーメンを流し込み高台へむかう。

・1月22日14:06
知床自然センター付近の道道から流氷を肉眼で確認。撮影する。

01222_2・1月22日14:45
撮影した画像を確認。
あまりのボケっぷりに愕然。

・1月22日14:49
意気消沈。

01223
・1月22日16:06
当館7階客室から、流氷を確認。

・1月22日19:42
外気に長時間触れたためか体調を崩し帰宅。

・1月23日8:33
休日をいただく。
0124_3

・1月23日10:00
ホテル内では「新春北こぶしダンスパーティー」開催される。
北見、網走、釧路方面はもとより道内各地からダンス愛好家が集い昨夜から華麗な舞を披露。
毎年ながら参加者皆さまの若々しさに感動。
との報告を後日受ける。
今年5月には再度開催を予定。
詳細は追って報告。

・1月23日21:55
ダンスパーティーは深夜まで及んだ。

・1月24日9:56
ダンス会場のフロアー材の撤去開始。

・1月24日13:06
昼食の塩ラーメン後、幌別付近で流氷のカケラらしきものを確認。

・1月24日13:07
カメラを忘れたことに愕然とする。

・1月24日15:33
ふと見た時計のデジタル表示「3:33」に大当たりの予感。
気持ち救われる。

・1月24日16:31
すでに48時間を越えている。

・1月24日16:34
投稿終了。

-----------------------------
あたたかな南よりの風。流氷もやや沖へ。

朝マイナス5度。
お昼にはマイナス1度。

流氷の接岸がまちどおしいです。

■流氷初日クイズ/ご応募ありがとうございました。

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月21日 (木)

「のめらない。」

0121
お昼ちょっと過ぎの知床ウトロ港。

昨日はプラスの7度。今日は同じ時刻にマイナス7度。
24時間で14度の変化。

ウトロ港内には結氷の一部?らしきものが冷たい北風に波立つ海面に見られます。耳と長靴の足先が痛くなる冷たい風と、氷みたいなものと冬晴れの淡い空色。

いよいよか。
流氷いよいよか。

レーダーで見るとまだ遠いけど。

期待しましょう。
-----------------------------
でも明日は南風。

朝マイナス4度。
お昼にはマイナス7度。

まだ下がりそうですね。

■流氷初日クイズはこちら

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月18日 (月)

「ラッセる?」

0118今日はホテルスタッフ有志7名で、フレペ&男の涙スノーシューツアーにでかけました。

前日に紋別で流氷初日を迎えたとの情報があり、あわよくば知床の流氷初日を拝めたらと鼻息荒くスタート。

のはずが、フレペあずま屋あたりで意気消沈。

普段の不摂生。
運動不足。
普通のスキーじゃん。それ。
足あがんね・・・。
東に向かってないし・・・。

言い訳をそれぞれ呪いのように口ごもりながらも、凍ったフレペの雄姿や、オオワシ・オジロワシ・ワタリガラスを眺め、エゾシカと戯れつつ森を抜け男の涙へなんとか到着。

沸かしたてのコーヒーは諸事情により断念し、休憩&昼食タイムもそこそこに帰路につきました。

気温マイナス6度前後の中、約2時間半の雪歩き。みな疲れた素振りをまったく隠すことなくドローンとした表情に。
それでもスノーシューや冬のフレペ初体験のメンバーが多く、「楽しかった!」とうい感想が大半を占め一安心の一日でした。

ただ、フカフカの雪に蝕まれた(?)太ももやヒザまわりが心配です。

皆さまもコンドロイチン片手に雪原の散策はいかがでしょう?
ホテルツアーデスクにて、スノーシュー好評レンタル中です!
01182

--------------
流氷近くだよ。きっと。

朝マイナス7度。
お昼もマイナス7度。

フレペの滝も凍ってます。
青い氷です。

■流氷初日クイズはこちら

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月16日 (土)

「たらさない。」

011621月中旬の知床ってどんな季節?

こんな季節です。

マイナスの寒風を受けて、カチンコチンに乾燥させる棒タラ作りがはじまる季節です。

斜里港近くでは、鉄パイプで組んだ干場に、いままさにタラを吊り下げる作業の真っ最中。

テニスコート、いえいえバスケット、いやサッカー場くらいの広さ一面に、このようにタラが吊るされます。

ほんとに壮観です。

ずーっとタラです。タラだらけ。

知床横断道路が冬期閉鎖中のこの季節。知床へ向かう際には斜里でこうした景観をお楽しみいただくのもよろしいかと。

知床斜里駅でバスやJRの接続に時間があるときもぜひどうぞ。
場所によってはきれいに冠雪の知床連山もご覧いただけますよ。

この季節の知床を体感してはいかがでしょう。
0116_3

--------------
ジュルって言わないように。

朝マイナス10度。
夕方7度。マイナスね。

ぐっと寒くなりました。
流氷間近のアカシ?

■流氷初日クイズはこちら

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月14日 (木)

「おかげさまで。」

昨晩、大事をとって暖かな事務所で過ごしたこともあり、おかげさまでライブカメラは快方に向かい、今朝からオオーツク海を皆さまにご覧頂いております。

紋別沖に迫った流氷は、その一部の蓮葉氷が岸に流れ着いたとかつかないとか。といった情報が入るほど、近接した状況です。

本日はこれから流氷祈願祭。3年前のウトロでの流氷祈願祭では祈祷の途中に流氷初日を迎えるアメージングな出来事もありました。
奇跡の再来となるのでしょうか。

元気になった知床のライブカメラにも流氷の姿が映し出される日も近いようです。
今後とも、北こぶログともどもお付き合いのほどを。
0114

--------------
灰色の空。

朝マイナス4度。

北寄りの風大歓迎です。

■流氷初日クイズはこちら

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月13日 (水)

「一晩とまってきな。」

皆さまにご愛顧いただいている、当館の「ライブカメラ」。

知床ウトロ港を俯瞰し、四季のオホーツク海を映し出す働き者です。

しかしながら、この年末年始ころから調子を崩し、画像がどうもボンヤリとする症状が続いたため、大事をとって今日は暖かい事務所で一晩過ごすこととなりました。

紋別沖60kmあたりまで近づいた流氷の動向が気になるところではありますが、ややしばらく当館ライブカメラのご利用ができませんこと、何卒ご了承下さいませ。

静養し、また皆さまに元気な知床の映像をお送りできるようになりましたら、あらためてご挨拶させて頂きます。

寒さ厳しい折、皆様も風邪など召しませぬようご自愛ください。
0113

--------------
風がー強い日~。

朝マイナス4度。
夜はマイナス3度。

雲がーおおってる~。

■流氷初日クイズはこちら

流氷情報はこちら。

・第一管区海上保安本部海氷情報センター

・JAXAみどり2流氷速報

・気象庁オホーツク海の海氷分布

2010年1月10日 (日)

「クリオネ日記12月分」当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」12月ご宿泊分の
当選者を発表いたします!

多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当

埼玉県の、、、 ひでちゃん さん! おめでとうございます!!


◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当

北海道 KENDON さん
北海道 ばばっち さん
兵庫県 前田 和恵 様


◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮

北海道 クリちゃん さん
北海道 えみちゃん さん
北海道 たけるん さん
北海道 純さん さん
神奈川県 メタボオバサン  さん

2010_0110_02    ◆ 4等 ◆ おぼろ昆布

北海道 ジュンタ さん
北海道 ナッチ さん
神奈川県 村井 久恵 様
東京都 roybon さん
大阪府 のべこ さん

以上の皆様が当選されました!

おめでとうございます!!

?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。

館内のポイントを巡って最終的な答えを出して回答ボックスへ入れると、、、

正解者のなかから毎月抽選で海の幸が当たります。

当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

2010年1月 8日 (金)

「都市伝説のつくりかた。」

0108久しぶりに、「寒っ。」と、感じて起きた今朝。
それでも気温はマイナス4度前後とそれほどでもなく、体感温度まで暖冬ボケしてきたようで心配です。
そんな暖冬のせいか、静かに降る雪の結晶もなんだかボケボケしています。

昨日だったでしょうか、ホテル内のレストランスタッフからこんんな話を聞きました。

--------------------------------
北こぶしの駐車場で、
車に乗っている間に、
車の窓を小鳥にノックされると
良いことがあるらしい。
--------------------------------

と。

そのスタッフは、お客様から「そんな噂を聞いたんだけど。」と訊ねられたそうです。
スタッフに訊ねたお客様も、以前当館をご利用になった方から噂話に聞いたそうです。

なんともメルヘンシーでステキな話じゃないですか。

すがすがしい知床の空から、小鳥が舞い降りて、車の窓をノックする。誘われるままに窓を開けるとかぐわしい喜びに満ちた香りに包まれ、世の垢にまみれたカラダは車ごとふくいくたる香りの園へ運ばれ、奥の院に鎮座する福々しい巨躯の小鳥に願い事を・・・。

そんな雰囲気でしょうか。

ノックをする小鳥はさながら天使の使いの如き優しそうな鳥にちがいありません。
なにかと寒々しい話が多い昨今、そんなステキな噂を流してくれたお客様に感謝です。

ただこの話、一つだけ心配事が。

ヤツの存在です。11275
そうです。

当館駐車場に巣くうシメです。

年が明けても、自分のお気に入りのオンコの木付近に止まった車めがけてガッツンガッツンアタックしています。

社用車だろうが、当館オーナーの車だろうがお構いなし。ピカピカにワックスがけした車でも容赦なしです。
窓ガラスに映りこむ自身の姿を、縄張りを荒らすほかの鳥と思うのか、ボンネットやドアミラーにフンをまきちらしながら鬼の形相でガッツンガッツンアタックします。メルヘンどころかホラーです。

そう。

そういうことなのですね。

・北こぶしの駐車場=これは本当。

・小鳥=シメですね。これも本当。

・ノック=シメの攻撃。まあ、車内からみるとそうなるかも。

・良いこと=運がくる=フンが降る。またはつく。

うーむ。

真実はともかく、良い方の噂だけが広まることを切に願います。

-------------------------
カラダが真冬に慣れていないようです。

朝マイナス3度。
昼マイナス4度。

暖冬ボケでかなり寒く感じます。

■流氷初日クイズ応募ページ

2010年1月 4日 (月)

「あけまして知床2010。」

新年あけましておめでとうございます。

元旦出社後、恒例のロビー内「知床来運神社」での運だめし。

おととしは大吉
昨年は中吉
そして、今年はみごと「吉」。

運気の低迷と見るか、順当なすべりだしと考えるべきか新年早々悩んでしまいました。

それを理由に元旦の更新ができなかったわけではありませんが、4年目を迎える北こぶログ、本年もお付き合いのほどを。

みなさまには、すてきな一年になりますように。

知床の森のなかにも、ひっそりと鏡餅?がお供えされていました。
0104_2

--------------
一日マイナス真冬日。

朝マイナス3度。
夜はマイナス1度。

なれるとあったか。

■流氷初日クイズ応募ページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.