--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

「速報!知床横断道路開通予定」

雪のため開通が延期になっていました、斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路(国道334号線)は、

5月2日(土)10:00開通が決定しました。

しばらくの間、10時から15時まで日中のみの開通となりますのでご注意下さい。

全国の峠マニアの皆さま、知床へGO!
04266

昨年の開通直後の峠。

2009年4月28日 (火)

「いきたいところ。」

04281知床五湖と岩尾別を結ぶ直線道路。

ここ数日の雪が積もったとはいえ、五湖や岩尾別温泉など行ける場所が増えてきました。

本日開通予定の知床横断道路は、残念ながら開通延期となりましたが、峠へ向けう除雪車を見かけるなど、除雪作業が急ピッチで進められているようです。近日のオープンを期待しています。

行ける場所が増える=行きたい場所が増える。

子供の頃、自転車に乗れるようになって、とんでもなく行動範囲が広がり嬉しくなった感覚を皆さま覚えてますか?嬉しくて遠くへ行き過ぎて、迷子になったり、夕焼けに急かされ泣きながら帰ったりしませんでしたか?

子供ならずとも行きたい場所が増えるのは嬉しいものです。
さらには、人間ばかりでもないようです。

かれらです。
04283雪解けが進み、あちこちに好物が顔を出し始めたこの季節。彼らの行きたい場所もどんどん増えていることでしょう。

彼らと私たちの行きたい場所がかぶっていることがよくあります。

幸運にも、彼らに出会った時には、どうか大人の対応をお願いします。

知床横断道路の除雪状況

ヒグマに出会ったら。

2009年4月26日 (日)

「はるのアラシ。」

2009_04261 写真、奥に続く道は今月28日に開通予定の本日の知床峠入口付近。

前回、春らしい写真をお伝えしたばかりですが、今日は一転、ザ・真冬をご覧いただきましょう。

昼過ぎから降っているこの雪は、順調に、安定した冬の日のようにシンシンと、今も降っています。

早々と夏タイヤに交換し、この雪を嘆いている道民には申し訳ないですが、めんどくさがって交換を先延ばしにしていた冬タイヤが報われる瞬間です。

今なら無敵です。峠だってどこだって。

しかし、斜里町の週間天気予報では3、4日後には最高気温が、、、18度。結晶が綺麗に見えるサラサラ雪、今シーズンは今日、明日で見納めでしょうか。

雪が溶けるのも惜しいですが、峠がオープンにならないのも困りますね。やっぱり春の方がいいですね。

2009_04262 雪の「白」と、ミズバショウの「白」が一緒に比べられるのも、この不安定な季節限定の瞬間ですね。

今日はダウンジャケットが大活躍なお天気でしたが、数日後には、やっと、クリーニングに出せそうです。

2009年4月23日 (木)

「繰り返しもまた楽し。」

0421今日は冷たい1日。

テレビのお天気おねーさんは「肌寒い一日です。」と笑顔で伝えていましたが、肌寒いどころか、正直寒い一日です。

雪模様の朝、一度は雪の無くなったウトロ市街地もうっすらと冬の装いに逆戻りです。

地元民が冬タイヤから夏タイヤに交換したのを見計らったように降る4月の雪。毎年狙ったように降ります。

画像、正直タイムリーではありません。

4・5日前に登ったオロンコ岩に咲くエゾエンゴサク。

さすがに、サクラの便りはまだまだ先ですが、オロンコ岩にはエゾエンゴサクやキバナノアマナが、色彩の乏しい雪解け後の空中庭園に真っ先に彩りを添えていました。

この日と今日の気温差は10度もあるでしょうか。

気温の変化が激しく、あったかだったり、ブルってみたり、厚着してみたり、限りなく薄着してみたりとなかなかに忙しい季節です。そのせいか体調を崩しがちです。
本格的な春と初夏を迎えるための通過儀礼でしょうか。

4月の雪。

最初に咲く花。

いろいろと大なり小なり環境の変化を耳にするこのごろですが、変わらず繰り返す季節や草木がまだ確実にあります。その変わらぬ繰り返しを感じられることに感謝です。
04213

春近づいてるよー。

2009年4月20日 (月)

「ちょっとそこまで2009。」

05212
そろそろ、知床五湖や知床峠の開通が近づいてきました。
五湖方面=4月24日午前11時。
知床峠方面=もうすぐ(4月下旬GW前)のはず!

ついつい「ちょっとそこまで。」と、出かけたくなる季節です。

ここで復習です。
当知床グランドホテル北こぶし、から近郊の観光スポットまでの距離。

「ちょっと知床五湖まで。」=往復28km。
「ちょっと知床峠まで。」=往復32km。
「ちょっと羅臼まで。」=往復70km

と、相変わらずのなかなかの距離です。

そこで当館では今年も「レンタカー」の取次ぎを始めます。
レンタカーはもちろん、軽自動です。

詳細は2008年同様、以下のとおりです。
----------------------------------

当知床グランドホテル北こぶしは、Honda Cars 北見さんのホンダレンタリース取次ぎ店舗として、軽自動車「ホンダ ライフ」1台をご用意しております。

知床五湖や知床峠はもちろん、プユニ岬やオシンコシンの滝、ウトロ市街地周辺の散策にも便利です。
滞在中のお客様、公共交通機関でお越しのお客様ぜひご利用下さいませ。

■ホンダレンタリース取次ぎ店
■知床グランドホテル北こぶし

■取次ぎ期間:2009年5月1日~10月末まで。

■ホンダライフ(軽)1台
※乗り捨てはできません。
※ホテル出発/ホテル戻りのみです。

■ご利用料金
・特別プラン
・・・2時間/2,500円
・・・4時間/4,000円

・通常プラン
・・・6時間/5,500円
・・・12時間/7,000円
・・・24時間/8,500円

詳細は、ホテルまでお問い合せ下さいませ。
05213

2009年4月19日 (日)

「知床世界遺産センター」

04191_2晴れやかな青空のもと、4月19日に「知床世界遺産センター」がオープンしました。

記念式典のあと、午後3時から一般にも開放されました。

建物は木造平屋の造りで、建物内には、パネルや模型を用いた知床の地形や動植物の解説などがあります。
「知床」の魅力を存分に楽しむため、ちょっとした予備学習とちょっとしたルールの確認が大いに役立つはず。ウトロ到着後、まずお立寄りいただくのも良いかと思います。

場所は、道の駅「うとろ・シリエトク」のお隣です。
当ホテルから車で3分、徒歩6~7分です。

実物大のオジロワシのぬいぐるみ(?)がいまどきのライダー系でなかなかカッコいいです。
04193

しかもさわれます。

ぜひ。

2009年4月18日 (土)

「危険なオシリ」

0415
今日のお昼は日差しも風もあたたかな一日でした。

そろそろ斜里からの道路には雪の心配もほぼ無くなり、北海道民はマイカーを冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)から夏タイヤ(普通のタイヤ)に交換します。

夏タイヤになり、柔らかな日差しと青空のなか信号の無い斜里ウトロ間(国道334号線)をオホーツク海を横目に気持ちよくドライブするのは格別です。

ただし、ご注意を。

国道沿いの草を食みに、エゾシカたちが群れていることが多々あります。かわいい白いオシリが目印です。

彼らは車にオシリを向けて無関心を装っていますが、レーダーのように耳を動かし警戒を怠らず、車の存在を思い出したかのように予期せぬ方向に猛ダッシュすることがあります。
集団で道路を横断された日にはたまりません。かわいいはずのエゾシカが恐怖の大王となり国道上に降臨です。

事実、エゾシカと車の接触事故が毎年後を絶ちません。斜里⇔ウトロ間を通行の際には、くれぐれもエゾシカの動向にご注意を。

エゾシカ以外にも、キタキツネやネコやイヌのおまわりさんにも要注意を。
スピード違反の反則金もかなりの恐怖です。

安全第一!

2009年4月15日 (水)

「知床半島周遊紀」

558冬期間、羅臼で営業していた「ゴジラ岩観光」さんのカムイワッカクルーザーが、本日4月15日からのウトロでの営業開始のため、4月13日に羅臼港からウトロ港への回送航行があると聞き、またとないチャンスと思い、懇願して乗せていただくことになりまし!

【画像:羅臼港より望む羅臼岳】

563当日は快晴でしたが、海上は靄がかかっており、国後島は見えませんでしたが・・・
地図上で最東端の「相泊(あいどまり)」を過ぎても、番屋(漁師の作業小屋)が意外と点在してました。
当然陸路はなく、海上からしか行けないのですが、結構な軒数が並んでました。

羅臼港を出航して約1時間、いよいよ「知床岬」を通過します!!
【画像:ラウス側から見る知床岬】

570ちょうど岬を回りきったところの浅瀬で、なにやら黒い動物らしきものを発見。
慎重に船を低速で近づけると・・・

トド君じゃありませんか!!

春の日差しを浴びて、岩礁で日向ぼっこをしてたので、驚かさないように、撮影後、離れていきました。

●岬を過ぎて感じたこと・・・
・境界線を越えたかのように、うねりや潮流がガラっとかわります。
・頬に当たる「風」の温度が違います。(ウトロ側の方が暖かい)
・羅臼側は穏やかな斜面の山並みが続きますが、ウトロ側は切り立った断崖や絶壁が多いことなど。などなど。

574カムイワッカを過ぎると、お馴染みの見慣れた奇岩や滝が次々と現れてきて、旅の終わりを感じます。
プユニ岬を過ぎると、ウトロ港の正面に、我が愛しの「北こぶし」がお出迎えです。

あっと言う間の2時間半でしたが、貴重な経験をさせていただき、感動しました。

最後になりますが、ご協力いただきました「ゴジラ岩観光」の皆様、本当にありがとうございました!

4月15日から、ウトロ港での営業運航を開始しています。ぜひ、知床半島を海上から眺めてみましょう!

2009年4月12日 (日)

「クリオネ日記」3月分当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」3月ご宿泊分の
当選者を発表いたします!

多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当

神奈川県の、、、 吉田 辰己 様! おめでとうございます!!


◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当

北海道 ソウタマン さん
北海道 スパーくん さん
愛知県 かめきち さん


◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮

北海道 ちいこ さん
北海道 麻美丸 さん
愛知県 わんこ さん
京都府 緑青 さん
埼玉県 埼玉豚。 さん

2009_0412  ◆ 4等 ◆ おぼろ昆布

北海道 はやくるママ さん
北海道 みのる さん
岐阜県 中村 芳則 様
愛知県 ナッチ さん
愛知県 暴走龍ディラノス さん

以上の皆様が当選されました!

おめでとうございます!!

                                   

?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。

館内のポイントを巡って最終的な答えを出して回答ボックスへ入れると、、、

正解者のなかから毎月抽選で海の幸が当たります。

当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

2009年4月 9日 (木)

「お散歩にどうぞ。」

0405
雨上がりの知床ウトロ港。

数日前の画像です。

画像左のオロンコ岩には、キバナノアマナが顔を出しはじめたようです。

お食事前や朝のお散歩にウトロ港周辺がオススメです。

2009年4月 4日 (土)

「そろそろ動きはじめます。」

0404今朝こそマイナスの気温でしたが、日中は気温が10度近くまであがり、窓を開けると小さな羽虫が部屋に飛び込んできます。
フキノトウも大きく育ち、雪解けのすすむ斜面に、いちはやく緑を添えています。

そろそろ知床の観光も春夏モードが動きだします。

こちらのゲートはご存知、知床峠、ラウスへと続く知床横断道路(国道334号線)。ゲート付近はまったく雪も見られませんが、峠付近では現在急ピッチで除雪作業がすすめられています。

ゲートマニアの皆さまにはこちらもどうぞ。

04042知床五湖へと続く、道道93号知床公園線、岩尾別橋ゲート。

知床連山へ向けて駆け上り、知床五湖へとつづく、爽快な道路です。

道路以外にも、4月から、クルーザーや大型観光船の運航もはじまります。

今年は積雪量も少なく、気温も高いため、知床峠や五湖の開通も予定通りになるのでは?と期待しています。
ゴールデンウィークや子供の日の旅行の予定、そろそろ準備されてはいかがでしょう?

■道路開通予定時期

・知床峠(国道334号線 知床横断道路)
4月下旬(昨年は4月26日開通。)

・知床五湖方面(道道93号線 知床公園線)
4月24日11:00開通予定

・岩尾別温泉も五湖方面と同日開通予定。

■クルーザー・観光船

・クルーザー「カムイワッカ号」
4月15日から運航開始

・大型観光船「おーろら号」
4月28日から運航開始

■知床横断道路の除雪状況
釧路開発建設部のページ

2009年4月 2日 (木)

「どうしてもつきたかった。」

0402あー、四月ですね。

日差しや漂う空気が、いよいよ胸張って「春ですが。」といった陽気になってきました。

画像は、ご覧のとおり、
オットセイの大群です。

4月2日ではありますが、胸張ってウソついてみました。

昨日のうちに、差し支えないうちにつきたかったところですが、残念ながら一日遅れのウソとなりました。

本当はアザラシの大群です。

しつこいですね。

知床ウトロの「雪捨て場」に残った雪が、融ける過程でこんなオブジェを海岸に創り出しています。全国的に早い春の陽気が作るユーモラスな造形物です。

ふと、空をみるとぼんやりとくすんだ夕焼けが広がりはじめました。

春の夕焼けは、日差しや空気感とおなじように、ぼんやりしています。
藍から茜色に滲んだ水彩のように、じわじわと空の色が変わってゆきます。

ほぼ春に滲んだこの季節、冬の名残を探すのも難しくなってきました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.