--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

「冬っぽい。」

10302どうやら、知床もそうらしいです。
冬っぽいのです。

ホテルの事務所でもストーブを焚いています。

と言う、この「ストープを焚く」っていうのがまさに冬っぽいですね。

北海道の冬の3大ローカル語のひとつです。

ちなみに冬の3大ローカル語とは、

① ストーブ焚く。(ストーブを点ける)
② 手袋はく。(手袋をする)
③ まかなう。(暖かい格好をする)
です。

手袋履いて、ストーブ焚いて、まかなったら、もう冬の北海道もぽかぽかで過ごせます。

うっかり、薄着で出かけてしまい「寒くないのかい?」と聞かれても「なんもだぁ」と、語尾を強めに答えれば、あなたもすっかり道民の仲間入りです。
道民になる予定はなくても、これから知床へお越しの予定がある皆さま、しっかり寒いです。今日の知床は気温4度。手袋、マフラー、帽子をかならずお持ち下さい。

やや厚めの雲に覆われた知床連山では、しきりに雪が降っていることでしょう。知床五湖の森では、口にくわえたドングリを巣穴へ運ぶヤチネズミが忙しそうです。
落ち葉の上にはところどころ、みぞれが積もっています。

厳しい冬を生き抜くためには彼らも必死なのでしょう。
小さな前足に合う手袋はもちろんありません。

この写真を撮るために、巣穴の前でカメラを構えて待っていたホテルスタッフには、彼らの力強い生への叫びが聞こえてきたことでしょう。10301

「なんもだぁ。」

と。

ああ、冬ですね。

2008年10月23日 (木)

「忙しくなる前に」

10月も下旬となり、冬のにおいが鼻の奥のほうをつんつんするようになりました。

これからの一月ちょっと、「寒くなったねー」、「知床峠が閉鎖になったねー」、「あ、初雪だねー」なんて話しているうちにあっというまに師走になってしまいます。

お師匠さんが寄席から寄席へとむやみやたらに走り回り(誤解)、夜空ではアカハナの偶蹄目が駆け巡る、なんとも忙しい12月がやってきます。
12月になると、お師匠さん(誤解)ならずとも皆さまも忙しくなるのではないでしょうか。ぜひ、忙しくなる前に12月中のご予約はお早めにどうぞ。

そこで、

■クリスマス!アロマキャンドル付き宿泊プラン
なにかと忙しい、お二人にゆったりとお過ごしいただくために、お部屋にアロマキャンドルをご用意。温泉につかり知床で過ごすクリスマスはいかがでしょう。

お部屋は、
源泉かけ流し露天風呂付客室、
本館展望和洋室、
本館客室のプランをご用意。

宿泊プラン詳細ページへ

■お正月ご宿泊プラン
なにかと忙しい師走を乗り切って、大晦日・元旦は知床で過ごすのはいかがでしょう。ビンゴ大会、年越しソバ、持ちつき、正月縁日屋台などなど。チビッこも楽しめるイベント企画が盛りだくさんです。

宿泊プラン詳細ページへ

をご紹介致します。
皆さま、クリスマス・お正月は知床でお過ごし下さいませ。
1023

お待ちしております。

2008年10月22日 (水)

「知床峠通行規制情報」

いつのまにかそんな季節になりました。

知床峠の冬期通行止めが近づいてまいりました。

取り急ぎ、夜間通行止め、冬期通行止め情報をご案内いたします。

■夜間通行止め

・10月24日(金)~10月30日(木)
 午後5時~翌午前9時まで夜間通行止め。

・10月31日(金)~11月6日(木)
 午後3時~翌午前10時まで夜間通行止め。

■冬期通行止め

・11月7日(金)
 午後3時から翌年春まで冬期通行止め。

------------------------------------

10月24日(金)から夜間はウトロ⇔羅臼間が通行できません。
11月7日以降は、日中も夜間もウトロ⇔羅臼間通行できません。

お車でお越しのお客様、ご注意下さい。
1022

2008年10月18日 (土)

「直線距離2,905km」

1018_4 斜里、竹富、来運、八重泉。

これらの語句から出来上がったのが、泡盛「来運の泉」です。

知床と西表。東西端っこの国立自然公園が縁で姉妹町となった斜里町と竹富町。姉妹町盟約締結から35年を迎えての記念企画商品です。

知床半島の根元にある斜里岳の湧水「来運の水」を、直線2,905キロ離れた石垣島に運び、八重泉酒造の原酒の割り水に使用し完成したこの泡盛。

生産本数1,000本のみ。

当館売店での販売は50本という限定中の限定商品です。

過去に類を見ない漢字使用量の本日の投稿同様、往復5,810キロの旅路の果に当館での販売が可能となった過去に類を見ない稀少なお土産です。

泡盛好きならずとも是非お試し頂きたい逸品です。

■泡盛「来運の泉」
・内容量720ml。特製陶器入り。
・当館販売額・・・。やや高めです。

斜里町役場
竹富町役場
八重泉酒造

2008年10月16日 (木)

「今だ!知床!」

101614日の知床峠付近です。

今日、お昼の国営放送で、

「知床の紅葉は今が見頃です。」

と伝えていました。

そのとおりです。

紅葉は今です。

知床は今です。

さあ!

2008年10月12日 (日)

「これ、とっぴ。」

10月の3連休。というか、3連休になる皆様、うらやましい限りです。いかがお過ごしでしょうか。
知床は、秋冬らしい北風で海は荒れ山鳴りのする風雨の朝を迎えました。

そんななか、オオワシの渡りが始まっているらしく、お客様のお見送り中にも、数羽のオオワシが北風に乗り、大きな翼を広げ滑るようにホテル上空を横切っていきました。

オオワシの渡りに、正面玄関前の温度計が8.5度をさすなど、そろそろ秋から初冬へと季節がシフトしそうです。

ところで、1012

これ、なんだかお分かりになりますでしょうか。

スリッパではなく、洗濯バサミ状の物。

そうです。

お客様ご自身のスリッパに目印をつけるためのクリップなのです。

大浴場や、宴会場、掘り炬燵の食事処など、当館内ではスリッパを脱いで上がる場所が何箇所かあります。
その会場から部屋に戻るとき、自分が履いてきたスリッパを履きたいなと、お思いではないでしょうか?

そんな思いを実現するのが、このクリップ、その名も「スリパッチン」といいます。
(もし、商標登録されていたらゴメンナサイ。)

クリップに部屋番号が付いていますので、脱いだスリッパに、パッチンとクリップをつけるだけでOK。

全室にご用意しておりますので、お風呂やお食事にお越しの際、どうぞお持ち下さい。

2008年10月10日 (金)

「クリオネ日記」9月分当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」9月ご宿泊分の当選者を発表いたします!
多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当

大阪府の、、、 れもん さん! おめでとうございます!!


◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当

北海道 ともりん さん
東京都 みゆ さん
広島県 コークン さん


◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮

北海道 りっちゃん さん
東京都 よっしー さん
東京都 えりか さん
埼玉県 ニャンニャン さん
茨城県 マリス さん

2008_0910 

◆ 4等 ◆ おぼろ昆布

北海道 コッコ さん
北海道 ミーサン さん
東京都 どんぐり さん
東京都 まえこ さん
千葉県 やっちゃん さん

以上の皆様が当選されました!

おめでとうございます!!



?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。

館内のポイントを巡って最終的な答えを出して回答ボックスへ入れると、、、

正解者のなかから毎月抽選で海の幸が当たります。

当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

2008年10月 9日 (木)

「秋色いい感じ」

10081知床からちょっと離れた遠軽町白滝の紅葉。

いい感じの秋色になっています。

今日の知床はというと、風が強く枯葉舞う朝となりました。知床峠や知床五湖付近の色づいた葉っぱが飛んでしまわないか心配です。

でもご安心を。

この遠軽町白滝のように、山間部や知床へ向かう道すがらなどですてきな紅葉が見られるはずです。

朝晩の冷え込みが進んできましたが、日中、太陽が顔を出すとまだまだ暖かな日差しを浴びることができます。

陽光に輝く秋の彩りが、ひがし北海道各地でご覧いただけます。

知床を目指して、ちょっと寄り道しながらの紅葉ドライブはいかがでしょう。

2008年10月 8日 (水)

「速報!知床紅葉状況。」

10072_2おまたせしました!

2008知床峠紅葉シーズン真っ只中です。

知床峠付近(ウトロ側)では、道路沿いの樹木も鮮やかに色づいています。車窓からも十分お楽しみ頂けます。

知床五湖へ向かう途中では、知床連山の山肌や沢沿いに紅葉が進む様子をご覧いただけることと思います。

お車でお越しのみなさまには、なかなか駐車する場所はないのですが、車を止めて、車外に出て知床の紅葉をご覧頂くことをオススメします。

車のエンジンを止め、ちょっと静かにしていると、今いる場所が予想以上に静けさに包まれた場所であることがお分かりいただけるかと思います。

標高の低い場所など、まだまだこれから楽しみな場所もたくさんあります。知床紅葉シーズン2008をお楽しみ下さい。

今週の天候は、ちょっと好天は望めませんが、雨や霧の向こうに淡く広がる紅葉もお見逃し無く。10071_2

2008年10月 7日 (火)

「目指せ!一番乗り!」

ほんとうにすごいのかどうかは別として、なんとなく「おおっ!」と思わせるものの一つに、「一番乗り」があります。

地下鉄の副都心線や某リンゴ系携帯など、話題のイベントや商品発売時にできる行列の先頭の方々が報道に取り上げられることもしばしばです。

旬を尊ぶ「初物」好きの日本人だからこそなのでしょうか、様々な「一番乗り」に情熱をそそぐ皆さまの行動力には感心するばかりです。

そんな「一番乗りマニア」の皆さまに朗報です。

これまで、釧路方面からの冬期無料バスとして運行していました「ゆけむり号」がリニューアルし、ウトロ地区4軒の宿泊施設で運行する「流氷しれとこ号」として生まれ変わることになりました。

初運行は10月19日(日)13:15スタート。
釧路オーシャンホテル前です。

無料です。

一番乗りのうえに、無料なのです。

しかも乗っているだけで、知床ウトロ温泉に着いてしまうのです。
おどろきです。

さあ!全国の一番乗りマニアの皆さま、この機会にぜひ知床へ!

(注意事項をご一読下さい。)

------------------------------------------

【冬期無料送迎バスのご案内】

■釧路発「流氷しれとこ号」
・10月19日(日)~翌年4月30日
・釧路発13:15 → ウトロ温泉着 16:45
・ウトロ温泉発 9:00 → 釧路着 12:30

■北見発「特急知床号」
・10月19日(日)~翌年4月30日
・北見発14:00 → ウトロ温泉着 17:15
・ウトロ温泉発 10:00 → 北見着 13:10

■運行時刻詳細はホテルHP「交通のご案内」をご覧下さい。

■注意事項
・ウトロ温泉(4施設)にご宿泊のお客様のみ利用可能。
・事前予約制です。
・一番乗りの証明書等はありません。
_dsc0168

ホテルのバス画像

2008年10月 5日 (日)

「食べて。動いて。」

ことしも開催が近づいてまいりました。
ご存知「知床番屋祭」。

今年は、内容リニューアルでこれまでとはちょっと違った番屋祭になるようです。

まずは、お一人様ずつ、毛蟹1パイがまず付いちゃいます。

もちろん、それ以外にも、知床鶏やホタテ・つぶ貝などオホーツクの地元素材にこだわった海と山の幸を、70分食べ放題で堪能できるハーフバイキング形式になりました。

そんなすてきな番屋祭2008の夕食をパックにした、宿泊プランをぜひご利用下さい。
真っ赤な毛蟹があなたのお越しをお待ちしております。

■知床番屋祭2008
・開催:10月20日(月)~11月10日(月)まで
・毎夜:よる5:40からと7:00からの2回(要予約)

ご予約詳細はこちらの宿泊プランページへ
毛蟹1パイ付き!知床番屋祭2008宿泊プラン

食べるだけじゃ物足りないみなさま。
ぜひ、こちらの体操をマスターしてみは?

あばしりカニチョッ筋体操_dsc0050

はい。
茹で上がり~。

2008年10月 2日 (木)

「秋だよ知床、コマーシャル。」

1002秋風が心地良いというよりも、肌寒い今日の知床。気温も夕方4時には10度まで気温が下がりました。

そんななかでも、ウトロ港近辺にはホテル到着後、周辺散策するお客様の姿を目にします。

北風の夕刻、大きな雲が勢いよく様々に形を変えながら、ウトロ港の上を移動してゆきます。

時折差す秋の夕陽が、ダイナミックに動く雲の色彩を変えてゆきます。港のふちで眺めているだけでも飽きません。

そんな秋のウトロ港をご覧頂きたく10~11月の期間限定プランのご紹介です。

ここからCM秋バージョンです。

【秋の大感謝宿泊プラン】
大地とオホーツク海の豊潤な恵みに感謝!
雄大な世界自然遺産「知床」に感謝!
そしてお客様に大感謝!

そんな感謝の気持ちを込めて、
秋の特別価格プランをご用意しました♪

プラン詳細は宿泊プランページへゴゥ!
---------------------------------

【いい夫婦の日宿泊プラン】
11月22日(イイフーフ)の日を記念(?)してご夫婦・カップル限定プランのご紹介です。

露天風呂付客室や展望和洋室といった、ちょっと贅沢なお部屋を、お二人のための特別料金でご用意しております。

ぜひ、日頃の労をお互いにねぎらってはいかがでしょう?

プラン詳細は宿泊プランページへゴゥ!
---------------------------------

秋の知床、ご堪能下さい。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.