知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 「あいまにどうぞ。」 | トップページ | 「これでいいのだ?」 »

2008年6月10日 (火)

「掘ると出る。」

06103_2 ホテル正面玄関前。工事中ではありません。
4~5世紀頃のオホーツク文化の人々の生活跡の発掘調査が行われているのです。

2005年の秋から行われている、国道拡幅工事に伴う埋蔵文化財の調査です。

柱の跡やかまどの跡など住居跡を中心に、重要な遺物が続々と出土しているようです。上の画像は2005年秋出土の住居跡の様子。現在は、さらに詳細な調査を進めいているそうです。

遺跡が眠っているのは、今現在も知床ウトロの家々やコンビニや当ホテルがある場所です。

その昔に知床で生活していた人々と同じ場所に生きている。

想像をめぐらせて、当時の生活に思いを馳せるのも楽しいものです。当館お越しの際には、ぜひ発掘調査の様子を覗きタイムスリップしてみてはいかがですか?
06102

現在の調査の様子。

« 「あいまにどうぞ。」 | トップページ | 「これでいいのだ?」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「掘ると出る。」:

« 「あいまにどうぞ。」 | トップページ | 「これでいいのだ?」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.