--> 北こぶログ < 知床グランドホテル北こぶし
知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月24日 (月)

「温泉湯たんぽサービス」

1224

イブな夜。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

当館では本日より「温泉湯たんぽサービス」をはじめました。

「流氷を守ろう」

を合言葉に、オホーツク圏観光連盟と網走支庁が進める「オホーツク流氷トラスト運動」の一環としてスタートです。

昨今問題の温暖化がさらに進行すると、知床をはじめオホーツク海から流氷が無くなってしまうのでは?流氷が無くなってしまったら大変なのでは?流氷を守るためには地球を冷やさないと!

そこで「湯たんぽ」です。

地球を冷やすため、お客様の身体をあたためてぐっすりとお休みいただくために湯たんぽなのです。夜、お休みの際、お部屋の暖房を止めるか少しだけ室温を下げていただき、お布団の中は「湯たんぽ」でポカポカ。まさに頭寒足熱極楽至極なのです。
しかも湯たんぽの中身は、当館の自家源泉、つまり温泉入りなのです。源泉の温度は63度。当館オーナー自ら体験したところ、朝までしっかりあったかだったそうです。

天然の熱源「温泉」で地球を冷やす。すてきです。

さらにさらに、北国の宿泊施設は室温が高く乾燥するため、夜寝ているあいだに喉が痛くなるといった経験をされる方も多々あるかと思います。
ちょっとだけ室温を下げて湯たんぽを使えば、朝から喉が絶好調なことうけあいです。

「MAIDE IN JAPAN」が輝く昔ながらのマルカ製湯たんぽの他、プラスチック製、お子様用キャラクター物などもご用意しております。
TPOに合わせて湯たんぽをお選びいただけます。

自身、これまで室内では、Tシャツ・短パン・生ビールを信条に冬を過ごしてきたことを自戒し、今後は部屋の温度をちょっと下げて、湯たんぽ片手にビールを楽しみたいと思います。
少なくともズボンは履くことにします。

みなさまにはグローバルな問題やズボンを履くはかないは別として、お布団の中であたたかな一夜をお過ごしいただければ幸いです。
当館ご宿泊の際にはぜひお試しを。

みなさま、良いクリスマスをお過ごし下さい。メリー!

■「温泉湯たんぽサービス」
・2007年12月24日~2008年2月上旬頃まで予定
・無料でご利用いただけます。
・チェックイン後フロントにお申し付け下さい。
・数に限りがございます。全て貸し出し中の場合もございます。

2007年12月21日 (金)

「山が呼んでいる」

1221今年も玄関前にイルミネーションが飾られました。

取り付けにあたったスタッフ曰く。

「今年は知床の山々をイメージしました。」 とのこと。

正面に向かって右が斜里岳。左がラウス岳。
寒風吹きすさぶなか、この山容を表現するのに苦闘の末、3時間以上かかったそうです。

「山を甘く見るな!」

と昔の人はよく言ったものです。

2007年12月19日 (水)

「こくこく」

師走も終盤がちかづき、なかなかに忙しくなりはじめました。それでもまだ、

「そろそろ年末ですね。」
「うむ。そうだね。」

と、まだまだ余裕があります。これが、25日も過ぎたころには、

「いよいよ年末かーっ」
「とうとう2008年だーっ」

と、むやみやたらに、ゆく年くる年を意識してしまったり、さらには、これまでお歳暮なんて贈ったこともなにのに「誰かに贈らなくてもいいんだろうか」と不安にからたりと、思考も混乱しがちです。
そこで、まだ平静でいられるうちに、こくこくと迫りつつあるものを思い浮かべると・・・

流氷です。

やや強引ですが、ちゃくちゃくとオホーツク海北部では流氷ができつつあります。
ぜひ、気象庁のページをご覧下さい。
そして、せわせわとした師走の喧騒のあいまに、「第5回流氷初日クイズ」にもご参加を。

流氷の次に思い浮かぶのが、年賀状です。

これまた強引ですが、お歳暮同様、毎年返事すら出していないのに、この時期になると、

「25日までに出さなきゃ」

と、年賀葉書だけは、元旦の配達に間に合うよういそいそと買うわけですが、結局、出していない葉書の当選番号を調べるだけに終ります。
こちらから数年(数十年?)出していないのに、毎年、年賀状を送ってくれる固定層には頭の下がる思いです。

そうそう、ホテルロビーに設置のポスト、実際にご利用いただけます。
ぜひぜひ年賀状の投函にご利用ください。1219_2

2007年12月 9日 (日)

クリオネ日記11月分当選者発表!

北こぶし館内イベント「クリオネ日記」11月ご宿泊分の当選者を発表いたします!
多数の応募の中から抽選で選ばれたのはこちらの方々!

◆ 1等 ◆ 知床海の幸10,000円相当
大阪府の、、、 さとっち さん! おめでとうございます!!

◆ 2等 ◆ 知床海の幸5,000円相当
北海道 渡辺 カオル 様
東京都 ou さん
大阪府 田中 まゆみ 様

◆ 3等 ◆ 知床海苔佃煮
大阪府 はるさん さん
東京都 きのちゃん さん
東京都 そうちゃん さん
北海道 ネオリク さん
北海道 ゆったん さん

◆ 4等 ◆ おぼろ昆布
福岡県 ヤンチ さん
千葉県 カオリ さん
北海道 みーたん さん
長野県 Dahlia さん
大分県 髙橋 香奈 様

以上の皆様が当選されました!おめでとうございます!!

1209 ?クリオネ日記とは?

館内でご参加いただくオリエンテーションゲームです。

館内のポイントを巡って最終的な答えを出して回答ボックスへ入れると、、、

正解者のなかから毎月抽選で海の幸が当たります。

当館ご宿泊の際には、是非ご参加ください!

2007年12月 6日 (木)

「ショニチらない?」

■ショニチ・る【初日る】/[動ラ五(四)]

1.流氷などが観測初日を迎える。
    「知床で例年よりも4日早く ― ・る」

2.流氷初日を待ちわびる様。「早く ― ・りたいね」

3.《流氷初日の動詞化》

・・・えー。

ということで、「第5回流氷初日クイズ」開催です。今年で5年目です。

正解者の中から抽選で、本物の流氷2キロくらいが当たります。
当ホテルの宿泊券や、そのほか、いろいろ当たります。

「流氷もらっても困るだろ?」
「2キロも?」

当初は社内でも、そんな声が。

しかし、過去の賢明な当選者の皆様は、

1.孫に見せる。
2.自由研究の材料にする。
3.学校でクラスのみんなに見せる。
4.お風呂に入れる。

などなど、すばらしい教育的使用方で、おおいに流氷を活用していただきました。
ぜひ、皆様もご応募いただき、ご一緒にショニチりながら、当選の暁には、約2キロの流氷の独創的な使用方法をお考えいただければと思います。

応募はいたって簡単です。
ぜひぜひ、多くのご応募、お待ちしております。

⇒第5回流氷初日クイズ・詳細を見る。

071206

昨シーズンの様子。

2007年12月 2日 (日)

「カムバック」

1202_4

働きものの彼が帰ってきました。

控えめなツリーの向こうに、誇らしげな笑顔でお客様をお迎えしています。

11ヶ月のブランクを経てカムバック。

昨年は「地酒あります!」と書かれたのぼり片手に店の販売促進に貢献した彼。今年の彼の販売強化商品が気になるところです。

彼に会えるのも今月末ころまで、皆様、お早めに当館お越し下さいませ。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.