知床グランドホテル 北こぶし

北こぶログ

« 流氷を待ちながら | トップページ | 「流氷、入いってます」 »

2007年1月23日 (火)

「香港さん、いらっしゃい」

Dscf0747_1 あと、数キロに迫った流氷ですが高台から見てもまだ水平線付近。どんどん近づいて来て欲しいものです。

どんどん来るといえば、香港のお客様からのメールです。宿泊予約はもちろん、冬の道東観光・交通に関する質問や料理内容は何?まで様々です。
香港の旅行者は冬の北海道が大好きで、旅行形態が個人型のため、自分で調べて、自分で予約が基本のようです。メールの内容も「こんなこと、よく知ってるなー」と感心する質問が多くあります。そんな英文のメールが毎日のように届きます。

そうです。英文、英語です。
返信ももちろん英語なのです。

語学堪能な方にはなんら問題ないことでも、関係代名詞あたりでつまづいた担当者の英語力では・・・。

「おまえ、そこにいる。バスくる。乗ることができるならばホテルに着くことが可能である」

そんな、ホスピタリティーのカケラも無い英文を返信するのが精一杯。読むには読めるけど、書けない話せない、典型的な義務教育英語が大活躍です。数少ない英単語をフル動員しメール返信と格闘する日々がややしばらく続きそうです。

Dscf0785 そのせいか、最近、青空を見上げることが多くなりました。
ああ・・・早く流氷来ないかな。

« 流氷を待ちながら | トップページ | 「流氷、入いってます」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「香港さん、いらっしゃい」:

« 流氷を待ちながら | トップページ | 「流氷、入いってます」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ:ココログ
北こぶログトップページへ戻る
知床グランドホテル 北こぶし Copyright © KITAKOBUSHI All Rights Reserved.